戯言ニュース

ほとんどVIPのまとめ。

HeadLine
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

澪「ネガを渡しなさい…」 律「が…く…苦し…」ガクッ
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 15:24:50.00 ID:46v0hYvo0
律「」

澪「え?律…?」

澪「ちょっと!やめろよそういう冗談!」ユサユサ

律「」

澪「ご、ごめんやりすぎたよ!ごめんてば!」

律「」

澪「う、嘘だろ…わ、わたわたわたし、律をこ、こここ殺しちゃった…」



3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 15:26:07.62 ID:ySrM3EVjO
律ちゃん…?



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ 澪「ネガを渡しなさい…」 律「が…く…苦し…」ガクッ
4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 15:26:14.28 ID:46v0hYvo0
澪「と、とりあえず死体を隠さないと…」ズリズリ

バタン

澪「しばらく私の部屋のクローゼットに…」




8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 15:27:27.78 ID:46v0hYvo0
翌日

プルルルルル

澪「はい、秋山です」

澪「あ…律のお母さん…」

澪「い、いえ…うちには来てません…はい…はい…いえ…はい…私も探してみます…はい…それじゃ…」

澪「どうしよう…」



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 15:28:00.81 ID:gvV8QhR6O
さつじん!



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 15:29:32.17 ID:46v0hYvo0
ブブブブ

澪「あ…メール…唯から…」

唯『澪ちゃーん?合宿の写真みたー?澪ちゃん寝相すっごいねー♪』

澪「…もう写真なんてどうでもいい…律…ごめんね」

澪「唯に言われたくない(笑)…と」

澪「そうだ…ちゃんと写真見てなかったな…」ガサゴソ

澪「…もう、こんな風に四人では遊べないんだな…」

澪「…」




14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 15:30:59.62 ID:46v0hYvo0
新学期

夏休み中、律はずっと私の部屋のクローゼットにいた。私は怖くてクローゼットを開ける事ができなかった。猛暑の中で律はどんどん腐敗していって、私の部屋は腐臭で充満していた…


唯「澪ちゃんおはよー」

澪「あ、お、おはよう」

唯「あれえ?今日はりっちゃんと一緒じゃないの?」

澪「あ、ああ。何かいつもの場所にいなくてさ!どうしたんだろうな…ハハハ…」

唯「ふうん」




16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 15:32:46.43 ID:46v0hYvo0
唯「ところで澪ちゃん…」

澪「な、なに?」

唯「ちょっと臭うよー?」クンクン

澪「えっ!?あ、いや、汗かいちゃったからなー…ハハハ…」

唯「汗っていうか何かお肉が腐ったような…」

澪「そっ…そう?アハハ、き、気をつけるよ」

唯「それと、和ちゃんに言われたんだけど、顧問の先生を見つけないと、部活として認められないんだって!」

唯「放課後、私とムギちゃんで、さわ子先生にお願いしてみるよー」

澪「あ、う、うん…」




17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 15:34:14.36 ID:46v0hYvo0
ガチャ
澪「…」

紬「あら、澪ちゃん。」

唯「澪ちゃんおいすー!」

澪「あ、ああ…あれ?さわ子先生の件は?」

紬「それが…体調崩してしばらくお休みらしいんです」

澪「そっか…」

唯「あのねー、りっちゃん来ないから電話してみたんだけど、ケータイの電源入ってないみたいなんだー」

澪「そ、そうか」




21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 15:36:36.11 ID:46v0hYvo0
紬「私は写真貰ってから会ってなかったけど…どうしたのかしら」

唯「澪ちゃん何か知らない?」

澪「え?いやー、わかんない…なー」

唯「幼なじみなのに?」

澪「わ、わかんない…」



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 15:37:31.02 ID:46v0hYvo0
唯「夏休みにね、りっちゃんのウチから電話が来たんだけど、りっちゃん合宿のあとくらいから帰ってないらしいんだー」

澪「え…?ああそういえばウチにも電話きたなあ…ど、どうしたんだろあいつ…」

唯「澪ちゃんちに行くって言って出ていったらしいけど」

澪「き、来てないよ、ウチには来てない!」



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 15:38:55.03 ID:46v0hYvo0
秋山家

バタン

澪「ふー…」

澪「どうしよう…」

澪「やっぱり律の家族が探し始めるよね…」

澪「あれ?」

澪「通報…してないのかな…通報してたら私のところに警察が来るはず…」

澪「なんで…?」




24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 15:40:23.22 ID:46v0hYvo0
翌日

唯「澪ちゃんおはよー!」

澪「唯…おはよう」

唯「りっちゃん、やっぱりウチに帰ってないらしいんだー!」

澪「そう…どうしたんだろうね…」

唯「…澪ちゃん、本当に何も知らない?」

澪「し、知らないよ…」

唯「そっかーじゃあまたねー」




26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 15:41:58.82 ID:46v0hYvo0
放課後
音楽室

紬「先生、今日もお休みですって」

澪「…」

紬「どうしたの?」

澪「い、いや…律のやつどうしたのかなーって…」

唯「りっちゃんの家族、まだ警察に通報してないんだってー」

澪「…!な、なんで?」

唯「…」

唯「澪ちゃん…お願い。私は澪ちゃんを追い詰めるような事をしたくないよ。正直に話して」

澪「え…」




28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 15:43:25.88 ID:46v0hYvo0
澪「唯、それってどういう…」

唯「澪ちゃん、本当にりっちゃんは澪ちゃんの家にこなかったの?」

澪「…きてない」

唯「…」

唯「澪ちゃん覚えてる?合宿の写真のことでメールしたの。」

澪「あ、ああ…」

唯「りっちゃんね、最初私に写真を持ってきてくれたんだ。その後、むぎちゃんの家。で、最後が澪ちゃんだって言ってた。」

澪「…!」

唯「澪ちゃん…写真を見てるって事は…りっちゃんに会ったんだよね?りっちゃんは澪ちゃんの家に来たんだよね?」



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 15:46:03.95 ID:46v0hYvo0
澪「…」

唯「どうして、来てないなんて嘘つくの?」

澪「…ごめん」

澪「律は…私の部屋にいるよ」

紬「…!」

澪「今から家に来てくれないか?律に会わせるよ…」




35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 15:47:52.71 ID:46v0hYvo0
秋山家

澪「…ここだ。このクローゼットの中に律がいる…」

唯「クローゼット…?ま、まさか澪ちゃん…!」

澪「私もね、ここを開けるのは久しぶりなんだ」

紬「あ、あけましょう…」

ギィ…

唯「う…すごいにおい…」

そこには白骨化した死体が、うずくまっていた。



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 15:48:44.34 ID:46v0hYvo0
唯「りっちゃん…こんな…こんなの…」

紬「そんな…!これじゃあどこまでがデコかわからないわ!!」

澪「こんなつもりじゃなかった。冗談のはずが…はずみで私が…律を…こ、こ…殺したんだ…!」



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 15:49:44.20 ID:46v0hYvo0
唯「…おかしいよ」

澪「ああ、そうだ。おかしいよな。私…。」

唯「あ、えと…そうじゃなくてね、この死体、死んでから大分たってるよね?」

唯「実はね、りっちゃんの家族が、通報しなかったのは、行方不明になってからも、りっちゃんからちょくちょく電話があったかららしいんだ。そのうち帰るって。」

澪「…え?」

唯「澪ちゃん…澪ちゃんがりっちゃんを…その…殺したのはいつ?」

澪「写真を…渡しにきた日だ…」

唯「でも、その後にも、りっちゃんは実家に電話してるんだよ!」

澪「な…」




39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 15:50:10.39 ID:XNG4kDJ5O
わっふるわっふる



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 15:51:22.80 ID:PBhcqilZO
これは支援したくなってきた



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 15:51:35.60 ID:46v0hYvo0
澪「そ、そんなはずは…」

唯「澪ちゃんがりっちゃんのフリして電話したの?」

澪「ち、違う!私はそんな事してない!」

紬「確かに…澪ちゃんは声真似とか得意じゃないわね…」

唯「誰かが…りっちゃんのフリをしてる…のかな?」

澪「そんな…律が死んだのを知っているのは私だけだ!律のフリをするなんて…一体誰が!?」

唯「そこまでは私にも…」

澪「…」




54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 15:53:41.31 ID:46v0hYvo0
紬「でも…澪ちゃん、りっちゃんの…その…死体はどうするの?」

澪「…自首するよ…」

澪「律をいつまでもこんな所においとくわけにもいかないもんな…」

唯「澪ちゃん…」

澪「ごめんな二人とも。」






その後、私は自首した。クローゼットの死体は警察によって回収された。




56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 15:55:16.70 ID:7o08vDHf0
終了



57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 15:55:30.46 ID:46v0hYvo0
平沢家

憂「お姉ちゃん…元気だして?」

唯「うい~…澪ちゃんが捕まっちゃったよー…」

唯「私とムギちゃん二人だけじゃ怖くて部活できないよー…」

憂「お姉ちゃん…」




58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 15:56:27.41 ID:46v0hYvo0
憂「澪さんに会ってきなよ」

唯「ほえ?」

憂「たぶん今回の事で一番落ち込んでるのは澪さんだよ…。」

唯「…」

唯「そうだよね!ムギちゃんと一緒に会ってくるよ!」

プルルルル

憂「あ、電話。」




59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 15:57:27.96 ID:46v0hYvo0
ガチャ
憂「はい、平沢です…あ、はい、お姉ちゃんですね。少々お待ちください。」

憂「お姉ちゃーん!電話だよー!律さんのお母さんからー!」

トトトトト

唯「で、電話!」

憂「はい、お姉ちゃん」

唯「もしもし!は、はい!唯です!……はい…はい……えっ!そ、それ本当ですか!?



62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 15:58:46.39 ID:46v0hYvo0
留置所


唯「あ、あのー秋山澪さんに面会したいんですけどー…」

紬「お願いします」

受付「はいはい、秋山…ね」




63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 16:00:20.47 ID:46v0hYvo0
澪「唯…ムギ…」

唯「澪ちゃん、ちょっと痩せたね」

紬「うらやましいわー」

澪「…ハハ」

唯「あのね…りっちゃんのお母さんに聞いたんだけど…」

唯「検死の結果、あの死体…りっちゃんとは別人の死体だったみたい」

澪「…え?」




66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 16:01:45.12 ID:46v0hYvo0
澪「ど、どういう事だよ…」

紬「わからないです…でもあれがりっちゃんじゃないって事は…」

唯「りっちゃんはどこかで生きてるかもしれない!」

紬「実家への電話は、誰かがりっちゃんのフリをしてたんじゃなくて、りっちゃん本人だったのよ!」

澪「で、でも私は確かにこの手で律を…!」

紬「ほんとにりっちゃんは死んでたの?」

唯「澪ちゃん…慌てて脈とか確認しなかったんじゃない?」

澪「…私が首を絞めて…律が動かなくなって…それで死んだと思って…」



69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 16:03:56.89 ID:4YLkNdwNO
犯人はヤス



71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 16:04:09.94 ID:46v0hYvo0
唯「…澪ちゃんは殺そうと思って絞めたんじゃないよね?」

澪「ああ、冗談のつもりだった。そんなに強く絞めたつもりはなかったんだけど…」

紬「多分りっちゃんは…死んだフリをしたんじゃないでしょうか。マンボーみたいに。そして澪ちゃんの留守とか寝てる間とかを見計らって、自分と死体を入れ替えた…かな?」

澪「…律が…なんで…マンボーは死んだフリするのか?」




74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 16:05:10.36 ID:NTXk7D3+P
マンボウw



75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 16:05:30.88 ID:gafmlknbO
なんだと…



76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 16:05:34.41 ID:46v0hYvo0
紬「でも…もしそうだとしたらあの死体は誰なんでしょう…」

唯「それは検死が終わるまで待つしかないねー。でも多分…りっちゃんが…殺した人なのかな…」

澪「律…」


数日後、私は無罪と断定され、釈放された。

コンビニの防犯カメラに律が映っていたらしい。律の生存が明らかになり、私の容疑は晴れた。

でも警察は、律を重要参考人として探す事になった。

澪「…律が…生きてる…」




77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 16:07:02.96 ID:46v0hYvo0
数日後
音楽室

唯「澪ちゃん、クマができてるよ」

澪「……色々ありすぎて、眠れないよ…」

紬「結局、誰なんでしょうね、あの死体は…」

澪「警察も教えてくれないんだよな…」

紬「…」

紬「親戚に警察の人がいるので、父に頼んで調べてもらいましょう」



78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 16:07:54.82 ID:/NY8hGqD0
殺されたひとって、まさか・・・ゴクッ



79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 16:08:52.24 ID:vUunOEBxO
先生可愛そう……



84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 16:10:33.03 ID:46v0hYvo0
数日後

ブブブブ

澪「ん、電話…ムギからだ」

紬「澪ちゃん!死体が誰なのかわかったわ!ゲル…じゃなくて、さわ子先生よ!!」

澪「…!!」

紬「先生は休んでいたんじゃなくて…死んでいたのよ…」

澪「じゃあ…律がさわ子先生を?」

紬「まだわからないけど…たぶん…」



86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 16:11:45.65 ID:46v0hYvo0
澪「…律を…探そう!」

澪「律を探して、真相を聞こう!それに私…謝らないと」

紬「そうね…それしかないわ」




88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 16:12:56.84 ID:WcUGSKJBO
律っちゃん生きててよかった



90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 16:14:04.58 ID:46v0hYvo0
放課後
音楽室

唯「うーん、でもどうやって探したら…」

紬「りっちゃん、携帯は持ってるのかしら?」

澪「GPSとか…でも、それなら警察がとっくに見つけてるか…」

唯「うーん…早く見つけてあげないと、きっとりっちゃん一人で寂しいよ!」




94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 16:16:54.80 ID:46v0hYvo0
律は携帯をどこかで捨てたか壊したかしたらしく、連絡はおろか、GPSの位置情報も掴めなかった。

実家へは公衆電話からかけていたみたいだが、その連絡も途絶えていた。

私達は焦っていた。


唯「よーし、それじゃあみんなでりっちゃんがいそうな場所を徹底的に探そう!」

澪「律がいそうな場所…」

紬「澪ちゃん、心あたりはないの?」

澪「近所の公園とか中学校とか…そーゆー所は私がもう探し回ったし…」

唯「うーん」




98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 16:18:06.25 ID:46v0hYvo0
和「…それで、私にも協力してほしいって?」

唯「うん!とりあえず見当もつかないから、街中をシラミ潰しに探す事にしたんだ!」

和「あ、あなた達らしいわね…」

和「でも悪いけど私はそれ賛成できないな」

唯「な、なんでー?!」

和「律が自分から現れないって事は、あなた達にはまだ会いたくないんだよ、きっと。律が自分から出てくるまで待ったほうがいいと思う」



101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 16:19:34.72 ID:46v0hYvo0
唯「で…でもでも!」

和「そのうち律のほうからひょっこり連絡してくるわよ。あの性格だからね」

唯「うーん…そーゆーもんかなあ…」

和「でも、どこかで律を見掛けたらみんなにも教えるよ。…そうだ、澪と紬の連絡先も教えて。」

唯「うん!ありがとう和ちゃん!」

和「・・・・・」



105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 16:22:35.18 ID:46v0hYvo0
唯「りっちゃん見つからないねー」

澪「まったく、どこで何をやってるんだ!」

紬「心配だわー…」


ブブブ…

澪「電話…和から?」


澪「もしもし」



124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 16:42:40.81 ID:46v0hYvo0
電話「……」

電話「……」

電話「…澪…」

澪「…え?…り、律!律だろ!…何やってるんだよ!」

唯&紬「!!」

律「ハハ…ごめんごめん!心配かけちゃったねー」



125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 16:43:48.73 ID:46v0hYvo0
澪「馬鹿!今どこだ!?」

律「えーと…無人島かなあ?」

澪「無人島に電話があるか!」

律「ハハハ…。澪、あ、唯とムギもそこにいる?急で悪いんだけどさーちょっと会えないかな?」

律「音楽室で待ってるよ」

プッ…ツーツー




127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 16:46:03.24 ID:46v0hYvo0
音楽室


澪「律っ!!」

律「おー、久しぶり!…えーと…いやー…みんな、色々ごめん。」

唯「りっちゃん!心配したよー!」

紬「服もボロボロになって…ハァハァ」

律「アッハハハ、いやーこれじゃマジで無人島にいたみたいだよなー。汗臭いし泥臭いし、キュートなりっちゃんがダイナシだよなー」

澪「律…私、てっきりアンタをこ、殺しちゃったと…」

律「ハハハ、実際死ぬかと思ったけどなー…なんて」

紬「りっちゃん、教えて。全部知っているんでしょう?」





律「そうだなーじゃあ澪んちに行くところから話すよ」




129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 16:48:48.77 ID:46v0hYvo0

…あの日、私は澪の家に合宿の写真を渡しに行った。

写真の中には澪の寝顔も映っているものもあり、それを見た澪がどんな反応をするか、私は楽しみだった。



澪「ネガを渡しなさい…」

律「が…く…苦し…」

デジカメだからネガなんてあるわけない。澪はいつもの調子で冗談半分に私を脅した。

そこで私は死んだフリをして澪をからかってやる事を思い付いた。




131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 16:49:33.61 ID:46v0hYvo0
律「」

澪「え…律…?」

律(ぷくく…)

律(澪のやつ、真に受けてるよ…泣きそうになっちゃって、かわいいやつだなー…ってオイ!?)

ズルズル




132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 16:51:29.70 ID:46v0hYvo0
律(え?何?死体隠しちゃうわけ?てゆーか救急車!せめて救急車呼ぼうよ澪ー!)

律(呼ばれても困るけど)

バタン

律(ここは…クローゼットかな?あーあー親友をこんな所に閉じ込めちゃって!)

律(こりゃあ一発しかってやらないと!)

澪「ぐすっ…律…律…」




134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 16:52:33.89 ID:46v0hYvo0
律(…)

澪「ごめん…ごめんね律…」

律(参ったなー、これは出にくいぞー)

澪「うう…律…ごめん…ごめん…」

律(そんな謝るなよ…そっか、澪は怖がりだからなーどうしたらいいかわかんないんだろうなー)



135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 16:54:29.66 ID:46v0hYvo0
音楽室


律「…とまあこういうわけでさあ」

紬「まあ」

澪「あんた…私がどれだけ…!」

律「わ、わかってるよ、ごめんてば!まあ私を閉じ込めたんだからおあいこって事で頼むよー!」

唯「それで…その後はー?」



137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 16:56:03.19 ID:46v0hYvo0
秋山家


澪「ぐすっ…律…」

律(まだ泣いてるのか…もう夜中だぞ。まーそりゃ親友絞め殺したら泣くよなーちょっとふざけすぎたかなー)

澪「ぐすっ…」

律(…)

澪「…」

律(お…?)



141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 17:00:33.19 ID:46v0hYvo0
スー…

律(泣き疲れて寝たのかな?)

律(と、とりあえず家から出よう!澪には後で謝ればいいよな?)



142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 17:01:24.89 ID:46v0hYvo0
カチャ…

律(そ、そーっとね…)

律(ふう…外に出れた!)

律(んー?あれ…なんだ?電柱の影に誰かいる…)

律(……)

律(さわ子先生…?)




144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 17:02:25.04 ID:46v0hYvo0
さわ子「…」

律(え…なんだありゃ!何か持って…ほ、包丁?ひゃー!)

律(って…こっち来る!)

ガチャ

律(…って澪ん家に隠れちゃったし。)

ガチャ

律「うお!」

さわ子「!!…た、田井中さん?」




146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 17:03:23.02 ID:46v0hYvo0
律「あ、あはははは…こんばんわー」

さわ子「なんであなたがこんな時間にここに…」

律「いやーちょっとややこしい事になってまして…」

律「って先生こそ何で澪の家に…そんな物を持って…」

さわ子「ふふ…見られちゃったか…」




148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 17:04:20.03 ID:46v0hYvo0
律「せ、先生…まさか澪を…」

さわ子「そうよ」ビュッ

律「うわ、ちょっと危なっ!」

律「ちょっと待って待って!(い、一旦外に!)」

ガチャ

律「せ、せ、先生!なんで先生が澪を…」




149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 17:05:57.32 ID:46v0hYvo0
さわ子「私ね…ウチの高校の○○先生と付き合ってたの」

さわ子「でも彼がね、他に好きな人ができたって」

律「もしかして…」

さわ子「そう。秋山さん。」

さわ子「信じられないわよね。相手は16才の子供よ?子供に恋人をとられるなんてありえない。」

律「それで澪を…?」

さわ子「勢いでここまで来たけど…見られたらもう引き返せないわ」ビュッ

律「おわ!ちょっ…やめ…!」




151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 17:07:08.72 ID:NTXk7D3+P
さわちゃんの扱いが酷すぎると思います!



152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 17:07:19.97 ID:k/xURJDj0
ビュッ



153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 17:07:20.49 ID:46v0hYvo0
音楽室

律「それから取っ組み合いになって、もみ合ってる内にさわ子先生に包丁が刺さっちゃってさ…」

律「いやーよくある話だろ?ハハ」

紬「…」

唯「りっちゃーん…」

澪「バカ律!全然笑えないぞ!」

律「ハハハ…まあその後は…」




155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 17:09:06.05 ID:46v0hYvo0
私は何度もさわ子先生が生きているか確かめた。

自分がさっきまで死んだフリしてたし…勘違いかもしれないからね。

でも脈はないし、血が止まらなくて、冷たくなっていって、私は気が動転していた。

澪がとっさに私をクローゼットに入れてしまった気持ちがよくわかったよ。

救急車なんて思いつきもしなかった。

律「ど、どどどうしよう先生死んじゃったよ」

律「これ、私が刺したようなもんだよな…」

律「と、とりあえずどこかに先生を隠さないと…」




156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 17:10:51.86 ID:46v0hYvo0
音楽室

紬「それで先生を澪ちゃんのクローゼットに?」

律「うん。澪は怖がりだから、私の死体が入ってるクローゼットを開ける事はないだろうと思って。私の服と取り替えてさ…ハハハ、我ながらアホな事したよ」

律「とりあえず私は逃げながら、なんとかする方法を考える事にした」

唯「なんとかって…何を?」

律「それなんだよ。逃げた後で、どうにもならないって気づいた。捕まるのも時間の問題だった。」

律「それに澪に死体を押し付けちゃったからね。」

律「私さ、やっぱ澪やムギがいないと頭キレないんだよなー」




158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 17:12:23.03 ID:46v0hYvo0
律「で、しばらく逃げてたんだけど、澪が私を殺したと勘違いしたままだって思い出したんだ」

律「これはさすがにマズイと思って澪に連絡しようとしたんだけど、携帯は先生ともみ合った時に壊れてて…」

律「実家の電話番号だけは覚えてたから、とりあえず実家に連絡すれば、私は生きてるって事が澪にも伝わると思って実家には連絡してた。」



161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 17:14:23.51 ID:46v0hYvo0
澪「でも…おばさんもおじさんもそんな事私には一言も…唯には話してたみたいだけど」

唯「多分、りっちゃんが澪ちゃんの家に来てないって嘘ついてたのを見抜かれてたんじゃないかなー。」

唯「それでりっちゃんの家族は澪ちゃんに話さなかったんじゃない?」

律「うん。家出…って事にしてたからなあ。多分親は私が澪ん家にいると思ってたんじゃない?それで安心してあんまり騒がなかったんだよ。」



162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 17:16:13.30 ID:46v0hYvo0
律「で、先生刺したし、死体遺棄してるし、こりゃ捕まったら終わりだろ?」

律「そしたらバンドできなくなるしさ、なんとかうまくおさめる方法を考えてたんだけど」





律「最近になって澪が捕まってたって新聞でみて…まあ私が知った時には釈放されてたんだけど」

律「さすがに自首しようと思ったよ…でもやっぱりその前にみんなに会って謝らなきゃって」

紬「それで今日呼び出したのね」



164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 17:18:00.64 ID:46v0hYvo0
律「あ、実はさあ、逃亡中に、和に会ったんだよね」

唯「の、和ちゃんに!?」

律「うん、和の下校中にたまたま見つかっちゃって…」


数日前

和「り、律!みんな心配してるんだよ!何やってるの!?」

律(あちゃー…厄介なのに見つかっちゃったなあ)

律「えーと…せ、説明するからさ、落ち着いてくれよ…」




167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 17:21:04.86 ID:46v0hYvo0
律「…というわけなんだ」

和「…はあ…律らしいというか何というか。そっか…先生は死んでるんだね…。学校は生徒を不安にさせないために隠してるのかな…」

律「…」

和「どうするの?軽音部のみんなには説明してあげないと…」

律「ま、まだダメだ!何とかなる方法が見つからないとバンドが…武道館が…!わ、私が言い始めた事だし…」

和「…何とかなるとは思えないけど」

律「う…」




170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 17:22:30.95 ID:46v0hYvo0
和「でもわかったわ。律の決心がつくまで、私の家にいていいよ」

律「え!?そ、それは悪いよ!」

和「先に警察に捕まって、あの子達に何の説明もできなくなったらどうするの?唯なんてずっと泣き続けるわよ。それの相手をするのは私なんだから、律は私の家で大人しくしてて!」

律「和…。ありがとう…」




171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 17:23:37.12 ID:46v0hYvo0
音楽室


唯「そっか、だから和ちゃんはあの時…」

律「…しばらく和ん家にいたんだけど、やっぱり自首するしかないって思って…和の携帯借りて電話したんだ」



177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 17:25:38.38 ID:46v0hYvo0
澪「…」

唯「これからどうするの?」

律「言ったろ、自首するよ。」

律「澪、ほんとごめんなー。」

澪「…」

澪「律、私も一緒に律と逃げるよ」

紬「澪ちゃん!?」

澪「だ、だって律は私のために人をころしちゃったんだし!!」

唯「澪ちゃーん…」

律「ハハハ…ありがとう。でも無理だ。ちょっと疲れちゃったんだ、逃げるのも。」



179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 17:27:29.48 ID:46v0hYvo0
律「ふう…話はおしまいだ!じゃっ、ちゃちゃっと自首してくるよ!」

澪「…」

澪「律、家に来い!」

律「ええ?」

澪「そんな汚い格好で歩き回られたら迷惑だ!ウチでシャワー浴びて、それから自首しろ!」

律「いや、私が歩き回って澪に何の迷惑が」

澪「いいから!!」

律「…」

律「…そうだな…それじゃお邪魔しようかな」




180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 17:28:43.61 ID:46v0hYvo0
律「ムギと唯もごめんなー。」

紬「留置所でもどこでも、お菓子持っていきます!それと父に頼んで、優秀な弁護士を雇うから…!」

唯「わ、私も、ギター練習して、りっちゃんが戻ってくるまでずっと待ってる!」



182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 17:30:18.07 ID:46v0hYvo0
秋山家

律「ふー!サッパリしたー!」

澪「律…明日、行くの?」

律「うん。このまま私を匿ってたら、澪まで悪くなっちゃうし。」

澪「私は別に…それでもいい!」

律「いやーまたみんなでバンドやるには、私が自由の身にならないとさあ。唯なんてほんとにいつまでも待ってるだろうし、早いとこ終わらせてやらないと」

澪「…」

律「あ!牢屋でバンドでも組んでみようかなーハハハ、まさに監獄ロック!」

澪「律!!」




184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 17:31:49.38 ID:46v0hYvo0
律「じょーだんだって!私は軽音部以外とバンドを組む気はないよ」

律「よし、もう寝るか」

澪「…」

律「そうだ、たまには一緒に寝ようぜ!ムギが見たら倒れるかもなーアハハハ」

澪「バカ律」

律「ハハ…」

澪「…」モゾモゾ

律「…澪、おやすみ」ギュ

澪「おやすみ…」



翌日、律は軽音部のメンバーに見送られながら、自首した。

ムギが雇ってくれた弁護士のおかげもあってか、過失であったことが認められ、執行猶予もついて、律は数年の刑期で済む事になった。



187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 17:33:55.52 ID:46v0hYvo0
数年後


音楽室

唯「はぁ…はぁ…」ガチャ

紬「あら、唯ちゃん」


唯「ごーめんごめん!遅くなっちゃった。うわー…久しぶりだねー!音楽室!」

紬「ちょうど良かったわ、お茶が入りましたよ」

唯「わーありがとう!」

紬「今日はケーキですよー」

唯「うっはは!おいしそー!」

澪「い、いいのかな…私ら、もうここの生徒じゃないのに、音楽室でお茶なんかして」



189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 17:35:36.10 ID:46v0hYvo0
澪「…」

紬「…」

唯「うーん!おーいひーい!」

唯「あう…これも食べちゃダメかなー?」

澪「だ、ダメだよ!」

紬「それはりっちゃんのぶんだから…食べたら怒られるわよ」




190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 17:36:48.54 ID:46v0hYvo0
澪「遅いな…律」

紬「出所、今日のはずなんだけど…」

唯「きっと寝坊してるんだよー」

澪「唯じゃないんだから」

唯「澪ちゃん、ちゃんと音楽室に来るように言ったー?」

澪「い、言ったよ!間違いない!」




191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 17:37:50.11 ID:46v0hYvo0
ガチャ

律「おいすー!いやーごめんごめん遅くなっちったー」

唯「りっちゃん!」

紬「りっちゃん…」

澪「律!」

律「っははは、みんな久しぶりー!…でもないか。しょっちゅう会いにきてくれてたし」

律「お!今日はケーキですかーおいしそーじゃん!」




192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 17:39:07.44 ID:46v0hYvo0
唯「…でねー、こないだ澪ちゃんが…あーでこーで」

律「アッハハハ!相変わらずだなー澪は!」

澪「う、うるさい!」

律「お、そうだ、みんなに見せたいものがあるんだー♪」

ガサゴソ




202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 17:43:17.80 ID:46v0hYvo0
律「へへへ…」チラッ

澪「あ、ああーっ?!わ、私の寝顔の写真!?い、いつ撮ったんだこんなの!」

律「んー最後に澪ん家に泊まった時。いやあコレをプリントアウトしてたら遅くなっちゃってさー!」

澪「な…か、返せ!返せよー!」

律「おー?今回は首しめないのかな?」

ゴッ
律「あだっ」



204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 17:44:13.01 ID:46v0hYvo0
澪「まったく…いい加減練習するぞ!もう何年もまともな練習できなかったんだから!」

唯「4人で合わせるの久しぶりだねー」

紬「楽しみだわー」

律「よーし、ちょっと遅くなっちったけど、また武道館目指すぞー!」

唯&紬「おー!!」



律「…ワンツースリーフォーワンツー!!」







207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 17:44:36.64 ID:WXrsXcZ70
あずにゃん……





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking livedoor Blog Ranking

この記事へのコメント
執行猶予がついて出所が数年後・・・。
ってか未成年が出所って監獄って・・・。
2009/06/28(日) 07:17:17 | No.2610 |   | #-[ 編集]
SSにマジレスって・・・。
2009/06/28(日) 07:23:53 | No.2611 |   | #-[ 編集]
さわちゃん……
2009/06/28(日) 10:10:42 | No.2612 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
ハッピーエンドとな
2009/06/28(日) 21:44:13 | No.2615 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
さわちゃんとあずにゃん・・・
2009/06/28(日) 22:26:18 | No.2616 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
>>1は執行猶予の意味わかってないだろw
2009/06/30(火) 14:07:32 | No.2631 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
執行猶予ついてねえwwwwwwww
2009/07/03(金) 17:51:42 | No.2647 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
>SSにマジレスって・・・。

いや、超展開とかキャラ崩壊とか、多少強引な設定とかは別にいいけど
執行猶予ついたのに服役してるのはツッコまざるを得ないだろw
2009/07/06(月) 13:01:20 | No.2661 | 戯言ヴぃp | #8D//OqyU[ 編集]
え、執行猶予ってその期間内に犯罪起こすとやばいってやつじゃないの?
2009/07/23(木) 01:53:09 | No.2708 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
2708

2009/08/27(木) 10:39:59 | No.2851 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
だから執行猶予中に再犯したんだよ、きっとwwww
2009/09/02(水) 13:12:51 | No.2896 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
執行猶予ついて、なんで服役するんだ?
2009/09/19(土) 02:26:49 | No.3126 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
律には正当防衛の余地があるなwww
でも、執行猶予が付いて数年の懲役って確かにおかしいwww

補足
刑法第36条 正当防衛
1 急迫不正の侵害に対して、自己又は他人の権利を防衛するため、やむを得ずにした行為は、罰しない。
2 防衛の程度を超えた行為は、情状により、その刑を減軽し、又は免除することができる。
2009/12/23(水) 12:57:54 | No.4144 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
あずにゃん出番なかったな…
2010/08/30(月) 00:15:50 | No.7345 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
SSにMSつて…。
2010/08/30(月) 01:41:35 | No.7346 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://minaminoxxxsummer.blog49.fc2.com/tb.php/526-0ac166d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。