戯言ニュース

ほとんどVIPのまとめ。

HeadLine
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「留年!」
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 16:14:27.55 ID:7FjiYCOVO
唯「どうしよう……私、留年決定しちゃった」

律「勉強しなかったお前が悪いんだろ」

澪「自業自得だな」

唯「そんな~……ねえ、むぎちゃんの力でなんとかならない?」

紬「もう一回一年生頑張ってね」

唯「あずにゃ~ん」

梓「これからは呼び捨てでいいですか?」

唯「…………」




3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 16:16:47.42 ID:u+Ivjuoa0
あずにゃんに呼び捨てにされたら・・・あふぅん



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 16:17:10.68 ID:NOklEeRB0
と思ってたらあずにゃんも留年してていつまでたっても敬語でしか話せないあずにゃんカワイイ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ 唯「留年!」
4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 16:17:10.68 ID:NOklEeRB0
と思ってたらあずにゃんも留年してていつまでたっても敬語でしか話せないあずにゃんカワイイ



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 16:32:24.69 ID:3eaPOZ0X0
―新学期

唯「はぁ…」

憂「元気出してお姉ちゃん、私も梓ちゃんもいるんだから一緒に頑張ろ?」

唯「…うん、そうだね!落ち込んでたってしょうがないよね!」

憂「そのいきだよお姉ちゃん!」

唯「ありがとう憂♪」




13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 16:38:12.36 ID:3eaPOZ0X0
―学校


梓「憂ー!」

憂「あ、おはよう梓ちゃん」

梓「やったよ憂!私達また同じクラスだよ!」

憂「本当!?よかったー、またよろしくね梓ちゃん♪」

梓「うん♪」

唯「わ、私はどうだった?」

梓「あ、唯おはよう」

唯「唯…呼び捨て…?」

梓「当たり前じゃん、同学年なんだから」

唯「まぁ確かにそうだけど…」

梓「あー、あと唯は私達と別のクラスだったよ」

唯「…え?」




15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 16:47:09.97 ID:3eaPOZ0X0
―教室


わいわいがやがや

唯「……」

唯(どうしよう…知らない人ばかりだよ…)

唯(私だけこの中で年上なんだよね…嫌だな…友達できるかな…?)

がら

さわ子「みんなー席についてー」

唯(さ、さわちゃん!?)

「はーい」

さわ子「今日からこのクラスを受け持つ山中さわ子です、よろしくね」

唯(よかった…知ってる人がクラスにいた…)



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 16:52:34.19 ID:3eaPOZ0X0
さわ子(あら…あれは唯ちゃんじゃない…)

さわ子(そういえばあの子留年したのよね…)

さわ子(一人だけこの中で年上か…少しかわいそうね、すぐに友達できるといいんだけど…、そうだ!)

さわ子「それじゃ皆さんには自己紹介をしてもらいます、一人ずつ立ってね」

唯(…!そうだ、このチャンスを生かして友達をいっぱい作ってやる!)

さわ子(ふふ…頑張ってね唯ちゃん)




17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 17:00:20.56 ID:3eaPOZ0X0
そして…

「○○です、よろしくお願いします」

パチパチパチ

唯(とうとう次は私の番だ…)ドキドキ

さわ子「はい、次は平沢唯さん」

唯「は、はい!」ガタッ

「あれ…?あの人って軽音部の…」

「どうして二年の教室にいるの…?」

「もしかして留年…?」

ざわざわ…

唯(うわぁ…みんなが私のこと噂してる…でもここで負けるもんか!自分を精一杯アピールするんだ!)

唯「…わ、私の名前は平沢唯です!趣味はギターで軽音部に属しています!あと…」

「はい質問!どうして平沢さんは二年生の教室にいるんですか?確か三年生ですよね?」

唯「!」




18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 17:01:04.97 ID:YS/Ng6Ch0
オワタ



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 17:08:58.23 ID:3eaPOZ0X0
「やっぱりそうだよね…」

「うん…やっぱり平沢さんは留年したんだ…」

「うわぁ…留年って…恥ずかしいね…」クスクス

「だよねぇ…私だったら学校辞めてるよ…」クスクス

唯(どうしよう…みんな私の悪口を言ってるんだ…もう喋れないよ…)

唯「あ…あ…」ガタガタ

さわ子(!唯ちゃん…)

「平沢さーん!留年したって本当ですかー!?」

「ちょっとやめなよ…可哀想だよ…」クスクス

唯「…う…ぐす…」ポロポロ

「ほら泣いちゃったー」クスクス

「だって留年する人が悪いんだよ、泣くなんて馬鹿みたい」

「まぁ事実馬鹿だけどねー、あはははは」




21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 17:10:12.77 ID:0DcU/NkS0
う、うわああああああああああああああああああああああああああ!!!!!111



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 17:16:20.17 ID:0VVL47590
>>21
落ち着けよ



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 17:16:51.08 ID:3eaPOZ0X0
さわ子「…てめぇら!!!いい加減にしやがれ!!!」

「!!!!」

さわ子「いいか…こいつは確かに頭は悪い、留年するなんて正直馬鹿な奴だと思うよ…だがな!」

バン!!!

さわ子「本当に馬鹿なのはてめぇらの方だ!人を見下しやがって、自分は常に高いところにいたいってか?あぁ?」

「……」

さわ子「なんとか言ってみやがれおらぁ!!!」

ガターン!

「きゃー!!」

さわ子「なにがきゃーだ!猿かてめぇらは!!日本語喋ってみろよ!!!」

唯「さ…さわちゃん…やりすぎだよ…」



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 17:22:25.24 ID:3eaPOZ0X0
さわ子「ほらお前ら…早く平沢に謝れよ」

「…ごめんなさい」

唯「わ、私は大丈夫だよ…あはは…」

さわ子「…よしよし、これで万事解決ね」

さわ子「あなた達、もう平沢さんの悪口を言っちゃだめよ?同じクラスなんだから仲良くね?」

「…はい」

さわ子「よかったわね唯ちゃん、これで安心よ」

唯「は…はぁ…」




28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 17:29:10.98 ID:3eaPOZ0X0
―部室

がちゃ

唯「こんにちわー…」

律「おーっす唯」

澪「新しいクラスはどうだった?」

唯「まぁ…なんとかなりそうだよ」

紬「それはよかった♪はい、お茶をどうぞ」

唯「わぁ、ありがとうムギちゃん!…うん!おいしー♪」

律「ははっなんだ唯の奴は本当に大丈夫そうだな」

澪「あぁ、心配するまでもなかったな」



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 17:37:34.00 ID:3eaPOZ0X0
がちゃ

梓「お邪魔しまーす」

唯「あ、あずにゃ~ん!」ダキッ

梓「うわっ!?ちょっとべたべたしないでよ唯!」バシッ

唯「そんなこと言わないでよ~、あずにゃんと違うクラスになって寂しかったよぉ!」

梓「だからっていちいち抱きついてこないで!鬱陶しい!」バシ

唯「いた…!あずにゃん…?」

梓「唯はもう私の先輩じゃないんだから…調子に乗らないでよ!」

唯「そんな…別にそんなつもりじゃ…」

梓「…さぁ先輩方、早く練習しましょう」

律「…え?わ、わかったよ」




31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 17:45:19.37 ID:3eaPOZ0X0
律「ほ、ほら唯も一緒に練習しようぜ!」

唯「…わかった…あ!」

澪「どうした?」

唯「ごめん…教室にギー太を忘れてきちゃったよ」

梓「はぁ?何やってんの、本当に唯はグズだね」

律「おい梓!何もそこまで…」

唯「…ごめんみんな、今すぐとってくるね!」




34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 17:55:57.12 ID:3eaPOZ0X0
―教室

がらっ

唯「…だれもいないや」

唯「そんなことより早くギー太を…」

唯「…!なに…これ…」

ギー太の弦は全て切れて、ネックが折れていた。
それは明らかに誰かが意図的にやったものだった。

唯「そんな…嘘だ…」




35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 18:05:03.94 ID:3eaPOZ0X0
私は膝をついて、優しくギー太を抱きかかえた。
姿は違えど、その抱き心地は間違いなくギー太のものだった。

唯「ひどい…ひどいよ…」ポロポロ

溢れる涙が止まらない。
ギー太には今までの軽音部での思い出が詰まっている。
それを誰かに踏みにじられたことが私は悲しくてしょうがなかった。

唯「どうして…だれがこんなことを…」ポロポロ

「唯!」

唯「…りっちゃん?」

律「…!それ、もしかしてギ―太か?」




36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 18:08:12.51 ID:u+Ivjuoa0
おい梓ちょっと俺の部屋こい
説教だ



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 18:11:14.14 ID:3eaPOZ0X0
律「酷い…誰がこんなことを…!」

唯「…わからない」

律「わからないって…唯、お前もしかして虐められてるのか?」

唯「…わからない」

律「…まぁ、とりあえず部室に行こう、な?」

唯「うん…」




38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 18:19:35.46 ID:3eaPOZ0X0
―部室

唯「……」

澪「そんな…」

紬「酷い…許せないわ…」

律「あぁ…絶対に許せねぇ!犯人を見つけ出してやる!」

梓「待って下さい、確かに犯人は許せません。でも大事なギターをちゃんと管理していなかった唯にも責任があるんじゃないですか?」

唯「え…?そんな…酷いよあずにゃん!」

梓「酷い?酷いのは唯の方でしょ」



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 18:29:05.44 ID:3eaPOZ0X0
唯「なんでそんなこと言うの…?」

梓「決まってるでしょ、私が唯のこと嫌いだからだよ」

唯「…え?」

梓「私だけじゃないよ、ねぇ先輩方…」

律「……」

澪「……」

紬「……」

唯「そんな…みんな嘘だよね…?」

「……」

唯「なんとか言ってよみんな!!あずにゃんの言ってることは嘘なんだよね!?」

律「…くくく…あははははは!!!何だよ唯、その顔は?嘘に決まってるだろ?」

唯「そ…そうだよねぇ」

澪「まぁそれも嘘なんだけどな…くくく…」

律「おいおい澪、折角隠しきれたと思ったのに…」

紬「うふふ…もうネタばらししてもいいじゃない…」




41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 18:31:51.66 ID:XqiaaUtAO
おいやめろ



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 18:37:15.30 ID:a4DGuiii0
やめろやめろやめろ
スレストスレストスレスト



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 18:38:42.20 ID:3eaPOZ0X0
唯「…嘘だ…嘘でしょみんな!嘘だって言ってよ!!」

律「あぁ、嘘だよ…これで満足か?」

澪「あはははは!!あんまりからかってやるなよ!」

唯「そんな…みんなのこと仲間だって信じてたのに…親友だって思ってたのに…!」ポロポロ

紬「クスクス…どうやらそう思っていたのはあなただけだったみたいよ?」

唯「酷い…!」ポロポロ

律「なぁ唯、これなーんだ?」

唯「ハサミ…?」

律「そう、正解!さて次の問題!この道具は何をする為のものでしょうか?くくく…」

唯「切る為の道具…まさか!」




46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 18:39:56.70 ID:0DcU/NkS0
うわああああああああああああああああああああああああああああああ!!!
ああっ!!

ああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!111



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 18:40:55.02 ID:AXJbuiBbO
ハサミで切るの大変そう



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 18:45:51.85 ID:3eaPOZ0X0
梓「そういえばギ―太の弦、全部切れてるんだったよね~?どうしてかな?クスクス…」

唯「許せない…!」

律「おっと、怒ったのか?あはははは、傑作だなぁ!お前みたいな馬鹿でも怒る頭があったんだ!!」

唯「うるさい!!絶対にみんなのこと許さないから…!」

澪「許さないからどうなるんだ?」

唯「謝ってよ!私に、ギー太に謝って!」

律「嫌だね」




51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 18:52:05.95 ID:XuJ+VnVLO
ムギの金で買ったギターが…



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 18:52:17.94 ID:3eaPOZ0X0
唯「謝ってよ!!早く謝れぇ!!!」

「ごめんなさい」ペコリ

唯「……え?」

律「私達は」

澪「許されざることを」

紬「してしまいました」

梓「いくら謝罪してもこの罪を償えきれないことは」

律「重々承知しております」

澪「ですので…」

紬「お受け取りください。これは私達からのささやかな気持ちです」スッ

唯「これは…ギー太!?」




55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 18:58:51.18 ID:3eaPOZ0X0
唯「どうしてギー太が…」

律「あれはギー太ではありません」

澪「ギターの弦がハサミ如きで切れる筈がありません」

紬「なのでこのニッパーを使いました」

唯「ならそのハサミは…?」

律「あぁ、これですか、これは…」

バッサリ

律「私の前髪を切る為のものです」

澪「律はもうこれでカチューシャ要らずですね」

律「はい、とても清々しいです」

唯「あれ…?」




56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 19:02:17.81 ID:YS/Ng6Ch0
おいなんだこの展開



57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 19:02:46.80 ID:e7KN8g2C0
なんだこの展開www



60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 19:05:13.59 ID:3eaPOZ0X0
梓「どうしました唯」

唯「なんかみんな変じゃない…?」

紬「変?」

梓「変…とは?」

唯「主に喋り方とか…」

律「そうでしょうか」

唯「うん、変だよ」

澪「あははははははは!!」

唯「うわっ!?」ビクッ

澪「あははは…いや、失敬。つい面白かったもので」

唯「何が?」

澪「……」

唯「ねぇ何が?」

澪「……」

唯「ねぇ、何が面白いの?」




61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 19:06:14.88 ID:3zdZnK9cO
なにこれこわい



62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 19:11:42.96 ID:vz4JunaG0
足下がぐんにゃりし始めた



63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 19:11:56.43 ID:3eaPOZ0X0
律「唯、落ち着いてください」

唯「私は落ち着いてるよ」

紬「これは私個人の気持ちです、受け取ってください」

唯「これは…ギー太!?でもさっき…」

紬「勘違いするな、これはギー子です」

唯「え?女の子なの?」

紬「その通り、メスです」

梓「そうだ、ギー太とギ―子の結婚式をあげましょう」

唯「えっ!?まだ付き合ってもいないのに!?」

紬「勘違いするな、唯の見ていないところで二人は何度もデートを重ねてきたのです」

唯「そ、そうなんだ…」




64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 19:12:47.99 ID:5mW0EC7pO
カオス化



66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 19:18:43.96 ID:1nWGD3DdO
なにこれ怖い



67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 19:18:55.39 ID:UwXB4MA1O
みんな幸せ

それならいい



69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 19:19:15.07 ID:3eaPOZ0X0
澪「では演奏しましょう」

律「祝いの演奏です」

梓「さぁ、唯も早くギターを持って下さい」

唯「でも私のパートナーは今から式をあげるんでしょ?なら代わりのギターが…」

紬「案ずるな、これを使って下さい」

唯「これは…ギー太!?」

紬「何度も言わすな、これはギー太ではありません。ギ―助です」

唯「ギ―助?」

紬「そうだ、二人の間に生まれた子供です」

唯「えっ!?子供がいたの!?」

紬「だからそうだと言っている、できちゃった結婚です」

唯「そうなんだ…」

律「盛んですね」

澪「プレイボーイです」




71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 19:25:27.14 ID:3eaPOZ0X0
梓「ぱぱぱぱーん」

澪「ぱぱぱぱーん」

律「ぱぱぱんぱぱぱん」

紬「ぱぱぱんぱぱぱん」

唯「たーたーたたったったったったーたーたららー」

ギー太「……」

ギー子「……」

梓「見てください、あの二人の幸せそうな顔を」

律「今日のギー子はすごく綺麗です」

澪「いずれ私もあんな風になりたいものです」

唯「…ねぇ、どこが顔なの?」

紬「何寝ぼけたことを言っている、ならネックはどの部分ですか?」

唯「なら…あぁ、あそこが顔なんだ」

紬「二人は幸せそうですね」

唯「…うん、そうだね」




75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 19:30:53.01 ID:3eaPOZ0X0
梓「実に感動的な式でしたね」

律「はい、まるで心が洗われるようでした」

澪「はい、もう一度見てみたいものです」

紬「そうですね…おい唯、どうしたんですかそんな難しい顔をして」

唯「…ねぇみんな、やっぱり変だよ」

律「変?」

澪「変…とは?」

唯「だから全部だよ!!おかしいよ」

紬「おかしいのはお前だ、なにがおかしいのですか?」

唯「だから…」

澪「あははははははは!!」

律「あははははははは!!」

唯「……」



77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 19:37:36.87 ID:3eaPOZ0X0
唯「みんな!!黙って私の話を聞いてよ!!!」

澪「あはははは…ははは……」

律「あはははは…ぐす…ひっぐ…」ポロポロ

唯「えっ!?どうして泣くの!?」

紬「こいつらのことは放っておけ、それで…話とはなんですか?」

唯「え…?だ、だから…私達ってさっきまで喧嘩してたよね?」

梓「喧嘩…ですか?」

唯「そうだよ、みんな私のことが嫌いだって言ってたじゃん」

梓「私は唯のことが好きです」

唯「本当?」

梓「嘘など付きません」

唯「…ありがとう」




79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 19:42:08.34 ID:3eaPOZ0X0

紬「そうです」

律「私達は」

澪「平沢」

梓「唯のことが」

「大好きです」

唯「みんな…ありがとう…」

唯「私もみんなのことが大す…」


唯「暇だな~」

がちゃ

憂「お姉ちゃん、皆さんが遊びに来たよ」

唯「あ、うん…わかったよ」




81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 19:47:42.33 ID:3eaPOZ0X0
唯「みんないらっしゃい!」

澪「おーっす唯、元気か?」

唯「うん、元気だよ」

律「そうか!やっぱり元気が一番だよな!」

紬「確かにな、元気が一番だよ!」

唯「…あれ?」



82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 19:59:26.88 ID:3eaPOZ0X0
紬「あ?どうした唯」

澪「私達の顔に何かついてるか?」

唯「あ…いや、そうじゃなくてさ」

律「ならなんだよ、言ってみろよ」

唯「なんだかみんな変じゃない?」

紬「なんだよ、私達の何が変だっていうんだよ?」

唯「例えばムギちゃんの喋り方とか…」

紬「おいおい、私はいつもこうだろ」

律「そうだろ、何言ってんだ唯は」

澪「とうとう頭がおかしくなったか?」

唯「いや、それだけじゃなくてさ…」

紬「他になんかあんのかよ?」

唯「うん…どうしてみんな声が太いの?」



83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 20:04:38.86 ID:3eaPOZ0X0
律「声が太い?」

唯「うん、まるで男の人みたい」

律「!」

澪「!」

紬「!」

唯「…え?どうしてそんなに驚くの?」

紬「…男だったら」

唯「え?」

紬「男だったらこんなこともするのかー!!」ガバッ

唯「きゃぁ!?痛い!なんで押し倒すの!?」

澪「あははははははは!!!」

律「うわああああああん!!!」ポロポロ



84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 20:10:29.54 ID:3eaPOZ0X0
紬「はぁ…はぁ…!」カチャカチャ

唯「えっ!?なんでズボンを脱ぐの!?」

紬「それじゃ…入れるぞ」

唯「え…嫌だよ、そんな大きいの入らないよ…」

紬「いいから…」グッ

唯「よくない…、…!あ…ああ…痛い…痛いよぉぉぉ!!!」

紬「はぁ…はぁ…」パンパン

唯「いやぁぁぁぁぁぁ!!!痛いよぉぉぉ…早く抜いてよぉぉぉ!!」ポロポロ

澪「うわああああああああん!!!」ポロポロ

律「あははははははははは!!!」ポロポロ



86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 20:17:11.13 ID:3eaPOZ0X0
憂「お姉ちゃん…」

唯「憂…助けて憂…助けてよぉ…!」ポロポロ

憂「……」

唯「どうして…?どうしていつも助けてくれないの…?」ポロポロ

憂「……」

唯「どうしてぇ…信じてたのに…!」ポロポロ

紬「そろそろ出すぞ…うっ!」ビュルルルルル

唯「いやぁぁぁぁ!!そんな…赤ちゃんできちゃうよ…」ポロポロ

ギ―助「どうしよう…そんなの嫌だ…嫌だぁ!!」ポロポロ

ギー太「うえええええええええん!!!」ポロポロ

ギー子「あははははははははは!!!」ポロポロ

梓「おめでとう唯」

憂「おめでとうお姉ちゃん」




87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 20:25:11.67 ID:0DcU/NkS0
うああ・・・・・



88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 20:25:15.57 ID:An6X37srO
もうイミフ



89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 20:26:19.63 ID:u+Ivjuoa0
うほwwww



90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 20:26:50.25 ID:3eaPOZ0X0
紬「唯…ごめん、私はそれだけ唯が好きなんだ」

唯「ムギちゃん…」

紬「責任は私がとるからさ…唯、私と結婚しよう」

唯「…わかった、よろしくお願いします」

律「責任を取らない」

澪「口は嘘しか語らない」




91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 20:27:34.04 ID:3eaPOZ0X0
ギー太「お前一人で子供は育てられない」

ギー子「また無駄な命を作り出してしまった」

憂「無駄な命はどうなるべき?」

梓「無論、こうなるべき」スッ

唯「あ…や、やめて!ギ―助をどうするの!?」

梓「こうする」

ぐしゃぁ!

ギ―助「……」

唯「…あ…あ…いやあああああああ!!!私のギ―助ぇぇぇ!!!」ポロポロ

梓「また一つ、無駄な命が星に帰った」



92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 20:29:13.42 ID:e7KN8g2C0
 ___
/ || ̄ ̄|| ∧_∧
|.....||__|| (     )  どうしてこうなった・・・
| ̄ ̄\三⊂/ ̄ ̄ ̄/
|    | ( ./     /
 ___
/ || ̄ ̄|| ∧_∧
|.....||__|| ( ^ω^ )  どうしてこうなった!?
| ̄ ̄\三⊂/ ̄ ̄ ̄/
|    | ( ./     /

 ___ ♪ ∧__,∧.∩
/ || ̄ ̄|| r( ^ω^ )ノ  どうしてこうなった!
|.....||__|| └‐、   レ´`ヽ   どうしてこうなった!
| ̄ ̄\三  / ̄ ̄ ̄/ノ´` ♪
|    | ( ./     /
           _____
          /      /     ___
        ( ./      / ♪ ∩/ || ̄ ̄|| ♪ ∩∧__,∧
          ̄ ̄TT ̄ 7_   ヽ|......||__|| 7  ヽ( ^ω^ )7 どうしてこうなった!
        /`ヽJ ̄  ,‐┘  /`ヽJ   ,‐┘ /`ヽJ   ,‐┘   どうしてこうなった!
| ̄ ̄\三  ´`ヽ、_  ノ      ´`ヽ、_  ノ    ´`ヽ、_  ノ
|    |       `) ) ♪       `) ) ♪      `) ) ♪

                       



94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 20:35:33.82 ID:aXtWKMwm0
マジキチ



95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 20:36:19.87 ID:3eaPOZ0X0
唯「許さない…絶対に許さない!!!」

紬「許されないのは本当に私達?」

律「それはおかしい」

澪「殺したのは誰だ?」

唯「それは…あずにゃんだよ!!」

梓「そう、私。でもそれを願ったのは?」

憂「私達は願いを叶えただけ、殺す気などなかった」

ギー太「どうして殺した?」

ギー子「どうして願った?」

澪「何故願わなかった?」

律「何故生かさない?」

唯「どうして私は生きている?」

唯「え…?どうして私がもう一人いるの!?」

唯「どうして死ななかった?何の為に生きるの?この人殺し」

唯「ち…違う…!私は殺してなんかいない!!!」



96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 20:44:23.27 ID:3eaPOZ0X0
律「人殺し」

澪「人殺し」

紬「人殺し」

梓「人殺し」

憂「人殺し」

ギー太「人殺し」

ギー子「人殺し」

ギ―助「人殺し」

唯「もうやめて…お願い…」

律「唯…」

唯「…え?り、りっちゃん?でもあっちにもりっちゃんが…」

律「あいつは私じゃないよ、そんなことよりこっちに来いよ」

律「逃げるのか人殺し」

唯「だから違う!」

律「あいつの話に耳を貸すな、いいから早く来い」



97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 20:44:41.03 ID:fXjboJK8O
なんかゲームでありそうだなwww



98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 20:47:45.86 ID:JZjJY2o1O
これさ…>>1じゃないんだよな…
ヤバい書き手が書き続けているとは…



99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 20:49:07.81 ID:3eaPOZ0X0
律「ついたぞ」

唯「ここは…部室?」

律「そうだよ」

梓「やっと来たんだ」

澪「みんなお前のこと待ってたんだぞ」

紬「さぁ♪お茶にしましょう」

唯「みんな…うん!」




105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 20:56:27.02 ID:3eaPOZ0X0

紬「はいどうぞ♪」

唯「うわぁ~いい臭い♪」

紬「お菓子もあるからいっぱい食べてね」

唯「やったー!いただきまーす!」ガツガツ

律「おいおい、唯はいやしんぼだなぁ」

唯「…いやしい?私が?」

律「そうだろ、そんなにがっつかなくてもお菓子はいっぱいあるんだから落ち着いて食えよ」

唯「…ねぇ、りっちゃんてさ…生意気だよね」



107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 21:02:49.06 ID:3eaPOZ0X0
律「はぁ…?私が生意気だって?」

唯「そうだよ、少しは黙ってられないの?」

律「…わかった、黙るよ」

唯「…でもさ、黙ってたっていつまた口を開くか分からないよね」

律「ならどうすればいい…?」

唯「うーんと…あ、そうだ!いいこと思いついたよ!」

唯「ねぇムギちゃん、裁縫セットって持ってないかな?」

紬「もってるわよ、はいどうぞ♪」

唯「ありがとう♪じゃぁ今からりっちゃんの口を縫い付けるね、いいよねりっちゃん」

律「…あぁ、いいよ」



109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 21:09:13.03 ID:4dPK9X0U0
斜め上どころか異次元からパンチが飛んでくる気分なんだが



110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 21:12:14.99 ID:3eaPOZ0X0
唯「それじゃりっちゃん、始めるね」

律「わかったよ」

唯「それじゃ…えぃ」チク

律「!!!んんんんん!!んんんんんん!!!」ジタバタ

唯「りっちゃん暴れないでよ!うまく縫えないじゃん!」チクチク

律「~~~~!!!」ジタバタ

唯「もう…少し黙っててよ!」

律「~~~!!~~~~!!!」ジタバタ

唯「…わかったよ、なら力ずくで黙らせるね」ザクッ

律「…!!!」

律「 」

唯「よし、カッターで刺したら大人しくなった。これなら縫えるよ」チクチク

唯「……」チクチク

唯「…よし!できたー!」




112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 21:20:36.58 ID:3eaPOZ0X0
唯「どうりっちゃん、全然喋れないでしょ?」

律「 」

唯「えへへ…どうやら大成功みたい♪私前からりっちゃんのお喋りなとこ嫌いだったんだー」

唯「さて次は…」キョロキョロ

唯「そうだなぁー…澪ちゃん!君に決めた!」

澪「え?私?」

唯「そう♪澪ちゃんってさー、いつも偉そうでムカつくよねー」

澪「そ、そうかな…?」

唯「うん、そのくせに本当は恥ずかしがり屋だし」

澪「ごめん…」

唯「別に謝らなくてもいいよ、そうだなー…そうだ!いいこと思いついた!」

唯「澪ちゃんさ、今から裸になってよ!」

澪「…わかったよ」




113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 21:26:40.93 ID:3eaPOZ0X0
澪「…これでいいか?」

唯「うわぁ…澪ちゃんってやっぱりスタイルいいねぇ」

澪「ありがとう…でも恥ずかしいな///」

唯「胸も大きいねぇ…羨ましいなぁ…」ジロジロ

澪「あんまりジロジロ見ないで…///」

唯「…そうだ!そのおっぱい頂戴♪」

澪「あぁ、いいよ」

唯「やったぁ♪なら今から切り取るね」

澪「わかったよ、でもあんまり痛くしないでくれよ?」

唯「それはちょっと無理かなー」




114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 21:32:28.38 ID:3eaPOZ0X0
唯「それじゃ…えい!」ザクッ

澪「…!痛い痛い!!!」

唯「何言ってるの、まだ始めたばっかりじゃん」ザクザク

澪「ぎゃああああああああ!!!痛いいいいいいいいいいいい!!!!!」

唯「もう…もう少し我慢してよぉ!」ザクザク

澪「わ…わかったよ…!!我慢するから早く終わらせてぇ…!!」

唯「はいはいっと…」ザクザク

唯「…よし、取れたよ」

澪「はぁ…はぁ…もう…終わったんだな…」

唯「何言ってるの、まだもうひとつ残ってるじゃん」

澪「…え?」




116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 21:38:09.04 ID:3eaPOZ0X0
澪「もう嫌だぁ!!!」

唯「うるさいよ、少し黙ってて」ザクッ

澪「あ…!………」

澪「 」

唯「よし、これで大人しくなった」

唯「それじゃ…」ザクザク

唯「……」ザクザク

唯「…よし、二つとも取れたよ!」

唯「どう澪ちゃん、自慢の胸が無くなった気分は?」

澪「 」

唯「あはは♪ショックで喋れないのかな、いい気味だね♪」



117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 21:38:20.37 ID:e7KN8g2C0
おいおい…グロ展開か





いいぞもっとやれ



118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 21:39:29.82 ID:uXZKkxnY0
唯…
まさかてめぇも…
二次元にうんたらかんたら
うおおおぉぉぉぉぉぉ!



119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 21:45:23.89 ID:3eaPOZ0X0
唯「さて次は…ムギちゃん!」

紬「あらあら♪」

唯「ムギちゃんってさ、お金持ちだよね」

紬「そうね、それが私の取り柄だから♪」

唯「なんだ、わかってんじゃん」

紬「うふふ♪」

唯「……」イラッ

唯「笑わないでよ!私はその笑顔が大っ嫌いなの!」バシャ!

紬「あつっ!」

唯「あはは♪熱いよね、だってさっき入れたばかりの紅茶だもんねぇ…」

紬「えぇそうよ♪みんなに喜んでほしくて頑張って入れたの♪」

唯「…!笑うなって言ってるでしょ!?」



124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 21:56:30.01 ID:3eaPOZ0X0
紬「ごめんなさい♪」

唯「こいつ!…決めた、ムギちゃんの笑顔ってムカつくからさ…」

唯「もう笑えない顔にしてあげるよ」

紬「あらあらまぁまぁ♪それは楽しみねぇ♪」

唯「そうやって笑っていられるのも今のうちだけだよ!今からさ…このカッターでムギちゃんの顔をめった刺しにしてあげる」

紬「あらあら♪怖いわぁ♪」

唯「それじゃいくよ…」ザクッ

紬「!?きゃあああああ!!!うふふ…痛いわぁ…♪」

唯「まだまだ…!」ザク

紬「ぎゃあああああああああ!!!痛い…痛いぃ…」

唯「はぁ…はぁ…死ね…しね…しね!」

ザクッザクッザクッザクッザクッザクッザクッザクッザクッザクッザク
ザクッザクッザクッザクッザクッザクッザクッザクッザクッザクッザク
ザクッザクッザクッザクッザクッザクッザクッザクッザクッザクッザク
ザクッザクッザクッザクッザクッザクッザクッザクッザクッザクッザク

唯「はぁ……はぁ……」

紬「 」




126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 22:04:22.16 ID:3eaPOZ0X0
唯「ざまあみろ…私を虐めた罰だ…」

唯「さぁ…残るはあずにゃんだけだよ」

梓「……」

唯「どうしちゃったの黙って、もしかして私が怖いの?」

梓「怖い?私が唯を怖がるとでも?」

唯「…!ゆ、唯っていうなぁ!私は先輩なの!!あずにゃんよりも年上なの!!」

梓「それでも私と同学年だよね?ねぇどうして?なんで三年生じゃないの?」

唯「そ…それは…!」

梓「…あぁそうか、留年したんだっけ、くすくす…」

唯「やめてよ…笑わないでよ!!」

梓「…ねぇ、唯って生意気だよね」




127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 22:10:57.79 ID:tC13QBcq0
このスレは宇宙の法則が乱れとる



129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 22:13:26.13 ID:3eaPOZ0X0
梓「また虐めてあげるよ…くすくす」

唯「ひっ…!」

澪「よくも殺してくれたな…」

紬「虐められっ子の分際で…調子に乗らないでよね…うふふ♪」

律「~~~、~~」

唯「い、いやあああ…来ないでよ…!」

梓「私達をどんなに殺したって何度でも甦るよ…唯が生き続けている限りね…」

澪「本当に死ぬべきなのは唯、お前だよ…」

紬「あの時死んでいればよかったのに…唯ちゃんは本当にお馬鹿ね…くすくす…」

律「~~、~~~~!」

唯「いや…いやあああああああああ!!!」




138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 23:06:45.91 ID:3eaPOZ0X0

唯「いやあああああああ!!!」

唯はぁ…はぁ…あれ?ここは…どこ?」

唯「このベッド…それに点滴…」

唯「…そうか、私は入院してたんだ」

唯「…誰かいないのかな?」

唯「とりあえず外の空気でも吸いに行こう」



143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 23:18:11.44 ID:3eaPOZ0X0
テクテク

唯「……」

テクテク

唯「……」

テクテク

唯「…おかしい、本当に誰もいないや」

唯「まぁいいや…早く屋上に行こう」

唯「屋上…?どうして屋上なんだろう?…まぁいいや」

テクテクテクテク
テクテクテクテク

トントントントン

がちゃ

唯「うわぁ…風が気持ちいやぁ」

唯「今日はいい天気だなぁ…飛び降りるにはもってこいだよ」



145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 23:26:04.37 ID:BVZdmtHlO
オチが果てしなく気になる



146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 23:26:30.71 ID:3eaPOZ0X0
唯「えへへ…ここから飛び下りれば全部終わるんだよね…」

唯「私の人生…長いようで短かったな…」

「おーい!唯ー!」

唯「あー!みんなー!」

律「そこから飛び下りるのかー?」

唯「そうだよー!」

澪「そうかー、楽しみにしてるぞー!」

紬「唯ちゃん頑張ってー♪」

梓「派手に脳漿をぶちまけてねー!」

憂「お姉ちゃんの残骸は拾ってあげるからねー!」

唯「あははっみんな私にこんなにも期待してくれているんだ」

唯「大丈夫だよみんな、あの時みたいにみんなの期待を裏切るようなことはしないから…」

唯「それじゃ、行くねー!」

「待って!」



147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 23:30:18.89 ID:XqiaaUtAO
どうなるんだ・・・ゴクリ



148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 23:30:59.47 ID:Dt0h0J5o0
まさかの聡!!



149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 23:32:23.21 ID:hEthMmqr0
うわあああああああああ



151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 23:33:25.41 ID:xzHKsNzV0
なんだこれは・・



152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 23:34:27.99 ID:3eaPOZ0X0
梓「馬鹿な真似は止めてください!」

律「そうだよ!私達が悪かったからさ…だから!」

澪「こっちに戻ってくるんだ、唯!」

紬「唯ちゃん!」

唯「うるさい!もうお前達の話なんか聞きたくない!!」

唯「あれ?どうして私達がもう一人づついるの?」



158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 23:46:05.66 ID:3eaPOZ0X0
梓「唯先輩…本当にごめんなさい…」ポロポロ

唯「はぁ?今更後輩面しないでよ!それに謝ったってもう遅いよ!」

律「唯…頼む、この通りだ!どうか自殺なんて馬鹿な真似はよしてくれ!」

唯「嫌だよ…これは私からのあなた達に対する復讐、私が死んだ後の世界で一生後悔して生きてね」

澪「お願いだ…唯、死なないでよぉ…」ポロポロ

唯「無き落とし?あははは!!馬鹿みたい!!泣けば命が救われるとでも思ってるの!?」

澪「それは…ぐす…」

唯「ならさ、私の赤ちゃんは?どうして?あんなに泣いたのに!!」

紬「唯ちゃん…あれは仕方がなかったのよ、実際高校生に赤ちゃんを育てるなんて無理なの」

唯「だからおろして正解だったって!?確かに私はそれを一度願った!!でも私の赤ちゃんなんだよ!!」

唯「そう簡単に…忘れられないよ…!」



159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 23:52:51.99 ID:3eaPOZ0X0
唯「だからさようなら…みんな…」フラッ

律「!! 唯ー!!!」

梓「先輩!!!」

紬「唯ちゃん!!!」

澪「唯ー!!!」

唯「まって、私!!!」ガシッ

唯「…あなたも一緒に落ちよう、ね?」

唯「え…?う、うわああああああああ!!!」














ぐしゃっ




162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/22(火) 00:03:03.14 ID:1Ce6Ezrj0
唯……



164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/22(火) 00:05:49.06 ID:vwAh+9zG0
唯「 」

律「お帰りなさい唯」

澪「みんな待っていました」

梓「どうでしたか、思い出しましたか」

紬「さっさと起きろ、眼を覚ましてください」

唯「 」

律「まぁいいでしょう」

澪「それでも私達は語りかけます」

梓「これからあなたは本当の意味で眼を覚まさなくてはなりません」

紬「つまり現実に戻るということだ、理解していますか?」

唯「 」

律「まぁいいでしょう」

澪「それでも私達は語りかけます」

梓「現実は厳しいものです、あなたが一度死んだあの日から何も変わってはいません」

紬「それでもだ、強く生きなくてはなりません」




168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/22(火) 00:15:53.25 ID:vwAh+9zG0
律「自ら命を絶つこと」

澪「これほど悲しいことはありません」

梓「生きたいと願った命もあるのです」

紬「いいか、そのことを決して忘れないで下さい」

ギ―太「それが、これから生き続ける」

ギー子「親であるあなたの務めであり」

ギ―助「子に対する罪滅ぼし」

唯「 」

「さぁ、時間です」

唯「 」

「行ってらっしゃい、平沢唯」



170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/22(火) 00:20:38.81 ID:vwAh+9zG0
唯「…う…ん…あれ?ここは…」

憂「お姉ちゃん…?」

唯「…憂?」

憂「お姉ちゃん…お姉ちゃんお姉ちゃん!!」ガバッ

唯「うわっ!?」

憂「お姉ちゃん…良かった…本当によかった!」ポロポロ

唯「憂ー、苦しいよぉ…離してよぉ」

憂「嫌だ…絶対に離さない…!」ギュッ




171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/22(火) 00:31:50.12 ID:vwAh+9zG0
憂「お医者様が言うにはね、助かったのは奇跡だって」

唯「ふーん…」

憂「あんな高いところから飛び下りたんだもん、私もダメかと思っちゃったよ…」

唯「うん…」

憂「そういえば、この後梓ちゃん達がお見舞いに来たいんだって…あ、勿論断ったよ!」

唯「…いや、来てもらってよ」

憂「えっ!?だってお姉ちゃん…あいつらは…その…男の人を利用してお姉ちゃんに酷いことをしたんだよ!?」

憂「赤ちゃんだって…あいつらのせいでおろした様なものだよ!それなのに…!」

唯「いいの…私はちゃんとケリをつけたいんだ」

憂「ケリって…まさか!?」

唯「あははっ大丈夫だよ!殺したりなんかしないから」

憂「じゃぁどうするの…?」

唯「さぁ?」

憂「さぁって…」

唯「みんなに会えば…自然と答えが見付かる気がするんだ」



174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/22(火) 00:41:58.42 ID:vwAh+9zG0
憂「お姉ちゃんがそう言うなら…わかったよ、私は何も言わないよ」

唯「ありがとう憂」ニコ





律「平沢唯は」

澪「友と和解し、自ら生きる道を選びました」

紬「だから心配するな、唯はもう自ら命を絶つことは」

梓「ないと言っても良いでしょう」

ギー太「後はこの場所で」

ギー子「あなたの母がまたここに来るのを」

ギ―助「末永く待つだけです」

「はい…本当にありがとうございます」

律「かまいません」

澪「あなたの想い、命」

梓「しっかりと母に届きましたよ」




176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/22(火) 00:44:30.08 ID:Xx+wKTfL0
たのししかったしゅーがくりょこー!



177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/22(火) 00:46:12.88 ID:doj732XnO
あきのうんどーかい!



178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/22(火) 00:48:36.99 ID:Xx+wKTfL0
せんぱいがたのそうぎょーしき!



179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/22(火) 00:49:45.88 ID:vwAh+9zG0
紬「じゃぁ、これにて」

梓「終わりとさせていただきます」

律「あははははははははははは!!!」

澪「あははははははははははは!!!」

「えっ!?」ビクッ

澪「あはははははは…いや、失敬。つい面白かったもので」

「そ、そうですか…」

律「くくく…あははははははははは!!!」

紬「黙れ、お終いです」

律「お終い」

澪「お終い」

梓「お終い」

ギー太「お終い」

ギー子「お終い」

ギ―助「お終い」




181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/22(火) 00:50:56.69 ID:vwAh+9zG0
唯「お終い」

憂「お終い」

さわ子「お終い」

純「お終い」






おしまい




182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/22(火) 00:51:28.52 ID:uPzzBIS/0
ん?



183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/22(火) 00:51:52.00 ID:QgalniWo0
あれ?



186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/22(火) 00:53:57.13 ID:qZm6DTPI0
もう最後までカオスだった



208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/22(火) 01:16:43.51 ID:RhZzhGg4O
ややはよかったな
これはなんか吐き気が…



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking livedoor Blog Ranking

この記事へのコメント
2009/10/26(月) 20:57:13 | No.3657 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
カオスにあこがれを持つ中学生のようなカオス
2009/10/26(月) 21:40:02 | No.3658 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
上手く説明できないけど、カオスと意味不明は違うと思うんだ。
そんでこれは意味不明なだけだと思うんだ。上手く説明できないけど。
2009/10/26(月) 22:43:07 | No.3662 |   | #-[ 編集]
まあ一生に一回くらいこんなSSを読むことがあってもいいかな
2009/10/26(月) 23:31:46 | No.3663 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
ほとんど読み飛ばした
2009/10/27(火) 01:24:35 | No.3665 | 創造力有る名無 | #-[ 編集]
マジキチすぐる
2009/10/27(火) 04:33:06 | No.3668 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
読む価値無し
2009/10/27(火) 06:16:57 | No.3669 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
分かるやつは分かると思うんだけどさ…


ぬ~べ~で
九尾の狐がぬ~べ~に見せた幻術の光景になんとなく似てるなw
2009/10/27(火) 08:16:15 | No.3670 | 戯言ヴぃp | #sSHoJftA[ 編集]
確かに中学生が書いたようなSSだなw
2009/10/27(火) 08:42:25 | No.3671 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
丸尾が好きな俺に死角は無かった
2009/10/27(火) 11:42:06 | No.3672 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
なんか舞城っぽくて面白かったけどな。
虚実入り混じる感じが何とも
2009/10/27(火) 20:15:15 | No.3675 | 戯言ヴぃp | #kfCmBUsE[ 編集]
何故かヴァニラスカイを思い出す
2009/11/02(月) 14:23:32 | No.3716 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
どうやらこのSSは人類には早すぎるようだ・・・
2009/12/08(火) 20:09:24 | No.4040 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
読みとばさなかったが・・・。
執筆した奴誰だwマジキチと池沼を合わせ持った特殊な人間はw
2010/01/06(水) 00:57:11 | No.4249 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
ゴミ以下
書いたヤツシね
2010/02/19(金) 01:46:41 | No.4594 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
つまんね
途中から読み飛ばした
2010/04/24(土) 17:39:30 | No.5017 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
カオスwww
2010/08/12(木) 23:50:34 | No.7101 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://minaminoxxxsummer.blog49.fc2.com/tb.php/691-d7735812
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。