戯言ニュース

ほとんどVIPのまとめ。

HeadLine
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

律「ドラムは楽しいぜ!」
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/04(日) 21:58:39.01 ID:6lGN/bvB0
看守「さあ、このドラム缶を決まった位置まで押し
   そのあと、また元の位置に戻すのだ。今日は100往復したらメシを食わせてやる
   ドラム担当の貴様にはぴったりの仕事だな。クックック」

律「はい」

ズズ……ズズズ…

律「…」



2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/04(日) 22:00:13.02 ID:RBkqpwB30
                 ___ _
  ┏┓           ..イ/===\`丶、                    ┏┳┓
┏┛┗┓        /: : :リ´ヽ`´/ ヽ: く          ┏━━━┓┃┃┃
┗┓┏┛┏━━━━ j: : : :|ァぇ   ィぇ.ト: :',━━━━┓┗━━┓┃┃┃┃
  ┃┗┓┗━━━━<:._| : 代リ  ヒリ |: : |━━━━┛  ┏━┛┃┗┻┛
  ┗┓┃       ∠ い: :.ゞ r‐┐" 八 :|.          ┗━━┛┏┳┓
  ┏┛┃         |ハ: ト ゝノ イ/ V                   ┗┻┛
  ┗━┛          ./ヽ{\又「:^ヽ   /
              \{:::::::: ̄ ̄\:::〉 /
                 j\ーッ-、::::::/^フ
                /::::::(⌒}}_>ヘ‐’
               ./:::::::::::〉く丁::::::|
              〈:::::::::::/ o | ::::::|
              ∧::::::/ o |::::::ノ
              \\|\∧/|/〉
              {7∨_」__」┬┘
              じ∨   |  ,′
                 \_,ノ ./
                />イ /
                {_ン'¨´



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ 律「ドラムは楽しいぜ!」
3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/04(日) 22:01:10.70 ID:6lGN/bvB0

律「終わりました」

看守「ンッンー?すまんな。50往復辺りから見ていなかった
   もう一度、あと50往復してくれないか?」

律「…」

看守「どうした?」

律「はい…」



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/04(日) 22:06:20.19 ID:6lGN/bvB0

律「ぜーはーぜーはー…お、終わりました」

看守「ご苦労、今日はもう飯を食って寝ろ。明日もまた同じ時間に来るように」

律「はい」

律(くそっ、いつまでこんな意味の無いこと続けさせるつもりだ)




5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/04(日) 22:14:21.68 ID:6lGN/bvB0

世界崩壊
宇宙から落とされたミサイルにより地球は荒廃
それに伴い世界政府の暴走
新政府に反発した者は捕らえられ、収容所で強制労働を強いられていた
律もその一人である

律「ハア~、そのミサイルを落とした張本人が、まさか唯とはな~」

世界政府も、既に唯の手の中であった




6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/04(日) 22:19:37.82 ID:6lGN/bvB0

~食堂~

モグモグ モグモグ

律「まっず、くっさ」モグモグ

紬「そう言いながらしっかり食べるのね」

律「ようムギ、マズイけど食べないと死んじまうからな」

紬「そうね、私は未だに慣れないけど」



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/04(日) 22:28:28.90 ID:6lGN/bvB0

紬「ところで、知ってる?」

律「なに」モグモグ

紬「収容所内に反政府レジスタンスがあるって」

律「知らないよ」モグモグ

紬「そう。私、レジスタンスの一員なのよ」

律「マジで?」




9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/04(日) 22:33:18.38 ID:6lGN/bvB0

紬「それでね、りっちゃんもレジスタンスに入って欲しいなって」

律「えー」

紬「ねっね、どう?」

律「いや、どうせ無理だろう。相手は世界政府だぞ」

紬「話しを聞くだけでもいいから、ね」

律「まあ、それくらいなら」




11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/04(日) 22:38:24.23 ID:6lGN/bvB0

紬「やった、善は急げのレッツゴー」

律「お、おい引っ張るな、メシ食ってから行くよ
  モグモグ、うぉっマズ、オェ、くっさ、モグモグ」

―――――

紬「ここよ」

律「へえ、隠し扉。これなら看守も気が付かないな」


律「おじゃましまーす」




12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/04(日) 22:45:24.67 ID:6lGN/bvB0

団員「!?…誰だ貴様は、死ねえ!」

ブンッ

突然、大男から振り下ろされた棍棒
それを間一髪でかわした律
ドラム演奏での瞬発力が役に立った!!

律「おわっ!?何だよいきなり」

団員「政府の犬め、ここを見つけられたからには生かして返さん」

律「え?ちょ、違うよ!」

団員「問答無用」

?「やめなさい!!」




13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/04(日) 22:48:52.71 ID:6lGN/bvB0

?「その人は味方です」

団員「は、すいませんリーダー」

?「まったく、見境無いんですから」

―――――

?「お久しぶりです、怪我は無かったですか」

律「その声は…」



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/04(日) 22:51:07.68 ID:6lGN/bvB0
       ̄ ̄ ̄\           / ̄ ̄ ̄
            \/ ̄  ̄ ̄\/
            / へ   へ \
          /   ●   ●   \
          |   \___/    |          AZUSA NAKANO
          \    .\/    /   
         //,,― -ー  、 , -‐ 、\
       ./::(   , -‐ '"      ):::::\
      ./:::::::::::::`;ー" ` ー-ー -ー'::::::::::::::\
    ./:::::::::::::::::::::l           l:::::::::::::::::::::\
   /::::::::::::::::::::::::::l           l::::::::::::::::::::::::::\

律「梓じゃねーかーーーー!!!?」




15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/04(日) 22:55:14.64 ID:6lGN/bvB0

律「おまえもこの収容所に…
  というか、レジスタンスのリーダーだったのか」

梓「はい、なんか色々あって気が付いたらリーダーになってました」

梓「それより、ムギ先輩から話は聞きましたか?」

律「あー、レジスタンスに入れってやつか」

梓「ええ」




16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/04(日) 22:57:49.80 ID:5MHN0jCi0
ゴキにゃん!



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/04(日) 23:00:15.82 ID:K4Q4Mq2tO
ミュータントあずにゃん



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/04(日) 23:01:21.92 ID:6lGN/bvB0

律「ムギにも言ったが……無理だよ。
  相手は世界政府だ、かないっこないさ」

梓「そうですか…」

律「でもな、唯があんな風になっちまったのは
  私にも責任があると思ってる」

律「仲間である私が、もう少し気にかけていたら
  こんなことにはならなかったかも知れない」
  
梓「……ふふふ」




19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/04(日) 23:05:51.89 ID:6lGN/bvB0

律「な、なんだよっ」

梓「いえ、ムギ先輩も私達の仲間に入る時に同じことを言ったんです
  そして、私もそう感じています」

律「そうか」

紬「ということは、りっちゃん。レジスタンスに入ってくれるのね」

律「ああ、一生ドラム缶押して臭いメシ食うくらいなら
  なんとかやってみるさ」




20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/04(日) 23:13:10.04 ID:6lGN/bvB0

梓「ありがとうございます。
  ですが、まずは先輩の力を試させてもらいます
  弱い人はレジスタンスには必要ありませんから」

律「いいよ」

梓「私と勝負して勝ったら、レジスタンスに入る…ということで」

紬「そんな、梓ちゃん」

律「いいんだムギ。弱い奴がレジスタンスに入ったりしたら死んじまうだけ
  それに仲間も危険にさらされる。梓は正しいよ」



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/04(日) 23:16:13.42 ID:6lGN/bvB0

梓「……御理解、感謝します」

律「それで、勝負方法は?」

梓「ドラムです」

律「は、本気か?
  知ってるだろ、私はドラムでオリンピック代表選手だったんだぜ」

梓「御託は良いです、やるんですか?」

律「ああ、いいよ」




22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/04(日) 23:17:55.83 ID:6lGN/bvB0

【ドラムチックバトル】

※ルール

・選手は1対1で戦う

・選手には1つずつドラムが与えられ
 ドラムを指定の位置まで押す→元の位置に戻すを5回繰り返す(五往復)

・早かった方が勝ち




23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/04(日) 23:21:06.11 ID:6lGN/bvB0

団員「田井中律 VS 中野梓」

団員「プリズンルール」

団員「よーーーーい」

律「おい、ちょっと待て!プリズンルールってなん…」

団員「ドン!!」



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/04(日) 23:26:58.92 ID:2NUiHMjC0
なんだこれはww



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/04(日) 23:30:40.85 ID:6lGN/bvB0
            ´: : : : : : : : : : : \_
          /: :.{ニ二二二二二ニヘ : : ヽ
       /: : : : !\: : :\: :j /:/ ∧.: : :{                     ̄ ̄ ̄\           / ̄ ̄ ̄
        //: : : :.|´ ̄ ̄`^ ^´ ̄ ̄`| : : :|                          \/ ̄  ̄ ̄\/
      ′: : |: :.|              |: : : |                          / へ   へ \
     i :| : : |: :.|   \   /   |: : :│                       /   ●   ●   \
     | :| : : |: :.|  (●)  (●)  j: : : :|        VS             |   \___/    |
     / (l : 八: :ト   (__人__)  /:/:..: :|                       \    .\/    /
   //从.: : :ヽ:l     ` ⌒´  /:イ: : : :|                     //,,― -ー  、 , -‐ 、\
.    厶-∧ : : : |           | : : : | ノ                   ./::(   , -‐ '"      ):::::\
      厶ヘ: : : トu.        ノ|: :∧j                    ./:::::::::::::`;ー" ` ー-ー -ー'::::::::::::::\
       /:::::'.; :.|::::l` ーr-z-=七´:::| /ヽ                ./:::::::::::::::::::::l           l:::::::::::::::::::::\
     /:::::::::::::∨\|  /ヘ、 |::/::::::´::::::〉              /::::::::::::::::::::::::::l           l::::::::::::::::::::::::::\
            RITHU                                   AZUSA
           HP4000                                   HP2000

 おい、説明しろ梓!プリズンルールなんて                そうですか、それなら今から教えてあげますよ
  聞いたことないぞ!                               その身にじっくりとね!!




27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/04(日) 23:35:42.09 ID:6lGN/bvB0
            ´: : : : : : : : : : : \_
          /: :.{ニ二二二二二ニヘ : : ヽ
       /: : : : !\: : :\: :j /:/ ∧.: : :{                     ̄ ̄ ̄\           / ̄ ̄ ̄
        //: : : :.|´ ̄ ̄`^ ^´ ̄ ̄`| : : :|                          \/ ̄  ̄ ̄\/
      ′: : |: :.|              |: : : |                          / へ   / \
     i :| : : |: :.|   \   /   |: : :│                       /   ●   ●   \
     | :| : : |: :.|  (●)  (●)  j: : : :|        VS             |   \___/    |
     / (l : 八: :ト   (__人__)  /:/:..: :|                       \    .\/    /
   //从.: : :ヽ:l U   ` ⌒´  /:イ: : : :|                     //,,― -ー  、 , -‐ 、\
.    厶-∧ : : : |           | : : : | ノ                   ./::(   , -‐ '"      ):::::\
      厶ヘ: : : トu.        ノ|: :∧j                    ./:::::::::::::`;ー" ` ー-ー -ー'::::::::::::::\
       /:::::'.; :.|::::l` ーr-z-=七´:::| /ヽ                ./:::::::::::::::::::::l           l:::::::::::::::::::::\
     /:::::::::::::∨\|  /ヘ、 |::/::::::´::::::〉              /::::::::::::::::::::::::::l           l::::::::::::::::::::::::::\

           HP3600                                   HP2000

  ぐああ!!何すんだ、急に殴りかかってくるなんて             これがプリズンルール!!
                                         何でもありってことなんですよおおおおお!!
                                           
ほらほらほらほらほらほらほらぁぁーー!!!



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/04(日) 23:41:05.06 ID:6lGN/bvB0
            ´: : : : : : : : : : : \_
          /: :.{ニ二二二二二ニヘ : : ヽ
       /: : : : !\: : :\: :j /:/ ∧.: : :{                     ̄ ̄ ̄\           / ̄ ̄ ̄
        //: : : :.|´ ̄ ̄`^ ^´ ̄ ̄`| : : :|                          \/ ̄  ̄ ̄\/
      ′: : |: :.|              |: : : |                          / へ   / \
     i :| : : |: :.|   \   /   |: : :│                       /   ●   ●   \
     | :| : : |: :.|  (●)  (●)  j: : : :|        VS             |   \___/    |
     / (l : 八: :ト   (__人__)  /:/:..: :|                       \    .\/    /
   //从.: : :ヽ:l U   ` ⌒´  /:イ: : : :|                     //,,― -ー  、 , -‐ 、\
.    厶-∧ : : : |           | : : : | ノ                   ./::(   , -‐ '"      ):::::\
      厶ヘ: : : トu.        ノ|: :∧j                    ./:::::::::::::`;ー" ` ー-ー -ー'::::::::::::::\
       /:::::'.; :.|::::l` ーr-z-=七´:::| /ヽ                ./:::::::::::::::::::::l           l:::::::::::::::::::::\
     /:::::::::::::∨\|  /ヘ、 |::/::::::´::::::〉              /::::::::::::::::::::::::::l           l::::::::::::::::::::::::::\

           HP3000                                   HP1900

  つ、強い!!こうなったら…アレしかない                  どうしたんですか?
                                           何かあるんだってンなら見せてくださいよ!!

紬「そうよ、りっちゃん!アノ技を…ッ!!」



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/04(日) 23:47:04.26 ID:6lGN/bvB0
            ´: : : : : : : : : : : \_
          /: :.{ニ二二二二二ニヘ : : ヽ
       /: : : : !\: : :\: :j /:/ ∧.: : :{                     ̄ ̄ ̄\           / ̄ ̄ ̄
        //: : : :.|´ ̄ ̄`^ ^´ ̄ ̄`| : : :|                          \/ ̄  ̄ ̄\/
      ′: : |: :.|              |: : : |                          / \   / \
     i :| : : |: :.|   \   /   |: : :│                       /   ●   ●   \
     | :| : : |: :.|  (〇)  (〇)  j: : : :|        VS             |   \___/    |
     / (l : 八: :ト   (__人__)  /:/:..: :|                       \    .\/    /
   //从.: : :ヽ:l     ` ⌒´  /:イ: : : :|                     //,,― -ー  、 , -‐ 、\
.    厶-∧ : : : |           | : : : | ノ                   ./::(   , -‐ '"      ):::::\
      厶ヘ: : : トu.        ノ|: :∧j                    ./:::::::::::::`;ー" ` ー-ー -ー'::::::::::::::\
       /:::::'.; :.|::::l` ーr-z-=七´:::| /ヽ                ./:::::::::::::::::::::l           l:::::::::::::::::::::\
     /:::::::::::::∨\|  /ヘ、 |::/::::::´::::::〉              /::::::::::::::::::::::::::l           l::::::::::::::::::::::::::\

           HP9999↑                                   HP1800

  おおおおおおおおぉぉぉぉ!!!!                     ふふ、出してきましたね

紬「出たわ!!りっちゃんの空海状態(モード・クウカイ)!!」

団員「オリンピックのテレビで見たことあるぜ、あの技を出されて勝てた選手はいない」




31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/04(日) 23:52:35.23 ID:6lGN/bvB0
       ̄ ̄ ̄\           / ̄ ̄ ̄
            \/ ̄  ̄ ̄\/
            / \   / \
          /   ●   ●   \   両足で強く大地を踏みしめ、自らの身体能力を限界まで高める技…
          |   \___/    |    確かに厄介です。しかし、その隙の大きさは迂闊ですよ!!
          \    .\/    /   いくですッッ!!
         //,,― -ー  、 , -‐ 、\
       ./::(   , -‐ '"      ):::::\
      ./:::::::::::::`;ー" ` ー-ー -ー'::::::::::::::\
    ./:::::::::::::::::::::l           l:::::::::::::::::::::\
   /::::::::::::::::::::::::::l           l::::::::::::::::::::::::::\


32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/04(日) 23:58:44.22 ID:6lGN/bvB0
                     バシュウウ
              / ̄  ̄ ̄\
            / \   / \
          /   ●   ●   \   アーマーパージ!
          |   \___/    |   
          \    .\/    /   
         //,,― -ー  、 , -‐ 、\
       ./::(   , -‐ '"      ):::::\
      ./:::::::::::::`;ー" ` ー-ー -ー'::::::::::::::\
    ./:::::::::::::::::::::l           l:::::::::::::::::::::\
   /::::::::::::::::::::::::::l           l::::::::::::::::::::::::::\

           l ̄\     / ̄l 
           l  / ̄  ̄ ̄\   l  ピョコン
           l / \   / \l
          /   ●   ●   \    ネコミミ展開!
          |   \___/     |   
          \    .\/    /   
         //,,― -ー  、 , -‐ 、\
       ./::(   , -‐ '"      ):::::\
      ./:::::::::::::`;ー" ` ー-ー -ー'::::::::::::::\
    ./:::::::::::::::::::::l           l:::::::::::::::::::::\
   /::::::::::::::::::::::::::l           l::::::::::::::::::::::::::\




33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 00:08:09.25 ID:4QyLs8AC0
           l ̄\     / ̄l 
           l  / ̄  ̄ ̄\   l 
           l / \   / \l    このスピードについてこれますか!?
          /   ●   ●   \   吹き飛べ!!
          |   \___/     |   Das Anhangsel von einer Kuchenschabe
          \    .\/    /   und der Katze.
         //,,― -ー  、 , -‐ 、\   (猫と黒い悪魔の追いかけっこ)
       ./::(   , -‐ '"      ):::::\
      ./:::::::::::::`;ー" ` ー-ー -ー'::::::::::::::\
    ./:::::::::::::::::::::l           l:::::::::::::::::::::\
   /::::::::::::::::::::::::::l           l::::::::::::::::::::::::::\


34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 00:13:31.27 ID:4QyLs8AC0
            ´: : : : : : : : : : : \_
          /: :.{ニ二二二二二ニヘ : : ヽ
       /: : : : !\: : :\: :j /:/ ∧.: : :{                          l ̄\     / ̄l
        //: : : :.|´ ̄ ̄`^ ^´ ̄ ̄`| : : :|                         l  / ̄  ̄ ̄\   l
      ′: : |: :.|              |: : : |                         l / \   / \l
     i :| : : |: :.|   /   \   |: : :│                       /   ●   ●   \
     | :| : : |: :.|  (>)  (<)  j: : : :|        VS             |   \___/  U |
     / (l : 八: :ト   (__人__)  /:/:..: :|                       \    .\/    /
   //从.: : :ヽ:l     ` ⌒´  /:イ: : : :|                     //,,― -ー  、 , -‐ 、\
.    厶-∧ : : : |           | : : : | ノ                   ./::(   , -‐ '"      ):::::\
      厶ヘ: : : トu.        ノ|: :∧j                    ./:::::::::::::`;ー" ` ー-ー -ー'::::::::::::::\
       /:::::'.; :.|::::l` ーr-z-=七´:::| /ヽ                ./:::::::::::::::::::::l           l:::::::::::::::::::::\
     /:::::::::::::∨\|  /ヘ、 |::/::::::´::::::〉              /::::::::::::::::::::::::::l           l::::::::::::::::::::::::::\

           HP50                                    HP900
 うああああああ!!                                 どうです?私のスピード
                                           と言っても、私も消耗してしまいましたが…

紬「いやあああ、りっちゃーーーーん!」



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 00:19:11.37 ID:4QyLs8AC0
            ´: : : : : : : : : : : \_
          /: :.{ニ二二二二二ニヘ : : ヽ
       /: : : : !\: : :\: :j /:/ ∧.: : :{                          l ̄\     / ̄l
        //: : : :.|´ ̄ ̄`^ ^´ ̄ ̄`| : : :|                         l  / ̄  ̄ ̄\   l
      ′: : |: :.|              |: : : |                         l / \   / \l
     i :| : : |: :.|   \   /   |: : :│                       /   ●   ●   \
     | :| : : |: :.|  (>)  (●)  j: : : :|        VS             |   \___/  U |
     / (l : 八: :ト   (__人__)  /:/:..: :|                       \    .\/    /
   //从.: : :ヽ:l     ` ⌒´  /:イ: : : :|                     //,,― -ー  、 , -‐ 、\
.    厶-∧ : : : |           | : : : | ノ                   ./::(   , -‐ '"      ):::::\
      厶ヘ: : : トu.        ノ|: :∧j                    ./:::::::::::::`;ー" ` ー-ー -ー'::::::::::::::\
       /:::::'.; :.|::::l` ーr-z-=七´:::| /ヽ                ./:::::::::::::::::::::l           l:::::::::::::::::::::\
     /:::::::::::::∨\|  /ヘ、 |::/::::::´::::::〉              /::::::::::::::::::::::::::l           l::::::::::::::::::::::::::\

           HP50                                    HP900

やるな、梓
だが、私だってぬくぬくと生きてきたわけじゃない
少なくともここに来てからは毎日ドラム缶押しで鍛えられていた




37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 00:27:07.90 ID:4QyLs8AC0
            ´: : : : : : : : : : : \_
          /: :.{ニ二二二二二ニヘ : : ヽ
       /: : : : !\: : :\: :j /:/ ∧.: : :{                          l ̄\     / ̄l
        //: : : :.|´ ̄ ̄`^ ^´ ̄ ̄`| : : :|                         l  / ̄  ̄ ̄\   l
      ′: : |: :.|              |: : : |                         l / \   / \l
     i :| : : |: :.|   \   /   |: : :│                       /   ●   ●   \
     | :| : : |: :.|  (J)  (J)   j: : : :|        VS             |   \___/  U |
     / (l : 八: :ト   (__人__)  /:/:..: :|                       \    .\/    /
   //从.: : :ヽ:l     ` ⌒´  /:イ: : : :|                     //,,― -ー  、 , -‐ 、\
.    厶-∧ : : : |           | : : : | ノ                   ./::(   , -‐ '"      ):::::\
      厶ヘ: : : トu.        ノ|: :∧j                    ./:::::::::::::`;ー" ` ー-ー -ー'::::::::::::::\
       /:::::'.; :.|::::l` ーr-z-=七´:::| /ヽ                ./:::::::::::::::::::::l           l:::::::::::::::::::::\
     /:::::::::::::∨\|  /ヘ、 |::/::::::´::::::〉              /::::::::::::::::::::::::::l           l::::::::::::::::::::::::::\

           HP5                                    HP900

見せてやるよ…私の本気を…                            空海状態を解いたッ?!
                                                  なにか……まずい!!

………………

紬「何…?そよ風が……
  静かな、柔らかくて…優しくてあったかい『かぜ』が…」




38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 00:36:46.13 ID:4QyLs8AC0
            ´: : : : : : : : : : : \_
          /: :.{ニ二二二二二ニヘ : : ヽ
       /: : : : !\: : :\: :j /:/ ∧.: : :{   大自然の力を借りて、今放つ!!
        //: : : :.|´ ̄ ̄`^ ^´ ̄ ̄`| : : :|   
      ′: : |: :.|              |: : : |   春風太鼓 ~ Nonchalant wind 
     i :| : : |: :.|   \   /   |: : :│          (そこにある何気ない風)
     | :| : : |: :.|  (〇)  (〇)  j: : : :|
     / (l : 八: :ト   (__人__)  /:/:..: :|
   //从.: : :ヽ:l     ` ⌒´  /:イ: : : :|
.    厶-∧ : : : |           | : : : | ノ
      厶ヘ: : : トu.        ノ|: :∧j
       /:::::'.; :.|::::l` ーr-z-=七´:::| /ヽ
     /:::::::::::::∨\|  /ヘ、 |::/::::::´::::::〉




39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 00:42:55.50 ID:4QyLs8AC0
            ´: : : : : : : : : : : \_
          /: :.{ニ二二二二二ニヘ : : ヽ
       /: : : : !\: : :\: :j /:/ ∧.: : :{                          l ̄\     / ̄l
        //: : : :.|´ ̄ ̄`^ ^´ ̄ ̄`| : : :|                         l  / ̄  ̄ ̄\   l
      ′: : |: :.|              |: : : |                         l / /   \ \l
     i :| : : |: :.|   \   /   |: : :│                       /   ●   ●   \
     | :| : : |: :.|  (●)  (●)  j: : : :|        VS             |   \___/  U |
     / (l : 八: :ト   (__人__)  /:/:..: :|                       \    .\/    /
   //从.: : :ヽ:l     ` ⌒´  /:イ: : : :|                     //,,― -ー  、 , -‐ 、\
.    厶-∧ : : : |           | : : : | ノ                   ./::(   , -‐ '"      ):::::\
      厶ヘ: : : トu.        ノ|: :∧j                    ./:::::::::::::`;ー" ` ー-ー -ー'::::::::::::::\
       /:::::'.; :.|::::l` ーr-z-=七´:::| /ヽ                ./:::::::::::::::::::::l           l:::::::::::::::::::::\
     /:::::::::::::∨\|  /ヘ、 |::/::::::´::::::〉              /::::::::::::::::::::::::::l           l::::::::::::::::::::::::::\

           HP5                                    HP0

                                           これは、この不思議な気持ちはッ!?
                                           うわああああああああ!!

紬「りっちゃん!!やったーーーー!!

この技は大自然の力をほんの少しだけ借り、自らの音撃に乗せる技
ドラム熟練者であり、自然を愛する律だからこそ使うことを許された奥義である




41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 00:49:20.00 ID:4QyLs8AC0

律「梓、立てるか。ほら、手を貸す」

梓「……完敗です
  そして、律先輩。あなたを歓迎します」

紬「やったーー!やったわ!りっちゃん」

律「へへ…あんまりはしゃぐなよ、ムギ
  ところで梓、対政府だが、何か良い作戦でもあるのか」

梓「ええ」



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 00:54:28.70 ID:4QyLs8AC0

梓「当然、私達程度の勢力で世界政府を相手するのは難しい
  いえ、不可能でしょう」

律「ああ、だが頭を潰せば」

梓「はい、望みはあります」

律「それで、具体的には?」



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 00:56:24.02 ID:pJLpONuT0
なんだよこれwww



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 01:02:58.47 ID:4QyLs8AC0

梓「唯先輩がこの収容所の査察に来た時を狙います」

律「唯が来るのか!?」

梓「はい、日にちも分かってます」

紬「看守さんに賄賂を渡して聞き出したの」

律「いつだ」

梓「それは……」



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 01:12:18.96 ID:4QyLs8AC0

~次の日~

律「まさか、今日とはなあ~」


律「昨日の戦いの疲れが抜け切ってないよ」

律「まあ、仕方ないか。作戦開始っと…」

・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・・・・カイソウホワンホワーン 

梓「律先輩、私たちが収容時に付けられた首輪。なんだか分かります?」




47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 01:20:40.73 ID:4QyLs8AC0

律「囚人番号分かるように着けられてるんだろ?」

梓「これは、脱走者を問答無用で始末するための爆弾です
  収容所から脱走したり、収容所内の特定の場所に入ることで
  カウントダウンが始まり、一定時間で爆発します」

律「マジか」

梓「唯先輩が査察する場所は、この特定の場所に当たります」

律「唯に会いに行こうとするだけでも首が吹っ飛ぶわけだ」




49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 01:30:17.66 ID:4QyLs8AC0

梓「ただ、この爆弾、所内のコントロールルームで遠隔管理されてるので
  爆破機能を解除してしまえば良いんです」

梓「私は、これを解除しに行きます。ただ…」

律「ただ?」

梓「コントロールルームへの道には警報装置が付いているんです
  通れば警報が鳴る」

梓「警報が鳴ると『特定の場所』への入り口は封鎖されます」

梓「つまり…」




50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 01:37:16.96 ID:4QyLs8AC0

・・・・・・・
・・・・・
・・・カイソウオワリホワンホワーン

梓がコントロールルームに向かう
警報が鳴って『特定の場所』の扉が閉まりそうになったら、私がすかさず中に入る
『特定の場所』に入ったことで、私の爆破装置が起動
私が爆死する前に、梓が爆弾を解除する

律「ということか」

律「こわいなあ」




51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 01:46:12.01 ID:4QyLs8AC0

バラバラバラバラ

律「ん?ヘリコプターの音」

律(ということは、来たか……唯ッッ!)



ガチャコ
看守「足元に気をつけて…」

唯「…」スタスタスタ


――全世界人・平沢唯降臨――




52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 01:53:09.78 ID:4QyLs8AC0

梓「…」

梓「来ましたね」

梓「私は爆弾解除に向かいます
  皆さんは援護と看守の相手を頼みます」

団員「オオーーーー!!」

梓「では、作戦を開始します!」


紬「私は何をすればいいんだろ」




53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 01:59:35.96 ID:4QyLs8AC0


                                          コントロールルーム
                                               →

    あずさ
     ↓
 
  _| ̄|○
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
←――――――――――――――――1000m―――――――――――――――――→


梓「コントロールルームまで約1km……。ただ走り抜けるのみ」

梓「いちについて」

梓「よーーーい」




55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 02:04:05.24 ID:fRdkmeQM0
クラウチングスタートww



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 02:07:17.85 ID:4QyLs8AC0


     あずさ
      ↓


      ○」
     「/
    />
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                         梓すたみな 500
梓「どんっ!!」



57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 02:10:11.08 ID:EARU8t380
なんでいちいちミニゲームみたいなんだw



58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 02:15:19.76 ID:4QyLs8AC0


        あずさ
         ↓

                アレ
      =  ○」     ↓
     =  「/
    =  />      n 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                         梓すたみな 480
梓「だっしゃあああああ!!」

梓「ん、アレは?」



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 02:25:27.84 ID:4QyLs8AC0
梓「クレイモアッ!?」

梓「引っかかって……」

梓「たまるかーーーーーーーーーーー!!」


                     /
              |_     \                  
       /\    _|   \/      _  ○/      
  ○」    /○   ○   ○    ○|_|     \/\  ○    =  ○」
 「/                                     | ̄  =  「/
/>                                      ̄| =  />

                    n ←じらい

                ピョーーーーーーーーーン!




60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 02:32:56.03 ID:pkd6UU7X0
いちいち面白すぎるわw



61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 02:38:22.59 ID:4QyLs8AC0
                      あずさ
                       ↓              ウー!  ウー!
                                         ウー! ウー!

                    =  ○」
                   =  「/
                  =  />
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                         梓すたみな 310

梓「よし、あと半分…って、警報に引っかかった!?」

梓「急がないと!!」




62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 02:42:07.25 ID:4QyLs8AC0
ウー!ウー!

律「おっと、扉が閉まるッ」

ガション

律「ふう、間一髪」

首輪「カウントダウンヲカイシ バクハツマデアト10ビョウ…」

律「…」




63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 02:48:23.09 ID:4QyLs8AC0
                                          爆発まであと 9秒

                               あずさ
                                ↓


                             =  ○」
                            =  「/  カチッ
                           =  />
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                         梓すたみな 250

梓「律先輩、待っていてください!うおおおお!」
カチッ
梓「ん?今なんか踏んじゃった?」




64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 02:50:29.54 ID:N8YDh07D0
AAがシュールすぎるw



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 02:57:15.78 ID:4QyLs8AC0
                                          爆発まであと 8秒


                        てんじょう


 _____________________________________________________________________________________________________________________
                               <○ノ
                                ∥  
                               くく
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                         梓すたみな 100

梓「おおおお……まさか、天井が落ちてくるとはッッ!!」

梓「このままじゃあみんな死ぬじゃう!!」

?「苦戦しているようだな、梓」

梓「そ、その声は!?」




66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 03:02:35.63 ID:4QyLs8AC0

?「舞え……!Die Kuchenschabe, die in der Kuche erscheint.」
              (台所に忍び寄る黒い悪魔)

天井はバラバラになった!


       ̄ ̄ ̄\           / ̄ ̄ ̄
            \/ ̄  ̄ ̄\/
            /   /=ヽ   \
          /   (●) (●)  \       久しぶりだな、梓
          | \_/ U\_ノ   |   
          \   トェェェェェイ   /   
         //,,― -ー  、 , -‐ 、\
       ./::(   , -‐ '"      ):::::\
      ./:::::::::::::`;ー" ` ー-ー -ー'::::::::::::::\
    ./:::::::::::::::::::::l           l:::::::::::::::::::::\
   /::::::::::::::::::::::::::l           l::::::::::::::::::::::::::\

梓「兄さん!!」



67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 03:03:30.38 ID:fRdkmeQM0
澪じゃねーのかよww



68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 03:07:59.02 ID:4QyLs8AC0

梓「兄さん、どうしてここに」


       ̄ ̄ ̄\           / ̄ ̄ ̄
            \/ ̄  ̄ ̄\/
            /   /=ヽ   \
          /   (●) (●)  \       問答している時間は無い、走れ!!
          | \_/ U\_ノ   |   
          \   トェェェェェイ   /   
         //,,― -ー  、 , -‐ 、\
       ./::(   , -‐ '"      ):::::\
      ./:::::::::::::`;ー" ` ー-ー -ー'::::::::::::::\
    ./:::::::::::::::::::::l           l:::::::::::::::::::::\
   /::::::::::::::::::::::::::l           l::::::::::::::::::::::::::\

梓「あ……はい!!」



69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 03:11:33.24 ID:4QyLs8AC0

兵隊「いたぞー!反逆者がこっちにいるぞー」



       ̄ ̄ ̄\           / ̄ ̄ ̄
            \/ ̄  ̄ ̄\/
            /   /=ヽ   \
          /   (●) (●)  \    夏が終わり…秋が来る……
          | \_/ U\_ノ   |    そして厳しい冬が来る
          \   トェェェェェイ   /   これから忙しくなるのでな
         //,,― -ー  、 , -‐ 、\  手短に一掃させてもらうぞ!
       ./::(   , -‐ '"      ):::::\
      ./:::::::::::::`;ー" ` ー-ー -ー'::::::::::::::\
    ./:::::::::::::::::::::l           l:::::::::::::::::::::\
   /::::::::::::::::::::::::::l           l::::::::::::::::::::::::::\




70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 03:17:35.82 ID:4QyLs8AC0
                                          爆発まであと 3秒





                                         @=  ○」
                                         =  「/
                                        =  />
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                         梓すたみな 50

梓「恩に着ます、兄さん」

梓「あと少し!ラストスパートだああああ!!」

・・・・・・

律「あずさああああ!!いそいでくれええええ」




71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 03:26:50.17 ID:4QyLs8AC0
                                          爆発まであと 2秒





                                                    ○
                                                    / ̄
                                                  / >
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                         梓すたみな 5

梓「うおおおおおおお!!」

梓「よし、着いたッ!」




72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 03:42:06.94 ID:4QyLs8AC0

~コントロールルーム~

バンッ

梓「おまえ達、動くな!」

警備兵「ひぃっ」

梓「いそげやいそげ!これをこうして…」

梓「どうだ!やったか!?」




73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 03:45:51.99 ID:4QyLs8AC0

首輪「バクハツマデ 3ビョウ」

律(不思議と穏やかな気分だ)

首輪「2ビョウ」

律(死へのカウントダウンは)

首輪「1ビョウ」

律(トイレを我慢している時に似ている)

首輪「…」

律「………とまった」




74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 03:55:14.40 ID:4QyLs8AC0

梓「間に合ったはず」

梓「たぶん」


梓(律先輩、あとは頼みます)

梓(唯先輩のこと……お願いします)




75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 04:03:53.45 ID:4QyLs8AC0

律「さて、首も無事だったところで、今度は私の番か」

テクテク

律「それにしても良い部屋、外の世界とは大違い」

デコ「ソウデゴザルナーソウデゴザルナー」フクワジュツ~

律「そうか、デコもそう思うか、わはは…」ペチングペチング

律「ハア~、さみしいなあ」

?「一人で何やってるのよ」




77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 04:11:58.96 ID:4QyLs8AC0

和「久しぶりね、律」

律「和、生きてたのか!」

和「ええ、おかげ様で」

律「で、ここにいるってことは」

和「ええ、私は唯の側近なの」



78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 04:16:57.20 ID:4QyLs8AC0

和「で、律。あなたがここにいるってことは」

律「ああ、私は唯にぞっこんなんだ」

和「そう」

律「そうそう」

和「面倒ね、早く始めましょう」

律「そうだな。それでは、いざ尋常に」

律和「勝負!!」




80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 04:25:56.23 ID:4QyLs8AC0
            ´: : : : : : : : : : : \_
          /: :.{ニ二二二二二ニヘ : : ヽ                          ______
       /: : : : !\: : :\: :j /:/ ∧.: : :{                         /          ナ
        //: : : :.|´ ̄ ̄`^ ^´ ̄ ̄`| : : :|                      /  /\_(V\   \
      ′: : |: :.|              |: : : |                      | / へ   へ \  | |
     i :| : : |: :.|   \   /   |: : :│                    ( /  【●】―【●】 |  / |
     | :| : : |: :.|  (●)  (●)  j: : : :|         VS           |   \___/  /,,/(
     / (l : 八: :ト   (__人__)  /:/:..: :|                      \    .\/    、ん
   //从.: : :ヽ:l     ` ⌒´  /:イ: : : :|                     /,,― -ー  、 , -‐ 、
.    厶-∧ : : : |           | : : : | ノ                  .  (   , -‐ '"      )
      厶ヘ: : : トu.        ノ|: :∧j                        `;ー" ` ー-ー -ー'
       /:::::'.; :.|::::l` ーr-z-=七´:::| /ヽ                .       l           l
     /:::::::::::::∨\|  /ヘ、 |::/::::::´::::::〉                       l           l

            RITHU                                 NODOKA
           HP5000                                  HP4000

         さて、どうしようかな                            どうするのよ




81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 04:33:39.48 ID:4QyLs8AC0
            ´: : : : : : : : : : : \_
          /: :.{ニ二二二二二ニヘ : : ヽ                          ______
       /: : : : !\: : :\: :j /:/ ∧.: : :{                         /          ナ
        //: : : :.|´ ̄ ̄`^ ^´ ̄ ̄`| : : :|                      /  /\_(V\   \
      ′: : |: :.|              |: : : |                      | / へ   へ \  | |
     i :| : : |: :.|   \   /   |: : :│                    ( /  【●】―【●】 |  / |
     | :| : : |: :.|  (●)  (●)  j: : : :|         VS           |   \___/  /,,/(
     / (l : 八: :ト   (__人__)  /:/:..: :|                      \    .\/    、ん
   //从.: : :ヽ:l     ` ⌒´  /:イ: : : :|                     /,,― -ー  、 , -‐ 、
.    厶-∧ : : : |           | : : : | ノ                  .  (   , -‐ '"      )
      厶ヘ: : : トu.        ノ|: :∧j                        `;ー" ` ー-ー -ー'
       /:::::'.; :.|::::l` ーr-z-=七´:::| /ヽ                .       l           l
     /:::::::::::::∨\|  /ヘ、 |::/::::::´::::::〉                       l           l

           HP5000                                  HP4000

 じゃあ私は、右ストレートでぶん殴るよ                    そう、それじゃあ私は
                                           左ストレートを打つことにするわ




82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 04:39:03.98 ID:4QyLs8AC0
            ´: : : : : : : : : : : \_
          /: :.{ニ二二二二二ニヘ : : ヽ                          ______
       /: : : : !\: : :\: :j /:/ ∧.: : :{                         /          ナ
        //: : : :.|´ ̄ ̄`^ ^´ ̄ ̄`| : : :|                      /  /\_(V\   \
      ′: : |: :.|              |: : : |                      | / ⌒   ⌒ \  | |
     i :| : : |: :.|   ⌒   ⌒   |: : :│                    ( /  【●】―【●】 |  / |
     | :| : : |: :.|  (>)  (●)  j: : : :|         VS           |   \___/  /,,/(
     / (l : 八: :ト   (__人__)  /:/:..: :|                      \    .\/    、ん
   //从.: : :ヽ:l     ` ⌒´  /:イ: : : :|                     /,,― -ー  、 , -‐ 、
.    厶-∧ : : : |           | : : : | ノ                  .  (   , -‐ '"      )
      厶ヘ: : : トu.        ノ|: :∧j                        `;ー" ` ー-ー -ー'
       /:::::'.; :.|::::l` ーr-z-=七´:::| /ヽ                .       l           l
     /:::::::::::::∨\|  /ヘ、 |::/::::::´::::::〉                       l           l

           HP5000                                  HP4000

      うっそぴょーーーーーん                          私も嘘だったわ



83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 05:11:19.94 ID:N8YDh07D0
なんという心理戦……



86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 06:34:31.47 ID:3M7gd/etO
ワロス



89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 07:17:19.51 ID:4QyLs8AC0
            ´: : : : : : : : : : : \_
          /: :.{ニ二二二二二ニヘ : : ヽ                          ______
       /: : : : !\: : :\: :j /:/ ∧.: : :{                         /          ナ
        //: : : :.|´ ̄ ̄`^ ^´ ̄ ̄`| : : :|                      /  /\_(V\   \
      ′: : |: :.|              |: : : |                      | / へ   へ \  | |
     i :| : : |: :.|   \   /   |: : :│                    ( /  【●】―【●】 |  / |
     | :| : : |: :.|  (●)  (●)  j: : : :|         VS           |   \___/  /,,/(
     / (l : 八: :ト   (__人__)  /:/:..: :|                      \    .\/    、ん
   //从.: : :ヽ:l     ` ⌒´  /:イ: : : :|                     /,,― -ー  、 , -‐ 、
.    厶-∧ : : : |           | : : : | ノ                  .  (   , -‐ '"      )
      厶ヘ: : : トu.        ノ|: :∧j                        `;ー" ` ー-ー -ー'
       /:::::'.; :.|::::l` ーr-z-=七´:::| /ヽ                .       l           l
     /:::::::::::::∨\|  /ヘ、 |::/::::::´::::::〉                       l           l

           HP5000                                  HP4000

      憂ちゃん元気?                                  元気よ
    全世界大統領になったけど                       大統領としての資質もあるわ




90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 07:25:22.88 ID:4QyLs8AC0
            ´: : : : : : : : : : : \_
          /: :.{ニ二二二二二ニヘ : : ヽ                          ______
       /: : : : !\: : :\: :j /:/ ∧.: : :{                         /          ナ
        //: : : :.|´ ̄ ̄`^ ^´ ̄ ̄`| : : :|                      /  /\_(V\   \
      ′: : |: :.|              |: : : |                      | / /   \ \  | |
     i :| : : |: :.|   /   \   |: : :│                    ( /  【●】―【●】 |  / |
     | :| : : |: :.|  (●)  (●)  j: : : :|         VS           |   \___/  /,,/(
     / (l : 八: :ト   (__人__)  /:/:..: :|                      \    .\/    、ん
   //从.: : :ヽ:l     ` ⌒´  /:イ: : : :|                     /,,― -ー  、 , -‐ 、
.    厶-∧ : : : |           | : : : | ノ                  .  (   , -‐ '"      )
      厶ヘ: : : トu.        ノ|: :∧j                        `;ー" ` ー-ー -ー'
       /:::::'.; :.|::::l` ーr-z-=七´:::| /ヽ                .       l           l
     /:::::::::::::∨\|  /ヘ、 |::/::::::´::::::〉                       l           l

           HP5000                                  HP4000

でも「全人類お姉ちゃんあいすー政策」は                  そうね。あ、律
 どうなんだよ、って感じなんだけど                     私、彼氏が出来たわ


※全人類お姉ちゃんあいすー政策
お姉ちゃんを愛でるか、もしくは死ぬかという内容
「愛でる」とは24時間、唯ちゃんの方向に向かって祈ることを指す



91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 07:28:44.35 ID:/f+bMG+8O
彼氏wwwかんけーねぇwww



92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 07:32:01.74 ID:4QyLs8AC0
            ´: : : : : : : : : : : \_
          /: :.{ニ二二二二二ニヘ : : ヽ                          ______
       /: : : : !\: : :\: :j /:/ ∧.: : :{                         /          ナ
        //: : : :.|´ ̄ ̄`^ ^´ ̄ ̄`| : : :|                      /  /\_(V\   \
      ′: : |: :.|              |: : : |                      | / へ   / \  | |
     i :| : : |: :.|   ノ  ヽ、    |: : :│                    ( /  【●】―【●】 |  / |
     | :| : : |: :.|  (●)  (●)  j: : : :|         VS           |   \___/  /,,/(
     / (l : 八: :ト   (__人__)  /:/:..: :|                      \    .\/    、ん
   //从.: : :ヽ:l U   ` ⌒´  /:イ: : : :|                     /,,― -ー  、 , -‐ 、
.    厶-∧ : : : |           | : : : | ノ                  .  (   , -‐ '"      )
      厶ヘ: : : トu.        ノ|: :∧j                        `;ー" ` ー-ー -ー'
       /:::::'.; :.|::::l` ーr-z-=七´:::| /ヽ                .       l           l
     /:::::::::::::∨\|  /ヘ、 |::/::::::´::::::〉                       l           l

           HP2500                                  HP4000

え……マジ!?                                うそぴょーーーーーーーん
                                              死ねェェ!!




93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 07:33:51.05 ID:rU/ojhNlO
メガネ猿うぜえwwww



94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 07:35:45.73 ID:TltVNhHV0
なんだ嘘かwwww



95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 07:40:38.87 ID:4QyLs8AC0
            ´: : : : : : : : : : : \_
          /: :.{ニ二二二二二ニヘ : : ヽ
       /: : : : !\: : :\: :j /:/ ∧.: : :{
        //: : : :.|´ ̄ ̄`^ ^´ ̄ ̄`| : : :|     やられるっ……!
      ′: : |: :.|              |: : : |    …………………………
     i :| : : |: :.|   _ノ  ヽ、_   |: : :│    …………………………!!
     | :| : : |: :.|  (>)  (<)  j: : : :|
     / (l : 八: :ト   (__人__)  /:/:..: :|
   //从.: : :ヽ:l     ` ⌒´  /:イ: : : :|
.    厶-∧ : : : |           | : : : | ノ
      厶ヘ: : : トu.        ノ|: :∧j
       /:::::'.; :.|::::l` ーr-z-=七´:::| /ヽ
     /:::::::::::::∨\|  /ヘ、 |::/::::::´::::::〉

            ´: : : : : : : : : : : \_
          /: :.{ニ二二二二二ニヘ : : ヽ
       /: : : : !\: : :\: :j /:/ ∧.: : :{
        //: : : :.|´ ̄ ̄`^ ^´ ̄ ̄`| : : :| チラッ
      ′: : |: :.|              |: : : |
     i :| : : |: :.|   _ノ  ヽ、_   |: : :│     ………あれっ?
     | :| : : |: :.|  (―)  (●)  j: : : :|
     / (l : 八: :ト   (__人__)  /:/:..: :|
   //从.: : :ヽ:l     ` ⌒´  /:イ: : : :|
.    厶-∧ : : : |           | : : : | ノ
      厶ヘ: : : トu.        ノ|: :∧j
       /:::::'.; :.|::::l` ーr-z-=七´:::| /ヽ
     /:::::::::::::∨\|  /ヘ、 |::/::::::´::::::〉




96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 07:43:01.74 ID:4QyLs8AC0
            ´: : : : : : : : : : : \_
          /: :.{ニ二二二二二ニヘ : : ヽ
       /: : : : !\: : :\: :j /:/ ∧.: : :{
        //: : : :.|´ ̄ ̄`^ ^´ ̄ ̄`| : : :|
      ′: : |: :.|         ノ ̄ ̄`ヽ、―ニ 二 
     i :| : : |: :.|     _/ ´`ヽ _  三,:三ー二
     | :| : : |: :.|     ノヽ--/ ̄ ,    ` ̄ ̄ ̄
     / (l : 八: :ト   }  ...|  /!        
   //从.: : :ヽ:l    _}`ー‐し'ゝL _
.    厶-∧ : : : |   _,:ヘr--‐‐'´}    ;ー------
      厶ヘ: : : トu. ノ`ヾ:::-‐'ーr‐'"==-
       /:::::'.; :.|::::l` ーr-z-=七´:::| /ヽ
     /:::::::::::::∨\|  /ヘ、 |::/::::::´::::::〉

和「バーーーーーーーーカ」

律「おぶち」




97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 07:51:20.21 ID:4QyLs8AC0
            ´: : : : : : : : : : : \_
          /: :.{ニ二二二二二ニヘ : : ヽ
       /: : : : !\: : :\: :j /:/ ∧.: : :{
        //: : : :.|´ ̄ ̄`^ ^´ ̄ ̄`| : : :|
      ′: : |: :.|              |: : : |
     i :| : : |: :.|   \   /   |: : :│  強い、今までの誰よりも
     | :| : : |: :.|  (●)  (●)  j: : : :|  だが、私に接近したのは迂闊だったな
     / (l : 八: :ト   (__人__)  /:/:..: :|   和ッ!!
   //从.: : :ヽ:l U   ` ⌒´  /:イ: : : :|
.    厶-∧ : : : |           | : : : | ノ
      厶ヘ: : : トu.        ノ|: :∧j
       /:::::'.; :.|::::l` ーr-z-=七´:::| /ヽ
     /:::::::::::::∨\|  /ヘ、 |::/::::::´::::::〉




98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 07:59:42.96 ID:4QyLs8AC0
            ´: : : : : : : : : : : \_
          /: :.{ニ二二二二二ニヘ : : ヽ                          ______
       /: : : : !\: : :\: :j /:/ ∧.: : :{                         /          ナ
        //: : : :.|´ ̄ ̄`^ ^´ ̄ ̄`| : : :|                      /  /\_(V\   \
      ′: : |: :.|              |: : : |                      | / /   \ \  | |
     i :| : : |: :.|   ⌒   ⌒   |: : :│                    ( /   Е   Е  |  / |
     | :| : : |: :.|  (>)  (●)  j: : : :|         VS           |   \___/U/,,/(
     / (l : 八: :ト   (__人__)  /:/:..: :|                      \    .\/    、ん
   //从.: : :ヽ:l     ` ⌒´  /:イ: : : :|                     /,,― -ー  、 , -‐ 、
.    厶-∧ : : : |           | : : : | ノ                  .  (   , -‐ '"      )
      厶ヘ: : : トu.        ノ|: :∧j                        `;ー" ` ー-ー -ー'
       /:::::'.; :.|::::l` ーr-z-=七´:::| /ヽ                .       l           l
     /:::::::::::::∨\|  /ヘ、 |::/::::::´::::::〉                       l           l

            HP5                                    HP10

  私は手癖が悪いんだ                                見えないっ!
  見えるか、和ッ!お前の眼鏡だよ                     何も見えないいッッツ!?

   【 】━【 】  ←めがね




99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 08:09:17.11 ID:4QyLs8AC0
            ´: : : : : : : : : : : \_
          /: :.{ニ二二二二二ニヘ : : ヽ                          ______
       /: : : : !\: : :\: :j /:/ ∧.: : :{                         /          ナ
        //: : : :.|´ ̄ ̄`^ ^´ ̄ ̄`| : : :|                      /  /\_(V\   \
      ′: : |: :.|              |: : : |                      | / /   \ \  | |
     i :| : : |: :.|   \   /   |: : :│                    ( /   Е   Е  |  / |
     | :| : : |: :.|  (〇)  (〇)  j: : : :|         VS           |   \___/U/,,/(
     / (l : 八: :ト   (__人__)  /:/:..: :|                      \    .\/    、ん
   //从.: : :ヽ:l     ` ⌒´  /:イ: : : :|                     /,,― -ー  、 , -‐ 、
.    厶-∧ : : : |           | : : : | ノ                  .  (   , -‐ '"      )
      厶ヘ: : : トu.        ノ|: :∧j                        `;ー" ` ー-ー -ー'
       /:::::'.; :.|::::l` ーr-z-=七´:::| /ヽ                .       l           l
     /:::::::::::::∨\|  /ヘ、 |::/::::::´::::::〉                       l           l

            HP5                                    HP0

 これぞ、肉斬らせて骨を断つ!                        うわああああああああ!!
 そして食らえ、春風太鼓 ~ Nonchalant wind ~
                (そこにある何気ない風)




100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 08:13:53.68 ID:BT6MQBJ50
なんだこのスレwww



101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 08:16:17.45 ID:sajfPcqC0
和って 3 3 だったなそういやwww



102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 08:17:05.82 ID:4QyLs8AC0
律「これぞ、森羅万象の理」

和「負けたわ、完璧に
  唯側近部隊・ガリガリッター隊長のこの私が…」

・・・
・・・・・・
・・・・・・・・

律「教えてくれないか、唯のこと」

和「ええ…」




103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 08:27:56.59 ID:4QyLs8AC0
和「唯がロケットで宇宙へと進出。そのあと
  全人類に無条件降伏を要求したことは知ってるわね?」

律「ああ、それを国連が拒否したためにミサイルが落とされ、世界は崩壊
  唯がこの世界の主になっちまった」

和「そうね、それで一番最初…
  唯が宇宙に旅立った時なんだけど
  失踪しているのよ、あの子」

律「宇宙空間でか!?」

和「ええ」




104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 08:33:36.98 ID:4QyLs8AC0
和「突然の失踪
  そして、1年後に突然の帰還
  唯がああなった原因はそこにあると思うわ」

律「うーん」

和「あ、あと帰還後はちんこ生えてたわ」

律「マジで?」




106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 08:47:17.51 ID:4QyLs8AC0
和「私が知っているのはこれくらいね」

律「そうか、それじゃ私もボチボチ行くとしますか
  ホイ、めがね返すね」

和「ありがと、気をつけて」

律「あいよ」

和「デコも元気でね」

デコ「マカセルデゴザル」フクワジュツ~

律「って、やらせるんじゃないっ」




107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 08:54:39.78 ID:4QyLs8AC0
・・・
・・・・・
・・・・・・・・

テクテク

律「大分奥まで来たなあ」


?「ふふ、待っていたぞ、律」

律「!!」




108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 08:56:59.90 ID:W7rQj7jIO
なんぞこのスレwww



109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 08:59:06.27 ID:4QyLs8AC0
律「先制攻撃!オラァ」ブンッ

鋭い右ストレートがヒットした

?「おごぉっぷ」

律「お、おまえは……」

?「いきなり殴るなんて……酷いよ、律」

律「澪じゃねーーかーーーー!!」




111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 09:03:47.43 ID:4QyLs8AC0
澪は律に全てを話した

唯に捕らわれたこと
唯のちんこに突かれて洗脳されたこと
操られて律を倒そうとしたが
今のパンチで正気を取り戻したこと 

他いろいろ
マズいメシの話とかそんな他愛もない話



112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 09:12:26.42 ID:4QyLs8AC0
澪「唯は…もう、私達の知っている唯じゃない」

律「らしいな」

澪「私も一緒に行きたいけど……
  はは、今ので足にきちゃって動けないんだ」

律「あとは私に任せて。澪はここで休んでるんだ」

澪「役に立てなくてごめん、気を付けて」




113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 09:17:22.99 ID:4QyLs8AC0
テクテク

律「広いなあ、ここ」


兵士「ん?……!?」

兵士「見つけたぞ!侵入者だ、こっちにいるぞ!」

律「げ、まずい」

律「こんなときゃ逃げるに限るぜーーー!」




114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 09:37:38.58 ID:4QyLs8AC0
だめでした


兵士「追い詰めたぞ!グエッヘッヘッヘ」

わらわらわらわら

律「完全に囲まれた
  ごめん、梓、澪、ムギ、和……どうやらここまでみたいだ」


?「諦めちゃ駄目です!律先輩!」




115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 09:41:23.56 ID:4QyLs8AC0
兵士「なにやつ!?」

梓「あなたが諦めてどうするんですか!律先輩!」

律「梓ッ!?」

紬「希望を捨てないで!りっちゃん」

律「ムギまで!」

?「ンッフッフッフー、貴方らしくないですねー。田井中律」

律「それにおまえは……」



116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 09:45:56.73 ID:4QyLs8AC0

            / ̄  ̄ ̄\
          / へ  へ  \
        /  (●) (●)   \
        |   \___/     |   
         \           /   
         /,,― -ー  、 , -‐ 、
         (   , -‐ '"      )
         `;ー" ` ー-ー -ー'
          l           l
          l           l
          l           l

律「高校の時、ドラムチックバトル・地区大会(第一回戦)で戦った
  銅鑼村タイコじゃねーーーかーーーーーー!!!」




117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 09:51:35.57 ID:4QyLs8AC0

            / ̄  ̄ ̄\
          / へ  へ  \
        /  (●) (●)   \
        |   \___/     |   私だけではありません
         \           /   見てご覧なさい
         /,,― -ー  、 , -‐ 、
         (   , -‐ '"      )
         `;ー" ` ー-ー -ー'
          l           l
          l           l
          l           l

律「あ、フランス代表ドラーム・オスカー!!」

律「インド代表 ドラムン・カーン!!」

律「それに、イラン代表 カン・オッセン!!」

律「みんな、来てくれたのか」



118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 09:56:53.23 ID:4QyLs8AC0

律「それにしても、みんなどうやってここに…」

澪「おいおい、私たちを忘れたのか」

和「ハア~、忘れっぽいのは相変わらずって訳ね」

律「澪!和!」

和「私たちは元々、内部の人間」

澪「扉のロックを外すくらいわけないさ」




119 名前:IDカワタ\(^o^)/:2009/10/05(月) 10:14:50.85 ID:RJI/Gb1n0

律「みんな、みんな……ありがとう!」

梓「お礼を言うのはもっと後ですよ
  私たちが突破口を開きますから、先輩は前に進んで下さい」

律「梓……私、必ず唯を連れて帰って来るよ
  それでさ、そしたらさ、もう一度、バンドしようよ」

梓「ふふ、私もそうしたいと思っていました」

梓「さあ、行って下さい!!」




120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 10:31:26.24 ID:RJI/Gb1n0

律「だっしゃあああああ!!」

梓「行きましたか…
  みなさん、律先輩のバックアップを!」

紬(頑張ってね、りっちゃん)


澪(私は戦うことは出来ないし、みんなの足手まといだ)

澪(でも、応援することは出来る)

澪「だから、律に届け!この歌声!」




121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 10:57:58.12 ID:RJI/Gb1n0

『ダッシュ☆ラヴ』
作詞 みお

 ながいながい階段と言う名の  終わりの無い沈黙の闇
 
 例え苦しくっても あの日のオルゴール思い出して
 
 勧善懲悪 魑魅魍魎 鉄拳制裁 阿鼻叫喚

 いつも心の奥にある


※ダッシュ ダッシュ ここにダッシュ

 あなたから ダッシュ

 忘れないわ あなたの笑顔

 この命尽き果てるまで


レッツゴー レッツゴー リッツゴー!

この命燃え尽きるまで

※くり返し




122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 11:01:37.27 ID:rU/ojhNlO
グエッヘッヘッヘ



123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 11:08:56.79 ID:RJI/Gb1n0

律「着いた、最上階!」

バンッ

律「…」

律「よお、迎えに来たぞ」

律「唯」

ドドドドドドドドドドドド……

唯「…」

全世界人・平沢唯登場――――




125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 11:14:03.15 ID:RJI/Gb1n0

唯「遅かったね、りっちゃん」

律「ああ」

唯「迎えに来たって、はは、笑っちゃうよ。本気?」

律「ああ」

唯「私が一緒に戻ると思ってるの?」

律「ああ」




126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 11:30:43.35 ID:RJI/Gb1n0

唯「私は、昔みたいな素直な子じゃなくなったから」

唯「無理だよ」

律「いや、お前は一緒に帰ることになるよ」

律「私がぶっとばして、連れ帰るからな」

唯「だと思ったよ、来なよ!りっちゃん!」

律「唯ィィィィィ!!」




129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 11:39:04.00 ID:RJI/Gb1n0
                                            /:/: : : :/: : : : : \: : : : : :
                                         /: :/: : : : :/|: : : : :.|:、: : 、: : : : : :、: : : : : : : :',
                                         /: :/:≫≪' |: : : : :.|:|ヽ: :.ヽ: : : : :ヽ: : : : : : :.l
                                          ; :/*/:./   |: |: : : :|| ヽ: :.ヽ: : : : :.V: |: : : : :!
                                        |: |: : /:./ー- _|: |: : : :||_ -‐、: :',: : : : : |: :|: : : : :{
                                       }: |: : : / __ミ、∨、: : : レ=ニヽ:!: : : : :.|: |: : : : :.'
            ´: : : : : : : : : : : \_                ,': ハ: : /   !=、 リ \: :| "殺ミ,ヾ,、}: : :.|: :|:.|: : : : : :',
          /: :.{ニ二二二二二ニヘ : : ヽ                 ; : :.ヽノ! ゙ !行i} ::::::::.:ヾ' 刺ツ, |: : ∧:ト、!: : : : : :ハ
       /: : : : !\: : :\: :j /:/ ∧.: : :{                 !: :.: : }:ハ  `込' ::::::::.::.:::`- ' !:.:/:.:.リ }: : : l: : : : ',
        //: : : :.|´ ̄ ̄`^ ^´ ̄ ̄`| : : :|           .     |: :.:. :.|: :.',    、         |:.:.:.:./:}ノ: : : }: : ∧:.:、
      ′: : |: :.|              |: : : |                  !: :.:. :|: :.ハ             |:.:/: /: : : :,': :/  \',
     i :| : : |: :.|   \   /   |: : :│                !:{: :.:.|: : :人   弋フ    ノ: : : :/: : : :/: /    `
     | :| : : |: :.|  (●)  (●)  j: : : :|      VS        |:.|: :.:.|:.|: : : l> .     , <{: : : : /: : : :/: /
     / (l : 八: :ト   (__人__)  /:/:..: :|                ヾ!\:|:.|: : : |ヽ:.:.:`:.ャ-  __」: : : /: : ://:./
   //从.: : :ヽ:l     ` ⌒´  /:イ: : : :|                   }:|: : : :{ \ノノ-ー'  ノ|: : /: : :/' ∨
.    厶-∧ : : : |           | : : : | ノ                   ヾ\_ハ N∧   / |/W'〈
      厶ヘ: : : トu.        ノ|: :∧j                         //彡ヽ,/   /    \
       /:::::'.; :.|::::l` ーr-z-=七´:::| /ヽ                        /// }! /   /       \
     /:::::::::::::∨\|  /ヘ、 |::/::::::´::::::〉                       / / / / /    , '         \

            RITHU                                    YUI
            HP8000                                  HP????

    これで、全部終わりにするッ                       見せてあげるよ、王の力を




130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 11:52:06.10 ID:ZUdulqdn0
これはスベルか爆笑かのギリギリのテンション・・・!



132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 11:57:18.05 ID:RJI/Gb1n0
                                            /:/: : : :/: : : : : \: : : : : :
                                         /: :/: : : : :/|: : : : :.|:、: : 、: : : : : :、: : : : : : : :',
                                         /: :/:≫≪' |: : : : :.|:|ヽ: :.ヽ: : : : :ヽ: : : : : : :.l
                                          ; :/*/:./   |: |: : : :|| ヽ: :.ヽ: : : : :.V: |: : : : :!
                                        |: |: : /:./ー- _|: |: : : :||_ -‐、: :',: : : : : |: :|: : : : :{
                                       }: |: : : / __ミ、∨、: : : レ=ニヽ:!: : : : :.|: |: : : : :.'
            ´: : : : : : : : : : : \_                ,': ハ: : /   !=、 リ \: :| "殺ミ,ヾ,、}: : :.|: :|:.|: : : : : :',
          /: :.{ニ二二二二二ニヘ : : ヽ                 ; : :.ヽノ! ゙ !行i} ::::::::.:ヾ' 刺ツ, |: : ∧:ト、!: : : : : :ハ
       /: : : : !\: : :\: :j /:/ ∧.: : :{                 !: :.: : }:ハ  `込' ::::::::.::.:::`- ' !:.:/:.:.リ }: : : l: : : : ',
        //: : : :.|´ ̄ ̄`^ ^´ ̄ ̄`| : : :|           .     |: :.:. :.|: :.',    、         |:.:.:.:./:}ノ: : : }: : ∧:.:、
      ′: : |: :.|              |: : : |                  !: :.:. :|: :.ハ             |:.:/: /: : : :,': :/  \',
     i :| : : |: :.|   \   /   |: : :│                !:{: :.:.|: : :人   弋フ    ノ: : : :/: : : :/: /    `
     | :| : : |: :.|  (●)  (●)  j: : : :|      VS        |:.|: :.:.|:.|: : : l> .     , <{: : : : /: : : :/: /
     / (l : 八: :ト   (__人__)  /:/:..: :|                ヾ!\:|:.|: : : |ヽ:.:.:`:.ャ-  __」: : : /: : ://:./
   //从.: : :ヽ:l U   ` ⌒´  /:イ: : : :|                   }:|: : : :{ \ノノ-ー'  ノ|: : /: : :/' ∨
.    厶-∧ : : : |           | : : : | ノ                   ヾ\_ハ N∧   / |/W'〈
      厶ヘ: : : トu.        ノ|: :∧j                         //彡ヽ,/   /    \
       /:::::'.; :.|::::l` ーr-z-=七´:::| /ヽ                        /// }! /   /       \
     /:::::::::::::∨\|  /ヘ、 |::/::::::´::::::〉                       / / / / /    , '         \

            HP8000                                  HP????

  これが、あの唯なのか                             なんだ、来ないのりっちゃん
  あの頃とはまるで…                               それなら、こっちから行くよ




133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 12:18:06.66 ID:RJI/Gb1n0
         /:/: : : :/: : : : : \: : : : : :
      /: :/: : : : :/|: : : : :.|:、: : 、: : : : : :、: : : : : : : :',
      /: :/:≫≪' |: : : : :.|:|ヽ: :.ヽ: : : : :ヽ: : : : : : :.l
       ; :/*/:./   |: |: : : :|| ヽ: :.ヽ: : : : :.V: |: : : : :!    臆病者には死を
     |: |: : /:./ー- _|: |: : : :||_ -‐、: :',: : : : : |: :|: : : : :{    堕ちろ…
     }: |: : : / __ミ、∨、: : : レ=ニヽ:!: : : : :.|: |: : : : :.'    Passive Hell and Death!!
     ,': ハ: : /   !=、 リ \: :| "殺ミ,ヾ,、}: : :.|: :|:.|: : : : : :',  (受け身の地獄と死)
     ; : :.ヽノ! ゙ !行i} ::::::::.:ヾ' 刺ツ, |: : ∧:ト、!: : : : : :ハ 
      !: :.: : }:ハ  `込' ::::::::.::.:::`- ' !:.:/:.:.リ }: : : l: : : : ',
.     |: :.:. :.|: :.',    、         |:.:.:.:./:}ノ: : : }: : ∧:.:、
      !: :.:. :|: :.ハ             |:.:/: /: : : :,': :/  \',
     !:{: :.:.|: : :人   弋フ    ノ: : : :/: : : :/: /    `
     |:.|: :.:.|:.|: : : l> .     , <{: : : : /: : : :/: /
     ヾ!\:|:.|: : : |ヽ:.:.:`:.ャ-  __」: : : /: : ://:./
        }:|: : : :{ \ノノ-ー'  ノ|: : /: : :/' ∨
        ヾ\_ハ N∧   / |/W'〈
            //彡ヽ,/   /    \
            /// }! /   /       \
           / / / / /    , '         \

唯の影が伸び、律に迫る!
この技は、動かない、動けない臆病者への制裁として生み出された

律「まずい!空海状態!!」




134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 12:30:27.49 ID:RJI/Gb1n0
                                            /:/: : : :/: : : : : \: : : : : :
                                         /: :/: : : : :/|: : : : :.|:、: : 、: : : : : :、: : : : : : : :',
                                         /: :/:≫≪' |: : : : :.|:|ヽ: :.ヽ: : : : :ヽ: : : : : : :.l
                                          ; :/*/:./   |: |: : : :|| ヽ: :.ヽ: : : : :.V: |: : : : :!
                                        |: |: : /:./ー- _|: |: : : :||_ -‐、: :',: : : : : |: :|: : : : :{
                                       }: |: : : / __ミ、∨、: : : レ=ニヽ:!: : : : :.|: |: : : : :.'
            ´: : : : : : : : : : : \_                ,': ハ: : /   !=、 リ \: :| "殺ミ,ヾ,、}: : :.|: :|:.|: : : : : :',
          /: :.{ニ二二二二二ニヘ : : ヽ                 ; : :.ヽノ! ゙ !行i} ::::::::.:ヾ' 刺ツ, |: : ∧:ト、!: : : : : :ハ
       /: : : : !\: : :\: :j /:/ ∧.: : :{                 !: :.: : }:ハ  `込' ::::::::.::.:::`- ' !:.:/:.:.リ }: : : l: : : : ',
        //: : : :.|´ ̄ ̄`^ ^´ ̄ ̄`| : : :|           .     |: :.:. :.|: :.',    、         |:.:.:.:./:}ノ: : : }: : ∧:.:、
      ′: : |: :.|              |: : : |                  !: :.:. :|: :.ハ             |:.:/: /: : : :,': :/  \',
     i :| : : |: :.|   \   /   |: : :│                !:{: :.:.|: : :人   弋フ    ノ: : : :/: : : :/: /    `
     | :| : : |: :.|  (〇)  (〇)  j: : : :|      VS        |:.|: :.:.|:.|: : : l> .     , <{: : : : /: : : :/: /
     / (l : 八: :ト   (__人__)  /:/:..: :|                ヾ!\:|:.|: : : |ヽ:.:.:`:.ャ-  __」: : : /: : ://:./
   //从.: : :ヽ:l U   ` ⌒´  /:イ: : : :|                   }:|: : : :{ \ノノ-ー'  ノ|: : /: : :/' ∨
.    厶-∧ : : : |           | : : : | ノ                   ヾ\_ハ N∧   / |/W'〈
      厶ヘ: : : トu.        ノ|: :∧j                         //彡ヽ,/   /    \
       /:::::'.; :.|::::l` ーr-z-=七´:::| /ヽ                        /// }! /   /       \
     /:::::::::::::∨\|  /ヘ、 |::/::::::´::::::〉                       / / / / /    , '         \

            HP53000                                 HP????

何だこの技、本当に人間か                           何、安心してるの
空海状態を発動しなければ避けられなかった                まだまだ行くよ
                                            沸き起こる力の片鱗
                                               AU・A・UA(鏡の中の知将)!!



136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 12:37:14.13 ID:RJI/Gb1n0
            ´: : : : : : : : : : : \_
          /: :.{ニ二二二二二ニヘ : : ヽ
       /: : : : !\: : :\: :j /:/ ∧.: : :{
        //: : : :.|´ ̄ ̄`^ ^´ ̄ ̄`| : : :|
      ′: : |: :.|              |: : : |    うわああーーーー!!
     i :| : : |: :.|   _ノ  ヽ、_   |: : :│
     | :| : : |: :.|  (>)  (<)  j: : : :|
     / (l : 八: :ト   (__人__)  /:/:..: :|
   //从.: : :ヽ:l     ` ⌒´  /:イ: : : :|
.    厶-∧ : : : |           | : : : | ノ
      厶ヘ: : : トu.        ノ|: :∧j
       /:::::'.; :.|::::l` ーr-z-=七´:::| /ヽ
     /:::::::::::::∨\|  /ヘ、 |::/::::::´::::::〉


唯「あはははは、弱い、弱いよりっちゃん」

律「う…く…私じゃ、唯には勝てないのか」

まさに絶対的
まさに圧倒的
その破壊力たるや、常人では想像し得ない唯の攻撃
もはや、律には成す術は無かった




137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 12:44:17.65 ID:RJI/Gb1n0

律「う…ぐ…」

唯「ふふ、ごくろうさま、りっちゃん…」
  これにて、平沢唯と田井中律のGIGは閉場とさせて頂きます
  なんてね」

唯「私の最後の技でライブ終了だよ」

唯「インフィニティット・UN・ターン(永久の繁栄を繰り返す王国)」

その時だった

~~♪~~~♪

唯「!?」



138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 12:46:40.11 ID:RJI/Gb1n0

律「こ…これは……」

~♪~♪

律「澪の歌声じゃねーーかーーー!」



139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 12:57:02.21 ID:RJI/Gb1n0

『ダッシュ☆ラヴ』
作詞 みお

2ばん

 振り返ることの出来ない 終わりの無い永遠の闇
 
 飲み込まれそうになっても あの日の約束思い出して
 
 傍若無人 因果応報 一意専心 活殺自在

 いつも心の奥にある


※ダッシュ ダッシュ ここにダッシュ

 あなたから ダッシュ

 忘れないわ あなたの笑顔

 この命尽き果てるまで


 ファイティング ファイティング エンゲージ

 この想い、心にある限り

※くり返し




140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 13:01:35.55 ID:NDm3PZKi0
何だこのスレはwwww



141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 13:03:23.50 ID:RJI/Gb1n0

澪「♪~♪~」

澪(届け、この歌声!)

澪(律に、そして……)

澪(唯に!!)




142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 13:11:36.08 ID:RJI/Gb1n0

律「不思議だ、力が沸いて来る」

律(澪のやつ、昔より歌詞のセンス良くなったみたいだな)

律「待たせたな、唯。さっきの続きだ」

唯「うう……ぐぐぐ…」

律「……唯?」




143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 13:15:28.41 ID:RJI/Gb1n0

そこには先ほどとは打って変わり
苦しそうに頭を抑える唯の姿があった

唯「やめろ…うたを……」

律「どういうことだ」

律「そういえば、和が言ってたな」



144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 13:18:51.38 ID:RJI/Gb1n0

和「>>104

あ、あとちんこ生えてたわ

ちんこ生えてたわ

ちんこ生えてたわ

生えてたわ……

たわ……

たわ…

・・・・
・・・・・・・
・・・・・・・・・・・

律「はっは~ん、読めたぞ」



146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 13:26:41.59 ID:RJI/Gb1n0

唯「うぐ…何をブツブツ言っている」

律「ああ、ごめん」

唯「っく、頭が痛む…」

律「おいおい、大丈夫か唯~」

唯「うるさい!ファイナルラウンドだ、行くぞッ!」




148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 13:38:49.33 ID:RJI/Gb1n0
                                            /:/: : : :/: : : : : \: : : : : :
                                         /: :/: : : : :/|: : : : :.|:、: : 、: : : : : :、: : : : : : : :',
                                         /: :/:≫≪' |: : : : :.|:|ヽ: :.ヽ: : : : :ヽ: : : : : : :.l
                                          ; :/*/:./   |: |: : : :|| ヽ: :.ヽ: : : : :.V: |: : : : :!
                                        |: |: : /:./ー- _|: |: : : :||_ -‐、: :',: : : : : |: :|: : : : :{
                                       }: |: : : / __ミ、∨、: : : レ=ニヽ:!: : : : :.|: |: : : : :.'
            ´: : : : : : : : : : : \_                ,': ハ: : /   !=、 リ \: :| "殺ミ,ヾ,、}: : :.|: :|:.|: : : : : :',
          /: :.{ニ二二二二二ニヘ : : ヽ                 ; : :.ヽノ! ゙ !行i} ::::::::.:ヾ' 刺ツ, |: : ∧:ト、!: : : : : :ハ
       /: : : : !\: : :\: :j /:/ ∧.: : :{                 !: :.: : }:ハ  `込' ::::::::.::.:::`- ' !:.:/:.:.リ }: : : l: : : : ',
        //: : : :.|´ ̄ ̄`^ ^´ ̄ ̄`| : : :|           .     |: :.:. :.|: :.',    、         |:.:.:.:./:}ノ: : : }: : ∧:.:、
      ′: : |: :.|              |: : : |                  !: :.:. :|: :.ハ             |:.:/: /: : : :,': :/  \',
     i :| : : |: :.|   \   /   |: : :│                !:{: :.:.|: : :人   , _     ノ: : : :/: : : :/: /    `
     | :| : : |: :.|  (●)  (●)  j: : : :|      VS        |:.|: :.:.|:.|: : : l> .     , <{: : : : /: : : :/: /
     / (l : 八: :ト   (__人__)  /:/:..: :|                ヾ!\:|:.|: : : |ヽ:.:.:`:.ャ-  __」: : : /: : ://:./
   //从.: : :ヽ:l     ` ⌒´  /:イ: : : :|                   }:|: : : :{ \ノノ-ー'  ノ|: : /: : :/' ∨
.    厶-∧ : : : |           | : : : | ノ                   ヾ\_ハ N∧   / |/W'〈
      厶ヘ: : : トu.        ノ|: :∧j                         //彡ヽ,/   /    \
       /:::::'.; :.|::::l` ーr-z-=七´:::| /ヽ                        /// }! /   /       \
     /:::::::::::::∨\|  /ヘ、 |::/::::::´::::::〉                       / / / / /    , '         \

          HP90000000                                 HP????

  は!どうした唯。顔色が悪いぞ                       黙れ!この技で終わらせ
 さっきの勢いはどうした!                         インフィニティット・UN・ターン!!
                                           (永久の繁栄を繰り返す王国)




150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 13:45:48.20 ID:RJI/Gb1n0

※インフィニティット・UN・ターン
問答無用で相手の時間を止め、爆死させる
相手は死んだ瞬間に、新たな生を受ける
輪廻転生の巡業を無視した、絶対無敵の大技


唯「終わりだ、おおおおおおおお!!!」

律(発動されたら確かに終わり、だが発動にはちっと時間がかかるみたいだな)

律(チャンスは1回。狙うは一点集中。場所は……)

律「ここだああああああ!!」




152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 13:55:19.05 ID:RJI/Gb1n0

唯「もう遅い!次に気が付いた時、貴様は赤子よォッ!!」

律「自然よ力を、春風太鼓!!」

唯「死ねえ!」

律「いっけえええええ!!」

律唯「おおおおおおおおおお!!」

光が交差した




153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 14:03:09.07 ID:RJI/Gb1n0




                 ひゅーーーーーーーーーん





155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 14:05:53.74 ID:RJI/Gb1n0

ボトッ

宙を舞い、床に倒れ落ちたのは



         _ _
        /::. ソ .::;;ヽ
       /::.     ..:::;;;ヽ
       /::.      ..::;;;;ヽ
     /::.        ..::::;;;;i
     (::.        ..::;;;丿        唯の愚息であった
      >::...___..::::;;;イ
      !ヾ. ̄⌒__ ̄彡|
        iミ:::ミC= ≡..::: )
      |::::     ″. ´/
      |::::: ヽ    / /;|
      |::: ( '   ( .::;;;|
      |::: | ミ   .ヽ\|
      |::: 丶ヽ  ..:ヽ )
      |:::   .i !   ::;;;;;|
      |:::   i .ノ   . ::;;;;;|




156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 14:16:20.41 ID:RJI/Gb1n0

唯の宇宙での失踪
帰ってきた時には、その性格は豹変し
ちんこが付いていた
つまり

律「原因はこのちんこ」

律「異星人かなんかに寄生ちんこ植え付けられてたってところか」

律「……ふう~」

律「私の勝ちだ」




157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 14:20:50.48 ID:rU/ojhNlO
去勢…だと



158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 14:23:04.34 ID:RJI/Gb1n0
            ´: : : : : : : : : : : \_
          /: :.{ニ二二二二二ニヘ : : ヽ                         ______
       /: : : : !\: : :\: :j /:/ ∧.: : :{                         /          ナ
        //: : : :.|´ ̄ ̄`^ ^´ ̄ ̄`| : : :|                     / /X/|  |\    \
      ′: : |: :.|              |: : : |                     | | /へ \|へ \  | |
     i :| : : |: :.|   /   \   |: : :│                     | |/  ─  ─  |  /  |
     | :| : : |: :.|  (●)  (●)  j: : : :|         VS          | "  \___/  /,,/  \
     / (l : 八: :ト   (__人__)  /:/:..: :|                     | \    \/   | 、/V/ ̄
   //从.: : :ヽ:l     ` ⌒´  /:イ: : : :|                     /,,― -ー  、 , -‐ 、
.    厶-∧ : : : |           | : : : | ノ                  .  (   , -‐ '"      )
      厶ヘ: : : トu.        ノ|: :∧j                        `;ー" ` ー-ー -ー'
       /:::::'.; :.|::::l` ーr-z-=七´:::| /ヽ                       l           l
     /:::::::::::::∨\|  /ヘ、 |::/::::::´::::::〉                      l           l

             HP5                                   HP5

 おーい、唯、大丈夫か~                           う~ん、むにゃらむにゃ…
                                             あれ?りっちゃんおはよう



159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 14:25:59.80 ID:RJI/Gb1n0
            ´: : : : : : : : : : : \_
          /: :.{ニ二二二二二ニヘ : : ヽ                          ______
       /: : : : !\: : :\: :j /:/ ∧.: : :{                         /          ナ
        //: : : :.|´ ̄ ̄`^ ^´ ̄ ̄`| : : :|                     / /X/|  |\    \
      ′: : |: :.|              |: : : |                     | | /へ \|へ \  | |
     i :| : : |: :.|   /   \   |: : :│                     | |/  ●  ●  |  /  |
     | :| : : |: :.|  (●)  (●)  j: : : :|         VS          | "  \___/  /,,/  \
     / (l : 八: :ト   (__人__)  /:/:..: :|                     | \    \/   | 、/V/ ̄
   //从.: : :ヽ:l U   ` ⌒´  /:イ: : : :|                     /,,― -ー  、 , -‐ 、
.    厶-∧ : : : |           | : : : | ノ                  .  (   , -‐ '"      )
      厶ヘ: : : トu.        ノ|: :∧j                        `;ー" ` ー-ー -ー'
       /:::::'.; :.|::::l` ーr-z-=七´:::| /ヽ                       l           l
     /:::::::::::::∨\|  /ヘ、 |::/::::::´::::::〉                      l           l

             HP5                                   HP5

相変わらず、のん気だな                               え、そういえば何か
何も覚えてないのか                                  すごい夢を見たね




160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 14:36:42.14 ID:RJI/Gb1n0

律「あのな~、大変だったんだぞ」

唯「そんなこと言われたってー」

律「えーとだな、寄生虫…あいや、寄生ちんこに唯が操られて……」


『寄生虫…、それは私の事か』


律「!?」



161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 14:41:22.16 ID:RJI/Gb1n0

律「生きてやがったか……」

律「ちんこ野郎!!」


         _ _
        /::. ソ .::;;ヽ
       /::.     ..:::;;;ヽ
       /::.      ..::;;;;ヽ
     /::.        ..::::;;;;i
     (::.        ..::;;;丿
      >::...___..::::;;;イ      ちんこは立ち上がった!
      !ヾ. ̄⌒__ ̄彡|
        iミ:::ミC= ≡..::: )
      |::::     ″. ´/
      |::::: ヽ    / /;|
      |::: ( '   ( .::;;;|
      |::: | ミ   .ヽ\|
      |::: 丶ヽ  ..:ヽ )
      |:::   .i !   ::;;;;;|
      |:::   i .ノ   . ::;;;;;|



162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 15:00:27.33 ID:F/RwzlZ5O
ものすごいセンスだw



163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 15:00:44.54 ID:RJI/Gb1n0

ちんこの声が脳に直接語りかける


『私は無の根源。とこしえの彼方よりいでし者』


律「なんだそりゃ、寄生ちんこじゃないってのかよ」


『無の根源、大宇宙の祖。これは仮初の姿に過ぎん』


律「は!そんな大層な奴がどうして唯に取り付いたりした」




164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 15:05:49.84 ID:RJI/Gb1n0

『理由など無い。これは私の全てであり、一部に過ぎん』


律「何の理由も無しに地球をぼろぼろにしたのかよ!」


『全ては「無」の調律の為。この星は「無」を侵し過ぎた』


唯「え、え、何が起こってるの???」




165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 15:13:59.96 ID:RJI/Gb1n0

『大宇宙、数ある星の中でも特に「有」が発達した星』


律「それが……地球か!」


『「無」は素にして祖である。「無」は万物の全てである一方、脆い』


律「有とはなんだ」




166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 15:20:36.85 ID:RJI/Gb1n0

『「有」とは「無」を満たすモノ。常闇の「無」を埋める存在』


『この星の言葉で言うならば……「精神」』


律「……」

律「つまり、地球の住む者の成長しすぎた精神が邪魔になった」

律「地球を滅ぼすために、唯に取り付いた
  唯は丁度、おまえの近くを通りかかっただけ運の悪い子
  ってところか」




167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 15:30:48.75 ID:RJI/Gb1n0

律「有についても大体分かった」

律「おまえ、さっき唯に取り付いていた時
  澪の歌で苦しんでいたな」

律「有とは、精神。嬉しさ、楽しさ、優しさ、想い、力…
  なるほど、音楽はあらゆる有を持っている」

律「唯の近くにいた澪を真っ先に洗脳したのは
  歌によって無を侵されるのを防ぐためだな」


『…』




168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 15:45:54.13 ID:RJI/Gb1n0

律「もう御託は十分だ」

律「おまえを倒して、それで終わり」

唯「りっちゃん!」

律「唯は下がってて」


『我は無の根源。とこしえの彼方よりいでし者』


『「有」の者よ、今一度相手になろう』


律「いくぜえええええ!!」




169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 15:50:56.24 ID:RJI/Gb1n0

「いくぜえええ」

オレはようやくのぼりはじめたばかりだからな
この果てし無く遠いドラム坂をよ!

           完












ポカッ

澪「あいた」

梓「澪先輩、なにのん気に漫画読んでるんですか
  まだ、律先輩が戦ってるんですよ!」

澪「めんごめんご」

梓(律先輩、唯先輩……)




170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 16:01:17.40 ID:RJI/Gb1n0
                                            _ _
                                           /::. ソ .::;;ヽ
                                          /::.     ..:::;;;ヽ
            ´: : : : : : : : : : : \_                    /::.      ..::;;;;ヽ
          /: :.{ニ二二二二二ニヘ : : ヽ                 /::.        ..::::;;;;i
       /: : : : !\: : :\: :j /:/ ∧.: : :{                  (::.        ..::;;;丿
        //: : : :.|´ ̄ ̄`^ ^´ ̄ ̄`| : : :|                  >::...___..::::;;;イ
      ′: : |: :.|              |: : : |                 !ヾ. ̄⌒__ ̄彡|
     i :| : : |: :.|   \   /   |: : :│                   iミ:::ミC= ≡..::: )
     | :| : : |: :.|  (〇)  (〇)  j: : : :|         VS      |::::     ″. ´/
     / (l : 八: :ト   (__人__)  /:/:..: :|                 |::::: ヽ    / /;|
   //从.: : :ヽ:l U   ` ⌒´  /:イ: : : :|                 |::: ( '   ( .::;;;|
.    厶-∧ : : : |           | : : : | ノ                  |::: | ミ   .ヽ\|
      厶ヘ: : : トu.        ノ|: :∧j                    |::: 丶ヽ  ..:ヽ )
       /:::::'.; :.|::::l` ーr-z-=七´:::| /ヽ                  |:::   .i !   ::;;;;;|
     /:::::::::::::∨\|  /ヘ、 |::/::::::´::::::〉                  |:::   i .ノ   . ::;;;;;|

             RITHU                            『』
             HP100                          HP「   」

ぜーはーぜーはー                             『その程度か…』
やっぱり駄目だ、攻撃が、効かない…



171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 16:13:31.65 ID:RJI/Gb1n0

律「やっぱり普通にやり合ってちゃあ埒があかないな」

律(コイツの弱点は間違いなく歌や音楽)

律(というか、分かってるんだから最初からやれよ、私)


律「唯!歌だ!」

唯「へ?」




173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 16:16:30.05 ID:RJI/Gb1n0

律「コイツを倒すには歌しかない!今は楽器が無いしな」

唯「え、でも何を歌えば…」

律「は!決まってるだろ?私たち軽音部の思い出の歌」

唯「そっか、そうだよね!うん!」

律「おっし、いくぞおおおお!唯ぃぃぃ!」

唯「おー」




174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 16:22:25.84 ID:RJI/Gb1n0

『ダッシュ☆ラヴ』
作詞 みお(りつ・ゆい)

3ばん

 張り裂けそうな願いさえ 過ぎ去れば夜の闇
 
 泣いちゃいそうになっても あの日の歌声思い出して
 
 行雲流水 乾坤一擲 栄枯盛衰 森羅万象

 いつも瞳の奥にある


※ダッシュ ダッシュ ここにダッシュ

 あなたから ダッシュ

 忘れないわ あなたの笑顔

 この命尽き果てるまで


 ハートフル エイプリル ワンダフル

 恋心、あなたに抱いて

※くり返し




175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 16:31:52.55 ID:OmPkxa0K0
それかよwwwww
頭の中でバサラの声で再生されるwww




176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 16:35:56.38 ID:RJI/Gb1n0

律「おおおおおお!!!」

『認めん、認めんぞ。我は宇宙の祖。無の根源』


黒い力が周囲を飲み込む!


唯「も、もう駄目だよっ!りっちゃん」

律「諦めちゃあダメだ、あきらめちゃ……」

律(っく……みんな)




177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 16:41:22.21 ID:RJI/Gb1n0

ピキーーーン

梓「ッ!?」

梓「これは……」

紬「梓ちゃんも感じた?」

和「みんなも?」

澪「え」


梓「みなさん、律先輩達のために歌いましょう」

紬和「オー!」

澪「お、おー」




178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 16:47:19.40 ID:RJI/Gb1n0

~全世界大統職務室~

秘書「この書類にもサインを」

憂「ええ」

バキッ!!

憂「あ、ボールペン折れちゃった」

憂「…」

憂(お姉ちゃん………)


胸騒ぎを感じた憂は、唯のためにいのった




179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 17:01:38.12 ID:RJI/Gb1n0

律「く、ダメなのか」

その時

律と唯は
不思議な力が身体に満ちるのを感じた

唯「これは…」

律「分かるぞ、想いが、みんなの力を…」

律「みんなの想いが、メロディに!!」




180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 17:02:18.22 ID:xdgy/juEO
このスレはなんかすごい。



181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 17:06:21.69 ID:PB9ItchR0
FF4みたいな展開だな



182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 17:14:59.16 ID:RJI/Gb1n0

律唯「おおおおおおおおおおお!!」

『こ…コれが…「有」。なにカ…満たされていク…』

メロディと渦が激しくぶつかったかと思うと
大きく何かが光った


光が収まった頃


そこにはもう、何も無かった




183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 17:26:52.85 ID:RJI/Gb1n0

・・・
・・・・・
・・・・・・・・・

お元気でしょうか

収容所にいた頃から、随分経ちました
あの時、私たちが最上階に辿り着いた時には
もう何も無い、からっぽの状態でした

今ではあそこで何があったのか知る由もありません




184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 17:29:48.91 ID:RJI/Gb1n0

あの収容所にいた時
私たちにとってドラムは、戦いの道具でしかありませんでした

その荒んだ中でも、ドラム演奏を楽しんでいた
ドラムをドラムとして扱っていた律先輩は、とても輝いて見えました

緑は蘇り、世界は元の姿を取り戻し始めています
いつか、律先輩と唯先輩に届くと信じて
いつか、二人に会えると信じて
宛先の無いこの手紙、春風に乗せて流します

fin




187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 17:55:21.17 ID:Uxz5E1ll0
基本カオスなんだけど不思議とまとまりがあるように見えるのが解せねえ



188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/05(月) 17:56:44.44 ID:F/RwzlZ5O
カオスだけどすごく良い形でまとまったなwww
お疲れw



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking livedoor Blog Ranking

この記事へのコメント
なにこれ・・・
2009/10/06(火) 02:56:48 | No.3428 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
律のAAで一々笑ってしまった
2009/10/06(火) 03:45:40 | No.3429 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
こういうのが才能って奴か
2009/10/06(火) 03:49:01 | No.3430 |   | #-[ 編集]
イイハナシダナー
2009/10/06(火) 05:52:42 | No.3431 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
AA大杉見れねーよw
2009/10/06(火) 07:04:03 | No.3432 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
紙一重だなあ
2009/10/06(火) 07:49:47 | No.3433 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
俺の歌を聞け!
2009/10/06(火) 07:52:46 | No.3434 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
やっぱり載ったかw

伸びなかったのは>>1がsageてたからだろうなあ
2009/10/06(火) 10:52:50 | No.3435 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
もしや…この男は…ガンファイター?
2009/10/06(火) 20:53:51 | No.3438 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
すげぇ…
2009/10/07(水) 01:03:53 | No.3443 | 戯言ヴぃp | #NkOZRVVI[ 編集]
もはや尊敬するぜ
2009/10/07(水) 01:33:40 | No.3444 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
ただ者じゃねーなこの作者
2009/10/07(水) 07:51:57 | No.3448 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
けいおん オルタ
2009/10/09(金) 15:10:15 | No.3477 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
携帯からだったからわからなかったが
すげー面白いのね
2009/10/13(火) 12:48:08 | No.3532 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/01/16(日) 20:04:26 | No.7880 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://minaminoxxxsummer.blog49.fc2.com/tb.php/658-e4f1da59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。