戯言ニュース

ほとんどVIPのまとめ。

HeadLine
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「りっちゃんのおでこってかわいいよね」
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 21:15:17.61 ID:BOTAcdPi0
ぺろりんちょ



3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 21:15:30.21 ID:QVl1Halg0
                 ___ _
  ┏┓           ..イ/===\`丶、                    ┏┳┓
┏┛┗┓        /: : :リ´ヽ`´/ ヽ: く          ┏━━━┓┃┃┃
┗┓┏┛┏━━━━ j: : : :|ァぇ   ィぇ.ト: :',━━━━┓┗━━┓┃┃┃┃
  ┃┗┓┗━━━━<:._| : 代リ  ヒリ |: : |━━━━┛  ┏━┛┃┗┻┛
  ┗┓┃       ∠ い: :.ゞ r‐┐" 八 :|.          ┗━━┛┏┳┓
  ┏┛┃         |ハ: ト ゝノ イ/ V                   ┗┻┛
  ┗━┛          ./ヽ{\又「:^ヽ   /
              \{:::::::: ̄ ̄\:::〉 /
                 j\ーッ-、::::::/^フ
                /::::::(⌒}}_>ヘ‐’
               ./:::::::::::〉く丁::::::|
              〈:::::::::::/ o | ::::::|
              ∧::::::/ o |::::::ノ
              \\|\∧/|/〉
              {7∨_」__」┬┘
              じ∨   |  ,′
                 \_,ノ ./
                />イ /
                {_ン'¨´



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ 唯「りっちゃんのおでこってかわいいよね」
5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 21:43:31.76 ID:BOTAcdPi0
唯「ねえ、りっちゃんってさ…」

澪「言ってやるなよ…」

紬「でも早く教えてあげないとかわいそうよ」

梓「私も気になっちゃって…」

律「おいーっす!」

唯「あ…」

澪「お、おいっす……」

梓「どうもです…律先輩…」

紬「お茶…用意するわ…」

律「なんだよ、皆元気ないな!」



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 21:45:17.45 ID:BOTAcdPi0
唯「りっちゃんっていつもカチューシャつけてるよね」

紬「!!」

澪「!!」

梓「!!」

律「え?うん」

梓「良く似合ってると思います」

律「え?あ、ありがとう」

澪「律のトレードマークだよね」

唯「でもたまには下ろしてみてもいいんじゃないかな…」

澪「おい!」

律「?」



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 21:47:38.49 ID:BOTAcdPi0
紬「はい、お茶よりっちゃん」

律「お、サンキュ!」

紬「今日は血行が良くなるハーブを入れてみたわ」

律「へー、なんでまた?」

唯「りっちゃんのためだよ」

澪「唯ッ」

律「私?なんで?」

紬「ほら、ドラムは筋肉がほぐれないと上手に叩けないんじゃないかと思って!」

律「そっかー、ありがとな!」

澪「もう、言っちゃうと律が気を使うだろ」

唯「ごめん…」

律「うん、美味い!」



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 21:51:30.77 ID:BOTAcdPi0
紬「今日は砂糖控えめであっさりしたケーキよ」

澪「フルーツの甘みがちょうどいいよ」

律「そういえば最近は毎日健康志向のケーキだよな」

唯「やっぱりあぶら物や砂糖は身体に良くないからね」

澪「唯ってば!」

律「え?これも私のため?」

唯「そうだよりっちゃん…」

唯「部長には元気でいて貰わなくちゃ困るからね!」

澪「そうそう!」

紬「ねぇ!」

律「ああ…うん?」




10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 21:55:59.06 ID:BOTAcdPi0
次の日

梓「いつも付けてるあのカチューシャが原因ですよね…」

紬「髪の毛を引っ張っるのが負担だったのよ…」

澪「律は昔からあれつけてたからな……」

澪「それに部長としてのストレスもあったんだろうね…」

唯「ねえ、やっぱりちゃんと教えてあげようよ!」

澪「やめとけって、本人も気にしてるかもしれないし…」

紬「でも頭頂部までだなんて流石におかしいわ…」

澪「え?頭頂部?昨日は…」

律「やっほー!」

澪「!?」

梓「!?」

澪(そんな…昨日よりさらに後退してる!!)




11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 21:57:57.54 ID:Ws39MttD0
そうきたか



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 22:00:46.92 ID:IqI0aoXp0
俺の嫁になんてことを



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 22:01:00.44 ID:qCtCHmkjO
ガノンさんも後退していると気づいた時泣きそうになりました。



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 22:01:21.45 ID:YzkWfL5EO
りっちゃん…



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 22:02:20.02 ID:BOTAcdPi0
こんにちは皆さん、平沢唯です。

さっきから何をヒソヒソと話しているかと気になっている事でしょう。
既にお察しの方もいらっしゃると思います。
そう…私の友達、りっちゃんの頭髪の事です。

事の始まりは私の何気ない一言でした。
何気なく…ただ本当に何気なくりっちゃんのおでこを見ただけだったんです。

「りっちゃんのおでこって可愛いよね」

その時のばつの悪そうな澪ちゃんの反応……。
思えば澪ちゃんは既に気付いていたのかもしれません。
りっちゃんの肥沃な森林地帯を徐々に侵食していく砂漠化という悪魔の存在に…。

あの時気付く事が出来れば……。
あの時言ってあげれば、こんな事にはならなかったのかもしれない……。

すべてはあの時の私が…………。



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 22:03:29.98 ID:La92TH9ki
あのカチューシャに吸い取られているんだよ!?



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 22:05:57.94 ID:JdXKh3+MO
おいやめろ



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 22:07:50.10 ID:BOTAcdPi0
唯「りっちゃん、カチューシャ貸して!」

澪(それは直球過ぎる!)

唯(もう見てられないよ!!)

律「え?やだよ!外したらおかしいし////」

澪(律の髪の毛のためだ……唯にあわせるか)

澪「そう?私は見てみたいな」

梓「イメチェンしてみるのもいいんじゃないでしょうか」

律「うーん、でも前髪長いから前見えなくなるんだよね」

律「…まあいいか、ちょっとだけだぞ」

唯「わーい!ありがとう!」



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 22:13:02.34 ID:BOTAcdPi0
律「あれ?前髪邪魔じゃないなー」

唯「みてみて!りっちゃんに似てない?!」

律「あはは!そっくりだな!」

紬「うう…りっちゃ………」ポロポロ…

梓「ムギ先輩………」

律「ムギ!?どうしたんだ!?」

紬「ごめんなさい、目薬入れすぎちゃって…ごめんなさい………」

律「ええ!?」

紬「本当になんでもないの…あ、お茶入れるわね」

律「ムギ?」

澪「ムギ……」

唯「ムギちゃん………」


今日の紅茶はちょっぴりしょっぱい涙味
そんな放課後でした……




25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 22:17:48.40 ID:BOTAcdPi0
次の日

唯「………………」

紬「………………」

律「よっ!おはよ!」

唯「うん…おはよう」

紬「おはよ、りっちゃん」

律「なんだよテンション低いなぁ!」

唯「あ……あはは………一時限目数学でしょ?それで…」

律「ははは!唯らしいな!」

紬(後頭部まで行っちゃってる……)

唯(どうしてこんな事に………)



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 22:22:06.71 ID:BOTAcdPi0
休み時間

澪「………………」

紬「ね?」

澪「どうして…こんな………」

律「お、澪か?寂しくなったのか?」

澪「律…」

澪「ほんとは気付いてるんだろ?」

律「みおしゃんの切ない乙女心にでちゅか~?」

澪「そのあt」

紬「澪ちゃんッ!!!」ガシ!

澪「ムグ…ンが…」

律「なにやってんだ?」




29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 22:26:00.58 ID:BOTAcdPi0
放課後

澪「皆、緊急事態だ」

紬「りっちゃんの髪の毛、ね…」

唯「うん…」

澪「梓は今日は律に会ってないよね?」

梓「はい…どうかしたんですか?」

澪「さらに後退してた」

梓「え!?」




31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 22:31:19.56 ID:BOTAcdPi0
澪「もはや気付かない振りで済ませられる問題じゃない」

紬「今日はりっちゃん来れないみたいだから、今のうちに今後の対応を考えようと思うの」

梓「もう正直に言うしかないんじゃないですか?」

澪「律はあれでかなり気を使う性格なんだ…下手な事を言うと傷つけてしまう…」

紬「言うのはまだやめた方がいいかもしれないわね…」

唯「でも私…りっちゃんの前で偽物の笑顔を作るのはもう限界だよ!」

澪「唯…私だって辛いよ……」

澪「でも一度言ってしまうともう後戻りできないかもしれない…」

澪「作り笑いだけで律が幸せなら私は……」

紬「…………」



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 22:37:31.21 ID:BOTAcdPi0
唯「うう……」

澪「唯…」

唯「私があの時…気付いていれば…こんな……」

唯「ごんな……ぐず…うぐぅ…」

紬「唯ちゃん…」ポロポロ…

唯「ぐす…こんな…ひっく……ごんな事にはならなかっだのにぃ~」ボロボロ…

梓「そんな!唯先輩は何も……」

澪「う…唯のせいじゃないだろ!」ポロポロ…

澪「気付いていたのに何もしなかった私のせいだ……ぐす…うう…」

唯「りっちゃあああああん…うわあああああああん!!」

澪「律…りぃつうううううう!!!」

紬「うう…あんまりだわ……こんなのってない……」

梓「………」




33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 22:41:08.39 ID:BOTAcdPi0
次の日

律「おはよ!」

律「おーい、皆最近元気ないぞー!」

唯(そんな…)

紬(ついに…)

律「どうしたんだ?私の顔に何か付いてる?」

澪「嘘だよ……こんなの…」

律「え?」

澪(律の髪の毛がなくなってしまった……)



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 22:46:09.07 ID:BOTAcdPi0
放課後

さわ子「………………」

律「なんだよさわちゃんまで元気ないな~」

さわ子「あら、そんな事ないわよ」

さわ子(これ突っ込んだ方がいいのかしら…)

律「そう?」

さわ子(みんな気を使って気付かない振りをしてるのよね…?)

さわ子「ええ…」

さわ子(どうしてこうなった…)



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 22:48:22.26 ID:VBQZwwtE0
ハゲでカチューシャ付けてんのか?www



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 22:48:25.42 ID:rWTqfe1xO
ハゲ頭にカチューシャつけてんの?



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 22:49:46.29 ID:BOTAcdPi0
律「最近皆元気ないみたいだけど……」

澪「…あ…うん……そう?」

唯「あはは……私は元気だよ…」

紬「ええ……りっちゃんの気のせいよ…」

梓「そうです、気のせいです…」

唯「………………」

澪「………………」

紬「………………」

梓「………………」

さわ子「………………」

律「いいかげんにしろよ!!!」バン!




42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 22:53:07.53 ID:aqljXITlO
律ちゃんをこんな扱いにした>>1は絶対に許さない



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 22:53:57.70 ID:BOTAcdPi0
梓「ひっ…」

澪「律…」

律「言ってくれよ…皆仲間だろ………」

律「もっと信頼して相談しろよ!」

律「それとも私にだけ言えない様な事なのか!?」

澪「……………」

紬「……………」

唯「………あのね、りっちゃ」

律「もういいよ!!」ガタ!!




48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 22:59:08.20 ID:BOTAcdPi0
紬「まってりっちゃん!違うの!」

律「違わないよ!もう良いから!帰る!」

澪「律!!」

律「あッ」ガタ…ふら…

唯「りっちゃん!危ない!」

ガターン!!

律「あいった~…」

唯「いたた…」

澪「おい!」

さわ子「ちょっと!大丈夫!?」

紬「りっちゃん!唯ちゃん!」

梓「だ、大丈夫ですか!?」




49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 23:02:26.08 ID:BOTAcdPi0
澪「ひッ!唯…ち…血が!」

唯「え?あ、ほんとだ…でもこの位の怪我なら大した事ないよ!」

律「馬鹿!なにやってんだよ!」

唯「えへへ…りっちゃんは怪我無い?」

律「ああ…唯が下敷きになってくれたからな…」

律「ありがと…」

唯「よかった……りっちゃんに怪我なくて…」

律「馬鹿////」




50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 23:06:57.87 ID:ofrfqvCj0
けがなくてよかったね



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 23:08:45.48 ID:SjkyTZ8AO
>>50
てめーwwやめろwww



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 23:08:37.36 ID:BOTAcdPi0
澪「……………」

唯「けが…ない…」

澪「けが…なくて…よかった?」

澪「そんなわけ…だめだろ…」

紬「そうよ…よかったけどよくないわ…」

律「え?」

唯「…………毛が」

唯「怪我無い…毛が……」

唯「うう…毛が無いよぉ……」ぽろぽろ




53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 23:10:06.10 ID:zkkxjQmf0
うわああああああああああああああああああああああああああああああ



54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 23:10:43.21 ID:BOTAcdPi0
律「唯!やっぱ痛いんだろ!?大丈夫か!?」

紬「唯ちゃんはやく保健室に…」

唯「私は平気だよ……でもりっちゃんが…えぐ………うぐぅ…」

律「だから私は怪我してないって!」

唯「りっちゃんの毛がぁ…ぐす…ひっく」

律「怪我したのは唯のほうだろ!」

唯「ちがうのぉ…私は毛があるからいいの…うううう…」

唯「りっぢゃん…は……毛が無いから………うええええええん!!」

律「ええ!?」



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 23:15:18.40 ID:BOTAcdPi0
紬「唯ちゃん………う…ぐす…」

律「ムギも!?どうしたの!?」

澪「律…………」ボロボロ…

律「澪まで!?」

律「怪我して欲しかったのか!?」

唯「ぢぃがぁうぅのぉぉぉぉ…」

さわ子「うう…りっちゃん………」

梓「律先輩…」

律「皆どうしたんだよ!」



57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 23:18:23.55 ID:BOTAcdPi0
紬「りっちゃん!!」ガシッ

律「!?」

紬「いいお医者様を紹介するから!絶対大丈夫よ!」

紬「ダメなら最高級のかつらだって作ってあげる!」

律「え?何!?どういうこと!?」

紬「何も心配しなくていいから!」

澪「もういいんだ!何も聞くな!私も聞かない!」

梓「毛が無くったって律先輩は律先輩です!」




60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 23:22:41.44 ID:BOTAcdPi0
律「なんなんだよ皆!おかしいぞ!もう訳がわか」

キラーン!

律「うおっまぶしっ!」

澪「あ!!」

律「!??」

澪「梓!そこの鏡締まって!」

梓「は、はい!!」

律「なんだこれ…」

澪「律!」

律「なんで私ハゲてんの?」




61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 23:23:32.72 ID:xzMOTuh10
気wwづwwいwwてwwwしwwまwwっwたwwww



62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 23:24:46.51 ID:ofrfqvCj0
毛根なの嫌だ…;;



63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 23:25:04.53 ID:JPbD4Pc/0
むしろなぜ今まで気づかなかったw



64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 23:25:06.58 ID:mXEEYV/40
なんでじゃねえよwwwwwwww



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 23:26:35.42 ID:BOTAcdPi0
さわ子「はぁ!?気付いてなかったの!?」

律「なんだよこれ!意味わかんないし!」

唯「りっちゃん!それはなんでもないよ!」

律「だからなんで私がハゲてるんだよ!!」

律「うわあああああああ!!」

澪「落ち着いて!!」

律「うそだ!誰だよこれ!!」

紬「りっちゃん!」



67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 23:31:42.78 ID:BOTAcdPi0
律「ああああああああああああ?!!」

紬「手荒な真似してごめんなさい!」ガシ!

律「離せムギ!死んでやる!!」

さわ子「落ち着きなさい!」

律「止めてくれるなさわちゃん!もう死ぬ!!」

紬「もしもし斉藤!?今すぐ来て!あと病院の手配も!」

律「むぎゅううううううううううう!!!」

紬「なんでもないわ!!いいから早く!!」

律「けがねなく逝きたい!!けがねなく逝きたい!!」

梓「律先輩落ち着いて下さい!!」

澪「あわわわわ…」

唯「りっちゃん…どどどどうしよう…」



69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 23:40:49.76 ID:dLIJCeXq0
あわわわ



70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 23:44:16.59 ID:wi6RX/oG0
髪がないりっちゃん・・・ハァハァ



71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 23:45:25.05 ID:BOTAcdPi0
ピーポーパーポー…

さわ子「ムギちゃんとりっちゃんは行っちゃったわね…」

澪「あたふたするだけで何も出来なかった…うう…」

さわ子「しょうがないわよ…あんな状況じゃ…」

唯「澪ちゃん…」

梓「律先輩大丈夫でしょうか…」

さわ子「ムギちゃんが付いてるから平気だとは思うけど…」

唯「そうそう!ムギちゃんがいるから平気だよ!」

梓「そうですよ、ムギ先輩も律先輩もあれでしっかりしてますし」

澪「ああ…」

梓「澪先輩もあまり気にしないで下さい」

澪「うん…そうだね…」

澪(あれ?梓の髪型ってこんなのだったっけ…)




72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 23:45:34.19 ID:ofrfqvCj0
もちろん下も怪我ないよな…ゴクリッ



74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/30(水) 00:01:51.98 ID:wi6RX/oG0
>>72
(^ω^)



76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/30(水) 00:04:19.82 ID:LhPYlts70
さわ子「………?」

さわ子「梓ちゃん、今日は髪のセット変えてるの?」

唯「そう言われてみれば張りがないよね」

澪「梓、髪型変えたのか?」

梓「え?変えてませんよ?」

澪「そっか、なんか垂れてる感じになってたから」

唯「て言うかなんか浮いてるような…」

梓「そうですか?別に何も…」

ずる……ドサッ

梓「!?」

澪「!!」

唯「!!」

さわ子「!!」




77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/30(水) 00:06:55.56 ID:fO32WWqqO
触角ごとwwwwww



78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/30(水) 00:07:14.21 ID:cLyVIIPn0
2本だけ生えてんだよな



79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/30(水) 00:08:17.99 ID:LhPYlts70
唯「落ち……た?」

澪「え?…え?何?」

梓「は…え?あれ?こっちは?」

ぞる……

梓「あ?…れ……え?…なにこれ…私の髪の毛…?」

さわ子「何よこれ…」

唯「そんな…あずにゃん……」

梓「いや…うそですこんなの……」

澪「ツインテールの負担に毛根と頭皮が耐えられなかったんだ…」

梓「そんな…そんな………」

梓「いやああああああああ!!!」




80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/30(水) 00:09:28.06 ID:8UZXvSXa0
>ツインテールの負担に毛根と頭皮が耐えられなかったんだ…


www



81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/30(水) 00:09:32.71 ID:uQ1dsdKh0
なんだよこれwwwwwwwwwwwwwwwwwww



82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/30(水) 00:10:10.87 ID:WwZ32ZKx0

              / ̄  ̄ ̄\
            / へ   へ \  っ
          /   ●   ●   \  つ
          |/// \___/ /// |   
          \    .\/    /   
         //,,― -ー  、 , -‐ 、\
       ./::(   , -‐ '"      ):::::\
      ./:::::::::::::`;ー" ` ー-ー -ー'::::::::::::::\
    ./:::::::::::::::::::::l           l:::::::::::::::::::::\
   /::::::::::::::::::::::::::l           l::::::::::::::::::::::::::\



83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/30(水) 00:11:56.83 ID:LhPYlts70
信じられないことが起こってしまいました。

私の大切な後輩のあずにゃんもすでに悪魔に魅入られていたのです。

まるで虫の触覚のようにピンとテンションのかかったツインテール…。
あずにゃんの小さな体にはいささか負担が大き過ぎたようです。
悲惨なりっちゃんの頭部を見ていながらも、どこか自分には関係ないと言う気持ちがあったのでしょう。

「自分はハゲるはずがない、まさか自分が」

誰しもがそう思っています。
ですが、その間も頭皮と毛根は警鐘を鳴らし続けていたはずです。
食生活……生活習慣……環境…遺伝。

こうなる事は偶然ではなく必然だったのかもしれません……。
特徴的なツインテールはじわじわと毛根と頭皮を痛めつけ………そして。

ついに破滅の時がやってきました。



86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/30(水) 00:16:13.47 ID:LhPYlts70
唯「あずにゃんまで……いやだよこんなの!!」

さわ子「梓ちゃんの髪までごっそりと抜け落ちるなんて……」

梓「あ…ああ…」ガクガク…

澪「梓!しっかりして!」

唯「そんな……そんな………!」

澪「あ!!」

澪「唯!憂ちゃんだ!憂ちゃんが危ない!!」

唯「え!?」

澪「ポニーテールだよ!いつも髪の毛結んでるだろ!」

さわ子「たしかにあの髪型は頭皮にかなりの負担のはず!」

唯「あ………あああああ?!!!」

澪「いそげ!このままじゃ憂ちゃんまでハゲてしまう!!」

唯「憂!!」




87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/30(水) 00:17:36.37 ID:PAQRx3ZL0
本当に怖い家庭の医学w



88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/30(水) 00:18:33.30 ID:WwZ32ZKx0
純もやばいぞ



89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/30(水) 00:19:28.42 ID:WXKPBL8pO
唯の語りが何気にいい味を出してる



90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/30(水) 00:20:33.55 ID:LhPYlts70
平沢家

唯「憂!!いる!?」バターン!!

憂「え?え!?どうしたの?」

唯「憂…」だき…なでなで…

憂「お姉ちゃん!?////」

唯「良かった…まだ抜けてない…」

憂「ええ?何?」

唯「憂、もうその髪型止めて!」

憂「え?なんで?」

唯「えーと……憂は髪下ろした方が絶対可愛い!!」

憂「!!!」

憂(ええええ!?/////)

憂「わわわわかった!」ドッキンドッキン////



93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/30(水) 00:22:53.17 ID:LhPYlts70
憂「お姉ちゃんそっくりだよ~」

唯「うん!おそろいだね!」

憂「////」

唯「はぁ……よかったよぉ……」へなへな…へたり…

憂「お姉ちゃん!?大丈夫!?」

唯「あはは…平気平気!」

唯「あれ?」

唯「床……抜け毛こんなに多かったかな………」




94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/30(水) 00:24:50.23 ID:s45O3+4hO
当然ながら、髪が一番重い澪も…



95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/30(水) 00:26:02.58 ID:LhPYlts70
唯「………これ…憂の毛だよね」

憂「あ、ごめん汚いよね…後で掃除しとくよ」

憂「最近抜け毛が多くって……季節の変わり目だからかなぁ?」

唯「え……?」

唯「……憂」

唯「10円ハゲが………」

憂「え?」




96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/30(水) 00:29:10.68 ID:WXKPBL8pO
ぎゃああああああああああああああ



97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/30(水) 00:29:54.78 ID:LhPYlts70
こんにちは、平沢唯です。

幸いな事に憂の10円ハゲ、いわゆる円形脱毛症はストレスによる物でした。
ストレスの原因はまだわからないけど、とりあえずは一安心です。
しかしクラスメイトでしょうか?
私の大切な憂に心配をかけさせる人間がいるなんて許せません…。

りっちゃんはムギちゃんの病院で治療を続けています。
かわいらしい産毛も生えてきて、もう心配は要らないそうです。
それにしても自分の髪の毛の状態に気付かないだなんて相変わらず大雑把な性格ですね!

あずにゃんは毛が抜け落ちたショックで廃人になってしまいました。
「空きれい」とうわごとの様につぶやく毎日です……。
お医者さんは首を横に振っていました…。

りっちゃんは私達が気を使って突っ込んでくれなかった事がショックだと言っていました。
今思えばりっちゃんに対して本当に失礼な事をしたと思います。
髪の毛の有無くらいで壊れる友情なんて初めからいりません。

私は気付かない振りをする事の辛さ、友達を誤魔化す事の辛さを学びました。
やはり友情は髪の毛以上に大切なのです。




98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/30(水) 00:31:29.53 ID:1rilnrHe0
うわああああああああああああもうやめてkぅれえええええええええええhsfgふじこlp



99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/30(水) 00:31:32.46 ID:n2/GG76L0
なにこれこわい



100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/30(水) 00:36:35.13 ID:5FmipCsYO
>>97
どう考えてもストレスの原因はお前だろwww



101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/30(水) 00:37:09.38 ID:uQ1dsdKh0
後日談wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/30(水) 00:40:29.61 ID:LhPYlts70
数日後、病院

澪「今日も来たよ」

唯「やっほーりっちゃん!あずにゃん!」

律「おっす!」

紬「いらっしゃい、唯ちゃん、澪ちゃん」

梓「空きれい」

澪「梓は相変わらず、か…」

紬「そうね…」

律「しょうがないさ、私だって始めはショックだったし」

梓「ブツブツ…」




104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/30(水) 00:47:57.54 ID:LhPYlts70
澪「でも律は元気そうでよかったよ」

澪「落ち込んでるんじゃないかって心配でさ……」

律「ハハハ!もう大丈夫だよ!」

律「これはこれでパンクだろ!」

澪「律ったら」ナデナデ…

律「こら!撫でるな!」

澪「産毛の感触が気持ちいいよ」

紬「ふふ…♪」




106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/30(水) 00:52:23.81 ID:LhPYlts70
律「まぁ…私はいいんだけど梓がな…」

紬「そうね……もう治る見込みはないって…」

唯「そんなッ!」

澪「嘘でしょ!?」

紬「私だってそんなの信じない!信じたくない!」

唯「……ムギちゃん」

梓「髪の毛?…かつらだな…毛はバアーッと生えるもんな…暑っ苦しいな…ブツブツ」

澪「梓…」

唯「あずにゃん…ぎゅ……」

唯「絶対大丈夫だよ、私も一緒に頑張るから…」

澪「ああ!また前みたいにりっぱなツインテールが出来るよ!」

梓「ブツブツ…」




107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/30(水) 00:57:07.96 ID:LhPYlts70
唯「よしよし……」

唯「ん?このふわふわした感触は」

紬「あら?これって…」

唯「あ……あー!!」

紬「皆見て!梓ちゃんにも産毛が生えてきてるわ!」

律「ほんとだ!!」

澪「ああ…よかった………よかった!!」

紬「梓ちゃん!わかる?髪の毛が生えてきてるのよ!」

梓「か……みの…毛………わたし…の?」

紬「そうよ!梓ちゃんの髪の毛よ!」

梓「あ………ああ……」ポロポロ…

唯「あずにゃぁぁぁん!!」



108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/30(水) 00:57:42.14 ID:8UZXvSXa0
髪は女の命か…



109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/30(水) 00:59:14.45 ID:zqABx5ArO
原因はなんだよwwwwwww
新手のすたn・・・(ry



113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/30(水) 01:07:54.82 ID:LhPYlts70
皆さんはあって当たり前だった物が突然なくなる体験をしたことはありますか?
ある日突然に奪われてしまう大切な物、大切な髪の毛。
私達の何気ない行為で消えていく髪の毛。
そして、そんな何気ない行為が後戻りの出来ない事態を引き起こしてしまう………。

それは髪の毛だけではなく地球環境にも言える事です。
ほんの些細な、本当に悪気の無い行為が地球を痛めつけているんです。

胸に手を当てて考えてみて下さい。
あなたの取った行動は後々どのような結果をもたらすのでしょうか…?

私が言いたい事は一つ、地球を大切に。
かけがえの無い地球を潤いの無い砂漠の星にしてしまわない為にも!

それでは聞いてください!これが最後の曲です!

『ふさふさ時間(タイム)』!!



fin




114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/30(水) 01:08:50.83 ID:8UZXvSXa0
ふwwwさwwふwwwさwwwwタイムwwwww



116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/30(水) 01:12:54.76 ID:YN70r7js0
   /.   ノ、i.|i     、、         ヽ
  i    | ミ.\ヾヽ、___ヾヽヾ        |
  |   i 、ヽ_ヽ、_i  , / `__,;―'彡-i     |
  i  ,'i/ `,ニ=ミ`-、ヾ三''―-―' /    .|
   iイ | |' ;'((   ,;/ '~ ゛   ̄`;)" c ミ     i.
   .i i.| ' ,||  i| ._ _-i    ||:i   | r-、  ヽ、   /    /   /  | _|_ ― // ̄7l l _|_
   丿 `| ((  _゛_i__`'    (( ;   ノ// i |ヽi. _/|  _/|    /   |  |  ― / \/    |  ―――
  /    i ||  i` - -、` i    ノノ  'i /ヽ | ヽ     |    |  /    |   丿 _/  /     丿
  'ノ  .. i ))  '--、_`7   ((   , 'i ノノ  ヽ
 ノ     Y  `--  "    ))  ノ ""i    ヽ
      ノヽ、       ノノ  _/   i     \
     /ヽ ヽヽ、___,;//--'";;"  ,/ヽ、    ヾヽ



117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/30(水) 01:15:25.46 ID:LhPYlts70
これで終わりです、付き合ってくれてありがとうございました
ついクソスレ立ててしまったのがいたたまれなくて
勢いで書いたけど感動系の話で終わらせられてよかった!




118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/30(水) 01:16:46.52 ID:uK5Y8eSG0
涙腺崩壊寸前・・・



119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/30(水) 01:17:19.34 ID:9KL6EXkt0
感動系wwwwww



121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/30(水) 01:23:57.18 ID:PAQRx3ZL0
目から汗が



131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/30(水) 02:03:37.92 ID:WXKPBL8pO
ああwww髪様wwwお願いwww



136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/30(水) 02:33:04.99 ID:x4AGBWluO
>>131
おまえなぁwwwww



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking livedoor Blog Ranking

この記事へのコメント
ワロタwwwwwww
2009/09/30(水) 17:49:41 | No.3314 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
なんという髪SS
2009/09/30(水) 19:19:04 | No.3315 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
良い話だ
2009/09/30(水) 20:18:36 | No.3316 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
さっそくハズズラ板にコピペだ!!
この作品は彼らに希望を与えるであろう!!!
2009/09/30(水) 20:51:07 | No.3317 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
実際ハゲたら自殺するかも分からんね
2009/09/30(水) 21:20:57 | No.3318 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
髪から地球環境に発展するのは
センスを感じたwwww
2009/09/30(水) 21:21:47 | No.3319 | VIPPERな名無しさん | #-[ 編集]

             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
         /           \
         /              ヽ 
   / ̄\ l      \,, ,,/      |  
  ,┤    ト |    (●)     (●)   | 
 |  \_/  ヽ     \___/     |  今年の私は一味違うよ!
 |   __( ̄ |    \/     ノ   
 ヽ___) ノ
2009/09/30(水) 23:17:47 | No.3323 | 七祖 | #YqzQT8Bs[ 編集]
けいおんSSはマジパネエ
2009/09/30(水) 23:29:28 | No.3324 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
ハゲェな
2009/09/30(水) 23:48:05 | No.3325 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
オチがwww
2009/10/01(木) 05:40:30 | No.3334 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
梓の髪
>ずる……ドサッ

かわいらしい産毛

>>131

クッソワロタwwwwwww
2009/10/02(金) 19:18:02 | No.3357 | 戯言ヴぃp | #NkOZRVVI[ 編集]
113すげえ。
2009/12/15(火) 06:25:20 | No.4093 | ::: | #-[ 編集]
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://minaminoxxxsummer.blog49.fc2.com/tb.php/646-6630eead
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。