戯言ニュース

ほとんどVIPのまとめ。

HeadLine
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梓「彼氏?いますけど。それがなにか」
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 12:25:04.63 ID:vop/ojrV0
唯「え?あずにゃん彼氏いるんだ!」

梓「というか、この年でいないほうがおかしいです」

澪「ぐさっ」

律「うぐっ」

紬「ギリ…ギリ…」




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ 梓「彼氏?いますけど。それがなにか」
5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 12:29:08.80 ID:vop/ojrV0
唯「えー、どんな人?どんな人?」

梓「そうですねー、大学生で」

唯「えー?大学生の彼氏なんだ!あずにゃんおっとなー!」

梓「え、ええー?そうですかー?」 てれてれ


律「おい大学生の彼氏だってよ」

澪「ふ、ふうん。えー…と。それってすごいのか」

律「…たぶん。ほら高校より大学の方が上!って感じするじゃん」

澪「…そうか。そうなのか…」

紬「めらめらめら」




6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 12:33:43.67 ID:vop/ojrV0
唯「それで?それでその大学生の彼氏ってどんな人?」

梓「ど、どんなって言われても、その………………か」

唯「?」

梓「…………………………………………かっこよくて…優しくて」 ぼそ

唯「えっ?なにきこえない」

梓「な、なに言わせるんですかもーっ!!」 ばたばた



紬「………」  チリ...  チリ........   チリ


律「お、おいなんかムギの服が全面的に黒くなってるんだけど!」

澪「まずい、殺意の波動に目覚めているッッッ!!!」




10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 12:37:23.33 ID:vop/ojrV0
唯「そっかー。あずにゃんも大人になっちゃったんだねー」

梓「お、大人ってなんですか」

唯「エッチとかもうしたんでしょ?」

律澪「ぶぅぅうううううっ!!」

梓「わっ」

唯「ど、どうしたの二人とも!」

澪「げほっ、けふ。いやいきなり唯の口から唯じゃない言葉が」

唯「?」

律「唯のやつ……あなどれない」



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 12:40:34.02 ID:vop/ojrV0
律「で、したん?えっち」

澪「お、おおおおい律っ!」

梓「な、なんですか律先輩までっ!」

律「えー?だって興味はあるじゃん?」

梓「………むー」

律「なんだー、やっぱエッチまだかー。おこちゃまだなあ」

梓「そ、そんなことないですっ!最初のデートの時に………あっ」

律「ほうほう」 ニヤニヤ

梓「… //// 」 カアアァァァ


紬「ほう…」



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 12:46:24.38 ID:vop/ojrV0
唯「いいなあ。私も彼氏作ろうかなぁ」

紬「ほう……」 ズシャッ ズシャア

澪「お、おい!滅多な話をするもんじゃない!」

唯「え?なになに?」

律「いいから!今そういう話はやばいんだよっ!!」

唯「なにそれ?」

紬「………」 ニコニコ




14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 12:50:29.19 ID:vop/ojrV0
唯「もうー。私たちを捨ててどっかいっちゃわないでよー?」 ぎゅう

梓「なんですかそれー。行きませんよどこにも。もうっ」

澪「そうだぞ梓。男にかまけて部活をおろそむぐむぐっ」

律「いやそれ梓がスネて軽音部と距離おくフラグだから確実に」

澪「むぐーっ」

唯「えへへ、あずにゃーん」 なでなで

梓「もう唯先輩ったら」 ほわーん

紬「ふう……」 シュウウ

律「あ、戻った」




15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 12:51:26.45 ID:cY7kCOjT0
エッチはしてないんだよな!?な!?



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 12:52:31.92 ID:CYM3/LCj0
お前はなにを読んでるんだ?



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 12:58:16.41 ID:vop/ojrV0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


梓「…なんて言うんですよ。唯先輩ったら」

リア充「ははは。楽しそうな部活だね」

梓「はい!」

リア充「わかるよ。君のかわいい顔が輝いているから」

梓「えっ……や、やだもう!リアさんったら //// 」

リア充「ふふっ」

梓「もう…もうっ ////// 」




20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 13:00:58.36 ID:vop/ojrV0

梓「~~~で、~~~~が、~~で、唯先輩が…」

リア充「じゃあさ」

梓「なんですか?」

リア充「ぼくも梓のこと、あずにゃんって呼んでもいい?」

梓「えっ ///// 」



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 13:03:40.65 ID:vop/ojrV0
梓「そんな…なんか、うーん」

リア充「いやかい?」

梓「い、いやじゃないです!…けど、いつもは唯先輩から呼ばれてるから、リアさんだとなんか…」

リア充「ふふっ」 スッ

梓「あっ…」

リア充「あずにゃん」

梓「ひゃうっ」

リア充「どう?」

梓「なんか……くすぐったいです… //// 」

リア充「ふふっ」




24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 13:04:06.81 ID:iwoaBnhfO
俺がリアさんだ



26 名前:リアさん:2009/12/12(土) 13:06:34.58 ID:KhKZqZcOO
今日からこのコテにすることにしました



27 名前:リア:2009/12/12(土) 13:07:05.50 ID:QAUSFJzb0
呼んだか?



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 13:09:56.93 ID:vop/ojrV0
リア充「あずにゃん」

梓「もうっ ////」

リア充「あーずにゃんっ」

梓「もうーっ ///// 」

リア充「くすぐったい?」

梓「わかってるならやめてくださいーっ! //// 」 ばたばた

リア充「ふふっ」

梓「もうっ!」 ぷいっ




31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 13:12:02.97 ID:p4pcMXJk0
本日のリア充死ねスレ



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 13:12:26.74 ID:ngQSUIHaO
おい!やめろっ!
やめてください!



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 13:13:46.99 ID:vop/ojrV0
梓「つーん」 ぷいっ

リア充「うーん、怒らせてしまった」

梓「………」

リア充「あずにゃん?」

梓「ぷいっ」

リア充「うーん、これは重症だ」

梓「………」




41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 13:20:35.71 ID:vop/ojrV0
リア充「そうだ、その唯先輩ならこういう時はどうしてたんだっけ」

梓「……!」

ぽわぽわぽわぽわぽわぽわぽわぽわぽわぽわぽわぽわぽわぽわぽわぽわぽわぽわ

唯「あずにゃん!」 ぎゅう

梓「わ!もうなにするんですか唯先輩!」

唯「もぅー。機嫌なおしてよあずにゃーん」 なでなで

梓「………もぅ…」 ほわーん

ぽわぽわぽわぽわぽわぽわぽわぽわぽわぽわぽわぽわぽわぽわぽわぽわぽわぽわ



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 13:20:48.36 ID:vop/ojrV0
梓「…………」 どきどき

リア充「ああ、そうかそうか。このまえ話してくれたよな、うんうん。思い出した」

梓「……!!」 どきどきどきどき

リア充「…………」

梓「…」 どきどきどきどきどきどきどきどき

リア充「……ぷっ」

梓「……へ?……っ!!」 カァァァァァッ

リア充「わ、わり…だって体ちぢこませて、めちゃめちゃ期待してるから……ぷははっ」

梓「も、もーっ!もうーっ!!」 ぽかぽか

リア充「い、いたっ、いたたっ、ぶはははっ」

梓「わらうなーっ!もうーっ!!」 ぽかぽか



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 13:22:49.91 ID:VRAZkfc70
ギャアァァァァアアアァァ!!!!!
死に至るやまあああああいいいいいいいいいいいいいい!!!!!



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 13:24:21.36 ID:AFzuNCZpO
死ね



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 13:26:08.08 ID:noiKRRmeO
あずにゃんかあいいいいいいいいいいいいいい



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 13:26:17.36 ID:5hAZQKtiO
>>1の文章で俺達の命がヤバい!!



48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 13:27:55.09 ID:olm+7bJ00
クリスマスだったら完全に死んでいた

セフセフ



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 13:28:06.83 ID:vop/ojrV0
梓「つーん!」 ぷいっ

リア充「ああもう悪かったよー。ほらぎゅってしてあげるから」

梓「ふんだ」 ぷいっ

リア充「ほら梓」 スッ

梓「…」 スルリ

リア充「おお…よけられた」

梓「ふんだ」

リア充「よっ」 スッ

梓「っ」 サッ

リア充「おお…これは難しいぞ」

梓「……ぷっ。あははっ」



54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 13:32:29.19 ID:wQM5G4/eO
やばい文字に殺される



55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 13:33:23.58 ID:vop/ojrV0
リア充「ほーら、すきあり」 ガシ

梓「あっ」

リア充「つかまえた」 ぎゅう

梓「 ///// 」 どきどき

リア充「んー、かわいいなあ梓…あずにゃんは」 なでなで

梓「……あ、あずにゃんって呼ばないでください…」

リア充「ん?やっぱ嫌?」

梓「そっ、そうじゃなくて…こういう時は、その…」

リア充「…梓」

梓「……はい //// 」

リア充「ふふっ」



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 13:43:33.93 ID:vop/ojrV0
ぎゅう

梓「……」 もじもじ

リア充「梓…」 なでなで

梓「リアさん…… //// 」

リア充「ほんとだ。なでなですると大人しくなるんだな、梓は」

梓「そ、そんなことありません… //// 」 どきどき

リア充「ふふっ」

梓「どきどきして、そわそわして落ち着かなくて…唯先輩の時はこんなんじゃないんです……」

リア充「へえ…なんでだろう」

梓「それは相手が…その、リアさんだから…… //// 」

リア充「ははっ、うれしいなあ」

梓「い、言わせないでくださいっ! //// 」 カアァァァァァ

リア充「かわいい」

梓「もうっ! //// 」



70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 13:49:12.32 ID:vop/ojrV0
ぎゅう

梓「はぁ…っ」 もじもじ

リア充「ふふふ」 なでなで

梓「リアさん…もう私、どきどきしすぎて変になりそうです……」

リア充「え?ふふ、それは大変だ。どうすればいいのかな」

梓「…いぢわる。 ん…」 スッ

リア充「うん……」

ちゅっ

梓「 //// 」

リア充「ドキドキは収まった?」

梓「ま、まだです…どきどき止まりません //// 」



75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 13:53:38.03 ID:psov/yJA0
リア充ってだけでこんなに攻撃力あがんのか…



76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 13:55:01.89 ID:vop/ojrV0
梓「リアさん…」

リア充「梓……」

ちゅっ ちゅ ちゅっ

梓「ん……」

リア充「どう?」

梓「だめです…どきどきして、ふわふわして…どこかに飛んでっちゃいそうです」

リア充「重症だな」

梓「私が飛んでかないように、その……もっとぎゅってしてください…」

リア充「こうかな」

ぎゅうっ

梓「はぅ…… //// 」 ぽっ



78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 13:58:01.35 ID:33AcxWc5O
来世はこんな人生にする予定だから大丈夫

来世楽しみでワクワクしてきたぞ!



80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 13:59:38.25 ID:CYM3/LCj0
>>78
(´;ω;`)ぶわっ



81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 14:00:03.85 ID:AOIPpYN30
梓「俺さん…」

俺「梓……」

ちゅっ ちゅ ちゅっ

梓「ん……」

俺「どう?」

梓「だめです…どきどきして、ふわふわして…どこかに飛んでっちゃいそうです」

俺「重症だな」

梓「私が飛んでかないように、その……もっとぎゅってしてください…」

俺「こうかな」

ぎゅうっ

梓「はぅ…… //// 」 ぽっ




84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 14:01:48.63 ID:vop/ojrV0
梓「もう…私がこんなにドキドキしてるのにリアさんは大丈夫なんですか?」

リア充「そんなことないよ。すっごくドキドキしてる」

梓「じゃ、じゃあ…リアさんが飛んでっちゃわないように私が支えてあげます //// 」

ぎゅうっ

リア充「ふふっ。ありがとう、梓」

梓「 //// 」




86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 14:02:54.82 ID:NU5Lnv790
梓「もう…私がこんなにドキドキしてるのにリアさんは大丈夫なんですか?」

俺「そんなことないよ。すっごくドキドキしてる」

梓「じゃ、じゃあ…リアさんが飛んでっちゃわないように私が支えてあげます //// 」

ぎゅうっ

俺「ふふっ。ありがとう、梓」

梓「 //// 」




91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 14:08:39.46 ID:vop/ojrV0
梓「ん…ちゅ…」

リア充「ん……」

ちゅ ちゅっ

梓「はぁ…っ。べ、べつに…べつにえっちなことしてるわけじゃないんですよ?」

リア充「ん?…ああ、そうか」

梓「最初はえーと、唯先輩が…その、あれで…とにかく健全な理由でこうなったんです」

リア充「とりあえず今は梓が飛んでかないように支えてさ」

梓「そうです!この体勢はエッチなことじゃないんです!」

リア充「ふむ」

梓「…ですから……し、下の!なんというか、その下のそれをなんとかしてくださいっ」 あせあせ

リア充「…そう言われてもなぁ」 ゲンキ ゲンキ




96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 14:15:15.36 ID:vop/ojrV0
リア充「梓をぎゅーってしてエッチになるなってほうが無理な話だよ」

梓「で、でもそんな…そんな、大きく、その…するなんて…だめです……」

リア充「じゃあ梓はエッチになってないの?」

梓「な、なってないですよっ!」 ぷんすか

リア充「え…そうなんだ」 しゅん

梓「えっ」

リア充「俺って男として魅力ないのかな…」

梓「そ、そんなことないですっ!」 あせあせ

リア充「いいよ…気を使わなくて」

梓「ほんとですよ!本当は私も下着とかちょっとだけ濡れ」

リア充「ほう」 ニヤリ

梓「あっ!」 カァァァァ



101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 14:21:35.99 ID:vop/ojrV0
リア充「よかったー。あずにゃんもえっちだった」 ぎゅうぎゅう

梓「え、えっちじゃないですーっ!ていうかあずにゃんって、もうーっ」 ばたばた

リア充「かわいいのうかわいいのう」 なでなで

梓「もうーっ //// と、とにかく!その…それ、なんとかしてくださいっ」

リア充「って言われてもねえ……手伝ってくれる?」

梓「て、てつ……っ //// 」




103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 14:23:34.84 ID:+7gtGiufO
10年後

リア充(やばい…仕事が見つからない)

梓「リアさん…話があるの」

リア充「や、やあ梓!どうしたの?」

梓「あのさ、もうあなたとは付き合えない。私のこと幸せにしてくれる人が見つかったし」



105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 14:25:02.38 ID:33AcxWc5O
>>103
※ただし学歴は東大の理系



106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 14:25:57.18 ID:vop/ojrV0
梓「もう…結局えっちなことじゃないですか!」 ぷんぷん

リア充「いやー、男ってのは不便でねえ」

梓「もう、結局こうなるんだからっ。じゃあその、お…おてつだいしますから //// 」

リア充「わるいねー。じゃあおねがい」

ぼろん

梓「きゃあっ!!なにいきなり出してんですかーっ!」

リア充「えー?もう見慣れてると思ってた」

梓「見慣れるわけないじゃないですかっ!そんな……その、そんな………もの」 チラ チラ



111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 14:34:05.23 ID:vop/ojrV0
リア充「梓」

ぎゅっ

梓「きゃ!だっ、それ出したままくっつかないでくださいっ」

リア充「えー?だって手伝ってくれるって言ったから」

梓「もぅ…どんなことさせるつもりですか?」

リア充「しごいてくれる?」

梓「……それくらいなら」

リア充「あそこで」

梓「いやですっ!」




112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 14:35:34.72 ID:Esv1U/2vO
これ以上俺達から何を奪いたいんだお前



113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 14:37:23.98 ID:vop/ojrV0
リア充「えー?なんでやなのー」

梓「もうっ!ムードってものがありますっ」 ぷんすか

リア充「ムードねえ…めんどk」

リア充「ごほん。もとい、あれだな、ムードってのは」

梓「そうですよ。わかったらもっと」

リア充「要するに梓をえっちにさせちゃえばいいってことだよな」

梓「違いますっ!わかってない!もうっ」




116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 14:40:37.58 ID:vop/ojrV0
リア充「えー?濡れてるって言ってたじゃん」

梓「いっ……言いましたけど、それとこれとは」

くちゅ

梓「んっ……」

リア充「わ、すごいえっち」

梓「え、えっちじゃないですーっ!」

リア充「なんだ、梓のほうがえっちじゃん」

梓「そ…そんなこと……んっ、ひぁっ」

リア充「ちょっと濡れたって感じじゃないし、これ」

梓「や…やぁっ //// 」




120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 14:46:36.72 ID:vop/ojrV0
梓「や、やっ…んっ、やぁ」

リア充「どんどん溢れてくる」

梓「やだぁ…… //// 」

リア充「やっぱりえっちだ」

梓「//// リアさん…」

リア充「ん?」

梓「…ちゅーして」

リア充「ん…」

ちゅっ

梓「はぁ…ちゅ、ちゅーしながらなら…してもいいです」

リア充「うん…」

ちゅっ ちゅ ちゅっ

梓「んっ、んん…んはぁっ!くぅ、あっ」

リア充「梓…」

梓「リアさぁん……はぁ、あは、ぁ……あん!」



123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 14:54:00.92 ID:vop/ojrV0
~中略~

梓「んちゅ…ん、はぁ…っ」

リア充「はあ…梓……」

梓「はぁ、はぁ…っ。その、いいですよ…」

リア充「ん?」

梓「お、おてつだいしてあげます…その、ぁ………そこで」

リア充「梓…」

梓「 //// 」



127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 14:59:21.16 ID:vop/ojrV0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


梓「…と、いった感じでしたね。昨日のデートは」

唯「へええええ!あずにゃんすっごい!おっとなー!!」

梓「えっへん」 エバリッ



紬「………」 パキ..... ピキ.....


律「お、おいムギが」

澪「見るな……見るな」




128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 15:00:15.37 ID:sx+6MHMoO
抜きたいのと死にたいのが同時にきます(26歳童貞)



129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 15:04:08.98 ID:vop/ojrV0
唯「えっちってどんな感じなの?気持ちいい?」

梓「な、なんてこと聞くんですか!そりゃ…その………気持ちいいですよ //// 」

律(お、女の顔になってる……)

紬「ふふ、ふふふふ…」

澪「い、いったの?やっぱり。何回いった?」

梓「えーと…3回 //// 」

澪「そんなに…」 ドキドキドキ

律「どさくさにまぎれて何聞いてんだ!」

澪「だ、だってー!」



132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 15:07:23.78 ID:zWGCiRteO
唯と律が処女で安心した



134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 15:08:21.23 ID:vop/ojrV0
唯「すごいなー。あずにゃんはー。もうあずにゃんが部長でいいんじゃない?」

律「いやちょっと待て」

梓「ま、まあそれほどでもありますけど?」 えばりっ

律「おいおい…」

澪「三回…三回も…」 もんもん

律「おいまずいぞ澪。梓が彼氏持ちだからって増長しはじめたっ」

澪「ん?え?」



136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 15:10:02.31 ID:vop/ojrV0
律「ここは一つ先輩らしくびしーっとだな」

澪「…律が言えばいいじゃないか。部長だろ?」

律「いや…だって私はその。澪はネットで蓄えたエロ知識があるじゃないかっ!」

澪「人を変態みたく言うなっ!!」

律「そのエロ知識でさ!梓はまだまだだって感じでさ!」

澪「いやそんなエロ知識とかないから!私の知識とかごくごく一般的だから!」

律「いいから!!」




138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 15:15:36.74 ID:vop/ojrV0
澪「な、なあ梓」

梓「なんですか?澪先輩」

澪「いや、ほらアレだ。梓は体験したといっても、ほらあの。ノーマルなセックスだけだろ?」

梓「はい?はぁ…」

澪「真に経験豊富というには、アナルセックスくらいはできなきゃな」

梓「あ、あな!?」

澪「それに勃起したおペニスを見せられたら迷わずお口に含んでちゅぱちゅぱするくらいでなきゃ」

梓「え……ええっ?」

律「……どこが一般的だ」

澪「こ、これぐらいは一般的だろっ!?」

律「どこの世界の一般だ……」



140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 15:19:19.44 ID:avx1hWd2O
おい澪w



141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 15:19:41.65 ID:vop/ojrV0
梓「そ、そんな…一般的な人たちがそんなすごいことをしていたなんて……」 ガーン!

澪「ああ。大体基本は3Pいじょ」

律「もういいもう黙ってくれ」

澪「もがもが」

梓「澪先輩は…やっぱりすごいですっ」 キラキラキラ

澪「あ、ああ…は、ははは、はっ」

律「一応先輩の威厳は保てた…のか?」

紬「私たちの地獄はこれからよ」 ゲッソリ




142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 15:21:54.62 ID:vop/ojrV0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


梓「私にアナルセックスを教えてくださいっ!!」

リア充「へ?」

梓「世間一般の人たちはみんなアナルセックスをしてるって澪先輩が教えてくれましたっ!」

リア充「まじか」

梓「はいっ!ですから私にもっ!」

リア充「ありがとう澪先輩」

梓「はい!澪先輩は素晴らしい人です!!」




143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 15:25:28.43 ID:avx1hWd2O
おいリア充w



144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 15:26:10.28 ID:vop/ojrV0
梓「それでリアさんはアナルセックスって知ってますか?」

リア充「へ?」

梓「セックスっていうからには、普通のセックスとは少し違うと思うんですけど」

リア充「……」

梓「わ…私が知らないのは、内緒にしててくださいね?こんな常識的なこと人に聞くのは恥ずかしくて…」

リア充「アナルっていうのはな」

梓「はい!」

リア充「お尻の穴のことだ」

梓「はいっ!」





梓「……はい?」




146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 15:28:32.20 ID:vop/ojrV0
梓「え?ちょっと待ってください。アナルがお尻の穴ってことは、お尻の穴+セックス で…」

リア充「うん」

梓「ええええええええええええええええええええええっ!!?」

リア充「まあそういうことだねぇ」

梓「な、ないです!ないないないないない!それはないですよっ!!」

リア充「でもさ、澪先輩さんの言うとおり、それが世間一般の常識なんだよね」

梓「そ、そんな……」 ガーン




147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 15:35:43.22 ID:vop/ojrV0
梓「ど、どうしよう…」

リア充「んー。ほらおいで、梓」

梓「リアさん……」

ぎゅっ

梓「あっ…… //// 」

リア充「ぼくもね、梓に無理やりそんなことするつもりはないよ」

梓「リアさん…… //// 」

リア充「梓の悲しむ顔なんて見たくないからね」 なでなで

梓「 //// 」




148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 15:35:52.50 ID:avx1hWd2O
大変!あずにゃんの肛門が裂けちゃう!



149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 15:38:14.80 ID:vop/ojrV0
梓「で、でも…したくないんですか?リアさんは、その…アナル //// 」

リア充「うーん、したくないといったら嘘になるけどさ。でも梓が一番大事だから」

梓「リアさん……… //// 」

リア充「梓……」

梓「わ、私やりますっ」

リア充「えっ?」

梓「は、はずかしいですけどっ!リアさんのためなら…わたし、わたしっ!」

リア充「梓……」




151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 15:41:06.59 ID:vop/ojrV0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

リア充「へえ…」

梓「あ、あまり見ないでくださいっ ////」

リア充「ふふ、かわいいよ梓の」

梓「そ、そんな //// そんなこと言われても…うれしくなんか //// 」

リア充「触るよ?」

ぴと

梓「ひゃん!? だ、だめ!汚いですっ」

リア充「ちゃんと洗ったろ?」 くにくに

梓「あ、洗ったけど…でも、でもっ」 ぴくん



153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 15:45:27.45 ID:vop/ojrV0
リア充「大丈夫だよ…梓のなら」 くりくり

梓「だ、大丈夫じゃないですぅぅぅっ。くうんっ」

リア充「そろそろいいかな?」

梓「えっ?」

つぷ

梓「ひぃっ!ゆ、指っ、入ってるう!?」

リア充「すごいなあ…梓のお尻の中の感触、よくわかるよ」

梓「や、やだあっ ///// 」



155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 15:47:55.60 ID:vop/ojrV0
リア充「でも柔らかいね梓のお尻。普段から何か入れたりしてる?」

梓「し、してません!ほんとにっ」

リア充「ふふっ。大丈夫そうだからちょっと指増やすよ?」

梓「えっ」

ずぷっ

梓「ひうぅぅっ!?」

リア充「大丈夫?」

梓「だ、だいじょうぶ…ですっ、くぅ」




157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 15:51:04.03 ID:avx1hWd2O
ああ梓のアナルショジョが



158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 15:51:21.30 ID:UGBv+oU10
            〉ミ」」リム-、彡!     / ̄ ̄ ̄ ̄\
              / ニニ´  ヾミ|       |. 甘えを   |
            に;=, _.=;ニ^ 〉:|    ∠   捨てろ  |
          | ニ7: ニ´ ||f.}     \____/
              l. rし-'__-、 レ'|\_
         ,. ヘ.l‘三‐┘!_∧|: :|: :`'''ー- 、.._
        /: : : |:`iー ''"´ /l : | : : : : : : : : ハ
      ハ: : : : : | : l.\_/  ,': : | : : : : : : : /: ヽ
.      l: :l: : : : :|: : l ,.イ_:>、/ : :/: : : : : : : :l: : : :〉
      l: : l : : : : >'l |::| /`<: : : : : : : : :|: :/ 〉
.      l\ |: : : : :\:ヽ|:::|./: /: : : : : : : : : |/: /:|
     l\`l : : : : : : \∨/: : : : : : : : : : : |/:/:|
.     l: : :`| : : : : : : : : Y´o : : : : : : : : : : : |/: : : |



159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 15:53:09.82 ID:olm+7bJ00
しんだ



162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 15:57:43.29 ID:vop/ojrV0
リア充「大丈夫?痛いとかきついとかない?」

梓「わ、わかりませんっ //// 」

リア充「じゃあ大丈夫だね。こりゃ本当に素質あるなぁ」

ぐりゅ

梓「ひゃんっ!」

リア充「気持ちいいとこに当たったら言ってね」

梓「や、やあっ!ぐりぐりしちゃだめですっ!」




165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 16:01:24.36 ID:vop/ojrV0
~~~~~~~~~~~~~~~~

梓「んはぁ、ん、んぅ…」 ピクピクン

リア充「わかる?指三本が根元まで入ってるの」

梓「は、はぃっ…あぁっ」

リア充「お尻の穴にね」

梓「い、言わないでくださいっ //// 」

リア充「ふふっ。ねえ、そろそろいいかな」

梓「えっ?いいって……あっ //// 」

リア充「ここまで広がったらさ、入ると思うんだ」

梓「はい…あ、あなるせっくす………しましょう //// 」



166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 16:04:17.39 ID:vop/ojrV0
梓「この体勢でいいんですか…?」

リア充「ああ、ほら膝を抱えて」

梓「こう…ですか?」

リア充「うん、お尻の穴が丸見えだ」

梓「 ///// 」

リア充「じゃあ、入れるよ?」

梓「はい…あなるせっくす、してください //// 」



168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 16:08:22.09 ID:vop/ojrV0
つぷぷぷ

リア充「んっ…」

梓「あっ、入って…入ってきますっ…」

リア充「ああっ、すごい…梓のお尻、すごいよ」

梓「ああっ、リアさん…リアさぁぁん」 びくん

リア充「入ったよ梓…根元まで入ってるのわかる?」

梓「はぁっ、リアさんのが私のお尻の中でビクビクしてるの、わかりますっ…」

リア充「梓……」

梓「リアさぁん……」

ちゅっ ちゅ ちゅっ




170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 16:12:59.86 ID:vop/ojrV0
梓「はぅ…私、私…」

リア充「梓…」

梓「私…リアさんとあなるせっくすしてるんだ… //// 」

リア充「まだだよ」

梓「え?」

リア充「セックスなら動かないと」

ズルルルルッ

梓「ひいいぃぃぃぃぃっ!?」 ビクン



171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 16:13:06.86 ID:vop/ojrV0
リア充「まだ半分抜いただけだよ?」

梓「い、いや違うんですっ、うん…いやあれ、そのあれ、出てないですよねっ!?」

リア充「大丈夫だよ。念入りに洗ったろ?」

梓「は、はい。でもその…感触が似てて… //// 」

リア充「へえ…じゃあ入れるときは?」

ずぷぷぷっ

梓「ひぅぅぅぅぅんっ!あっ、あああっ!!」

リア充「うんちが戻ってくる感じ?」

梓「う、うんちとか言わないでくださいっ!もうっ //// 」




172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 16:16:51.39 ID:vop/ojrV0
ズッ  ズッ

梓「あはぁ、んっ、んんんっ」

リア充「痛くない?」

梓「んっ、気持ちいいですっ…」

リア充「へぇ…」

梓「あっ!お、お尻の穴で気持ち……その、もごもご」

リア充「?」

梓「き、嫌いですか?」

リア充「大好きだよ」

梓「よ、よかった… //// 」

ずぶぶぶぶっ

梓「ぁ、きゃあああんっ!」

リア充「愛してる」

梓「り、リアさぁぁぁん。もっと、もっとぉ //// 」




175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 16:20:53.44 ID:vop/ojrV0
リア充「かわいいよ。アナルセックスしてる梓、すっごくかわいい」

梓「あふっ、あっ、リア、ああっ、リアさんっ、私ぃっ」

リア充「梓…梓…」

梓「リアさん…あっ、ちゅ、ちゅーしてぇっ、お願いですぅっ」

リア充「ん…ちゅ」

梓「んむっ、ん、んぅーっ!んはぁ、お、お尻っ、お尻すごいですぅーっ!」

リア充「ふふ、すっかり気に入っちゃったみたいだね」

梓「あはぁっ、リアさんの、リアさんのがお尻で、あはぁぁぁっ!!」



176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 16:21:29.81 ID:IUVtPdq7O
いままでアナルはないと思ってたけど目覚めそうだわ…
あずにゃんのかわいいピンクアナル…
かずにゃん…お前の気持ちがわかったよ…



178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 16:24:36.16 ID:eih008CtO
ムギが無事ならいいや



179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 16:25:25.14 ID:p2miPotiO
こんなあずにゃん嫌なのに勃起してしまう

ごめんよあずにゃん



180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 16:27:07.36 ID:KmGi/GQH0
何このスレ



181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 16:29:36.21 ID:vop/ojrV0
リア充「梓、お尻好き?」

梓「あんっ、好きぃ!好きですぅっ!!」

リア充「ふふ、前とこっちとどっちが好き?」

梓「ええっ?そんな、そんなぁっ」

リア充「じゃあ動き止めるから、いつもの感じを思い出して……」

梓「は、はい……はぁ、はぁ……はぁ…っ」

パンパンパパンパンパパパン!

梓「ンひいぃぃぃぃぃぃぃぃぃいいいいいっ!!」

リア充「どう?どっちがいい?なあ、なあっ?」

梓「わ、わかんないですっ!わかんないですうううううっ!んひぃぃぃぃぃぃっ!!」



184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 16:33:05.54 ID:vop/ojrV0
リア充「ああっ、梓っ。ぼくも、もう…」

梓「あひ、ひぃ…っ。は、はぃっ…」

リア充「中に出していい?梓の中でいきたい…」

梓「わ、私もっ!私の中でいってほしいですっ。いってくださいっ」

リア充「じゃあいくよ?梓っ、あずさああああっ!」

梓「リアさん、リアさぁぁぁん!あっ、ああああぁぁぁん!!」




186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 16:34:49.06 ID:vop/ojrV0
梓「はぁ、はぁ、はぁ…っ」

リア充「ふぅ…ふぅ…」

梓「すごかった…です」

リア充「ふふ、梓がお尻の穴でこんなに乱れるなんて思ってなかったな」

梓「や、やだ!……いわないでください… //// 」

リア充「かわいかったよ。すごく」

梓「 ////// 」




188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 16:39:38.35 ID:vop/ojrV0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


梓「…と、いう感じだったんですよ。昨日のデートは」

澪律「」

唯「ふええーっ!お尻でそんなことできるんだぁ」

梓「私もびっくりです!澪先輩のおかげで新しい世界が開けました」

澪「え?いやあ、はは、ははは…」

梓「これからもいろいろ教えてくださいね!」 ニコッ

澪「お、おう、まかせとけ…」 あせあせ

紬「……澪ちゃん?ちょっとお話が」 キン...... キン    キン  キンキン キキキキキン

澪「り、りつぅーっ!」

律「知らん知らん。こっちに振るな」



191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 16:45:50.90 ID:vop/ojrV0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


リア充「…と、いった感じだったんだよ。昨日は」

DQN-A「マジか。お前の彼女エロすぎだろ」

DQN-B「高1だっけ?写真だと中2くらいに見えるのになー。実際会うともっと違う感じ?」

リア充「いやいや、変わんねーの。その写真と」

DA「マジかよ。犯罪じゃんそれ」

DB「お前ロリコンだもんなあー。いや俺も好きだけどさそういうの」

DA「見た目が幼けりゃそれでいいのか、この鬼畜め」

リア充「ばっかやろ、中身が伴ってなきゃ駄目にきまってんだろ」

DA「というと?」



192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 16:46:06.25 ID:vop/ojrV0
リア充「ほら、前に話しただろ、抱き合ってる時になんか言い出したやつ」

DA「あー、あー。」

DB「私が飛んでかないようにー、ぎゅーって支えててくださーい♪」

『ぶははははははははははははははははっ!!』

DA「ひーひー、ないわ。そりゃないわー」

DB「まじうける!そりゃ確かに中身も中1だわー」

リア充「だろ?だろ?いやー、あん時吹き出さなかった俺をほめろって!」

DA「やるなーお前。ノーベル賞だわ」

DB「賞状は飛ばされてったけどな」

リア充「ぶはははははははははっ!!」



205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 16:56:28.62 ID:vop/ojrV0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

リア充「ふふ、すっかりお尻が好きになっちゃったね、梓は」

梓「あっ、はいっ、お尻ぃ、お尻たまんないんですぅっ!」

リア充「ああ、ぼくも梓のお尻、大好きだよっ」

梓「あはぁ、リアさんっ!リアさんのもっとずぼずぼってぇ!」

リア充「ふふ、欲張りだなあ。こう?こうか?」

梓「ぁんっ、それぇ!それですぅっ、それすごいよおぉぉっ!!」

リア充「梓…梓ぁ…」

梓「リアさん…リアさぁん……」



206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 16:58:52.15 ID:vop/ojrV0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

梓「もうお尻マスターと読んでください」 えっへん

唯「ほへー。すごいなぁ」


紬「ふ、ふふふ…ふふふふ……」

澪「りつぅーっ…」 うるうる

律「みおぉーっ…」 うるうる




209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 17:01:31.26 ID:vop/ojrV0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


リア充「いやマジで。マジでアナルマスター」

DA「マジか。進みすぎだろ最近の高校生」

DB「いいなあ。いやマジで羨ましいなぁ」

リア充「いやあ、俺の梓は?最強だから?」

DA「うわなんかムカつく」

DB「いいなあ」




210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 17:04:11.39 ID:vop/ojrV0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

梓「んちゅ…ちゅっ」

リア充「あっ、そう…そこを舌で…」

梓「ちゅぱ…こ、こんな感じですか?れろ…」

リア充「あ、そう!それいいっ」

梓「ふふっ、リアさんかわいいです」 ちゅっ

リア充「うぁっ、そっちにキスですか」

梓「えへへっ」




211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 17:05:28.26 ID:HmEZ3cyB0
uaaaaaaaaa



212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 17:06:38.81 ID:IUVtPdq7O
あずにゃんの落とし方をだれか伝授してください
こんなことしたいです



214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 17:07:00.11 ID:m3aaP50l0
このスレを見るとぼくの心にダメージを受けてしまうのにそれでも更新してしまうこのジレンマ…



216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 17:10:16.04 ID:vop/ojrV0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


梓「へらちおマスターと呼んでくださいっ!」 どん!

唯「おおおーっ!」 ぱちぱちぱち

梓「あれから会うたびに何度もしたので、お口とお尻の経験値は最高潮です!」

唯「ほへーっ」

梓「これもそれも、もう全ては澪先輩のおかげです!ありがとうございますっ」 にこっ


紬「澪………ちゃん……?」


澪「うええええええええんっ!びええええええええええええええんっ!!」 ぼろぼろぼろ

律「マジ泣きだ。ガン泣きだ…」



219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 17:12:58.13 ID:vop/ojrV0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

DA「今度はフェラチオマスターか。いやお前どこまで昇る気だよ」

リア充「とりあえず…神の領域を目指してみるか」

DA「ぶはっ」

リア充「悪い今の忘れて」

DA「神の領域wwwwwww神の領域wwww」

リア充「わすれろーーーーっ!!」

DB「あずにゃん……」 ほぅ




226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 17:22:40.13 ID:vop/ojrV0
DA「あん?どしたBのやつ」

リア充「なんだ、人の彼女の写真抱えて」

DB「はぅ……」

DA「おいおい…」

DB「先生…あずにゃんとエッチがしたいです」

リア充「は?ふざけんな死ねボケ」

DB「いやマジ俺惚れたんだよ。友達の頼みだと思って」

リア充「うせろうせろ」

DB「なんだよー。前の彼女の時はAのやつと3Pとかしてたじゃん」

リア充「梓はそういう対象じゃなーいの」

DB「ちぇっ。なんだよちぇっ」




228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 17:25:17.35 ID:vop/ojrV0
DB「……マジな話さ。いくらならいい?」

リア充「しつっこいなぁ。いくらとかそういう問題じゃねえから」

DB「3万」

DA「うお、いきなりでかいな」

リア充「………いや、いやいやいや」

DB「4万」

リア充「………………………いや。ふざけんなよお前」

DB「7万」

リア充「………………………………………」



230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 17:25:19.39 ID:vop/ojrV0


DA「バイト代そのまま突っ込む気かお前」

DB「いやマジ本気だよ俺」

リア充「え、あ、いやんーと、うーん」

DB「先生お願いします」

リア充「いや、まぁ、ん、んー。ちょっと、ちょっとくらいならな?うん」

DB「いやっほおおおおおおおおおおおおおおおうう!!」

DA「まじか」




231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 17:25:47.36 ID:ppyP8yOr0
壁殴壁殴壁殴壁殴



232 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 17:26:11.55 ID:Ba6a5zhd0
これだからDQNは



233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 17:26:53.36 ID:avx1hWd2O
堕ちていく



234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 17:27:34.51 ID:m3aaP50l0
諭吉20人出すからぼくも混ぜるにゃん



236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 17:28:21.96 ID:gEGEjwgA0
>>234
お前堕ちたな



238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 17:30:44.63 ID:IUVtPdq7O
>>234
お前くずだな
お前が梓を幸せにできないと確信した

俺が幸せにする



239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 17:31:09.95 ID:vop/ojrV0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

リア充「で、なんでお前まで来てんだよ」

DA「なんでもなにも、お前に全部持ってかれたらBのやつ生活できねーだろ」

DB「Aが3万もってくれたんだ」

DA「おう。だから俺も参加させてもらうぞ」

DB「おおう!持つべきものは友達だよな!」

DA「よせやい」

リア充「なんか理不尽だ……」




240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 17:32:24.30 ID:Gs92C9lS0
もう更新ボタン押したくねぇwww



241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 17:33:34.60 ID:m3aaP50l0
おいやめろ



242 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 17:35:32.52 ID:vop/ojrV0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

梓「リアさん」

リア充「よ。梓」 なでなで

梓「えへへ //// あれ?後ろの方たちは」

リア充「ああ、俺の友達のAとB」

DA「よろしく」

DB「うわぁぁ、生あずにゃんだ //// 」

梓「あ、中野梓です!リアさんとその…お付き合いさせてもらってます //// 」

リア充「いやー、こいつらに梓の話したらみんな羨ましがってなー」

梓「え?そ、そんなぁリアさんったらー //// 」

リア充「で、みんなで一緒にエッチしようって話になったんだけど」

梓「えっ?」




251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 17:45:09.09 ID:vop/ojrV0
梓「い、いやですっ!リアさん以外の人となんてっ!!」

リア充「梓……」

DA「そりゃそうだよなぁ」

DB「あずにゃんかわいい……」

梓「わ、私リアさん好きだから!リアさんが相手だからその…恥ずかしいこともできたんですっ!」

リア充「うん……」

梓「だから…だから私、リアさんだから…他の人となんてっ…」 ぽろぽろぽろ

リア充「…………」

DB「あずにゃん //// 」

梓「うっ…ひっく、うえ、うええええええん」 ぼろぼろぼろ

リア充「……梓」

DB「泣いてるあずにゃんかわいいにゃん //// 」



252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 17:45:15.16 ID:rVLY3K6f0
ざまあああああああああああああ…



260 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 17:59:44.05 ID:vop/ojrV0
リア充「やっぱり……そうだよな…」

梓「ぐすっ…リアさん……」

リア充「いっつも……ここで終わっちまうんだ……いつも、いつも!」 ぽろぽろ

梓「えっ……」

リア充「わかってるんだ、それが当たり前だって…だからずっと我慢してた…でも、俺は…」 ぽろぽろぽろ

梓「リ、リアさん…?」

DA「リアはな……」

梓「えっ?」




261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 17:59:49.92 ID:vop/ojrV0
DA「自分の女が人に抱かれるのを見ないと、駄目なんだよ」

梓「だ、駄目って……」

DA「だから今までの彼女にもこういう頼みをして…ずっと振られ続けてきたんだ」

梓「そんな……」

DB「この前振られた時にね…もうこんなことはしないって言ってたんだけどさ」

梓「Bさん……」 チラッ

DB「うわあかわいい!」

DA「っ」 バキッ

DB「げふっ」

梓「え?えっ?」




262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 17:59:57.22 ID:vop/ojrV0
DB「んっ、ごほん!そう言ってたんだけどね?」

梓「は、はい……」

DB「梓ちゃんは運命の人だから、自分を隠したまま付き合うことはできないって」

梓「えっ……」

リア充「………」

梓「リアさん……」

リア充「ごめんな……今まで黙ってて」

梓「……リアさん。私…」

リア充「嫌われたくなかったんだ……梓ちゃんに」 ぽろぽろ

梓「泣かないでください。私…私、リアさんのためなら…っ」

リア充「梓………」


DA「……ぷふっ」

DB「笑うな」



263 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 18:02:11.58 ID:L6s6O2pcO
これは痛いwwwww



264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 18:02:52.58 ID:m3aaP50l0
死ね死ね早く死ねリア充死ね



265 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 18:03:25.48 ID:cY7kCOjT0
梓、賢くなりなさい。



266 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 18:04:24.62 ID:vop/ojrV0
梓「が、がんばります私!で、ですからあの…」

リア充「うん、なるべく梓が辛くないようにするから…ごめんな?梓…」

梓「そんな顔しないでください、リアさん…もっと早く相談してくれれば、私も…」

リア充「梓……」

梓「リアさん……」




DA「台本通り」

DB「いやお前ら慣れすぎだろ」

DA「うっせ。お前こそなんだよ、運命の人って」

DB「うっせ!俺はあずにゃんに運命を感じたんだ!」

DA「言ってろ」

DB「うおおおおお!あずにゃんとえっちだああああ!!」



267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 18:04:30.36 ID:QBpEg7b70
※俺たちがvipでssを読んでいる間も世界のどこかであずにゃんみたいな子はリア充とセクロスしてます



268 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 18:07:07.45 ID:Gk0LkjW5O
>>267
や め ろ



271 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 18:08:34.25 ID:QBpEg7b70
お前らクリスマスどうすんの…



272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 18:12:07.19 ID:vop/ojrV0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


リア充「じゃ、始めようか」

梓「は………はい!」

DA「…」 ニヤニヤニヤ

DB「あずにゃんとえっち…あずにゃんとえっち…」 ニタニタ

梓(わ、わたし今からこの人たちと……リ、リアさんのためなんだからっ!) ぐぐっ


リア充「じゃ、俺はここで見てるから」 ギィ

梓「あ、リ、リアさん………」

DB「あずにゃん」

梓「ひゃいっ!?」



276 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 18:16:14.77 ID:vop/ojrV0
DB「むちゅっ」

梓「ん~~~~~~~~~~~っ!!?!?!?!」

DB「んちゅっ、ちゅっ、んりゅっ」

梓「んー、んー!んんんんんんぅぅぅっ!!!」


DA「うーわ」

リア充「そうだそうだ、いつもBの奴を呼ばない理由を思い出した」

DA「見てて萎えるんだよ。あいつのは」


DB「んはぁ!えへへへ」

梓「んっ、り、リアさぁぁぁぁん」 ぐすぐす

リア充「すごく興奮するよ、梓」

梓「リアさん…ぐすっ、私がんばります……」 ぐすん



277 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 18:20:04.55 ID:KhKZqZcOO
やっぱりリアさんのコテにするのやめます



278 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 18:20:42.62 ID:m3aaP50l0
ちくしょうめ
このぼくがもし二次元に入り込むことができれば…
この世の中の物理法則がとっても憎らしいのにゃん…



279 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 18:20:53.30 ID:vop/ojrV0
リア充「梓がBなんかに唇を奪われるのを見て、ものすごく悔しくて胸が張り裂けそうだよ」

梓「リアさんっ…」

リア充「口の周りべちょべちょにされて、Bに汚されてしまったのを見て……」

梓「…………」

リア充「でも、だからこそ……心の底から梓を愛しく思う気持ちが沸いて来るんだ」

梓「リアさん……!」

リア充「梓……」

梓「リアさん…………じゃあ」

リア充「うん……」

梓「キスして……ください」

リア充「えっ」


DA「ぶはははははっ!!」




284 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 18:24:45.05 ID:vop/ojrV0
リア充「え、ちょっといやちょ」

梓「リアさん……私もリアさんが、大好きです」 ずい

リア充「ちょま、くさっ」

梓「どんなことをされても、心はずっとリアさんのものですから…」 ずずいっ

リア充「ちょいや、ちょっヨダレくさ、まっ」

梓「リアさん…っ!」

むちゅっ

リア充「んんんーーーーーーーーーーーっ!!!」



DA「ひぃっ、ひーひー!はらいてー!!」

DB「いや俺としてはいろいろ複雑なんだけどさあ、なあ」



288 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 18:34:38.21 ID:vop/ojrV0
リア充「キスは控えるように」

DB「ちぇ」

DA「まあまあ。ほら梓ちゃん」 ひょい

梓「わっ」

DA「へえ、軽いね」

梓「き、気にしてるんですっ」 カァァ

DA「へへっ、こんな小さい子は久しぶりだな」 も… も

梓「やっ……ん //// 」

DA「…揉めない」

梓「ガーン!」




291 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 18:36:36.18 ID:vop/ojrV0
リア充「いやいや。むしろそれがいいんだ梓は。梓の魅力の一つがそれだ」

梓「リアさん… //// 」

DA「そういうもんか?わからん…」

DB「そういうもんなんだよっ!あずにゃん!あずにゃんのおっぱいぱいぱい!」 もみもみすりすり

梓「ひぃぃぃぃぃっ」 ぞくぞくぞく




292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 18:39:45.26 ID:vop/ojrV0
DB「ほらほらあずにゃんぬぎぬぎしようね~げへへ」

梓「う、ううっ。リアさぁん……」 ぐすっ

リア充「……」 ニコ

梓「すん…脱ぎます……」

しゅる しゅる

DB「うおおおお!ちょっと!ちょっとだけふくらんで!」

梓「うううううっ」

DB「もぅがまんできなァい!んちゅ!ちゅるちゅる!じゅびびび!」

梓「いやあああ!やめてえ!おっぱいに変なことしないでえええ!!」



293 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 18:42:15.05 ID:vop/ojrV0
DA「んーじゃ俺はこっちかな」 スッ

梓「やぁっ!?」

DA「………ん?」

梓「ふぇっ……え?」

DA「…剃ってんの?」

リア充「いや天然」

梓「 //// 」 カァァァッ

DB「奇跡だ!奇跡の財宝がここにあった!!!



294 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 18:45:01.88 ID:KhKZqZcOO
梓「!!」

梓「……はぁっはぁっ……なんだ夢か」

梓「夢でよかった……彼氏は欲しいけど、あんなのは無理です……」

梓「もう一回寝よう……」



295 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 18:47:19.82 ID:QBpEg7b70
>>294
ktkrと思ったらお前じゃないのか…


あああああああああああ



296 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 18:47:30.28 ID:QX0VRSyxO
何故か分からんが>>294が神に見えた



297 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 18:47:31.01 ID:vop/ojrV0
くにくに

梓「ひゃふぅんっ!」 ピクン

DA「こういう感触は初めてだなぁ」

梓(り、リアさん以外の指が、私の………にぃっ)

DB「んじゅるっ、じゅじゅびっ、ぴじゅるるるるるっ!!」

梓「ひぃいいいいいいいいいいいいいっ!!」

リア充「どうだい梓?俺以外の男二人に体をまさぐられて」

梓「き、気持ち悪いですぅぅぅっ」

DA「お前のせいだな」

DB「じゅび、ふぇっ!?俺はちゃんと愛情をもってやってるよ!!」

梓「っ、Aさんだけでも気持ち悪いですっ!」

DA「あん?」




303 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 18:53:45.76 ID:vop/ojrV0
DA「気持ち良くないんならこの音なーんだ」

くちゅぴちゅぴちゅちゅちゅちゅ

梓「くうぅぅぅぅっ!?そ、それだめ!それだめですうううっ!!」

リア充「ああ、大丈夫だ。梓は俺以外の指で気持ちよくなったりしないから」 ニヤニヤ

梓「り、リアさぁん……はぅ、うううううっ」 ビクンッ

DA「んー?なんかビクビクしてきたけどよ」

梓「ち、違うもん…っ。違う、もんんんんんんんんっ!」 ビクビクッ

DA「すっごい濡れ方だぞこれ。あれ?これ気持ちよくなると出るんじゃなかったっけ」

梓「違うのっ!違っ、それは鼻水みたいなものなんですっ!!」 ビクン

DA「ぶっ!」

リア充「くっくっくっくっくっ」

梓「だ、だからいじられるとだらだらって……え?え?えっ?」

DB「あずにゃんの鼻水飲みたいにゃん!」

じゅるるるるじゅびびちゅるちゅぱべろんべろん

梓「んひいいいいいいいいいいいいいいいいいいいっ!?!?」



305 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 18:59:01.85 ID:vop/ojrV0
梓「だっ、だめえええ!Bさんだめえええええええっ!!」

DB「んじゅっちゅっちゅばぱぱぱっぽにゅぽちゅみょるりん」

梓「んぃいいいいいいっ!あっ、だめぇっ、ほんとだめえっ!!」

DB「あずにゃんいっていいよー!俺の舌で!俺の舌で!!」

梓「いっ、いかない!いきたくないぃぃよおおおおおおっ!!」

DB「んじゅるっ!ちゅるちゅぱぺちゃちゅぴどっぱっぱー」

梓「だめえ!だめだめ、だめぇえええええええええっ!!」 ビクンビクン

DA「おー、イッたイッた」

梓「う、ううっ…く、ぅぅぅぅっ」 ピクン ピクン



307 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 19:00:14.76 ID:QBpEg7b70
梓「いっ、いかない!いきたくないぃぃよおおおおおおっ!!」

興奮した




310 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 19:02:47.28 ID:vop/ojrV0
リア充「いっちゃったな梓」

梓「ご、ごめんなさいリアさん…私、私…」

リア充「いいんだよ梓。悲しいけど…仕方ないよな」

梓「リアさん…うっ、うううっ」 ぽろぽろ

ずっ

梓「ぅひっ!?」

ずずずずずっ

梓「ひああああああああっ!?」

DA「悪いなー、ちょっと待ちきれなかったわ」

ずっ ずっ ずっ

梓「あひぃっ、り、リアさぁんっ!」

リア充「おうー、がんばれがんばれ」 ひらひら




321 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 19:33:09.84 ID:vop/ojrV0
パンパンパンパン

梓「あひっ、いいっ!やあっ、ちよっと、休ませ…あはぁんっ!」

DB「んあー!あずにゃんのおまんまんが占領されちゃったにゃん!」

DA「いい加減そのキモい喋りを直せ。ケツのほうなら空いてるぞ?」

DB「ではそれを頂こうか」 キリッ

DA「おう」

ズブブブブッ

梓「んひぃぃぃぃぃぃっ!?おしり、おしりぃっ!?」

DB「んにゃああああ!あずにゃんのおけつまんこ気持ちいいのにゃん!にゃんにゃんにゃん!!」

DA「だめだこいつ」



324 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 19:36:52.22 ID:vop/ojrV0
DB「あずにゃん!あずにゃん!」

パンパンパンパン

梓「ああああっ!おしりぃっ!お尻はだめですぅぅぅぅっ!!」

DB「えへへへ、俺のちんぽ気持ちいいのかにゃん!?」

梓「きもちぃ、くぅっ、よくな、はぁっ、いいいいいいいいっ!!」

DA「おうおうご機嫌なこと」

ズッズッズッズッズッ

梓「ぁやああああっ!同時ぃっ、交互にずぽずぽしちゃだめぇれすぅぅぅぅっ!!」



325 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 19:37:13.46 ID:L6s6O2pcO
やっぱりかずにゃんだったか



326 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 19:37:41.48 ID:m3aaP50l0
し、し、しらないにゃん !
ぼくは無実だにゃん !



327 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 19:38:18.98 ID:QBpEg7b70
かずにゃん最低すぎワロタ



347 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 20:12:11.85 ID:vop/ojrV0
リア充「おお、気持ち良さそうだな梓」

梓「りぇ、じぇん…くっ、ぜんぜん気持ちよくありませんからっ…」 ぐぐっ

DB「えへ!えへへへへ」

パンパンパンパンパンパン

梓「いぁあああっ!おひりっ!おひりだめえっ!ずぼずぼしちゃ、ぅくうううんっ!!」

梓「あっ、ああっ…くっ、んくぅっ、ん……はぁ、はぁ、はぁ」

梓「き、気持ちよくなんて、ないですから……はぁっ…あは、ははは…っ」 ニコッ

DA「うわー、いいなあ。こいつすごくいいわ」

梓「はぅ……へっ?」

パンパンパンパパパパパン

梓「ひぃぃぃいいいいぃぃいっ!?」

DA「ああもうなんだこいつたまんねえ!そらそらそらっ!」

梓「あぃいいいいいいっ!お、おま、こわっ……あくぅっ、あっ、はあああん!」



350 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 20:17:07.35 ID:vop/ojrV0
DA「おらおらどうだ?どうなんだよっ」

梓「だめぇ、だめえっ、あっ、うぅぅぅん、やはあぁぁん」

DA「だめーじゃわかんねーだろ、おらっ」

梓「あいぃぃん!ふ、ふかぁっ、はぅ、んんんんっ」

DB「えへへへ、あずにゃんったら俺のこともわすれちゃだめにゃん!」

梓「ひぃぃぃっ、おひり、おひりぃっ、くうぅぅぅんっ!あっやああっ」

DB「えへへ、お尻気持ちいいのにゃん?正直にいったらもっともっとしてあげるのにゃん」

梓「あ、あはぁぁぁ、き、きもち…きもち……ぃ」

リア充「梓」

梓「あっ!き、きもち…ぅっ、うえええええんっ」 ぽろぽろぽろ



352 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 20:21:23.10 ID:vop/ojrV0
DB「んにゃあああ!泣いちゃったあずにゃんもかわいいのにゃん!にゃんにゃんにゃん!」

梓「んいいっ、んっ、ひぐっ、うあああっ、あっ、ああん!あん!」

DB「ぼくのおちんぽでもっと泣かせてあげるのにゃん!にゃんにゃん!」

梓「あっ、あううう、やだああ、もうおちんぽやなのおおおおっ」

DA「なんだ、いいのか?抜いちまって」

梓「やあああっ!抜くのもだめええ!もうやあ!もうやなのおおお!!」

DB「あはああ!混乱してるあずにゃん最高にかわいいのにゃん!!」

梓「ああっ、おひっ、あっ、やはあああっ!」



358 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 20:26:35.71 ID:vop/ojrV0
DB「あにゃああん!もういきそうなのにゃあん!」

梓「ええっ、あっ、やっと…やっと…」

DB「あずにゃんの中に出すのにゃん!にゃにゃにゃんにゃん!」

梓「ううっ……」

DB「あずにゃんのウンチをぼくの精子で妊娠させるのにゃん!」

梓「え、ええっ!?」

DB「これからあずにゃんが出すウンチは全部僕とあずにゃんの子供なのにゃん!にゃんにゃんにゃん!!」

梓「い、いやあっ!そんなのいやあっ!!」

DB「これからウンチをする度に僕とのお尻セックスを思い出すのにゃん!!」

梓「いやああああっ!お願いだから普通にウンチさせてえええええっ!!」

DB「もう遅いのにゃん!あずにゃんとぼくのブライダルザーメン発射するにゃあああああああん!!!」

梓「いやあああああああああああああああああああああああっ!!!!」



366 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 20:34:47.52 ID:vop/ojrV0
DB「ふう……なにやってんだ俺」

梓「ううっ、ひぐっ、ひっく、ひっく…」

DB「なにがブライダルザーメンだ、ばかばかしい」

梓「うええええええんっ、ひぅッ、うえぇぇぇっ」


リア充「」 ビキビキ

DA「おい俺はどうすればいい」

リア充「どうした」

DA「萎えた」

リア充「そうか」




372 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 20:39:06.65 ID:vop/ojrV0
リア充「よく頑張ったな、梓」 なでなで

梓「うえええっ、リアさあああんっ」 ぐすぐす

リア充「愛してるよ、梓」 ぎゅっ

梓「ひっく、ひっく…ぐすん」



DB「青春だねえ」 シミジミ

DA「お前もう二度と呼ばねえ」

DB「いや今日の主催は俺だから」

DA「じゃあ二度といかねえ。つーか3万返せ」

DB「貰っちゃったものは返せないにゃーん」 ベロベロバー

DA「うわムカつくっ!てめえこのっ!」 ドタンバタン


リア充「帰れお前ら」




378 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 20:43:51.87 ID:vop/ojrV0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


梓「と、いうことがあったんです…」

唯「えっ」

澪「いやいやいやいや。いくらなんでもそれはおかしいだろ!!」

梓「え?でも澪先輩も3Pは常識とか言ってたし…」

澪「い、言った………っけ?」

律「言った……ような気がする」

紬「澪………ちゃん?」 ユラリ

澪「ひいぃぃぃっ!?」



384 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 20:48:36.03 ID:vop/ojrV0
律「いやそれでもおかしいから!友達とさせるとかどんな…どんなアレだよ!」

梓「えっ……り、律先輩はリアさんのこと知らないからそんなこと言うんですっ!」 バンッ

律「知ってても知らなくても変だよそれはっ!!」

梓「リアさんはずっと一人で苦しんでて…助けてあげられるのは私だけなんです!!」

律「なんだそりゃ!なんでそれがその…そういうことと繋がるんだよ!」

梓「……っ、い、いいです!もう律先輩には関係ありませんからっ!!」 ぷいっ

律「…っ!……………そ、そうかよっ!」 ぷい



388 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 20:53:43.53 ID:vop/ojrV0
澪「梓……」

唯「あずにゃん…」

ぎゅっ

梓「あっ……」

唯「怒っちゃだめだよ。あずにゃん」 なでなで

梓「っ………いやああああああっ!」 どんっ

唯「きゃっ!?」

梓「あっ、あああああずにゃんって呼ばないでくださいっ!!!!」

唯「あ、あずにゃん!?」

梓「えっ?……あっ!ゆ、唯先輩……ごっ、ごめんなさいっ!」 だっ

律「おいちょ、梓っ!」

唯「あずにゃん……」

紬「………」




392 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 20:56:03.69 ID:rVLY3K6f0
しっかりトラウマになってんじゃん…
レイプされた女は殆どが自傷行為するっていうし無理ないかも知れないが



394 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 20:57:25.67 ID:QBpEg7b70
かずにゃん
絶対に許さない



398 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 21:06:03.28 ID:vop/ojrV0
律「どうすんだよこれ……」

唯「あずにゃん…あずにゃんが、あずにゃんがかわいそうだよっ!!」

澪「ムギ……」

紬「………私のほうでいろいろと調べてみるわ」

律「ムギごめん…たのむ。梓のこと…」

紬「ええ…」




399 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 21:07:40.14 ID:vop/ojrV0
ダンダン

リア充「ん?なんだなんだ」

ガチャ

梓「リアさん……」

リア充「梓…」

梓「リアさああああんっ!」 ぎゅっ

リア充「お、おいっ?」

梓「うっ、うえええっ、うええええええんっ」

リア充「と、とりあえず中入れよ、な」

バタン




404 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 21:11:33.06 ID:vop/ojrV0
リア充「そっか。そんなことが…」

梓「私…私どうしたらいいか……」

リア充「そりゃまた…面倒くさいことになっ」

梓「えっ」

リア充「めっ、めん…めぃ~、め、め~らめらと、解決に向けて闘志がわいてきたぜ」

梓「リアさん…」



405 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 21:18:26.06 ID:vop/ojrV0
リア充「とはいったものの、どうすればいいか」

梓「………あの。また昔みたいにぎゅって、してみてください」

リア充「ああ、こうか?」 ぎゅっ

梓「………」

リア充「梓?」

梓「…あずにゃんって、呼んで…頭を…」

リア充「……あずにゃん」 なで

梓「あっ………」

リア充「…どうだ?」

梓「よかった……リアさんなら平気です」

リア充「そっか」

梓「もっと…してください //// 」

リア充「ああ…」



408 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 21:25:34.16 ID:vop/ojrV0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

リア充「…って、ことがあってなぁ」

DA「うっわぁ」

DB「あずにゃんかわいそうだにゃん…」

リア充DA「誰のせいだ、だれのっ!!」

DB「しゅん…」

リア充「いやでも、マジメンヘラだけは勘弁よ。ロクな目に合ったためしがない」

DA「いや、その彼女は特別なんじゃなかったん?」

リア充「なんだろうなー。Bに抱かれて喘いでる姿見たら冷めたわ。すーっと」

DA「はぁ?」




409 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 21:28:27.01 ID:vop/ojrV0
リア充「お前と一緒に3Pしてた頃にはこんなことなかったんだけどなー。なんでだろ」

DA「Bがキモすぎたせいじゃねーの?」

DB「心外な。純愛の発露と言ってくれたまえ」

リア充「純って文字を20回書き取りして来い」

DB「心外にゃ!!」




412 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 21:29:47.58 ID:vop/ojrV0
DA「いやでもマジどうすんだよその女」

リア充「なんかもうどうでもいいー。誰か引き取ってくんねーかな」

DB「はいはいはいっ!」

DA「またこいつだ」

リア充「いいよもう。お前にやる」

DB「わーい!」




413 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 21:30:13.59 ID:m3aaP50l0
あずにゃん…



414 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 21:31:24.36 ID:QBpEg7b70
よかったじゃねえかかずにゃん
梓はお前のものになったんだぜ



415 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 21:32:52.86 ID:gEGEjwgA0
かずにゃんとうとうssでカップル成立か
おめでとう



416 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 21:34:41.15 ID:gfX1WsE00
かずにゃんだけ実写か



429 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 21:46:30.72 ID:m3aaP50l0
何なんだ最初に見たときはあずにゃんとこの野郎が別れるのを待ちわびていたというのに
実際別れるとなってもぼくの心にあいた大きな空洞が埋まる事はないのにゃん
素直に喜べないこの空虚な気持ちの正体は何なのにゃん?
見当もつかないのにゃん…



422 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 21:42:06.80 ID:vop/ojrV0
DA「わーいじゃねえよ。いや納得しねえだろあの女」

リア充「セッティングだけしてやるから、ビデオでもなんでも撮って脅せばいいじゃん。得意だろそういうの」

DB「おおう!Bちゃんそういうの大得意!」

DA「あちょっと待った俺もそういうのは大好き」

リア充「じゃあまかせた。二人で好きにやってくれ」

DAB「ほーい」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ピー ガガッ ザーーー

紬「………冗談じゃないわ」



426 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 21:45:19.63 ID:vop/ojrV0
ピー ピロリロ

律「ん?」

ピッピッパロポロ

澪「ムギから?」

ポッポッペロラロ

唯「きんきゅうしゅうしゅう?」

憂「どうしたの?お姉ちゃん」



430 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 21:47:35.48 ID:vop/ojrV0
澪「おーい」

律「おう、澪」

澪「梓のことかな」

律「だろうな。こんな時間に集まれってことは」

唯「うえええーん」

律「お、唯……え?なんか泣いてる」

唯「ひっく、ひっく…」

憂「梓ちゃんがそんな大変なことになってるなんて、どうして教えてくれなかったのっ!!」

唯「ごぇんなさあああい、えーん、えーん」




436 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 21:50:14.82 ID:vop/ojrV0
紬「みんな集まったわね」

律「ムギ!」

紬「状況は静観を許さない状況に来ているわ」

澪「説明してくれ」

紬「ええ……」

~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~

律「ふざけるなっ!」 ドン

憂「なにそれ…許せない!」 わなわな

唯「あずにゃん…うっ、ううっ」

澪「ムギ、どうするんだ?何か手があるんだろ?」

紬「……」




445 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 21:57:01.60 ID:vop/ojrV0
紬「……」

澪「お、おいムギっ!」

紬「だから…みんなで何か策を考え」

律「なんだよそれっ!!」 ドンッ

紬「っ」 ビクッ

律「なんとかできるんじゃないのかよ!琴吹グループの力で!!」

紬「こっ、琴吹グループは暴力団じゃないのよ!?できないわよそんなこと!!」

唯「ムギちゃん……」

紬「私だって何かできるなら…できるなら…っ」 ぽろぽろぽろ

憂「紬さん……」



456 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 22:02:46.08 ID:vop/ojrV0
澪「でも…策を考えるといっても、どうすれば…」

憂「戦いましょう」 ギラリ

唯「う、憂!?ナイフなんてどこに持ってたのっ!!」

憂「果物ナイフだよ。カバーがあるから安全なの。」

唯「うわあ、ヒマワリの絵がついてるんだね。かわいい」

律「無し無し無し!無しだからそういうのはっ!!」

憂「でもそれじゃどうするんですか!?梓ちゃんが大変なんですよ!?」

紬「でもその男が死んだら梓ちゃんの心はずっと捕らわれたままになるのよ?」

憂「えっ…」

紬「梓ちゃんはずっと死んだ男のことを想い続けて生きるのよ……忌々しい」

憂「………っ」




463 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 22:09:57.02 ID:vop/ojrV0
澪「ムギ、色々調べるって言ってたよな。わかってることを教えてくれ」

紬「ええ。通っている高校はFランクの工業系大学。公立だから琴吹グループからの圧力という方向はやろうと思っても無理だわ」

律「そうか………なんでそんな馬鹿男に…っ」 ギリ

紬「自宅はアパートで一人暮らし、バイト先は自宅付近の居酒屋で週3勤務」

澪「うん……」

紬「わかったのは…これくらい」

憂「あ、なんとかしてアルバイトを首にしてしまえば!」

澪「どうにもならないよ。そんなことじゃあ」

憂「うう…」



473 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 22:16:41.51 ID:vop/ojrV0
唯「でもなんとか、なんとかしなきゃあずにゃんが…」

紬「ううっ、本当に私の家が暴力団ならよかったのに…!」

律「ムギ…ごめん、私が…」

憂「やっぱり私が…!」 ギラリ

澪「ばか!ムギの話だと、その男がいなくなってもBってやつが暴走したら」

憂「じゃあ!その人もいなくなればいいんでしょ!?」

澪「なんてこと言うんだっ!憂ちゃんが捕まったら唯はどうなるんだよ!?」

憂「あっ……おねえちゃん…」

唯「憂…わたし憂がいなくなっちゃやだよ」

憂「…うん…うっ、ううっ、どうすれば…」 グス グス




476 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 22:21:18.82 ID:vop/ojrV0
唯「みんなで話しに行こう!きっとわかってくれるよ!」

律「話っつーか殴り合いになりそうだけどな」 ビキビキ

澪「わ、わたしだって…」 ブルブル

紬「む、無理よ!あんなことする人たちよ!?みんなにもしものことがあったら、私…私っ…」

澪「で、でも…梓が…」 ブルブル

憂「大丈夫です。もしものことが起こる前に、私がみなさんを守りますから!」 ギラリ

律「いやそれはやめろ」




480 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 22:29:24.74 ID:vop/ojrV0
紬「みんな……うん、そうよね。私も…私も行くわ!」

唯「ムギちゃん!」

律「おーうなんか燃えてきたぜー!」 バキボキ

憂「私が守る…私が……!」

澪「じゃあまず情報を整理しよう。ムギ。知ってる情報をもう一度出してくれ。全部だ」

紬「え、ええ。大学と自宅と勤務先…は前言ったわね。あとはえーと…」

憂「実家はどこですか?場合によっては親の勤務先に圧力をかけるとか」

律「えぐっ」

憂「当然です!梓ちゃんのためを思えば…」

紬「実家は神奈川。個人経営の焼き肉屋よ。圧力とかは…ごめんなさい。無理そう…」

憂「そうですか…」

澪「………」




491 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 22:39:10.58 ID:vop/ojrV0
プルルルル プルルルルルル ガチャ

リア充「はいよ、リアだよ」

父『アsぇdcrvftbgyんふいmjk、おl!!?』

リア充「あぼ…、父さん!?落ち着いてよ、父さんのハングル早口でわかんねーって!!」

父『うおおえあああ!!お前なにしたんだあ!』

リア充「いぇぇ?な、何したって?」

父『父さんな!民団の偉いさんに呼ばれたんだぞ!?お前なにやったんだあああ!!』

リア充「え?わ、わけわかんねえよ!何もしてねえよ俺!!」

父『ふざけんな何もしてなくてなんで呼ばれctvfgybふにjもk、p!!』

リア充「だから落ち着けよ父さん!わかんねえから!ゆっくり話してくれないとハングルわかんねえから!」

 ピン ポーン

リア充「なんだよこんな時にもおおお、父さんちょっと人来たから!また電話して!ね!」



493 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 22:39:19.09 ID:vop/ojrV0
 ピンポンピンポンピンポーン

リア充「はいはいわかったわかったいまいきますからーっ!」

ガチャ

澪「カムサハムニダ」

リア充「えっ」

男K「ちょっと上がらせてもらうニダよ」

男R「キムチの匂いがしないニダね。自家製漬けなきゃ力出ないニダよ」

リア充「お、おいちょっとな」

澪「ちょっとお話があるんです。朴さん」

リア充「なっ…な、なんで、俺の」

澪「お話が」

リア充「……っ」




494 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 22:40:50.39 ID:4iKexmfe0
まさかのサンジュ先生



496 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 22:41:25.11 ID:rVLY3K6f0
これはこれで怖い



497 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 22:41:29.52 ID:m3aaP50l0
澪大活躍だなw



499 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 22:41:53.93 ID:xAfLRl/70
李さんと金さんかwwww



500 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 22:41:58.48 ID:vo9akeyC0
超展開すぎワロタww



503 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 22:44:28.44 ID:vop/ojrV0
澪「ただいま」

紬「澪ちゃん!澪ちゃん、大丈夫だった!?」

澪「うん。なんとかなったよ。話し合い、で」

男K「じゃ私たちはこれで」

男R「またなんか困ったことあったら呼んでね」

澪「うん、ありがとう!」

憂「あの人たちは?」

澪「アボ…お父さんの友達なんだ!」

律「へえ、あたしも初めて見たよ」

唯「でもよかった…ほんとうによかったよおお!うえええええん!!」



504 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 22:44:56.64 ID:jv6mrag70
サンジュwww



505 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 22:46:50.03 ID:gEGEjwgA0
サンジュが活躍なんておもってもみなかったぜ



506 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 22:47:40.96 ID:whJen0/P0
くわばらくわばら



507 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 22:47:54.07 ID:dUsNEF1S0
アボジw



508 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 22:48:56.24 ID:Oo2bxjUl0
ひっでぇwwwwwwwwwww



512 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 22:58:45.87 ID:vop/ojrV0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


梓「うえええええええん!うえええええええええええん!」

唯「あず……ちゃん」

律「そうかー。振られちゃったかー」

澪「ま、まあ男なんて星の数だけいるわけだし!な?」

梓「うう…はい…すん、すんっ」

紬「そうよそうよ!女の子も加えればその倍もいるのよ!?」

澪「えっ」

律「なにそれこわい」




516 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 23:03:03.58 ID:vop/ojrV0
梓「ぐすっ…ありがとうございます、先輩…わたし、わたしっ」

澪「梓…忘れろなんていえないけど、辛いときは、私たちがいるから!」

梓「澪先輩っ!」

唯「うん、彼氏の代わりにはならないけど、私も、りっちゃんも、澪ゃんも、ムギちゃんも!
  みんなあず…さちゃんと一緒にいるから!ずっと一緒にいるから、ね!!」

梓「ぐすっ、もうっ…あずにゃんでいいですよ、唯先輩」

唯「えっ、いいの…?あずにゃん」

梓「はいっ!唯先輩にならそう呼ばれても、だいじょうぶですっ」 ニコッ



520 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 23:05:58.54 ID:vop/ojrV0
唯「あずにゃあああん!」 ぎゅうっ

梓「わあっ!ふふっ」

唯「ううん、あずにゃんすきすきー♪」 なでなで

梓「もう、唯先輩ったら……唯先輩…」

唯「えっ、あずにゃんやっぱりだめ?」

梓「いいえ、唯先輩、やっぱりあったかいですっ!」

唯「ほんと?じゃあもっとぎゅーってしてあげる!」 むぎゅう

梓「わぁ!もう、度がすぎると嫌ですーっ」

唯「えー?ちぇーっ」




521 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 23:07:09.55 ID:vop/ojrV0
紬「うふふ、うふふふ…☆」

律「これでまた、いつも通りの軽音部だなー」

澪「…まだいつも通りとはいかないかもしれないけど、それでも…」

律「ああ……」

梓「そうですよ!私失恋してるんですから!いつも通りとはいきません!」 がばっ

唯「わあ!あずにゃん!?」

梓「失恋のもやもやは楽器にぶつけるんですっ!今日からしばらく強化週間ですっ!!」

唯律「ええーっ!?」

澪「はははっ、じゃあ梓、ちょっとボーカルでもやってみるか!」

梓「はいっ!さあ、唯先輩も律先輩も行きますよ!!」

律「んーじゃ、しょうがないなーっ!」

唯「よーし、やるぞーっ!!」

梓「いきますよ!“私の恋はホッチキス”っ!!」

律「ワン、ツー、スリー、フォー!」


                                                      END



522 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 23:09:02.54 ID:4iKexmfe0
おつんつん



525 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 23:10:25.71 ID:gEGEjwgA0
なんかいつものオチで安心した




527 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/12(土) 23:10:39.62 ID:m3aaP50l0
乙にゃんにゃん !
久々に胸のあたりがむかむかするssをどうもありがとうにゃん !



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking livedoor Blog Ranking

この記事へのコメント
思わずPC壊しそうになっちゃったにゃん
あずにゃんの世界に行く大切などこでもドアなのに危なかったにゃん
2009/12/14(月) 22:04:07 | No.4078 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
高校はFランクの工業系大学で吹いた
2009/12/14(月) 22:25:50 | No.4079 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
サンキューサンジュ
2009/12/14(月) 22:48:19 | No.4080 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
ふぅー、三途の川に片足突っ込んでたが、なんとか帰ってこれたぜ。
しかしてっきり殺意の波動に目覚めたたくわんが制裁しにいくかと。
2009/12/14(月) 23:09:32 | No.4081 |    | #BsqUATt6[ 編集]
かずにゃん何やってんだよ
2009/12/14(月) 23:20:07 | No.4082 |   | #-[ 編集]
サンジュに初めて感謝したわ
2009/12/15(火) 00:07:17 | No.4083 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
まさかのサンジュ
2009/12/15(火) 00:07:23 | No.4084 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
澪のサンジュネタになってしまった部分が私的に残念だけど、それ以外の部分は素で面白かった
2009/12/15(火) 00:11:10 | No.4085 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
サンキューサンジュ!
2009/12/15(火) 00:21:20 | No.4086 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
これはきれいなサンジュ
2009/12/15(火) 02:14:50 | No.4087 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
サンキューサンジュってこんな時に使う言葉だったのか
2009/12/15(火) 03:19:29 | No.4088 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
不覚にも3Pでおっきした
2009/12/15(火) 03:20:05 | No.4089 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
なんだ結局肉便器じゃねーか
2009/12/15(火) 03:51:55 | No.4090 | ひーくん | #-[ 編集]
サンキュー!サンジュ!
2009/12/15(火) 10:10:47 | No.4094 | ねむいよ!ななしさん | #-[ 編集]
途中途中のコメが素晴らしすぎる…
おまいら良い奴だな
2009/12/15(火) 12:35:24 | No.4095 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
サンジュに感謝することになるとは
参政権を通そうとする工作か?

とにかくサンキューサンジュ
2009/12/15(火) 17:50:46 | No.4096 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
肉便器だった過去はずっと消えないのにねwww
2009/12/15(火) 19:03:46 | No.4097 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
こんんあスレまとめ店じゃねえぞ管理人
2009/12/16(水) 05:01:48 | No.4098 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
サンジュネタが死ぬほどおもしろかった
この>>1からは素晴らしい才能を感じた
2009/12/16(水) 13:58:00 | No.4099 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
澪のサンジュネタで初めて良かったと思ったwwww
ところで、DQNBへの制裁はまだですか?俺としてはある日突然”事故死”を希望したいんですが・・・
2009/12/18(金) 18:43:37 | No.4111 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
サンジュネタまじでしね
>>1犯す
2009/12/24(木) 19:02:48 | No.4156 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
澪・・・中々やるな
2010/03/23(火) 22:34:30 | No.4703 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
サンキュー山澪
2010/06/02(水) 09:08:39 | No.5605 | 戯言ヴぃp | #DhuRAo1g[ 編集]
DQN描写がリアルだ…。

これだから3次は。
2010/06/11(金) 07:25:42 | No.5880 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/11/12(金) 21:41:13 | No.7836 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://minaminoxxxsummer.blog49.fc2.com/tb.php/735-1aecbd8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。