戯言ニュース

ほとんどVIPのまとめ。

HeadLine
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シ ャ ン プ ー の 詰 め 替 え
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 20:26:31.51 ID:QMKY8tYm0
白いドロドロとした半液体。

それを詰め替える作業。

「シャンプーの詰め替え」

入れ替えの作業があんなにもエロいものだとは思わなかった。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ シ ャ ン プ ー の 詰 め 替 え
2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 20:28:44.82 ID:QMKY8tYm0
俺はいつも通り、頭を洗うためシャンプーをプッシュしたが、
何も出てこなかった。

逆さにしたり蓋をはずしたりなど、
いろいろ試みたもののウンともスンとも言わない。

そうして俺は決断したんだ。

こいつを詰め替えるとね。





3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 20:29:00.27 ID:jO8U0n010
はいはい




5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 20:29:50.80 ID:gWzXSNBxO
これはきたい




8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 20:31:18.24 ID:QMKY8tYm0
そうして俺は、
洗面台の下の部分に入っている詰め替え用のシャンプーを持ち出した。

風呂場に戻ると今か今かとせかすように、
蓋の外れた空シャンプー容器が待っていた。





9 名前:屑野郎 ◆5vKUZU3O.Y :2008/05/11(日) 20:31:42.43 ID:lqxyqX3H0
B型は詰め替えなんてしません
元のボトルあっても詰め替えないで
そのまま使います




12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 20:36:16.33 ID:QMKY8tYm0
詰め替え用のシャンプーのキャップ部分に、
簡単に開きます...
との言葉。

その言葉はあまり信頼できたものじゃない。
風呂場においての場合は特にだ。

ちなみに説明しておくが、
俺が愛用しているシャンプーの詰め替え用の蓋は
ペットボトルのキャップのようなモノだ。
カチカチと音を立てる、便利なもの。

つまり、本体はビニールのようなものだが、
蓋はプラスチックで出来ているというわけだ。

これのおかげであんな展開になったことは、
言うまでもない。





16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 20:39:43.33 ID:oeJtFIohO
詰め替えボトルは洗わないとばい菌だらけになりますよ




17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 20:40:44.09 ID:qzy1EJFo0
エロイ展開なのかハードな展開なのか予想がつかない




18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 20:41:11.62 ID:QMKY8tYm0
やっとの思いで蓋を開けた俺。

詰め替え用の中を見ると、白いモノ達が
行き場を失ったかのようにぬたぬたと入っていた。

俺の手には封の切れた詰め替えパック。
風呂場の床にはシャンプー容器。

すべてが揃った。

あとは詰め替えるだけ。

すべてが解決したように思えた。





19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 20:45:30.67 ID:QMKY8tYm0
中身が零れ落ちないように細心の注意を払いながら、
容器の口に詰め替えパックの先端を差し込んだ。

くぷ..くぷ..くぷ...

入っていく。中に入っていく。

おそらくこのまま放置してもやがては移りきるだろうが、
俺は待ちきれない性格の持ち主ゆえ、
使い切る寸前の歯磨き粉のように、端から丸める方法を取ることにした。





20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 20:51:43.15 ID:QMKY8tYm0
丸めていく。

先ほどとは比べ物にならない勢いで入っていく白。

そのときだった。

「くぷぁぱぱぱっぷぁあ!!」

俺は一瞬何が起きたのか把握できなかったが、
どうやら入れ替えパックの先から出た声だったようだ。

勢いがありすぎたのか。

すまないと思いながら、さらに絞る。

「くぷっ...くぱあっくぷっ!!」
「っぱぷっくぁあっ..ぷあぷっ!」

まだ出る。まだ。

「ぱぷうっ!..ぷっ..くぱ..」
「くぷっ...っ..」

どうやら、大部分が移動したらしいが、
まだ残党はいるはずだ。

俺はそれらを強制移住させるため、
詰め替えパックの先端の開いた部分に指を突っ込んだ。





21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 20:56:01.13 ID:qzy1EJFo0
慎重に入れないと入れてる容器からゲップが出るぞ




22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 20:58:45.12 ID:QMKY8tYm0
「ぷっ..くぷうっ..」

とろとろした白がさらに出てくる。

「ぷぱっ...」
「ぷぅっ..ブバアア!!」

な...何事だ!?

何があったかは良くわからないが、
全体の10分の1あたりのシャンプーが
床と俺の体にかかってしまった。

冷たい。

しかし、こいつはいい声を出す。

何度か挑戦すると、3回に1回はその声を出すようになった。

「くぷ..」
「ぷくっ..」
「クバアアアア!!」

指を引っ掛けると上手くいく。

そのたびに白いドロドロが飛ぶ。





23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 21:03:43.77 ID:QMKY8tYm0
詰め替え用の口に指を出し入れすると、
指にぬるぬるが付いて気持ちいい。

そのたびに口からはくぷくぷという声。

そのうち、その声が何かを喋っているように聞こえてきた。

「くぷっ..んあっ」
「くぱあっ、んぱっ..んああっ」

俺は面白くなって、通常ではありえない速度で指を出し入れした。

「くぷっ..くぱっ..くぷうううう!!!」
「くぴゃっ、ぱきゅっ、ぱぴゅうっ!!」

そのとき。

風呂場のドアが開いた。





24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 21:05:21.69 ID:QMKY8tYm0
...誰も見てないか。




25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 21:05:34.77 ID:qzy1EJFo0
見てるよ




26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 21:06:19.96 ID:zmzYR6AD0
風呂場のドアが開いたで爆笑したから続けて




29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 21:14:43.30 ID:QMKY8tYm0
>>25-26
ありがとねヽ(´ー`)ノ

-----------------------------

親父だった。

「風呂場からさっきっから変な音がすると思って見に来たけど、
おめえなにしてんの?」

どんな展開だ。

ちなみに俺はそのとき、情けない話だが、
立つところが立っていた上、
詰め替えパックに指を突っ込んだ状態だった。

「ああ、シャンプー詰め替えてただけ」
「...はは~ん、そういうことか」

「いや、断じて違う!断じて!」
「んじゃなんだ、お前のモノは正直だぞ」

「お前もいい年こいて、そんな中学生みたいなこと
やってねーで早く風呂出ろ。ばっちゃが早く入って寝てえって言ってるぞ」
「分かった分かった、今出るから」

これはまずい展開になった。





30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 21:17:53.66 ID:rSxDUewH0
これはまずい




32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 21:20:29.77 ID:yhHhu5Aj0
わっふるわっふる




34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 21:21:50.27 ID:QMKY8tYm0
耳を澄ますと、居間のほうから笑い声が聞こえる。

まさか、だよな。

頼むからやめてくれ、親父。

くぷくぷ状態になったシャンプーはまだ俺の手の中。
モノもまだ収まってはいない。

今は出られない。

良く考えたら、頭を洗うのを忘れていた。
これでは本末転倒じゃないか。

詰め替えパックの残りで洗うことにした俺。

しゃくしゃく..


すた...すた...すた...
また足音だ..!

さっきから3分しか経ってないというのに、
今度は誰だ。




36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 21:26:27.84 ID:QMKY8tYm0
これこそ、まさかであってほしかった。

ばあちゃんが入ってきた。
もちろん全裸。
というかしわくちゃ。

「まーくんがいつまでも出ない」
という理由で入ってきた。

理由を正当化するばあちゃんをおいて、
俺はさっさと風呂を後にした。

シャンプーは放置。

風呂から出て居間へ向かうと、
なにやら親父がにやにやしていた。

さて、どうしようか。




38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 21:31:35.52 ID:QMKY8tYm0
どうしようもないので、
とりあえずテレビを見ることにした。

水着の女の子が出ていた。

どうやら、親父はテレビを観てニヤニヤしていたらしい。
このエロ親父が。
(人の事言えないということは承知している

さっきのことはすっかり忘れてしまったんだろう、
この調子だときっとそうだ。

俺は続きのアニメを見るため、自室に向かおうとした。

「お前、あんなので興奮すんの?」


忘れてなかった。




40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 21:38:29.17 ID:QMKY8tYm0
「だから、冗談はよしてくれよ。
俺は興奮もしてないし、親父のほうがおかしいよ」
「俺の息子だ、分からんこともないがな、ははは」

まいったな。

そのとき玄関のほうから音がした。

ガラガラガラ..
「ただいまー、今日は寒かったぁ」

妹だ。
おそらく友人宅からの帰りだろう。

ちなみに妹は19。4人兄弟で一番下だ。

「グッドタイミング」
「は!?」

「おい美沙、正輝がな、さっき風呂でな、」
「やめろおおおおお!!!」
「え?お兄ちゃんがどうかしたの?」

やばいやばいやばいやばい

お父さんっ子の美沙にとって、
俺より親父を信じることは分かっている。




42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 21:45:32.51 ID:QMKY8tYm0
「...え、ちょっと引くよ」
「あはははは、正輝は面白いな」
「..なあ美沙、嘘だから、信じるなって」

すべて話してしまった親父。
驚いたことにあながち外れていない。

「..これは家族会議をしたほうがいいね..お父さん」
「面白いからそーすっか!」
「するなよおおお!!」

団結力がある家族ということは認めるが、
こう人を弄ぶのはよしてほしい。

「ほれ美沙来てみ、正輝はな、これで遊んでたんだ」
「うわぁ...最悪」
「本当に音がしたんだぞ、これで」
「男の人ってこういうことが好きなんだ..」

そのうち、いつの間にか家族が居間に集結していた。

「さっきな、正輝がな、」

始まった。
家族会議が。





43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 21:47:06.75 ID:rSxDUewH0
正輝絶望ww




44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 21:47:42.37 ID:QLERXwmm0
楽しい家族じゃないか




45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 21:53:49.31 ID:0g3YTW+q0
親父好きだwwwwwwww




46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 21:56:09.25 ID:QMKY8tYm0
「お前もな、もう少しで30だってのにくだらねえことやるなよ」
「あ~もうめんどくなっちった、早く携帯やりたいんだけど~」
今のは長女だ。
次は母。
「あんたはそのぐらいも待てないの!ちょっとは我慢しなさい」
「だって、こんな下らない家族会議は初めてだし、意味ないよ」
「バカだな、正輝の人生がかかった一大事なんだぞ、良く考えてから物を言え」

「あのさ、何でもいいけど、もう解散にしようよ」

「正輝はだまってろ、今は俺達で話し合ってるんだ」
「そうだよ、何でもいいわけないだろ」←次男
「とにかく、正輝はパソコンをやりはじめてからおかしくなったんだ」
「パソコン没収すればいいんじゃね?」

「はああ!?ふざけんなよ!俺の金で買ったPCだぞ!」

どうする俺。





47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 21:57:54.87 ID:hZL9lmdA0
人生がかかった問題とかwwwwいい家族じゃないかw




49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 21:59:57.16 ID:0g3YTW+q0
正しく輝いて欲しいと意味をこめて正輝




50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 22:01:20.99 ID:rSxDUewH0
シャンプーの詰め替えでまさかの人生の一大事




51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 22:02:25.73 ID:QMKY8tYm0
「大声出さないでよ!いちいちうるさいんだよお兄ちゃんは!」
長女は22にもなって、携帯小説を読むDQNだ。

どうにかPC没収案は否決に終わったが、会議は終わっていない。

親父が発言したことにより、俺は変な性癖がある人という設定になっている。

「この先、正輝に女の人が出来たとき大変だからねえ」
「本当だ。迷惑がかかるのはお前だけじゃないんだぞ」
「ばっかみたい」

「だから、俺の問題なんだから、家族会議は終わり」

「や っ と 認 め た ! !」
「やっぱりね」
「ばかアホ変態お兄ちゃん」

しまった。
親父の狙いはこれだった。

やってしまった。

「はっはははwwwwぷっwwはははは」
「もうお父さん笑い過ぎだって..」

面倒な展開になってしまった。

もともと面倒だったが。





52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 22:05:56.08 ID:rSxDUewH0
だから俺の問題www




53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 22:08:40.76 ID:WRsQEMwxO
これはwktk




54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 22:09:04.01 ID:bq9u45z70
シャンプーひとつで恐ろしいw




55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 22:12:01.76 ID:QMKY8tYm0
>>49
親父も同じこと言ってた
-----------------------------
「音でとか何人wwwwぷっはははhwwwwwww」
「こらあなた!下品な事いわないの!」
「お父さんも最悪...」
「あ、美沙、冗談だよ、ぷっあはははwww」

今がチャンス。
こっそり抜け出そうとしてみた。
「あ、変態が逃げるよ」

...頭の中のどこかが切れた。

「みんなしてふざけんな!!!!!違うっていったら違う!!!!」
「あ、正輝が切れた、ぷっはははっはwwwww」

親父だけは殺したいと思ったが、
ストレス発散しに、強引に自室に向かった。
パソコンを開くと、新着メール。
「面白い正輝、お笑い芸人にでむなったら?」

親父からだった。
携帯がなれない癖にメールなんて打つから、タイプミスをする。

それはともかく、頭にきていたので次のように返した。

「この間親父のエロDVD見つけたんだけど、あれ友達に売った」

送信完了。





56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 22:15:19.05 ID:rSxDUewH0
親父wwwww




57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 22:17:47.26 ID:QMKY8tYm0
今まで聞こえていた笑い声が止むと同時に、
足音が聞こえてきた。

100%親父だろう。

すたすた、というレベルではなく、
どんどん、という感じだった。

そうして扉は開かれた。

「正輝!!お前本当に売ったのか!?」

親父のことだから持っているとは思っていたが、
本当に持っていたらしい。

「どれだけ売ったんだ!!正直に言わないとお前の部屋の電気止めるぞ!!」

ここは1つ仕返しに、全部と答えてやった。

殴られた。

これでも格闘系は若いころ鍛えたらしいので、
結構効いた。

「どれだけ手に入れるのに苦労したと思ってんだ馬鹿野郎!!」
「いや、嘘だから、嘘」

「ふざけんじゃねー!!!」

本気モードに入ってしまった。




58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 22:17:52.29 ID:20pnJpyv0
うめぇwwww




59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 22:22:27.39 ID:rSxDUewH0
>>お前の部屋の電気止めるぞ!!

なんだこの嫌がらせwww




60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 22:23:32.03 ID:QMKY8tYm0
「何があったの!2人ともうるさい!」
「聞いてくれ!正輝が俺のDVDを買ってに売ったんだぞ!」
「何のDVDなの?はっまさか...あんた..
あたしという存在を持ちながらそんなもん持ってたの!?」
「あっ違う!なんでもない!」
「あたしが騙せるでも思うの!?こっちに来なさい!」

親父ざまあwwwwwww
と思う俺がいた。

面白そうなので、サブアカウントから親父の携帯にメールを送ってやった。

「西村さん、極上物のDVDが手に入りましたよwww」

お袋の怒鳴り声が聞こえてきた。





61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 22:23:54.16 ID:wgpPSh+nO
親父好きだwwww




62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 22:24:41.66 ID:QLERXwmm0
西村正輝乙wwwwwww




63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 22:26:02.05 ID:HlQ5vOdyO
いいぞ
もっとやれ




66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 22:31:22.75 ID:QMKY8tYm0
お袋に開放されたらしい親父がまたやってきた。

「お前..またメール送ったな..ふざけあがって..」
「人をコケにするとこういうことになるんだよ、これあげるから許して」

俺は、PCのそばにあった悠木かなでのフィギュアを親父に渡した。

「ふざけんな!こんな子供のおもちゃなんかいらん!」

親父は出て行ってしまった。


夜の間にこっそり、
R18DVDを親父の枕元においておいた。
これで許してくれ。

奇跡とは本当にあった。

いつもはお袋より早く起きる親父だったが、
今日は逆だったらしい。




68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 22:37:07.56 ID:hZL9lmdA0
親父死亡フラグwwwwww




69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 22:37:44.21 ID:QMKY8tYm0
朝からこっ酷く叱る母親、
叱られる父親。

面白い。
おそらくシャンプーが発端なんて誰も思わないはず。

俺が置いておいたDVDは半分になっていた。
多分お袋が割ったんだろう。

まったく朝から凄いことになっている。

その日(今日なんだが)は仕事はオフだったので、
家で普通に過ごしていた。

お昼ごろ。
親父からメールが来た。

題名:頼む
本文:正輝、パソコンでもう一枚作ってくれ
   内密に頼む


来たぞ、エロ親父が。
ほんの出来心で、ToLoveるを入れてやった。

エロには変わりない。





70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 22:39:17.85 ID:5k0HBMxM0
テラ親父wwww




71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 22:44:06.83 ID:QMKY8tYm0
そうして、VIPしながら夜7時を迎え、
親父が帰ってきた。

帰ってくるなり、部屋に来た。

「正輝、DVD出来たか」
「ああ、これね」
「助かる、中身は?」
「見てのお楽しみ、皆が寝てから見たほうがいいよ」
「ああ、判ってるw」

出て行く親父。

もうそろそろ、自分のPCで見ているかもしれない。

そうして俺は、
シ ャ ン プ ー の 詰 め 替 え
を書き始めた。







72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 22:44:43.79 ID:QLERXwmm0





73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 22:46:30.74 ID:QMKY8tYm0
1です。
ご清聴ありがとうございました。

なんかまとまらない内容になってしまって
申し訳ありません。

見ていただいた皆さん、書き込んでいただいた皆さんに
本当に感謝します。
ありがとうございました。





74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 22:50:16.93 ID:EhZUTp88O
>>73
おめでとう




75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 22:53:05.92 ID:5k0HBMxM0

1週間後・・・

そこには元気よく(性的な意味で)リンスの詰め替えを

している
>>1の姿が・・・!!?







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking livedoor Blog Ranking

この記事へのコメント
濡れた手で詰め替えシャンプーの封を開けるだと!?
シャアか!!
2008/05/12(月) 02:07:59 | No.108 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
流れがありがちすぎる
2008/05/12(月) 03:29:27 | No.109 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
>>9
お前だけだろw
2008/05/12(月) 08:55:14 | No.112 |   | #-[ 編集]
>>9
詰め替えようぜw


vipperの親父ってなんでこう面白いんだwww
2008/05/12(月) 10:04:59 | No.113 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
釣り宣言はどうした
2008/05/12(月) 18:20:07 | No.115 | VIPPERな名無しさん | #-[ 編集]
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://minaminoxxxsummer.blog49.fc2.com/tb.php/56-42334752
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。