戯言ニュース

ほとんどVIPのまとめ。

HeadLine
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「ちゃんと聴こえたよ」
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 19:59:46.92 ID:kuUvf/2W0
2012年 8月19日  唯


念願の武道館ライブまであと一ヶ月、私たちはムギちゃんの別荘へ合宿に来ていた。

唯「大きい…」

別荘はすごい広さだった。

紬「ごめんなさい、今年も一番広い別荘は使えなくて、ちょっと狭いけど、我慢してね」

まだ上があるのか…
ムギちゃんってほんとにすごいお嬢様だったんだなあ。

部屋に荷物を置いて一息ついたとき、りっちゃんが立ち上がって言った。

律「それじゃあ、さっそく…」

練習ですね。

律「海に行こう!」

唯「ええ!練習は?」




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ 唯「ちゃんと聴こえたよ」
7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 20:09:45.99 ID:kuUvf/2W0
りっちゃんはもうすでに水着に着替えていた。

律「練習は夜からでもできるだろ、唯も早く海行こうぜ!」

唯「そんなー、先に練習しようよー」

律「合宿の初日は海で遊ぶのが軽音部の伝統なんだよ、ほら早く」

放課後ティータイムではなくて、軽音部、か。
私はその言い方に一抹の寂しさを覚えた。

唯「もう武道館まで一ヶ月も無いだから、もっと練習しようよー」



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 20:11:31.36 ID:kuUvf/2W0
澪「まあまあ、唯、夜になったらちゃんと練習するから」

梓「唯さん、諦めましょう…」

紬「うふふ」

そう言った三人もすでに水着に着替えていた。
澪ちゃん、梓まで…

律「そんなこと言って、唯だってちゃんと水着持ってきてるじゃん」

唯「こ、これはりっちゃんが持ってこいって言うから、しかたなく…」

律「じゃあ先行ってるから、唯も早く来いよー」

そう言ってりっちゃんは一足先に海へと行ってしまった。
はあ、こんなことで、武道館ライブ、大丈夫かな…

私はため息をついた。



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 20:13:15.06 ID:kuUvf/2W0
2009年 8月10日  梓


唯「あずにゃーん」ギュ

そういって抱きついてくる唯先輩、正直いって、暑いです。

梓「唯先輩、だらけてないで、練習しましょうよ」

唯「うーー、暑くてやる気でないよー」

梓「それじゃあ、まずは抱きつくのをやめてください、私も暑いです」

唯「だめー、今あずにゃん分補給中だから」



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 20:14:42.48 ID:kuUvf/2W0
梓「それじゃあ、せめて冷房つけましょうよ、せっかく部室に設置してもらったんですから」

唯「ごめんねー、私冷房って苦手なんだー」

梓「ああもう!じゃあいったいどうしたらいいんですか」

唯「うーん、あいす…たべたい」

だめだこの人、早くなんとかしないと。

ガチャ

紬「ごめんなさい、遅くなっちゃった、今日は暑いからおやつにアイス持ってきたから、みんなでたべよう」

唯「わーーい、アイスー!」

唯先輩は嬉しそうにアイスを食べ始めた。
はあ、いつになったら練習できるんだろう…

私はため息をついた。



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 20:17:03.06 ID:kuUvf/2W0
2012年 8月19日  唯


結局、私たちは夕方まで海で遊んでしまった。

今日の夕食はみんなでバーベキューをすることになった。

「「かんぱーーい」」

私達はすでに二十歳をむかえているので、手に持っているのはお酒だ。
梓だけはまだ未成年なので、オレンジジュースを飲んでいる。

梓「先輩達、このあと練習するんですから、あんまり飲みすぎないで下さいよ」

唯「大丈夫だよ、そんなにたくさん飲まないから」

梓「唯さんはしっかりしてるから心配してないですけど、心配なのは律先輩です」

律「なんだとー、このー」

りっちゃんはそう言って得意のちょーくすりーぱーを梓にかける。



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 20:18:14.49 ID:kuUvf/2W0
梓「ちょっ、先輩、ぎぶぎぶ」

紬「うふふ」

りっちゃんと梓がじゃれあっているのを、ムギちゃんが嬉しそうに眺めていた。
最初はなんでなのかわからなかったけど、最近になってその理由がわかってきた。
ようするにムギちゃんは女の子どうしが好きなのね。



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 20:19:59.89 ID:kuUvf/2W0
2009年 9月12日  律

ジャーーーン……

いつも通り部室でのティータイムもそこそこにして、
みんなで音あわせを始めてから少しして、唯が口を開いた。

唯「ごめん、みんな、ちょっと休憩してもいい…?」

澪「おいおい、まだ始めて30分もたってないぞ」

梓「もう、唯先輩、しっかりしてくださいよ、そんなことじゃ武道館なんて夢のまた夢ですよ」

紬「もしかして、具合わるいの?唯ちゃん?」




15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 20:21:05.62 ID:kuUvf/2W0
唯「ううん、だけどなんだか最近疲れやすくて、階段を登っただけで、息が上がっちゃうし」

律「そういえば、なんだか顔色も悪そうだな」

唯「え、そうかな?」

律「今日はここまでにするか、唯、今日は帰ってゆっくり休め」

唯「うん、ごめんね、みんな」

澪「気にするな」

梓「そうですよ、体調が悪いときはゆっくり休んでください」




16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 20:22:50.34 ID:kuUvf/2W0
2012年 8月19日  唯


夕食を食べ終わり、私とムギちゃんで洗い物を終えて中に戻ると、
りっちゃんがカキ氷機をくるくると回して氷をけずっていた。

律「お帰りー、ムギと唯もカキ氷食べる?」

紬「うん、ありがとう」

唯「私はいいや」

律「あれ?唯はカキ氷嫌いなの?」

唯「うん、カキ氷とか、冷たいもの食べると頭がキーンってなるでしょ」

唯「私あの感じが苦手で」

律「ふーん、おいしいのになあ…」

そんなことより、早く練習しようよ。



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 20:26:25.55 ID:kuUvf/2W0
律「それじゃあ、ご飯も食べたことだし、そろそろ…」

やっと練習か…

律「肝試しやろうぜー!」

唯「ええ?練習はー?」

律「ほんと唯は練習熱心だな、誰かさんとは大違いだ」

誰かさんというのは、きっとあの人のことを言ってるんだろう…

唯「先に練習しようよー」

律「まあまあ、肝試しなんて10分くらいで終わるって」

律「それとも唯、もしかして怖いのかー?」

そう言ってりっちゃんは最近伸ばし始めた私の長い髪をくるくるといじってくる。

そう、私は怖いのが苦手なのだ、だけどりっちゃんにからかわれっぱなしなのも悔しい。

唯「こ、怖くなんてないよ!」

律「じゃあ、決まりだな!」



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 20:28:44.97 ID:kuUvf/2W0
2009年 9月13日  律


昨日、唯は学校を休んだ、やっぱり風邪でもひいてたのかな。
梓によると憂ちゃんも休んでいたそうだけど、
きっと唯の看病でもしているのだろうと、気にとめていなかった。

澪「唯、今日も休んでたな…」

紬「梓ちゃんが来たら、みんなで唯ちゃんの家にお見舞いに行かない?」

律「おお、いいなそれ」

ガチャ

梓「……」

そんな話をしていると、部室のドアが開き、梓が入ってきた。




19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 20:30:45.87 ID:kuUvf/2W0
律「おー、梓、遅かったな、今からみんなで唯の家に…」

話している途中で、梓の他にもう一人いることに気づいた。

律「あれ?憂ちゃん…?」

梓の後ろには憂ちゃんが立っていた。
なぜだか浮かない顔をしている。

憂「実は…みなさんにお話したいことがあって…」



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 20:32:34.73 ID:kuUvf/2W0
2012年 8月19日  唯


怖くない、怖くない。

私は今りっちゃんと二人で別荘の近くの森を歩いている。
肝試しの班分けは、りっちゃんの独断で、私とりっちゃんの班と他の三人の班に決まった。

怖くない、怖くない。

私があまりまわりを見ないようにしながら歩いていると、りっちゃんが話しかけてきた。

律「あのさ、唯…」

唯「な、なに?りっちゃん?」

律「ありがとな」

唯「なにが?」

律「唯がバンドに入ってくれて、ほんとに感謝してるんだ」



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 20:39:25.96 ID:kuUvf/2W0
りっちゃんは真剣な顔をしてそう言った。
どうやら真面目な話みたいだ。
もしかすると、そのために私と二人になりたかったんだろうか。

律「ここまでこれたのも、唯のおかげだよ」

唯「そんな、私なんかまだまだだよ、みんなと息を合わせるだけで精一杯だし…」

律「そんなことないさ、私だけじゃなくて、みんなも唯には感謝してるんだ」

律「唯のおかげで、私たちはようやく、約束を果たすことができるんだから…」

辺りは真っ暗で、りっちゃんがこのときどんな顔をしていたのか、私にはわからなかった。



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 20:41:44.92 ID:kuUvf/2W0
2009年 9月13日  律


律「入院?唯が?」

憂「はい、昨日から…」

部室に来た憂ちゃんは私達に唯が入院したと告げた。
その表情はどこまでも暗かった。
なんだか嫌な予感がした。

紬「もしかして、盲腸とか?」

そう聞いたムギの表情も暗い。
憂ちゃんの様子から、盲腸なんかではないことを、みんな感じ取っているんだろう。

憂「それが……心臓の病気らしくて…」

澪「心臓の…」

憂「来週、手術することに決まりました…」




31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 20:46:46.51 ID:kuUvf/2W0
律「じゃあ、手術すれば、唯は良くなるんだろ?憂ちゃん」

憂「はい、だけど…とても難しい手術らしくて…」

憂「成功する確率は、五分五分だろうって、先生は…」

澪「それって、もし失敗したら…?」

憂「……」

部室の中に重苦しい空気がたちこめる。
そんな…唯がそんなに重い病気だったなんて…

律「憂ちゃん、そんな暗い顔しないで、五分五分ってことは治る可能性も充分あるってことだろ」

私は無理に明るく言った。

律「これからみんなでお見舞いにいこうぜ、唯に暗い顔なんて似合わないから、みんなで励ましてやろうぜ」

憂「はい、ありがとうございます…律さん」

そう言った憂ちゃんの表情も心なしか少しだけ明るくなったように感じた。



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 20:50:39.80 ID:kuUvf/2W0
2012年 8月19日  唯


ジャーーン……

澪「今のいい感じだったな」

梓「はい、ぴったり合ってて気持ちよかったです」

肝試しを終えたあと、私達は別荘のスタジオで練習を始めた。
スタジオの中は空調がきいているのか、涼しくて気持ちいい。

練習はとてもはかどった、この調子なら、来月の武道館ライブもきっと大丈夫だろう。

律「ところで梓、憂ちゃんに武道館ライブのチケット渡しておいてくれた?」

梓「はい、こないだ会ったときに渡しておきました」




33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 20:54:23.59 ID:kuUvf/2W0
律「そっか、ありがと、澪のほうは?」

澪「和にも、この前渡しておいたよ、憂ちゃんと一緒に見に来てくれるってさ」

紬「二人のためにも、恥ずかしくない演奏をしなくちゃね」

そっか、あの二人も見に来てくれるんだ。
ああ、なんだかもう緊張してきた…

律「じゃあ、もっかい合わせておくか」

律「いくぞー、ワン、ツー、スリー、フォー!」



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 20:55:47.65 ID:kuUvf/2W0
2009年 9月19日  律


唯の手術の日まで、あと一日。
私たちは毎日唯のお見舞いに行っていたけど、
私は今日は一人である所まで来ていた。

以前四人で初詣にきた、あの神社へと。

私は賽銭箱にお金を放り込んで、手を合わせて祈った。

(唯の手術が成功しますように)

(唯の病気が良くなりますように)

(ずっと五人で、バンドを続けられますように)

(いつの日かみんなで、武道館のステージに立てますように)

祈ることしかできない自分がもどかしい。



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 20:57:10.25 ID:kuUvf/2W0
そろそろ帰るか…

神社を出ようとした私の目に、売店で売っているお守りが見えた。
せっかくだから買っていこうかな。
唯の好きなピンク色のやつにしよう。
どうせなら、みんなの分も買っていくことにしよう。

律「すいません、このピンク色のお守りを五個ください」



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 20:59:27.96 ID:kuUvf/2W0
2009年 9月20日  律


そして迎えた、手術の日。

紬「唯ちゃん、頑張ってね」

澪「唯、しっかりな」

梓「絶対成功するって、信じてますから…」

唯「みんな、ありがとう」

律「唯!私達は武道館でライブするんだからな!こんなところで死ぬんじゃないぞ!」

唯「そうだよね、武道館にいくんだもんね!」

澪「ああ、唯、約束だぞ」

唯「うん、じゃあ、行ってくるよ」

私はそのとき、昨日買ったお守りのことを思い出した。

律「唯、待って!これ持っていって」




41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 21:02:31.55 ID:kuUvf/2W0
唯「これって…」

私がお守りを渡すと、唯はきょとんとした顔をした。

唯「ぷっ、あはは」

と、思ったら急に笑い始めた。

律「ど、どうしたんだ?」

唯「ううん、りっちゃんらしいね、ありがとう」

唯「それじゃあ、みんな、また後でね」

その言葉を最後に、唯を乗せたストレッチャーは手術室へと入っていってしまった。
扉の上に、手術中のランプが点灯する。

扉の前には、私達と憂ちゃんと和、唯の両親が残された。
私達は手術が終わるまで、ここで祈っていることしかできない。



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 21:04:07.70 ID:kuUvf/2W0
紬「唯ちゃん、きっと大丈夫だよね…」

ムギが不安そうに呟いた。

澪「それにしても律、いつの間にお守りなんて買ったんだ?」

律「昨日、みんなで行った神社に行って買ってきたんだ、みんなの分もあるよ」

梓「さすが律先輩ですね」

澪「律のことだから、間違って変なお守り買ってきたりしてないだろうな?」

律「えっ?お守りって種類があるの?」

知らなかった…




47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 21:05:46.86 ID:kuUvf/2W0
紬「……」

澪「……」

梓「…こういう時は、健康祈願とかですよ」

澪「いったい何のお守りを買ってきたんだ」

私がポケットからお守りを取り出すと、そこにはこう書かれていた…

律「……交通…安全……」

澪「……」

紬「…」

梓「…唯先輩、大丈夫かな…」




49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 21:10:01.51 ID:kuUvf/2W0
チッチッチッチッチ

手術が始まってから三時間がたった。
もう私たちの間に会話はなく、みな沈黙している。

チッチッチッチッチ

静寂の中、ただ時計が時を刻む音だけが聞こえてくる。

チッチッチッチッチ

それにしても遅すぎる。
予定では二時間ほどで終わる手術だと聞いていた。
なのにもう一時間もオーバーしてしまっている。
なにか不測の事態でも起こってしまったのだろうか。
ただ待っているだけだと、悪いことばかり想像してしまう…




50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 21:11:33.40 ID:kuUvf/2W0
チッチッチッチッチ

そういえば、昔なにかの漫画で読んだことがある。
心臓の手術というのは、とてもシビアなのだと。

たとえば、癌の手術なら、手術が成功しようと失敗しようと、
手術が終わって麻酔が切れれば、患者は目を覚ます。

だけど、心臓の手術ではそうはいかない…

もしも心臓の手術で失敗すれば、その患者が目を覚ますことは二度とない。

二度と…



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 21:13:18.36 ID:kuUvf/2W0
そのとき、不意に手術中のランプが消えた。

ガチャン

手術室の扉が開き、中から医者がでてきた。

医者はまっすぐに唯の両親の前へと進み、口をひらいた。


医者「…真に…残念ですが………」



そんな………


嘘だ…




53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 21:20:27.94 ID:kuUvf/2W0
2012年 8月19日  唯


みんなが寝静まったあと、トイレに起きて目が冴えてしまった私は、
一人でスタジオで練習をしていた。

うーん…ここのところが、まだちょっと不安なんだよなあ…

ガチャ

梓「唯さん…?」

一人で黙々と練習していると、扉が開いて梓が入ってきた。

唯「ごめん、起こしちゃった?」

梓「……」

唯「梓?」

梓「あ、すいません、ちょっと、昔のことを思い出しちゃって…」

唯「そっか…」




54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 21:22:10.97 ID:kuUvf/2W0
梓「私も一緒に練習してもいいですか?」

唯「もちろん」

私がそう言うと、梓は部屋のすみに置いてあったギターを持ってきて隣に座った。

唯「そういえば、梓はどうしてそのギターを選んだの?」

梓「え?」

唯「だって、ネックは太いし、重いしで、梓には弾きにくいんじゃないかなあって」

梓「それは……かわいいから…です」

唯「…かわいい?」

梓「はい」

かわいい、か。
梓の感性はよくわからないなあ。




56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 21:23:56.67 ID:kuUvf/2W0
2009年 9月29日  律


唯が死んでから、私はずっと部屋にこもっていた。

みんなに会うのが嫌だった、唯のことを思い出して悲しくなってしまうから。

楽器を見るのが嫌だった、唯のことを思い出して涙がでてきてしまうから。

だけど、部屋に一人でこもっていても、結局唯のことを思い出してしまう…

唯、なんで…どうして死んじゃったんだよ…
みんなで、武道館にいこうねって、約束、したのに…

コンコン

ガチャ

部屋がノックされ、返事も待たずに扉が開けられた。

梓「律先輩…」

律「梓か…」

梓「律先輩、いつまで、そうしてるつもりですか…?」



58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 21:26:10.25 ID:kuUvf/2W0
律「ほっといてくれよ…」

梓「澪先輩も、ムギ先輩も、みんな待ってますから…学校、来てくださいよ」

律「ほっといてくれって言ってるだろ…」

梓「軽音部はどうするんですか…」

律「もう、どうでもいい…」

梓「そんな!律先輩がつくった軽音部でしょう!」

梓「それなのに、どうでもいいだなんて、あんまりです!」

律「うるさいな!梓は、唯が死んで悲しくないのかよ!」

梓「悲しいに決まってるじゃないですか!」

律「!」

それまで暗くてよくわからなかったけど、梓は泣いていた…



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 21:28:17.64 ID:kuUvf/2W0
梓「…悲しくないわけ…ないじゃないですか…」

梓「だけど、悲しんでいたって、きっと唯先輩は…喜んではくれないです…」

律「…」

梓「唯先輩はもう、武道館を目指すことすらできないんです…」

梓「だけど、私達はまだ、生きてるじゃないですか」

梓「私達が唯先輩にしてあげられることは…私達が、武道館を目指し続けることだと思うんです…」

梓「唯先輩と、約束…したから…」

律「梓…」

梓は泣いていた…

そっか、そうだよな。
みんなだって悲しいんだ。
だけど梓は、唯の事を想って、その悲しみを乗り越えようとしているんだ…

私はただ悲しみから逃げているだけだった…

そうだ、私達は唯と約束したんだ、必ず、武道館のステージに立つんだと。



60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 21:32:02.21 ID:kuUvf/2W0
2011年 6月7日  律


律「CDデビュー?」

私は、自分の耳を疑った。

紬「ええ、小さなレコード会社らしいんだけど、ライブハウスでの私達の演奏を聴いて、ぜひにって」

澪「やったな!みんな」

梓「武道館ライブへの、大きな一歩ですね…」

紬「ええ、だけど一つ問題があって…」

ムギは複雑な表情をしてそういった。
ムギの言いたいことはみんなもわかっていた…

律「ギターパートか…」

紬「ええ、梓ちゃんが入ってからは、ずっとツインギターで作曲してきたから…」

梓「CDを出すとなると、やっぱりなんとかしなくちゃだめですよね…」

やっぱり、探すしかないか…



61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 21:33:32.97 ID:kuUvf/2W0
2012年 9月20日  唯


唯「うう、緊張してきた…」

ここは日本武道館の控え室。
武道館ライブ本番まであと30分。
私はいつものように緊張でがちがちになっていた。

梓「唯さん、そういうときは掌に人って書いてのみこむといいですよ」

梓の言うとおりにやってみる。

ごっくん

うん、だめだ、よけいに緊張してきた。
私っていつも本番に弱いんだよなあ、
このあがり症だけは、いつまでたっても治りそうにない。




62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 21:35:21.01 ID:kuUvf/2W0
コンコン

スタッフ「失礼しまーす」

ガチャ

控え室の扉が開き、スタッフさんが入ってきた。

スタッフ「田井中律さん、秋山澪さん、松田唯さん、琴吹紬さん、中野梓さん、
あと30分で本番が始まりますので、スタンバイお願いします」

律澪唯紬梓「はーーーい」


律「いよいよだな…」

澪「ようやく、約束を果たせるな」

紬「きっと、天国で聞いていてくれるよね」

梓「唯先輩、私、唯先輩のギー太で精一杯演奏しますから、見ててください…」



63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 21:36:03.13 ID:RZrlae1l0
松田…だと…



64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 21:36:33.15 ID:gJflXBS/O
ゴクリ…



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 21:37:29.69 ID:kuUvf/2W0
唯「今日がその、平沢唯さんの命日なんだよね?」

律「ああ、そうだよ。お前と同じ名前なのも、なんて言うか、運命なのかもしれないな」

澪「ぷっ」

律「何で笑うんだよ、みおー」

澪「だって、律が運命だなんて、にあわな…ぷぷ」

律「なんだとー!私だってたまには乙女な気分になったりするんだよ」

紬「うふふ」

みんなのいつものやりとりを見ていたら、だんだんと緊張もとれてきた。
もしかしたら、りっちゃんは私の緊張をとるために気をつかってくれたのかもしれない。
この1年、一緒にやってきてわかった、りっちゃんがそういう風に、他のメンバーを常に気にかけていることを。



66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 21:39:44.65 ID:kuUvf/2W0
唯「私は会ったことは無いけれど、今日はその平沢唯さんのために、精一杯演奏するよ!」

梓「唯さん、ありがとう」

律「さあみんな、時間だ、行こう!」


………

私たちが舞台の上にあがると、歓声が沸き起こった。

澪「みなさーん、こんにちはーー!放課後ティータイムでーす」

澪ちゃんがマイクに向かって話しだすと、歓声がよりいっそう大きくなる。

澪「今日は私たちのライブに来てくれて、どうもありがとう!」




69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 21:41:30.89 ID:kuUvf/2W0
澪「実は私達には、もう一人の仲間がいました、平沢唯というリードギターです」

澪「だけど唯は病気のためにこの世を去ってしまいました。私たちは唯と交わした約束を守るために、
必死になってこの武道館を目指してきました」

澪「その後、私たちは新たなメンバーを加えて、今日、ようやくその約束を果たすことができます」

澪「最初の曲は、唯のために捧げる曲です、聴いてください、ふわふわ時間!」


律「ワン、ツー、スリー、フォー!」



70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 21:42:44.31 ID:kuUvf/2W0
りっちゃんのカウントで演奏が始まる、みんなの思い出の曲、ふわふわ時間が。


聴こえますか、平沢唯さん。

私はまだ放課後ティータイムに入ってから1年しかたっていないけれど、
みんなは、いつも楽しそうにあなたの話をしてくれます。
その笑顔を見ていると、あなたがみんなからどれほど愛されていたのかがわかります。

だから、どうか聴いてください、私たちの演奏を…

きっとあなたも、天国でこの曲を聴いて、笑っていてくれますよね。




おわり



72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 21:46:51.01 ID:TtwLz+cdO
普通にいい話だった




74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 21:48:36.76 ID:bdPoM4Du0
なかなかいいじゃないか





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

FC2 Blog Ranking livedoor Blog Ranking

この記事へのコメント
なんで唯すぐ死んでしまうの?
2010/06/02(水) 19:24:41 | No.5608 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
※1
悲しいけれど、これがあの子の運命なのよね
2010/06/02(水) 21:01:35 | No.5609 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
で、スレタイが来る訳だな

大分前に読んだ気がするなと思ったら半年以上前のやつじゃないか
2010/06/02(水) 21:10:36 | No.5610 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
唯の死亡率は高いなぁ
でもいい話だった
2010/06/02(水) 21:16:25 | No.5612 | TV | #jLVFhsBQ[ 編集]
キャラの性格が入れ替わってるとこの説明はどうなってるの・・・
2010/06/02(水) 21:24:22 | No.5614 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
せつこそれ唯やない、憂や!
2010/06/02(水) 22:27:46 | No.5616 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
  _n
 ( l    _、_
  \ \ ( <_,` )
   ヽ___ ̄ ̄  )   ・・・
     /    /
2010/06/03(木) 00:16:55 | No.5618 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
さすが死亡率に定評のある唯さん
2010/06/03(木) 02:37:28 | No.5620 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
松田の人間性と加入の背景をもっと書いて欲しかったかな
2010/06/03(木) 04:24:18 | No.5623 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
構成が伊坂幸太郎みたいでいいな
2010/06/03(木) 21:17:08 | No.5632 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
松田唯がどんなビジュアルなのか気になってきた
2010/06/04(金) 04:47:23 | No.5649 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
松田さんちょっとかわいそう
2010/06/04(金) 15:23:30 | No.5662 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
時間と語り手がころころ変わるのはあんまりよくないな
2010/06/05(土) 13:55:20 | No.5691 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
憂が変装してるのかと思った。真面目だったし
2010/06/13(日) 22:54:05 | No.5971 | か | #-[ 編集]
記憶を持って生れてきたって感じにしてほしかったなぁ・・・
2010/09/04(土) 19:33:29 | No.7456 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/04/01(金) 23:40:01 | No.7902 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://minaminoxxxsummer.blog49.fc2.com/tb.php/867-5f4d4e9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。