戯言ニュース

ほとんどVIPのまとめ。

HeadLine
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「魔法の手!」
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 01:17:23.90 ID:TpuSMYbF0
帰り道

唯「はー…寒いねーあずにゃん…」

梓「はい…。今日は特に寒いですね…」

唯「こーゆー時はコンビニで肉まんに限るよ!」

梓「買い食いですか…」

唯「えー?いいじゃん。行こうよ~」

梓「…わかりました」

ヒュウウウウウ

梓「…!」ブルブル

唯「ふぉっ!?」

梓「…何ですか?いきなり変な声出し……わっぷ!?」

唯「寒がるあずにゃんかわいい!」ギュウ

梓「ちょ、ちょっと…!」




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ 唯「魔法の手!」
4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 01:19:23.69 ID:TpuSMYbF0
唯「あー…いい~…いいよあずにゃ~ん…」スリスリ

梓「ん、暖かい…///」

梓「…じゃなくて!離れて下さい!街行く人々が見てますって!」

唯「ん~もうちょっと…」スリスリ

梓「い~や~で~す~…」グググ…

唯「む…むにに…」グググ…

梓「はっ…なっ…れっ…て…く…ださい…っ!」グググ…

唯「ふぐぐぐ…」グググ…

梓「ちょ…ち、力強っ!」グググ…

梓「もうっ!」

唯「ニヘヘ」スリスリ



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 01:21:27.90 ID:TpuSMYbF0
・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・
・・

音楽室

梓「…というわけで昨日は大変でした…」

唯「てへ」

紬「あらあら///」

律「お前ら本当仲良いな~」

唯「いや~照れるぜ~」

梓「私は迷惑です!」

澪「お、珍しいな。梓がそこまで唯を拒むなんて」

梓「だ、だって!人前で抱き着かれるのはさすがに…」

唯「なんで?いいじゃん!私はあずにゃんが大好きなんだから!」

梓「いや、そういう問題じゃなくて…」




6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 01:22:08.65 ID:nkD/HFTM0
続けるにゃん



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 01:22:39.82 ID:bqAFCO1nO
俺「えへへ」スリスリ



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 01:22:48.27 ID:TpuSMYbF0
紬「私は全然良い事だと思う!!」

唯「でしょ?」

唯「抱き着きたかったら抱き着く!」

唯「それが人間ってヤツだよ!」

律「お前、女子校で良かったな…」

梓「共学に行ってたら大変な事になりますね…」

澪「ていうか理性があるから人間なんだろ…」




9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 01:24:52.21 ID:TpuSMYbF0
梓「抱き着く時はTPOを弁えるのが普通です!」

唯「てぃーぴー…?」

紬「時と場合と場所って事よ」

唯「おー!」

唯「…ん?抱き着いちゃいけない時と場合と場所なんてあるの?」

律「あるだろ…。少なくとも下校しながら抱き着くのはナシだと思うぞ」

唯「でも私、小さい頃から和ちゃんにひっついて帰ったりしてたよ?」

澪(流石和だ…)

紬「ねえ!今度私も唯ちゃんと和ちゃんと一緒に帰っていい!?」

律「こらこら。そこでムギが出るとややこしくなるから黙っててくれ」グッ

紬「んがぐぐ…」モガッ



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 01:26:50.35 ID:TpuSMYbF0
梓「とにかく、私は学校の外であーゆー事されるのはイヤです!」

律澪紬(やっぱ学校の中ならいいんだ…)

唯「…ヤダ!」

梓「へ?」

唯「あずにゃんが抱き着かれるのを嫌っていうのがヤダ!!」

梓「んな…」

唯「それにあずにゃんが悪いんだよ!寒がったりするから!」

唯「寒がるあずにゃんを見たら抱き着きたくなるのは当たり前だよ!」

唯「とっても喉が渇いてる人がいます。その人の目の前に綺麗な川が流れていました」

唯「そしたら水を飲みたくなるに決まってるじゃん!!!」バン

律「なんだその例え」




11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 01:28:56.66 ID:TpuSMYbF0
律「はー、もういいから練習すっかー」

唯「全然よくな…もがが…!」

澪「ちょっと黙ってなさい」

梓「唯先輩、今度学校の外でくっついてきたらぶちますから!グーですよ!痛いですよ!」

唯「…痛いのはやだなあ…」

澪「話はまとまったみたいだね。じゃ、練習し……ひゃうっ!」

唯「ふおっ!?」




12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 01:30:19.83 ID:TpuSMYbF0
澪「つめた~…またベースが太股に…」

唯「もう一回!もう一回言って!」

澪「嫌だってば!」

唯「もう一回!もう一回!」パンパン

律「もう一回!もう一回!」パンパン

澪「お前も便乗するな!」ゴッ

律「いだい!」




14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 01:32:04.21 ID:TpuSMYbF0
唯「ねえ~澪ちゃんもう一回~!」ぐぐぐ…

澪「いやだって言ってるだろ…!」ぐぐぐ…

梓「唯先輩、今日は特にねばりますね…」

律「そうだな」

紬「…///」

紬「はっ!」ピーン

紬「ねえ!もしかして唯ちゃん、寒がりフェチなんじゃない?」




15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 01:33:44.96 ID:TpuSMYbF0
唯「寒がりフェチ?」

紬「そう。寒がってる人を見ると愛おしくなっちゃうんじゃない?」

梓「なるほど、だから唯先輩の身体はそういう人を暖めるために、あったかいんですね!」

澪律「…」

梓「あ、いや…そういう意味じゃなくて…///」

唯「寒がりフェチ…寒がりフェチ…」

唯「…そうかも!」




16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 01:34:42.98 ID:zYYEMamVO
この紬は輝いてるな



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 01:36:14.47 ID:TpuSMYbF0
唯「確かに私、寒がってる人を見るとキューンってなるよ!」

唯「あったかあったかしたくなるよ!!」

紬「でしょ?」

唯「そっかあ…私は寒がりフェチだったんだね~」

律「変な性癖だな…」

唯「ねえ、りっちゃんも寒がってみてよ」

律「無茶言うな!」




19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 01:38:22.56 ID:TpuSMYbF0
唯「ね、お願い!一回でいいから!」

律「寒がれって言われて寒がれるもんじゃないだろ!」

唯「うーん…」

唯「そうだ!」ピーン

澪「窓開けるとか勘弁してくれよ?」

梓「みんな風邪引いちゃいますよ!」

唯「うぐ…」



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 01:40:06.57 ID:TpuSMYbF0
唯「くそー…何とかしてりっちゃんを寒がらせたい…!」

律「やめてくれ。マジでやめて」

律「つーかムギは?そうだ、ムギを寒がらせればいいだろ!」

梓(うわ、この人友達売った…)

唯「ムギちゃんは体温高いから、ラスボスだよ。まずはりっちゃんから寒がらせないと」

唯「その次は憂!さらにその次はさわちゃん!そして和ちゃん!最後にムギちゃんだよ!」

紬「ふふふ、楽しみにしてるね」

唯「うん!」

唯「だからそのためにはまずりっちゃんを寒がらせないと…!」

澪「なんかよくわかんないけど…唯の性癖に火がついたみたいだな…」

律「迷惑な性癖だよ全く…」



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 01:41:54.22 ID:TpuSMYbF0
唯「ねーりっちゃーん…寒がってよー…」

律「へん!私はそう簡単に寒がるようなだらし無い女じゃないんだよ!」

唯「うー…悔しい!くやじ~!!」ダンダン

澪「はあ…バカやってないでいい加減練習するぞ」

唯「もうちょっと!もうちょっとだけ私にチャンスを!」ポム

澪「ひゃうっ!」

唯「お?」

澪「もう!冷たい手で太股に触らないでくれ!」

唯「…!」ニヤリ

澪「あっ…?しまった…!」



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 01:43:53.70 ID:TpuSMYbF0
唯「ほい!」ポム

澪「ひゃうっ!」

唯「ほいほい!」ポムポム

澪「ひあっ…!!」

唯「わはー!楽しい!ホレホレ~ここがええんか~?」スリスリスリ

澪「あ、ちょっ…内股はダメっ!ふあっ///」

唯「うお!?い、今の声何…?」

紬梓(内股が弱いんだ…)

澪「うう…///」

律「ハハハ、澪はそこが弱点だからなー」



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 01:45:47.30 ID:BA73nUB+O
寒いよー唯ちゃん暖めてよー



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 01:45:52.40 ID:TpuSMYbF0
唯「ご、ごめん澪ちゃん…よくわからないけど、私悪い事しちゃったみたいだね…」ドキドキ

唯(でもすっごくドキドキした…。これがフェチ…!)

紬(ゴクリ…///)

梓(すごい声だったな…///)

澪「くっ…!い、いいよ別に…!それより早く練習…」

唯「ううん!この凍てついた私の手でりっちゃんを寒がらせるんだ!」

澪「いや、反省しろよ」




25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 01:47:55.18 ID:TpuSMYbF0
唯「ほれほれりっちゃん!覚悟しなさい!」ユラリ

律「うわっ!ちょっ…こっちくんな!」

唯「わはははー」ザザザザザ

律「うわあああああ!?」

唯「そりゃっ!」ズボッ

紬(せ、制服の中に手を…!?)ブハッ

律「…」

唯「あれ?」

唯「も…もう一回!」ズボッ

律「…」




26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 01:51:20.22 ID:TpuSMYbF0
律「…全然冷たくないんだけど」

唯「しまった…!澪ちゃんの太股触ってたら手が暖まっちゃったんだ…!」

澪「…」

紬梓(太股あったかいんだ…///)

律「残念だったな唯。私を寒がらせようなんて100年はや……うぎゃあぁっ!?」

唯「甘いよりっちゃん。もう片方の手は冷たいままだよ!」

律「くっ…!やっ…やめろっ!」

唯「ふははー」ピタッ

律「んあっ…!く、首はやめ…っ///いやぁ…っ///」ヘナヘナ

唯「…!」ぞくぞくっ




29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 02:00:46.29 ID:TpuSMYbF0
律「はぁ…はぁ…」

紬梓(首が弱点なんだ…)

澪「そういや律は首筋が弱かったんだよな」

唯「あぁ~…コレすっごく楽しいよ!フェチっていいもんだねムギちゃん!」

紬「ふふふ…そうね」

唯「それと人には通常よりも寒くなる、寒がりポイントがある事も発見したよ!」

唯「よーし!今日ウチに帰ったら憂の寒がりポイントも探さないと!!」

紬「唯ちゃん、憂ちゃんの寒がりポイントがわかったら私達にも教えてね?」

唯「もっちろん!まかせてちょうだい!」

梓「もう…人を寒がらせるなんて悪趣味ですよ!」

律澪(いや、それ寒がってるとかじゃなくて…)



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 02:04:08.00 ID:TpuSMYbF0
平沢家

唯「ただいまー!」

憂「おかえりお姉ちゃん。…あれ?」

唯「ん?」

憂「お姉ちゃん、手袋してないけど…なくしちゃったの?」

唯「んーん、ちゃんと持ってるよ。ほら」

憂「え?じゃあなんで手袋してないの?」

唯「え?うん、ちょっと…ね」

憂(…私があげた手袋嫌になったのかな…)ズーン




32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 02:08:21.53 ID:TpuSMYbF0
唯「そんな事よりさ…」

憂(そ、そんな事…)ズーン

唯「うりゃっ!!」ピト

憂「…?お姉ちゃん、手が冷たいよ」

唯(う…さすが憂!慣れてるせいか全然動じてない…)

唯(でもここで諦めるもんか!!)

唯「うりゃうりゃ~」ピトピト

憂「お姉ちゃん…こんなに冷たくなってかわいそう…。私があっためてあげるよ」ぎゅう

唯「うわっ!ちょっと憂!手握っちゃダメだよ!!」

憂「!!?」ガーン




33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 02:13:15.76 ID:TpuSMYbF0
唯「もー!危ないなぁ!手があったまっちゃったらどうするの!?」

憂「ご、ごめんお姉ちゃん…」

憂(嫌われた…お姉ちゃんに嫌われちゃった…)

憂(私…何か怒らせるような事したのかな…)ズーン

唯「ふー…。では気を取り直して…」

唯「えいっ」ズボッ

憂「きゃっ!?な、何で服の中に…」

唯「どう?冷たいでしょ?」

憂「うう…つ、冷たいよ…」

憂(わけがわからないよお姉ちゃん…)



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 02:18:58.79 ID:TpuSMYbF0
唯「うーん…でもまだポイントは突いてないみたいだね」さわさわ

憂(ポイント…?)

憂「お、お姉ちゃん…くすぐったい…」

唯「むむむ…やっぱり内股かな?」さわさわ

憂「え?え?な、なに…?///」

唯「違うかぁ。じゃあ首かな?」さわさわ

憂「お、お姉ちゃん…?///」

憂(どうしてこんな…恥ずかしいよ…)



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 02:24:58.23 ID:TpuSMYbF0
唯「あれ~?おっかしいなぁ~」もぞもぞ

憂「お、おかしいのはお姉ちゃんのほうだよ…///」

唯「そんな事ないよ。フェチを求道するのが人間なんだよ」さわさわ

憂「フェ、フェチ…?」

憂(何フェチなんだろう…?)

憂(肌…?まさぐり…?も、もしかして妹フェチ…?お姉ちゃんって変態さんだったの!?)

憂「だ…ダメだよお姉ちゃんこんな…こんな事…ふああっん///」

唯「おお!!きたっ!!」さわさわ

憂「あっ…お、お姉ちゃん!だめっ!脇はやめ…あっ…うああ///」




38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 02:29:32.18 ID:TpuSMYbF0
唯「ほほうほほう!憂は脇が寒がりポイントなのかぁ!」さわさわ

憂「やだっ…あっ…やめて…お姉ちゃんっ、お願いだから…やっ…あっ///」ヘナヘナ

唯「あー…たまりませんなぁ…」ゾクゾク

憂「んっ…あ…はぁ…はぁ…///」ペタン

唯「えへへ、ごめんね憂!寒かったでしょ?」

憂「ふ…ふぇ…?///」

唯「あれぇ…?顔が赤くなってる…。もしかして暑くなったの?」

憂「あんな事されたら…当たり前だよ…///」




39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 02:30:13.02 ID:Nx0orFBD0
>>1さんパネェっす



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 02:30:39.31 ID:b88Y92+t0
けしからん
全くけしからんスレだ



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 02:34:12.49 ID:TpuSMYbF0
唯「暑くなる…。ふむふむ、こいつは興味深い…」

憂「…」

憂「…お姉ちゃん…私の事嫌いなの…?」

唯「え?なんで?そんなわけないじゃん。好きだよ~」

憂「そ、そっかぁ…良かった…」ホッ

唯「変な憂~」

憂「お姉ちゃんのほうが変だよ…」

唯「そう?」

憂「そうだよ…。それと、もうさっきみたいなのはやめてね?」

唯「あははーごめんごめん!もうしないよ~。憂は寒がりだなぁ」

憂(寒がり?)



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 02:42:23.02 ID:TpuSMYbF0
翌日

音楽室

梓「こんにちは。…唯先輩はまだ来てないんですか?」

紬「唯ちゃんは掃除当番なの。梓ちゃん、もしかして唯ちゃんに寒がりポイントいじられたいの?」ニコニコ

梓「違います!何で好き好んで寒くならなきゃいけないんですか…」

澪「ねぇ…その寒がりポイントってぶっちゃけ…」

律「うん…。せ…性感帯の事だよな…」

梓「せーかんたい?なんですかそれ?」

紬「あらあら」ニコニコ

澪「えーと…なんていうか…律、説明してやってよ」

律「ええっ!?」

梓「何ですか?せーかんたいって。教えてください」

律「え…えーとなー…」




43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 02:49:45.68 ID:TpuSMYbF0
紬「うふふ」ニコニコ

律「性感帯ってのは…その…つまり…」

律(くっそ!澪、覚えとけよ!!)

律「性感帯ってのは…あれだ…ランゲルハンス島みたいなもんで…誰の身体にもある部分っていうか…」

梓「私、生物履修してますけどそんなの習ってませんよ?」

律「あ…そ、そう?ホラ、梓の年度では範囲外になったんだよきっと…」

梓「なるほど。ゆとり教育ってやつですね」

澪「まあ…私らみんなゆとり世代だけどな…」

梓「で、どんな部分なんですか?せーかんたいって」

律「えーと…さ、寒くなる部分…かなー…なんて…」

梓「何だ。じゃあ結局寒がりポイントなんですね」

律「そうそう!寒がりポイント!あは…あはははは…」




44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 02:50:30.82 ID:OjaUV1j30
ふむふむ…りっちゃんは首が弱点と…メモメモ



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 02:54:12.46 ID:nHXFUXZz0
ランゲルハンス島って習ったばかりの中高生がよく使いたがる言葉だよなw



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 02:56:24.24 ID:TpuSMYbF0
梓「全く!人が寒がるポイントを探すなんて迷惑ですよね!」

律「そ、そうだよな」

梓「せーかんたいを触るなんて、唯先輩は最低ですよ!」

律澪(それはその通りだな…)

律「…ところで梓の寒がりポイントはどこなんだ?」

梓「私のせーかんたいですか?うーん…よくわかんないですけど…全身だと思います」

律澪(お…おおぅ…)

梓「ていうか普通そうじゃないですか?冷たい手で触られたら身体のどこでも寒くなっちゃいますよ」

律「ま、まぁな」

梓「だから私のせーかんたいは全身です!」

紬「うふふ」ニコニコ




47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 02:57:10.75 ID:b88Y92+t0
うふふ



48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 02:58:30.45 ID:BhTFfc2GO
ゴクッ・・・



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 02:58:50.79 ID:S4wOgrQXO
ぜ、全身性感帯……だと……!?



53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 03:04:07.06 ID:TpuSMYbF0
律「梓…それあんまり大きな声で言わないほうがいいぞ」

梓「え?私のせーかんたいが全身って事ですか?」

澪「そうそれ!特に人前ではあんまり言わないほうが…」

梓「なんでですか?別にせーかんたいを知られても問題ないと思いますけど」

律「いや、ほら、唯みたいな寒がりフェチの人が聞いたら寒がらせようとするかもしれないじゃん…」

梓「そんな変な人、唯先輩以外いませんよ」

律「えーと…男の人!男の人は寒がりフェチ多いみたいだから!」

澪「え?そうなのか?」

律(バカ!察しろよ!!)

律「う、うん。男の人に身体触られまくるのは梓も抵抗あるだろ?」

梓「うーん…そうですね。わかりました。せーかんたいの事はあまり言わないようにします」



54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 03:09:51.47 ID:TpuSMYbF0
律「そうそう。それがいいと思うぞ」

梓「はい。気をつけます。あ、そういえば…」

澪「ん?」

梓「やっぱり澪先輩と律先輩は仲良いですね。お互いのせーかんたいまで知ってるなんて」

律澪「…!!」

律澪「…///」カアァ

梓「私も小学校からの友達はいますけど、どこ触ったら寒くなるかなんて全然知らないですよ!」

律「あ、ああああ、梓!その話はもう…///」

澪「う、うん!その話はやめにしよう!そうしよう!///」

梓「??」

紬「うふふ」ニコニコ

唯「みんな!おいーっす!!」バァーン



55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 03:14:21.69 ID:TpuSMYbF0
律「お、おう唯!遅いぞ!!」

澪「ま、全くだ!何やってたんだよ!!」

梓「????」

唯「何って…掃除だよ?」

律「あ、ああ。そうだったな…ごめんごめん」

唯「…?」

紬「ところで…ねえ、唯ちゃん」

唯「あ、そういえば報告するんだったね!」

唯「みんな!憂の寒がりポイントは脇だよ脇!!」

律澪(…そりゃまたデリケートな部分だな…)

紬(憂ちゃんの脇をまさぐったって事ね…ふふ…うふふふふ///)ポタポタ




56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 03:17:25.22 ID:nkD/HFTM0
あずにゃんにゃん!あずにゃんにゃん!



57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 03:26:49.88 ID:TpuSMYbF0
唯「それとね!実は寒がりポイントを触り続けると、全身の力が抜けて身体が熱くなるみたいなんだよ!!」

律澪(ちょっ…!?)

紬(そ、そんなになるまで憂ちゃんの脇を…!?///)クラクラ

梓「へえー!そうなんですか。それは知りませんでした!」

唯「でしょ!?これってスゴイ発見だよね!!」

梓「はい!スゴイですよ!ただの迷惑な人かと思ってましたけど…唯先輩スゴイです!!」

唯「でへへ~。もしかしてノーベル賞とっちゃったりして~」

梓「寒がりポイントを触り続ければ熱くなる…。人間の身体って不思議ですね」

唯「ね!よーし、今日はさわちゃんの寒がりポイントを見つけるぞ~!!」

梓「唯先輩、寒くするだけじゃ先生が可哀想ですから、ちゃんと熱くなるまでやってあげてくださいよ?」

唯「あたぼーよ!!」

律澪(ダメだこいつら…)

紬(うふ…うふふふふふふ…///)



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 03:31:29.44 ID:TpuSMYbF0
ガチャ

さわ子「ちょりーっす」

唯「きたぁ!!さわちゃん確保ーっ!!」グァッ

さわ子「むっ!?」ヒョイ

唯「…うぐ!失敗した!」ドデーン

さわ子「甘いわ唯ちゃん。私を捕まえようなんて。…で、何なの?」

唯「えへへ…実はさわちゃんの寒がりポイントを調べたくて…。私、寒がりフェチなんだ~」

さわ子「さむ…?え?どういう事?」

澪「せ、先生!ちょっとこっちに…」

さわ子「??」




60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 03:36:43.82 ID:TpuSMYbF0
律「実はかくかくしかじか…」ゴニョゴニョ

さわ子「ふむふむ」

澪「ナニがこーなって…あーなって……というわけなんです」ゴニョゴニョ

さわ子「な、なるほど…」

さわ子(人の性感帯を強引に調べてまわるなんて…流石の私でもそんな事しないわよ…!)チラ

唯「??」ニコニコ

さわ子(この子…呆けてるようで侮れないわ…)ゴクリ

さわ子「…」

さわ子「…ところで、澪ちゃん達の寒がりポイントはどこなの?」ニヤリ

澪「んなっ!?」

律(ああ…そういう人だったなこの人は…)



61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 03:42:47.30 ID:TpuSMYbF0
さわ子「寒がりポイントを教えるくらい、別に平気よね?ねえ唯ちゃん」

唯「うん。そうだよね」

澪「うぐ…!」

律「…澪は内股だよ」

澪「お、おい律!?///」

律(ふん!さっきのお返しだ)

澪「くっ!先生!律は首です!特に後ろのほうが寒がりですよ」

律「うおおおおおい!?み、澪は右内股の付け根が特に寒がりでーっす!!」

澪律(こいつ…!)バチバチ

さわ子「ふうん?あなた達、良く知ってるのねぇ?お互いのこと…」ニヤニヤ

梓「ですよね。さすが幼馴染です」

律澪「うぐっ…///」カアァ




63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 03:49:21.73 ID:TpuSMYbF0
唯「そうだねー。私もそんな細かいところまではわからなかったなぁ」

律澪「///」

梓「あ、ちなみに私は全身です!」

さわ子「ブッ!!?」

さわ子(今の高1ってこんなに進んでるの!?)

紬(あぁ…最高…///)

唯「…で、さわちゃんの寒がりポイントを調べたいんだけど…」

さわ子「う、うん…そうね…みんながそこまで赤裸々に話してくれた以上、私だけ隠してるのはフェアじゃないわね…」



66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 03:54:53.60 ID:TpuSMYbF0
さわ子「仕方ないわね…。いいわ。私の寒がりポイントは……」

さわ子「おしりの穴よ!!!」

澪(うわぁ…)

律(き、きっつー…)

紬(さすがにないわ…)

梓(お尻の穴が寒くなる事なんてあるのかな?)

唯「あー!さわちゃん言っちゃダメだよ!自分で調べるのが楽しいのに~」

さわ子「あ、ご、ごめんね?(とんでもない子ね…)」

唯「それにおしりの穴はちょっと…触りたくないから、さわちゃんはパスだなー」

さわ子「」



69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 03:56:50.29 ID:d47MP5MnO
あぁ……次は紬だ……



70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 03:57:11.13 ID:c+vtV71O0
素敵です



71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 03:58:43.56 ID:gbapwdQG0
性感帯を弄られる和ちゃん……妄想しただけで頭がクラクラしちゃう……



73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 04:00:04.57 ID:TpuSMYbF0
さわ子「そ、そう…わかったわ…」

さわ子(まぁここでおしりの穴を触られても困るけど…)

唯「じゃあ、後は和ちゃんを調べて…最後にムギちゃんだね!!」

紬「うふふ、頑張ってね唯ちゃん」

唯「おー!私はフェチの求道者になるよ!!」

唯「ううん…それだけじゃない。これは寒がりポイントを研究して、医学の発展に貢献するためなんだよ!」

唯「うおー!燃えてきた!!」

律「もう勝手にしてくれ…」

さわ子「…ねえ、ところで唯ちゃんの寒がりポイントはどこなの?」



75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 04:05:08.98 ID:TpuSMYbF0
唯「え?私?」

律「あっ!そ、そうだよ!私らのばっか調べて、自分のは言わないなんてずるいぞ!」

律(さわちゃんナイス!!)ひそひそ

さわ子(ふふふ…任せてちょうだい…)ひそひそ

唯「やだなぁ。私は手が冷たくて、おまけに手で触るのが好きなんだよ?」

唯「だから私の寒がりポイントは手に決まってるじゃん!」

さわ子「」

澪(そうくるか…)

律(ち…ちっくしょおおおおおおおおおおお!!!)



76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 04:10:04.83 ID:TpuSMYbF0
部活後

唯「じゃ、私は和ちゃんと帰る約束したから、ここでバイバイだね~」

律「行動早いな…」

澪「和…頑張れよ…」

紬「うふ…うふふふふ…///」

紬(あれ?さっきから私、うふふしか言ってないんじゃないかしら…)

梓「じゃあ、唯先輩、また明日」

唯「うん!じゃあねー!和ちゃんの寒がりポイントも報告するよー!」

律(和…ご武運を…)

澪(性感帯を探られてバラされるなんて…悪夢だ…)



77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 04:15:43.56 ID:TpuSMYbF0
澪「さて、私らも帰るか」

律「まぁ待て澪。その前に…」

律「ムギ。お前の寒がりポイントはどこなんだ?」

紬「え?」

律「私も澪も梓も寒がりポイントをバラされてるんだ。さわちゃんは自己申告だけど…」

律「ムギだけ秘密ってのはずるいと思うぞ」

梓「そうですね。私なんて全身せーかんたいなんですから」

澪「梓、頼むからもう喋らないでくれ…」

紬「ふふふ…それは唯ちゃんが明日にでも調べてくれるはずよ?それまでヒミツ♪」

律「…ちぇー。なんだよー」



79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 04:21:32.42 ID:TpuSMYbF0
紬「ねえ!それより、今から唯ちゃんの後を追っかけてみない?」

澪「…まさか唯が和の寒がりポイントを調べる所を、陰から見てようって事か?」

紬「うん♪」

律「ったく、ムギも好きだなそーゆーの。…でも、ちょっと面白そうかも」

梓「そんなの…私は遠慮しておきたいです」

律「なんだよ。梓は和がどんな風に寒がるか興味ないのか?」

梓「う…確かに…あの真面目で自分を崩さない和先輩が寒がるところは…想像できないし…見てみたいかもです…」

律「だろ?よっしゃ!行こうぜ!」

紬「うふふ///」

澪「…この部にマトモなヤツはいないのか…」




80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 04:28:07.94 ID:TpuSMYbF0
・・・・・・・・・・・
・・・・・
・・

律「…と言いつつ一緒に来てしまう澪ちゃんであった」

澪「だ、だって…///」

紬「まあまあまあ」

梓「あっ!静かに…!和先輩が来ましたよ…!」


和「お待たせ唯」

唯「ううん、全然待ってないよー!和ちゃんと一緒に帰るのも久しぶりだね~」

和「そうね。しばらく唯の話聞けてなかったし、心配だったわ」

唯「えへへ~ありがとう和ちゃん!」ぎゅう

和「ふふ。はいはい」なでなで


律「さすがだ…。抱きつかれても、事も無げに対応している…」




82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 04:33:23.13 ID:TpuSMYbF0
和「じゃ、帰ろうか」

唯「うん!!」ぎゅううう

和「どこか寄っていく?」

唯「うーん…アイス屋さん行きたい」ぎゅうううう

和「またアイス?よく飽きないわね」

唯「でへへ…。…あー…この感じ久々だなあ」ぎゅううう

和「はいはい…。大袈裟なんだから」スタスタ



梓「本当にひっつかれたまま下校してる…」

澪「わ、私…和がわからなくなってきたよ…」

紬「あらあら…うふふ…///」

律(…でも唯って、ああしながら和の性感帯を探る機会を伺ってるんだよな。恐ろしい…)



117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 12:20:49.77 ID:TpuSMYbF0
アイス屋

唯「どれにしようかな~。和ちゃんはどれにする?」

和「私は…そうね…ゴマも捨てがたいけど、カボチャとミントのダブルにしようかしら」

唯「おっ?カボミントだね?和ちゃん、いいチョイスだね!」

和「いいから早く決めなさい。後ろで並んでる人に迷惑でしょ?」

唯「ほいほい!じゃあ…イチゴにしようかな~」


律「さ…寒いな…」

澪「店内が狭いから、中に入ったら見つかりそうだしな…」

梓「こんな寒い日にまでアイス食べるなんて、唯先輩…やっぱりおかしな人ですね…」

紬「それに合わせてる和ちゃんもさすがね…」




119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 12:26:00.24 ID:TpuSMYbF0
店員「お待たせしました」

唯「まいど~」

和「唯、それ逆よ?さ、早く座ろ」

唯「うん!」



澪「う…和のアイス、何かスゴイ色合いなんだけど…」

律「あれって、ミントと…カボチャか?クリスマスの時といい、和ってセンス悪いよな…」

梓「案外、和先輩はマシュマロ豆乳鍋とか平気でやりそうですね…」

澪「お弁当はいつもキレイなの作ってくるんだけどなぁ…」



120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 12:31:08.46 ID:TpuSMYbF0
唯「おいひい~」ペロペロ

和「うん。やっぱりカボミントにして正解だったわ」ペロペロ

唯「ねえねえ、一口ちょうだい!」

和「はい」

唯「ありがとう!…どれどれ」ペロリ

唯「…ん~、あんまり好きじゃないかも…」

和「そう?おいしいと思うけど…。ていうか、ほら、ほっぺた!」

唯「ん?」

和「ほっぺにアイスついてるわよ」フキフキ

唯「あー…」

和「ふふふ。こういう所は変わらないわね」




121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 12:31:55.85 ID:KLXAqq7WO
お母さんか!



123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 12:33:26.47 ID:qpfGnUTY0
お母さんだな



124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 12:36:34.49 ID:TpuSMYbF0
唯「和ちゃんにも一口あげるよ」

和「ありがと。どれどれ…」ペロリ

唯「おいしい?」

和「うん。おいしいよ。ありがと唯」

唯「えへへー」


紬「ふふ…いいもの見せてくれるわぁ///」

梓「何か微笑ましいですね」

澪「うん…」

律「ムギじゃないけど、眼福ってやつだなぁ」

律澪(…性感帯探りの件が無ければな)



126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 12:42:41.24 ID:TpuSMYbF0
律「しかし唯は、こっからどうやって寒がりポイント探りにもっていく気なんだろう?」

澪「さすがにアイス屋の中でまさぐったりはしないんだな」

梓「多分、今はアイスに夢中でその事忘れてますよ…」

律「かもな」

澪「ていうか、今日の部活のお菓子って…」

紬「うん…アイスだったわ…。あれだけ食べて太らないなんて…」

律「あいつさ、寒がりポイントより自分の体質を研究したほうがいいんじゃねーの…?」

梓「あっ!ふたりが店から出ますよ!隠れましょう!」ササッ




127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 12:49:12.34 ID:TpuSMYbF0
唯「あー食った食ったぁ。げぷ」

和「ちょっと、下品よ…」

唯「えへへー」ぎゅう



律「え?え?何で今抱きついたの?全然そういう流れじゃなかったよな?」

梓「抱き着きたい時に抱き着く!って言ってましたけど、本当にそうですね…」

澪「お、おい…!よく見ろ二人とも!唯の奴、抱き着きながらさりげなく和の脇や首を触ってるぞ!?」

律「ははぁ…。アイス食べて寒くなったところで一気に触りまくるって作戦か。考えやがったな…」

紬「唯ちゃんったら…///」



128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 12:54:00.82 ID:TpuSMYbF0
唯「えへへー」さわさわ

和「唯、あなた手が冷たいわよ。憂に貰った手袋はどうしたの?」

唯(さすが和ちゃん…この程度じゃビクともしない…)

唯「あー、うん。ちょっと手を冷やしたいから、今日はしてないんだ~」

和「ダメじゃない!せっかく憂がくれたんだから使ってあげないと」

唯「う…怒られた…」

和「それに風邪引いたらどうするの?」

唯「だ、大丈夫だよー!ほら、こうやって和ちゃんで暖をとればいいんだよ!」ぎゅううううさわさわ

和「はぁ…。しょうがないなぁ」なでなで




129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 12:57:44.03 ID:TpuSMYbF0
和「じゃあ、ここでお別れね。また明日学校でね」

唯「う、うん…」

唯(まずい…まだ寒がりポイントを見つけてないよ…)

和「唯?」

唯「あ…わ、私もうちょっと和ちゃんと一緒にいたい!」

和「え?」

唯「ね!いいでしょ?久しぶりなんだし、もうちょっと一緒にいようよ~!」

和「はぁ…。いいよ。じゃあウチ来る?」

唯(よっしゃっ!)

唯「うん!いくいく!わーい!」



132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 13:02:26.95 ID:TpuSMYbF0
律「あれ?あいつらどこ行くんだ?」

澪「唯の家ってこっちじゃないよな…」

梓「もしかして和先輩の家でしょうか?」

律「ええ?それってさすがに危なくないか!?家ん中で寒がりポイントを探すんだろ!?」

澪「う、うん…。いいのかな、和…」

紬「あら…それをりっちゃんと澪ちゃんが言っちゃうの?」

律澪「…///」カアァ

紬「ふふ。さ、唯ちゃん達を追いかけよう!」



134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 13:07:06.83 ID:TpuSMYbF0
真鍋家

和「ただいま」

唯「おじゃましまーす」

和「じゃ、部屋行こう」

唯「ほいほい!」


律「うわ…マジで和んちだぞ…」

梓「どうします?さすがに家の中には入れないし…中の様子が全然わかりませんよ」

紬「…しばらく様子見ね…」

律「だな!へへへ、張り込みみたいだな!」

澪「いや、帰ろうよ」



136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 13:12:53.94 ID:TpuSMYbF0
和の部屋

唯「あー…久々だなあ。和ちゃんの部屋!ちょっと模様替えした?」

唯(脇も首も違った…。一体、和ちゃんの寒がりポイントはどこなんだろう…)

和「うん。机の位置を変えたわ」

唯「ふうん」

和「少し寒いね…。暖房は…っと、唯はエアコン苦手だったわね」

唯「うん。ごめんねー」

唯(…はっ!)ピーン

唯「ねえねえ!窓開けて換気していい?」



138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 13:18:20.15 ID:TpuSMYbF0
和「え?そんなに空気悪いかな?」

唯「ほ…ほら!私エアコン苦手だし、はうそだしと…ってのに敏感なんだよ!」

和「ハウスダストの事?」

唯「そ…そう!はうすだすと!」

和「そう。別に換気するのはいいけど、風邪引いても知らないわよ?」

唯「大丈夫大丈夫!んじゃ、開けるね~」ガラッ



律「うわ!窓開いたぞ!隠れろ!!」ササッ

澪紬梓「!!」サササッ




140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 13:22:14.63 ID:TpuSMYbF0
律「あっぶねー…。いきなりだもんな…」

梓「やっぱり唯先輩は油断できませんね…」


唯「ん?今家の外に誰かいたような…」

和「どうしたの唯?」

唯「あ、ううん。何でもない。幻覚だよ幻覚!」

和「そ、そう…。じゃ、電気つけるね」

ポチ

和「…あれ?」

唯「んー?電気点かないね?」




143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 13:28:37.40 ID:TpuSMYbF0
和「電気切らしちゃったかな?ごめん、ちょっと換えてくるよ」

唯「あ、いいよいいよ。暗くなったら帰るし。それに夕日が窓から差し込んで中々風流ですよ~」

和「…ホントね。綺麗…。唯って、昔からそういういい感覚持ってるよね」

唯「なんてったってミュージシャンですから!」

和「ふふ…。良かったわね、軽音部に入って」


律「おい…何かおかしくないか?」

澪「う、うん…。さっきから部屋の電気がついてないぞ…」

梓「あの二人、電気もつけないで何してるんでしょうか?」

紬「幼馴染ってこういうものなの…?///」




144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 13:33:49.08 ID:TpuSMYbF0
唯(さて…こっからどうしたものか…)

和「ん…やっぱり窓開けてるとちょっと寒いわね…」

唯「!!」

唯「じゃあ、私があっためてあげるよ~」グァッ

和「…はいはい」

唯「和ちゃーん…」さわさわ

和「あなた、今日は前にも増して甘えるわね…。幼児退行?」

唯(首も脇もやっぱり違う…。…内股かな?)ススススー

和「へ?え…ちょ…ちょっと何っ?」




145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 13:41:23.04 ID:TpuSMYbF0
唯「ここかなー?」さわさわさわ

和「ちょっと…く…くすぐったいって…!何…?どういうつもりよ…!?」

唯「え?だって和ちゃん寒いんでしょ?」

和「う、うん…」

唯「だから私が寒がりポイントを刺激して、暖めてあげるよ!」

唯「暖房いらずだし、かなり地球に優しいエコじゃん?」

唯「ちょうど私も調べようと思ってたし、一石二鳥!ささ、遠慮しないで~」さわさわさわ

和「寒がりポイント…?なにそr…ってちょっと!ダメ!やめなさいってば!」ぐぐぐ…

唯「ぐにに…だ、大丈夫だよ…最初は苦痛かもしれないけどすぐ暖かくなるから…」ぐぐぐ…

和「な…そ…それって…もしかして…///」

唯「大丈夫!私にまかせて!」さわさわさわ



146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 13:42:59.82 ID:+Pg+ECT0O
ごくり



147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 13:47:45.51 ID:HC1hM+eEO
…ごくり



148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 13:48:57.31 ID:52cSFsw90
……ごくり



150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 13:50:20.07 ID:TpuSMYbF0
唯「どこだどこだ~?寒がりポイントはどこだ~?」さわさわさわ

和「だ…ダメよ!私、そんなつもりないしっ!ちょ…もうっ…!怒るわよ!?」

唯「…和ちゃんってもしかしてすごく寒がりなの?」

和「え…?いや、別にそういうわけじゃないけど…?」

唯「じゃあ大丈夫だよ!りっちゃん達も大丈夫だったし!!」ガバァ

和「何が大丈夫な…あっ…だ、ダメって言ってるでしょ…!やめて!お願い唯!やめて!?」

和(律達と普段こんな事してるの…?いつの間にこんな進んだ子に…?)

和(嬉しいような悲しいような…)

唯「大丈夫だから!怖がらないで?私にまかせてよ!私、すっごく上手なんだから!」さわさわさわ

和(…やっぱり全然嬉しくない…。悲しい…ひたすら悲しいわ私は…)



156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 14:01:20.52 ID:TpuSMYbF0
律「…なーんか嫌な予感がするんですけど…」

澪「あ、律も?私もさ…和に何か誤解されてるような…そんな気がするんだよ…」

紬「今頃、あの部屋の中では何が…///」ドキドキ


唯「内股も違う…。うーん…もしかして身体の内側なのかな?」

和「…もう気が済んだ?ならいつまでも跨ってないで、早く私の上から降りてくれない?」

唯「和ちゃん、もしかして怒ってる?」

和「当たり前でしょ!こんな事して…私じゃなかったら絶交されるわよ!?」

唯「そんなオーバーな…。もう少しで寒がりポイント見つけてあげるからもうちょっとだけ我慢してね?」さわさわ

和(…うぅ…。何かに夢中になった唯を私には止められない…もう最悪…)

唯「うーん、ここでもないかぁ…。となるとやっぱり内側…」さわさわ

和(まさか唯に押し倒されるなんて…考えた事もなかったな…ぐすっ…)



157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 14:04:45.89 ID:5UjmLHBIO
和が乱れる



158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 14:05:02.21 ID:vyikG3OAO
なんと…すばらしい



160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 14:06:48.46 ID:TpuSMYbF0
唯「ね!和ちゃん、口開けて?」

和「な、なんで?まさか…キ、キキキ…///」

唯「ほらっ!あーんして!あーん!」

和(…もう…諦めよう…。私の貞操は唯に打ち破られるんだ…)シクシク

和「あ…あーん…///」

唯「えいっ!」グニ

和「ふがっ!?」

和(な、何で舌を掴むの!?そういうのが流行ってるの!?)

唯「えいえい!」ぐにぐに

和「んがががががー!!?」

和(痛い!痛い痛い痛い!)



163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 14:12:30.08 ID:TpuSMYbF0
唯「あ…あれ?これは痛がってるのかな?」ぐにぐに

和「ふがっ!んががががー!!?」

和(痛いに決まってるでしょ!?いきなりこんな過激な事しないでよ!!!)

唯「ごめんごめん…。じゃあ、舌じゃなくて、口全体かな?」クリュッ

和「ん…っ!?///」

唯「…うーん…」クリュクリュ

和「ふ…ん…うっ…///」

唯「あはっ!やっぱりここだ!ほりゃほりゃー!」クリュチュパ

和「ん…ふっ…///」

和「あ…ゆ…唯…き、気持ちいい…かも///」

唯「えっ!?気持ちいいの!?(寒がりポイントって気持ちいいんだ…知らなかった…)」



164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 14:13:25.91 ID:BhTFfc2GO
桜丘が女子高でホントに良かったな



165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 14:14:27.57 ID:5UjmLHBIO
あぁ…男子校だったら俺が手込めにされるとこだった…



166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 14:15:34.67 ID:5UjmLHBIO
ちなみに俺の寒がりポイントは股間です



167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 14:17:24.09 ID:tDqjMmB9O
>>166
阿部さんがお前の所向かってたぞ



168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 14:18:27.88 ID:TpuSMYbF0
唯「こ…こうかな…?」クチュクチュ

和「ふ…ん…やあっ…///」チュパチュパ

唯「おわっ!?(和ちゃん、おしゃぶりじゃないんだから…)」チュパチュパ

和「んっ…んふぅ…っ…///」チュパチュパ

唯(赤ちゃんみたい…)チュパチュパ

和「はっ…はぁっ…///」

唯「うん!そろそろ暖まったみたいだね!!」チュポン

和「へっ…?///」

和(え?お、終わり?…この子、何がしたかったのかしら…)

唯「暖かくなってよかったね和ちゃん!」

和「え…う、うん…///」

和(良かったような良くないような…)




174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 14:23:02.79 ID:TpuSMYbF0
律「うーん…いくら様子見てても全然わからないな…」

紬「うん…残念ね…」ガックリ

澪「そうだな。窓開けてるのに全然、話し声も聞こえてこな…」



唯『えっ!?気持ちいいの!?』

和『ふ…ん…やあっ…///』



律澪梓「」

紬「ふふ…ばっちり聞こえてきたね♪」




176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 14:29:06.33 ID:TpuSMYbF0
和『はっ…はぁっ…///』


澪(き…聞こえない聞こえない…///)

律「も…もう帰ろう!帰ろうぜ!!///」

梓「はい…聞いてはいけないものを聞いてしまった気がします…」

紬「///」ウットリ

律「おいムギ!帰るぞ!!」

紬「///」ポワーン

律「ムギ!!」

紬「へっ…?あ、ああ…ごめんなさい!つい…///」

澪「か、帰ろう…。さすがにこれ以上は和に申し訳ない…」

紬「う、うん。ちょっと名残惜しいけど…」




177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 14:31:00.14 ID:p8vTk8bT0
ぽわーん



178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 14:36:47.03 ID:hear8+uiO
和が乱れるだと・・・



179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 14:37:24.40 ID:TpuSMYbF0
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・
・・

和「だから!!そういう事を言ってるんじゃないの!!」ガミガミ

唯「は…はい…」

和「あんな風にムリヤリするのは犯罪なんだからね!?いくら友達でもやっていい事と悪い事があるのよ!!?」

唯「はい…。で、でも私は和ちゃんを暖めてあげようと…」

和「暖めるなら他にいくらでも方法があるでしょ!?よ…よりによってあんな恥ずかしい方法…///」

唯「はずかしい?和ちゃん恥ずかしかったの?」

和「当ったり前でしょ!!?今度やったらもう絶交だからね!!」

唯「や、やだ…!和ちゃんと絶交したくない!わかった!もう和ちゃんにはしないよ…」

唯(和ちゃん、頭まで熱くなっちゃった…。やりすぎたのかな?内側は敏感なんだな、きっと…)



181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 14:48:24.45 ID:TpuSMYbF0
翌日

音楽室

律「…」

澪「…」

梓「…」

紬「…」ニコニコ

律「お前ら、何か喋れよ…」

梓「え、えーと…」

澪「き、昨日のが…ちょっと刺激強すぎて頭から離れなくて…」

紬「あら?澪ちゃんとりっちゃんは慣れっこだと思ってたわ」ニコニコ

律澪「…///」



182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 14:54:38.96 ID:TpuSMYbF0
梓「え?そうなんですか?高2になると習うとか…?」

律(習わねーよ)

澪「う…///そ、それよりさ、昨日の事なんだけど…」

紬「ええ♪電気もつけないで部屋に二人っきりで…何してたのかしら?♪」ニコニコ

澪「あの二人って…そういう仲だったのかな?私、今日まともに和の顔見れなかったよ…」

梓「そういう仲?どういう事ですか?」

律「おい梓。カマトトぶるなよな。昨日お前もあの声聞いてびっくりしてたじゃん」

梓「はい…。なぜかこう…背徳感みたいなのが沸いてきました。何なんでしょうね?この感じ」

澪(本能ではわかってるんだな…)

律(まさに猫…)




185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 15:00:21.23 ID:TpuSMYbF0
律「じゃあさ、梓猫は発情期とかあんの~?」

澪「こら律!!」

梓「梓猫って…。ていうかなんですか?はつじょーきって」

紬「あらあら♪」

律(マ、マジかよ…)

梓「気になります!教えてくださいよ」

律(何て純真な笑顔…直視できねぇ…)

澪(梓が無垢すぎるのか、私が思いのほか汚れてるのか…)

律「え、えーと…発情期ってのはだなぁ…」

律(ぐっ…!自分で言い出しておいて、説明するとなるとメチャクチャ恥ずかしい!!///)



187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 15:06:20.77 ID:TpuSMYbF0
梓「私、猫は好きですけど実はあんまり猫の事よく知らないんです…」

梓「だから教えてください!はつじょーきって何ですか!?」

律「え、えーと…アレだ…こう…やる気が漲ってきて、やるぞー!って気持ちになる時期の事だよ…」

律「なーんつって…ナハ…ナハハハハ…」

梓「やる気ですか?それなら私はいつもやる気ありますよ?」

梓「ていうか先輩達がやる気なさすぎるんですよ!もっと頑張りましょう!」

律「お…おう…」

梓「ですから、私は年中はつじょーきですね!」

律(お、おい澪…!)

澪(う、うるさい!私を巻き込むな…!)



188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 15:07:53.73 ID:IrSDNeTl0
梓ww



189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 15:08:18.27 ID:f1V8Muhc0
無垢なあずにゃん可愛ええええええええええええええええええ



190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 15:11:28.69 ID:Nx0orFBD0
全身性感帯
なおかつ年中発情…

フヒッ



191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 15:12:00.85 ID:p8vTk8bT0
年中発情期www



192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 15:14:51.47 ID:TpuSMYbF0
紬「うふふ///梓ちゃんったら…」

バターン!

唯「みんなー!おいーっす!!」

律「ゆ、ゆゆゆ唯!遅いぞ!な、何やってたんだよ!?」

澪「そ、そそそそうだぞ!!」

唯「え?だから私今週は掃除当番だってば」

律「お、おう…そうだったな…」

唯「もう…りっちゃんって忘れっぽいなあ」

紬「ねえ、唯ちゃん、それより和ちゃんの寒がりポイントはどこだったの?」

唯「あ、うん!和ちゃんはね、口の中だったよ!!」

唯「あと身体の内側の寒がりポイントは、とっても熱くなるって事も発見したよ!!」

律澪「」

紬「ブファッ!?///」



193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 15:17:20.95 ID:52cSFsw90
人間はいったん発情したら一生発情期なのにゃん
だからあずにゃんも…ウフフ

あずにゃんにゃん!あずにゃんにゃん!



194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 15:17:26.36 ID:f1V8Muhc0
このあずにゃんに全ての真実を話して真っ赤にさせたい



197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 15:21:39.19 ID:TpuSMYbF0
梓「…口の中って寒くなるんですか?」

唯「うん。そうみたい。口の中をこねくり回したら、和ちゃん、身体震わせてたし」

梓「へえ…。不思議ですね」

律(口の中…///)

澪(ていうか身体の内側ってどこ!?どこをいじったんだ!?///)

紬(まさかそこまでするなんて…唯ちゃん、凄すぎるわ…///)

唯「でもね、その後和ちゃんにいっぱい叱られちゃったよ…。やっぱり強引なのはよくないんだね…」

律澪(ご…強引に…!?)

紬(待って!ちょっと待って!もう頭の中が整理できない!!)ポタポタ




199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 15:27:01.55 ID:TpuSMYbF0
唯「で、今日はムギちゃんの番じゃん?いよいよ大詰めなんだけど…」

律澪(ゴクリ…)

唯「強引なのは良くないから、ちゃんとムギちゃんの許可を貰ってから寒がりポイントを探したいんだ」

唯「ムギちゃん、いい?」

紬「う、うん…いいよ…。でもあんまり激しいのはやめてほしいな…」

律澪(いいのかよ)

唯「もちろん!熱くなりすぎても身体に悪いもんね」

紬「あの…お手柔らかにお願いします…///」

律(こ、ここでおっぱじめる気だこいつら…)

澪(うぅ…見たくないような…ちょっと見てみたいような…)



203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 15:34:34.92 ID:TpuSMYbF0
唯「じゃあ早速!えへへー、例によって今日も手袋しないで手を冷やして来ました!」

律(まあ手が冷たいとかは関係ないんだけどな…)

紬(う…いざやられる側になるとちょっと怖いわ…)

唯「じゃあ、ムギちゃん!いっくよー?」

紬(でもここまで来たら引けないし…)

紬「う、うん…。どうぞ、唯ちゃん…///」

唯「まずは首筋から!」さわさわ

紬「きゃっ…く、くすぐったい…」

唯「やっぱりムギちゃんの身体は元々暖かいねー。これは強敵だよ!」さわさわ

紬「う…うぅ…」

律澪「ゴクリ…」




207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 15:40:43.80 ID:TpuSMYbF0
唯「次は内股かなー」さわさわ

紬「うっ…つ、冷たぁーい…」

唯「おおー!すごいよムギちゃん!澪ちゃんの太股より暖かいよ!!」さわさわ

律澪梓(そんなに暖かいんだ…)

唯「スベスベだし、触ってて気持ちいいよー!」

紬「う、うん…ありがとう…?」

唯「あ、そう言えばね、寒がりポイントって人によっては気持ちいいらしいんだ~」

律澪(まぁ、元々そういう場所だもんな…)

唯「ムギちゃんの場合はどうなんだろうね?」さわさわ

紬「ど、どうなのかしら…?」

紬(さすが唯ちゃん…繊細でいて、大胆な手つき…///)




208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 15:44:50.52 ID:TpuSMYbF0
唯「うーん…内股も違うかぁ。じゃあやっぱり…」

紬「…?」

唯「ムギちゃん、口開けて?」

紬「え…///」

律澪(え…ええええええええええ!?ま、まさかここでキ、キキキキ…///)

唯「はい、あーんして!あーんって!」

紬(何で唯ちゃんはこんなに恥ずかしげもなくできるのかしら…)

紬「あ…あーん///」

唯「えいっ」ぐに

紬「ふごぉっ!!?」

律澪梓「」



211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 15:50:44.10 ID:TpuSMYbF0
唯「えいえいっ!」ぐにぐに

紬「んがっ…!ふがががぁー?!」

紬(痛い痛い痛い!!何で舌を引っ張るの!?)

澪「…」ポカーン

律「なんだこれ…」

梓「唯先輩の感覚はよくわからない…」

唯「わあー…ムギちゃんって舌もあったかいね」ぐいぐい

紬(ちょ…痛い痛い!千切れる!千切れるからっ!!)

紬「んがががががっ!!んぐうぅっぅ!!…ぷはっ!」

紬「違うから!!寒がりポイントは舌じゃないから!!引っ張るのやめて!?」

唯「え?そ、そう?えへへ…ゴメンゴメン」




213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 15:57:32.02 ID:TpuSMYbF0
唯「じゃあ口の中かな?」ぐい

紬「んが…っ!?ちょっ…口の中も違います!痛いから口をいじるのはやめて!?」

唯「あう…ごめん…。じゃあ身体のほうを念入りにチェックするよ…」スススス

紬「ふぅ…び、びっくりした…」

律「なぁ…もしかして今の和にもやったのか?」

唯「うん!やったよー」さわさわ

澪「そりゃ和も怒るだろうな…」

律「しかも無理矢理…。最悪だな…。私なら死を覚悟するよ…」

唯「そんなー…大袈裟だよみんな」さわさわ




214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 16:02:38.93 ID:TpuSMYbF0
唯「うーん…それにしても寒がりポイント見つからないなぁ…」もぞもぞ

律「なんかもう、制服の中に手を入れるのも普通になってきたな…」

澪「慣れって怖いな…」

紬「あ…もう…くすぐったいわ唯ちゃん…」

唯「うーん…やっぱり内側にあるのかなぁ…」

紬(ふふふ…唯ちゃん…確かにあなたの手つきは天性のものね…。内側っていうのもいいカンしてるわ…)

紬(でも私の性感帯もとい、寒がりポイントはそう簡単に見つからないわよ…)

唯「うーん…どこなんだろう…」もぞもぞ

紬(うふふふ…私の寒がりポイントは…)



紬(子宮口よ!!!)



215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 16:03:23.90 ID:Mf79nYUA0
やっぱり!!!!



216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 16:07:01.97 ID:TpuSMYbF0
唯「さすがラスボス…一筋縄じゃいかないね!」もぞもぞ

唯「でもそれでこそ探しがいがあるよ!よーし!やーるぞー!!」モミモミモミ

律「なあ澪…もう唯のヤツ、ムギの全身触ってるよな…」ひそひそ

澪「うん…。でもまだ見つからないって事は…」ひそひそ

律「や…やっぱりあそこしかないよな…///」ひそひそ

澪「…うん///ていうか、もう普通に胸揉んでるんだけど…」ひそひそ

紬(ふふふ…さすがに降参かしら…?)

唯「うーん…」モミモミモミ



217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 16:08:01.41 ID:az2700U1O
ムギwwww



218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 16:10:26.93 ID:vyikG3OAO
ムギ強ぇ



221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 16:12:05.50 ID:TpuSMYbF0
紬「唯ちゃん、降参してもいいのよ…?」

唯「なんの!まだまだー!」モミモミモミ

唯「でいやぁー!」モミモミモミ

律「つーかお前、さっきから胸揉んでばっかじゃん…」

唯「でへへ…ふかふかで気持ちよくってつい…」モミモミモミ

唯「もうちょっとだけ!」モミモミモミ

紬「唯ちゃん、それじゃあいつまでたっても寒がりポイント見つからないわよ?」

唯「うーん…難しいなぁ…どこなんだろう…」モミモミモミ

紬(さすがに…お手上げみたいね。…ん///)

紬「ん…ふぅっ…///」

紬(え?あ、あれ…?)



222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 16:15:49.10 ID:vyikG3OAO
お?



223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 16:18:34.66 ID:TpuSMYbF0
唯「お?今のもしかして…」モミモミモミ

紬「あっ…やっ…ウ…ウソッ!?///」

紬「はぁっ…あっ…あん…///いやっ…な、なんで…ぇっ?///」ガクガク

唯「わはー!ムギちゃんの寒がりポイントはオッパイだったんだね!!」モミモミモミ

紬「そっ…そんなはずは…///あ…ああああっ///」ガクガクガク

唯「そりゃそりゃー!」モミモミモミモミ

紬「あっ…だめっ!そんな激しく…あ…いやっ…ふああああっ///」ペタン…

唯「…やった!ムギちゃんも暖める事ができた!!わーい!!」

律(こ…こいつ…!)

澪(ムギの…か…身体を…)

律澪(開発しやがった…!!)




224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 16:18:41.76 ID:p8vTk8bT0
ざわざわ・・・



225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 16:20:00.67 ID:f1V8Muhc0
さすが魔法の手



226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 16:21:13.56 ID:vyikG3OAO
>律澪(開発しやがった…!!)
wwwww



227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 16:22:57.13 ID:qpfGnUTY0
※こっから全員開発されてヌルヌルドロドロな展開になります



228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 16:24:25.62 ID:TpuSMYbF0
紬「はぁっ…はぁっ…///」ぐったり

唯「ごめんねムギちゃん…。ちょっと熱くしすぎちゃったかな…?」

紬「…ふふ…どうやら私の負けね…。恐れ入ったわ…唯ちゃん…」

唯「えへへ///」

唯「私の魔法の手にかかれば、寒がりポイントを見つける事なぞ造作も無いことよ!!」

唯「わははははー!!」

律澪(こ…怖すぎる…)

梓「何でだろう…。唯先輩に暖められてるムギ先輩を見てたら、私まで熱くなってきました…」

唯「なんですと?…なるほど…そうか…!わかったよあずにゃん!!世紀の大発見だよ!!!」



230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 16:30:11.84 ID:TpuSMYbF0
梓「大発見?」

唯「うん!寒がりポイントの刺激によって生まれた熱は、人に伝染していくんだよ!」

唯「多分、人間はそれと気づかずに刺激してて、その熱がどんどん伝染していったんだよ。地球規模で…」

唯「そうしたらどうなると思う…?」

梓「…?…あ、ち…地球温暖化…?」

唯「そう!そうなんだよ!エコだと思ってた寒がりポイントの刺激が、環境破壊の原因だったんだよ!!」

梓「なるほど…。皮肉な話です…。でも確かにすごい発見ですね」

唯「うん…。人間って悲しいね…」ホロリ

律「何言ってんだこいつら」



233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 16:37:44.54 ID:TpuSMYbF0
梓「唯先輩…私今まで先輩の事、変な人とかドジな人って思ってました…」

梓「でも違いました!先輩は天才です!私、今すっごく唯先輩の事尊敬してます!」キラキラ

唯「へへ…照れるよあずにゃん。そんな事言われちゃったら私…あずにゃーん!!」ぎゅう

梓「わっぷ!私、全身寒がりポイントなんですから、やめてください!ち、地球が…」

唯「地球なんかより、あずにゃんのほうが大事だよー!」スリスリ

梓「ゆ…唯先輩…///ん…暖かい…///」

唯「あったかあったか~!!」

紬「うふふ…やっぱこれよね///」

澪「おい…律…」

律「…もう放っとこう、こいつらは」



234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 16:40:31.32 ID:gbapwdQG0
全身せーかんたいで年中はつじょーきのあずにゃんを好きな時に抱きしめられる環境を想像したら
ちょっと心が揺らいだ



235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 16:40:42.41 ID:vyikG3OAO
今日も軽音部は平和でした



236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 16:42:28.46 ID:TpuSMYbF0
翌日

1年生の教室

純「うう…さっきの体育寒かったね…」ブルブル

憂「うん…最近寒いよね…」ブルブル

梓「ふたりともだらしないよ。もっとやる気出さなきゃ!」

憂「梓ちゃん、元気だね…」

梓「うん!私は年中はつじょーきだもん!」

純「…は!?」

憂「あ…梓ちゃん、いきなり何を言って…」

梓「二人のはつじょーきはいつなの?」

純「え?…い、いや…」

憂「わかんないけど…」



239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 16:47:07.39 ID:TpuSMYbF0
梓「ていうかさ、私が元気なのに憂が寒がってるっておかしくない?」

憂「…そうかな?」

梓「だって私は全身がせーかんたいなんだよ?普通に考えて面積が広い私のほうが寒くなりそうだよね」

純「ちょ…あ、梓!?」

憂「あの…梓ちゃん…ちょっと落ち着いて?ね?」

梓「だって私、唯先輩から聞いたんだから」

梓「憂のせーかんたいは脇だって!!」

純「え///」

憂「」






240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 16:47:22.64 ID:vyikG3OAO
あずにゃん…かわえぇー



244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 16:49:31.89 ID:QHF0RfgSO
おばかかわいいw



246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 16:50:45.55 ID:IrSDNeTl0
なんか知らんけど面白かったwww乙ww



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking livedoor Blog Ranking

この記事へのコメント
アニメに忠実だな、オチもあるしw
2009/10/21(水) 18:44:38 | No.3607 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
なにこの素晴らしい
2009/10/21(水) 18:51:00 | No.3608 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
面白すぎるww
2009/10/21(水) 19:39:14 | No.3609 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
せいかん!
2009/10/21(水) 20:00:25 | No.3610 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
正直興奮した
2009/10/21(水) 20:25:02 | No.3611 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
綺麗にまとめたな
すごくいい・・・色々いい・・・
2009/10/21(水) 23:41:20 | No.3612 |   | #-[ 編集]
唯レベル高すぎワロタ
2009/10/22(木) 00:12:21 | No.3613 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
乱れるさわちゃんが見たかった…
2009/10/22(木) 07:49:20 | No.3614 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
これは素晴らしいものだ
これは素晴らしいものだ
2009/10/22(木) 12:32:43 | No.3615 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
エロい上に笑える上に癒される
これぞ至高のSSだ
2010/08/26(木) 07:30:31 | No.7261 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
これ書いてる人って上のギコギコと同じ人なんだな…
マジで天才すぎるだろ
2010/08/28(土) 20:50:24 | No.7327 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/11/13(土) 03:18:17 | No.7838 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://minaminoxxxsummer.blog49.fc2.com/tb.php/683-03d81daf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。