戯言ニュース

ほとんどVIPのまとめ。

HeadLine
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

澪「また8月17日か…」
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/04(火) 23:21:12.29 ID:URDbSSyu0
チュンチュンチュン

澪「朝……」

日付を確認する

8月17日

澪「またか…」ハァ…




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ 澪「また8月17日か…」
3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/04(火) 23:26:09.60 ID:URDbSSyu0
もう何回目になるだろう

澪「……」

ベッドから出て、支度をする

澪母「ごめーん!!お母さんもう出かけるから、ご飯自分で食べてー!!」

知っている

澪「はーい」

毎回と同じように学校に向かう




5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/04(火) 23:30:24.80 ID:URDbSSyu0
澪「……」テクテク

私は8月17日から2週間を繰り返している

理由は分からない

8月31日の夜に急激な眠気が襲ってきて

気がつくと8月17日に戻っている

10回目までは数えていた

自覚していないだけでもう何万回も繰り返しているかもしれない




7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/04(火) 23:34:55.83 ID:URDbSSyu0
だからこの2週間で何が起こるか知っている

よく遅れるバスが珍しく定刻に来ることも

明後日の補習で抜き打ちテストがあることも

部活でムギが持ってくるお菓子の種類も

唯がするテレビの話も

律が今日の練習で間違える場所も

梓が女の子の日で、やたらテンションが低いことも

全部知っている




8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/04(火) 23:38:22.98 ID:URDbSSyu0
澪「いったいどうしたら……もう疲れた……」

と言っても今回で終わるかもしれないので、毎回と同じように暮らす

澪「他に誰かいないのかな…」

このループを自覚している人は私の他にいるだろうか

澪「いつまで続くんだろう…」ハァ…

このまま夏休みが終わらなかったら

私だけ永遠の時間を過ごす事になってしまったら

澪「…嫌」

ずっと夏休みが続けばいいなんて思ったことはあるけど

澪「そんなの…嫌だよ…」ポロポロ




10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/04(火) 23:40:57.61 ID:URDbSSyu0
毎回と同じ内容の補習を聞き、部室へ向かう

律「おーす澪」

唯「みおちゃんおそいー!!」

紬「澪ちゃんは特進クラスの補習だから…」

梓「澪先輩、お疲れ様です…」ハァ…

いつも通り私が一番遅い

澪「ごめんごめん」




11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/04(火) 23:46:25.91 ID:6UKvGT9h0
唯「ムギちゃんお茶早くー!!」

澪「あれ、まだだったのか?」

唯「ムギちゃんが、『澪ちゃんが来るまで待ちましょう』って言うから…」

あれ?

今までだったらもうお茶をしていて

私の分だけムギが後で持ってきて

「澪は太るからな」と言って律に横取りされるはずなのに…

律「澪が来たんだから早くー!!」ジタバタ

紬「はいはい」トトト



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/04(火) 23:48:34.39 ID:6UKvGT9h0
ムギがお茶を煎れる

澪(まあ微妙な違いは今までもあったし…)

澪(でも…今回は何かおかしい気が……)

紬「…………」




13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/04(火) 23:51:24.48 ID:6UKvGT9h0
紬「はいどうぞ」

唯「わーい♪」

律「やっぱっこれがないとな」

梓「食べたら練習ですよ…」ハァ

この会話は初めて聞く

澪「…………」



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/04(火) 23:53:31.98 ID:6UKvGT9h0
紬「澪ちゃん、食べないの?」

澪「あ、いや…」

律「食べないなら澪の分もーらい♪」ヒョイパクッ

澪紬「あっ」

律「澪は太るからな」モグモグ

紬「………」ハァ

結局ケーキは食べれなかった



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 00:00:05.52 ID:jycCPHeD0
澪(ムギ…今のは何のため息なんだ?)







澪(……あっ!!)

さっきの違和感の正体が分かった

今までは私が言動を変えた結果、周りの言動が変わっていた

でも今回の今日は特にまだ何も変えていない…

なのに

ムギは

ムギから

変わった

と言うことは…




22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 00:04:42.08 ID:jycCPHeD0
澪「ムギ……後でちょっと話いいか?」

紬「……はい」

律「なんだ澪、怖い顔して?」

唯「二人で何の話ー?」

澪「内緒だ」

唯「えーずるいー」

澪「さ、練習するぞ」

唯「流された…」




23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 00:10:29.20 ID:i4OXb8L40
練習後

梓「お疲れ様でしたぁ…」ハァ…

唯「?、澪ちゃん帰らないのー?」

澪「あ、私は…」

律「ムギと秘密のお話だもんなー」

心なしか律の機嫌が悪いような

紬「ごめんなさいねりっちゃん」

律「べべべ別に悪いだなんていいい言ってないよ」

梓「ハァ…何に動揺してるんですか?」

澪「そういう訳だ。悪いけど先に帰っててもらえないか?」

律「…わーったよ。じゃあまた明日なー」

唯「ばいばーい」

ガラガラピシャン




24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 00:15:43.13 ID:i4OXb8L40
澪「……」

紬「……」

澪「なあムギ」

紬「はい」

澪「今から変なこと聞くぞ」

紬「はい」

澪「心当たりが無かったら、忘れて欲しい」

紬「はい」

澪「………何回目だ?」








紬「澪ちゃん、主語がないわ」




26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 00:19:09.29 ID:i4OXb8L40
澪「無くても分かるだろう」

紬「……10回目までは数えてたわ」

澪「やっぱりムギもか…」

少しホッとした

何の解決にもなっていないけど

一人じゃなかった

それが嬉しい




29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 00:22:34.02 ID:i4OXb8L40
それからムギと知ってることを色々話した

同じく今から2週間が繰り返されてること

それを逃れるために色々行動を変えていたけど、どれも無駄だったこと

ムギが経験した2週間の中で、私の行動には変化があったこと



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 00:24:44.46 ID:i4OXb8L40
澪「私の2週間でのムギはあまり変わっていなかったけど…」

紬「軽音部では平静を装ってたから…」

澪「てことは、私とムギが過ごした時間は一緒だったってことか」

紬「そうみたいね」

ムギは私の行動が変わったことに違和感を感じていたようだった

澪「だったら、ムギから声をかけてくれれば…」

紬「もし澪ちゃんが気づいてなかったら、私、変な人に思われると思って…」

ムギは十分変な人だ

澪「まあ今となってはどうでもいいことか」

紬「ええ…」




35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 00:29:18.39 ID:i4OXb8L40
澪「ムギは…」

これは、聞きたいような聞きたくないような…

でも聞かなきゃいけない

澪「他に…この現象に気づいてる人を知ってるか?」





紬「…」フルフル

澪「そっか……」

どうやら私の周りにはムギしか仲間がいないようだ




37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 00:32:13.44 ID:jycCPHeD0
澪「ムギは…何が原因だと思う?」

紬「…ここまで非現実的だと、皆目検討も付かないわ」

澪「だよな…私もだ」

自分で聞いておいて、ちょっと落ち込む



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 00:36:22.30 ID:i4OXb8L40
紬「……魔法使いがやってるとか」

澪「はぇ?」

紬「あ、いや…どうせなら思いっきり非現実的なことを考えようと思って…」

澪「……」

確かに

非現実的なものの答えは非現実的かもしれない






紬「その人たちが卒業するまで永遠に続く…とか」

澪「モニターの前の魔法使いとその予備軍、今すぐソープ行ってこい」



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 00:42:28.54 ID:i4OXb8L40
澪「…まあさっきのは置いといて、そうだとしたら何が目的だろう」

紬「やり残したことがある、とか」

澪「単純に終わって欲しくない、とかか」




42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 00:46:18.72 ID:jycCPHeD0
澪「やっぱり、私達の周りに原因があるはず」

紬「どうして澪ちゃん?」

澪「だって、私とムギしかこの事態に気がついていないじゃないか」

澪「いろんな人が人が気づいているなら、少しくらい他から耳に入ると思う」

紬「…そうね」

澪「私達の周りっていったらやっぱり…」

軽音部しかない

紬「唯ちゃんにりっちゃん、それと梓ちゃん…」

澪「先生も」


この中に、この現象を起こしてる人がいる…?




43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 00:48:47.07 ID:jycCPHeD0
澪「…全然説得力の無い推理だけど」

紬「今はこの方針で行くしかないわね」

それから私達は軽音部のみんなを注意深く観察した

澪(どこかに手がかりがあるはず…)






でも、軽音部のメンバーに特に目に付く行動は無く、再び8月31日を迎えてしまった




44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 00:51:24.06 ID:jycCPHeD0
澪「何も分からなかったな…」

紬「24時間体制で監視していたんだけどね…」

澪「えっ」

紬「いい口実ができたかr…かわいそうだと思ったけど、仕方なく家に監視カメラと盗聴器を仕掛けたの」

澪「…私の所もか?」

紬「うふふ///」




45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 00:55:13.61 ID:jycCPHeD0
澪「…まあ一応どんなだったか聞かせてくれるか?」

紬「りっちゃんと唯ちゃんはゴロゴロしてるか何か食べてるかテレビ見てるかで、梓ちゃんは勉強かギター」

澪「先生は?」

紬「唯ちゃんの生活にやけ酒か追加されてるわ」

澪「先生…」




46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 00:59:22.03 ID:jycCPHeD0
紬「また、繰り返しちゃうのかな…」

澪「分からない…でも多分明日は8月17日だろう…」

紬「……もう嫌」グスッ

澪「ムギ…」

紬「なんで……気づいてしまったの…?」

紬「みんなみたいに気づかずいられたら…こんなに辛くないのに……」ポロポロ

澪「………」




48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 01:02:17.43 ID:jycCPHeD0
そうだ

私も気づいてなかったら

苦しむことは無かっただろう

でも

澪「ムギ」、それじゃダメだ」

紬「…」グスッ

澪「次も、次の2週間も、一緒に解決策を探そう」

紬「澪…ちゃん…」



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 01:04:30.30 ID:jycCPHeD0
澪「探して、夏休みを終わらせよう」

紬「…昔は、終わるのがあんなに嫌だったのに、今は早く終わらせたいなんて。おかしいね」フフッ

澪「私も、朝同じこと考えてたよ」

紬「そうだ、合図を決めておこう、『ちゃんと繰り返しに気がついてますよ』っていう」

澪「いいなそれ。どんなのにしようか?」

紬「じゃあ、『8月17日の部活は髪を結んで行く』っていうのはどう?」

澪「よし分かった。じゃあ、また17日に」

紬「…今度こそ、終わらせよう」

澪「うん」




50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 01:06:21.57 ID:jycCPHeD0
そう言ってムギと別れた

そして8月31日23時59分

私はまた急激な眠気に襲われ意識を失った




51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 01:08:30.93 ID:jycCPHeD0
チュンチュンチュン

澪「朝……」

日付を確認する

8月17日

澪「……」

もう言葉は出ない

自分で朝食をとり、聞き飽きた補習を受けるため学校へ向かう




52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 01:10:09.77 ID:jycCPHeD0
澪「あ、そうだ。髪」

『繰り返しに気づいていたら、髪を結んでいく』

そういう約束だった

澪「…ムギは、覚えてるよな」




53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 01:12:04.14 ID:jycCPHeD0
いつもと同じ内容の補習を終え、部室へと向かう

ガラガラ

律「おーす澪」

唯「みおちゃんおそいー!!」

紬「澪ちゃんは特進クラスの補習だから…」

梓「澪先輩、お疲れ様です…」ハァ

澪「あ、うん…」






澪(ムギ…………髪結んでる!!)




55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 01:15:12.07 ID:jycCPHeD0
ムギに目をやると、『大丈夫ですよ』と言わんばかりの笑顔が返ってきた

澪「ムギ、後でちょっと…」

紬「はい♪」

唯「二人で何の話ー?」

澪「内緒だ」

唯「えーずるいー」

この日も律にケーキを食べられた




57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 01:18:06.35 ID:jycCPHeD0
練習後

梓「お疲れ様でしたぁ…」ハァ…

唯「?、澪ちゃん帰らないのー?」

澪「うん」

律「ムギと秘密のお話だもんなー」

やっぱり律の機嫌が悪い

紬「ごめんなさいねりっちゃん」

律「べべべ別に悪いだなんていいい言ってないよ」

梓「ハァ…何に動揺してるんですか?」

澪「そういう訳だ。悪いけど先に帰っててもらえないか?」

律「…わーったよ。じゃあまた明日なー」

唯「ばいばーい」

ガラガラピシャン




58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 01:21:41.67 ID:i4OXb8L40
澪「…」

紬「…よかった。一人じゃなくて」

澪「私も」

紬「今度は…ちゃんと繰りかえってることに喜んでるね」

澪「変な感じだな」

紬「うふふ」



62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 01:26:07.93 ID:i4OXb8L40
今日はムギの家に行った

紬「今回は朝のうちにカメラと盗聴器を仕掛けたの」

澪「………」

紬「一緒に見ましょ♪」

他人の生活を除くのは趣味じゃないけど…

澪(非常事態だ、許してくれみんな)


紬「♪~」



63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 01:29:38.47 ID:jycCPHeD0
その日からみんなの生活を監視する生活が続いた




私は嫌な気分だったが、ムギはハァハァ言ってた




64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 01:30:06.74 ID:mX2nVy6Ni
むぎw



66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 01:34:13.60 ID:i4OXb8L40
ある日

紬「…澪ちゃん、ちょっと見て」

澪「どうしたムギ?」

紬「これ…」

モニターは唯を映している

澪「…?いつも通りゴロゴロしてテレビ見てる唯だけど…あ、憂ちゃんも一緒か」




67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 01:41:41.52 ID:i4OXb8L40
紬「こっちも」カタカタ

ムギが操作すると、画面が細かく分かれ、律、梓、さわ子先生の部屋も同時に映った

時間は深夜1時を過ぎたところ

みんな起きているが、特に変わった様子は無い



68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 01:44:15.07 ID:i4OXb8L40
紬「……みんなテレビを見ているわ」

澪「…そういえば」

律も梓もさわ子せんせいも、じっと固まって動かない

紬「これを見た人は、ループに気づかないのかも…」

澪「…私この時間はいつもは寝てる」

紬「私もです」

じゃあこれが原因…?



71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 01:46:18.52 ID:i4OXb8L40
澪「でも、この画面だけじゃどの番組か分からないや」

紬「皆さんが見終わるまで待ってみましょう」

数分後

澪「あ、唯がテレビ消した!!」

紬「他の皆さんも見終わったようです」

澪「じゃあみんな同じの見てたって事か…」

これでますます怪しくなってきた

澪「今の時間に終わった番組は!?」

紬「ええと、待ってください……ありました!!」






澪「…涼宮……ハルヒ?」




72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 01:46:46.61 ID:U38Gpuy80
そうくるか



73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 01:46:48.65 ID:umNlht5rO
軽くホラーだな



75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 01:49:27.71 ID:i4OXb8L40
紬「アニメのようですね」

澪「そういえば…」

唯はこの番組の話をしていた

いつものことだと聞き流していたけど

確かにしていた



77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 01:54:58.77 ID:i4OXb8L40
8月17日

唯「ねーねーみんな知ってる?今日からハルヒ再開だよ!!」

律「もちろん知ってるよ!」

梓「長かったですね…」ハァ…

澪「なんだそりゃ」

唯「みおちゃん知らないの!?人生の95割は損してるよ!!」

澪「転生何回分だ」

唯「とにかく見なきゃダメ!!ちょっと夜遅いけど価値あるよ!!」

澪「はいはい」

唯「絶対だからね!!」



79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 02:00:11.60 ID:i4OXb8L40
これだ…

紬「それにしてもどんな内容なんでしょう?」

澪「…その話もしてたはず……思い出そう」

確か…




80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 02:02:37.43 ID:i4OXb8L40
唯「昨日ハルヒ見た!?」

律「見た見た!!やっぱ京アニサイコーだな♪」

梓「長門は私の妹」

さ「いや、私の娘よ」

律「話もよかったねー」

唯「エンドレスエイトかー。いいなー夏休みがずっとあって」

梓「確かに遊び放題ですね。でも学園祭が…」




82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 02:08:08.13 ID:i4OXb8L40
――――間違いない

澪「ムギ、やっぱりこのアニメが原因だ」

紬「思い出したの?」

澪「バッチリ。これ、夏休みが終わらない話だ」

紬「……」




84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 02:10:30.31 ID:i4OXb8L40
澪「その、ハルヒ…という女の子が、夏休みにやり残したことがあるから、それを達成するまで終わらない」

澪「唯はそう言っていた」

紬「一緒…ね。今の状況と…」

澪「…エンドレスエイトっていうタイトルだ…」

紬「終わらない…8月……」




87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 02:15:12.31 ID:i4OXb8L40
澪「…みんなに見るのを止めてもらおう」

紬「でももうみんな見てしまっているわ…」

澪「来週の放送もあるはず。効くかは分からないけど、来週の分だけでも見ないでもらおう」

澪「それでダメだったら、繰りかえった後、2回とも見るのを止めてもらう」

紬「それでもダメだったら…」

澪「……」

考えたくない

ここまで怪しいものを見つけておきながら無駄だったなんて




88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 02:17:24.61 ID:i4OXb8L40
澪「……それは」

澪「………今は私達に出来ることをしよう」

紬「……そうね」




90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 02:21:35.57 ID:i4OXb8L40
唯「今日はハル日だよ!!」

律「一週間長かったなー」

梓「今日はきっとエンドレスエイト解決編ですね♪」

唯「いやーどうかな、京アニのことだから、前回と同じの流したりして」

律「それはないだろー。もしそうだったら2ちゃんねるにスレ立てるわ」

梓「きっと炎上しますね」

澪「あ、あの、みんな…その……ハルヒのことなんだけど…」




92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 02:25:32.78 ID:i4OXb8L40
唯「おおお!!澪ちゃんも見た!?良かったでしょ!?良かったでしょ!?」

澪「それ……見ないで…くれるか…?」

唯律梓「えっ?」

紬「今日の分のハルヒは…見て欲しくないの…」

律「な…なんで…?」

澪「…言っても信じてもらえないと思うけど…」

私は話した




93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 02:27:14.50 ID:i4OXb8L40
夏休みが終わらないこと

それに私とムギが気づいてること

その原因がハルヒにあるかもしれないこと

私達が考えた仮説を全部話した

澪(さすがにカメラのことは話せないけど)

唯律梓「…………」



95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 02:32:40.01 ID:i4OXb8L40
唯「…………」プッ

唯「あはははははははははーーーーーーーーー!!!!!澪ちゃん一回ではまりすぎーーーーーーー」

律「お、おい唯笑うな!あ、あたしだって、あははが、我慢してたんだからあはは!!」

梓「…………」プルプル

梓も笑いをこらえているようだ

澪(やっぱり信じてもらえないよな…)



紬「……………」スッ




98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 02:36:27.96 ID:i4OXb8L40
紬「私からもお願いします。どうか今日の分の放送は…見ないでください」

紬「…この通りです」






そういって、ムギは膝をつき

額を床に押し当てた




100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 02:39:44.40 ID:jycCPHeD0
紬「…お願い…します」ポロポロ

ムギは泣いていた

紬「もう…嫌なんです…」ポロポロポロ

律「お、おいムギ…」

梓「ムギ先輩!!顔を上げてください」

紬「カメラも今すぐ撤去させます、これから盗聴もしません。ですから…」ボロボロ

どさくさに紛れて超カミングアウト




101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 02:41:13.95 ID:J6UMWHqXO
カミングアウトしすぎwww



102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 02:43:52.39 ID:i4OXb8L40
唯律梓「…………」

どうやらムギの勢いに押されよく分かってないようだ

紬「…」ポロポロポロ

澪「私も…」スッ

そう言って私も膝をつく

律「み、澪…」

澪「お願い…します」

額を付けた




105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 02:46:59.53 ID:i4OXb8L40
梓「澪先輩まで…止めて下さい!!」グイグイ

梓が私を起こそうとする

澪「………」

意地でも動くもんか

梓「分かりました!!見ませんから顔上げてください!!」

澪「!!!!梓、本当か!!」パァァ

梓「信じたわけじゃないですけど、先輩達にそこまでされたら…」




109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 02:48:30.72 ID:i4OXb8L40
律「ハァ…まあ後でいくらでも見れるしな」

紬「りっちゃん…」

律「私も見ないよ。これで気が済むんだろ?」

澪「ありがとう律!!!」

唯「………」




110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 02:50:29.19 ID:i4OXb8L40
澪「唯も、頼む。見ないでくれないか」

唯「………分かった」ボソッ

紬「…みんな…ありがとう」ポロポロ




111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 02:54:05.59 ID:i4OXb8L40
その日の夜

紬「上手くいくかしら…」

私達はムギの家にいる

相変わらず画面には隠しカメラの映像

澪「…カメラは撤去するんじゃなかったのか?」

紬「上手くいったらしますわ♪」

…あの土下座は何だったんだ?




112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 02:57:15.09 ID:i4OXb8L40
紬「ハルヒまであと1時間ですわ」

澪「そうだな…」

画面を見ると梓はもう寝ているようだ

律は起きてるけど、珍しく勉強している

先生には電話で話をした

半信半疑だったが、『見ない』と約束をしてくれた

その先生は今一人で晩酌をしている




115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 03:00:28.57 ID:i4OXb8L40
澪「唯は…」

紬「起きてるわ」

画面には、先週と同じ場所でテレビを見ている唯の姿があった

澪「唯…」

スッ

澪「…電話する」

プルルル




116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 03:02:03.59 ID:i4OXb8L40
紬「澪ちゃん止めて!!!覗きがばれちゃう!!!!!!」

澪「上手くやるから大丈夫」

紬「ああああああああああくぁwすぇでrftgyふじこl」




117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 03:05:03.66 ID:i4OXb8L40
ガチャ

唯『…もしもし』

澪『唯…か』

唯『…うん』

澪『…ハルヒ…見るのか?』

唯『…うん』

澪『最後のお願いだ。頼む、止めてくれ』

唯『…嫌』

澪『どうして!!!』

唯『だって…』









唯『見なきゃ………………………………夏休みが終わっちゃう!!!!!』




119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 03:08:08.92 ID:i4OXb8L40
澪『え…………?』

今なんて?

見なきゃ

終わっちゃう??

澪『ゆ、唯…』

唯『ねえ、そこにムギちゃんもいるんでしょ?みんなで見よ?』

唯『りっちゃんやあずにゃん、さわ子先生とも一緒に見て』

唯『…エンドレスエイト、やろう?』

澪『……』




122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 03:11:38.86 ID:i4OXb8L40
唯『時がたてば、みんなと離れ離れになっちゃう』

唯『みんな遠くへ行っちゃう…そんなの耐えられない』

唯『だったら、みんなで終わらない時間を過ごそう?ハルヒ見れば記憶もリセットされるから辛くないよ…』

澪『……』




123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 03:13:28.85 ID:i4OXb8L40
唯の言葉は続いた

なぜこんなことが出来るかはよく分からないと

ただ「エンドレスエイトが欲しい」と願っただけだと

するとそれが叶ってしまったと

そして

唯にも繰り返してる自覚はちゃんとあると




124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 03:15:31.97 ID:i4OXb8L40
澪『唯…一ついいか?』

唯『…何?』

澪『…この2週間を何回繰り返した?』



唯『…もう覚えてない…でも15000回はいってると思う…』

澪『なっ―――!!』

唯『でも辛くないよ。だってみーんないるもん』

言葉が出てこない

私やムギは10回の自覚でもう限界だったのに…



125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 03:17:34.77 ID:i4OXb8L40
唯『…もう切るね。ハルヒが始まる…』

澪『唯!!待て!!』










澪『私は…私はどこにも行かない!!』




127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 03:19:22.50 ID:i4OXb8L40
唯『気休めなら止めて』

澪『そんなんじゃない!!』

澪『高校卒業したって、大人になって結婚したって、年をとってしわしわになったって!!!』

澪『唯は大事な仲間だ!!!』

唯『澪ちゃん…』

澪『唯だけじゃない!!律もムギも梓も、みんな仲間だ!!!』

澪『大事な……放課後ティータイムの…仲間なんだよ…』ポロポロ

唯『………』




130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 03:22:37.80 ID:jycCPHeD0
澪『楽器を持ってくれば、いつだって戻ってこれる』

澪『ううん、楽器が無くたって、みんなでお茶をすれば、いつだってどこだってあの音楽室になる』

澪『だから…同じことの繰り返しじゃなくて、もっといっぱい思い出を作ろ?』

澪『いつかみんなで音楽室に帰ってきたとき、いっぱい話せるようにさ…』

唯『澪ちゃん…』ポロポロ



131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 03:24:02.08 ID:i4OXb8L40
澪『…学園祭でライブやろ?また先生の恥ずかしい衣装着てさ』

唯『…うん』グスッ

澪『またクリスマスにパーティーしよう。憂ちゃんに料理頼んどいて』

唯『……うん』

澪『そんでみんなで初詣に行って、あ、またさわ子先生がおみくじ引きまくってるかも♪』

唯『うん……うん…』

澪『どう?15000回の夏休みより何倍も楽しそうでしょ?』

唯『うんっ!!!!』




137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 03:28:28.32 ID:i4OXb8L40
澪『だから…ハルヒは……』

唯『……うん、分かった』

澪『唯……』

唯『…ごめんね今まで。私…みんなのこと信用してなかった』

澪『……』

唯『でももう大丈夫!!頑張れる…気がするよ』

澪『うん』




139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 03:32:18.06 ID:jycCPHeD0
唯『あ、そこにムギちゃんいる?』

澪『いるよ。変わろうか?』

唯『ううん、伝言だけお願い。『――――』って』

澪『ふふっ、分かったよ』

唯『…澪ちゃん、色々ありがとう』

澪『唯も、分かってくれて嬉しいよ』

唯『…ねえ澪ちゃん』

澪『?どうした?』

唯『勝手にいなくなったりしたら、また繰り返すからね』

澪『大丈夫。勝手になんか消えないよ』

唯『良かった♪じゃあおやすみ澪ちゃん』

澪『ああ、おやすみ唯』




141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 03:35:19.51 ID:i4OXb8L40
゚ッ

澪「ふう…」

これで、なんとかなったのだろうか…

パチパチパチ

澪「!?」

紬「名演説でしたね。私感動しました」ウルウル

澪「やめて恥ずかしい///」

紬「うふふふ///」




142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 03:37:20.88 ID:i4OXb8L40
澪「あそうだ、唯から伝言」

紬「?」

澪「『明日のケーキは食べ飽きたから、違うのにしてね♪』だってさ」

紬「ふふっ、いつもの唯ちゃんね」

澪「そうだな」




143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 03:40:31.56 ID:i4OXb8L40
次の日

律「約束どおり、ハルヒ見なかったぞ」

見てたから知っている

梓「まあしばらくしたらようつべにうpされてますよ」

律「そーだな。というか今日見れないかな?」

とまあ、これまでとは違う会話がなされたが、この日も基本的に私の知っている通りだった



145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 03:42:51.85 ID:i4OXb8L40
そして8月31日

紬「いよいよね」

澪「大丈夫…だよな…」

唯「…多分」

時刻は23時59分になった



すると

いつもの急激な眠気が

私達に襲い掛かる







ことは無く

時計の針は無事に9月1日0時を指し示した



146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 03:45:02.60 ID:i4OXb8L40
澪「………やった」

紬「夏休みが…ようやく終わりました…」

唯「…よかった」

澪「唯…」

唯「澪ちゃん…」

澪「もうすぐ学園祭だ、しっかり練習しないとな!!」

唯「うん!!!」

紬「うふふふ」



147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 03:48:25.72 ID:i4OXb8L40
唯「………あ、ああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!」

唯が妙な声を出した

澪「ど、どうした唯!?」

唯「夏休みの宿題……終わって…ない…」

澪「はぁ!?」

紬「あらあらあら」

唯「どどどどうしよう…」オロオロ

澪「15000回も夏休みやってたのに…」ハァ…

唯「……もう一回、繰り返さない?」

澪紬「ああん!!!??」ギロッ!

唯「う…うそ…で…す」

まったく…それは冗談に聞こえない



148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 03:52:50.46 ID:i4OXb8L40
とまあ何はともあれ、私達は無事にエンドレスエイトを終了した

律と梓と先生は最後まで自覚がないようだった

他のクラスメイトも何も知らない様子だった

エンドレスエイトに気がついていたのはどうやら本当に私とムギだけだったようだ

紬「どういう仕組みだったんでしょう…?」

きっと…唯が離れたくないと思った人だけ、エンドレスエイトに入ったのだろう

それはハルヒを見ることで記憶をリセットし、ループが続く

永遠に




149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 03:55:56.28 ID:i4OXb8L40
澪(って、ただの推測だけど)

真実は唯にも分からない

そしてその唯はというと…

唯「みんなー!!練習練習!!!!学園祭近いんだよっ!!」ジャラララーン

律「えー、もう少しダラダラしようぜー」

唯「だめだよりっちゃん!!本番はいい演奏しないと!!」

梓「…唯先輩、なんか気合入ってますね、どうかしたんでしょうか…」




150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 03:58:14.37 ID:i4OXb8L40
紬「澪ちゃんの愛が届いたんですよ♪」

澪「あ、あれは、愛というか、なんと言うか……」

梓「え…まさか澪先輩って……そっち側なんですか…」ササッ

澪「ブッ」

紬「実はそうなのよ。私と一緒///」

梓「……ドン引きです…」

澪「ムギ!!真顔でデタラメ言うな!!!」ドタドタ

紬「きゃー!!澪ちゃんに犯される~」バタバタ

律「ムギーお茶ー」

唯「こらーみんな!!練習するよーー!!」

澪「はぁはぁ…まったくもう…」




151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 04:03:57.02 ID:jycCPHeD0
とまあ

エンドレスエイトを経て

一回り進化した軽音部は

いつかまたみんなで音楽室に帰ってくるために

今日も思い出を作ります

夏休みを15000回程度繰り返した位じゃ

絶対に生まれない

素敵な思い出を




―FIN―




152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 04:06:15.80 ID:KKjXtNou0
(;∀;)イイハナシダナー



154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/05(水) 04:08:05.56 ID:2G/i88Ez0
おつ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking livedoor Blog Ranking

この記事へのコメント
律の機嫌が悪いことになんか意味があるのかと思った
2009/08/08(土) 03:39:45 | No.2748 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
てっきり澪がケーキ食べれないのが原因かと思ってた
2009/08/08(土) 11:03:09 | No.2749 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
異変に気づいてるキョンたちと出会う形でクロスオーバーするのかと思ったが、そんなことは無かった
2009/08/08(土) 13:08:09 | No.2750 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
りっちゃんの不機嫌は何のフラグだったんだ…
2009/09/27(日) 06:10:49 | No.3261 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
時間は不可逆だからこそ、日々を大事にしないとな。

でも、もう一度ぐらい高校生活を送ってみたい…。
2010/06/19(土) 06:12:25 | No.6096 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://minaminoxxxsummer.blog49.fc2.com/tb.php/548-b1aafb83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。