戯言ニュース

ほとんどVIPのまとめ。

HeadLine
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「けいわん!」
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 00:38:06.39 ID:l7zJjyXs0
唯「とりあえず、けいわん部ってとこに入ってみました!」

和「へぇ~、どんなことするの?」

唯「さぁ?」

和「へ!?」




2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 00:39:25.28 ID:mbc/i5Ss0
むしろえむわん!を見たい



3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 00:40:04.19 ID:p0+cWXKGO
じゃあ俺えふわん



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 00:42:22.82 ID:KAcCIaUL0
ぜろわんで



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ 唯「けいわん!」
5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 00:43:03.59 ID:l7zJjyXs0
ーー
ポスター「K-1部 部員募集!格闘技初心者歓迎!!」

和「ほら、格闘技をするクラブみたいよ」

唯「えぇ!私ボクシングなんてできないよ!?」

和「じゃあ何ならできるの?」

唯「…腕相撲とか?」

和(大丈夫かしら…)



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 00:47:54.07 ID:l7zJjyXs0
ーー
唯「どうしよう…軽い気持ちで入部してみたけど……やっぱりやめるって言おう…」

さわ子「あら?平沢さん?」

唯「先生!」
・・・
さわ子「格技室ならあっちよ」




8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 00:54:31.16 ID:l7zJjyXs0
ーー
唯「ここか…でも、けいわん部の人ってどんな人だろう?」

?「ああ?やめたいだとぉ……キサマ!SATSU(ry」

唯「あうあうあわ…」ポムンッ

唯「ひいやあああああああああああああああああああ!!1!!!」

律「?もしかして、あなたが平沢唯さん?入部希望の!」

唯「…あい」

律「みんなあ!入部希望が来たぞぉ!」バタムッ




9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 01:05:09.56 ID:l7zJjyXs0
ーー
律「よかった~平沢さんが入部してくれて!」

澪「実はここ、今週までに部員が4人入らなきゃ、廃部になるとこだったんだ。」

紬「今お茶いれますね~」

唯「(どうしよう…)」




10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 01:06:05.48 ID:4AyoUs7s0
俺と唯が寝技祭りwwwwwwww



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 01:13:37.79 ID:l7zJjyXs0
ーー
紬「どうぞ~、ポカリですけど」

唯「?…おいしいぃ……」トローン

律「じゃあ自己紹介な!あたしが部長の田井中律!小6から空手習ってました!」

澪「秋山澪です。律とは同じ道場に通ってて、それで入部に…
(本当は文芸部に入る予定だったのに…)」

律「澪はね~すごいんだよお!大会で優勝したこともあるんだあ!!」

唯「おお!」




14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 01:25:32.29 ID:l7zJjyXs0
澪「や、やめろよ!(恥ずかしい…!)ム、ムギの番だぞ!」

紬「琴吹紬です。格闘技はやったことないけど、マネージャ兼選手ということで頑張ります!」

律「ムギはねえ、とおおぉっても体が柔らかいんだ~、澪以上に!」

唯「へえ~(柔らかい…?プニプニ)」

紬「クラシックバレエをやってたので…」

律「きっとすごい選手になるぞ~、なのにマネージャだけでいいなんてもったいない!
だから練習もしてもらうことにしました。よっ!キックの鬼!」

澪「やめなさい」パシッ




16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 01:32:19.30 ID:l7zJjyXs0
ーー
律「平沢さんは、どんな格闘技やってんの?」

唯「へ?」

澪「好きな選手とか?」

唯「あうぅ…ゴメッゴメスッ御免なさい!」



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 01:36:49.84 ID:l7zJjyXs0
ーー
澪「そっか…」

唯「じゃあ私これで…」

律「まって!ゴロゴロしてるだけでいいから!」

紬「おいしいプロテインもあるの!」

唯「あ…あう……私………」

澪「…スパーリング見ていかない?」

唯「スパーリング!?」



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 01:48:06.46 ID:l7zJjyXs0
ーー
澪「…」チラッ

律「ん!」

紬「じゃあ、3分、はじめ!」チーン

澪「シッ!シッ!」バシバシ

律「(澪のやつ…いつもより気合入ってんな……)」バンバン

唯「おぉ~」




19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 01:49:19.48 ID:l7zJjyXs0
澪「(いいとこ見せなきゃ…もっと!もっと!)」ススッ

律「(!しまっ)」

バシーン!!

ドタッ

紬「りっちゃん!」

唯「!!」




20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 01:58:00.13 ID:l7zJjyXs0
律「ててー、やっぱ澪はつよいや」

澪「律のは大ぶり過ぎるから、すぐ見切れるんだよ」

なんだとーやいのやいの

唯「(どうしよう…もしやめるっていったら澪ちゃんに……澪「キサマSASTU(ry」)」ガクガク

紬「…どうだった?」

唯「!へっ!?っとぉ、なんていうかすごく…」

澪「すごく?」ゴクッ

唯「カッ…カッコヨカッタデス」

律「じゃあ!」キラキラ

唯「…入部しますorz」

律「やったあ!」

紬「一緒に頑張りましょう!」

澪「改めてよろしくな!」

唯「う、うん…」




21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 02:06:52.57 ID:l7zJjyXs0
ーー
次の日の放課後

和「唯、一緒に帰ろう」

唯「あ、和ちゃん。ごめん、私けいわん部に行かなきゃいけないんだ…」

和「止めたんじゃなかったの?」

唯「うん、昨日はそのつもりだったんだけど、行ってみたらなんか…やってみようかなって」

和「…そう。じゃあ私先帰るね。」

唯「うん。また明日~」



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 02:20:09.07 ID:l7zJjyXs0
ーー
唯「こんにちわ~」

律「違うぞゆいい!道場ではオスだ、オス!」ビシッ

唯「お、オウス!」

澪「嘘いうなっての」パシンッ

唯「コッ、コンニチハ澪ちゃん…」

澪「こんにちは、唯。着替えたらこっちにきてね」

唯「ハ、ハイィ!」ソソクサ

律「(澪、完全にビビられてる・・・)」

澪「?」




30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 02:28:35.40 ID:l7zJjyXs0
ーー
唯「着替えましたー!ってあれ、みんな何飲んでるの?」

律「ムギ特製プロテインだよ~。唯もどう?」

唯「おお~(ぷろていん?)……うっ!!」

律「ふふっ、やっぱ最初はきついかw」

澪「唯で遊ぶな!」ガッ

紬「大丈夫?」

唯「ら…らいじょうぶれす…」ウプッ



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 02:34:03.23 ID:l7zJjyXs0
ーー
澪「練習するぞー。唯とムギはまだ初心者だから、型の練習までな」

唯「ハイッ!(よかった…殴られずに済むみたい…)

律「じゃあ準備運動からだ!声だしてけよ~、イッチニーサンシー!」

律澪紬唯「ゴーロクシチハチ!」

ーー



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 02:38:37.65 ID:l7zJjyXs0
ーー
唯「つ、つかれたああ~」

律「なんだあ、だらしないぞお!」

澪「当然だろ…今日が初めてなんだし…唯とムギはもう休んでていいよ。律、スパーしよう!」

律「えぇ~今日も!?」

澪「なんだあ、だらしないぞお!ハハッ」
やいやい
紬「唯ちゃん、見学しましょう」

唯「うん…」




36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 02:43:53.59 ID:l7zJjyXs0
ーー
バシッバンバンッパンツパァン!
紬「あと1っぷんー!」

唯「…ねぇムギちゃん」

紬「なあに唯ちゃん?」

唯「ムギちゃんはどうしてけいわん部に入ったの?」

紬「…それはね、あの二人を応援したくって」

唯「?」

紬「あの二人、今とっても輝いていると思わない?」



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 02:48:56.44 ID:l7zJjyXs0
唯「(輝く…?)」

唯「(、本当だ…昨日は怖かった澪ちゃんだけど、話してみるとすごくいい人だし、
ああやってスパーしてる澪ちゃんはかっこいい…りっちゃんも、普段はちょっとふざけたところが
あるけど、今はとっても真剣な顔で…)」

唯「(私、・・・私は・・・・・・・・)」

チーーン
紬「おわりです!」




38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 02:56:36.92 ID:l7zJjyXs0
ーー
律「あいてて…澪ォ、ローキックちまちま当ててくんのやめろお、
だから澪とはやりたくないんだよお」

澪「なっ!律が不用意に飛び込んでくるのが悪いんだろ!それに、
私はひっつかれるとやりづらいんだよ!」

紬「まあまあ、その辺にして…今日は上がりにしましょう?」

澪「!…そうだ唯…どうだった?今日?」

唯「へっ!!?」

律「おう、そうだ、なんたって初練習!初部活だもんなあ唯は!なんか感想とかある?」




39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 03:00:20.18 ID:Z0jS/mtvO
そうだね!プロテインだね!



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 03:00:58.09 ID:l7zJjyXs0
唯「えっと…、感想とかじゃあないんだけど…」

紬「うんうん」

唯「っその、スパーをする二人が、とってもカッコよくって・・・」

律「うんうん」

唯「こんなこと言うのはあれかもしれないけど」ウルッ

唯「私もそんな風になれますか!?」

澪律紬「!?」



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 03:04:25.65 ID:l7zJjyXs0
唯「だって…わたし、運動オンチで…今日も練習、ついていくのが、やっとで…」

唯「でも…こんなわたしだけど…、なりたい……!澪ちゃんやりっちゃんみたいになりたいよお!」ウワアンッツ

律「唯…」

紬「……」

澪「唯……」ギュッ

唯「みお、ちゃ………」




42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 03:07:14.07 ID:l7zJjyXs0
澪「泣いてちゃ強くなれないぞ…、って私の先生が言ってた。」

澪「でもね、先生は、泣いたことがないと強くなれないとも言ってた。」

澪「唯は強くなる、きっと…私よりずっと……」

律「……ふっカッコつけちゃってまぁ……」

紬「…、りっちゃ、いいえ部長!」

律「は、はいぃ!!?」

紬「私、マネージャ辞めます!」




43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 03:12:59.22 ID:l7zJjyXs0
紬「マネージャとしてでなく、選手として皆さんと頑張りたいんです!」

紬「私、澪ちゃんとりっちゃんを見てて、すごく憧れるのと同時に、私はこんな風になれないって
どこかで諦めてたんです!…でも、唯ちゃんに気付かされたんです、それじゃダメだって!
わたしも、強くなりたいんです!!」

紬「……いけませんか?」

律「まさか!だいかんげいだよ!!」ニカッ

紬「…ありがとうございます!」

澪「、じゃあ明日からマネージャー業はみんなでやろう。唯も頑張るんだぞ」

唯「うん、私、ガンバル!!」




44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 03:17:53.26 ID:l7zJjyXs0
ーー
次の日から、唯は本当に頑張るようになりました。
一心不乱に練習に打ち込むようになり、自主レンもしているようでした。
ムギも選手としてかなり成長して、唯と一緒にスパーリングするようになりました。

さわこ「2人ともだいぶサマになってきたわね……これなら大丈夫そう」

律「大丈夫そうって…まさか!!」

さわこ「ええ、エントリーしましょう」



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 03:21:36.01 ID:l7zJjyXs0
唯「えんとりー?」

澪「先生、ムギと唯には早すぎませんか!?」

さわこ「まぁ、これも経験だと思って、やってみた方がいいんじゃない?」

紬「エントリーって…なにか大会でもあるんですか?」

さわこ「なっ、ここK-1部よ!?」

律「なら大会って言うのは…」

澪「ひとつしかない……」ゴクッ

唯「?」

さわこ「そう…、
日本で一番強い女子高生を決める大会、その名をJK-1グランプリ(優勝賞金1000万円)!!」



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 03:28:29.58 ID:l7zJjyXs0
澪「(カッコいらねぇ…)じゃなくて、二人はまだ初めて三か月しかたってないんですよ!?」

さわこ「でもスパー出来てるじゃない、試合にはなるわ」

律「っでもでも、二人の気持ちってもんも…」

さわこ「…ふたりともやる気みたいだけど?」

律澪「!!?」

唯「りっちゃん、私やるよ!二人に教えられてきた自分が、今どれ程のものなのか知りたいの!」

紬「なんだって先生がいいんですもの、大丈夫よ。ねっ、りっちゃん!澪ちゃん!」

さわこ「キマリね」ニマッ



48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 03:33:06.97 ID:l7zJjyXs0
ーー
大会当日
唯「うわあすごい人~」

律「と言っても選手は50人もいないらしいぜ~」

唯「そうなの!?」

律「まだ地区予選だしな…それに」

澪「JK-1はオーディエンスが多いことで有名なんだ……ウッ」

紬「澪ちゃん!?」

澪「大丈夫…ちょっと緊張してきただけ」ドキドキ

律「…試合前の澪はいつもそうなんだ、
じゃああたしエントリー確認に行ってくるから澪ヨロシクゥ~☆」タタッ

唯「(試合前か…そうか、わたしこれから試合するんだ……見たこともない人と……)…ウッ」

紬「唯ちゃんまで~!?」




49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 03:42:17.92 ID:l7zJjyXs0
ーー
律「たっだいま~!私たちの控え室はあっちだって!あとさわちゃん見っけ!」

さわこ「あとって何よ!あら、3人とも大丈夫?顔色良くないわよ!?」

紬「とりあえず、部屋へ行った方がいいかと……」

澪唯「」ガクブル




50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 03:49:55.68 ID:l7zJjyXs0
ーー
さわこ「それにしても豪気ね。学校ごとに専用の控え室があるなんて」

律「ま、それが観客が多い利点ですかね」

澪「観客……」ブルブル

律「、ったく、いつまでそうやってんだ澪!」バシンッ

澪「っひゃ!!?」

律「お前がそうやってビビってたら、唯まで緊張しちゃうじゃないか…!」

澪「!!(そうだ…私が頑張らなきゃ…、みんなに心配かけちゃあいけないっ…!!)

澪「よおうし律!!じゅんびたいそうだっ!」ダッ

律「おおーう!ついてこいムギ!唯!」パヒューン

紬「ハイッ!行こう唯ちゃん!」

唯「ま、まってえ~」

・・・
さわこ「ふっ、みんな、若いわね……」




55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 03:58:07.37 ID:l7zJjyXs0
ーー
アナウンス「それでは以上で開会式を終了します。選手の皆さんは各自試合に向けて待機してください」

律「いよいよだな!」

澪「この中ではトップバッターは…唯じゃないか!」

唯「ええ、あたし!?」

紬「このプログラムなら応援できそうですね~」

律「おっしゃあ、一発決めてこい唯!」

唯「う、うん!」



63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 04:05:09.07 ID:l7zJjyXs0
ーー
アナウンス「第三リング、桜高校K-1部所属、平沢唯選手対・・・」

律「始まるみたいだぞ!」

憂「おねえちゃーーーん!!!」

唯「あ、憂!それにのどかちゃんも!来てくれたんだ~」

憂「応援するよ。でも気をつけてね、お姉ちゃんが怪我でもしたら私……」オロオロ

和「無理しないでね、落ち着いてやればいいのよ…」ハラハラ

唯「…へへっ、大丈夫だよ!見てて、私強くなったから!」

憂「お姉ちゃん…!」

和「唯……!」

澪「!……」




66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 04:10:23.70 ID:l7zJjyXs0
ーー
カアーン!
律「ゆいふぁいとーーーー!」

紬「ふぁいとーーーーー!」

澪「…」

唯「(みんな見てる…失敗はできないッ)」ババババッ

律「すげえ!唯が押してるぞ!」

澪「………いや、相手には効いてない…」

紬「様子見されてる…ってこと?」

律「!…だぁいじょぶだってぇ、効かなくってもこのまま手数で勝負すれば判定勝ちだ!」

さわこ「(そううまくいくかしら…)」ドキドキ




68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 04:19:19.34 ID:l7zJjyXs0
ーー
ジャッジ「第一ラウンド終了!」

さわこ「お疲れ唯ちゃん!」

律「よくやったよ唯!!」

唯「えへへ…みんなのお陰だよぉ………」

澪「これ、飲む?水?」

唯「あ、ありがとう澪ちゃん…」

澪「(かなり疲れてる…!)どこか痛むところあるか!?」

唯「大丈夫、心配しないで…」

紬「みなさん、そろそろ…」

澪「時間か…唯、最後に1つ。次は自分から攻めるな」

唯「へっ!?み、澪ちゃんどうしt!?」
カアーン!!



70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 04:25:09.04 ID:l7zJjyXs0
ーー
律「澪!!お前どうしてあんなことを!?」

澪「…あれ以上やってたら唯が自滅してしまう…、それに、唯には攻撃以上に防御をよく教えといた」

律「だからって…」

さわこ「澪ちゃんの言う通りよりっちゃん、
…でもね澪ちゃん、正しい行動が、正しい結果を導くとは限らないわ」

澪「、?それはどういう…」

律「お、おい!なんか唯、フラフラしてないか!?」

紬「唯ちゃんしっかりーー!!」

澪「!!?(唯…集中しろ……!)」



71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 04:30:37.17 ID:l7zJjyXs0
ーー
バシバンッ

唯、最後に1つ。

パンパアンッ

次は自分から攻めるな

唯「(澪ちゃん…どうしてあんなことを……?)」

唯「(…きっとまた私がいけないんだ、澪ちゃんが間違うわけないもんね)」

唯「(そっか、わたしがいけなかったんだ。教えられた通りに出来てなかったんだ)」

唯「(なら、ちゃんとやればいい!)」

唯「(ちゃんとできるよってところを、澪ちゃんに!!)」
オオォッ
律「唯が攻めはじめたぞ!」




72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 04:35:20.21 ID:l7zJjyXs0
澪「!?そんな、まだはやいよ!」

さわこ「澪ちゃん、唯ちゃんはね、あなたの言う通りに守ってたんじゃないわ。」

さわこ「唯ちゃんは自分が疲れているのに気づいてないのよ!」

澪「!」

さわこ「つまり、なんで澪ちゃんにああ言われたかわからなくって、攻めあぐねていただけなのよ」

紬「じゃあ、今攻めに行ってるのは…?」

さわこ「それはわからないわ!!」ドーン



73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 04:38:46.12 ID:l7zJjyXs0
さわこ「ただ、唯ちゃんの中でふんぎりがついたんじゃないかしら」

澪「だからって…だからってダメだ!今は守らなきゃ…」

律「それは違うぞ澪!このまま守ったってジリ貧だ、
唯が勝つには、はじめから攻撃あるのみだったんだよ!」

澪「!!」




78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 04:43:56.50 ID:l7zJjyXs0
ーー
唯「(、もっと速く、もっと強く!!)」パンパアン

いいぞ唯、もっとリズムにのって!ワンツー!ワンツー!!

唯「(澪ちゃんが褒めてくれたワンツーパンチ…)」

唯「(ただのワンツーだけど、これが今の私の必殺技〈せいいっぱい〉…)」

さわこ「今よッ!」

唯「うんっ!」バンッ

紬「もうひとこえっ!」

唯「タァあン!!」ドォンッ!!

律「きまったァ!」

澪「!!!」



79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 04:45:05.40 ID:UuoAb4vv0
             -―――‐-
          . :´==/: : : : : \: : : \
            / /: :/{: :{: : : : : :ヽ: : : :',
        /: :{=/\{: : |\}X: : : '.: : : :}
          {: :人{ 、 \| 、 ヽ: j: : : :i  
         |/: :ハ ○    ○ ∧/ ト: : |
        |: :j: Y xx    xx{:/ : |ノ: :|
         {八: ゝ_  {ヽ  /: : :.:|: ;} }  タァあン!!
         \{\{ >ァr‐七{: : /リ:/|/



81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 04:49:10.72 ID:3e8bYHrtO
ワンツーはうんたんのリズムで打つのです



82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 04:51:07.62 ID:l7zJjyXs0
澪「!(相手はまだこらえてる…!)」

唯「(まだだ、まだ効いてない…もう一発、ここできめる!!)」

紬「ゆいっちゃ・・・」

澪「だめだ唯!!!」

唯「!!?………みお、ちゃ…………?」ダアァアン!!

バタンッ………!!

律「唯!?」

紬「!!」

さわこ「!」バッ

和「ゆい…!」

憂「おねえちゃ…」

澪「唯イいいいいいいいいい!!1!!!!」




83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 04:58:39.46 ID:l7zJjyXs0
ーーーーーーーーーーー
唯「!……ここは、?」

憂「お姉ちゃん!」

さわこ「病院よ、具合はどう?」

唯「病院…そっか、私試合で」

さわこ「……一回戦、KO負けよ。」

唯「み、みんなは!?」

憂「今会場からこっちに来てるって。和さんも。それよりお姉ちゃんだよ!本当に大丈夫なの!?」

唯「平気平気!元気元気だよ!」




84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 05:02:14.50 ID:l7zJjyXs0
さわこ「大丈夫そうだけど、一応頭を打ってるから、検査してね」

憂「今日は入院だって…私、このままおねえちゃんが目覚めなかったらって思って…」ダキッ

唯「う、うい~////」

憂「……ねえお姉ちゃん」

唯「ん~?」

憂「K‐1部、やめよう?」



85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 05:08:49.20 ID:l7zJjyXs0
さわこ「……………」

唯「憂………」

憂「イジワルなこと言ってるってわかってる…。」

憂「でも、あたし、もう今日みたいなこと、あたしたえらえあいよお~」ボロボロ

唯「…………憂……」



88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 05:09:55.83 ID:l7zJjyXs0
ーー
律「起きたのか唯!?」

唯「おうりっちゃん!みんな!!」

和「ごめんね唯、先生の代わりにセコンドすることになって…。それと律、トーン下げて。ここ病院」

律「ゴメンごめん…けど、かたきはとったぞ唯!」

唯「?」

紬「唯ちゃんの相手と勝ち上がったりっちゃんが戦うことになって、りっちゃんが勝ったの!」

唯「本当!すごぉい!!」




91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 05:14:15.89 ID:l7zJjyXs0
律「まあねー!きっと唯との戦いが、相当ダメージあったんだよお~」

澪「…判定のギリギリ勝ちだったじゃないか」ボソッ

律「なにおう!?」

唯「澪ちゃん…」

澪「」ドキィッ

唯「ごめんね、私、澪ちゃんに言われた通りにできなかったよ…」

澪「」




93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 05:18:08.05 ID:l7zJjyXs0
唯「澪ちゃんに教えてもらったこと、全然できてなかった…負けて当然だよね」

澪「…ガウ」

澪「違うよ唯!私が、私が唯をミスリードした!私が唯を混乱させてしまったんだ!」

澪「あのまま私が黙ってたら…唯が勝ってたのに…」

澪「唯が負けたのは、わたしのせいなんだ!!」

紬「澪ちゃん……!?りっちゃ…」

律「澪、お前…ずっとそう思ってたのか?試合中も、……だから負けたってのか!?」



94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 05:23:03.02 ID:l7zJjyXs0
唯「!!……澪ちゃんの試合って…」

律「一回戦判定負けだよ。それも格下の相手に、どうにも消極的なつまらねえ試合だと思ったら…」

澪「………」

紬「りっちゃん…怒らないで、澪ちゃんはただ…」

律「怒りたくもなるね、試合に集中できなかったことじゃない。負けたのを唯のせいにしたことをだ!」



95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 05:25:48.81 ID:l7zJjyXs0
澪「!!?なっ違っ…私は…!!!」

律「違うもんか!現にいま、この話を聞かされた唯はどう思う!?」

律「自分のせいで、澪が負けたって思うんじゃないのか!?」ウルッ

澪「!!」

律「あの時、試合のとき、澪がすべきことは、精一杯戦うことだったのに!」

律「おまえはそれをしなかったんだ!!」ボロボロ

澪「!!!」



96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 05:28:53.61 ID:l7zJjyXs0
唯「やめてよりっちゃん………!」ウルッ

律「!……ごめん唯、…澪も」

澪「ううん、全部律の言う通りだ…。初めっから……」グズッ

澪「ごめんね唯……ホント、どう謝ったらいいか……」

唯「ううん、謝らないで…だって誰も悪くないもん」

律「唯…」

唯「澪ちゃんのしてくれたこと、全部私のとこを思ってやってくてたんでしょ?」

唯「それは、いじわるじゃなくって優しさだよ」

唯「澪ちゃん負けちゃったのは残念だけど…わたし、とってもうれしいよ!!なんてw」

唯「私、澪ちゃんのそういうやさしいところ、大好き!!!」ダキッ

澪「唯……。ありがとう、アリガトウ………」ギュッ

紬「(よかったですう~)」ホワホワ




102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 05:36:33.34 ID:l7zJjyXs0
桜高校K-1部戦績
田井中律 JKライト級第三位
秋山澪 JKミドル級一回戦判定負け
琴吹紬 JKミドル級一回戦判定負け
平沢唯 JKライト級一回戦KO負け

私たちの夏が、終わった。



104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 05:39:46.67 ID:l7zJjyXs0
平沢唯です。
検査の結果、幸い私の体に異常はありませんでした。
退院してから憂は、「つらくっても応援するのがやさしさだよね!」と言ってくれました。いい妹です。
あの大会から私たちはさらに稽古を重ねて、以前より強くなりました。
なんと他校との練習試合では、私もムギちゃんも、見事初勝利することができました!
そして春、憂もめでたく桜高校に合格しました。いい妹です。
けいわん部に誘ってみましたが、
「お姉ちゃんが殴られるのをみるのは、まだちょっとツラいかも…」と言われてしまいました。
私が心配ばかりかけていても、憂はおいしいスタミナ弁当を毎日作ってくれます。いい妹です。
さらに!けいわん部に新入生が入部しました!
中野梓ちゃんは、ご両親の影響でムエタイをやってたそうです。
ときどき、練習中に肘打ちが飛んでくるときもありますが、みんな梓ちゃんが大好きです。
これからも、私たちけいわん部は新たな戦いn
さわこ「ビックニュースよみんな!」バタンッ




105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 05:43:11.26 ID:95MdEllY0
きたないさすがゴキブリきたない



106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 05:45:10.17 ID:l7zJjyXs0
梓「なんですか騒々しい!体育教師なら何やってもいいと思ってるんですか!せっかく唯先輩が(ry」
さわこ「おだまりナレスワンガール…このビックニュースを聞いてもまだそんな口が叩けるかしら…?」ピラッ
梓「なんですもったいぶって…だいたい正確にはビッグニュースでしょう、ビッグ!」
さわこ「キイイィィ生意気子猫!こうなったら私の真の実力をみs(ry」
律「とっととよこせその紙!」
さわこ「ああんっ」
律「どれどれ……ってええええええ!!!!」
澪「な…なに!?見せて!!」するんぱしっ
紬「」ゴクッ
澪「JK-1グランプリ、第一回団体戦開催決定~!!?」

これからも、私たちけいわん部は新たな戦いに挑戦します!



唯「けいわん!」~おわり~




114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 09:16:08.71 ID:oa1LTG7FO




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking livedoor Blog Ranking

この記事へのコメント
あずにゃんがムエタイwww
俺に首相撲してくれwww
2009/09/22(火) 23:11:23 | No.3174 | VIPPERな名無しさん | #-[ 編集]
             -―――‐-
          . :´==/: : : : : \: : : \
            / /: :/{: :{: : : : : :ヽ: : : :',
        /: :{=/\{: : |\}X: : : '.: : : :}
          {: :人{ 、 \| 、 ヽ: j: : : :i  
         |/: :ハ ○    ○ ∧/ ト: : |
        |: :j: Y xx    xx{:/ : |ノ: :|
         {八: ゝ_  {ヽ  /: : :.:|: ;} }  タァあン!!
         \{\{ >ァr‐七{: : /リ:/|/
2009/09/23(水) 01:08:53 | No.3176 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
おお

嬉しいです
2009/09/23(水) 03:14:14 | No.3177 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
なぜかムギがダルシム化するビジョンが浮かんだ
2009/09/23(水) 16:45:24 | No.3185 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
うんっ…たんっ!
2009/09/23(水) 22:11:47 | No.3189 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/12/27(火) 18:01:29 | No.7938 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/01/22(日) 11:24:53 | No.7942 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://minaminoxxxsummer.blog49.fc2.com/tb.php/628-23176f37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。