戯言ニュース

ほとんどVIPのまとめ。

HeadLine
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「桜高軽音部にうんたん♪の嵐!」
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 10:53:13.21 ID:conTyW700
──桜舞い散る新学期…

大神「ここが桜ヶ丘高校…俺の憧れの場所…」

唯「遅刻しちゃうよー!!」

大神「えっ!?」

唯「うわっ!?」

  ドンガラガッシャーン!!

唯「いててて…」

大神「だ、大丈夫かい?君?」

唯「す、すみません!私急いでたから…」

大神「ここの生徒のようだけど、遅刻にはまだ全然余裕があると思うよ」

唯「え?!…また時計見間違えたー!!」



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 14:58:48.68 ID:C2VGFXCJO
まさかのけいおん×サクラ大戦



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ 唯「桜高軽音部にうんたん♪の嵐!」
2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 10:57:28.25 ID:conTyW700
唯「ううぅ…また新学期からドジ踏んじゃった…」

大神「まぁ、遅刻するよりはましじゃないか」

唯「そうですよね~」パァ~

大神(切り替えがはやいな…)

唯「どうもすみませんでした。それじゃ」タッタッタッタ…

大神(ギターケースを抱えている。と、言うことは彼女は…)

大神「桜高軽音部…」

大神「やっと…だな…」




3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 11:04:37.84 ID:conTyW700
さわ子「やっと来たわね。大神くん」

大神「さわ子さん!お久ぶりです」

さわ子「しかし、まさか本当にあなたがくるとは思ってもみなかったわ」

大神「昔っからの夢でしたから…」

さわ子「ふふっ、そうね」

さわ子「さぁ、校長がお待ちよ。新任の挨拶をしていらっしゃい」

大神「はい!」

──校長室前

  コンコン…

「おう。入れ」

大神「失礼します!」




5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 11:11:04.72 ID:conTyW700
大神「大神一郎赴任のあいさつにやってきました!」

米田「ご苦労…」

米田「ところでお前さん面接の時にえらくウチの軽音部のこと熱く語ってたらしいじゃねぇか」

大神「はい!こちらの軽音部は素晴らしいと常々思っておりましたので」

米田「そうかい…。じゃあお前さんに軽音部預かってもらおうかね」

大神「よ、よろしいのですか?」

米田「ああ。今顧問の山中先生は吹奏楽部との掛け持ちだからな」

米田「専任の顧問がいた方が都合もいいだろ」

大神「はいっ!粉骨砕身の覚悟でがんばります!!」

米田「おう。頼んだぜ」




10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 11:16:05.00 ID:conTyW700
米田「しかし大神よ、そんなに肩肘張らなくってもいいんだぜ」

大神「はい!がんばります!!」

米田「・・・・・」

大神「では失礼します…」


米田「ふっふっふ…若け~ってのはいいもんだ。なぁ山中先生よぉ」

さわ子「あら、嫌ですわ校長先生。私だってまだまだ若いですわよ」

米田「おっとそうだったな。すまんすまん」

米田「しかし…あいつでうまくいくもんかね…」

さわ子「大丈夫ですきっと…」

米田「昔は桜高軽音部って言や~名の通ったもんだったけどな…」

米田「定期的に近所のライブハウスで演奏するほど精力的だったっつ~のに」

米田「誰かさんが宗教まがいなライブしてくれたお陰で誰も寄り付かなくなっちまって…」

さわ子「ほ、本当に残念なことですわね…おほほほほ…」



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 11:20:51.28 ID:conTyW700
米田「・・・・・」

さわ子「で、ですけど大神くんはあのライブを見て桜高軽音部に憧れを持った訳ですし!」

米田「まぁ、いいけどよ…」

米田「ところであいつが現在の軽音部の状況を見て心変わりしないもんかねぇ…」

さわ子「彼ほどの情熱を持っているのなら必ず再興してくれます」キリッ

米田(おめえさんがしっかりしてりゃ~なんも心配いらなかったのによ…)

さわ子「??何かおっしゃいましたか?」

米田「まぁ、大神にゃ~苦労してもらうしかねぇな」

    コンコン

米田「開いてるぜ~」

教師「失礼します。校長…またあの写真の件でPTAからお電話が…」

米田「はぁ~またか…。その件は教頭に任せるって俺ぁ言ったぜ…」

教師「しかし…どうしても校長を出せ…と…」

米田「…しかたねぇな。ちょっくら行ってくらぁ」



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 11:26:58.54 ID:conTyW700

──

律「よお唯。今日はえらく早いな」

澪「おはよう唯。」

紬「唯ちゃん。おはよう」

唯「あ。みんなおはよう!」

澪「憂ちゃんとは一緒じゃなかったのか?」

唯「うん。時計見間違えちゃって。憂が黙って先に行っちゃったんだと思って急いできたんだよ」

律「憂ちゃんがそんな事するわけないだろ」

唯「だよね~」

憂「お姉ちゃ~ん」

紬「噂をすれば、ね」

憂「はぁはぁ…お姉ちゃん私を置いていくなんて酷いよ…」

唯「ごめんね憂…」




14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 11:31:38.77 ID:conTyW700
憂「みなさんもおはようございます」

憂「お姉ちゃん髪ボサボサだよ」クシクシ

唯「おお…かたじけないかたじけない」

澪「ここの姉妹はいつも通りだな」

紬「そうね~♪」

梓「先輩方おはようございます」

唯「あずにゃん!」

梓「うわっ!?朝っぱらから抱きつかないでください!」

唯「よいではないか」

律「お~いクラス替えの張り出し見にいこうぜ」




15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 11:37:12.94 ID:conTyW700
澪「はぁ~今回はどうなるやら…」

律「え~っと…私は…3年1組だな」

紬「私も1組だわ」

唯「私もだぁ~」

澪(まさか…)

律「澪…またしても残念だったな…」

澪「そんな…ううぅ…」

紬「澪ちゃんよく見てみて」

澪「あ……1組だ…」

律「よかったわね、澪ちゅわん♪」

澪「ややこしいこと言うな!!」




16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 11:41:43.35 ID:conTyW700
唯「しかも和ちゃんも一緒だよ」

律「これは何かの陰謀が渦巻いていると考えた方が…」

紬「担任がさわ子先生みたいね」

唯「納得ですな」

律「ええ」

唯「名前を覚える必要は最小限に抑えたい」

律「しかも和がクラスに居てくれれば何かと役にたつと」

澪「でもこの副担任の大神一郎って先生は聞いた覚えがないな」

紬「新しい先生なんじゃないかしら」



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 11:47:12.28 ID:conTyW700
唯「憂とあずにゃんはどうだった?」

梓「また一緒のクラスでした」

憂「梓ちゃんまたよろしくね♪」

梓「ところで、今日の部活ですけど…」

澪「ああ。新歓ライブも近いことだし、さっそく練習を始めないとな」

紬「またぬいぐるみを着て呼び込みもしたいわ」

澪「いやそれはどうだろう…」

律「久しぶりにムギのお菓子が食べてみたいわ」

唯「久しぶりにあずにゃんに猫耳乗せて遊びたいわ」

澪「お前たちはもっとまじめにしろ!!」




18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 11:52:12.27 ID:conTyW700
──放課後

澪「ほら早く部室に行くぞ」

唯「今日のお菓子は何かな~♪」

律「久しぶりにケーキがいいな~」

紬「ごめんなさい。今日はビスケットなの…」

唯「なんだか最近、珍しいお菓子の日が減っちゃったね」

律「そうだー。出し惜しみはよくないぞムギ!」

   ゴツン!!

律「澪さんも相変わらずの凶暴さで…」ヒリヒリ…

澪「ムギあんまり気にするなよ」

紬「うん。ありがとう澪ちゃん」




20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 11:58:17.40 ID:conTyW700
  ジャラララ~ン♪

澪「? 部室からギターの音が…」

唯「誰かいるのかな?」

律「さわちゃんじゃねぇの?」

    ガチャ

大神「やぁ。待ってたよ」

紬「大神…先生?」

律「大神先生がここで何してんっすか?」

澪「・・・・・」ガクガク

唯「あれ?どちら様?」

「!!!??」



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 12:02:42.18 ID:conTyW700
律「ほら今日朝のホームルームで紹介があっただろ!?」

紬「私達のクラスの副担任よ」

唯「………ああ~」ポン

大神「思い出せてもらえたかな…」

大神「君とは今朝校門のところで会ったんだけど」

唯「???」

大神「覚えてないと…」

唯「全ッ然!!」

大神「まぁいいか…」

大神「あらためまして。今日から軽音部の顧問を勤めさせていただきます大神一郎です」

澪「!?」ギュッ

律「ん?どうした澪?そんなに私の制服掴むなよ」



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 12:04:14.40 ID:c2Y8KTk8O
大神はなにげにピアノが得意だったな



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 12:09:25.92 ID:conTyW700
紬「じゃあ、さわ子先生は…」

  ガチャ

さわ子「やめないわよ!!」

唯「さわちゃん先生!!」

さわ子「私の安らぎタイムはそう簡単には奪わせないわよ」

さわ子「ムギちゃん私ミルクティーね♪」

紬「はい。わかりました」

大神「ちょっと。いいんですか?部室でお茶会なんて開いて…」

さわ子「いいのよ。せっかくだからあなたも参加して打ち解けなさい」

大神「……さわ子さんがそう仰るなら…」

さわ子「ちょっと学校では先生って呼んでくれるかしら?」

大神「…解かりました。さわ子先生」

さわ子「よろしい♪」



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 12:16:09.01 ID:conTyW700
律(おい唯あの2人怪しくないか?)

唯(うん…ただならぬ関係っぽいよね)

紬(付き合ってるのかしら)

唯律紬「キャー///」

さわ子「あんた達なに騒いでるのよ…」

さわ子「ほら澪ちゃんはもう静かに座ってるわよ」

澪(プルプル…)

さわ子「小刻みに震えてるけど…」

大神「えっと…秋山さん…だっけ?大丈夫かい?」

澪「ひっ!?こっちにこないでください…」

大神(すごい拒否反応だ…)

律「ああ…先生。澪は初対面の人が苦手で。しかも男だったらなおさらだから…」

大神「そうなんだ…」




26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 12:19:52.46 ID:conTyW700
律「でもそのうち慣れると思うから…」

澪「り、律ぅ~」

律「わかった、わかった。今日はお前の隣に座るから」

澪「うん」ギュ

律「おいおい。袖掴んだら紅茶が飲みにくいだろ」

紬「ほほえましい光景ですわ~」ポワ~ン

   ガチャ

梓「遅れました~」

大神「やぁ。君が中野梓くんだね」

梓「??どちら様ですか?」

唯「さわちゃんの彼氏だよ!!」

さわ子「ぶーーーーーっ!!」

律「うわ!汚ねぇ!!」



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 12:23:31.63 ID:conTyW700
さわ子「ちょっとなんでそうなるのよ!!」

唯「違うんですか?」

さわ子「大神くんも何か言ってやってよ」

大神「確かに憧れの存在ではあるよ」

さわ子「!?」

唯「ほら!やっぱり!」

紬「聞いてるこっちが恥ずかしくなります…///」

律「で?子供の予定は?」

さわ子「話が飛躍しすぎてるわよ!!」

大神「???」




29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 12:26:11.46 ID:conTyW700

──

梓「はぁ…新しい顧問の先生ですか…」

大神「よろしく」サッ

梓「は、はい。よろしくお願いしますです…///」アクシュアクシュ

律「おいおい、梓のやつ赤くなってるぞ」

紬「さわ子先生との三角関係になっちゃうわね…」

唯「この泥棒あずにゃんめっ!!」

梓「ち、違います!!」

さわ子「話をややこしくしないでくれるかしら…」



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 12:33:35.33 ID:conTyW700
梓「じゃあギターとかの経験があるって事ですね?」

大神「連れにギターやってるやつがいてその影響でね。」

大神「中学からだからそれほどじゃないけど…ベースやドラムもある程度はね」

律「へ~。結構すごいんだな」

澪「…ベースも…できるんですか?」

大神「(おお!初めて口を聞いてくれたぞ)ああ」

澪「あの…私…周りにベースやってる人とかいない…から…」

澪「だから…ずっと一人でやってたから…」

律(がんばれ!澪!)

澪「もし…間違ってるとことかあっても…自分じゃ気づいてないかもしれないから…」

澪「教えてもらっても…いい…ですか?」

大神「もちろんだとも!そのためにここの顧問になったんだから」

律「よくがんばった!澪!感動したっ!!」




31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 12:34:24.75 ID:YIo1QRj4O
ついにさわちゃんに春が…!



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 12:39:50.59 ID:conTyW700
澪「ちょっと律///そんな…おおげさだよ」

唯「関係はさらに複雑に、さらなる進展を遂げてしまいましたっ!!」

紬「大神先生ったら女泣かせなのね~」

紬(恋破れた澪ちゃんにりっちゃんが優しくして、くんずほぐれつフラブきましたわー!)

梓(ムギ先輩がこんなに積極的に冗談に絡むのも珍しいな…)

大神「よし!そうと決まれば早速ベースの練習だ!」

澪「はい…」

律「って澪?なんで私の袖掴んだままなんだ?」

澪「だって…まだ…恥ずかしい…」

律「おいおい…」

大神「構わないさ。無理することもない。澪くんのペースでやっていこう」

澪「はい///」ピンピロリロリン↑

律(っていうかこの先生さらっと澪を名前で呼んでるし…)

さわ子(やっぱり大神くんは天然のジゴロタイプね)



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 12:44:48.84 ID:conTyW700

──

大神「そう、そこはこうしたほうがいいと思うよ」ボーンボーン

澪「こ…こうですか?」ボーンボーン

大神「うん!そうそう!正直こんなに飲み込みが早ければ俺が教えることなんて
    すぐになくなってしまいそうだよ」

澪「…えへへ///」

律「おーおー澪ちゃん照れてる」

唯「っていうかりっちゃん、もうそばに着いてなくて澪ちゃん平気なの?」

律「なんか、意外と大丈夫そうだな」

紬「いいの!?りっちゃん!!」

律「な、何!?」

紬「澪ちゃん取られちゃうかもしれないわよ!!」

梓「ムギ先輩はもっと違うことを心配した方がよさそうですね…」



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 12:51:35.21 ID:conTyW700
唯「…ところでさわちゃんは?」

梓「? おかしいですね、さっきまで居たのに…」

律「ティータイムが終わったから早々に帰ったんじゃねーの?」

梓「はぁ…でも大神先生のおかげで急に部活っぽくなりましたね」

律「まぁ、以前はさわちゃんだったしな~」

紬「そうよね~。あの先生じゃしかたないわ」

梓(ムギ先輩ってたま~に辛辣だな…)

大神「君たちもそんなとこでゆっくりしてないで、練習練習!」

唯律紬梓「は、はいっ!!」




35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 12:58:20.68 ID:conTyW700

──

唯「ふわ~…もう限界!疲れちゃったよ~…」ペタン

律「私も…久しぶりに腕が上がんないくらいやったよ…」

大神「おいおいそんなんじゃライブ中もすぐにばてて良いパフォーマンスができないぞ」

大神「新歓ライブまで日がないんだから…」

紬「でもさすがにずっと立ちっぱなしですし…」

梓「私達は新学期が始まって久しぶりにやったんです…」

澪(肩こった…)

大神「…仕方ない10分休憩だ。」




36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 13:02:50.87 ID:conTyW700
律(おいおい…冗談じゃねえぞ…)

唯(こんな熱血指導今時流行らないよね~…)

梓(さすがに私もここまではしんどいです…)

紬(ちょっと先生にやりすぎって言った方がいいかしら…)

澪(肩こった…)

大神「よし、休憩終了!!」

紬「あの~…」

大神「なんだい?紬くん」

紬「今日はもう終わりにしませんか?」

律(でかしたムギ!!)

大神「??」

紬「先生の体力と私達の体力じゃ差がありすぎて付いていけないんです」

大神「!?」



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 13:05:54.51 ID:conTyW700
大神「…すまなかった。そこまで考えが至らなかったよ」

唯「ほっ…」

律「まぁ、私達も鈍っていたかもな」

紬「理解のある先生でよかったわ♪」

梓「じゃあ今日はここまでということで…」

澪「明日は新入部員勧誘用のチラシでも作って配るか」

大神「明日からは基礎体力向上のために練習前にグラウンドを走るか」

軽音部一同「・・・・・」ポロロロン↓↓↓



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 13:12:53.76 ID:conTyW700
──次の日

唯「うおりゃあああぁぁぁぁぁ!!」ダッダッダッダ…

律「唯って走りに関しては体力あるよな…」

梓「なんせ去年の学祭で家から学校の往復を復路はギター抱えて走ったくらいですもんね」

澪「はぁはぁ…ったく、汗が目に入るよ…」

紬「私も汗だくだけど何故かおでこの辺りで汗がピタッと止まるの」

律(眉毛だ) 

澪(眉毛だな) 

梓(眉毛ですね)

紬「???」



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 13:17:04.20 ID:conTyW700
唯「ダメだ~…もう限界だ~」

澪「っておい!あの走りはなんだったんだよ!」

唯「走ってもう体力使い果たしちゃったんだよ~」ヘナヘナ~

梓「確かに…私もギター弾く元気はありません…」

律「今日は練習やめにしてどうすれば新入部員を多く集めることができるか
  という議題でお茶をしながらディスカッションしよう」

澪「ようするにティータイムにしたいってことだな」

紬「じゃあ用意するわね♪」

澪(まぁ私もこの意見には賛成だったりするけど…)

  ガチャ

大神「やあ君たち。やってるかい?」




41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 13:22:09.85 ID:conTyW700
澪「ひっ!?」サッ

律「おい澪。お前慣れたんじゃなかったのかよ」

澪「よく考えてみたら私達と年齢も近いし、やっぱり恥ずかしいんだよ…」

律「は~…やれやれ」

紬(そうでなくっちゃ!!)

大神「ちゃんとグラウンドを走ってきたようだね」

唯「は~い。私が一等賞でした!!」

大神「うん。唯くんのがんばりは職員室で見ていたよ」

唯「///」ピンピロリロリン↑

大神「で、今から何が始まるんだい?」

律「先生は私達のバンド名をご存知ですか?」

大神「確か…放課後ティータイム…だったっけ?校内バンドって感じがしてとてもいいと思うよ」



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 13:28:14.00 ID:conTyW700
律「あ、ありがとうございます///」ピンピロリロリン↑

律(ってなんで私照れてるんだ!?)

紬「だから。今から私たちの代名詞であるティータイムが始まるんです」

大神「こんなことを毎日しているのかい?」

梓「はぁ…私も最初は反対だったんですが、意外といいものですよ」

大神「だからか…」ワナワナ…

澪(なんだろう…何か嫌な雰囲気が)

大神「そんな事だからあれほど名高かった軽音部はこれほどまでに廃れてしまったんだ!!」

「!?」

大神「せめて新歓ライブまではみっちりと練習してもらう!!」

紬「じゃあお茶は…」

大神「もちろん禁止だ!!」

唯「そんなぁ~…」 ポロロロン↓↓↓




45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 13:34:30.20 ID:conTyW700
──新歓ライブ 前日

大神「ストップストップ!!」

大神「どうしたんだ?最近全然気持ちがこもってない演奏じゃないか?」

大神「確かに一人一人は技術的には良くなってきてるとは思う…」

大神「でもまだ俺の言う通りにぜんぜんできてないじゃないか」

唯「だって…楽しくないんだもん…」

大神「えっ!?」

梓「確かに演奏自体は完成度が高くなった気がします…けど…」

紬「型にはまりきってしまってて…特にりっちゃんの良さが殺がれている気がします…」

大神「しかしバンドの幹をなすドラムがしっかりしないことには何も始まらないじゃ…」

律「私も…こんなやらされてるドラムなんてしたくありません…」

大神「なっ…!?」ワナワナ…

澪(はわわわわ…先生怒ってるよ…また怒鳴られちゃう)フラッ



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 13:39:53.92 ID:conTyW700
律「澪っ!?」

紬「キャッ!?」

大神「澪くんッ!!」ダッ!!

  ダキッ!!カカエッ!!

大神「大丈夫かい?」

澪「は、はい…少し立ちくらみがして(って、男の人に抱きかかえられてる!?)」ボンッ!!

澪「い、イヤァァァァァァッ!!!触らないでッ!!!」

唯「澪ちゃん!?」

梓「先生どこ触ったんですか!!」

大神「いいっ!?いや、俺は!?」

律「この変態教師めっ!澪から離れろ!!!」

紬「そうよ律澪こそ正義なのよ!!」

大神「待ってくれみんな。誤解だ!!」

律「問答無用!!!」



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 13:45:43.47 ID:conTyW700
唯「やっぱり女子高にくる男性教師ってこんな変態ばっかりなんだね!!」

梓「澪先輩を泣かせるなんて許せないですっ!!」

律「そうだそうだ!!あと練習キツイぞ!!」

唯「お菓子食べたいぞ!!」

紬「この世に男は必要ないぞ!!」

梓(ムギ先輩はダメかもしれんね…)

「ティータイム復活!!ティータイム復活!!」

大神「くっ…分かった。もう勝手にしろっ!!」

   ガチャ  バタン!!

律「正義は勝つ!!」

唯「やったぁ~♪」



48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 13:53:00.50 ID:conTyW700
大神「…クソッ!」

さわ子「はぁ~今まで吹奏楽で忙しかったから久しぶりにお茶が飲めるわ♪」

大神「さわ子さ…先生…」

さわ子「ど、どうしたのよ大神くん、怖い顔して。軽音部はほったらかしでいいの?」

さわ子(まぁ私が言えた義理じゃないけど…)

大神「・・・・いいんです。」

さわ子「えっ!?」

大神「今の軽音部は俺の憧れていた所じゃないですし、部員達も俺は必要ないようですから」

さわ子「はぁ…やっぱりそうなるわよね…」

大神「・・・・失礼します」

さわ子「ちょっと!!」

大神「?」

さわ子「今夜、空けておきなさいよ!」



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 13:58:47.03 ID:conTyW700

──

律「へっ?それじゃあ別に変な所は触られていないって?」

澪「…うん」

紬「じゃあなんであんな大声を…」

澪「私が男の人苦手だってみんな知ってるだろ…」

梓「ただ単にビックリしたって事ですか?」

澪「悪かった…と思ってるよ…」

律「あちゃ~…。私達いわれなき冤罪を先生に着せたことになったのか」

唯「でもこれでお茶し放題お菓子食べ放題!!」

梓「確かに…あの練習は苦行以外のなにものでもないでしたからね…」

律「じゃあこのままでもいいか」

紬「でもちょっと後味悪いわね…」

唯「ムギちゃんはあんな楽しくない練習ばかりでいいの?」



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 14:03:11.03 ID:conTyW700
紬「それは…嫌…だけど…」

澪「私…謝ってくるよ」

律「澪ッ!そんなに良い子ちゃんぶるなよ!!」

唯「そうだよ澪ちゃん!また前みたいに楽しくしようよ!」

梓「…私もそっちがいいと思います」

澪「……わかった」

  ガチャ

さわ子「はいはいおじゃましますよ~」

律「さわちゃん!?」

さわ子「話は全て聞かせてもらったわよ!」

唯「どこで?」

さわ子「・・・ずっと部室前で…」

律「盗み聞きって…趣味わるいぞさわちゃん」




52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 14:08:09.79 ID:conTyW700
さわ子「くっ…いいのよ別に。それよりこのCDを聴いてくれるかしら?」

梓「またまた急ですね…」

  ウィ~ン ジャカジャカジャカジャカ♪

紬「これは…ふわふわ時間ですか?」

唯「でもすっごいへたくそだよね~www」

律「ほんとほんとwww誰だよ演奏してるやつwwwwww」

澪「これは…私達だな…」

律「そうそうこんなへたくそな演奏っていったら私達しかwwwww」

唯「だよねwwwwwwww」

唯律「って、えええええぇぇぇぇぇええぇぇえ!?」

梓「ベタ過ぎやしませんか…?」

唯「私達ってこんなにへたくそだったっけ!?」

律「ううっ…恥ずかしすぎて聞いちゃいられない…」




53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 14:14:29.37 ID:conTyW700
澪「と言うよりも、練習のお陰で今のレベルが上がった…」

紬「そうね…特に唯ちゃんなんか劇的に上手くなってるわ」

さわ子「その通りよ。これはあなた達の春休み前の演奏なの」

さわ子「このCDは大神くんに頼まれて録音したのよ」

さわ子「早くあなた達の特徴を掴んでおきたいってね」

「・・・・・・・」

澪「だから…あんなにアドバイスが的確だったんだな…」

律「そりゃ…そうだった…けど…」

さわ子「でも確かに大神くんはやり過ぎだったと思うわ。
     なんせこの私から貴重なティータイムを奪おうとしたんだから」

さわ子「でもあの子も一生懸命だったのよ。その点は分かってあげて」

さわ子「大神くんには私からもきちんと言っておくから」

唯「私達…どうすればいいですか…?」

さわ子「明日の新歓ライブであなた達の答えを見せてあげなさい」



54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 14:19:55.24 ID:conTyW700
──某居酒屋

大神「さわ子さん…俺どうしたらいいか…」

さわ子「はいはい…それ今日何回目よ…」

大神「おれが中学の頃、加山のやつに連れて行かれたライブハウスで見たあなたの演奏は
    それは凄いものでした…」

大神「そりゃ確かに、ここは秋田か!? と勘違いしてしまうほどの出で立ちでしたが…」

さわ子「・・・・・・若さゆえの過ちよ」

大神「桜ヶ丘高校のバンドだって聞いたから、高校はそこに入ろうって決めたのに…」

     ポロロロロロ~ン♪

???「まさかの女子高だったんだからなぁ~大神ぃ~」

大神「その声は…」




55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 14:23:26.72 ID:conTyW700
加山「酒はいいなぁ~大神ぃ~。…車だからノンアルコールだけど」

大神「加山!!」

さわ子「悪いわね来て貰って」

加山「いえいえ他ならぬさわ子さんのため、そして何より我が親友大神一郎の一大事と
    聞いたら、いてもたってもいられなくなりましてね」

大神「それはいいが加山、お前相変わらず白いギター持ち歩いてるんだな…」

加山「あたり前田のクラッカーだ大神ぃ~」ポロロロン♪

客「にいちゃん流しのギター弾きかい?一曲お願いできるかな」

加山「よろこんで~」ポロロロン♪




56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 14:27:53.48 ID:conTyW700

──

加山「ふぅ。ついつい調子に乗ってダブルアンコールにまで応えてしまった」

大神「お前は相変わらずだな」

加山「そう言うお前はどうなんだ?んん?大神よ~」

大神「俺は…自信がなくなった…」

加山「おいおい、赴任直後にそれはないだろ~」

加山「なんでお前は桜高に行きたかったんだ?」

大神「俺は…さわ子さんやその先輩達の演奏を聞いて…」

大神「でも、さわ子さんが桜高を卒業と同時に何故か桜高軽音部の名は聞かなくなった…」

さわ子(私の所為だなんて言えないわ…)

大神「だからさわ子さん達の輝かしい歴史を、それを残したいって…」

加山「そうそう。でも生徒じゃ無理だからせめて先生ならって、がんばってきたんじゃないか」



57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 14:31:43.49 ID:conTyW700
加山「いいのか?…あきらめても」

大神「・・・・・」

さわ子「あの子達も今日の騒動の誤解は解けたようよ」

大神「でも…練習はもう嫌だって…」

さわ子「あんまり厳しくされることに慣れてないのよ」

大神「・・・・・」

加山「おおっと!?もうこんな時間だ~!早く帰らないと!!」

大神「まだ来たばっかりじゃないか?」

加山「いや~非常に残念だがここでお別れのようだ。」

加山「じゃあな大神元気だせよ。アディオース!!」

大神「あいかわらず騒がしいやつだなぁ…」

さわ子(ありがとうね加山くん)




59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 14:36:01.94 ID:conTyW700
さわ子「とりあえずは明日のライブを見てから決めてみたら?」

大神「・・・・・」

大神「俺は…あの子達にとって必要なのでしょうか?」

さわ子「それは私が決めることじゃないわ」

大神「相変わらず厳しいですね…」

さわ子「ただ優しくしてほしいだけなら私じゃない女の所に行った方がいいわよ」

大神「ふふっ…俺にはそんな浮ついた気持ちはありませんよ」

さわ子「そう、よかったわ。子守は嫌いなのよ」

大神「解かりました。明日彼女達の演奏を聞いて自分の気持ちも確かめ
ます」



60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 14:40:46.71 ID:conTyW700
──ライブ当日

唯(ねぇ大神先生舞台袖で見てるよ)

律(本当だな…よっしゃ!いっちょやったるか!)

梓(少しはいいとこ見せないと…ですね)

紬(私達なりの練習の成果を出しましょ♪)

澪(先生…これが私達、放課後ティータイムの答えです)

律「…ワンツースリーフォー」



61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 14:45:03.23 ID:conTyW700
大神「始まった…」

さわ子「さぁ…お手並み拝見といこうかしら…」

大神(やっぱり所々で音が違う、リズムキープも一定じゃない…しかし…)

さわ子「ふふっ。あの子達舞台の上だったらノッテくるのよね♪」

大神(その所々でそれに合わせた音楽の『顔』が出てくる…)

大神(一人が全員を全員が一人を感じてプレイしている)

さわ子「あの子達がティータイムをしてるのはね…」

大神「?」



62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 14:48:30.45 ID:conTyW700
さわ子「一人一人には選り好みがある、それをお茶してる時に無意識に感じてるのよ」

さわ子「それが『間』だったりその人独特の『リズム』だったりね」

さわ子「だから相手の苦手なところをみんなでフォローしてるのよ」

さわ子「相手に合わせるから自分のリズムがくるっちゃったりするけど」

さわ子「でもそれは触れれば崩れてしまいそうなぎりぎりの所で保たれてる」

さわ子「だけどその脆さはとても美しいことなのよ」



63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 14:51:42.07 ID:conTyW700
大神「日本の雅楽みたいなものですか…?」

さわ子「そうね…少しでも音がずれれば不協和音になりかねない」

さわ子「でもこの5人は理解しあってるからこそ細い綱の上を歩いていけるの」

大神「ティータイムにそのようなすごい理由が…」

さわ子(たぶんね!!)




64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 14:56:06.20 ID:conTyW700
大神「だとしたら…結局俺が出る幕がないじゃないですか…」

さわ子「あら?でも技術的に上手いにこしたことはないわよ」

さわ子「それにもう一つあなたに有ってあの子達に無いものがある」

大神「なんですか?」

さわ子「バンドにかける情熱よ!」

さわ子「正直あの子達は今までなんとなしに続けてきたのよ」

さわ子「だからもっとオーディエンスに楽しんでもらえる様なプレイを教えてやってほしいの」

さわ子「今は良くも悪くも自分達のための演奏でしかないもの」

さわ子「それはきっとあなたにしかできないことだわ」

大神「・・・・・」

さわ子(さぁ昨日寝ずに考えてきたセリフよ。心揺さぶられたでしょう?)


66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 15:02:50.42 ID:conTyW700
 ジャジャッ ジャジャッ ジャジャ~ン♪

唯「ありがとうございました。もし私達と一緒に演奏がしたい方は3階の音楽準備室が
  軽音楽部の部室なのでどうぞお気軽に来てください」

  ワー! ワー! パチパチパチパチ

大神「素晴らしい演奏だったよ。君たち」

律「大神…先生…」

大神「さわ子先生に怒られてしまったよ。君たちにとってはティータイムこそが
    その演奏の本質だったとはね…」

軽音部一同「?」

大神「俺の方が間違っていた。すまない。許して欲しい」

紬「そんな、頭を上げてください」

大神「俺は君たちに自分の夢や理想を押し付けていただけだったんだ」

大神「本当の君たちのやり方なんて理解もせずにね」

大神「だから…顧問失格だ…」



67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 15:07:36.29 ID:conTyW700
澪「ま、待ってください!」

大神「!? 澪…くん?」

澪「先生が辞めちゃったら、誰が私にベース教えてくれるんですか!」

律「そうだぞ先生。先生がいなくなったらまた私達だらけちゃうぞ」

唯「やっぱり、今日の演奏もむちゃくちゃだったしね…」

紬「先生をいつかビックリさせたいんです!」

梓「私も…この5人だったらもっと凄い演奏ができるきがします」

澪「だから…大神先生には居てもらわなきゃ困ります!」

大神「みんな…本当にいいのかい?」

さわ子(おやおや青春してるわね~…ってこの考え方はもはや年寄りの思考よね…)

さわ子「私もあなた達の夢を応援してるわよ♪」




69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 15:11:44.37 ID:conTyW700
律「さわちゃんはただお茶がしたいだけだろ~」

唯「だよね~」

さわ子「ちょ!?人がせっかく雰囲気出してるっていうのに」

「あははははははは…」

紬「でも、これからはお茶の時間も減らさなきゃね…」

さわ子「そんなっ!?」

梓「やっぱりお茶目当てじゃないですか…」

大神「いや、ティータイムは大いに取るべきだと思う」

唯「えっ!?」

律「いいの!?」

大神「ああ。いいとも」

さわ子「バンザーイ!!」

澪「だからなんでさわ子先生が一番喜ぶんですか!」



71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 15:15:18.55 ID:conTyW700
大神「よし!じゃあいつものやつ行くぞ!!」

紬「いつもの?」

梓「そんな取り決めありましたっけ?」

大神「準備はいいか?せーの…」

大神「勝利のポーズ。決めッ!!」

「・・・・・・・・・」

唯「えっ…何それ…」

律「先生大丈夫?」

澪(やっぱり変な人なのかも)ブルブル…

大神(何故だか体が勝手に…自分が怖い)

梓「・・・・・・・キモッ」

大神「!?」



72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 15:17:56.07 ID:C2VGFXCJO
>>71
巴里組の最初の反応みたいだw



73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 15:18:52.99 ID:conTyW700

──

米田「まだまだ、だな今の軽音部じゃ…」

米田「しかし…何か年甲斐もなく熱くなってきちまったなぁ」

米田「…俺も久しぶりに埃被ったギター出して弾いてみるか」

女生徒「校長先生さよなら~」

米田「おぅ!気ぃつけて帰ぇんなよ~」

女生徒「はーい」

米田「大神…頼んだぜ…」

米田「あの頃の桜高軽音部を…もう一度…」




74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 15:21:49.54 ID:conTyW700
──次回予告!

唯「あわわわ…澪ちゃんとりっちゃんがまた喧嘩始めちゃった…」

梓「こっちではムギ先輩が何やら落ち込んでるようです!」

唯「そういえば最近お菓子のグレードが下がっちゃったよね…」

梓「もっと重要なところを心配してください!!」

唯「次回、けいおん!in 大神 第2話!」

梓「友情はメビウスの輪 信頼はお菓子の味!?」

唯「桜高軽音部にうんたん♪の嵐!!」

梓「それ…嫌な光景ですね…」



75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 15:22:34.34 ID:conTyW700
キリもいいのでちょっと休憩
30分後くらいにまた再開します




76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 15:24:00.89 ID:C2VGFXCJO
おつ
もちろん「体が勝手に…」なイベントもあるよな?



77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 15:27:01.99 ID:c2Y8KTk8O
TV版の大神がこんな性格だった気がする



78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 15:42:37.06 ID:C2VGFXCJO
薔薇組出ないかな



80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 16:32:38.29 ID:conTyW700
和「すみません。先生に雑用押し付けちゃって…」

大神「いや、構わないよ」

和「さわ子先生に聞いたらそういうのは大神先生が得意だって仰ってたので…」

大神「俺もどういう訳か雑用と聞くと勝手に体が動いてしまうんだ」

和「何か事務仕事の経験がおありなんですか?」

大神「いや…そういう事はしたことがない」

和「でもすごく板に付いてますよね。もしかして前世でそういう人だったのかも」

大神「おいおい…和くんに言われるとそういう気がしてくるよ…」

和「ふふっ。あっ、そろそろ終わりですね…」

大神「ふぅ~。でも生徒会も大変だね」

和「ええ。常に人不足なもんですから…」




81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 16:36:43.91 ID:conTyW700
大神「俺でよければいつでも手伝うよ」

和「…はい/// ありがとうございます」ピンピロ↑

和「あとはこの各部活ごとの購入物の伝票整理だけですから
  先生はもう軽音部に行っていただいてもいいですよ」

大神「…伝票整理…だ…と!?」ワナワナ…

和「? どうしたんですか先生?」

大神「和くん!それも俺にやらせてくれっ!!!」ガバッ!!

和「ち、ちょっと…きゃ~~~!!!」

大神「なんなんだ!?この胸の内から滾ってくる熱いものはっ!!」シュババババ…

和(す、すごい!!)



82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 16:41:46.86 ID:conTyW700
──軽音部 部室

唯「う~~~~ん…」

律「どうしたんだ唯?そんなに唸って」

唯「この輪っかが私を悩ませる…」

澪「なんだ…メビウスの輪じゃないか」

紬「私も昔不思議に思ったものだわ」

梓「で、なんで今頃唯先輩はこんな物を?」

唯「私は今現在この謎について研究中なのです!!」

澪「おいおい…」




83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 16:43:12.52 ID:conTyW700
律「ふっふっふ…真実はいつも一つ!!」

唯「名探偵りっちゃん!?」

澪「体は女子高生の平均のそれを下回り、頭は問題外ってか…」

律「な、なんだと~~!!」

梓「唯先輩、本気で解からないんですか?」

唯「もうこの帯の上を100周くらいしたけど…」

梓(これは重症ですね…)



85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 16:46:50.46 ID:conTyW700
紬「ほら…ここで帯が捩れてるでしょ?」

唯「うん」

澪「だから表をなぞっていたと思ったらいつの間にか裏になってるんだよ」

唯「どっちが表でどっちが裏なの?」

梓「だからその区別がないから不思議なんですよ」

唯「へ~(憂も同じような事言ってたけどよく分かんないや…)」

律「正義の反対はまた別の正義ってことなのさ」

唯「!?」

律「だからこの世には単純な表裏はないってこの帯が教えてくれてるんだよ唯!」

唯「りっちゃん!! 私解かったよ!!」

澪「この2人は…」




86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 16:51:37.13 ID:conTyW700
律「ところで今日のおやつは…」

紬「!?…あの…ごめんなさい。今日は芋けんぴ…なの」

律「ええ~…」

唯「なんだか最近おばちゃん臭くなっちゃったね」

澪「おい2人とも、ムギがせっかく持ってきてくれてるんだぞ」

律「でも澪だって、たまにはケーキがいいって言ってたじゃん」

澪「うっ…」

律「自分だけいい子ぶっちゃうなんて卑怯だぞ!」

澪「うるさい!」ガツン!!

律「あいて!」

梓「先輩方、意外とこれいけますよ」シャクシャクシャクシャク…

律(っち…なんだよ澪のやつ…)



87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 16:56:50.26 ID:conTyW700
紬「ごめんなさい…お茶、淹れるわね」

澪「ムギ…気にするなよ。私はいつも感謝してるから」

律(自分だけはムギの味方アピール…ってか)

   ガチャ

大神「すまん。遅れた。伝票整理に夢中になってしまって…」

澪「先生!早速練習始めましょうか?」

律(先生に対しても最初はあんなに私の後ろに隠れてたのに…)

大神「いや…とりあえず事務仕事に疲れたから俺もお茶もらおうかな?」

澪「ふふっ。先生も軽音部に馴染んできてますね♪」

律(どうせ私は必要なときだけの使い捨てってか…)



88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 17:01:06.56 ID:conTyW700
大神(律くんの様子がおかしいな…)

大神「どうしたんだ律くん?どこか具合でも…」

澪「おいおいさっきまで元気だったじゃないか」

澪「あっ!?まさか練習サボりたいから演技してるんじゃないだろうな?」

律「そうだよ…私は澪みたいに優等生じゃないからな」

澪(あれっ!?)

紬「ね、ねぇりっちゃん。お茶も入ったし、こんなお菓子だけどおいしいよ」

梓「そ、そうですよ。最高ですよ芋けんぴ」シャクシャクシャクシャク…

律「うるさいっ!私はこんなものいらないよ!!」

唯「り、りっちゃん…」

律「どうせ私はこの芋けんぴより価値がない女ですよ」

律「胸はペッタンだし、頭もスッカラカンだ!!」



89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 17:05:28.45 ID:conTyW700
律「澪のほうがずっと優れた人間だよ!!」

澪「お、おい律…」

律「不出来な人間はそれ相応に生きていくよ」

律「じゃあな…」

  ガチャ…  バタン!!

大神「・・・・・」

唯「うっ…ひっぐ…また澪ちゃんとりっちゃんが…ひっぐ…」

澪(ばか律…)

紬「私が…私がこんな芋けんぴなんて持ってきたから…」

梓「・・・・」 シャクシャクシャクシャク…

大神(親友に対するコンプレックスか…)



90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 17:14:14.65 ID:conTyW700
澪「…こうなったらもう今日は練習できないな…」

紬「・・・・・」

唯「…明日になったら…元通りだよね…?」

梓 シャクシャクシャクシャクシャ…(無くなってしまった…)

大神「ん?これは…」

唯「あっ…メビウスの輪だよ、イッチー」

大神「(イッチー?)…表裏無く…か…」

大神「(そうだ!)澪くん!」

澪「は、はいっ!」

大神「明日必ず律くんを部室に連れてきてくれ」

澪「で、でも…」

大神「理由はなんだっていいんだ。ドラムセットを取りに来いって俺が言ってた
    とでも伝えてもいいし」

澪「・・・・・解かりました」

梓(帰りにスーパーに寄って買って帰ろう)




92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 17:20:41.83 ID:conTyW700

──

大神(さて…うまく行くかどうか…)

大神(ん?もう下校時刻を過ぎたのに部室に誰かいるぞ?)

大神「おーい。入るぞー。…ってムギくん?」

紬「…先生」

大神「どうしたんだ?みんなと一緒に帰ったんじゃ…」

紬「私の…私のせいで澪ちゃんとりっちゃんが…」ポロポロ…

大神「そんなことはないと思うけど…」

紬「私がもっと美味しいお菓子を持ってきさえすればよかったんです!」

大神「おいおい…とりあえず話しを聞くよ」




94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 17:56:31.72 ID:conTyW700

──

大神「だとすると…最近のお菓子はムギくんが自腹で買ってきてたという事なのかい?」

紬「はい…さすがに家のお菓子のストックも切れまして…」

紬「たまに家にいらっしゃるお客様にいただくんです…
  でも折からの不況でその機会も少なくなって」

大神「だったらおやつはそのたまに貰った時だけでいいじゃないか」

紬「みんな毎日のティータイムを楽しみにしてるんです」

紬「毎日お菓子がなかったら…私嫌われちゃうし、今日みたいにバラバラになっちゃう」スンスン

大神(この子も相当なにか抱えてるみたいだな…)

紬「だから私必死にバイトして…親のお陰とか思われたくないから…」

大神「そのバイト料をお菓子の購入費に当てていた…と」

紬「それがバイトをしていた理由の全てじゃありませんが…」



95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 18:03:24.11 ID:conTyW700
紬「昔っから私は自分個人として扱われたことがなくって」

紬「いつも琴吹家という名前が付きまとってくる…」

紬「友達も仲良くしてくれる人もその名前があるからこそ付き合ってくれてる」

紬「だけどこの軽音部のみんなはそんな事関係なしに私を見てくれてる」

紬「今はもう実家がお金持ちだってばれてるけど、出会った当時の態度と
  なんら変わりがないんです」

紬「だからこの軽音部がバラバラにならないために私ができることといえば
  みんなと一緒に楽しいティータイムを提供すること」

紬「そのためだったらどんな苦労だってします!」

大神「きみの言いたいことは解かったよ」




96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 18:14:48.88 ID:conTyW700
大神「だけどもっとみんなを信用して頼ってみたらどうだい?」

紬「頼る…?」

大神「今までムギくんが常に与える側だったからみんなもその点で麻痺してるんだと思う」

大神「ムギくんがお菓子を持ってきてくれるのが当たり前ってね」

大神「でも、今のムギくんの現状を知ったら軽音部のみんなはきっと協力してくれるよ」

紬「でも…私がもうお菓子持ってこないって知ったらまた
   あの時みたいに仲間はずれにされちゃう…」

大神(やはり、彼女も過去になんらかの傷を負っているんだ…)

大神「ムギくん。君の軽音部の仲間は信頼できる存在かい?」

紬「…はい。今まであった人の中で一番信頼しています」

大神「うん。その信頼なんだが、読んで字のごとく信じて頼るということなんだ」

紬「信じて…頼る…」



97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 18:27:11.49 ID:conTyW700
大神「そう…時にはこの身を預けて委ねるというのも相手に対する信頼の現われなんだよ」

紬「相手にお願いする…ってことですか…」

大神「うん。そうだね。だからムギくんもみんなにお菓子を持ってきてくれるように頼めばいいんだ」

紬「・・・・・でも、怖いです…」

大神「じゃあ明日俺が澪くんと律くんを仲直りさせてみせる」

紬「本当ですか?」

大神「ああ。信頼してくれ。だからムギくんも勇気を出して軽音部のみんなにお願いするんだ」

大神「俺もムギくんがきっとそうしてくれると信頼しているよ」

紬「・・・・・はい」

大神「よし。約束だ」




98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 18:40:23.99 ID:conTyW700
──次の日

澪「・・・・」

律「・・・・」

紬「・・・・」

唯(気まずいよ~。イッチー早くきて)

梓(空気が重過ぎる…ここは芋けんぴの出番では…)

大神「やぁ。集まってるね。またしても雑用に夢中になっちゃってね」

律「…なんすか~いったい」

大神「まぁまぁ…ところでこのメビウスの輪なんだけど…」

大神「なぜ、表と裏の区別が無いか解かるかい?」

唯「え~っと…たしか捩れてるから…だったっけ?」

大神「…right。その通り。よく気付いたね」




101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 18:47:45.51 ID:conTyW700
大神「180度捩れてるから永遠に出会わないはずの表と裏が出会うことができたんだね」

大神「人間だって正反対の人間とはうまくいかないものだけど…」

大神「この軽音部にはメビウスの輪のような仲良し2人組がいる!」

澪「・・・・」

律(ったく、くだらないなぁ…)

大神「しっかり優等生タイプだが引っ込み思案が玉に瑕の澪くん」

大神「明るく元気、みんなのムードメーカーだけど、大雑把な性格の律くん」

大神「君たちはその180度違う性格故に出会ってしまったと言っても過言ではない」

大神「そしてこのメビウスの輪のようにどちらが表でどちらが裏なんてこともないんだ!」

大神「お互いがお互いを支えあって今まできたんだろ?」



104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 18:54:18.68 ID:conTyW700
律「くだらないです…帰っていいですか?」

大神「まだ俺の話は終わってないよ」

澪律「??」

大神「このメビウスの輪をはさみで真ん中から縦に切っていったらどうなると思う?」

律「2つの輪に別れるんじゃないんですか?」

大神「…やってごらん」




105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 18:54:58.67 ID:conTyW700
  チョキチョキチョキチョキ…

律「!?・・・・・あ」

澪「・・・・繋がったままだ…」

大神「そう!メビウスの輪は縦に裂いたって切り離すことはできないんだ!」

大神「だから君たち2人の友情だってきっと切り裂くことなんてできないはずだよ」

律「・・・・・ぷぷっ」

澪「律!?」

律「ふぅ~…なんだか先生に言いくるめられちゃったよ」

律「こんなことを必死に悩んで考えてただろうなんて想像しただけで可笑しくなっちゃう」

澪「律…聞いてくれ。」




109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 18:58:50.50 ID:conTyW700
澪「私は一度だって律が私より劣ってるなんて思ったことはないぞ」

澪「むしろ常に憧れていたんだ」

律「澪が!?私を!?うそだぁ~」

澪「お前は誰とでもすぐ仲良くなるしクラスでも中心の存在だった」

澪「私はそんな律がいつも羨ましかったんだぞ」

律「い、意外な新事実だな…」

澪「だからそんな私の憧れの存在が自分を卑下なんてしないでくれ…」

律「…私だって澪が…澪のその真面目なところが、他人からそう見られるのが羨ましくって」

律「でもいつの間にか、人見知りの澪を支えてやることが澪に対する優越感に変わってきて」

律「そんな自分が…許せなくて…」

澪「…もういいよ律。私は律にいつも助けられていたんだ」

澪「感謝はすれど迷惑だなんて思った事はないよ」



113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 19:02:58.12 ID:conTyW700
律「澪っ!」ダキッ!

澪「ふふっ。これじゃいつもとなんだか逆じゃないか」ナデナデ

律「また…私とバンド組んでくれるか?」

澪「当たり前だろ。むしろ律がいてこその放課後ティータイムだ」

澪「武道館行くんだろ」

律「…うん!」

大神(ベースの澪くん。ドラムの律くん。この2人がしっかりすれば
    バンドの骨組みは問題ないな)




114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 19:06:33.12 ID:conTyW700
唯「やった~♪すごいイッチー。まるで暴れん坊将軍みたい!!」

梓(きっと大岡越前って言いたいんだろうな…)

律「へへっ…みんなも心配かけて悪かったな」

大神(さぁ。あとはムギくんだぞ!!)

紬「・・・・・」

澪「ん?どうしたんだ?ムギ」

梓(そういえばムギ先輩がごちそうに反応しなかったです…)

紬「あ、あのね…」

唯「どうしたのムギちゃん?」

紬「私も…みんなに伝えたいことがあって…」



116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 19:12:06.86 ID:conTyW700

──

律「えっ!?じゃあ最近のおやつはムギの自腹だったってこと!?」

紬「うん。ごめんなさい…」

澪「いや…ムギが謝ることないよ…」

唯「そうだよ!今まで気づいてあげられなくてごめんねムギちゃん」

紬「だから…ね…みんなにも…お菓子持ってきてほしいの…」

梓「ムギ先輩ったら水臭いです」

紬「えっ?」

澪「そうだな。私達はいつもムギがお菓子を持ってきてくれるのに甘えていたから…」

律「だから、今度からは私達も交代でお菓子を持ち寄ろうぜ!」

紬「…いいの?」

唯「当たり前だよ!」

梓「じゃあ明日は私が芋けんぴ持ってきますね(ついつい買いすぎちゃったし…)」




118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 19:13:31.56 ID:conTyW700
唯「ええ~またぁ~」

梓「なっ!?芋けんぴの素晴らしさに気づかないのは人生の8割を損してますぅ~」

律「私も今度持ってこよう。聡のやつの部屋に買い置きがあったの見つけたから!」

澪「やめてやれ。泣くぞきっと」

唯「今度憂に何か作ってもらお~♪ね。ムギちゃん」

紬「・・・・うん!///」ニコッ

大神(よかったな。ムギくん)



120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 19:17:47.98 ID:conTyW700
──数日後

澪「今日は私がお菓子持ってきたよ」

律「でかした!どれどれ…」

唯「都こんぶ?」

紬「こんぶってあのお出汁とる時とかに使うこんぶ?」

澪「美容にもいいんだぞ」

律「お菓子ごときに美容も健康もあるかー!!」

澪「やめろー!貴重な粉が舞い散る!!」

梓(都こんぶにはやはり渋いお茶が合う)チュパチュパ…

大神(練習しないのかな~…)



122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 19:21:24.04 ID:conTyW700
──次回予告!

律「都こんぶはないよな…」

紬「う~ん…」

澪「いいじゃないか…好きなんだよ」

律「ところで次回はまたムギの別荘で合宿だな!」

紬「でも梓ちゃんがどこか元気がなさそう…」

澪「私達も受験勉強しないといけないし…」

律「聞こえない聞こえない…」

澪「おいおい…」

紬「次回けいおん!in 大神 第3話 あずにゃんの憂鬱」

澪「桜高軽音部に萌えキュン☆の嵐!」

律「あ~あ…自分で言っちゃったよ…」

澪「・・・・・」




128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 20:03:30.12 ID:conTyW700
米田「…で?もう一学期も終わりだって~のに新入部員は1人もこねぇと」

大神「…はい」

米田「だとすると、だ…来年の新1年生が3人は入部しねぇと軽音部は廃部になるってこったな」

大神「・・・・・」

米田「まぁ新入部員はしかたのねぇこったが…問題は…」

米田「…問題は、軽音部の活動自体が以前と全然変わらねぇって事だよ」

大神「しかし…彼女たちは以前と比べてかなり実力を上げてきています」

米田「そんな内輪で満足するくらいじゃ困るんだよ」

大神「…!? いったいどうしろと仰るんですか?」

米田「何をするかはおめぇに一任するが…やっぱりなんだかの実績も必要になってくるわな」

大神「…わかりました…彼女達と相談してみます」




129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 20:12:01.04 ID:conTyW700
米田「ああ…頼んだぜ」

大神「はい。失礼しました」


米田「ふぅ…まぁ年頃の女を扱うにゃ骨が折れるってのはわかってるがな…」

教員「校長、PTAの代表がいらっしゃいましたが…」

米田「…ああ。わかった。来賓室へ通しといてくれ」

教員「かしこまりました」

米田「こっちはこっちでなんとかするからよ…そっちは頼むぜ大神…」



130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 20:18:46.98 ID:conTyW700
──職員室

大神「はぁ…」

さわ子「ちょっと…大神くん辛気臭いわね」

大神「さわ子先生…」

さわ子「その様子から見ると、校長のお小言ね」

大神「ええ。実績がない…と」

さわ子「まぁ、仕方ないわね。他の部だったらコンクールやらがあるけど
     高校生のバンドじゃあまりそういう機会がないものね」

大神「そうなんです…外に向けて発表する機会がそもそも少ないんです」

さわ子「私達のときは先輩のコネで他のバンドと対バンって形でライブしてきたけど」

さわ子「今の軽音部にはそんな外の繋がりもないだろうしね」

大神「やっぱりどこか小さなハコを借りてやるしか…」



133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 20:26:41.08 ID:conTyW700
さわ子「ウチの軽音部にそんな余分な部費はないわよ」

大神「ですよね~…」

さわ子「まぁ校長の言いたいこともわかるけどね。最近PTAの代表から
     軽音部に対していい印象を持ってないらしくて……あ(しまった!?)」

大神「!? さわ子先生!それはどういう…」

さわ子「ああー!!さて部活部活!汗を流す青年の姿は美しい!!」

大神「…いつの時代も、親の世代にはバンドは不良に映るんだろうな…」

大神「それもPTAの代表勤めるようなお堅い人には尚更か」



134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 20:35:45.59 ID:conTyW700
──部室

律「澪は今日も遅くなるのか…」

唯「たしか進路の相談に行ってるんだよね」

律「せっかく期末が終わって夏休みに向けての開放感溢れる時期だっていうのに
  自分自身を受験という鎖で縛り付けるなんて私には理解できない!!」

唯「りっちゃんいいこと言った!!」

律「澪はドMだ!!」

紬「唯ちゃんとりっちゃんは本当になにも進路決めてないの?」

唯「当たり前だよ!!そんな未来のことを考えてたら宇宙人に笑われるよ」

梓「何が言いたいのかさっぱりわかりません…」

律「そういうムギはどうなのさ!」

紬「私も一応目星は付けてそれに向けてがんばってるけど…」

唯律「なんと!?」




135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 20:42:57.49 ID:conTyW700
梓「でも夏休みも明けたらさすがに先輩方は忙しくなって部活どころじゃ
   なくなりますよね…」

唯「あずにゃん!私は卒業するまでこの部室であずにゃんと毎日放課後を過ごすよ!!」

律「いや…さすがにそれはないわ…」

唯「りっちゃんが裏切った!?」

紬「そうだわ!」

唯律梓「!?」

紬「今年の合宿、まだ澪ちゃんからも話がないけどもちろんするわよね?」

律「とーぜん!」

紬「今年はバンドの合宿も兼ねて勉強会も開けばいいと思うの!」

唯「おお!それだったら澪ちゃんも賛成してくれるよね」



136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 20:49:22.97 ID:conTyW700
梓「でも…それじゃあ私は先輩方の勉強の邪魔になりますよね…」

唯「なんで~?」

梓「だって…3年生の勉強の範囲なんてわからないですし…」

唯「…ん~。そうだ!じゃあ憂を一緒に連れていこう!」

律「おいおい。そんな事勝手に決めていいのか?」

唯「大丈夫だよ!憂も私が合宿中は家で一人だから寂しいだろうし」

紬(やっぱり親御さんは旅行中なのかしら…)

唯「だから私達が受験勉強中、あずにゃんは憂と一緒に夏休みの友をやってればいいよ」

梓「・・・・そうですね。はい。そうします」

律(あれ?高校生にもなって夏休みの友はないですぅ!ってツッコミが入ると思ったのにな…)

紬「じゃあ大きい別荘用意しなきゃね♪




137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 20:55:58.96 ID:conTyW700
澪「おいっす~」

律「お!やっと来た」

澪「ん?」

紬「実はね澪ちゃん…カクカクシカジカ」

澪「うん。私も良いと思うよ!」

唯「やった~♪」

律「高校最後の夏休みだー!思いっきり遊ぶぞー!!」

澪「おい!あくまで練習と勉強がメインなんだからな!」

律「わかってるって♪」

唯「私達も受験に関しては常日頃から危機感を覚えていたのでその辺は弁えてます!」

澪「そ、そうか(唯もやっぱり真剣になる時期なんだろうな)」

律(ふっふっふ…そう言って結局は毎年遊びに持って行くのがあたいらのやり方よ)

唯(姉御、やつらの吠え面が今から楽しみでやすね)

唯律「グェヘッヘッヘッヘ…」

梓「・・・・・」




138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 21:03:15.48 ID:conTyW700
大神「ライブ…か…」

大神「今度加山に相談してみるか…」

唯「あ、イッチーも来た!」

律「お~っす。一郎ちゃん」

大神(なんだかなぁ~…)

紬「一郎先生もこちらにどうぞ」

澪「大神先生。私達バンドの強化合宿を兼ねての勉強会にムギの別荘に行くんですけど
  先生はどうします?」

律「澪…お前…またえらく大胆になったな~…」

澪「え?」

梓「さすがに一つ屋根の下で男の人と何日も過ごす…というのは…」

澪「あ/////////////」ボフッ




139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 21:09:28.40 ID:conTyW700
律「澪もまだまだだな…」

大神「まぁ、俺が一緒に行くことはないと思うけど、一応さわ子先生には許可を取ったかい?」

唯「さわちゃんだったら大丈夫だよ。去年は一緒だったし」

さわ子「いいと思うけど、残念ながら今年、私は行けないのよ…」

律「いつの間に!?」

さわ子「ふふふ…今日のお菓子当番はムギちゃんの日でしょ?」

紬「え、ええ…そうですけど」

さわ子「しかも昨日琴吹家にお客様の訪問があったからいいお菓子が待ち構えてる」

律「本当か!?ムギ!」

紬「う、うん。その通りよ…」

唯「さわちゃん、恐ろしい…」

さわ子「私にかかればまるっとお見通しよ!」

大神(この人ってこんなんだったっけ…?)



141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 21:17:45.33 ID:conTyW700
さわ子「でも合宿あなた達だけじゃやっぱり心配ね…」

大神「ええ、最近なにかと物騒ですし」

さわ子「やっぱりあんたが保護者として付いて行きなさい」

大神「いいっ!?し、しかし…」

さわ子「この子達にもしものことがあったらどうするつもり?」

大神「それはそうですが…」

さわ子「それとも…あんたがその『もしも』を起こしてしまいそうだから?」

大神「そ、それは絶対ありえません!!」

唯「別に私はイッチーが来てもいいと思うよ」

律「おいっ唯…お前分かって言ってるのか///」

紬「殿方と一夜を共に過ごすなんて…」ポッ///

澪「ぷす~~~~・・・・」




142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 21:25:56.43 ID:conTyW700
──平沢家

憂「えっ!?私も軽音部の合宿に参加していいの?」

唯「うん。だってその間憂家に一人っきりでしょ?」

憂「だけど…家をカラッポにするのも何かと心配だよ」

唯「えぇ~~~…一緒に行こうよ、う~い~」

憂「う~ん…」

唯「せっかくイッチーも来るのに…」

憂「!?」

憂「イッチーって、新しい顧問の大神先生だよね?」

唯「そだよ」

憂(そんな…男の先生と一緒だなんて)

憂「行く行く行く!!絶対行く!!」

唯「ホント!?やった~♪憂と旅行♪」

憂(お姉ちゃんは私が守るんだからっ!!)




143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 21:29:39.06 ID:Zs+00XItO
大神先生か・・・いい奴だったな・・・



144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 21:34:02.69 ID:conTyW700
──合宿当日

大神「おおぅ…」

紬「ごめんなさい…今年も結局一番大きい別荘はダメだったの…」

大神「俺の住んでるアパートを遥かに凌ぐ大きさなのに…」

律「私達は毎年の事だから今更ビックリもしないけどな」

澪「ムギ、テントとかは届いてるかな?」

紬「はい。あちらに場所も確保してありますよ」

大神「?」

唯「では、さわちゃんからの伝言をお伝えします!」

律「一郎先生は野宿!!」

大神「へっ?」

憂(ふふっ…さわ子先生に脅迫文を送っといてよかった♪)



145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 21:34:51.09 ID:0d7T+h9qO
憂選手がアップを始めたようです



146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 21:42:30.32 ID:conTyW700
──夜

  パチ…パチ…

大神「焚き火を見ていると落ち着きます…」

大神「自然に包まれる時間にこの身を委ねてると心が洗われるようです」

大神「僕がサバイバルをするのはこの自然を再確認するためなのです」

大神「・・・・・」

大神「ベア・グリルスごっこも飽きてきたな…」

大神「さすがに、虫を貴重なタンパク源として食べるのもしんどい…」

大神「まさか一歩もムギくんの別荘に入れないとは思わなかったし…」

大神「飯くらいは一緒だと思ったのに…」

大神「別荘に近づこうものなら無数のトラップが張り巡らされている」

大神「これは何かの陰謀か!?」




148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 21:52:16.24 ID:conTyW700
大神「結局今日の昼間は遊びばっかりで全然練習してないし…」

大神「はぁ~…」

梓「…先生」

大神「!? うわっ!? びっくりした!!」

梓「…少し、お話いいですか?」

大神「梓くん? どうしたんだい?」

梓「これからの軽音部についてのことなんですが…」

大神「ああ…それは俺も今1番の懸案事項なんだ」

大神「結局今年は新入部員が入ってこなかったからな…」

梓「…ええ。もしこのままだったら…来年は先輩達も卒業しちゃうし…
  私一人になちゃう…って」

梓「でも先輩達も受験で忙しいし、今私がこんなことを話したら迷惑なんじゃないかと思って」

梓「特に唯先輩は本当に受験そっちのけで軽音部に入り浸るかもしれません」

梓「だからこんな相談が出来るのは先生だけなんです」




149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 22:01:49.63 ID:conTyW700
梓「せっかく先輩達が残してくれた軽音部…私の代で無くなっちゃうなんて」

梓「私…私…とっても辛いです」ウルウル…

大神「梓くん…」

梓「すいません…ヒッグ。でも先生に話したら少し楽になりました」

梓「先生は…来年になっても一緒の軽音部ですよね」

大神「もちろんだとも!梓くん!」

大神「それにその問題に対する対処法も無いでもないんだ」

梓「え?本当ですか!」

大神「実はある人に頼んで桜高軽音部が
    どこかのライブハウスで演奏ができないかと探してもらってるんだ」

大神「さすがにワンマンは無理だから他のバンドと一緒になってしまうだろうけど」

梓「でも…それと新入部員とどんな関係が…?」




151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 22:10:51.71 ID:conTyW700
大神「俺がこの桜高軽音部に憧れを持ったのもさわ子先生のライブを見たからなんだよ」

大神「でもよくよく調べるとそこは女子高で俺の入学は叶わなかった」

大神「だから君たちもライブでアピールすることで俺みたいなやつが現れるかもしれない」

大神「まぁ、今度は男じゃないことを祈るけどね」

梓「そうですね。私なんとかなる気がしてきました!」

大神「その意気だ!梓くん」

梓「はい!だったらもっと練習がんばらないと!ですね」

大神「ああ。まぁ俺達は出演料は貰えないだろうけど、
    聞きにきてくれるのはお金払ったお客さんだから恥ずかしい演奏はできないぞ」

梓「もちろんです!やってやるです!」

大神「うん。さぁ、そろそろ戻らないとみんなに怪しまれるかもしれないぞ」

梓「はい。…あの…先生?」

大神「ん?」

梓「…ありがとうございます///」アズニャニャニャニャニャン↑↑



153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 22:15:45.63 ID:conTyW700

──

大神「…ふぅ。初めてドラム缶風呂に入ったが中々いいもんだったな」

大神「そういえば加山はうまくやってくれてるだろうか…」

大神「しかしやつに頼りっきりというのも悪い気がするなぁ」

大神「ところで加山っていったいなんの仕事してたんだっけな…?」

大神「学生の頃からの親友だってのに知らないのも可笑しい話だ」

大神「さて、少し早いが何もすることもないし寝るか…」

  ガサゴソ

大神「ん?誰かいるのか?」

  誰が来た?
    1、唯 2、澪 3、律 4、紬 5、梓
 
 安価>>158




154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 22:19:52.63 ID:oSQS0OW2O
全員で



155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 22:21:52.03 ID:CYkbah9bO
展開的に梓だとおかしいよな

唯で憂降臨フラグ



157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 22:30:29.50 ID:mClTzSAvO




158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 22:30:56.86 ID:YOzDbDejO




159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 22:31:19.53 ID:conTyW700
一応全員分の構想はおぼろげに頭にあるんだ
こうなったら意地で全員分書く
恥は書き捨てだ




160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 22:32:44.82 ID:oKc7BeJE0
聡「そりゃないっすよ」



161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 22:33:23.49 ID:conTyW700
>>158

と思ったら天使降臨
おk



163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 22:38:56.69 ID:conTyW700
澪「あ…先生こんばんは…」

大神「澪くんじゃないか…どうしたんだいこんな時間に?」

澪「あの…差し入れ…持ってきました」

大神「!? ありがとう!! 実はろくな食べ物がなかったんだ」

澪「えへへへ…///」

大神(澪くんも出会ったころに比べて相当打ち解けてきたな)




164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 22:42:55.75 ID:conTyW700
澪「あの…さっき梓から聞いたんですけど。外でライブするって本当ですか?」

大神「ああ。まだ決まりじゃないけど、そのつもりだよ」

澪「…私、できる…かな…」

大神「澪くんなら大丈夫だとも。俺が保障するよ」

澪「はい。ありがとうございます///」

澪「でも梓はいいな…」

大神「?」




165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 22:45:36.10 ID:conTyW700
澪「来年もし新入部員が入ってこなかったら先生を独り占めできるんだから」

大神「おいおい、それじゃあ廃部になってしまうじゃないか」

澪「ふふっ。それもそうですね」

大神「君たちも受験で大変だろうがどうか梓くんの力になってやってほしい」

澪「当然です!梓は私達のカワイイ後輩ですから」

大神「ああ。頼りにしてるよ」



167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 22:49:39.66 ID:conTyW700
大神「そういえば澪くんの髪はとても綺麗だね」

澪「はい。お風呂上りだから…って先生ったら何言ってるんですか///」

大神「いや、俺は思ったことを言っただけだけど…」

澪「もう。女の子からかって楽しいですか?」

大神「いや、本心だけどね」

澪「///」モエキュキュキュキュキュン↑↑↑



168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 22:56:50.70 ID:conTyW700
大神「ん?どうしたんだい澪くん」

澪「触って…みますか…」

大神「えっ!?」

澪「う、嘘ですよ!やだ、先生ったら顔真っ赤じゃないですか!」

大神「いいっ!?いや…これは…」

澪「ふふふっ。先生ったら慌てすぎです。私も先生と出会った頃はこうだったのかな?」

大神「ひどいよ澪くん」

澪「そんなに簡単に乙女の髪は触らせません」

大神「はぁ~」

澪「それじゃあ、私みんなに黙って来ちゃったから早く帰らないと。おやすみなさい」

大神「ああ。おやすみ」



169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 23:02:55.10 ID:conTyW700
憂「へ~澪さんに手を出してるんだ…」

憂「お姉ちゃんがその毒牙にかかるのも時間の問題かな?」

憂「なんだか最近お姉ちゃんったら先生のことばかり話題にするんだよね」

憂「早いとこ手を打たないと…」

憂「早速仕事に取り掛かろうかな♪」エヘッ




170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 23:05:28.00 ID:conTyW700
大神「澪くん、可愛かったな…」

大神「っていかんいかん!何を考えているんだ俺は!」

大神「ん?なにか急に気圧が下がったような…」

大神「!? か、体が…動かない…」

  「オネエチャンニテヲダスナヨ…」

大神「ひっ!?」

大神「うわぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!」




171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 23:08:33.15 ID:conTyW700

──
───

大神「…はっ!?」

大神「ゆ、夢か…」

大神「何かとてつもなく恐ろしい夢を見たぞ…」

大神「よく思い出せないけど…」

大神「とりあえず近くの水道で顔でも洗ってくるか…」




172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 23:13:22.25 ID:conTyW700
律「お~い!先生~おはよ~」

紬「今日もいい天気ですね~」

大神「ああ、みんなおはよう」

澪「テントの寝心地はどうでしたか?」

大神「意外と快適だったよ(夢を除いては)」

梓「今日はしっかり練習するのでご指導よろしくお願いします!」

唯「ええ~海は~」

大神「でも、俺が別荘に入ってもいいのかい?」

憂「私はもういいと思いますよ。ねっ先生♪」

大神「ひっ!? ごめんなさいっ!!」

「???」




173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 23:15:37.22 ID:Zs+00XItO
SSでの憂のキャラの安定感は異常



174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 23:23:39.73 ID:bX2B67qGO
>>173
斜め上にだけどね



175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 23:26:10.89 ID:conTyW700
──そして日は過ぎ合宿終了前日

  ジャジャッ ジャジャッ ジャ~ン♪

大神「うん。今のはとてもよかったと思う」

律「へへ~ん!私達が本気出したらざっとこんなもんよ!!」

澪「またそうやって調子に乗る…」

紬「でも以前の私達に比べたら格段にうまくなったと思うわ♪」

梓「これだったら、ライブでも恥ずかしくない演奏が披露できそうですね」

唯「は~でもなんだかもう疲れちゃったよ…」

憂「みなさんお昼ご飯作ったのでそろそろ休憩にしませんか?」

律「おおっ!ちょうどお腹減ったところだよ。ありがとう憂ちゃん」

憂「先生もご一緒にいかがですか?」

大神「は、はいっ!ありがたくいただきます!憂さん!」プルプル…

澪律紬梓「憂さん?」

憂(うふふ…いい子ね)




176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 23:33:48.29 ID:conTyW700
唯「なんだか疲れ過ぎて食欲が出ないよ~」

澪「おいおい…夏バテか?」

律「唯!夏バテには食べるのが一番だぞ!!」

憂「家ではアイスばっかり食べてるから…」

唯「ほ~~~~げ~~~~」

紬「唯ちゃんもこんなに連日練習したことなかっただろうし。疲れが溜まってるのね」

梓「でもそのがんばりのおかげでライブができそうですよ!」

大神「そうだな。一番キャリアの浅い唯くんだがそのがんばりは目を見張るものがあったぞ」

唯「よせやい、照れるじゃないか」キリッ

梓「ライブでもがんばりましょうね。唯先輩♪」

唯「任せろあずにゃん!!」

憂「・・・・・(お姉ちゃん無理してないかな…)」




177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 23:41:04.71 ID:conTyW700
大神「澪くん。勉強の方はどうなってる?」

澪「え?結構はかどってますけど…」

梓「私と憂の宿題もほとんど終わりました」

大神「じゃあそっちの方は心配しなくていいんだね?」

紬「唯ちゃんとりっちゃんも理解力が数段アップしたものね♪」

律「今ならノーベル賞も狙えるぜ!!」

唯「そうそうノーベルぺろぺろ賞!!」

澪「なんだそれ…」

大神(演奏の方も心配ないくらいまで上達したし…息抜きも必要だな)

大神「よし!もう残りの時間は思いっきり遊ぶか!!」



178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 23:49:28.79 ID:conTyW700
唯「いいの!?イッチー!!」

大神「ああ。思う存分行ってこい!!」

唯「やった~~~!!」

憂「よかったね。お姉ちゃん♪」

律「そうと決まれば早速行くぞー!」

澪「って律、もう水着になったのか!?」

律「こんなこともあろうかと常に身に着けておいたのさ」

紬「私達も早く着替えてきましょ♪」

梓「今年は日焼け止めを忘れないようにしないと…」

憂「ギロッ」

大神(うっ…何かプレッシャーを感じる…)




180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/28(水) 23:57:46.75 ID:conTyW700
大神「俺は少し具合が悪いから君たちだけで行ってくるといいよ」

憂「そんな!悪いです!!」

唯「憂」

憂「何?お姉ちゃん」

唯「下手な気を使わないっていうのも大人の付き合いってもんなんだよ」

律「そうだぞ憂ちゃん。ここは先生の分も遊ぶというのが正解だ」

澪「お前たちが遊びたいだけじゃ…」

律「ああ~。じゃあ澪もお留守番か!?」

澪「行くに決まってる!!」

律「そんじゃ~レッツゴー!!」

憂(計画通り!!)




181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 00:04:50.30 ID:HtCqQlq60
──夜

大神「けっきょくこんなリゾートにきて小説ばかり読むだけで終わってしまった…」

大神「このテントとも今日でお別れか…」

大神「そう思うとなんだか名残惜しいな…」

大神「でも帰ってから忙しくなりそうだぞ」

大神「まずはなんとしてもライブできる場所を確保だな」

大神「帰ったらすぐ加山に連絡を取ってみよう」

   ポロロロン…♪

大神「ん?なんだ?」




182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 00:13:00.94 ID:HtCqQlq60
加山「いや~大神ぃ。夜の海もいいな~」

加山「…虫が多いけど」カユカユ…

大神「加山…お前どうしてここへ…?」

加山「喜べ大神。彼女達の出演、決まったぞ!」

大神「本当か!?」

加山「ああ。俺の知り合いでジャズバンドを組んでる人がいてな」

加山「その人が30分程度でいいならって時間を分けてくださるそうなんだ」

大神「ありがとう!充分だよ加山!」

加山「はっはっはっは…俺もお前の喜ぶ顔が見れて嬉しいぞ、大神ぃ~」

加山「ほら、詳しい事はここ書いておいたから後でゆっくりと読んでくれ」

加山「っと…そしてだ大神。ここからはまた真剣な話なんだが…」

大神「…な、なんなんだ」ゴクリ…




183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 00:20:41.85 ID:HtCqQlq60
加山「俺は今凄く腹が減っている…」ギュウ~~~~

大神「…へっ?」

加山「んん?食べ物はどこにあるんだ?大神ぃ」

大神「いや…実はここにはないんだ…」

加山「おいおい。隠すなよ大神ぃ~」

大神「まぁあの別荘にはたらふくあるだろうが…」

加山「あの俺が住んでるアパートより遥かに大きい別荘だな?」

加山「よし!そうと決まれば早速出発!!」ダッダッダッダ…

大神「お、おい加山!!あそこには恐ろしい…」

大神(ん?いったい何が恐ろしいんだろう?)

大神「待て加山!!」タッタッタッタッタ…




185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 00:29:45.61 ID:HtCqQlq60
加山「…やっと潜入成功だな大神」

大神「ああ…死ぬかと思った…」

加山「これ程までに厳重にトラップが張り巡らされていたんだ」

加山「それはそれは旨い物があるんだろうな」ジュルリ…

大神(確かに俺も腹が減っている…気づかれなければ大丈夫だろう)

加山「ん?こちらから声が聞こえてくるぞ」

大神「おい、静かに行けよ」

加山「分かってる…」

加山「ん?」

大神「どうした?」

加山「ここはダメだ引き返すぞ」




187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 00:36:47.02 ID:HtCqQlq60
大神「大浴場…か…」

加山「ここには食料になるようなものはないだろうからな…」

大神「!?」

加山「どうした?大神」

大神「い、いかん…体が勝手に…」

加山「おい大神!?何やってんだ!?」

大神「くっ…」

  ガラガラ…

加山「なんてやつだ…」




188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 00:45:27.41 ID:HtCqQlq60
  カポ~ン

律「いや~今日は遊んだな~」

紬「でもちょっと一郎先生かわいそうだったわね」

唯「いいんだよ~」

澪「確かに…水着見られるのは恥ずかしいしな…」

梓(澪先輩やっぱりおっきいな~///)

律「んん?梓。そんなに澪の体ジロジロ見てなにしてるのかな~?」

梓「なっ!?違います!!胸が大きくて羨ましいなんて思ってないです!」

澪「/////」ボンッ!!

梓「はっ!?しまった!」

唯「そんなに大きいのがいいのならあずにゃんのおっぱいも大きくしてあげるよ~」

律「憂ちゃんの胸をカップアップさせた実力を持つ、手のひらの魔術師
  唯師範に揉んでもらえばあなたもたちまち理想のバストを手に入れることができますよ~」

唯「この姉より大きくなったのだから実力は証明されたようなものです!」

梓「い、いやです!!」




190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 00:51:32.48 ID:HtCqQlq60
加山(おい大神!さすがにやばくないか…?)

大神(そんな事言って結局お前も付いてきてるじゃないか…)

加山(…それはそうだが)

大神(みんな…綺麗だぞ…)

加山(やれやれ…)

大神(大きいのも小さいのも平等に素敵だ!!)




191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 00:58:16.79 ID:HtCqQlq60
唯「ほれほれ」モニッモニッ

梓「ひ、ひゃん///」

律「ふふふ…小さいと感度がいいっていうのは本当なんだな」

紬「ほぁ~…」ボトボト…

澪「おいムギ!?のぼせたのか?」

紬「ある意味ではそうかもしれないわね…」

澪「…のぼせたんだな…うんそうだ。私はそういう解釈をする」

澪「きっとそのほうが平和なんだ…うんうん…」

唯「ダメだパワーが足りないっ!!」

律「師範代!!ここにパワースポットを発見いたしました」

唯「おお!?よくやったりっちゃん弟子。それでは早速充電開始…と」

澪「!?」



192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 01:03:10.15 ID:HtCqQlq60
加山(さ、最近の女子高生とやらはけしからんな…)

大神(いやまったく、その通りだ)



澪「おいやめろ!…ふぁ///…ち、ちょっとそんな…先っぽばっかり…///」

唯「んんんん!キテマス!キテマス!」クリンクリン

律「こ、これは…ムギじゃなくてもかなり刺激的だな///」

紬「・・・・・・」ぷかぁ~

梓「ムギ先輩!?」




193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 01:08:26.88 ID:HtCqQlq60
唯「・・・・・」

澪「はぁはぁ…」

梓「澪先輩が律先輩以外の人にゲンコツするの始めて見ました…」

澪「…はっ!? つ、つい必死だったから…唯…ごめんな?」

唯「ううん。私こそちょっと調子に乗りすぎちゃった…ごめんね澪ちゃん」

律「憂ちゃんに殺されなきゃいいけど…」

澪「ひっ!?」

梓「そういえば…憂はどこに行ったんですか?」

唯「なんかね…『日課』があるから後でお風呂に入るって言ってたよ」

律「どうやら命拾いしたようだぞ澪」

紬「・・・・・ぷはっ!?」ザバッ

紬「あれ!?もう終わっちゃったの!?」




194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 01:17:40.78 ID:HtCqQlq60
大神(う・・・・い・・・・)ガクガク…

加山(ん?どうした大神?顔色が悪いぞ)

 『憂』…その名前を聞いた瞬間に俺の心臓は大きく鼓動した
 考えるより早くこの場から離れよと体が勝手に動きだす

加山(おい。大神!どこに行くんだ!?)

 俺は親友である加山を置いて一目散に逃げ出した
 いや…きっと俺の近くにいた方が危険なのかもしれないのだ

 来た道を死に物狂いで走る
 どこに行くんだ?この世に安全な場所なんてあるのか?
 そもそも俺はなぜ走っている?何から逃げているんだ?

 自問自答を繰り返しながらも、体は『休むな!』という信号を送り続ける
 
 浜辺をひた走る…ふと海を見た。とても黒い海だ。波が手招きをしている
 まるで俺を漆黒の闇へと引きずり込もうとしているように

 急に胸が苦しくなりその場に倒れ込む。そうかこれが『死』か…
 もはや何も怖くはない…そう思った瞬間

      『オネエチャンハワタサナイ』
 
 俺は死の直前に本当の恐怖を体験した…

                      BAD END




195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 01:23:34.18 ID:HtCqQlq60
「・・・・・・」

「…ッチー」

「お……み…せい…」

「い…ろ…せんせ…」

大神(・・・・なんだ?)

唯「イッチー!!」

大神「はっ!?」

澪「よかった気が付いた…」

律「なんでこんな浜辺で寝てるのさ」

大神「あれ?」

梓「寝相が悪いってレベルじゃありませんよ…」

紬「先生のテントに行ったら誰もいなかったので心配したんですよ」

大神「???」



196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 01:30:03.57 ID:HtCqQlq60
大神「俺は…昨日…加山のやつに会って…それから…」

大神「うっ…!? その後を思い出そうとすると頭が痛む!」

律「ったく2日酔いか?しっかりしてくれよ」

大神「そういえば!? 聞いてくれ!ライブが決定したんだ!」

梓「本当ですか!?」

大神「ああ!詳しいことはまた今度話すよ」

唯「つ、ついに学校以外の舞台に立つんだね」ドキドキ

紬「楽しみね♪」

澪「よし今までの練習の成果を発揮するぞ!!」

軽音部一同「オーーーー!!!」

憂「がんばってねお姉ちゃん!」

憂(今はまだ生かしといてあげる…今はね…)



198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 01:35:43.76 ID:HtCqQlq60
──次回予告!

律「ついに解放される唯の『チカラ』」

澪「唯のギー太が光り輝く時」

梓「世界は唯先輩を中心に動きだす」

紬「銀河の終焉で私達が見たものとは!?」

律「次回けいおん!in 大神 第4話 『唯』」

憂「桜高軽音部に鮮血の嵐!」

唯「憂、いたずらしちゃ、めっ!だよ」

憂「エヘヘ…///」

澪律紬梓「・・・・・」




199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 01:38:40.03 ID:HtCqQlq60
もう脳みそがおかゆ状態だからとりあえずここまで
書いてるうちにだんだんと話が膨らんでおさまりがつかない

最後までの構成は頭の中にあるから機会があればまた会いましょう
たぶんパー速に立てると思う

ではおやすみなさい




200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 01:39:33.21 ID:skxCIIXTO
これは是非完結させてくれよ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
唯「桜高軽音部にうんたん♪の嵐!」 後
FC2 Blog Ranking livedoor Blog Ranking

この記事へのコメント
サクラ大戦わかんぬ…
2009/11/06(金) 05:50:28 | No.3739 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/02/22(火) 09:10:24 | No.7893 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://minaminoxxxsummer.blog49.fc2.com/tb.php/702-4f9c2770
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。