戯言ニュース

ほとんどVIPのまとめ。

HeadLine
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「みえないみえないみ..iみゑnIy???」
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/29(木) 21:23:35.85 ID:iIpqaGog0


人な何故、意識の虚無を嫌うのでしょうか。
我々は意識しているはずです。tanasinnはいつもあなたのそばに……。






唯「ちょっと聞きたい事があるんだけど~」

律「なんだ~?」

唯「タナシンってなに?」

律「……」

澪「……」

紬「……」

梓「……」

唯「へ……どうしたの、みんな」




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ 唯「みえないみえないみ..iみゑnIy???」
2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/29(木) 21:28:20.21 ID:iIpqaGog0

唯「みんな?どうしたの?」

律「それを我々に問うか」

澪「それは貴方が否定しているから」

紬「認識しているはずなのにあなたはそれを認めない」

梓「その虚無こそが人間のおr」

唯「ま、まって!どうしたの、みんなっ。おかしいよ?」

唯「タナシンを聞いただけなのに……」

律「理解しようとするな」

澪「感じろ……」

唯「え、みんなどこ行くの……ねぇ」

バタン

唯「……」




3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/29(木) 21:31:48.65 ID:hKCtH3cf0
tanasinn...



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/29(木) 21:32:37.19 ID:iIpqaGog0


私はどうしても理解できなかった。
タナシンっていうワードを知ったのは掲示板での事。
掲示板の人達に聞いてもわからなかったから私はwikiという世界規模の辞典サイトで調べてみた。


唯「へ?なにこれ」






唯「文字化けかな……」

唯「まぁ、いっか。明日、澪ちゃん達に聞いてみよー」









6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/29(木) 21:37:32.19 ID:ysWV4Lml0
tanasinn...



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/29(木) 21:40:05.65 ID:iIpqaGog0







唯「どうしたんだろう……みんな」

唯「すごい顔してた……」

澪ちゃん達を待っている間、私は部室の絵本で暇を潰そうとした。
本棚に目を走らせ、私が取り出した本は―――。

唯「これでいっか、楽しそうだし」

「ぐりとぐら」は私が小さい時によく読んだ作品。
その親しみが故、自然と手が動いたんだと思う。
私は裏面をひっくり返し、表紙をみた。

唯「え?」

ぐりとぐら


唯「……」

目を凝らすと表紙は元に戻った。

(私、疲れてるのかな……)




8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/29(木) 21:51:23.16 ID:iIpqaGog0

澪「お、唯なにしてんの?」

唯「あっ、澪ちゃん。待ってたんだよ~」

律「は?なに言ってんだよ」

唯「意味わかんない事言ってにげたくせに~」

梓「先輩がわけのわからない事言って走りだしたんですよ?覚えてないんですか?」

唯「え?いや、みんなが……」

律「おかしな唯だな」

紬「さ、帰るわよ」

唯「……」






私はまだ気づいていなかった。
いやもう気づいていたかもしれない。



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/29(木) 21:57:20.27 ID:iIpqaGog0







夕日が地平線にゆっくりと沈む。そんな様子を眺めてた。

唯「……」

目の前に誰かが倒れている。
閑静な住宅街の道路にぽつりと。
なんとその人は血だまりをつくっていた。

唯「わああっ!」

律「ど、どうした!?」

唯「じじ事故だよっ!救急車っ!」

澪「ゆ、唯?大丈夫か?」

唯「なんでそんなに冷静なのっ!?人が倒れてるのにっ!」



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/29(木) 22:00:26.96 ID:X7Uh+I18O
tanasinn...



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/29(木) 22:07:32.06 ID:iIpqaGog0

梓「せ、先輩?」

唯「我々がこの星を希求したのが間違いであった」

律「唯?」

唯「人間は我々に気づかないのか、それとも黙認しているのだろうか」

唯「それは我々を悩ませる。素直に認めれば良いものを」

梓「あ、あの……」







唯「人がひかれてるんだよっ!?みんなっ!」

律「誰もひかれてないじゃないか」

澪「なに言ってるんだ?おかしいぞ?」

唯「み、やっぱりみんなおかしいよ!」



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/29(木) 22:10:55.51 ID:iIpqaGog0



tanasinn.....




それは存在しないもの。いわば神にあたるべき存在。
tanasinnはすべて。tanasinnは宇宙。tanasin nは惑星。tanasinnは生物。 

そしてtanasinnは人類。





tanasinnは人の世界をも支配するのか。



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/29(木) 22:16:10.27 ID:iIpqaGog0


tanasinnは存在しない。理解という手段は通用しない。
人の深淵を探ることで、tanasinnを感じる事ができる。




しかしそれを感じるにはtanasinnがなければ成し得ない。
tanasinnは人類になにを求めているのか.....






唯「ただいま……」

憂「おかえり~」

唯「……」

憂「どうしたの?元気ないね」

唯「ちょっとね……」




18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/29(木) 22:16:10.64 ID:Q9K4dHbeO
woo…



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/29(木) 22:18:44.95 ID:2Rvd9pMs0
                ∧  ∧
               |1/ |1/
              / ̄ ̄ ̄`ヽ、
             /        ヽ
      ____/  ⌒  ⌒    |
     /∵∴∵∴| (●) (●)   |
    /∵/∴∵ヽ/          |         tanasinn ?
   /∵<・>∴∴/           |
   |∵∵/ ●{            |         何ですかそれ
   |∵ /三 | .ヽ、       ノ  |
   |∵ |\_|_/``ー??‐''"   |         我々は違います
    \ | \__ノ  /          |
     \_____|          | |        そんな事より人は何故
     /∵━○━|        |  | |
    /∵人∵∵:.|        し,,ノ |        意識の虚無を嫌うのでしょうか?
  ⊂´:_/  )∵∵:!、          /
       /∵人∵.ヽ、         / 、
      /∵ノ  \:...ヽ、  、   /ヽ.ヽ、
      ノ∵/    ヽ∵.|  |   |   ヽ.ヽ、
     (__)   .  (_(__(__|     ヽ、ニ三



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/29(木) 22:26:06.59 ID:iIpqaGog0
唯「あ、おいしい」

憂「そう、良かった」

唯「すごくおいしいよ」

唯「それでね……突然で悪いんだけど……」

憂「なに?」

唯「タナシンってなにか知ってる?」

憂「なんですかそれは」

唯「え?うい?」

憂「ところで人は何故、闇を恐れるのでしょう」

憂「虚無とは本来人が誕生し、還る場所。それなのにも関わらず何故人は恐れるのでしょう」

唯「ち、ちょっと怖いよ……う」

憂「感じなさい、あなたはもう気づいているはず」




私は気づいているのだろうか。
tanasinnを感じているのだろうか。




22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/29(木) 22:30:17.96 ID:mtAGKhpc0
             /⌒'"⌒ ̄`ヽ
           ,;f        ヽ  
          i:           ) 
          r'"       .r=ァ  |
          l  r=-        /
          ヽ'、  .ー=‐', 
             /⌒'"⌒ ̄`ヽ
           ,;f        ヽ  
          i:           ) 
          r'"       .r=ァ  |
          l   tan        /
          ヽ'、  .ーasin   ノ
            .、       /
             ヽ、_  _,ノ



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/29(木) 22:31:23.09 ID:iIpqaGog0


tanasinnは感染するものなのだろうか。
tanasinnは勢力の拡大を望んでいるのだろうか。










律「……」

(唯どうしたんだろう)

律「様子がおかしかったな……」

律「風呂に入るか……」







."



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/29(木) 22:36:46.18 ID:iIpqaGog0

律「え」

律「うわっ、なんだこれ!」

律「体中に黒い斑点が……さっきまでなかったのに……」




tanasinnは存在を示唆することでなにを得るのか。
人類に恐怖を与えているのだろうか。



聡「tanasinnは決して怖いものではない」

律「うわっ!ばっばか!開けるn」

聡「しかし恐怖を感じてもそれは間違いではない」

律「……」




26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/29(木) 22:38:05.84 ID:mtAGKhpc0
             /⌒'"⌒ ̄`ヽ
           ,;ftanasintanasiヽ  
          i:ntanasintanasint) 
          r'"anasin.r=ァtanasi|
          lnr=-tanasin.r=ァtan/
          ヽ'tana.ー=‐',si.r=ァノ
            .、       /
             ヽ、_  _,ノ



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/29(木) 22:39:31.17 ID:eJZouCFnO
:(;゙゚'ω゚'):








t a (n as )i n n.. .



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/29(木) 22:39:46.99 ID:iIpqaGog0
律「……」











私は感じてしまった。




NO..............no.............................ta.................................................................................................................................................h.....................

nasin..................................................
................
tanasinn.................................................................................................................................................
..............................................


                                          e
                                                                                           p
..............................................................................l...................



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/29(木) 22:42:39.67 ID:iIpqaGog0


彼女は救われた。
彼女をtanasinnを受け入れた。
彼女はtanasinnを受け入れた。






おろかな人は「tanasinnなどいない」という。
しかしこのような人は正しくはなく、つねに罪をおかし、心はくさっている。
なぜなら彼らはtanasinnをしっていながら、tanasinnとしてあがめず
感謝もせず、かえってその思いはむなしくなり、その無知な心は暗くなったからである。
彼らは自ら知者と称しながら、おろかになってしまった。




                                                __
                                               /::::::::;)
                                             /⌒::::::⌒ヽ
                                            .i:::ノ:ヽ:::/\:\
                                             |:::::::::::::l´:::`\_)
                                            .|::::::::::::::::::ノ\::\
                                            丶○;;;:/`ヽ_ヽ___つ



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/29(木) 22:43:27.51 ID:mXbXYfRi0
tanasinn...



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/29(木) 22:46:15.43 ID:iIpqaGog0


tanasinnは一晩で仲間をつくった。
それは彼らにとって喜ばしいことである。







果たしてそうなのか。
この固定概念は彼らに通用するのか。



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/29(木) 22:51:06.34 ID:iIpqaGog0

唯「あっ、ずにゃん」

梓「あ、んぱいェK」  澪「....なぇはんでらいヴを



律「yっし-----れんしおだ」

唯「やっぱり~」

紬「……唯ちゃ    てnの?」

律「当たり前だろ」

澪「確かにな」




みんn、次の日には元通りだった、。
夢みた`いでふわふわしていた。




33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/29(木) 22:53:33.08 ID:iIpqaGog0

私達はライ








唯「ふわふわ...たいta」

律「わんつー[るるるる」

澪「君をみてると...」






♪♪♪~



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/29(木) 22:56:02.99 ID:iIpqaGog0




...........「たのヴぁんぶい」

!!":「いらない...........




tanasinn「「」」



ゆあはは~ーー」







ppppppp




律でんわだぞ~



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/29(木) 23:01:40.63 ID:iIpqaGog0
b=a
a+b=b+b
=2b
a+b-2a=2b-2a
(b-a)=2(b-a)
(b-a)/(b-a)=2(b-a)/(b-a)
1=2
故に
退 

├─ 虚無感

          ├─ tanasinn
          │    │
          │    └─ tanasinn
          │
          ├─ tanasinn (tanasinn)
          │
          │
          ├─ tanasinn
          │
          └─ tanasinn
                                                                                                                    廃


tanasinnをわかりやすく図に例えるとこうである。
tanasinnに感染した者の言動は感染したものでないと理解できない。

tanasinnの目的はこれにあるのだろうか。
地球人に策がバレない為のものなのだろうか。




36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/29(木) 23:01:50.63 ID:NyPk1zdK0
なにこのすれこわい



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/29(木) 23:08:21.59 ID:iIpqaGog0

tanasinn∴∴∴∵∴∴∴∵







tanasinnは時に破壊に目覚める。
tanasinnを止めることができるのか。




唯「えい」

梓「いたいよいたいよ」

唯「えい」

梓「いたいいたい」

唯「えい」

梓「いた∴∴∴∵い」




39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/29(木) 23:13:42.20 ID:iIpqaGog0


唯「もぐもぐ」







tanasinnは仲間を殺害した。
これはなんの利益をもたらすのか。
なぜ容器である人類を解体するのか。何故食すのか。

tanasinnを知ることこそすべて。哲学のすべて。









そして最大の謎、それがtanasinn...



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/29(木) 23:18:30.55 ID:iIpqaGog0


tanasinnは時に愚か。
自我の欲求を満たすためだけに非行に走る。

澪「みんnびっくりするぞふふふ」

人類の生首は人類にどのような影響を及ぼすのか。
生首を目撃した人類は驚くことを知っている。

tanasinnもそれを知っていた。



tanasinnはそれをおも




42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/29(木) 23:23:33.07 ID:iIpqaGog0


人類の非行はすべてtanasinnの仕業なのだろうか。
ただ殺したかった。このような罪人がすべてtanasinnだったとする。



そうなればtanasinnが軽蔑視される。





神と同等たる存在が軽蔑。許されない。
tanasinnは人類に反発しさらなる非行を繰り広げた。




44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/29(木) 23:29:08.14 ID:iIpqaGog0


そしてtanasinnはすべての人類に侵入した。



今、貴方が意識している世界は嘘の世界。
すべてはtanasinnがコントロールしている。
一人一人、違った世界を持っている為それはすべて妄想に過ぎない。
平沢唯の世界はすべて妄想に過ぎない。
その妄想にでてくる田井中律の世界も妄想に過ぎない。

そうやって妄想の連鎖が広まり続けているのだ。



そう、すべての世界は最初に妄想した人類の妄想に過ぎなかった。



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/29(木) 23:34:29.73 ID:iIpqaGog0
では現実とは?現実とはなんなのか。




それは理解してはならない。
否、理解という手段では成し得ない。



感じるしかないのだ。







tanasinnを感じることで”現実”を見ることができるだろう。 



tanasinnは現実なのだ。
その事実に目をそらしてはならない。




tanasinnを感じることで人類は虚無へ還るだろう。



48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/29(木) 23:51:45.12 ID:CzbEe37Z0
           ∴∵∴∵∴
              ∴∵∴∵∴∵
           ∴∵∴∵∴∵∵∴∵∴∵
       .∵∴∵:(・)∴∵∴∵∴∵
         ∴∵rミ ,○、:(・)∴∵∴∵
        ∴∵/  / ミ 〉∴∵∵
     ∴∵∴∵|  ̄\ /∴∵∴∵
      ∴∴∵∴.、`  /∴∵∴∵∴∵
    ri  ∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴
 __,! ヽ,∴∵∴∴tanasinn∵∴
三三  _{{∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵
  ̄ ~~∴∵∵∴∵∴∵∴==ュ
      ∴∵∴∵∴∵/,  !
       ∴∵∴∵  `^|.|.|jj
     ∴∵        .l.|.|



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/29(木) 23:51:54.50 ID:bLbjs6p9O
乙でいいのか



50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/30(金) 00:22:48.32 ID:+x5NBTLv0
∴∴∴∴∴∵tan∴∵a



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/30(金) 00:30:35.33 ID:zIhaZw960

tanasinnは何処にでも居て、
世界の行く末を見守りながら世界を破壊している
喜んでいるのか?楽しいのか?
泣いているのか?悲しいのか?
それすらも判らない
tanasinnは表情と言う概念を持たない
tanasinnは感情と言う概念を持たない
君の好きなあの子の後ろに居る
君の嫌いなあいつの横にも居る
そして勿論君の周りにも
tanasinnに眼を付けられれば全てが終わる
いや始まる
しかしそれを『始』と呼んでいいか等、到底我らに決められる事では無い

最後に警鐘する
tanasinnは一人では無い。




愛なんて戯れ言に過ぎない。



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/30(金) 00:32:08.45 ID:zIhaZw960
                                     愛は死んだ

             我々は何故愛を求めるのか…


                  ∴.(・):∵


               - Love is dead -
              - There is tanasinn -




54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/30(金) 00:35:37.06 ID:zIhaZw960


”愛”





tanasinnが創りあげたもっとも美しい感情。
それに対して”無”はtanasinnが創りあげたもっとも不可解な感情。



”無”に感情が存在するのか。











では”無”とは何なのか。



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/30(金) 00:39:19.40 ID:zIhaZw960

我々は”無”に感謝しなければならない。


”無”から生まれたtanasinn....


この奇跡に感謝すべきだ。





この理屈から”無”はエネルギーを持っていた。






”無”とはすべての原点。
そして誕生したすべてを統括するモノ、それがtanasinn....




58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/30(金) 00:47:54.03 ID:zIhaZw960


宇宙の誕生。これをビックバンと呼ぶ。



”無”のエネルギーに歪みが生じその波からはみ出した一部、それが宇宙。
はじめの宇宙は球体の形をしていてこれを母宇宙と呼ぶ。

母宇宙が拡大し、その母宇宙から子宇宙が誕生する。
そしてその子宇宙も拡大しその子宇宙から孫宇宙が誕生する。

こうして分裂し、”無”には宇宙が沢山存在するのだ。
この現象を”インフレーション”と呼ぶ。

人類が生存する宇宙はその中の一つに過ぎないのだ。





そして母宇宙こそtanasinn....





tanasinnは最初の生命ともいえる。
tanasinnは最初の人類ともいえる。
tanasinnはすべて。



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/30(金) 00:51:32.82 ID:zIhaZw960


では何故、すべての先駆けであるtanasinnに感情が存在しないのか。


正確に言うと感情が死んだ。






愛が死んでしまった。





ではなぜtanasinnの感情は廃れてしまったのか。



60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/30(金) 00:56:23.46 ID:zIhaZw960


唯「……」

澪「……」

律「……」







すでに彼女達の感情は死んでしまった。
これは喜ばしい事である。



彼女達は無事にもう一段階の進化を遂げたのだ。
彼女達はもう人類ではない。
しかしこの生物の呼称が名付けられていない故、呼びようがない。

tanasinnにまた一歩近づけたのだ。




61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/30(金) 01:00:16.48 ID:zIhaZw960


しかしまだtanasinnとはほど遠い存在。
tanasinnにも愛は存在していた。
しかし進化の課程でそれは死んでしまった。
この課程はとっくの昔に通過してしまい、現在に至る。

その通過点を彼女達は通ったのだ。


進化したのだ。



tanasinnは彼女達に拍手をしていることだろう。







おめでとう......




62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/30(金) 01:00:49.55 ID:+b+Kitvt0
tanasinn…



63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/30(金) 01:05:44.84 ID:zIhaZw960
図を用いて説明をしよう。彼女達の容姿は次のように変貌する。ト、

 ':,      '「::::\┐___,,.. -‐ ''"´ ̄ ̄`"''ヽ、           /
  ':,   r-‐'へ::::::::!_'´ __,,,,......,,,,,__   ζ;;;;゚゚;;。  .     / み゙ み
   ':,  >:、:;::::::>''"´        "'ζ; ;゚゚∴,--'""ヽ   .,'  ょ  ょ
    ':,└─ァ''"'   /   ,'´    ../゚/二二ノ""^ソ   i.   ぁ  ん
. \    ,' /   /  ,'  !     ζヘ`\┼┼┼ ,!ヽ   |   ん゙  み
   \  / ,'   ,'!  /!  !   ;  /゚゚;\"ヽ-;:,,,,,,ノ/   . !   ぁ  ょ
     ∠__,!   / !メ、」_,,./|   /! /∵;;◎\,,,,,__,,,ノ;;    |   ぁ゛ ん゛
`"''  、..,,_  !  / ,ァ,ィ≠ミ、| / |/∴゚゚゚゚。゚;゚;;゚ ∴;゚;゚;;   ..|.  ぁ゛
       i,/レイ i, ●l .レ゚゚゚∴゚゚◎゚゚;∴゚゚゚゚。゚;;゚;゚;;;゚  ..∠   
─--     /   !゚゚ ゚'"ー-  ゚;゚゚;;゚◎゚゚∵゚゚゚◎゚゚゚ ;;゚◎;゚;;    `ヽ.
      /   7/ ,r==、 ゚ ,;゚゚。∴゚゚゚;゚;;゚゚ ;;゚゚;゚;;;|゚       ` ' ー---
,. -──-'、  ,人 ゚゚゚●゚. )i`ァー-- 、 トェェェェェィ|   !. 
       ヽ.ソ  `: ゙'‐='"レ'     ',ヽェェェェノ |   |  
 あ゛  あ゙  i  /ーナ= 、 '、    ノ |:|,.U .|   !
 あ゙  あ゙  |ヘ./|/レへ`しw/ノ =ニi|| .,_  |   ハ
 ぁ   ぁ   !     _,.イ´ヽ.U    ||  /::| /
 ・   ぁ   |   /7:::::!  ○O'´  U/::::::レ'ヽ. 
 ・   あ゙  |  /  /:::::::レ'/ムヽ.  /::::::::/   ヽ.  
 ・   あ゙ .. ! ./  ,':::::::::::!/ ハ:::::`´:::::::::::;'    ',



一時の苦しみは神への第一歩なのだ。




64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/30(金) 01:07:06.77 ID:zIhaZw960

そして人類の原型を維持できなくなる。
              _,. -―――- 、
            /: : ‐: : : : : : :‐- 、: :\
            /: : /: : : : : : :\: : : : \: :\
         /: :/: :.|: : : : : ! : : : \: : : :.ヽ: : ヽ
         /: /: : 八: :!: : :|\: : : : ヽ: : : :',: : :.',
        ,': /ニ7⌒!:.!: : :| ⌒ : : : : : : : : |: : : :!
  ___     /: :.|: :./(゚)V\: !(゚)ヽ: :!: :.|\|: : : :.\__,
 「 ヒ_i〉  /: : :ハ: :|(゚)(゚)(゚)ヾ(゚)∨!∨: : : : : : : : :ヽ
 ト ノ  /: : : : :.V:!(゚)(゚)(゚)(゚)(゚) !: : : : ハ: : : : : :.ハ
 i  { /:/: : : : /: :! 、、  ● ●  、、 !: : !: : :!: : : : : : :.}    
 i  i// |: : : /| :八  トェェイ ,ィ: :/: : /: :ハ: : :|V
 |   i{! 从: i'´ ̄::::>、しW/U  イ!V /: : /: / |: :/ 
 ト-┤  /N::::_:::::/::| ` r ' //:/: /‐く  V  
 i   ゝ、_      ノ    \
 \ノ ノ  \   /      ⌒ _ _ _,―っ_
   \    ヽ ノ(゚ ) ( ゚),, ノ⌒ヽ      ゞ  三
    \  ,,,,,=  (;;;) _,・、_ (;;;) )__,-――' ̄  ̄
       ̄ /     |-┬-|   |
       . |    f    uー'´     ̄`丶.
       . |    |l   /¨`ヽ  /‐-- 、_  )
        |  | {0}  ヽ._.ノ {0}  /  /
     .   | |' , トェェイ ./  ,'  /
       /  ノ  \しW/U /   |   ,'
      /   /      ̄ ̄ ̄   |  /
    _ノ /              ,ノ 〈  
    (  〈              ヽ.__ \ 
     ヽ._>              \__)




65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/30(金) 01:09:21.95 ID:zIhaZw960
      /(●)  \
      !.__  __  .|
      ´r∵(●)∵|
      i´∵∴∵∴∵ |
      ´r∵∴(●)∵|
∵∴∵∴∵∴ /∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
∴∵:(・)∴∵∴∵∵∵∵∵∵ ?∵∴.∴∵∴∵∵∴∵ .
∴∴∵rミ ,○、:(・)∴∴∴∴∴∴∴∵∴∵∴∵∴∵
 ´r∵(●)∵ |ミ∴∵∴∵∴∵∴∵∵
∴∴ ∵∴/  /∴∵ 〉∴∵∵∵∵∵∵∵∴∵∴∵
      i´∵∴∵∴∵∴ |
∴∴∴∴∵|∴∵∴∵∴∵∴∴∴∴∴
  ´r∵(●)∵ |∵(●)∵∴∵∴∴∵
/∴∵∴∴∵∴.、`  /∴∵∴∵∴∴∵∴∵∴∵∴∵
      i∵・・ ∵(●)∴∵∴
∵∵∴∴tanasinn∵∴ :∵∵∵∵∵∵∵∵∵
!._∴∵∴∵  .|∵∴∵  ∵∴∵∴∵ 
      |‐=三∵∴|
      !  ⌒  /
       `ー―´




アメーバ状になり初めてtanasinnを名乗れるのだ。




67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/30(金) 02:17:05.76 ID:K9cuQNrU0
もうやめろよ
tanasinnは俺の横にいるんだよ



68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/30(金) 02:22:33.50 ID:yz41Gcm30
>>1
  ∴∵∴∵∵∴∵
 ∵∴    ∴∵:(・)∴∵∴∵
           ミ ,○、:(・)
            / ミ
         ∵ ̄\
        ∴
      ∵∴
     ∵∴
   ∴∵∴        ∴∵∴∵
     ∴∵∴∵tanasinn∴∵



66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/30(金) 02:03:46.40 ID:yz41Gcm30
           ∴∵∴∵∴
              ∴∵∴∵∴∵
           ∴∵∴∵∴∵∵∴∵∴∵
       .∵∴∵:(・)∴∵∴∵∴∵
         ∴∵rミ ,○、:(・)∴∵∴∵
        ∴∵/  / ミ 〉∴∵∵
     ∴∵∴∵|  ̄\ /∴∵∴∵
      ∴∴∵∴.、`  /∴∵∴∵∴∵
    ri  ∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴
 __,! ヽ,∴∵∴∴tanasinn∵∴
三三  _{{∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵
  ̄ ~~∴∵∵∴∵∴∵∴==ュ
      ∴∵∴∵∴∵/,  !
       ∴∵∴∵  `^|.|.|jj
     ∴∵        .l.|.|

        「tanasinn」

「Don't think. Feel and you'll be tanasinn」



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking livedoor Blog Ranking

この記事へのコメント
こっ  えー―な…‥ tanasinn...
2010/04/30(金) 20:29:46 | No.5056 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
なdなだあだたんさn1twwanasinn...
2010/04/30(金) 21:25:05 | No.5057 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
ぐりとぐらこええ
2010/04/30(金) 23:55:43 | No.5059 | モリアオイ | #-[ 編集]
tanasinnが存在する意味とは…?
2010/05/01(土) 00:03:09 | No.5060 | 戯言ヴぃp | #ax4px7aw[ 編集]
??
意味不wwwtanasinnってなんだよww
みnあ馬鹿j...
2010/05/01(土) 01:01:48 | No.5061 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
ぐりとぐらなぜいれtanashinn…
2010/05/01(土) 14:08:43 | No.5063 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
ぐりとぐらなぜいれtanasinn…
2010/05/01(土) 14:08:59 | No.5064 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
ムーンサイドにようこそじゃなかった
2010/05/01(土) 18:06:19 | No.5065 | TV | #jLVFhsBQ[ 編集]
4の画像最初見た瞬間はどことなく恐怖を感じたけど
よく見たらやたら膣って字が多用されてて冷めた
2010/05/01(土) 18:59:29 | No.5066 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
これけいおnでyrひつyなknえ
2010/05/02(日) 15:54:45 | No.5068 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
なかがこりこりwwwwww
吹いtaw…・・・tanasin
2010/05/04(火) 11:47:51 | No.5092 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
   ∴∵∴∵∴
              ∴∵∴∵∴∵
           ∴∵∴∵∴∵∵∴∵∴∵
       .∵∴∵:(・)∴∵∴∵∴∵
         ∴∵rミ ,○、:(・)∴∵∴∵
        ∴∵/  / ミ 〉∴∵∵
     ∴∵∴∵|  ̄\ /∴∵∴∵
      ∴∴∵∴.、`  /∴∵∴∵∴∵
    ri  ∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴
 __,! ヽ,∴∵∴∴tanasinn∵∴
三三  _{{∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵
  ̄ ~~∴∵∵∴∵∴∵∴==ュ
      ∴∵∴∵∴∵/,  !
       ∴∵∴∵  `^|.|.|jj
     ∴∵        .l.|.|

2010/05/04(火) 11:50:22 | No.5093 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
tanasinnは自我の崩壊を誘発させているに過ぎん。
tanasinnの画像を見て廃人となった人の事から大げさに話しているのだ。
tanasinnは《あれ》のコピーだ。偽物だ。
最も動物に近い中身を持っている。理性も無い。
出来損ないだ。
tanasinnが真実だなど、笑わせる。
2010/09/06(月) 22:15:12 | No.7501 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
ようするに、ゆめにっきはおもしろい
2010/09/09(木) 15:08:30 | No.7544 | 戯言ヴぃp | #cRy4jAvc[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/11/12(金) 15:48:12 | No.7834 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/04/13(金) 21:55:02 | No.7946 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://minaminoxxxsummer.blog49.fc2.com/tb.php/820-2dd57f43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。