戯言ニュース

ほとんどVIPのまとめ。

HeadLine
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿良々木「僕でいいのなら何度でも死んでやる」
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 20:00:59.13 ID:wkTQnP+00
            登場人物紹介

・阿良々木暦 【人間もどき】   ・忍野忍 【吸血鬼もどき】

・戦場ヶ原ひたぎ 【蟹】     ・八九寺真宵 【蝸牛】

・神原駿河 【猿】        ・千石撫子 【蛇】

・羽川翼 【猫】         ・阿良々木火憐 【蜂】

・阿良々木月火 【鳥】      ・忍野メメ 【遊び人】

・影縫余弦 【不死殺し】     ・斧乃木余接 【鎚】

・ぼく 【戯言使い】       ・哀川潤 【人類最強】

※戯言シリーズ、物語シリーズ双方において重大なネタばれを含んでおります。




2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 20:03:02.98 ID:bzHjKZFmP
登場人物の一番下の列を見て俺はゆっくりとスレを閉じた



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ 阿良々木「僕でいいのなら何度でも死んでやる」
3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 20:03:37.35 ID:wkTQnP+00
★★A★★

戯言使い。第一印象は言うならば無個性。外見は中性的な顔で中肉中背。
ぱっと見、あまり喋らないタイプかと思えば話すと実は冗談を交える、飄々としたタイプ。
特徴が無いいでたちだが妙に危険な雰囲気を持つ人だと僕は感想を持った。
つまりつかみどころの無い人なのだ。
とはいっても僕が実際に戯言遣いと共にしたのはほんの少しの間であるのだが――



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 20:05:35.30 ID:wkTQnP+00
月火ちゃん絡みのいざこざがあってから一ヶ月ほどたったある日の日曜日のこと、僕は羽川と戦場ヶ
原の家庭教師が休みの日ということもあって行く当ても無くぶらぶらと歩いていた。
最近戦場ヶ原がデレたとはいえ、やはりというか勉強が幾分楽になる程甘くは無かった。
――まあ僕が大学に進学するためには当然の事なのだが。
ということで結構僕は久々の休みに浮かれていたのだ。
いつもより早めに目が覚めた僕は散歩がてらに家を出た。
住み慣れた町を道なりに目的も無く歩くってのは意外と面白いものだ。
そんなでしばらく歩いていると見覚えのある後姿を捉えた。
馬鹿でかいリュックサックを背負った小さい人影。
――八九寺だ。



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 20:07:59.35 ID:wkTQnP+00
八九寺真宵。元迷い牛、現浮遊霊で外見小学生のロリっこ。
歩くごとに清純な黒髪ツインテールがひょこひょこと上下している。
……あいつと話すと疲れるんだよな。なんていうか全力で会話する必要があるってのか僕は苦手なん
だよな、そういうの。
ってことでここは気づかれないようにスルーすることにしよう――

「はーちーくじぃぃぃぃっ! 今日も可愛いなこのっ」

ゴメン、全部嘘だ!
僕は八九寺のことが大好きだ!
八九寺へのタックルが見事にきまり腰に腕を回す。
若干リュックサックが邪魔だがこれも八九寺の体の一部と割り切り気にしない。
そのままの体勢で八九寺の体を持ち上げる。
もちろん蟹に体重を奪われた戦場ヶ原ほどではないが、軽々と八九寺は宙に浮く。



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 20:10:36.33 ID:wkTQnP+00
「ぎしゃぁぁぁっ、フゥゥー!」

獣の様に唸りながら八九寺はぶんぶんと腕を振り回す。
まず腕の皮膚が持っていかれた。問題ないすぐ直る。顔を八九寺の背中にこすり付ける。
顔に爪が掛かり、斜めに横断した。大丈夫回復する。わき腹から胸にかけて揉みしだく。
くるりと腕の中で八九寺が回転した。

「がうっ」

一瞬の躊躇も無く脳天に歯が突き刺さる。
頭皮は当然のように突き破られ頭蓋骨を削るゴリゴリという音が僕の頭の中に響く。

「ぎゃぁぁっ八九寺! 落ち着け僕だ、お前の大好きな阿良々木さんだ! 駄目! 脳みそは吸っち
ゃだめぇっ」
「ぐぅぅ、がる、……ん? ぷはぁ、これははだか木さんじゃないですか」
「僕は露出狂か!? 僕は阿良々木だ!」
「失礼。噛みました」
「違う、わざとだ!」
「かびました」
「わざとじゃない!?」

そんなでいつもの挨拶を済まし、八九寺と共に並んで歩く。



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 20:12:07.41 ID:riV2TmCf0
西尾文体で書くと小学生に会って話し始めるまでこんなに掛かるんだな



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 20:12:32.65 ID:wkTQnP+00
「ところで今日はいつものお勉強では? ああ、わかりました、阿良々木さんの陳腐な脳みそがメル

ダウンを起こしたんで暇を出されたんでしょう。駄目ですよ、近隣に迷惑をかけては」
「違うっ! 今日は正式なお休みの日だ! それになんだ僕の頭は原子力で動いてるのか!?」
「なに怒ってるんですか、それ褒め言葉ですよ」

……頭が原子力って褒め言葉なのか? そもそもおまえは僕の脳みそを吸おうとしていたじゃないか。

「しかし阿良々木さん、せっかくの休みなのにひとりでぶらぶらしてるなんて悲しすぎますよ。
あっごめんなさい」
「……? どうした、いきなり謝ったりして」
「いえ、友達のいない阿良々木さんに対してわたしはデリカシーのない酷いことを言ってしまいまし
たから」
「改めて酷い!? それに友達ぐらいいるさ、千石だろ、神原に羽川、戦場ヶ原ほらもう四人も出て
きたぞ」
「……それって後輩と彼女除いたら実質羽川さんひとりじゃないですか。悲しすぎます~」

ものすごい哀れみの目を向けられている。というよりマジで瞳が潤んできてるよ。
小学生に哀れみを受ける高校生、阿良々木暦。なんて情けないんだ。
でも大丈夫。まだ僕には友達がいるさ。それは――




10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 20:14:10.80 ID:S/Viwc+vO
お、おいお前ら…
VIPでSSだぜ?いつもみたいに叩かないのかよ?



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 20:15:46.86 ID:riV2TmCf0
>>10
お前ちょっと黙っとけって



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 20:14:30.09 ID:wkTQnP+00
「八九寺、お前も僕の友達だ」
「うわーん、キメ顔でイタイこと言われました~」

うわっマジ泣きだ!
キメ台詞を言って小学生を泣かす高校生、阿良々木暦。僕も泣きそうだ。
とまあそんな感じの泣きつ泣かれつの会話をしていると背後からけたたましい爆音が聞こえていた。
振り合えると結構なスピードを出した真っ赤なスポーツカーが僕らを目掛けて爆走していたのだ。
車一台が通れるか通れないかの道幅しかなく、このまま行けば僕らは間違いなく轢かれてしまう。

「うわっ暴走車!? 八九寺っ塀に登れ!」
「ふぇ? うわぁなんですかあれっ、轢かれちゃいます!」
「だから登れってってんだ! ええぃ」

ぐずぐずする八九寺を『たかいたかい』の要領で力ずくに押し上げる。
げっ、これじゃあ僕は間に合わないじゃないか。
車は相変わらずのスピードで迫ってくる。残り五メートル。

「阿良々木さん!?」

そんな八九寺の悲鳴にも似た叫び声を聞きながら僕は思う。
車に轢かれても僕は復活することができるのだろうか。
あの春休みならまだしも、今の僕では見当もつかない。
僕は目を閉じて衝撃に備える。
一秒、二秒、三秒……あれ?いまだにその衝撃は訪れない。
恐る恐る目を開けると車はスローモーションでゆっくり近づいている――ということもなく僕の正に
薄皮一枚、そんな距離で停止していた。




13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 20:16:13.64 ID:wkTQnP+00
★★B★★

暦の上ではとっくに秋だというのに京都は相変わらずうだるような暑さだ。
いっそのこと京都だけ秋を十月に定義するというのはどうだろうか。
……戯言だけどね。
『あれ』から一年経った。
人類最悪に絡まれてから一年、玖渚と決別して一年、骨董アパートが倒壊してから一年。
――そしてぼくが請負人の道を選んでから一年。
ぼくは二十歳になり、アパートの跡地に建てられたマンションの一室に事務所を構えた。
結構苦しい生活を迫られているんだけどね。
つまり今のぼくは請負人見習い、新米のぺーぺーである。
しかしと言うかやはりと言うか全く仕事の依頼は入らず、暇を食いつぶす日々を送ってるんだけど。
まぁそんなある日のことぼくが朝食から戻ると真っ赤なレザージャケットが目に飛び込んできた。
――哀川潤、人類最強の請負人。そしてぼくの友達でもあるその人だ。

「よー、いーたん。久しぶりに会いに来てやったぜ」
「久しぶりって先週来てたじゃないですか」
「いいじゃねぇかあたしはお前と違って仕事が忙しいんだ。なのにわざわざ時間を作ってやったんだ
から有難く思いやがれ」

ふむ、確かに哀川さんとぼくとじゃ時間の感覚が違うのかもしれないな。
見ると哀川さんはぼくの顔を舐めるかのようにニヤニヤと笑みを浮かべている。
これまでの経験から考察して、大抵こんな顔は何やらいらぬ事を考えているのだ。



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 20:17:45.56 ID:wkTQnP+00
「えーと、何か用事ですか哀川さん」
「上の名前で呼ぶな下で呼べ。あたしを苗字で呼ぶのは敵だけだ」

いつの間にかぼくはアームロックをかけられ、いつも通りにそう凄まれる。
無茶苦茶顔が近いのだが、哀川さんは気にもかけていない様子だ。

「一応ぼくは商売敵なんですけどね、潤さん」
「ならこのまま捻じ切ろう」
「すいません冗談です! 首から変な音がします!」

そのまま数十秒締められて意識を手放しそうになった時やっと開放された。
その気になれば一瞬で落とせるはずなのに最大限の苦しみを与えることだ小憎らしい。

「じゃ、本題に入ろうか。どうした、シャキッとしやがれ」
「……。何でしょうか」
「喜べ、いーたんにお仕事を持ってきてやったぞ!」
「あー、そうですか。どうもです」
「ちっもっと喜びやがれ」
「うわーうれしいなぁ。潤さん最高です」←棒読み
「どりゃー」 「うわっ」

蹴られた。
確かにぼくに仕事を回してくれるのは良いのだが、哀川さんの持ってくる仕事はひと癖もふた癖もあ
るからな。

「今回はたいした事じゃねぇよ。ちょいちょいっと終わる楽な仕事」
「勝手に心読まないで下さい。で、楽な仕事って言うなら潤さんひとりで十分じゃないですか」
「馬鹿野郎、仕事ってのは経験を積んでなんぼだろうが。社会人の基本だぞ」

……社会人から最も遠い人に言われてもね。




18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 20:20:15.54 ID:wkTQnP+00
「……そうですね、はい。ところでその依頼ってのはどういう内容で?」
「おう、なんでも地方にある朽ちた神社の様子をとある少年と見てきてほしいってんだけどさ、
依頼人がアロハ服のおっさんで見るからにタダもんじゃねぇんだよ。お前は漫画のキャラかって突っ
込みそうになった」
「本当に雑用ですね。というより怪しすぎません?その依頼」
「いいんだよ。なんでも『勝手に助かった人』がいるからって金を弾んでくれたし」
「まったくもって意味がわかりません。そもそもそれってぼく必要ありませんよね」
「細かいこと気にすんなって。あたしについて来るだけでいいからさ。依頼金は山分けだ」
「……ところでその内訳は?」

ぼくらしかいないのに哀川さんは耳打ちをしてきた。
……なるほど、ついて行くだけでそれだけ貰えるなら美味しい話だ。
結構今月厳しいところだったし。

「いいでしょう。行きます」
「ひひひ、現金な奴だな。いーたんは。はむっ」

突然哀川さんはそのままぼくの耳に食らいついた。
唇で挟む、いわゆる甘噛み。




20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 20:21:47.38 ID:wkTQnP+00
「うわっ、潤さん、なんですかっ」
「契約のサイン」

しゃあしゃあと言う哀川さん。
――本当にこの人には敵う気がしない。
そんなで事務所を出て哀川さんの車に乗り込む。
哀川さんらしい真っ赤なスポーツカーだ。
前の車は澄百合学園で見事に廃車になって現在は二代目なんだけど、よくみると細かい傷が結構刻ま
れている。
……哀川さん無茶な運転するからな。

「ところで真心どうしてます?」
「ん?ああ、あいつなら今日も『俺様もいーちゃんに会いに行く』ってしつこかったから岡山あたり
で車から叩き出した」
「……そうですか」

まあ、あいつなら自力で戻ってくるだろう。もちろん無傷で。
むしろゆっくりしてたら追い着かれるんじゃないかな。
戯言……じゃないんだよな。



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 20:23:38.67 ID:wkTQnP+00
「そうそう愛しの玖渚ちんは元気にしてるか?」
「ええ、まあ大目に見れば元気ですね。療養中ですけど。大分髪の色が薄くなってますよ」
「つまり『卓球大会。ただし球はすべてスーパーボールみたいなっ』て感じか」
「久しぶりですね、それ。若干意味わかんないですけど」

巫女子ちゃん、懐かしいな。あれも一年前か。
と、まあそんな会話をしながら高速に入り、百数十キロのドライブを楽しむ。
高速を降りる頃には窓から見える景色も自然が多くなり、見るからに『地方』という雰囲気になって
きた。
それからしばらく道沿いに車を走らせる。
それにしても道幅が車一台分しかないのにフルスロットルで走らせてるけど大丈夫なのかな。
まあ哀川さんなら何とかなるだろう。

「あの潤さん。聞き忘れてましたけどとある少年って誰ですか?」
「あーそういやあたし、顔知らねぇな。まぁ変わった名前だからその辺のやつに聞きゃあ分かるだろ
う。確か『阿良々木暦』って言ったな」
「へぇー、確かに変わった名前ですね。……暦くん、ね」
「おっ、あそこに小学生を苛めてる高校生がいるじゃねぇか。丁度いいあいつに訊いてみよう」

ふむ、道なりに目を凝らせば確かに誰かいるな。ぼくには一人しか見えないが哀川さんの目にはもう
ひとり見えたのだろう。哀川さんが言うのならそれは絶対だ。
法定速度を優に超えた車はどんどんその距離を縮めていく。
……あれ?やっぱりぼくには高校生しか見えないんだけどな。




26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 20:25:03.54 ID:wkTQnP+00
「あっあいつかわいい女の子泣かしてるじゃねぇか! 許せんっ! 他の奴が許してもこのあたしが
許さんっ!」 
「ちょっ、潤さん! 轢いちゃいますよ! そろそろブレーキ踏まないとヤバイですって!」

ぼくの脳裏にノイズくんの姿が映る。
ここには絵本さんがいないから死んじゃうって。

「ありゃ? あいつ女の子を助けやがった。ふふふ、いい根性してるじゃないか。よしビビらすだけ
にしてやろう」

ぼくはてっきり衝突するんじゃないかと思った。
――あの高校生も目を閉じて覚悟を決めてるし。
しかし、ぼくと彼の予想を裏切り哀川さんの流石なドライビングテクニックで見事な寸止めを決めた。
そして哀川さんは颯爽と車から降りて爽やかな笑顔でこう言う。

「ロリコンのあんちゃん、ちょっと聞きたいことがあるんだけど――」




27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 20:26:46.09 ID:wkTQnP+00
★★A★★

「ロリコンのあんちゃん、ちょっと聞きたいことがあるんだけど、あんた阿良々木暦ってやつ知らな
いかな」

そんな風に暴走車から降りてきた車とお揃いの全身真っ赤な超美人のお姉さんは切り出してきた。
さて、なぜこのお姉さんは僕の名前を知っているのだろうか。
というよりも僕を轢きそうになってたのもこのお姉さんだよね!?
絶賛☆混乱中。
思い浮かべるのはあのふたり。
――影縫余弦と斧乃木余接。
『不死殺し』と『例外のほうが多い規則』
まさかこの人も――

「どーした、あんちゃん。変な汗かいてるぜ」
「えーとですね、ははは」

目的が僕ということは分かる。
しかしここでおいそれとネタばらしするのはいかほどのものか。
最悪ここでバトルが始まるかもしれない。
忍に血を与えていない僕ではそれだけは避けておきたい所なのだが。
さて、どうする――

「阿良々木さん、それってあなたのことじゃないですか」
「うわぁぁ!? 八九寺っ! 空気読めっ!」



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 20:28:37.40 ID:wkTQnP+00
……ああ、すっかり八九寺の存在を忘却していた。
あ、でも大体の人には八九寺は見えないんだったな。
見えるのは、帰り場所を求めない人だけ。

「なんだ、お前が阿良々木か。ありがとよ、お嬢ちゃん」
「どういたしまして、お姉さん」
「見えてる!?」
「よっしゃ、暦っちちょっとお話があるから車に乗ってくれ」
「えっ遠慮しときますっ!」

やばい、怪しすぎる。
僕は『逃げる』のコマンドを選択して身を翻す。
吸血鬼だった僕は身体能力なら普通の人より抜き出ている。
大丈夫、逃げ切れるはずだ。
そう思考をめぐらせ走る僕を一迅の風が追い抜く。
その風は真紅で美しい女性だった。
某RPG風に言うと『……しかし回り込まれた』ってやつだ。



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 20:30:04.98 ID:wkTQnP+00
「あれ? もしかして今のって逃げてたのか? 気のせいだよな。もし逃げるってんなら力尽くで行
かせてもらう事になるけど」
「いえ、逃げてませんっ! ちょっとランニングしたいなーって思っただけですよ」
「ならいいや。よし行こう」

ということで車に連行される僕。
……あれ? 助手席に誰か乗ってるな。

「おう、いーたん悪いが後ろに行ってくれないか。暦っち乗せるから」
「え? ああ彼が暦くんだったんですか。偶然ですね――いや、『縁が合った』ってことですか」
「そーいうこと。ほらさっさと退け」

どうもこの人も僕のことを知っているようだった。
……『縁が合う』? なぜ言い直したのだろうか。
助手席から降りた『いーたん』と呼ばれた青年と目が合う。
全体的に特徴が無く、喋らなければ女性にも見える面持ちだ。
だがひょろいと言うこともなく、結構鍛えているんじゃないかって体格をしている。
しかし僕はそんな彼に恐怖感を覚えている。どこが怖いのかは説明できないが、潜在的に、人間とし
ての僕が恐れている。

「はじめまして、暦くん。面白い疵を首に付けてるね。まるで吸血鬼に噛まれたみたいだ」
「えっ!?」
「ああごめん。人間観察が得意なんだけど失礼なことを言っちゃたね」
「あっ、いえいいんです」




34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 20:31:57.32 ID:wkTQnP+00
正直驚いた。
確かに僕の首筋には傷がある。
春休みに付けられた傷跡が。
しかし今は襟首を伸ばして綺麗に隠れているはずだ。
なのに彼は見抜いた。
……どうやって?
そんな疑問を浮かべながら彼と入れ替わるように助手席に身を滑らせる。
後ろと隣からドアを閉める音。そしてお姉さんはエンジンをかける。
エンジンの回転にあわせて車が振動し、そのまま発進した。
窓の外にいる八九寺は満面の笑みで手を振っている。
……友達が拉致られたってのに平和な奴だ、まったく。

「『ジェイルオルタナティブ』に『バックノズル』、ね」
「……? えーと」
「いや、ただの戯言だよ」

戯言ってなに?
今度羽川に聞いてみよう。

「よし、まずは自己紹介だ。あたしは哀川潤、請負人だ」
「あ、はい。えーと僕は阿良々木暦、高三です」
「そうか、高三てったら受験生だな。あたしは小学校すら出てないけど」
「潤さん、それはあまり自慢になりませんよ。というより恥です」
「うっせーな、いーたんは。お前だって小卒だろうが」
「うっ、厳密に言えばそうなりますけど、一応ER3には入ってましたよ。高校卒業の資格も持ってます」
「それも中退だろうが。大学も中退。お前も恥だらけじゃねえか」



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 20:33:14.06 ID:wkTQnP+00
いきなり二人の会話が始まった。
しかし『ER3』って僕でも聞いたことがある名前だ。
厳密に言えば羽川から聞いたんだけど。
なんでも天才の集まりだとか。
あいつもそこから勧誘受けてたんだよな。
――蹴ったらしいけど。
とりあえずこのままでは話が進まない。

「あの、哀川さん?」
「ああ、すまん。それとあたしは潤でいい」

潤さんは少し不機嫌そうに訂正させた。
苗字で呼ぶのはNGらしい。

「えーと、次はぼくだね。ぼくは請負人見習い。名前は好きに呼んでくれていい」

……そう言われても難しい。そもそも本名を知らないからな。
いーたんって呼ぶには気が引けるし。

「そうだね。大体ぼくは戯言遣いなんて呼ばれてる。他には欠陥製品、なるようにならない最悪、師
匠。名前ではいーちゃん、いっくん、いのすけ、いーの、いっきー、いーいー、いの字etc.etc....
そして――『俺の敵』なんて具合にね」

うわぁ、すごいなこの人。
最初と最後は意味が分からないけど、つまり『い』が関係する名前だということは分かった。
そういや僕も呼び名が多かったな。
阿々良木さんに阿良々々木さん、それにありゃりゃ木さんとむらら木さんに何良々木さんetc.etc。
あとは阿良々木君に阿良々木先輩、ラギ子ちゃん、暦お兄ちゃん、暦。
うん、八九寺ばっかりじゃねぇかっ!! あんちきしょうっ!



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 20:34:59.60 ID:wkTQnP+00
えーと、じゃあ『いーさん』でいいですか?」
「別にかまわないよ。少し中国人みたいだけどね。それにそんなに気張らなくてもいいよ。君とぼく
はそれほど歳が離れているってわけじゃないしね」

とりあえずこの二人の名前は分かった。
哀川潤さんに、いーさん。
仕事は請負人といまいち分からない職種だがまあそれはいい。
――果たして僕はなんで拉致られたのだろう。

「別に拉致ったわけじゃないさ。ま、それじゃあ仕事の話に入っていいか?」
「えっ? 僕喋ってましたか? それに仕事って」
「読心術は請負人の基本だ」
「ぼくは出来ないけどね」

……駄目じゃん。

「つかその反応を見ると本当に何も聞いていないようだな」
「正直言うとこの状況に何一つ思い当たることがないんですが」
「ふーん、じゃあ依頼人からの伝言を伝えるとするか――『阿良々木くんにこう言ってくれたら分か
るだろう。あの神社の様子がどうもおかしい、とね』だそうだ」

うわぁー、一瞬ここに忍野がいるのかと思って見回してしまった。
勿論ここにあのおっさんがいるはずも無く、その発声源は潤さんだった。
――信じられない。人の声ってのはあそこまで変えれるものなのか。

「声帯模写は請負人の基本だ」
「ぼくは出来ないけどね」

……デジャヴ。いーさん全然駄目じゃないか。
僕にも絶対出来ないけど。



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 20:37:21.99 ID:wkTQnP+00
「で、暦っちはそれで理解できたのか?」
「あっはい。『神社』、ですか……」

忍野の言う神社はやはりあそこの事だろう。
北白蛇神社。
千石と再会した場所。
そして――怪異の王が残した吹き溜まりでもある場所。
その場所に何かがあった。
一応忍野の手伝いで結末を迎えた場所であるはずなのに。

「つまりそこを暦っちと一緒に見に行くってのがあのおっさんの依頼だ」
「え? 伝言だけじゃないんですか」
「伝言だけなら車に乗せねぇよ。ま、あたしに依頼する位だから一筋縄にはいかないだろ」
「潤さん、楽な仕事って言ったじゃないですか」
「いーたんは黙ってろ。あたし絡みの仕事が楽なわけ無いだろう」

と、まあそんな具合で潤さん達の目的が分かったので、場所を知らない潤さんに神社への道のりを教
えて、昼過ぎには目的の場所に着いた。
千石の蛇以来の場所だがあの時からほとんど変わったところは見られない。
変わったところといえば葉の色が黄色くなっている事ぐらい。
獣道と言って差し支えの無い道から段差と言っても間違いない階段を僕が先頭に立って請負人の二人
と登っていく。
もちろんその途中で中学生くらいの女の子とすれ違うということも無く、目的地にたどり着いた。
そびえ立つ朽ちた赤い鳥居。
その奥に見える朽ちた神社。
あ、そういや潤さん達に蛇のこと伝えてないや。



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 20:39:15.67 ID:wkTQnP+00
「あーと、ここ蛇が出ますから気をつけて――」

そう振り返ったらいーさんの顔色が土気色に変わっていた。
しまった、言うのが遅かったのか!?

「いーさんっ大丈夫ですか!」
「おっ、いーたん何だその顔色。死人みてぇだな」
「ええ、ちょっと眩暈がしただけです。大丈夫ですよ」

とても大丈夫そうには見えない。
肩で息をするかのように体力は落ちていて、額からは珠のような汗を滴り落としている。

「いーたんその辺で休んでろ。どう見たってこりゃドクターストップだ。こっからはあたしと暦っち
で行くから」
「そうして頂くと助かります。ご迷惑をかけてすいません」

苦しそうないーさんを後に残して僕と哀川さんとで異常探しを始めた。
しかし異常はすぐに見つかった。いや無かった。

――僕が本殿の戸に貼ったお札が無くなっていた。




42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 20:41:57.60 ID:wkTQnP+00
そして思い出す。
あのとき――あのとき鳥居を潜った神原はどうなったのか。
神原は調子が悪くなったのだ。
そう、いーさんのように。
――『怪異』を体に宿していたから。
僕は身を翻し走った。

「おい、暦っちどうした!」
「すいません、説明は後ですっ!いーさんが危ない!」

いーさんの下に慌てて駆け戻る。
しかし遅かった。いーさんは半ば倒れるような体勢で地面にひれ伏していた。
顔は見えないが苦しそうに呼吸をしている。
近寄ろうとした。
そして前に重心をかけた時、背後から服を引っ張られた。
潤さんか? こんな時になんだ。
振り向く。
けれど潤さんは僕の後ろで、僕を見て驚いていた。
――いーさんを見てじゃなく、僕を見て。



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 20:43:16.59 ID:wkTQnP+00
僕の服を引っ張ったのは僕の影から上半身を出した金髪金眼の少女だった。
忍野忍。吸血鬼の絞りかす、元怪異の王。

「わがあるじ様よ。また儂の寝とる間に面倒くさいものと一緒にいたようじゃの」
「忍! 離せ、話は後だ。早く助けないと――」
「篠紙、しせ髪、視す守……」
「え? 何か忍野から聞いているのか!?」
「ふん、聞かなくても分かておる。あ奴は誰でも知っている怪異じゃ」

倒れたいーさんの体から黒い靄の様なものが立ち上り始める。
禍々しい得体の知れない雰囲気が辺りを包む。

「――死神。死を司る怪異じゃよっ!」



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 20:44:30.25 ID:wkTQnP+00
忍は言い終わると同時に僕を引っ張った。
僕はそのまま後ろに吹っ飛ぶ。
なんだか今日の忍は三割増しに力が強い。
――場所の関係だろうか。
受身も取れずに石畳に叩きつけられるかと思いきや潤さんが滑り込むように僕を受け止めた。

「すいません。助かりま――」
「なんだありゃ」

僕に目を向けずにそう言った。
潤さんが睨む先に僕も目を向ける。
僕が今まで立っていた所。
そこに――『何か』がいた。
手足の指の先だけで体重を支えている四つん這いの何か。
一見すると猫のような格好だが、自重など全く無いかのように一本十五センチはあろうかという真っ
白い指を正に垂直に立てて維持していた。
足の甲から手の甲まで黒一色で統一されており、陰影が無いほどの黒なのでまるで平面に見える。
僕が瞬きする毎に白く浮かび上がった顔の様なものが胴体を喜怒哀楽、上下左右に変化する。
――異常、異形、異彩。
正にこの世のものとは思えない存在がそこには存在していた。




48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 20:45:53.95 ID:wkTQnP+00
★★B★★

――六年、いや七年前からか。それとも生まれてからなのか。
ぼくがいるだけで周りが狂い、そして死んでいく。殺される。
ぼくは何もしない。ただそこにいるだけ。
それなのに、計画が狂う。
空気が狂う。
人間が狂う。
いつだったかぼくの事を『無為式』なんて呼んだことがある。
……狐さんだったかな。人類最悪。
ぼくの人生は死が付き纏っていた。
だから――だからぼくは死に慣れた。違和感を持たなくなった。
ぼくはただ『死』という存在を受け入れていた。
しかし、狐さんと対峙して、生きることを自覚した今のぼくは――



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 20:47:53.98 ID:wkTQnP+00
死神――怪異――」
「すいま――かりま――」
「――んだありゃ」

そんな声でぼくは意識を取り戻した。
哀川さんと暦くんの声だ。
あれ? もうひとりは誰だろう。
頭がズキズキする。
そうかぼくは突然気分が悪くなって休む場所を探そうとしたら足に力が入らなくなり……
多分――気を失っていたのだろう。
しかしおかしな事がある。
ぼくの中の何かが無くなった、そんな感覚だ。
いらなくなったのではなく、何かが足りない。
解放感ではなく、喪失感。
つまりぼくを構成する『何か』が欠如している。
いまいち力の入らない体を半ば無理矢理に引き起こして顔を上げた。

ぼくと暦くん、哀川さん、謎の少女の間に『何か』がいた。
少女は誰だか分からないが、間違いなく外見は人間のそれである。
しかしその『何か』は明らかに人外のもの。
少なくともぼくにはこれまで一度も見たことの無い生物がそこにいた。
だが、なぜかそれに、ぼくは近親感を抱いている。
そう、まるで――まるで、ずっと一緒に暮らしてきた家族のような――



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 20:50:09.18 ID:wkTQnP+00
「いーさん、そいつから離れてください!」
「いーたんっ!」

暦くんが叫ぶ。
哀川さんが駆ける。
『何か』が哀川さんに向けて腕を振るう。
その動きは鞭のようにしなやかで、剣のような鋭さを秘めているようだ。
哀川さんはその一撃をブリッジするように仰け反り、紙一重で避ける。
そして慣性の法則に従うまま、滑りながらぼくの下へやってきた。

「おうおう、いーたん、お前いつからスタンド使いになったんだ?」
「はい?」
「こよみっちも美少女のスタンド出すし、やっぱりスタンド使いは引かれ合うってやつなのか」

……すいません、全く意味が分からない。
意味を模索していると哀川さんの腕がぼくの脇に回され、軽がると担ぎ上げられた。
視界が残像のように引き伸ばされる。
哀川さんはぼくを抱えたまま走ったのだ。
――哀川さんいつもこんな動きをしているのか。
つくづくこの人も怪物だよな。
何故、哀川さんがこんな事をしたか、それの答えは簡単に見つかった。
『何か』がいままでぼくたちがいた場所を薙ぎ払ってたのだ。
石畳は木の葉のように軽々と吹き飛び、瓦礫と土の山を作る。

「ちっ、なかなか素早いじゃねぇか」
「潤さん、これどういうことですか」
「んなのあたしにも分からんさ。てめえが出したんだろうが」
「えっ? あれをぼくが?」
「うおっ! 嬢ちゃんそっから離れろ!」




52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 20:51:59.35 ID:wkTQnP+00
哀川さんの進行方向に金髪の女の子がいた。
しかし少女は動かない。動けないではなく動かない。
無表情でぼくたちを見つめていた。
こうなればぼくたちが何とかしなければならない。
ただし、ぼくらの背後からは『何か』が迫っており避ける事が出来ない。
もし避けようというなら、『何か』が少女にぶち当たる事になるのだから。
哀川さんは絶対にそんなことはしない。
――甘い人だからね。
哀川さんは一度舌打ちをして、ぼくを担いでいない方の手を少女に伸ばす。
しかしその手は少女を掴むことが出来なかった。
いや、正確に言うとその手を少女が避けた。
そしてぼくはすれ違いざまに見た――
少女は口の端を吊り上げて妖艶に笑ったのを。
そんな年に似合わない笑みから覗く白い歯、その犬歯が異様なまでに鋭く尖っていた。
それが見えたのはほんの一瞬で、少女を通り過ぎてすぐに暦くんが駆け寄ってきた。

「いーさん、大丈夫ですか!」
「あ、暦くん。うん、ぼくは大丈夫だ」
「おう、暦っち、いーたんを頼む。あたしはあの子を助けて――」
「忍なら大丈夫です。潤さん」

暦くんは哀川さんの台詞を遮りそう言った。
何一つ不安の無い、信頼に満ちた声で。
ぼくと哀川さんは少女の方に振り返る。
少女と『何か』は対峙していた。



53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 20:54:00.35 ID:wkTQnP+00
「たかだか死神が怪異の王である儂に闘いを挑むのはちょいっと無理があるんじゃないかのう」
「…………」
「うぬも分かっておるだろうに。うぬじゃ儂に死をもたらすことが出来ぬという事にな」

外見に似遣わない話し言葉で、言葉も通じそうに無い『何か』を威圧する。
それの効果があったのか『何か』は動きを止め完全に静止していた。
そして数秒後、突然後方に飛び上がり木々の中に紛れてこの場からいなくなった。
暦くんは驚いたような顔をして忍と呼んだ女の子に走り寄る。

「忍、何で逃がしたんだ!」
「ふん、今の儂じゃ良くて引き分けといったところじゃからな」
「でもお前――」
「ハッタリじゃよ。やつは心の持ちようで何とかなるからの。それはお前様も知っておろうに」
「……神、か」

忍ちゃんは言い終わると驚いたことに暦くんの影に飛び込んだ。
まるで水に飛び込むかのように影の中に消えた。
目の錯覚かと思ったがもうここには忍ちゃんの姿は無かった。
あるのは暦くんの何か思いつめたような後姿だけ。




56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 20:57:17.45 ID:wkTQnP+00
★★A★★

山から下りて潤さんは僕に胸元から出した紙切れを渡してきた。
それには番号が書かれており、何かあった際ここに電話を掛けるように忍野に言われていたそうだ。

「その番号からするとどうもどっかの公衆電話の番号だろう」
「公衆電話? 公衆電話ってこちらから掛けられるんですか」
「電話だから掛けられると思うよ。以前ぼくも公衆電話に掛かってきたのを取ったことがあるからね」

ということで早速僕は携帯を取り出しその番号に発信してみた。
一度回線が切り替わるような音がして、コール音が鳴り始める。
そして数回鳴った後、繋がった。



58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 20:58:22.74 ID:wkTQnP+00
『もしもし、誰だい?』
「忍野ッ! あれは一体どういうことなんだ!!」
『久しぶりだね、阿良々木くん。どうしたんだい大声出して。何かいいことあったのかい?』
「最悪だ! お札が無くなってるし、死神が出るわで……」
『うん? 死神だって? お札は何となく分かってたけどそれはおかしいな』
「おかしいって実際に出たんだから仕方が無いだろ!」
『相変わらず元気良いね、阿良々木くんは。それにおかしいって言うのはね、死神が出たって事その
ものなんだよ』
「どういう事だ、意味が分からない。分かりやすく言え、忍野」
『簡単に言うとね、阿良々木くん。死神はこの七年間、いやもっとかな、どこにもいなかったんだ』
「『どこにも』いなかった?」
『そうだよ。まあ厳密に言えばどこかに囚われていたというかね』
「でも死神は一匹って事は無いんだろ。だったら今回のは別のやつだって――」
『いや、阿良々木くん、死神は世界にひとりしかいないんだ。そんなにホイホイいたら困るだろ?』
「まあいいそれは分かった。で死神ってのはどういうやつなんだ、なにをする?」
『何もしないさ。ただ周辺の生き物を死にやすくするだけだ。もっとも死に近いほど突然死なんてこ
とがあるけどね』

――死にやすく、死に近いほど。
不穏な単語が忍野から飛び出す。
しかし――しかしどこか引っ掛かる。



60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 21:00:23.71 ID:wkTQnP+00
『そういえば、どうやってその死神は現れたんだい?』
「えっと、お前が頼んだいーさ――いや請負人の体から湧き上がるようにだな」
『あれ? おかしいな。あの美人ちゃんにはそんなの感じなかったんだけどなあ。死神が憑いている
のなら見ただけで分かるはずだし』
「違う、潤さんじゃない。男のほうだ」
『男? 誰それ、知らないなあ。あっそうか、なるほどね』
「ひとりで納得するんじゃない」
『ああそうだね。つまりその彼はあの吹き溜まりに死神ごと引っ張られてきたってわけだ。うーんや
っぱり僕の責任だね。僕が教えていればこんな事にはならなかっただろうしねえ。ということで阿良
々木くん、僕の変わりに謝っといてよ。謝るのは得意だろ? ツンデレちゃんによくやってるじゃな
いか』
「僕はそれほどガハラさんに謝ってないぞ!?」

――いや、思い返せば結構謝ってるな。
主に理不尽な言い分に対して。

「まあいいや、それでどうやれば死神を祓えるんだ?」
『死神を祓うことは出来ないさ。ほらツンデレちゃんの時を覚えているかい? 重し蟹、おもし神。
あのときも『神』だったよね』
「――ただそこにいるだけ。望まない限り実現しない、だったよな」
「そう。よく覚えていたね阿良々木くん。褒めてあげようか? まあ、そういうことで祓う必要はな
い。そもそも死神にだって役割があるからね。それは憑かれていた本人が分かっていることだろう』



61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 21:02:25.55 ID:wkTQnP+00
僕はちらりと潤さんの車で休んでいるいーさんを見遣る。
……死神を望んでいた、か。

「じゃあ忍野、質問を変えよう――僕はどうすればいい?」
『そうだね、出来ることは新しいお札を手に入れることかな』
「そんなこと言ったて僕はお札の作り方を知らないぞ」
『はっはっは、元気が良いね、阿良々木くん。何かいいことあったのかい。僕は別に君に作ってくれ
と言ってるわけじゃない』
「じゃあ、どうすれば――」
『影縫余弦、僕の同期なんだけど彼女が君の町に行ったらしいじゃないか』

影縫余弦の名がでて僕の背筋が凍る。
つい一ヶ月前月火ちゃんを殺しに来た陰陽師。
そして――不死殺し。

「……あの人ならもうこの町から去ったさ。一応の決着がついたからな」
『いや、まだその町にいるはずだ。なんたってあのはんなりちゃんは一度狙った獲物はそう簡単に諦
めないからね』

……なんだと。
忍野は聞き捨てならないことをさらりと言いやがった。




62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 21:04:35.62 ID:wkTQnP+00
『まあそういうことだからはんなりちゃんに頼んで作ってもらってよ、お札』
「くっ、分かったよ。探して頼んでみる。ところで忍野――」
『ん? どうかしたかい』
「――お前はどこにいるんだ」
『そうだな屋根があって居心地のいい所だよ』
「なんだ、結構まともな生活をしてるのか」
『まあね。でも床がタイル張りってのはいただけないけど。あ、あと〈白線の後ろにお下がりくださ
い〉ってアナウンスが五月蝿いかな』
「駅のホームに住み着いてんじゃねぇよ!!」

……ホームレスでした。
アロハ服のおっさんが寝泊りしているのを想像したら駅に対して申し訳なく思えてくる。
絶対営業妨害になってるよ。

『でもさ、結構便利なんだよ。こうしてお金も払わずに電話することも出来るし』
「人の電話料金に頼るんじゃない! そもそも通話料どんだけ掛かるんだよ」

やっぱり三分十円なのか?
ぼやぼやしてると大変なことになりそうだ。




63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 21:07:06.49 ID:wkTQnP+00
「じゃあ、忍野なんか困った事があったら戻って来いよ。一応お前は僕の恩人だからな」
『いつも言ってただろう君が勝手に助かっただけさ。まあ心配してくれてありがとう、君は相変わら
ず人がいいんだね』

そう言って電話は切れた。
やっぱりあいつは別れの挨拶を言わなかったな。
僕は一度ため息をついて携帯を片付けた。
影縫さんを探す、か……
忍野は簡単に言ってのけたが実際あの人を探し出すのは難しいだろう。
そもそも当てがないからな。

「暦っち何か分かったか?」
「ええ、まあ。ちょっと人探しが必要なんですが」
「人探しか。だったらあたしに人相を教えな。紐でくくって持ってきてやる」

そんな物騒なことを、潤さんは至って真面目にそれも自信満々に言い切った。
……なんだか本当にやりかねないな。

「えーとですね、影縫余弦さんといってショートカットに涼しげな面持ちの二十代後半って所の女性
です」
「なんだそりゃ? 全然特徴がないじゃねぇか。なんかないのか、ほら頬に刺青があるとか拘束具を
常に着用してるとか」

……そんな人いるわけないじゃないか。
歩くだけで職務質問されそうだ。




65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 21:08:33.69 ID:wkTQnP+00
「あ、そういえば特徴と言うかなんというか、常に地面を歩かないって拘りを持ってるんで多分塀の
上を歩いてると思います。それと少女を連れているんですがその子、怪異なんで手を出さないほうが
いいです」

自分で言っててなんだが、それもバリバリに職務質問の対象だな。
なんで忍野といい貝木といい専門家は変なやつが多いんだ?

「そういやさ、怪異って言ったけ。なんなんだそれ?」

そういえばまだ潤さん達は怪異のことを知らなかったんだっけ。
この数ヶ月怪異に深く関わり過ぎたせいなのか、怪異の存在が当たり前のような物に思えていた。
……駄目だ、僕の常識はいつの間にか崩壊していたらしい。
と、まあそういうことで僕はいーさんを呼んでから怪異について掻い摘んで説明した。
――ほとんど忍野からの押し売りと体験談だけど。
ただし僕の体質――人間もどきであるということは言わなかった。
今はいらぬ混乱を避けたい、というよりは僕が話したくないというほうが大きい。



66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 21:10:41.53 ID:wkTQnP+00
「車よりか走ったほうが機動性がよさそうだな。ま、ここならレッカー移動とかないだろ」
「え? ちょっと潤さん、どうするつもりですか」
「どうするって探しに行くんだよ。あたしは一人の方がやりやすいから、暦っちはいーたんと一
緒に行動してくれ。あっそうだ暦っち、これ返しとく」

潤さんはいきなり僕に向かって何かを投げてきた。
いきなりのことに慌てたが、なんとか落とさずに受け取る。
それは――僕の携帯だった。
……なんで?
僕のじゃない? いや間違いなく僕のだ。
僕は確かに携帯を仕舞ったし、潤さんに渡した記憶もない。

「あたしの番号といーたんの番号、登録しといたからなんかあったら掛けて来い」
「潤さ――」

僕が喋ろうと思った時には潤さんは目の前から消えていた。
かろうじで砂埃の隙間から角を曲がる赤色が見えたくらい。
あの人本当に人間か? 
実は怪異でしたって言われても僕は驚かないぞ。
なんてしばらく僕が呆然と立ち尽くしていると軽く肩を叩かれた。

「じゃあぼく達も行こうか。何か心当たりはある?」

全然、無かった。




67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 21:12:24.92 ID:wkTQnP+00
★★B★★

探し人について暦くんは見当もつかないそうなので、取敢えず適当に歩き回って探すことにした。
暦くんはぼくの調子を気遣ってくれたが、神社から出ると良くなったので問題無し。
今は比較的人通りの多い市街地を模索中である。
しかし暦くんの言った怪異云々ってのはにわかに信じ難いな。
ま、実際ぼくもこの目で見たわけだし、自分に嘘をついてまで無かった事にするつもりは無いけど。
そういや友は怪異って存在知ってたのかな。
あいつの言う四つの世界の中にはそんなの入ってなかったしな。
銀河系で分からないことがない《ちぃくん》なら知ってたかも。
それにしても『死神』か……。
死神というと萌太くんを思い出すな。
――石凪、殺し名第七位死神。
でも、ぼくの方が死神だったってオチなわけだ。

「戯言、だけどね」
「なにか言いましたか?」
「いや、いいんだ気にしないで」




68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 21:14:42.73 ID:wkTQnP+00
不思議そうな顔をしてぼくを見る暦くん。
しかし彼も随分変わった人生を歩んでるな。
怪異に詳しいという事は今回が初めてという訳じゃなさそうだし、どちらかと言うと何度も修羅場を
潜った、そんな雰囲気だ。
ぼくも人のことは言えないけどね。
中でもあの七ヶ月は濃かったなあ。
――鴉の濡れ羽島から人類最強の喧嘩まで。
何度死にかけて入院したことか。そのたび、らぶみさんに絡まれるし。
なんてぼくが過去に思いを馳せていると隣に暦くんがいなかった。
はて、木の実さんの再来か、などとふざけてみるまでもなく暦くんが立ち止まっただけだった。

「どうかした?」
「あ、いえ僕の友達に目撃情報がないか聞いてみようかと思いまして」

そういうとおもむろに暦くんは携帯電話を取り出して誰かに掛けだした。
ぼくもそのまま立ち止まって待つ。
すると暦くんの十メートルほど後ろで歩いていた制服姿の女の子の携帯が鳴った。
偶然かと思いきや、女の子が電話に出ると暦くんが話し始める。
ふむ、暦くんは気付いてないようだな。
女の子は気付いているけどそ知らぬ顔で会話を続ける。
なかなかの演技力だ。
しかし気付かない暦くんも暦くんだな。
――なるほどね、大体分かった。
と、ここでネタばらし。
ぼくは手を振って暦くんの注意を惹きつけ、後ろの彼女を指差した。
指を差された彼女は不思議そうな顔をして、暦くんは小首を傾げて振り返る。



69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 21:16:46.94 ID:wkTQnP+00
「羽川っ!? なんで?」
「やっほー阿良々木くん」
「や、やっほー。じゃなくて何時からいたんだ」
「暦くんが電話掛けようとした時からいたよ。ね?」
「そうだよー。ほんと、阿良々木くん気付かないから私の悪戯心に火が着いちゃったじゃない」
「気付いてなかったの僕だけ!?」
「というよりあの距離で気付かないほうかおかしいんだけどねー。ところでさ、話が変わるんだけど
そちらの方は? はじめましての人ですよね?」

至極もっともな質問だ。
ちゃっかり会話に参加したけどぼくは彼女にとって知らない人だからね。

「あー、この人は――」
「待って、阿良々木くん。自己紹介というものは聞いた方が先に名乗るものよ。それとも阿良々木く
んは私を礼儀知らずにさせたいのかな」
「……ごめん」 「ふふっ冗談」



70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 21:18:22.28 ID:wkTQnP+00
……なんだかいい雰囲気だな。
ぼくが場違いな感じ。というよりもお邪魔者。
なんて思っていると彼女はぼくに向き直り軽く頭を下げる。

「はじめまして、私立直江津高校三年、羽川翼と申します。阿良々木くんとはクラスメイトです」

自然に差し出される手をぼくは握り返す。
ふむ、なんとも絵に描いた優等生といった感じだ。
見た目もまんま委員長タイプだし。

「ぼくは請負人見習い。本名で呼ばれるの苦手だから好きに呼んでくれたらいいよ」

ぼくは暦くんに言ったように二つ名からあだ名までを並べて自己紹介を終わらせる。
しかし大概普通の人は(暦くんも)なにやら微妙な顔をするのだが翼ちゃんは至って平常な顔でにっこ
りと微笑む。
――なかなかどうして、変わった子だな。




72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 21:19:49.56 ID:wkTQnP+00
「請負人なんて変わったお仕事してるんですね。有名な人は哀川潤さんだったかな」
「え、哀川さんのこと知ってるの?」
「羽川は何でも知ってるんですよ」
「何でも知らない。知ってることだけ。でもね、これを知ってるのは偶々なんだよ。この前忍野さん
のことを調べてたらその名前があっただけ。結局忍野さんのことは何も分からなかったけど、哀川さ
んってのは裏の世界じゃ相当有名な人なんだってね」

確かに有名だけど普通の人なら調べたってそこまで行き着くことはないと思うんだけど。
うーん、どうやら翼ちゃんも普通とは言えないのかな? 外見は可愛らしい普通の女の子なんだけど。

「そういえばね、その人ブログ持ってていろんな漫画の感想書いてるの。しかも全部ベタ褒めで悪口
なんて一切無し。そうそう、春休みに阿良々木くんに貸した漫画もあって今度実践してみようって書
いてるの。変わった人でしょー」

……まだあのブログやってるのか。
翼ちゃん、哀川さんは漫画みたいなことを実際にやってのける変人なんだよ。
戯言と言えればいいんだけど。

「へえ、潤さんってそんなに有名なんだ。まあ、ただ者には見えなかったけど」
「てことはその哀川さんも来てるんだ。んん? もしかして阿良々木くんまた何かに頭をつっこんで
ない?」
「えっいやそんなことないさ……ははは」

暦くんはどうやら顔に出るタイプらしい。
まあ『立てば嘘吐き座れば詐欺師、歩く姿は詭道主義』なんて言われるぼくよか幾分マシだけどね。
否定はしないけど。




73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 21:22:23.07 ID:wkTQnP+00
「んー、まあいいか。困ったことがあったら言ってね。私も手伝ってあげる」
「悪いな、羽川。恩に着る。で、早速で悪いんだがここ数時間の間に塀か郵便ポストに立ってる女の
人見なかったか?」
「随分具体的に奇妙なことを言うんだね。んー、そうだね、私の覚えてる限りでは見てないなあ」
「そうか、ありがとな。見かけたら僕に電話してくれ。くれぐれも引き止めようなんて考えるなよ」
「はいはい、了解です」
「そういや羽川どこに行くんだ?」
「ふふっ内緒」
「ふーん、そうか。じゃあまたな」
「うん、またね」

ということで僕らはまた歩き出そうとしたのだが、翼ちゃんがぼくを呼んだ。

「うん? どうしたの」
「ちょっと質問いいですか?」
「どうぞ」
「いーさんの本名、《あ》を1として《ん》を46とすると、その総数と母音と子音の数教えてもら
えませんか」

おおっ、まさか子荻ちゃん出したクイズを聞かれるとは思っていなかった。
ちょっと感動。



74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 21:24:42.73 ID:wkTQnP+00
「そうだね、総数は134で母音が8、子音が7だよ」
「なるほど、×××××さんですか。いい名前ですね」

暦くんに聞こえないようにそう言ってにっこりと微笑む翼ちゃん。
ちなみに暦くんは頭を抱えてぼくの言ったことを復唱している。
――凄いな。
子荻ちゃんでも少し考えてたのにこの子は即答した。
もしかして翼ちゃんは……

「うーん、全然分からん。羽川は分かったのか?」
「うん。とても素敵な名前だよ」
「教えて」 「だーめ」

素敵って言われるとなんか恥ずかしいな。
ぼくはこの名前嫌なんだけど。
とはいえま、翼ちゃんについては少し分かった。
この子は俗に言う『天才』なんだろう。
どのレベルとまでは分からないが少なくとも友ほどぶっ飛んでるわけじゃなさそうだし。
と、今度こそ翼ちゃんとバイバイしてから暦くんと歩く。



75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 21:26:26.37 ID:wkTQnP+00
「暦くん、もしかして翼ちゃんって天才だったりする?」
「え、ああ羽川は本物の天才ですよ。本人は普通だと言ってますけど」
「とっても優しそうだね、彼女」
「ええ、危うい程の善人ですよ、羽川は」

なんだか苦い顔をして笑う暦くん。
善人の天才か。
いつだったか天才は人よりも余裕があるから善人だなんて言ってた人がいたな。
……誰だったけ、ぼくの記憶力ではもう思い出せそうにないな。

「そういやさ、翼ちゃんが暦くんの彼女だったりする?」
「……違いますよ。僕にはちゃんと彼女いますから」

あれ? 慌てるかと思ったんだけどなんだか落ち込んだみたいだ。
なんか悪いことしちゃったな。

「ごめんね、変なこと聞いちゃって」
「いえ、全然いいですよ」

そう言って笑う暦くん。
うーん、複雑な関係なんだろうな。
と、正面から凄いスピードで女の子が走ってくる。
爽やかそうなんだけど、スカート姿なもんだから風で捲れて中のスパッツが丸見え。
……パンツじゃないから恥ずかしくないのかな?
そのまま走り去るのかと思ったが、彼女は暦くんを確認するとぼくたちの前で急激にスピードを落と
し停止する。
急激な減速によって、靴の底の溶けた匂いが鼻をつく。
そして彼女は口を開いた。

「おや、阿良々木先輩ではないか、奇遇だな――」



94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 22:30:10.41 ID:wkTQnP+00
★★A★★

「おや、阿良々木先輩ではないか、奇遇だな。ん? ところでそちらのお兄さんは誰だ?」

僕が羽川を間接的に振ったことを思い出して落ち込んでいたら、神原が走ってきてそう言った。
そしてそのまま僕らの周りをじっくり一周してうなずく。

「ふむ、なるほど。さすが阿良々木先輩だ。私が見込んだだけのことはある」
「……? 何を納得してるんだ」
「いや、阿良々木先輩は私の百合に対抗して薔薇で勝負を賭けてきた、ということだろう。いやはや
私も阿良々木先輩には度肝を抜かされるな」
「違う! 断じて違うっ!!」

そんなことがあってたまるかっ! 何で僕がお前に対抗しなくちゃならないんだ。
いーさんも見てないで拒否して下さい。

「なに? 違うのか。しかしだ、阿良々木先輩、BL本で鍛えた私の妄想をなめてもらっては困るな。
ふふふ……これはいい。次はこうしてもらおうか……。ふははっそんなことまでっ! 大胆だ、さす
が阿良々木先輩! 正に眼福物だと言う事だよ」
「やめろっ僕を勝手にお前の世界に連れて行くな! 僕らを汚すな!!」

僕の清純が神原の中で犯されていく。
……しかし神原、お前女としてその顔はどうなんだ。
涎がとめどなく溢れているぞ。
――――――――――




96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 22:32:22.67 ID:wkTQnP+00
「面白い子だね」
「面白くないですよ! ほら、神原、戻って来い」
「うへへ、そこを攻めるのか、おおっ……あれ? どうした阿良々木先輩。服を着て」
「僕は最初から脱いでねぇよ!」
「そうだったのか、すまないな阿良々木先輩」

頬をぺちぺち叩いてたら何とか戻ってきた神原。
……手に涎付いちゃったよ、汚いな。

「おお、私は神原駿河だが、その殿方はどちら様だ」
「ぼくは請負人。名前は好きに呼んでくれていいよ。そうだね――」

いーさんは僕にしたようにあだ名やらをつらつら並べる。
しかしそれは駄目だ。神原に好きように呼ばせるのは絶対やってはいけない。

「なるほど、それじゃあアニキさんと――」
「駄目だ!」
「なぜ? 阿良々木先輩も言ってたじゃないか」
「言ってない!! 妄想と現実ごっちゃにすんな!」
「しかたない、阿部さんと呼ば――」
「それはもっと駄目だ!」
「じゃあなんと呼べばいいんだ!!」
「逆切れ!?」

結局いー様なんてどっかの韓国俳優みたいな呼び名で治まった。
なんで様付けなのかというと神原曰く、『阿良々木先輩の知り合いということは相当崇高な方に違い
ないからだ』だ、そうだ。
――どうして神原はそこまで僕を持ち上げるのだろうか。



97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 22:34:11.50 ID:wkTQnP+00
「ところでいー様、戯言遣いとは一体なんなのだ? 博識な阿良々木先輩ならともかく、愚鈍な私で
は幾分分かりかねる単語でな」
「んー、説明しろって言われたら難しいんだけどね、一般的には戯言は冗談って意味だよ」
「つまり冗談好きの楽しい人というわけか」
「いや、そうじゃない。ぼくの戯言はね、そうだな人の思考を曖昧に煙撒く感じかな」
「えーと、人を混乱させるってことですか」
「別にそんなつもりはないんだけどね。結果的にそうなっちゃうというか」
「ふむ、私にはさっぱり分からんな。おや? これが戯言と言うことなのか?」
「ちょっと違うかな。ま、ぼくがいると周囲が落ち着かないなんて言われるけどね。そんなのを全部
ひっくるめて戯言遣いってことかな」

うーん、神原じゃないが僕にもやっぱり理解し難いな。
まあつまり曖昧な称号ってことでいいのかな。



98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 22:38:20.25 ID:wkTQnP+00
「そういえば神原、こっちお前の家の方じゃないだろ。なんか用事があったのか」
「おお、そうだ。実はな、とても美しい女性を見かけて追いかけていたんだ」
「なにをしてるんだお前は……」
「いやはや阿良々木先輩にも見せてやりたかった。しかし恐ろしい速度で走っていてな、足の速さを
願った私ですら追いつけないとは思ってもいなかった」
「それって哀川さんじゃないかな?」
「あー、そうかもしれませんね。神原、その人全体的に赤くなかったか?」
「おおっもしかしてお二人の知り合いか! それはいい、ぜひ私を紹介してくれ!」
「いや、それは出来ない」

おい、なんて悲しそうな顔をするんだ。
神原が捨てられた子犬に見える。
でも潤さんと神原の相性が良さそうで、危ない一線を軽々と越えてしまいそうだ。
潤さんノリ良さそうだしな……。

「哀川さんもいろいろ走り回ってるみたいだね」
「ええ、僕らも頑張りましょう」
「おおっ! 男の友情を確かに頂いたぞ」

……もう神原さんは黙って下さい。



100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 22:41:49.57 ID:wkTQnP+00
「あ、そうだ神原」
「なんだ、私も交ぜてくれるのか?」
「交ぜるか! じゃなくてだな、お前塀の上を歩いてる女の人見てないか?」
「うん、可愛らしい女の子を連れていたのなら見たぞ」
「ほ、本当か!?」
「ああ、私があの美しい女性を逃してしまった後、色々走り回った折にな。うーむ思い出しても可愛
い子だったな。それに私が聞いた限りあの子は僕っ子だぞ」

うおっ妙に興奮してギラギラした目が怖い。
しかしまあ、神原の話からして影縫さんに間違いなさそうだ。

「それでその二人は何処にいたんだ?」
「そうだな、私も適当に走ったからあまり正確には覚えていないのだが――」

そうして神原からやっと影縫さんの情報を手に入れることが出来た。
けれど――やはり忍野の言った通り、影縫さんはこの町にいる。
ということはまだ月火ちゃんを狙っているのだろうか。
見つけたとしてもまだ問題が残るな……。

「じゃあ、いーさん行きましょう」
「うん、早く見つけよう。それじゃ駿河ちゃん、じゃあね」
「おお、いー様、私なんぞに声を掛けてくれるとは。なんと至高の極み」
「お前何キャラ目指してんだよ……」
「私は私だ。では阿良々木先輩もさらばだ」

なんだか深い台詞を残してそのまま神原は走り去った。
本当に加速装置ついてんじゃないのか?
……しかしあいつでも追いつけなかった潤さんって一体何者?



101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 22:43:45.79 ID:wkTQnP+00
★★B★★

暦くんは面白い友達を持ってるなあ。
変な人が集まるのは、ぼくだけの特典って訳じゃないんだ。
なんて、戯言に決まってるけどね。
さて、ぼくはこの町の地理には全く詳しくないので、当然暦くんの後ろについて歩くことになってる
んだけど、ま、見た感じ平和ないい町だな。
怪異なんてものがいるとは思えないほどに。

「暦くん、駿河ちゃんの言ってたところって近いのかな?」
「どうでしょう、そんなに遠くはないと思うんですが、正確ではないって言ってましたから」
「あー、そうだね。それに結構時間が経ってるから、相手が動くぶん分からないよね」
「うーん、やっぱり難しいですね」

「おっ、暦兄ちゃんだ」 「あ、ほんとだ」

はて、また別の女の子の声。
暦くん女の子を引き寄せるフェロモンでも出してるのかな。
さて、ぼくと暦くんが向いた先には女の子が三人。
三人とも崩子ちゃんくらいの歳といったところか。
ん? その内二人は暦くんにとても似ている。
暦兄ちゃんなんて呼んでたから兄妹だろうか。




103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 22:45:19.39 ID:wkTQnP+00
「あれ? 火憐ちゃんに月火ちゃん、それに千石じゃないか」
「や、やあ、暦お兄ちゃん」

千石と呼ばれた女の子はおずおずと返事をする。
ふむ、暦くんに偶然出会えた喜びと知らないぼくに対する恐怖が半々といったところかな。
目を隠すような前髪と帽子から見るに相当顔見知りするタイプと見た。
隙間から見える顔は可愛いのにもったいない。

「珍しいな、三人で遊んでるのか」
「ああ、それがな、せんちゃんがにーちゃんを――」
「だめーっ!」
「火憐ちゃん、内緒にしとくって言ったばかりじゃん」
「もぶだっだ」

なるほど、千石ちゃんは暦くんに思いを寄せてるんだな。
でも当の本人は「楽しそうだな」なんて考えていそうな感じに微笑んでるんだけど。
……もしかして暦くん鈍感だったりするのかな。




106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 22:46:58.25 ID:wkTQnP+00
「おう、兄ちゃんその人誰だ?」

ぼくを指差す背の高い女の子。
気の強そうな顔だな。
暦くんたちの会話から見るにこの子が火憐ちゃんだろう。

「ぼくは請負人見習い、戯言遣いなんて――」

なんだか今日の決まり文句張りに連発している口上を三人に向けてする。

「ふーん、変人だな」
「いや、奇人でしょ」
「火憐ちゃんっ月火ちゃんっ思ってもそんなこと言っちゃだめだよ。変な人って言わなくちゃ」

……つまり三人とも同じ感想をぼくに持ったってことだね。
さすがにぼくも落ち込む。
戯言にしたいな……。

「……すいません、いーさん。後できつく言っておきますから」
「いや、いいんだよ。気にしてない」

そんなやり取りを済まして火憐ちゃんは暦くんに言った。



107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 22:53:28.05 ID:wkTQnP+00
「そういや兄ちゃん、さっき凄い人見たぞ」
「凄い人? もしかして塀の上を歩いてたりするか?」
「違う、違う。あの身体の軸がぶれない姉ちゃんのことじゃない」
「ああ、そういやお前もあの時いたんだっけ」
「そうだよ、まあそれでさ、その人一瞬見ただけなんだけどさ、もう私なんかと次元が違うんだよ。
もう凄すぎて強さがわかんないくらいに」
「もしかしてその人、全身赤くなかったかな」
「おう、変にい、その通りだ。よくわかったな! さてはエスパーか?」
「いや、知り合いだからね」

哀川さん滅茶苦茶目立ってるな。
まああの容姿で走り回ってるんだから当たり前といえば当たり前か。

「いーさん、潤さんってそんなに強いんですか?」
「うん、自他共に認める『人類最強』だよ」

「かっけー」「かっこいい」「……何ですかそれ」「…………」

阿良々木三兄妹はそれぞれの反応を示したが千石ちゃんはイマイチ話の輪に入れないようだ。
と、言うよりかは暦くんをちらちら見るのに忙しくて、話を聞いてないのかもしれない。
暦くんは全然気付いてないけど。




138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 05:42:15.35 ID:T/wngpRj0
「それでお兄ちゃんは、奇兄ぃと何してるの?」
「ん、まあ人探しかな」
「じゃあ、あたしらも手伝おうか」
「駄目だ!」 「「「わっ」」」

暦くんの必死な叫びに驚いて女の子の声が三つ重なる。

「なんだよ兄ちゃん。でかい声出して」
「……すまん。でもいいんだ、もうそろそろ見つけれそうだし」

うん? 暦くんは火憐ちゃんたちに何か隠してるな。
ま、ぼくには関係ないことだろうけど。
と、ここで千石ちゃんがおずおずと口を開いた。

「あの……、暦お兄ちゃん」
「何だ千石?」
「暦お兄ちゃんに彼女いるって本当?」
「あれ? そういや言ってなかったな。でも何で知ってるんだ?」
「私が教えたんだよ。この前お兄ちゃんが言ってたから」
「月火ちゃん、あまり言い触らさないでくれ……」
「いいじゃん、減るもんじゃないんだし」

なんて兄妹が言い合ってる後ろで千石ちゃんはわなわなと震えてぼそぼそと何かを口走っている。
何を言っているのか聞き耳を立ててみると……




139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 05:44:35.74 ID:T/wngpRj0
「……暦お兄ちゃんに恋人、恋人がいる、ほ、本当だったんだ……でも、そ、そうだ、だったら撫子
は暦お兄ちゃんの愛人になって、なってから奪い取って……」

……大変恐ろしいことを言ってたね。
暦くんはというといつの間にか兄妹ゲンカに発展してて一方的に殴られていた。
月火ちゃんの的確な指示で暦くんの死角から火憐ちゃんが攻撃。
軍師と兵士みたいなコンビだな。
うーん、強い。
暦くん、千石ちゃんの言葉聞こえてないみたいだけど、これって良いことなのか悪いことなのか……
どっちにしてもドロ沼だね。
戯言だけど。
と、どこからか携帯電話の着信音。
どうやら暦くんに掛かってきているらしい。
暦くんは殴られながらも器用に携帯電話を取り出すことに成功した。
あ、火憐ちゃんの右フック。勢いで電話は千石ちゃんの足元で滑っていく。
千石ちゃんはそれでやっと正気を取り戻したようで、足元の電話を拾い上げる。
おや? しかし電話を見た千石ちゃんの様子がおかしい。
一瞬、顔が青ざめてから赤く染まる。
そして一言。

「暦お兄ちゃんのばかーっ!!」

そうして投げつけられた携帯電話を暦くんは顔面でキャッチして、それがトドメとなって倒れる。
千石ちゃんはというと駿河ちゃんの走りを彷彿させるフォームで去っていった。

……スカートの中身見えちゃったな。

――以上、一部始終でした――



140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 05:47:41.16 ID:T/wngpRj0
★★A★★

僕は月火ちゃんに戦場ヶ原のことをあまり言い触らすなと言った。
しかし月火ちゃんはそれに減るもんじゃないと返す。
そして続けざまに、

「そもそも、お兄ちゃんなんかに彼女なんているのがおかしいんじゃない。妹二人の初キス奪ってそ
の上、胸揉んで、鬼畜の極みのくせに」

……酷い。
僕は泣きそうになるのを堪えながら言ったんだ。

「なんだとっ、僕は二人のためを思って――ぐはっ」

訂正、言えなかった。
なぜなら――月火ちゃんの指示で火憐ちゃんが僕の後頭部に蹴りを決めてきたから。
頭がサッカーボールの如く飛んで行きそうな衝撃を受けて僕は倒れそうになるが、何とか軸足に力を
込めて踏みとどまる。
――元吸血鬼を舐めるなよ。
僕は反撃に出ようと身構えた。
けれど、そこには火憐ちゃんはいなかった。




141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 05:54:41.73 ID:T/wngpRj0
「火憐ちゃん右30度から左で攻撃」
「あいよっ!」

そう聞こえたときには僕の視界外から拳が飛んできた。
火憐ちゃんの拳は左頬をえぐるようにぶつかり、打ち抜かれる。
顎が外れる音が僕の中に響き、そしてすぐに元に戻る嫌な音。
無茶苦茶痛かったが、なんとか拳を引こうとした火憐ちゃんの腕を掴み取る。

「投げっ!」 「よっしゃ」

僕の世界は反転。
そのまま背中から叩きつけられた。
背骨は軋み、肺から空気が勝手に吐き出される。
追撃するように火憐ちゃんは僕に蹴りを入れてきた。
それをどうにか掌で受け止め、勢いで僕は立ち上がる。
――その代償に小指と薬指が変な方向に向いたのだが。
まあ、指は逆再生するかのように回復したから問題無い。
そのまま僕は火憐ちゃんに拳を伸ばす。
だが、それに呼応して蛇のように滑ってくる火憐ちゃんの拳。
漫画のようなカウンターが顔面に入った。
首がもげるんじゃないかというレベルの衝撃。
一瞬、身体が痺れて力が入らなかった。
――つまり、頚椎を損傷したのだろう。
しかしそんなの僕には関係ない、めげずに蹴りを入れる。
そしてそれは失敗だった。




144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 06:00:20.33 ID:T/wngpRj0
「チャンスだ」 「おう」

開いた僕の体に火憐ちゃんは入り込み、超近距離からのボディブロー。
怪我はすぐに治るが内臓系に弱い僕にはこれほど無い効果的な攻撃だった。
悶絶する僕に火憐ちゃんは追撃、追撃、追撃――。

――この前闘った時はこんなに出鱈目な強さじゃ無かったはず。
少なからずともまともに戦えていたはずなんだが……ああ、そうかあの時火憐ちゃんの体調が最悪だ
ったんだな。
そして今回は月火ちゃんと組んだ『ファイヤーシスターズ』である。
なるほど、これが完全体の強さか。
全然、拳が見えねえや。
殴られて強制的に視野をずらされた先に壁にもたれて僕へのリンチを傍観しているいーさんが目に入った。
……いーさん、見てないで加勢して欲しいんですけど。




145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 06:07:20.58 ID:T/wngpRj0
と、戦うことを諦めた僕の耳に携帯の着信音が届いた。
――これは僕のだ。
僕は殴られつつもポケットに入れていた携帯を取り出すことに成功する。
しかしそこで、火憐ちゃんの右フックが僕の顎に打ち込まれた。
携帯は僕の手の中から弧を描くようにどこかへ飛んでいく。
飛びかけた僕の意識を取り戻したとき、千石が今まで聞いた事の無いような声で叫んだ。

「暦お兄ちゃんのばかーっ!!」

僕の顔に携帯が飛んできて、そのまま僕は後ろに倒れこんだ。
身体的よりは精神的に千石に馬鹿と言われたことの方が痛かった。
あの千石が言うんだから間違いなく僕は馬鹿なのだろう。
……でも全然心当たりが無いのだけれども。
今度会ったときに謝っておこう……。
走り去る千石の後姿を見ながら僕はそう思った。
火憐ちゃんたちも千石の豹変に驚いて手を止めたので取敢えず僕は安全圏まで離れて携帯を見る。
でそこに横へと流れている発信者の名前。

「なんだこれ……」



146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 06:10:56.32 ID:T/wngpRj0
――着信中『愛人一号』

……千石これを見たのかな。
というよりも誰だこれ?
僕は恐る恐る通話ボタンを押す。

『おらー! 暦っち出るのが遅ぇぞ!』

……潤さんだった。
そういや確認してなかったな。

「えと、すいません。潤さんどうしました?」
『おう、ターゲットらしいのを捕捉したぞ。だから確認のために暦っちに来てもらいたいんだが』
「本当ですか! いまどこに?」
『ああ、『暦お兄ちゃんのばかーっ!!』って聞こえたから近いはずだ。ちょっと待てよ、そうだな
お前らの位置からきっかり五百八十七メートル南の場所にいる』
「え、何でそんな正確に分かるんですか?」
『あたしを誰だと思ってるんだ、んなの声の大きさと響き具合で導き出せるだろうが』

いや、そんなの僕には出来ないんですが。
というよりその距離で千石の声が聞こえていること自体が凄い。




147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 06:13:09.95 ID:T/wngpRj0
『じゃあ、さっさと来いよ。もちろんいーたんとな』
「はい、すぐに向かいます」

そうして電源を切りいーさんに言う。

「影縫さんを見つけたそうです」
「哀川さんから? じゃあ行こうか」

いーさんと共に走り出す。
背後から火憐ちゃんと月火ちゃんの、

「お兄ちゃんっ逃げるなー」 「男らしくないぞ!」

なんて声が聞こえてきたけどそんなの気にしない。
だって僕あいつら嫌いなんだもん。
しかし、漠然と南五百八十七メートルって言われても、もちろんその方向には家があるし、まっすぐ
突き抜けることは出来ない。
仕方なく迂回しておおよそで探すと派手な赤色が目に入った。
――潤さんだ。



153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 06:42:39.27 ID:T/wngpRj0
「潤さん!」
「おう、暦っち。お、いーたんも調子良さそうだな」
「ええ、おかげさまで」
「で、影縫さんは何処ですか?」
「あん? 六百メートルくらい先にいるだろうが。見えねぇの?」

あー、言われてみれば確かに米粒くらいの人影がふたつ見える。
塀の上が影縫さんで下が斧乃木ちゃんかな。

「……多分影縫さんと思うんですけど、近づかない限り確実なことは言えませんね」
「んじゃ、ちょっくら行くとするか」

なんて軽いノリで僕らは影縫さんたちに近づいていく。
近づいてみると分かる、やはり間違いなく影縫さんと斧乃木ちゃんだった。
と残り百メートル程でふたりが同時に僕らのほうに振り向いた。
そして僕らを待つように立ち止まる。
――影縫さんは薄く微笑み、斧乃木ちゃんは全くの無表情で。



154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 06:46:29.15 ID:T/wngpRj0
「やあ、鬼畜なお兄やんやないか。お久さしゅうに、元気にしとったか」
「影縫さん、どうしてこの町に……」
「いやぁ、まさか見つかるとはうちも思ってもいなかったよ。もしかしてそちらのお二人さんのおか
げやろうか。うちはおどれから徹底的に隠れとったいうのに迷惑なやっちゃの」
「鬼のお兄ちゃんの気配を僕が読んで出会わないようにしていた――僕はキメ顔でそう言った」
「はっ、あたしらに掛かれば、んなの便所の鍵ほど役にたたねぇよ。な、いーたん」
「まあ、潤さんならそうでしょうね」
「それで、おどれらふたりは何もんや。うちには覚えの無い顔やで」
「はんっあたしらはただの請負人だ」
「へぇ、便利屋っちゅうわけかいな。で、うちらに何の用や? この町から出てけってのは無しやで」

そこで僕は優先すべきことを思い出した。
月火ちゃんの事も気になるがひとまずこれは置いとくしかないか……。

「影縫さんにお願いがあります」
「ん、なんや?」
「お札を――怪異を抑える札を作ってもらえませんか」
「ああ、なんやそんなことかいな。ほれここにある」

そう言うとおもむろに懐から忍野が作ったお札と同じようなものを取り出した。
……でもなんで都合よく持ってるんだ?

「おっと、あれを剥がしたのはうちやないで。ま、うちもこの手の専門家や、異常があればなんとな
しに分かるわ。やから一応作っておいたってわけや」
「でも僕らが行くと影響を出しやすいから出来ない――そう僕はキメ顔で言った」
「じゃあ僕に渡してもらえませんか」
「ええよ、けどな条件つきや――」



157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 06:53:37.96 ID:T/wngpRj0
お札を摘んでもったいぶるようにひらひらと揺らす影縫さん。
――とても悪い顔をしている。
そして再び口を開く。

「うちと喧嘩しようや。前みたいに殺し合いでもいいんやけど、まあ殴り合いや。最近うちストレス
溜めててな、おどれなんかから逃げ回るのに嫌気さしてんね。で、おどれの賞品はうちの永久追放。
今回は契約や。そしてうちの賞品は――うちがおどれの妹に手を出すのを邪魔せんことや」
「なっ――」
「あん時はああ言ったけど、ええ加減うちも獲物を放置するんは嫌なんや。どうや、するか?」

何を――何を言って、

「いいぜ、それでいこう」

困惑して何も言えない僕の肩に腕を回して潤さんはあっさりとそう言った。

「なッ潤さん!?」
「なんやねーちゃん、勝手に。まあ、うちはヤル気まんまんやから別にええけど」
「だったら決まりだ。ただしこちらからも条件つけさせてもらうぜ」
「構わへんよ。言ってみ」

潤さん猛獣のように、それでいて美しく笑い、声高々に言う。

「この喧嘩――」



159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 06:59:47.29 ID:T/wngpRj0
★★B★★

暦くんと余弦さんの一方的な掛け合いを聞いている哀川さんの様子がおかしかった。
顔は笑っているのだが、怒気を無理矢理に押さえ込んでいるような雰囲気が隣にいたぼくにビシビシ
伝わってくる。
ま、哀川さんはこういうの大嫌いだからね。
身内に甘い哀川さんには聞かせてはいけない条件だった。
哀川さんにとってはもう暦くんは身内なのだから。
そして哀川さんは暦くんを差し置いて勝手に了承し、その上、条件を出す。

「この喧嘩――あたしが請け負わせてもらう」

やはりそうきたか。
もっともそれが一番哀川さんらしいんだけど。

「別に構わねぇよな。てめぇは殴り合いがしてぇんだろ? だったらあたしが相手してやるよ」
「なんや、おどれがうちの相手する言うんか」
「だ、駄目です、潤さん! この人は闘っても勝てる相手じゃない!」




160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 07:01:37.27 ID:T/wngpRj0
焦る暦くん。
ま、哀川さんのことよく知らないからそうなるのは当たり前か。
ということでぼくは助け舟を出してあげることにした。

「大丈夫だよ、暦くん。潤さんも闘って勝てる相手じゃないから」
「でもっこの人は素手でコンクリートを突き破る人なんですよ」
「まあなー、うちを素人と思わんほうが身の為やで」
「お姉ちゃんは武闘派陰陽師だから――と僕はキメ顔で言った」
「はっそんな連中腐るほど見てきたさ」
「あー、出夢くんや真心がそうでしたね」

あの二人はもはや別格だけど。
どちらかというと哀川さん寄りの人間だからね。



161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 07:09:26.01 ID:T/wngpRj0
「でもっ……」
「心配すんな、暦っち。あたしは負けないさ」
「じゃあ、ねーちゃんがうちの相手な。変更するなら今のうちやで」
「決まりだ。で、どこでやる? あたしはここでも構わねぇけど」
「ここでやったら迷惑が掛かるやろ。まあうちについてこいや」

そう言って歩き出す余弦さん。
そういや余弦さんってぼくの好みのタイプだな。
やっぱり女性は年上に限る。
でも一番はなんと言ってもみいこさんなんだけどね。
――戯言でした。

空が茜色に染まり始める夕暮れ時にぼくらはある廃墟へと案内された。
しかしまあ、入り組んだややこしいところにある建物だな。
ここに至る道をぼくが記憶できるはずも無く、一人で訪れろなんて言われたら確実に同じところをぐ
るぐる迷った挙句、行方不明になることだろう。
なんてことを考えているとその廃墟のとある一室に案内された。
二階に位置するそこはなぜか天井の一部が陥没しており、瓦礫がそこらじゅうに散らばっている。
――大雑把に見て四階くらいからかな。
ボロボロになった黒板や奥に敷き詰められた机を見る限り学校か塾といった所だろうか。
ただし、建物の構造からして塾というのが妥当だろう。




163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 07:15:27.73 ID:T/wngpRj0
「うん? 血の匂いがするな。こりゃここで誰か死んでるぜ」
「本当ですか? 全然匂いませんけど」
「ああ、大体半年前っていったいところか」
「半年前って……普通匂いは消えるもんじゃないんですか」
「血液ってのは意外と癖があってな、一度染み付いたらなかなかの消えねぇんだよ」

おや、暦くんはどこか驚いたような表情でこちらを見ている。
……何か知ってるのかな。
まあ、過去に誰かが死んでようと今は関係ないからいいんだけど。
と、ぼくは後頭部に突き刺さるような視線を感じた。
何かと思って辿ってみると余弦さんがぼくの方を鋭い目つきで睨んでいる。

「えと、どうかしましたか?」
「……おどれどこか普通やないな。うっすらと怪異の影が残っとるで」
「ああ、暦くんが言うにはぼくの中に死神がいたらしいですよ。今はどっか行っちゃたみたいですけど」
「なッ、死神やて!? おどれ自分がなに言っとんか分かっとんのか?」
「……?」
「あの、影縫さんどうかしましたか?」
「死神がおるってのはほんとか」
「ええ、実は――」

暦くんは神社で起こった事を一通り余弦さんに伝える。

「……なあ鬼畜なお兄やん、おどれは死神についてどこまで知ってるんや」
「忍野の話だと何もしないと言ってましたが」
「なんや忍野くんは相変わらずええ加減やな。ええか、耳かっぽじってよく聞きや――」




165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 07:18:53.32 ID:T/wngpRj0
★★A★★

僕は夜に変わりつつある町を全速で走っている。
足の筋肉を限界まで稼動させ、ギリギリのスピードを保つ。
はやく――はやく死神を見つけ出さないと――
あの廃ビルで影縫さんは言った。

「――ええか、耳かっぽじってよく聞きや。死神ってのはな忍野くんの言うとおり何もせん。けどな、
何もせんちゅうのがあれの一番恐ろしいとこや。そこに存在するだけで生ける者を全て死にやすくす
る。死にやすい者は理不尽な死に見舞われる。さて、ここで重要なことがある。その死神は『どこ』で
具現化した?」
「……神社、ですね」
「そう神社や。そしてその神社は今どういう状況やったかいな」
「……っ!」



166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 07:21:19.73 ID:T/wngpRj0
――そうだった。あの神社は普通じゃない。
素人がかけた『お呪い』が『呪い』になるような、そんな場所なのだ。
簡単に言えば怪異は強力になる。

「その顔を見る限り分かったようやな」
「今、この町にいる死神は普段とは違う」
「そういうことや。聞いた話やと多分暴走しとるんやろな」
「暴走?」
「何もしないはずの死神がおどれらを〝攻撃”して来たんやろ」

そうか、忍野に話を聞いた時の違和感はそれだ。

「だったら死人が出るのは時間の問題やで。リミットは夜になるまで、だな」
「……なぜ夜なんです?」
「闇は一番死に近い空間やで。やから人は恐れるんや。もう時間がない、そろそろヤツは行動を始めるで」
「そんなっどうすれば!」
「方法が無いことはない」
「なんですか!」
「それはな――




169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 07:23:41.22 ID:T/wngpRj0
そうして今僕は走っている。
影縫さんの話を聞いた後、僕は忍に血を限界まで与えた。
辺りは薄暗くなり、もう数分で辺りは真っ暗になるだろう。
時間が無い、焦りが募るばかりで一向に見つかる気配がない。
駄目だ、一度落ち着いて考えよう。
忍野と影縫さんは言った――死に近い者ほど、と。
この町で死に近い人……?
もちろん僕はそんこと知るはずもない。
だからこそ考えるのは怪異に憑かれた者達。
僕、羽川、戦場ヶ原、八九寺、神原、千石、火憐ちゃん、月火ちゃん。
誰が一番死に近かったのか。

春休み――僕は鬼に何度も殺されたが、蘇った。
ゴールデンウィーク――羽川は猫に魅せられ、忍によって戻った。
五月――戦場ヶ原は蟹に体重を奪われ、忍野に救われる。
  ――八九寺は蝸牛で迷い、僕と戦場ヶ原で家に帰した。
  ――神原は悪魔に願い猿の手となり、僕が死にかけ、戦場ヶ原に許される。
六月――千石は蛇に呪われ、忍野に助けられる。
  ――羽川は再び猫に魅せられ、――……あれ?



170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 07:26:23.49 ID:T/wngpRj0
――羽川は二度怪異に憑かれている。
そして――そして春休み、エピソードによって……殺されかけた。
単純に考えれば僕が一番死に近く見えるが、僕は簡単に死なない――死ねない。
しかし羽川は――
僕は慌てて携帯を取り出し、アドレス帳から羽川を呼び出す。
コール音が二度流れた時、電話が繋がった。

『やっほー、どうしたの、阿良々木くん』
「羽川っ! よかった……」
『ん? 何がよかったの?』
「いやこっちの話だ。なあ羽川、お前の近くに妙なのはいないか?」
『うーん、妙なの? いや多分いないと思うけどー』
「お前今どこにいるんだ? 家か?」
『ううん、お友達と一緒に歩いてるよ。えーとね――』

羽川がいる場所はここから程近いところだった。
走れば一分も掛からない。



172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 07:30:50.46 ID:T/wngpRj0
「念のため僕も合流するから電話を切らずにそこで待機してくれ」
『えっちょっと、阿良々木くん!?』

電話を耳から離し、羽川の元へ走る。
そして気付いた。
日は完全に沈み、辺りは暗闇に包まれている。
と、電話の向こうから羽川の声。

『――良々木くん! 何かいるっ! なに顔と指?』
「なっくそ! 待ってろ羽川!」

路地の十字路で羽川の姿を捉えた。
隣にいるのは羽川にかぶって誰かよく分からないがあれが羽川の言う友達だろう。
それよりも羽川の正面には闇に溶け込み、浮かび上がるように白い顔と指。
――死神の姿があった。
ただでさえ限界に近い足に更に力を込める。
筋肉が悲鳴を上げ激痛が走った。
羽川までの距離が十メートルに迫る。
そこで死神が羽川に向かって飛び掛る。
昼間は動きがよく見えなかったが今吸血鬼に近い僕は嫌というほどよく分かった。
このまま走るのでは間に合わない。
どうする? 



173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 07:33:21.07 ID:T/wngpRj0
考える前に身体が動いていた。

「うおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉッ」

地面をあらん限りの力を込め蹴り込むと、身体が宙に浮んだ。
助走をつけた分、僕の体は嘘のように突き進み、空気摩擦で皮膚が切れ、肉が焼ける。
そして死神が羽川に辿り着く寸前、僕の方が先に死神へタックルを決めることに成功した。
――その代償として足首から下の消失と全身火傷が付いてきたのだが。
横からのベクトルを加えられた死神は僕と共に数十メートル転がる。
その間に僕の代償は綺麗に回復し、裸足に焦げ臭い服という組み合わせになった。
そのまま僕はマウントポジションを取って胴体目掛けて拳を振り下ろす。
けれど、妙な感触が拳に伝わる。
まるで綿を詰めた布のような、軽々とめり込む質感。
どう考えてもダメージを与えられるようには見えない。
僕はもう一度殴ろうと腕を引くが何故か持ち上がらなかった。
見るといつの間にか指が胴体の中を移動して僕の拳を包み込んでいた。
――指と顔は胴体の中を自由に動かせれるのか!?



175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 07:36:04.48 ID:T/wngpRj0
「っく、この!」

指を引き剥がそうと渾身の力を込めるが全く外れそうにない。
僕は空いているほうの手で今度は浮かんだ顔を殴る。
しかしそれも失敗、嘲笑うかのように顔は移動し、そこにまた指が現れ鷲掴みにされた。
そして――両手から、みしりと軋む音。
見る見るうちに僕の両手は林檎の様に握り潰され皮膚から骨が飛び出す。

「ぐああっぁぁぁぁあああ」

僕は無我夢中で腕を振るい死神の手を払い退けた。
いや、正確には何もしなくても離れたのだ。
――僕の両手は既に潰され、無くなっていた。
手首の断面からは血液が噴き出し、白いものと真っ赤な肉が見えている。

次に移動した指は僕の右太腿を掴む。
――肉の爆ぜる音。

「があぁっ」

僕の右足は付け根から無理矢理に引きちぎられ、無様に転がりながら死神から距離を取る。
春休みほどの回復力は無いが数秒で手首は元に戻った。
しかし足一本となるとなかなか戻らない。
少しずつ肉が盛り上がり足の形を成形し始める。
塀に手を着き片足で立ち上がった。




177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 07:43:47.01 ID:T/wngpRj0
痛みで意識が飛びそうになるが、その痛みで気を失うことは無い。
代わりに強烈な嘔吐感。
酸っぱい唾を無理矢理に飲み込み、呼吸を整える。
死神は暫く僕の足をズタズタにして遊んでいたおかげで、足は生え変わった。
――今この世に僕の足は三本存在してることになるな。
そうして遊んでいた足が灰になって消えると死神は再び僕に意識を向けた。

「……第二ラウンドか?」

死神は何も言わない。
そもそも声を発しないのだろか、
と、死神は音も無くいきなり僕に飛び掛ってきた。
右に腕を薙いで死神を撥ね退ける。
しかしその代償に腕からは骨の折れる子気味いい音が鳴り、変な方向を向く。
そして骨の擦れる音がして痛みを伴いながら元に戻る。
――今の回復力は骨折や一部の破損が比較的早く治る程度のようだ。
春休みのような瞬間完治は望めそうに無いな。
しかし――強い。
桁外れの力に音を出さずに行動する俊敏性。
僕の利点は回復の能力だけか。



178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 07:46:23.34 ID:T/wngpRj0
「やっぱり覚悟を決めないと駄目か」

独り、自分に言い聞かせるため呟く。
当然反応は返ってこない。
そのかわりに僕の体は左に吹っ飛ぶ。
体はくの字に折れ曲がり、腹部には漆黒の塊が抱きついていた。
内臓が破裂したのか口と鼻から勝手に血が溢れ出す。
そして勢いそのままに僕の体はブルーシートを突き破って剥き出しの鉄筋にぶち当たった。
……ブルーシートに、鉄筋?
赤く染まる視界には無骨な鉄筋や鉄板、重機が映し出される。
どうやら吹き飛ばされた先は建設現場らしい。
既に作業員の姿は無く、静かな闇に包まれたそこは正に僕の目的にピッタリな場所だった。
影縫さんの示した方法――
この死神によって犠牲者を出さない方法。
それは僕にしか出来ないこと。
死なないからこそできること。
僕は死神を睨みつけて言う。
それは――



191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 11:25:36.73 ID:T/wngpRj0
――僕が犠牲者になることだ。

「僕でいいのなら何度でも死んでやる。だからお前は僕だけを見ろ。お前が殺すべき相手は僕だ」

僕以外誰もいないところで、僕が殺され続ければいい。
しかし、僕には痛覚がある。
復活するとしても痛みは消えないのだ。
だから僕は抵抗した、倒そうとした。
けれどそれは叶わなかった。
だからこそ覚悟しなければならない。
選択肢は無くなった。
だから、だから、だから――

死神は白い指を握り締めて僕の胸元に振り下ろす。
肉の潰れる生々しい音が僕の耳に届いた――




193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 11:27:35.71 ID:T/wngpRj0
★★B★★

「それはな、どこぞの死なんやつが相手を引き受けるちゅうことや」

《死なんやつ》……ぼくはその単語を聞いて木賀峰助教授と朽葉ちゃんを思い浮かべる。
死なない研究の実験者と実験体。
およそ八百年生きた少女。
もしかしたら朽葉ちゃんも怪異だったのかな?
なんて関係ない事を考えているぼくをおいて余弦さんは続ける。

「そうすれば被害者は一人に収まるやろうな。例えばおどれの妹とか」
「ふざけんな! いいさ、僕がやってやる」
「相変わらずのシスコン振りやね。でもおどれはうちとあのねーちゃんの喧嘩見届けんでええんか?
これもおどれの妹の命が懸かってるんやで」
「……っ」




195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 11:30:37.31 ID:T/wngpRj0
「暦っち行って来い」

ぼくの背後から哀川さんがよく通る声を暦くんに向ける。
――なんというか相変わらず安心感に満ちた声だな、哀川さんって。
暦くんは言葉を忘れたかのように目を丸くして哀川さんを見ている。
そして哀川さんは言う。

「心配すんなって、あたしを信じろ。お前の意地通してこい」
「すいませんっ! 月火ちゃん、いえ妹のこと頼みます!」

大きく頭を下ろして暦くんは走った。

「忍! 頼む、下の階に行くぞ!」
「仕方ないのう、わが主様よ。しかしそのお人好し、いつか身を滅ぼすぞ」

そう声がすると影から忍ちゃんが飛び出しその後を追う。
どんな原理でそんなことが出来るのだろうか。
暦くんの姿が見えなくなった時、ぼくは答えの分かっている質問を哀川さんにした。

「どうして行かしたんですか?」

哀川さんは美しく口の端を持ち上げると当然といった様子で言う。

「あたしは一生懸命なやつが好きなんだ。特に人生に一生懸命なやつがな」



196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 11:32:14.37 ID:T/wngpRj0
やっぱりね。
暦くんはぼくと正反対の性格。
何事も全力を出して常に他人を優先させる。
そしてなにより優しすぎる。
つまり善い人。
暦くんは羽川さんを善人と言ったがぼくから言わせれば暦くんも立派な善人だ。

「さて、暦っちも行ったことだし、そろそろ始めようぜ」
「なんや本気でやる気かい。悪いことは言わんで降参しときな、健闘したって言ったるから」
「はん、そりゃてめぇの方だ。まあいいや時間の無駄だからさっさと掛かって来やがれ」

人差し指で余弦さんを挑発する哀川さん。
ぼくがまだ二人の間にいるのに挑発するのは止めて欲しいな。
ということで大人しく壁際にもたれかかって座り込む。
ちなみに余接ちゃんはぼくの隣で体育座りをしている。




197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 11:35:42.07 ID:T/wngpRj0
と、最初に余弦さんが動いた。
ヒビが入るほどの凄まじい力で床を蹴ると哀川さんに目掛けて突進する。
しかし吹っ飛ばされたのは余弦さんの方だった。
哀川さんは少し体をずらすだけで攻撃というほどの動きを見せていない。
それなのに余弦さんの体は壁に吸い込まれるようにぶつかった。
隣の余接ちゃんは思わずといったように無表情ながら立ち上がる。
余弦さんは然程ダメージが無かったのかすぐに立ち上がったが、その顔に張り付いていたのは驚き。

「おどれ何をした」
「別に。姉ちゃんが勝手に転んだんじゃねぇの」

いや、絶対に何かしただろ。
多分一瞬の隙を突いて足を引っ掛けたのかな。
まあ、ぼくは余弦さんの動きを追うのに必死だってのに凄いな。
今度は余弦さんは跳んだ。
腕を思いっきり引いて哀川さんに打ち放つ。
――これが暦くんの言うコンクリートを突き破る攻撃か。
しかしそんな事はお構いなしに哀川さんは右腕を捻って真っ向から受け止める。

「いいか、いーたん。攻撃を馬鹿正直に真正面から受け止めると骨折とかするから後藤さんの言った
ように必ず角度で受け流すんだぞ」

……あの後藤さんは人間じゃありませんよ、哀川さん。
というよりぼくには角度とか関係無しに受けたように見えたのだが。




199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 11:47:56.72 ID:T/wngpRj0
「なんやおどれはっ!」

そう叫んで哀川さんの脇腹に蹴りを入れる。
至極最もな意見だな。
でも哀川さんはそれを鼻で笑って左手で掴み取る。
そして片手ジャイアントスイング。
軽々と余弦さんを回す哀川さんを見るとやっぱり人間かどうか疑いたくなるな。
十分な加速が付いたところで哀川さんは手を離す。
弧を描いて余弦さんが飛ぶ。
なんとか受身を取ったみたいだけど今回は流石にダメージがあったのか膝を着く。
すると哀川さんに向かって跳ぶ影。
いつの間にか余接ちゃんが動いていた。
一瞬で余接ちゃんの腕は質量を増やし巨大な鎚へと変化する。
――そういや暦くんが言ってたっけ。

「『例外のほうが多い規則』――僕はキメ顔でそう言った」

鎚は勢いを増して哀川さんを襲う。
けれど哀川さんはにこりと微笑んでそれに向かい合う。

「よっと」

たったそれだけ言って足を横に薙ぐ。
哀川さんの爪先が鎚の側面に突き刺さり力の方向が変わった。
その動きに引っ張られて余接ちゃんも縦に風車のように回転する。
どんな力を込めればそんな物理法則を無視した事が出来るんだ……。



200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 11:53:39.09 ID:T/wngpRj0
「こどもはいーたんとお話してろ」

足を入れ替え、まだ宙を回る余接ちゃんを蹴った。
見事にぼくの所に吹っ飛ばされてきた。
なんとか余接ちゃんのクッションになるように受け止める。
――しかしあれだけの質量なら相当重たいと覚悟したが実際は子供相応の体重しかないらしい。
というより哀川さんは蹴った感触からそれが分かったからぼくの方に飛ばしたのかな。
でも体重が見た目通りってことは余接ちゃんのどこから力を持ってきているのだろうか。
……ほんと怪異ってのは不思議だな。

「止める方を間違ったね。余弦さんを止めるべきだった」
「……あの人間、は本当に、人間なの? ――僕は、キメ顔で……そう言った」
「いやー、正直ぼくも人間じゃないと思うよ。……戯言だけどね」

戯言じゃないのかなこの状況を見るに。
しかし余接ちゃんが息絶え絶えなのは疲労やダメージよりもいとも容易く哀川さんにあしらわれた
ショックの方が大きいのかな。

「死神の、お兄ちゃんは一体なんなの――僕はキメ、顔でそう、言った」
「え? いや、ぼくはただの平凡な戯言遣いだよ。人類最弱って言われるほど何も出来ない」

《死神のお兄ちゃん》か。
思い返してみると確かに死神だな、ぼくは。
そういや余弦さんが言ってたな、死神は夜に活動する。
死体が見つかるのはいつもぼくが起きてからか深夜だったけ。
と、部屋全体を揺らす衝撃音。
ぼくが哀川さんの言い付け通り余接ちゃんと会話している間に戦闘が再開されたようだ。



201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 11:55:58.78 ID:T/wngpRj0
余弦さんの拳を平手で受け止める哀川さん。
……角度で受け流すんじゃなかったのか。
一度余弦さんは距離を取って、瓦礫を哀川さんに向けて蹴飛ばしながら攻める。
哀川さんはショットガンの弾丸の如く飛来するコンクリートの塊をノックするかのように蹴り返す。
当然余弦さんは反射されるとは思ってもいなかったのかノーガードで全て受けてしまう。
余弦さんは所々出血し、最初の余裕が嘘のように消えている。
それに対して哀川さんは相変わらずの態度で笑う。
余弦さんも強いはずなのに哀川さんは桁が違う強さだ。
なんだか改めて思い知らされるな。

「ええ加減おどれも攻撃してこんかい」
「うん? そろそろ終わりにするか」
「馬鹿言うなや、今度はうちが返り討ちにしたるわ」
「はっ、そんなの嫌いじゃないぜ」

言うと哀川さんは消えたと錯覚するような動きで余弦さんの前まで行くと、腰を入れた一撃を流れる
ように顎へと決め、余弦さんの身体が崩れ落ちる。
――決着の瞬間だった。




202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 11:58:57.40 ID:Thp9AOVU0
やっぱ人類最強はつおいな



203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 12:00:48.59 ID:T/wngpRj0
★★A★★

……もう既に足の感覚は無い。
何度も心臓を破壊されては再生を繰り返し、蘇る。
朦朧とした僕の目に映るのは瞬きする度に変わる死神の喜びと怒りの顔だけ……
そして再び振り下ろされる白い拳――

★★B★★

「余弦さん大丈夫ですか?」

ぼくは倒れた余弦さんの頬を軽く叩きながら呼びかける。
すると余弦さんは顔を苦しそうに歪めた後飛び上がるように体を起こした。
おお、流石に常人より回復が早いな。

「ああーうち負けたんかー、完敗や」

再び体を倒して伸びる余弦さん。



205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 12:03:43.46 ID:T/wngpRj0
「不死身相手やから手加減せずにやれるなんて鬼畜なお兄やんに言ったんが恥ずかしいわ」
「はんっあたしもいーたんも不死身みたいなもんだ。一度死んでる人間だからな」
「あははっなんやそれ、おどれらも怪異なんか?」
「いや、ぼくら人間ですよ。ただの比喩です」
「ま、いいや、さっさと札渡せ」
「なんや急かすなや。ちょっと待っとれよ」

余弦さんは胸元を漁り一枚の紙切れを取り出す。
紛れも無く暦くんに見せていたお札だ。
哀川さんはそれを受け取って懐へ仕舞う。
そうしてお札と入れ替えるように何かを取り出しぼくの方へ投げてきた。
ぼくはそれを見送ったおかげで、床へと落ちてカツンと乾いた音を鳴らす。

「おい、いーたんてめぇなに華麗にスルーしやがるんだ! 」
「あ、いえ受け取ったほうが良かったですか?」
「当たり前だ!」

ぼくの腹に蹴りを入れて吼える哀川さん。
足元のそれを拾い上げる。
哀川さんが投げて寄越してきたのはこれでもかというほど真っ赤に彩色された携帯電話だった。
でもこれ哀川さんの携帯だよね、色からして。

「携帯電話なんて投げたら壊れますよ? それに自分の携帯電話持ってますから」
「てめえが受け止めないからだろうが、ちっ、まあいいや。その携帯には暦っちの携帯のGPSを登
録してるから今の居場所が分かるようになってる」

また勝手に他人の物を弄って……。



206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 12:06:11.33 ID:T/wngpRj0
「いーたんは暦っちの所に行ってやれ。あたしは神社に行くから」
「え、別行動ですか?」
「おう、神社に行くならあたし一人のほうが早い。直線距離にして七分ってとこか」
「……じゃあ携帯電話お借りします」
「よし、行くか。おっとそうだ姉ちゃん、暦っちとの約束守れよ」
「ははっ、うちはもう鬼畜のお兄やんの妹のことなんざどうでもよくなったんや。なんせうちが指も
触れることの出来ん化け物の存在を知ったからなー」
「はっ失礼なヤツだな。私は人間だ。ちょいっと最強なだけで」
「ふん、よく言うわ。おどれが怪異ならうちはどんなことをしてでも殺してやるのになー」
「やれるもんならやってみろよ。んなの気にせずに歓迎してやるぜ」

そうして二人して笑い合う声が廃墟に響く。
……なんだか青春真盛りって感じだな。
ふたりとも二十代中盤ってとこなんだけどね。
余弦さんと余接ちゃんを残してぼくらは廃墟を後にした。
外に出ると既に日は落ちて変わりに長細い月が浮かんでいる。

「大分暗いですね。ちょっと先が見えない」
「そうか? それ程でもねぇだろ、月も出てるし」
「いや、二分月ぐらいだからあんまり明るくないですよ」
「よっしゃ、暦っちを頼んだぞ。あたしも出来るだけ急ぐからさ。えーと神社は確かこっちの方角だな」

そう言って哀川さんは一足で正面の塀に飛び移り、そのまま体のバネを使って民家の屋根に登った。
そして一気に駆け出して次の屋根へと跳ぶと姿が見えなくなる。
……直線って言葉の通りだったんだね。



207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 12:13:34.92 ID:T/wngpRj0
ということでぼくも哀川さんのGPS機能を使って暦くんの居場所を割り出す。
携帯電話の画面に映し出されたところは結構距離のあるところだった。

「あー、遠いな。これが無かったら確実に迷ってるなぼく」

なんて誰も聞いてないのに独り言を呟く。
さて、暦くんのところに早めに行くとするか。
暗い路地を足早に歩いていくとぼくの居場所を示す印が暦くんの印に近づいていく。
五分くらい歩いただろうか、そろそろ目的地に着こうとした時にぼくの背後から女の子の声がした。

「いーさん」
「羽川さんのお知り合い?」

振り向くとそこには翼ちゃんと見覚えの無い綺麗な女の子が立っていた。
……関係無いけどなんだか今日背後を取られまくってるな。
どうも翼ちゃんは今まで走っていたかのように肩を揺らして息を切らしている。
もうひとりは涼しそうな顔だけど。

「どうかした? 翼ちゃん」
「あの、阿良々木くん見ませんでしたか? 私たちさっきから探してるんですけど何処にもいなくて」
「ぼくも今から暦くんのところに行くから翼ちゃん達も来る? 多分暦くんお取り込み中だけど」
「……あなた、阿良々木くんのこと知ってるの?」
「えと、ま、一応ね。きみとは初めましてだったかな」
「まあそうね。私はあなたなんて見たこと無いですもの」
「ぼくは請負人見習いで、」
「自己紹介はいいわ。興味ありませんから」



208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 12:19:03.60 ID:T/wngpRj0
……。
まさかバッサリと切られるとは思ってもいなかった。
もしかして初対面で嫌われちゃったのかな。
ま、いいさ嫌われるなんてなんとも思っちゃいない。
戯言……だけど、ね。
泣いてなんかいないよ。

「あなたの名前はどうでもいいけど阿良々木くんの居場所は知りたいからさっさと教えて」
「……はい」
「こら、そんな態度駄目でしょ。いーさんに謝りなさい」
「うっ……ごめん、なさい」

これは一体どんな力関係なんだろう。
それにしても、とっても嫌そうな顔だな。
こんなことがあってぼくは可愛い女の子をふたり引き連れて再び歩き出す。
しばらく歩くとブルーシートの破れた建設現場に行き着いた。
ふむ、GPSの反応からこの中で間違いなさそうだな。

「んん? おかしいな、さっきもこのあたり探したのにここ、見覚えが無いよ」
「そうね、ここは見てないわ」

なるほどね、嘘から出た真か。
とりあえずぼくはブルーシートを潜って中に入ってみる。
ぼくは後ろからついてくる二人を止めた。
そこでぼくの目に飛び込んできた光景は――




210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 12:21:20.15 ID:T/wngpRj0
――地面に転がる暦くんの身体。
その身体の上には漆黒の体躯に浮かび上がるような白い指と顔、昼間見た死神が乗りかかっていた。
死神は腕を高く上げ、暦くんに振り下ろす。
水を跳ね返すような音がぼくの耳に届く。
地面は血液を染み込ませて泥に変化している。
暦くんの身体をよく見ると上半身と下半身が別れていた。
胴体に当たる部分は果肉入りの苺ジャムのようになって原型を留めていない。
誰が見てもそれは死体であり、生きているとは言わないだろう。

なのに――なのに、暦くんは頭を起こし、焦点の合っていない目をぼくに向けてきた。



214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 12:23:47.18 ID:T/wngpRj0
★★A★★

朦朧とした意識の中で僕はいーさんの顔を捉えた。
驚きも見せずにいーさんは至って冷静な顔で僕の方を見ている。
カラカラに乾いた喉からやっとのことで声を絞り出す。

「な……んで、こ、こに……」
「うーん、成り行きかな?」

駄目だ、誰もここにいてはいけない。
死神が標的を変えてしまう。

「ここ、か……らはな、れて……ください」

――死神が僕に夢中になっている間に。
そう言葉を継ごうとしたとき、何かが飛んできた。
それは死神の胴体に突き刺さり、鈍く光を反射させていた。
……これは――ハサミか?
――っ! ハサミだって!?




215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 12:27:09.08 ID:T/wngpRj0
「あら、阿良々木くんお休みの日にこんな所で寝て何がしたいのかしら?」
「ガハラッ、さん!?」
「なに? 阿良々木くん。最近私が優しくし過ぎたから物足りなかったのかしら。やっぱりMなのね
阿良々木くんは。わけの分からないのにそんなことさせて」
「何故、?」
「何故ですって? 羽川さんと買い物してその帰りに阿良々木くんが奇声を発しながら飛び出してき
たんじゃない。もう忘れたの? ニワトリだってもっと物覚えがいいわよ。あら、阿良々木くんと比
べたらニワトリに失礼かしら」

――羽川の言った友達とは戦場ヶ原のことだったのか。
ああ、戦場ヶ原、相当怒ってるな。
懐かしいほど言葉がトゲトゲしている。

「どうかしたの? 戦場ヶ原さん」
「いえ、別に。阿良々木くんが変なのと浮気してるだけよ」
「ん、浮気って? あっ、阿良々木くん大変なことになってるじゃない」
「はね、かわっ!?」

何故、なんで羽川までいるんだ!?
僕がわざわざ遠退けたのに。
……っ!
やばい、死神が僕から目を離し始めた。



216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 12:30:58.67 ID:T/wngpRj0
「みん、な、逃げ、」

僕が言い切るよりも早く死神は僕の上からいなくなる。
宙に浮かぶ死神の後姿が目に入った。
その進行方向にはガハラさんたちが……。
僕は力の限り手を伸ばすが下半身が無いこともあって当然届かない。
するといーさんは二人の手を掴み横へ跳んだ。
なんとかギリギリで直撃を避けて全員直接的な怪我は無い。

「こりゃまずいね。ぼくは哀川さんみたいに戦闘は向いてないんだ」

膝を着いたまま緊張感の無い声でいーさんが洩らす。
死神は次の行動に移るために身構えて――
――崩れ落ちた。

……え?



219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 12:33:40.09 ID:T/wngpRj0
「ふう、哀川さん間に合ったみたいだな」

そう言っていーさんは立ち上がるとおもむろに死神へと歩を進める。

「駄目、です、いーさん。忍にトドメを頼まないと……」
「いいんだ、暦くん。これは殺す必要がないよ」
「でも、それは、死神です」
「だからいいんだって。ぼくはこれと共に生きると決めたんだ。そう、一年前にね」

僕からはいーさんの後姿しか見えない。
けれど何故か僕にはいーさんが笑ったように感じた。
いーさんは死神に手を差し出し、触れる。
するといーさんの手に吸い込まれるかのように死神の姿は消え去った。

「ぼくが請負人になって最初の仕事は自分の運命を受け入れること。自慢じゃないけどぼくの周りで
は不思議なほどに何か起こるからね。だからぼくはこの死神も請け負う。――他人の運命を請け負う。
それがぼくの役目じゃないかと思うんです。どうですか――狐さん」

いーさんは僕に向けて言ったのではない、何も無い闇の方だ。
するといーさんが視線を向ける闇の中から声が返ってきた。

「『どうですか、狐さん』。ふん、知ったことか俺の敵――」



220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 12:36:29.13 ID:T/wngpRj0
★★B★★

暗闇の中から浮かび上がるシルエット。
和服に身を包み、精悍な顔をした男。
――人類最悪、狐さん、西東天、ぼくの敵。

「で、今回の世界の終わりは怪異ですか」
「そういうことだ。化物に終わらされる世界、面白いだろ」
「全然、ですね。今回も走り回されましたから」
「ふん、『走り回されましたから』。お前はつくづく俺の計画を狂わさせるな、俺の敵」
「ぼくは何もしてませんよ。ほとんど暦くんと哀川さんのお手柄です」
「ふん、まずお前がそのガキと接触した時点で狂ったのさ」
「……暦くんとですか」

ぼくは後方でふたりに介抱されている暦くんを一瞥する。



221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 12:38:18.54 ID:T/wngpRj0
「あのガキが今回の俺の敵になる予定だった。なのに俺の娘がお前を連れてよりにもよってそいつと
出会った。ふん、それはバックノズルだったか」
「遅かれ早かれぼくは暦くんと出会っていた、そういうことですね」
「『そういうことですね』。ふん、そんなことはどちらでも同じことだ。そもそもお前が存在するこ
と自体が俺の障害になってるんだろう」
「つまり今回の世界の終わりは失敗することが決まっていた」
「違うな、あの時点ではまだ未定だった。お前は物語の最良の答えを選んだだけだ」
「ぼくがあの神社に行くことになったこともですか」
「ふん、死神か。お前にお似合いの存在だな」
「それはあなたにも当てはまりますよ、狐さん」
「ふん、確かにな。ふん……ところでお前はいつ俺の存在に気付いた」
「ああ、それはですね、暦くんと出会ったときも妙に感じてはいたんですが、確信したのは翼ちゃん
と会ってからですね」
「あの女か」

狐さんは翼ちゃんに目を向けて鼻を鳴らす。



225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 12:40:11.11 ID:T/wngpRj0
「都合が良すぎるんです。普通ならあんなことは無い。そこでぼくにはおかげさまで経験がありまし
たから。『物語は加速する』、あなたの十八番ですよね、狐さん」
「ふん、なら木の実の存在も知っていたってことか」
「いえ、木の実さんについてはついさっきです。翼ちゃん達がここに近寄れなかったみたいので」

ぼくが言い終わると狐さんの背後から文学少女のような女性、木の実さんが姿を現した。

「やはりわたくしの空間製作は機械には弱いのですわ。天敵とおっしゃってもよろしいくらいに」
「すみませんね、邪魔しちゃって」
「いえいえ、どうせあなたが係わっているのならこれは必然のことですわ」

然程気にしていない口ぶりで木の実さんはにっこりと微笑む。
と、ぼくの横を何かが通り過ぎた。
それは真っ直ぐに狐さんへと向かい、狐さんの顔を掠めて一筋の傷を作る。
見ると戦場ヶ原ちゃんが指に何本ものペンを装備して立っていた。

「あなた達の口振りからして黒幕ということでいいのかしら」
「ふん、『黒幕ということでいいのかしら』。それがどうした、下らんことだ」
「私の真似をしないでくれる? 実に不愉快だわ、汚らわしい」

露骨に顔をしかめて吐き捨てるように言う。
――狐さんに魅了されない女の子は珍しいな。
ま、第一印象がこれじゃ仕方ないか。




226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 12:42:48.12 ID:T/wngpRj0
「お前は確か戦場ヶ原といったな、これはお前に関係ない物語だ。脇役がしゃしゃり出るな」
「関係ないですって? 私の愛する阿良々木くんを巻き込んだ時点で関係してるじゃない」
「ふん、お前らの関係なんか知ったことか。俺にとってはどうでもいい事柄だ」
「ならいいわ、分からせてあげる。死んで詫びなさい」

そうして投擲される文房具。
直線的な動線を描くそれを避けると、狐さんと木の実さんは闇の中に溶け込むように消えた。
そして声だけが聞こえてくる。

「今回はこの辺りで幕引きだ。無駄に出費した割には成果が見られなかったな。ふん、俺の敵――またな」
「それでは御機嫌よう、戯言遣いさん」

言い終わると同時にプツリと気配は掻き消えて、この場に残るのは四人だけとなった。
しかし見事だな、木の実さんの空間製作は。
……さて、これで一件落着か。
ぼくは踵を返して暦くんに近寄る。
ふむ、出血は既に止まっており、傷痕からは新しい肉が盛り上がり始めている。
なるほどね、これが『不死身』か。

「……驚かないんですね」
「うん? いやぼくにも死なない知り合いがいたからね。殺されちゃったけど」
「死なないのに死んじゃったんですか?」

ちょっと目を丸めてすぐに笑う暦くん。
どうやら冗談だと思われたようだ。
ま、いいけどね。

「回復にもう少し時間が掛かりそうですけどいいですか」
「別に構わないよ、哀川さんもまだ来てないし」




228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 12:45:39.02 ID:T/wngpRj0
「上の名前で呼ぶな下で呼べ。苗字を呼ぶのは敵だけだ」

背後から聞き慣れた台詞と共に後頭部への衝撃が訪れた。
振り返らなくても分かる――哀川さんだ。

「どうしてここが分かったんですか……あ、潤さん」
「いや、血の匂いがしたから辿って来た」

……犬みたいな嗅覚だな。
戦場ヶ原ちゃんと翼ちゃんは突然登場した哀川さんに訝しむような視線を浴びせる。
――そういや翼ちゃんも直接は哀川さんのことを知らないんだっけ。

「翼ちゃん、この人が哀川潤さんだよ」
「あ、なるほど。女性だったんですね」
「よろしくな翼ちん」
「えーと、それでこっちが、」
「戦場ヶ原です」

素っ気無く答える戦場ヶ原ちゃん。
名乗られもしなかったぼくよりはましかな。

「で、暦っちはなんでこんな面白いことになってんだ?」
「ちょっと、やられちゃいました」
「ふうん」

そうして哀川さんは暦くんに歩み寄り――




230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 12:47:10.86 ID:T/wngpRj0
★★A★★

「ふうん」

潤さんはそう感慨なさげそう漏らすと僕に近づいてきた。
そして真っ赤なジャケットを脱ぐと僕の体にかぶせる。

「ええと?」
「いや、そのままだとちょっとヤバイだろ、露出的に。暦っちが恥ずかしくないなら別にいいけど」
「……あ」

そう、僕の下半身は既に無いわけだからこのまま行くと丸出しになってしまう。
思いっきり失念していた。

「……すいません、お借りします」
「いいんだよ。かわりにちょいっと対価もらうけどな」

そう言うと僕の体をひょいと起こして――

――キスをされた。
それも結構濃厚に。
まずい、不味い、マズイッ!
慌てて戦場ヶ原の方に目を向ける。
……僕を養豚場の豚を見るかのように冷たい瞳で見下ろしていた。
戦場ヶ原は何も言わない。
しかしそれがかえって恐ろしい。



237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 13:36:40.06 ID:T/wngpRj0
「じゅ、ジュンさんッななナニヲ」
「うん、いや喧嘩の請負料とジャケット代だけど」

僕の裏返った声にしれっと答える潤さん。
僕をそっとおろして二歩下がると戦場ヶ原に笑いかけて言う。

「ご馳走さん」

戦場ヶ原が僕の彼女だと分かっててキスしたのかよ!
それを聞くと戦場ヶ原は爽やかににっこりと微笑み、右袖の中からカッターナイフを滑り出した。
そして一線。
潤さんは軽く体を反らしカッターの刃を紙一重でかわす。
戦場ヶ原は舌打ちすると、今度は左袖からコンパスを取り出しフェンシングのように突き出した。
それに対して潤さんはバク転で道化師のように避けて距離を取る。

「よっしゃ、いーたん先に車戻っとくぞ! わははは」

獣のような速さで潤さんは走り去り、なんとも言えない沈黙が建設現場に流れる。
するといーさんは溜息をついて僕の前で屈む。

「なんか哀川さんが迷惑かけてゴメンね」
「あ、いえ別に、」
「別に何かしら、阿良々木くん。彼女の前で美人とキスできたのが良かったってことかしら」
「違う! 誤解だガハラさん!!」
「ねえ、どう思う羽川さん?」

うわっ羽川に話題振りやがった!?



239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 13:38:59.12 ID:T/wngpRj0
「んん、無理矢理ってのはあるけど抵抗しなかったのはどうかと思うね」

……ばれてる。
確かにあんな美人にキスされたのは嬉しかったさ。
でも――でもそれは男として当たり前のことだよね!?

「なに鼻の下伸ばしてるの。猿のモノマネ? 似てるけど猿に失礼よ」
「酷い!? 彼氏を猿と比べた!」
「誰が彼氏だっけ? 私にそんなのいたかしら?」
「……すみませんでした。それだけは勘弁してください」
「行きましょう、羽川さん」
「え、あっうん」

そうして戦場ヶ原と羽川が去り、僕といーさんだけとなった。
戦場ヶ原に許してもらえるだろうか……。
なんだか僕の気分はどん底まで沈んだ。



240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 13:42:03.23 ID:T/wngpRj0
「暦くん」
「あっ、はい。いいですよ僕を置いて行っても何とかなりますから」
「いや、そうじゃなくてね。これを渡しておこうと思って」

そう言うといーさんはポケットから長方形の紙を一枚取り出して僕に差し出してきた。
受け取って見てみるとそれには住所と職業が印刷されており、綺麗に加工されている。

「……えと、名刺ですかこれ?」
「うん、名刺だよ。でもそれは特別製でね、それをぼくに見せると一回だけ無料で何でも請け負って
あげるよ。暦くんが必要ないなら誰かにあげてもいいから」
「サービス券みたいなものですか?」
「そう思ってくれてもいいよ。じゃあぼくも哀川さんを待たせてるから行くね。お大事に」
「はい、ありがとうございました」
「こちらこそ」

いーさんもいなくなり、とうとう建設現場には僕だけが残った。
体もまだ三分の一グチャグチャのままだ。
今日は色々ありすぎた。
まだ夜は長い、僕は疲労のせいか鉛のように重たい瞼をそっと下ろした。



241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 13:46:08.81 ID:T/wngpRj0
★★B★★

ぼくが神社まで戻ると哀川さんは車にもたれかかるように立っていた。
そしてニッと口の端を持ち上げるとぼくに言う。

「さて、今回の残りもんを解決するか」
「……? 全部終わったじゃないですか」
「まだ残ってるじゃねぇか。誰があのクソ親父にいらねぇ情報を与えたのか」
「あ……」
「クソ親父が怪異なんて物を知ってて、神社の札を剥がすと狂うなんて思いつくと思ってたのか」

確かにそうだ。
ぼくや哀川さんが知らないことを狐さんが思いつくとは思えない。

「……つまり、協力者がいる」
「そ、正解」
「でも誰が……」
「あのクソ親父は去り際にこう言ってたよな、『無駄に出費した割には成果が見られなかったな』」

――聞いていたのか。
いつから哀川さんはあそこにいたんだ?

「戦場ちゅんがクソ親父にペン投げつけた辺りからだ」
「当然のように読まないで下さい。で、誰が協力者か分かるんですか」
「だからここで待ってるんだろ」
「え?」



243 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 13:48:05.08 ID:T/wngpRj0
そこで誰かの足音が聞こえてきた。
ぼくがそこに目を向けるとサングラスをかけた黒ずくめの男がいる。
壮年の男で、その服装はどこか喪服を彷彿させ、不吉な雰囲気を放っていた。

「……誰かと思えば俺の情報を買ったやつを邪魔したお嬢さんと青年じゃないか」
「てめぇが協力者だな、おっさん」
「ふむ、協力者か、少し違うな。俺は金をもらって教えただけだ。で、どうして俺がここに来ると分かった」
「はんっ、てめぇみたいなのは大体自分の仕事を確認するために現場に現れるんだ」

少し思考するかのように顎に手を寄せる男。
サングラス越しから覗く目は冷たく、感情が無いようにも見える。

「……それで俺をどうするつもりかな、お嬢さん」
「少しお仕置きしてやろうと思ってるかな。謝るなら今のうちだぜ」
「そうか、なら謝ろう。悪かったな、誓ってもうしない」
「はん?」 「あれ?」
「どうした、お嬢さん。許してもらえるかな」

なんだこの人は――
いままで見たことの無いタイプ、理解できない。
プライドが一片たりとも無いのか?




244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 13:51:29.48 ID:T/wngpRj0
「てめぇプライドが無いのか?」
「プライドなんてあっても損するだけだ。金にならないものは持たない主義でな」
「チッ、あたしが一番嫌いなタイプだぜ、あんた」
「……それなら俺はお嬢さんの目に映らないところに消えるとしよう。これでお互い得だ」

そうして本当にその男は去って行った。

「なんなんでしょうか、あの人」
「あたしが知るか。分かるのはあいつが人間の屑って事だな。あーくだらねぇ、帰ろうぜいーたん。
『動物園、ただし全部剥製みたいなっ』ってやつだ」

哀川さんはさっさと車に乗り込み、ぼくも助手席へと這入る。
哀川さんが車を発進させてぼくらはこの町を後にした。
――こうして今回の依頼は全て解決を迎えた。
 
             Boku side 《Monster Lyric》is the END.




245 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 13:54:31.24 ID:T/wngpRj0
★★A★★

後日談というか、今回のオチ。
翌日、いつものように二人の妹、火憐ちゃんと月火ちゃんに叩き起こされた。
結局あれから身体が治るまで工事現場で仮眠を取り、深夜にこっそりと家へ戻ったのだ。
しかし下半身を真っ赤なジャケットで隠した姿は正に変質者だったんじゃないのか。
なんとか誰にも見つからずに帰ることは出来たけど、多分僕はこのことを忘れることが無いと思う。
妹たちを追っ払って僕はベッドから疲労から重たくなった体を起こす。
カーテンを透過する朝日がいつもより眩しく、まだ体質を引きずっているようだった。
そして僕は嘆息する。
まだ僕の頭を痛ますことが残っているのだ。
それは勿論、戦場ヶ原との事。
僕としては戦場ヶ原とは絶対に別れたくないのだ。
意識せずとも勝手に溜息が漏れる。
そうして僕は服を着替えて朝食も摂らずに玄関を出た。
秋の太陽なのに僕の肌は夏のように日差しを感じる。
憂鬱の月曜日は更に青味を増して気分的には黒に近い。
いつも通り慣れた道なのに何故か倍ほどの距離に感じる。
身体が学校に行くのを拒否しているのだろうか。




246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 13:57:05.52 ID:T/wngpRj0
と僕の進行方向に見覚えのある姿がこちらに歩いてくる。
馬鹿みたいにでかいリュックを背負ったツインテールの女の子。
――デジャブ?
僕の顔を確認するといい笑顔で元気に声を張り上げた。

「おはようございますっ! アロハ着さん!」
「……それは忍野だ」
「噛みましたっ! おや、どうしました阿良々木さん元気ないですね」
「お前はいつもより二割増しで元気いいな……」
「そりゃもう、こんないい天気ですから!」

そう言って大袈裟に空を仰ぐ八九寺。
僕はもうお前が眩しいよ。

「どうしたんですか? 本当に暗いですよ。さてはあなた偽者ですね!?」
「いやいや、本物ですよ、八九寺さん……」
「いえ、偽者です! 本物はわたしの体をしゃぶりつく様な目で見つめていつも呼吸が荒いですから。
それにいつも涎を垂らしていました!」
「八九寺の目には僕がそんな風に映ってたの!?」
「おお、少し元気が出てきましたね」
「あ……」

なんだ、八九寺に心配かけてたみたいだな。
確かに少し元気が出てきた。



248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 13:59:26.97 ID:T/wngpRj0
「ところで何があったんですか?」
「ああ、それがな――」

僕は昨日八九寺と別れてからのことを要点だけを捉えて話した。
ただし戦場ヶ原とのことは意見を貰いたかったから細かく教えたのだけど。
そして聞き終わった後に一言。

「それを小学生に訊くのはどうなんでしょうか、阿良々木さん」
「バッサリ切り落としたな!?」
「ふふん、当たり前です。そんなのは本人に聞くのが一番でしょう、ほら」

八九寺は僕の後ろをあごで示す。
僕が振り返り見た先には、噂の戦場ヶ原が立っていた。

「ガハラ、さん……」
「おはよう、阿良々木くん。早いのね」

いつも通りな様子の戦場ヶ原。
反対に僕は汗を浮かべて挙動不審なことだろう。
一気に喉が渇く。

「ガハラさん、昨日は、」
「私は少し考えてきたんだけど――」

僕の言葉を遮り、そして続ける。




249 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 14:01:33.53 ID:T/wngpRj0
「やっぱり急に優しくなったのがいけなかったんだと思うんだけど、違う?」
「えっ? いや、」
「ということで今日から以前みたいな関係に戻そうと思うの」
「えっえ、どういう、」
「さっさと学校に行くわよ。阿良々木くんは亀よりも遅いんだから、遅刻しちゃうじゃない」
「え、ああ、」
「阿良々木くんが遅れるのは別に構わないけど、私が遅れるのは許しがたいのよ」

歩き出す戦場ヶ原に混乱する僕が後に続く。
後ろを見ると八九寺は満面の笑みで手を振る。

「いってらっしゃい! 阿良々木さんっ」

ありがとう、お前はやっぱり僕の親友だ、八九寺。



250 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 14:03:37.87 ID:T/wngpRj0
そうして二人並んで歩いていると急に戦場ヶ原は立ち止まる。
なんなのかと僕が思っているとうっすらと微笑み言う。

「やっぱり私は阿良々木くんを手放せないようね」
「えと、ガハラさん?」
「愛してるわよ、阿良々木くん」

そう言うと再び歩き出す戦場ヶ原。
僕は稲妻が走ったように呆然と立ち尽くし、阿呆の子のようになった。
これで僕は戦場ヶ原の所有物になったのだ。
何をされても文句を言えない人形なのだ。
……なんてね。
こんな時いーさんはこう言うのだろうか。

「戯言だけどね」

僕は駆け足で戦場ヶ原の隣まで行き、並んで歩く。
先ほど僕の胸に巣食っていた黒い雲は嘘のように散って、見上げた秋の空が美しかった。
                        
                               Araragi side 《戯物語》 了



251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 14:04:49.26 ID:K6Hrd5BWO
乙。面白かった



253 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 14:08:00.15 ID:T/wngpRj0
以上です。
支援、保守をしてくれた方々、そして私の駄文に付き合って頂いた方々に
最上の感謝を捧げます。
ありがとうございました。




255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 14:11:13.04 ID:4tBJI/K+O




280 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 20:28:32.40 ID:dlGcZpeXO
「なあ羽川、バックノズルとジェイルオルタナティブって知ってるか?」

「うん、バックノズルは起きるべきことはタイミングは変わっても起きるし、ジェイルオルタナティブはその相手は別の人が代役するかも知れない。
未来をそんなトポロジー的にとらえた西東天博士の持論じゃなかったかな?」

「羽川はなんでも知ってるな」

「なんでもじゃないよ、知ってることだけだよ」



281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 20:30:55.94 ID:T/wngpRj0
補足有難う御座います



282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 20:38:02.88 ID:FTg8xJqKO
>>281
次やる予定ある?



283 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 20:42:12.40 ID:T/wngpRj0
>>282
全くです
これ書き溜めるのに二週間掛かりましたから
西尾先生は程遠いです



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking livedoor Blog Ranking

この記事へのコメント
いいからけいおんスレをさっさとだな
2009/10/24(土) 15:00:36 | No.3646 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
いい出来だ。
でも流れでしかたないとはいえ、余弦さんはもう一度月火ちゃんを狙ったりはしないだろうとおもう。
多分本来あの人は潤さん寄りだと。
2009/10/25(日) 19:10:09 | No.3650 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
登場人物の一番下に俺キャラがいるんで、読むのを一瞬でやめた。


一時エヴァSSでスーパーシンジがはやったが、それすら超える俺キャラかよ。
2009/10/28(水) 01:27:40 | No.3681 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
↑人類最強は西尾維新の戯言シリーズに出てくるキャラクターで、オリキャラじゃないよ
2009/10/28(水) 20:30:49 | No.3683 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
亀で申し訳ないけど
メチャクチャ面白かった。
GJです。

アニメから化に入って原作5冊読んで
ここに辿り着いたけど、
これ見て戯言も読んでみたくなって
8巻まで読み終えた。

どのキャラもよく捉えてると思う。

敢えて難を言えば、3650の言うように余弦さんはやっぱり月日ちゃんを再度狙うことはないだろうなとは思うけど。

今回は化の世界に戯言の2人が入った設定だったけど、戯言の世界に化のキャラが入っていくストーリーも読んでみたい。暦(&忍)とメメとか・・・。

長レスゴメン
2009/11/14(土) 03:21:35 | No.3816 | 戯言ヴぃp | #t50BOgd.[ 編集]
すげえな・・・
伏線の回収が見事。
突っ込みどころはあったが、かなり面白かった。
2009/11/15(日) 00:04:53 | No.3820 | VIPPERな名無しさん | #-[ 編集]
すげえな・・・
伏線の回収が見事。
突っ込みどころはあったが、かなり面白かった。

それと、登場人物の(ぼく)は戯言シリーズのキャラだから。俺キャラとか言ってる人痛いよ。
2009/11/15(日) 00:09:08 | No.3821 | VIPPERな名無しさん | #-[ 編集]
たしかに、俺キャラとか言ってる情弱は痛いな。

突っ込みどころといえば、敬語キャラの敬語の使い間違いがいくつか目についた。
あと、このキャラならこういう言い方はしないんじゃないかと言うところもいくつか。

羽川もこの時点では「いめちぇん」後のはずだし……。おそらくガハラさんは相変わらずアリャリャギさんに勉強教える状態じゃないはず。

でも、このストーリーではそんなこと些細なこと。面白かったことに変わりはない。

自作を期待したいところだけどね。
2009/11/15(日) 02:11:11 | No.3824 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
「ぼく」が死神憑きっていう発想はすこしビクってしたな


クライマックスが微妙だけど、元ネタは二つとも終わっている物語だし仕方ないのかも

2009/12/31(木) 23:03:42 | No.4199 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
かなり面白かった
最後に詐欺師と戯言遣いの舌戦を見たくもあったけど
2010/09/06(月) 02:29:15 | No.7485 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/12/09(月) 22:04:38 | No.7963 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://minaminoxxxsummer.blog49.fc2.com/tb.php/687-b8539463
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。