戯言ニュース

ほとんどVIPのまとめ。

HeadLine
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/04/30(水) 20:36:07.40 ID:1mRVBO9F0
         ___|二ニー-、、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
         /rヽ三三三三三─‐-- 、;:;:;:;:;:;:;是;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
         ',i ,-三三三三三、   _,.ニ、ー-、!;: -‐二 ̄彡′
         ',、、ヾ三三'" ̄ ̄   `ー‐"    ヾ-'"  .〉′
         ヽ ヽヾ三,'    :::..,. -‐- 、     _,,..-‐、、,'
          `ー',ミミ     ::.弋ラ''ー、   i'"ィ'之フ l′
          /:l lミミ     ::::.. 二フ´   l ヽ、.ノ ,'
       ,.-‐フ:::::| |,ミ             l      /
      /r‐'":::::::::| |ヾ        /__.   l    /
  _,. -‐"i .|::::::::::::::::::',.',. \        ⌒ヽ、,ノ   /ヽ,_
 "    l ヽ:::::::::::::::::ヽヽ. \   _,_,.、〃  /l |  `゙'ー-、、
      ',\\:::::::::::::::ヽ\  \  、. ̄⌒" ̄/:::::| |      `ヽ、
      \\\;::::::::::::\\  `、.__  ̄´ ̄/::::::::::l |         \
        ヽ \`ー-、::::::ヽ ヽ    ̄フフ::::::::::::::ノ ./          `ヽ、
           `ー-二'‐┴┴、__/‐'‐´二ー'".ノ
                ̄`ー─--─‐''"
 VIPの衆、しばらくぶりでおじゃる。
 最近は聖火リレーやガソリン税の問題で世間が騒がしいでおじゃる。
 こういうときには空気を読んで『やる夫で学ぶ~』でも作ろうと思ったでおじゃるが
 VIPくらいは何もかも忘れて笑いたいでおじゃる。
 そんなわけで、笑い優先のバカ話を考え付いたので楽しんで行って欲しいでおじゃる。


ブログパーツ 6 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/04/30(水) 20:37:32.18 ID:1mRVBO9F0
         ___|二ニー-、、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
         /rヽ三三三三三─‐-- 、;:;:;:;:;:;:;是;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
         ',i ,-三三三三三、   _,.ニ、ー-、!;: -‐二 ̄彡′
         ',、、ヾ三三'" ̄ ̄   `ー‐"    ヾ-'"  .〉′
         ヽ ヽヾ三,'    :::..,. -‐- 、     _,,..-‐、、,'
          `ー',ミミ     ::.弋ラ''ー、   i'"ィ'之フ l′
          /:l lミミ     ::::.. 二フ´   l ヽ、.ノ ,'
       ,.-‐フ:::::| |,ミ             l      /
      /r‐'":::::::::| |ヾ        /__.   l    /
  _,. -‐"i .|::::::::::::::::::',.',. \        ⌒ヽ、,ノ   /ヽ,_
 "    l ヽ:::::::::::::::::ヽヽ. \   _,_,.、〃  /l |  `゙'ー-、、
      ',\\:::::::::::::::ヽ\  \  、. ̄⌒" ̄/:::::| |      `ヽ、
      \\\;::::::::::::\\  `、.__  ̄´ ̄/::::::::::l |         \
        ヽ \`ー-、::::::ヽ ヽ    ̄フフ::::::::::::::ノ ./          `ヽ、
           `ー-二'‐┴┴、__/‐'‐´二ー'".ノ
                ̄`ー─--─‐''" ̄

 毎度の約束でおじゃるが、このスレの物語はフィクションであり実在の人物や団体とは一切関係無いでおじゃる。
 このことを事前に言っておかないと、色々面倒でおじゃるからな。






7 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/04/30(水) 20:39:10.97 ID:1mRVBO9F0
          |:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::|
           |_____________,l_|
         ,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::是:::::|
         /_,, --―――‐t―――----┴-{
         /三ミミ三三三三三     r―、  rミ、
        ,'三ミミ三三三三三彡'   ` ̄   ヾ'i
       ,'三ミミ三三三三シ´   _,. - 、 :  __ l、
       ,'ミミ.r==、三三三ミ  .:.:.:.:ィ'"でi、.:. :,rtッ'
       l三{/ノ入 \三三ミ  .:.:.:.:.``=゙^ .:  'iー{
       ',三!l fラ人 ヾ三ミ            ', ゙',
       ヾ:tヽんぅ  ',三シ         ,r __  ) !
        丶丶二,ノ l三'゙       ,. `´ 'ーイ ,'
         ヾミ   ',三 ,'  ,:'´ /   _,,__,、/
          l三   `'" / / /_,∠二,ーアノ/
         ,l^`'    .:.:.:.:l ,'  ,. h、:.:゙':.:.lf´,'/
        /7   .:' ,::' .:.:.:.:; :;  :, ヾゞzェソ ;/
        ∧',  ,'   ,. - 、   丶 、_`'一' /
    __/:::ヽヽ、  .::.::.::.::丶、     ゙゙゙゙ /
   rf   (::::::::\\   .::.::.::.::.::`'.: ,-、--―くr-、
 -‐(丶、_ `丶、::::,ゝ \____/ /:::::::::::ノ ノー-- 、、

 では始めるでおじゃる。
 アイスコーヒーの用意はできたでおじゃるか?






9 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/04/30(水) 20:45:43.39 ID:1mRVBO9F0
 08年 VIP幼稚園

              -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
              / /" `ヽ ヽ  \
          //, '/     ヽハ  、 ヽ
          〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
          レ!小l●    ● 从 |、i|
           ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   
         /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !  ←うさぎ組の先生 ちゅるや
       \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
 .        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
        `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |
 園長さん、最近幼稚園児の親たちが子供たちに読ませる昔話のことで苦情を言ってきたにょろ。


          ____
        /      \     
       /  u   ノ  \    
     /      u (●)  \
     |         (__人__)|  ←VIP幼稚園園長 やる夫
      \    u   .` ⌒/
     ノ           \
   /´               ヽ
  |    l              \
  ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
   ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))
 昔話で苦情?それはいったいどういうことだお?






10 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/04/30(水) 20:49:33.84 ID:1mRVBO9F0
              -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
              / /" `ヽ ヽ  \
          //, '/     ヽハ  、 ヽ
          〃 {_{       リ| l.│ i|  に
          レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|  ょ
           ヽ|l ●   ●  | .|ノ│  ろ
             |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.  l
           | /⌒l,、 __, イァト |/ |  ん
 .          | /  /::|三/:://  ヽ |
           | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |
 しょうもない話だにょろ。
 親が家で子供に桃太郎の話を読んであげたときに『もう幼稚園で読んでもらった』と
 子供が言ったらしくて、親が幼稚園に『普通の昔話を子供に聞かせるな』と言ってきたにょろ。


          ____
        /      \   
       /  u   ノ  \
     /      u (●)  \
     |         (__人__)|
      \    u   .` ⌒/
     ノ           \
   /´               ヽ
 そんな無茶だお・・・。
 幼稚園にある昔話の本なんて、ありきたりな話のものしかないお。
 第一、何でこんなことで苦情を言ってくるんだお。






11 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/04/30(水) 20:53:59.85 ID:1mRVBO9F0
              -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
              / /" `ヽ ヽ  \
          //, '/     ヽハ  、 ヽ
          〃 {_{       リ| l.│ i|  に
          レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|  ょ
           ヽ|l ●   ●  | .|ノ│  ろ
             |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.  l
           | /⌒l,、 __, イァト |/ |  ん
 .          | /  /::|三/:://  ヽ |
           | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |
 巷で聞く『モンスターペアレント』と言うヤツだにょろ。
 自己中心的で、メチャクチャな要求ばかりしてくるにょろ。
 親は『苦情を聞かないと幼稚園でテロを起こす』とか言ってるけど、どうするにょろ?


          ____
        /      \   
       /  u   ノ  \
     /      u (●)  \
     |         (__人__)|
      \    u   .` ⌒/
     ノ           \
   /´               ヽ
 て、テロは困るお。そんなことやられたら都知事が黙っちゃいないお。
 仕方が無いお。こうなったらやる夫たちで新しい桃太郎を作るんだお。






12 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/04/30(水) 20:58:08.28 ID:1mRVBO9F0

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)
 . |     (__人__)  
   |     ` ⌒´ノ   ←幼稚園事務員 やらない夫
 .  |         }
 .  ヽ        }
    ヽ     ノ        \
    /    く  \        \
    |     \   \         \
     |    |ヽ、二⌒)、          \
 またモンスターペアレントかよ。やれやれ。
 まあ新しい話を考えて作るだけなんだし、ちょっとやってみれば良いんじゃね~の?


          ____
        /      \!??
       /  u   ノ  \
     /      u (●)  \
     |         (__人__)|
      \    u   .` ⌒/
     ノ           \
   /´               ヽ
 う~ん、わかったお。
 ちゅるやさん、親からはどんな話を作ればいいか言っていたのかお?






13 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/04/30(水) 21:00:31.33 ID:1mRVBO9F0
              -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
              / /" `ヽ ヽ  \
          //, '/     ヽハ  、 ヽ
          〃 {_{       リ| l.│ i|  
          レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|  
           ヽ|l ●   ●  | .|ノ│ 
             |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |. 
           | /⌒l,、 __, イァト |/ | 
 .          | /  /::|三/:://  ヽ |
           | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |
 桃太郎の話そのものがリアリティが足りなくてダサいから、斬新なのを作れと言ってるにょろ。



        ______
       /  \    /\
     /  し (>)  (<)\
     | ∪    (__人__)  J |
     \  u   `⌒´   / 
     ノ           \ 
 斬新・・・かお。
 じゃあ今日の放課後にでも話を作ってみるお。






14 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/04/30(水) 21:02:54.40 ID:1mRVBO9F0
 放課後

        ____
      /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\  新しい桃太郎を作るお!
   /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   
   |     |r┬-|     |
   \      `ー'´     /



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)    リアリティが足りないが足りないといってたから
 . |     (__人__)    すこし現実感を出してみるか。
   |     ` ⌒´ノ   
 .  |         }
 .  ヽ        }
    ヽ     ノ        \
    /    く  \        \
    |     \   \         \
     |    |ヽ、二⌒)、          \






18 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/04/30(水) 21:08:04.47 ID:1mRVBO9F0
          ____
        /      \
       /  ─    ─\
     /    (●)  (●) \
     |       (__人__)    | ________
      \      ` ⌒´   ,/ .| |          |
     ノ           \ | |          |
   /´                 | |          |
  |    l                | |          |
  ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、   | |_________|
   ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニ- ̄   | |  |
 え~と、
 『むかしむかしあるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました。
 おじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは川に洗濯に行きました。』


    /      \
   /  ─    ─\
 /    (●)  (●) \
 |       (__人__)    |
 /     ∩ノ ⊃  /
 (  \ / _ノ |  |
 .\ “  /__|  |
   \ /___ /
 爺さんと婆さんが2人暮らしなんて、どっちかが痴呆になったら心中になっちゃうお。
 一人か二人くらい息子が居てもいいはずだお。
 『むかしむかしあるところに、おじいさんとおばあさんが2人の息子と共に住んでいました』
 『2人の息子は働き者で、おじいさんとおばあさんは孝行息子に恵まれ、幸せに暮らしましたとさ』






19 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/04/30(水) 21:09:23.06 ID:1mRVBO9F0
        ____
      /_ノ   ヽ_\
    /( >)  (<)\
   /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
   |     |r┬-/      |
   \     ` ̄'´     /
 よし、良い話になったお♪



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)
 . |     (__人__)  
   |  U  ` ⌒´ノ   
 .  |         }
 .  ヽ        }
    ヽ     ノ        \
    /    く  \        \
    |     \   \         \
     |    |ヽ、二⌒)、          \
 おい、でもコレって最初で話が終わってねえか?






21 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/04/30(水) 21:11:57.60 ID:1mRVBO9F0
        ____
      /⌒三 ⌒\
    /( ○)三(○)\
   /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
   |     |r┬-|     |
   \      `ー'´     /
 はっ!
 そういえば桃太郎に会う必要なくなってるお。


    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)
 . |     (__人__)  
   |  U  ` ⌒´ノ   
 .  |         }
 .  ヽ        }
    ヽ     ノ        \
    /    く  \        \
    |     \   \         \
     |    |ヽ、二⌒)、          \
 確かに老夫婦の2人暮らしは先がないのは分かるが、ちょっとこの辺何とかしようぜ。






24 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/04/30(水) 21:20:35.01 ID:1mRVBO9F0
           , '´ ̄ ̄` ー-、
         /   〃" `ヽ、 \
        / /  ハ/     \ハヘ
        |i │ l |リ⌒     ⌒}_}ハ
         |i | 从 ●    ● l小N
        |i (|ミ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ   ミ
        | i⌒ヽ j   (_.ノ   ノi|__/⌒)
        | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/.
        | ∧ 人l||l,三|:::::/l| |l||l 从
        |  l ( ⌒ ):::V::/ | ( ⌒ )
 園長さん、息子が桃を持ってきたことにすれば良いにょろ。
 『ある日、息子たちは大きな桃を持ってきました。桃を割ってみると可愛い子供が出てきました』
 こうすれば新しい家族が増える形になって、自然になるにょろ。






25 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/04/30(水) 21:20:56.87 ID:1mRVBO9F0

           ____   
         //   \\  
 .      /( ●)  (●)\      
      / ::::::⌒(__人__)⌒::::: \  
     |        ̄      |
      \              /
     ノ            \
   /´               ヽ                 カ
  |    l   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l   カ    タ
  ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.     タ
   ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))
      ┌┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐
   ,. - ''"| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ρ ̄`l
 でも家族に新しい人が入るというのは案外上手くいかないものなんだお。
 きっと桃太郎は血の繋がりもない桃太郎には冷たいんだお。
 『おじいさん一家は突然住むことになった桃太郎のことで困り果てました
  おばあさんは「小さいうちに山に捨ててきましょう」と提案しました。
  稼ぎ手の息子たちに迷惑をかけられないおじいさんは、おばあさんの提案を飲みました。
  そしてある日、息子は桃太郎を山奥に連れて置き去りにしました。
  そして桃太郎は野犬に襲われ、死んでしまいました。  めでたしめでたし。』






33 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/04/30(水) 21:29:08.48 ID:1mRVBO9F0
 ごめんなさい、訂正します。
 (訂正)きっとおばあさんは血の繋がりもない桃太郎には冷たいんだお。






26 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/04/30(水) 21:22:02.01 ID:1mRVBO9F0
        ____
      /_ノ   ヽ_\
    /( >)  (<)\
   /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
   |     |r┬-/      |
   \     ` ̄'´     /
 うん、現実的だお♪



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)
 . |     (__人__)  
   |  U  ` ⌒´ノ   
 .  |         }
 .  ヽ        }
    ヽ     ノ        \
    /    く  \        \
    |     \   \         \
     |    |ヽ、二⌒)、          \
 これ、ちょっと現実的過ぎてこえーだろ・・・・。






29 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/04/30(水) 21:25:06.70 ID:1mRVBO9F0
             ___
        /      \
       /ノ  \   u. \ !?
     / (●)  (●)    \
     |   (__人__)    u.   |
      \ u.` ⌒´      /
     ノ           \
   /´               ヽ
 う~ん、でも見ず知らずの子供をタダで置いとくほど母親と言うのは甘くないお。
 血の繋がった息子が居たら、そっちを優先するのは現実的だと思うお。




    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)
 . |     (__人__)  
   |  U  ` ⌒´ノ   
 .  |         }
 .  ヽ        }
    ヽ     ノ        \
    /    く  \        \
    |     \   \         \
     |    |ヽ、二⌒)、          \
 いや、そうだけどさ。
 コレだったら、桃太郎が単なるごくつぶしみたいな扱いじゃねえか。
 死んだら話にならないし、何とかしようぜ。





32 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/04/30(水) 21:27:29.65 ID:1mRVBO9F0
           , '´ ̄ ̄` ー-、
         /   〃" `ヽ、 \
        / /  ハ/     \ハヘ
        |i │ l |リ⌒     ⌒}_}ハ
         |i | 从 ●    ● l小N
        |i (|ミ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ   ミ
        | i⌒ヽ j   (_.ノ   ノi|__/⌒)
        | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/.
        | ∧ 人l||l,三|:::::/l| |l||l 从
        |  l ( ⌒ ):::V::/ | ( ⌒ )
 とりあえず、おじいさんとおばあさんだけでいいにょろ。
 どうせ桃太郎が息子になるんだから、話の最初に子供は要らないにょろ。



    /      \
   /  ─    ─\
 /    (●)  (●) \
 |       (__人__)    |
 /     ∩ノ ⊃  /
 (  \ / _ノ |  |
 .\ “  /__|  |
   \ /___ /
 そういえばそうだったお。
 じゃあ、おじいさんとおばあさんが住んでいた設定で話を作るお。






35 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/04/30(水) 21:31:22.96 ID:1mRVBO9F0
           ____
        / \  /\ 
 .     / (ー)  (ー)\
     /   ⌒(__人__)⌒ \
     |      |r┬-|    |
      \     `ー'´   /
     ノ            \
   /´               ヽ
  |    l              \
  ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
   ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))
 これでどうかお?
 『むかしむかしあるところにおじいさんとおばあさんが住んでいました。
  おじいさんは川に洗濯に、おばあさんは山へ芝刈りに行きました』




    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)
 . |     (__人__)  
   |  U  ` ⌒´ノ   
 .  |         }
 .  ヽ        }
    ヽ     ノ        \
    /    く  \        \
    |     \   \         \
     |    |ヽ、二⌒)、          \
 おい、行く場所それぞれ違ってねえか?






37 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/04/30(水) 21:35:04.40 ID:1mRVBO9F0
       ____
     /_ノ   ヽ_\
    /( ●) ( ●)\
  / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |        ̄      |
  \              /
 思い出したんだけど、男女共同参画社会とか言うとこのオバサンたちが
 『昔話も男女平等であるべきです』とか言って、桃子とか言う本を持ってきたんだお。
 男女平等は大切だから、いちおう男女逆にしてみたんだお。



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)
 . |     (__人__)  
   |  U  ` ⌒´ノ   
 .  |         }
 .  ヽ        }
    ヽ     ノ        \
    /    く  \        \
    |     \   \         \
     |    |ヽ、二⌒)、          \
 でも芝刈りって焚き木や薪を取りに行くんだぞ。
 婆さんにさせるのは無理があるだろ常識的に考えて。






44 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/04/30(水) 21:47:04.97 ID:1mRVBO9F0
          ____
        /      \
       /  ─    ─\
     /    (●)  (●) \
     |       (__人__)    |
      \      ` ⌒´   /
     ノ           \
 たしかに芝刈りみたいな重労働は婆さんには過酷だお。リアルに考えるとこうなるお。
 『おばあさんは芝刈りに行き、薪(まき)をたくさん採りました。
  しかし、薪をカゴ一杯に入れた重さでおばあさんの腰は負担に耐え切れず
  おばあさんは急性椎間板ヘルニアになってしまいました。
  歩けなくなったおばあさんは山で遭難し、夜になって野犬に襲われて死んでしまいました』

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)
 . |     (__人__)     
   |     ` ⌒´ノ
 .  |         }  ミ        ピコッ
 .  ヽ        } ミ  /\  ,☆____
    ヽ     ノ    \  \ /     \
    /    く  \.  /\/ ─    ─ \
    |     `ー一⌒)  /   (●)  (●)  \
     |    i´ ̄ ̄ ̄ \ |      (__人__)     |
                \_   ` ⌒´    /
                 /          \
 お前も無理があると思うなら、男女共同参画社会の言うことなんてほっとけ。







45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 21:47:37.02 ID:9wbkjO0q0
どうしても野犬に襲わせたいんだなww







50 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/04/30(水) 21:51:11.79 ID:1mRVBO9F0
           , '´ ̄ ̄` ー-、
         /   〃" `ヽ、 \
        / /  ハ/     \ハヘ
        |i │ l |リ⌒     ⌒}_}ハ
         |i | 从 ●    ● l小N
        |i (|ミ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ   ミ
        | i⌒ヽ j   (_.ノ   ノi|__/⌒)
        | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/.
        | ∧ 人l||l,三|:::::/l| |l||l 从
        |  l ( ⌒ ):::V::/ | ( ⌒ )
 やっぱりスタートは普通でいいにょろ。
 おじいさんとおばあさんが住んでいて、爺さんは芝刈り、婆さんは洗濯にょろ。



    / ̄ ̄\
  / ノ  \ \
  |  (●)(●) |
 . |  (__人__)  |   
   |   ` ⌒´  ノ
 .  |         }
 .  ヽ        }
    ヽ     ノ        \
    /    く  \        \
    |     \   \         \
     |    |ヽ、二⌒)、          \
 まあ、コレが現実的だろ?
 常識的に考えて。






52 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/04/30(水) 21:55:41.83 ID:1mRVBO9F0
           ____   
         //   \\  
 .      /( ●)  (●)\      
      / ::::::⌒(__人__)⌒::::: \  
     |        ̄      |
      \              /
     ノ            \
   /´               ヽ                 カ
  |    l   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l   カ    タ
  ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.     タ
   ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))
      ┌┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐
   ,. - ''"| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ρ ̄`l
 じゃあ、話の続きをつくるお。
 『おばあさんは川に洗濯に行き洗濯をしていると、川から何か流れてきました。
  老眼鏡をかけて確かめると、それは桃の破片と血まみれの赤ん坊でした』

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)
 . |     (__人__)  
   |  U  ` ⌒´ノ   
 .  |         }
 .  ヽ        }
    ヽ     ノ        \
    /    く  \        \
    |     \   \         \
     |    |ヽ、二⌒)、          \
 おい!おい!ちょっと待て!!
 何でいきなり桃太郎が瀕死の重体なんだよ?!






58 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/04/30(水) 22:02:06.12 ID:1mRVBO9F0
                    
         / ̄ ̄\      
       /       \       ____
       |::::::        |   /      \
      . |:::::::::::     |  / ⌒   ⌒  \  
        |::::::::::::::    |/  (●) (●)   \ 
      .  |::::::::::::::    } |    (__人__)     |  
      .  ヽ::::::::::::::    } \   ` ⌒´     _/ 
         ヽ::::::::::  ノ   |           \  
         /:::::::::::: く    | |         |  |
 -―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――
 やる夫:川の上流は岩や滝だらけだから、滝から落ちて桃が大破して桃太郎は瀕死の重体なんだお。


       / ̄ ̄\
     /ノ( _ノ  \   いいから殺すなよ!
     | ⌒(( ●)(●)  桃太郎が死んだら始まらねえんだよ!
     .|     (__人__) /⌒l
      |     ` ⌒´ノ |`'''| 
     / ⌒ヽ     }  |  |            ____    ぐぇあ
    /  へ  \   }__/ /           /─  ―\   
  / / |      ノ   ノ           /●))  ((●\ . ’, ・
 ( _ ノ    |      \´       _   /    (__人__)’,∴\ ,  ’ 
        |       \_,, -‐ ''"   ̄ ゙̄''―---└'´ ̄`ヽ/  > て 
        .|                        __ ノ /  (
        ヽ           _,, -‐ ''" ̄ヽ、 ̄ `ー'´  /  r'" ̄
          \       , '´          /       .| 
           \     (           /       |
             \    \        /         |






59 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/04/30(水) 22:07:57.67 ID:1mRVBO9F0
             ___
        /      \
       /ノ  \   u. \ 
     / (●)  (●)    \
     |   (__人__)    u.   |
      \ u.` ⌒´      /
     ノ           \
 う~ん、じゃあ桃が無事に流れ着いたとして話を続けるお。
 『おばあさんが川で洗濯をしていると、どんぶらこ~と大きな桃が流れてきました。
  おばあさんは大きな桃を持って帰ろうと桃をつかみますが、ご老体で持ち上げられる
  サイズではありませんでした。 おばあさんは足をとられて川岸から離れてしまい、
  そのまま桃にしがみついたまま、下流に流れていきました』



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)
 . |     (__人__)  
   |  U  ` ⌒´ノ   
 .  |         }
 .  ヽ        }
    ヽ     ノ        \
    /    く  \        \
    |     \   \         \
     |    |ヽ、二⌒)、          \
 おい、それで話し終っちまうじゃねえか。






61 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/04/30(水) 22:10:28.24 ID:1mRVBO9F0
             ___
        /      \
       /ノ  \   u. \ 
     / (●)  (●)    \
     |   (__人__)    u.   |
      \ u.` ⌒´      /
     ノ           \
 だって妊婦でも子供が大きくなったら体重は10キロは増えるんだお。
 あの持ちにくい形の桃が10キロもあるんだったら、お婆さんは持てるはずが無いお。



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)
 . |     (__人__)  
   |  U  ` ⌒´ノ   
 .  |         }
 .  ヽ        }
    ヽ     ノ        \
    /    く  \        \
    |     \   \         \
     |    |ヽ、二⌒)、          \
 おばあさんがジャガー横田ってことにして、とりあえず家に持って行かせろよ。
 家に持っていかないと話にならねえんだから。






65 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/04/30(水) 22:18:10.43 ID:1mRVBO9F0
          ____
        /      \
       /  ─    ─\
     /    (●)  (●) \
     | U     (__人__)    | ________
      \      ` ⌒´   ,/ .| |          |
     ノ           \ | |          |
   /´                 | |          |
  |    l                | |          |
  ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、   | |_________|
   ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニ- ̄   | |  |
 う~ん、じゃあ桃を家に持ち帰ったということにして、話を続けるお。
 『おばあさんは雄たけびを上げて桃を持ち上げ、家に持ち帰りました。
  その夜、おじいさんと一緒に桃を切ってみると、
  桃には脳天から真っ二つに切られた赤ちゃんが入っていました。
  おじいさんは責任を感じて多摩警察署に自首。その後、執行猶予が付きました。』

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)
 . |     (__人__)  
   |  U  ` ⌒´ノ   
 .  |         }
 .  ヽ        }
    ヽ     ノ        \
    /    く  \        \
    |     \   \         \
     |    |ヽ、二⌒)、          \
 う~ん、桃の中に子供が入っているなんて思わないからな・・・。
 桃は先っちょから包丁で切るのは普通だし、何とかならねえかな・・。






68 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/04/30(水) 22:27:35.34 ID:1mRVBO9F0
             ___
        /      \
       /ノ  \   u. \ !?
     / (●)  (●)    \
     |   (__人__)    u.   |
      \ u.` ⌒´      /
     ノ           \
   /´               ヽ
  |    l              \
 う~ん、じゃあいっそのこと桃から勝手に出てきたということにするお。
 『おじいさんとおばあさんが桃を切って食べようとすると、桃を中から食い破って
  小さな赤ちゃんが顔を出しました。あまりにグロテスクだったので、お爺さんとお婆さんは
  赤ちゃんが出てくる前に黒いゴミ袋に包んで川に捨てました。』



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)
 . |     (__人__)  
   |  U  ` ⌒´ノ   
 .  |         }
 .  ヽ        }
    ヽ     ノ        \
    /    く  \        \
    |     \   \         \
     |    |ヽ、二⌒)、          \
 う~ん、確かに歯も無い赤ん坊が桃を食い破って顔を出したらグロテスクだもんな・・。






69 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/04/30(水) 22:30:50.07 ID:1mRVBO9F0
                \  __  /
                _ (m) _ピコーン
                   |ミ|
                /  .`´  \
              -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
              / /" `ヽ ヽ  \
          //, '/     ヽハ  、 ヽ
          〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
          レ!小l●    ● 从 |、i|
           ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
         /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
       \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
 .        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
        `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |
 良いことを考えたにょろ。赤ちゃんは誰も居ないときに出て来たことにするにょろ。
 たとえばお婆さんが台所でご飯を炊いて、おじいさんの帰りを待っているときに
 生まれたことにすれば何の問題も無いにょろ。


    /      \
   /  ─    ─\
 /    (●)  (●) \
 |       (__人__)    |
 /     ∩ノ ⊃  /
 (  \ / _ノ |  |
 .\ “  /__|  |
   \ /___ /
 なるほど、そうすればグロテスクシーンを出してR15指定になることなく話が進められるお。






72 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/04/30(水) 22:36:48.63 ID:1mRVBO9F0
      ____
    /      \
   /  ─    ─\
 /    (●)  (●) \
 |       (__人__)    |
 /     ∩ノ ⊃  /
 (  \ / _ノ |  |
 .\ “  /__|  |
   \ /___ /
 話を続けるお。
 『お爺さんとお婆さんは桃から生まれたことで桃太郎と名づけ、とても可愛がりました。
  ある日、桃太郎は言いました。
  「お爺さん、お婆さん、私はこれから山口組に行って暴力団を退治してきます」』



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)
 . |     (__人__)  
   |  U  ` ⌒´ノ   
 .  |         }
 .  ヽ        }
    ヽ     ノ        \
    /    く  \        \
    |     \   \         \
     |    |ヽ、二⌒)、          \
 おいおいおい!
 鬼を退治に行くんじゃねーのかよ!!






77 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/04/30(水) 22:40:16.22 ID:1mRVBO9F0
             ___
        /      \
       /ノ  \   u. \ 
     / (●)  (●)    \
     |   (__人__)    u.   |
      \ u.` ⌒´      /
     ノ           \
   /´               ヽ
  |    l              \
 いまどきの子供は鬼なんて信じないお。
 そもそも赤鬼って体中が赤い発疹だらけになる天然痘患者の象徴なんだお?
 病人を退治しに行っちゃマズイお。



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)
 . |     (__人__)  
   |  U  ` ⌒´ノ   
 .  |         }
 .  ヽ        }
    ヽ     ノ        \
    /    く  \        \
    |     \   \         \
     |    |ヽ、二⌒)、          \
 その前に一発で殺されちまうじゃねーか。
 子供に暴力団退治なんて無理なんだから、鬼ってことにしとけよ。






79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/30(水) 22:45:23.32 ID:jw5U3S+c0
この調子で普通の桃太郎になる予感






80 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/04/30(水) 22:45:52.17 ID:1mRVBO9F0
      ____
    /      \
   /  ─    ─\
 /    (●)  (●) \
 |       (__人__)    |
 /     ∩ノ ⊃  /
 (  \ / _ノ |  |
 .\ “  /__|  |
   \ /___ /
 じゃあ鬼退治と言うことにするお。
 『お爺さんとお婆さんは、旅に出る桃太郎に「これを持って行きなさい」と言い
  桃太郎に変なアンテナが付いたヘッドギアを渡しました。』


    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)
 . |     (__人__)  
   |  U  ` ⌒´ノ   
 .  |         }
 .  ヽ        }
    ヽ     ノ        \
    /    く  \        \
    |     \   \         \
     |    |ヽ、二⌒)、          \
 おい。ヘッドギアとか怖すぎるから。止めとけ。






82 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/04/30(水) 22:49:20.44 ID:1mRVBO9F0
             ___
        /      \
       /ノ  \   u. \ 
     / (●)  (●)    \
     |   (__人__)    u.   |
      \ u.` ⌒´      /
     ノ           \
   /´               ヽ
 そんなこと言っても、食べただけで主人の言いなりになるきび団子の方が怖いお。
 犬、サル、キジが食べただけで桃太郎に洗脳されて鬼と戦う姿は不気味だお。



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)
 . |     (__人__)  
   |  U  ` ⌒´ノ   
 .  |         }
 .  ヽ        }
    ヽ     ノ        \
    /    く  \        \
    |     \   \         \
     |    |ヽ、二⌒)、          \
 確かにはるかに大きな鬼に立ち向かう犬やサルって時点で異常だし、
 きび団子の薬効で目がイってそうだからな・・・。






85 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/04/30(水) 22:55:53.97 ID:1mRVBO9F0
             ___
        /      \
       /ノ  \   u. \ 
     / (●)  (●)    \
     |   (__人__)    u.   |
      \ u.` ⌒´      /
     ノ           \
   /´               ヽ
 そもそも鬼相手に子供、犬、サル、キジで対抗できるのかお?
 鬼って虎のパンツ履いたザンギエフが鉄パイプ振り回してるような鋼の肉体の怖いオッサンだお。
 いったいどうやって戦ったと書いているんだお?



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)
 . |     (__人__)  
   |  U  ` ⌒´ノ   
 .  |         }
 .  ヽ        }
    ヽ     ノ        \
    /    く  \        \
    |     \   \         \
     |    |ヽ、二⌒)、          \
 ええっと・・・
 『犬は鬼の足に噛み付いて、サルは鬼の顔を引っ掻き、キジは鬼の目をつついて倒しました』
 って書いてあるな・・。






90 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/04/30(水) 22:59:34.00 ID:1mRVBO9F0
         ノ L____
        ⌒ \ / \
       / (○) (○)\
      /    (__人__)   \
      |       |::::::|     |
      \       l;;;;;;l    /l!| !
      /     `ー'    \ |i
    /          ヽ !l ヽi
    (   丶- 、       しE |そ  
     `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
                レY^V^ヽl
 無理に決まってるお!!
 犬とサルは首を捕まれて頭から地面に叩きつけられて即死、
 キジは頭と体を捕まれて首から引きちぎられてバラバラにされて即死、
 そのあと桃太郎はスクリューハメを食らって反撃する間も無く殺されちゃうお!!



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)
 . |     (__人__)  
   |  U  ` ⌒´ノ   
 .  |         }
 .  ヽ        }
    ヽ     ノ        \
    /    く  \        \
    |     \   \         \
     |    |ヽ、二⌒)、          \
 う~ん、常識的に考えれば勝てる相手じゃねえよな・・。






93 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/04/30(水) 23:06:50.38 ID:1mRVBO9F0
           , '´ ̄ ̄` ー-、
         /   〃" `ヽ、 \
        / /  ハ/     \ハヘ
        |i │ l |リ⌒     ⌒}_}ハ
         |i | 从 ●    ● l小N
        |i (|ミ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ   ミ
        | i⌒ヽ j   (_.ノ   ノi|__/⌒)
        | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/.
        | ∧ 人l||l,三|:::::/l| |l||l 从
        |  l ( ⌒ ):::V::/ | ( ⌒ )
 男女共同参画社会が置いていった『桃子』って本だとこんなことが書いてあるにょろ。
 『桃子は鬼の奥さんを懐柔して交渉人にして、桃子は話し合いで鬼から宝を分けてもらいました』
 コレなら何とかつじつまが合うにょろ。






95 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/04/30(水) 23:10:25.92 ID:1mRVBO9F0
      ____
    /      \ ( ;;;;(
   /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
 /    (─)  (─ /;;/
 |       (__人__) l;;,´
 /      ∩ ノ)━・'/
 (  \ / _ノ´.|  |
 .\  "  /__|  |
   \ /___
 そうなると『何で見ず知らずの桃太郎に宝を分けないといけないのか』って鬼が怒るお。
 鬼たちが桃太郎に宝を分け与える義務を証明しないと話しにならないと思うお。



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)
 . |     (__人__)  
   |  U  ` ⌒´ノ   
 .  |         }
 .  ヽ        }
    ヽ     ノ        \
    /    く  \        \
    |     \   \         \
     |    |ヽ、二⌒)、          \
 そもそも鬼の奥さんが交渉人なんか引き受けないと思うぞ。常識的に考えて・・。






102 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/04/30(水) 23:17:37.70 ID:1mRVBO9F0
              -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
              / /" `ヽ ヽ  \
          //, '/     ヽハ  、 ヽ
          〃 {_{       リ| l.│ i|  
          レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|  
           ヽ|l ●   ●  | .|ノ│ 
             |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.  
           | /⌒l,、 __, イァト |/ | 
 .          | /  /::|三/:://  ヽ |
           | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |
 う~ん、それだったら鬼が島にお爺さんの子供がさらわれていると言う設定にするにょろ。



              (ヽ三/) ))
          __  ( i)))
         /⌒  ⌒\ \
       /( ●)  (●)\ )
     ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
     |    (⌒)|r┬-|     |
     ,┌、-、!.~〈`ー´/   _/
     | | | |  __ヽ、   /
     レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
     `ー---‐一' ̄
 おお、そうすれば退治に行く理由も出来るし、戦うことを正当化できるお!






106 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/04/30(水) 23:22:35.05 ID:1mRVBO9F0
             ___
        /      \
       /ノ  \   u. \ 
     / (●)  (●)    \
     |   (__人__)    u.   |
      \ u.` ⌒´      /
     ノ           \
   /´               ヽ
 問題はどうやって鉄パイプを振り回すザンギエフを倒すかだお。
 鬼が島って言うくらいだからザンギエフが集団生活している可能性は高いし
 生身で立ち向かって勝てる相手じゃないお。



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)
 . |     (__人__)  
   |  U  ` ⌒´ノ   
 .  |         }
 .  ヽ        }
    ヽ     ノ        \
    /    く  \        \
    |     \   \         \
     |    |ヽ、二⌒)、          \
 う~ん、そうだな。それが問題だ。






109 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/04/30(水) 23:26:36.69 ID:1mRVBO9F0
             ___
        /      \
       /ノ  \   u. \ 
     / (●)  (●)    \
     |   (__人__)    u.   |
      \ u.` ⌒´      /
     ノ           \
   /´               ヽ
 やらない夫、本当にこの1人と2匹と1羽で戦って勝てるはずが無いんだお。
 こうなったら助っ人を付けてみようと思うんだけどどうだお?



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)
 . |     (__人__)  
   |  U  ` ⌒´ノ   
 .  |         }
 .  ヽ        }
    ヽ     ノ        \
    /    く  \        \
    |     \   \         \
     |    |ヽ、二⌒)、          \
 しょうがねえよな・・・。まともに戦って勝てるわけがねえんだし・・。






111 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/04/30(水) 23:30:44.81 ID:1mRVBO9F0
             ___
        /      \
       /ノ  \   u. \ 
     / (●)  (●)    \
     |   (__人__)    u.   |
      \ u.` ⌒´      /
     ノ           \
   /´               ヽ
 一応、助っ人になりそうなのはいるんだけど、こんなのはどうかお?
 ゴニョゴニョゴニョ・・・・




    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)
 . |     (__人__)  
   |  U  ` ⌒´ノ   
 .  |         }
 .  ヽ        }
    ヽ     ノ        \
    /    く  \        \
    |     \   \         \
     |    |ヽ、二⌒)、          \
 ゴニョゴニョゴニョゴニョ・・・・。
 うん、やっぱりコレが常識だよな。






113 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/04/30(水) 23:35:21.06 ID:1mRVBO9F0

              (ヽ三/) ))
          __  ( i)))
         /⌒  ⌒\ \
       /( ●)  (●)\ )
     ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
     |    (⌒)|r┬-|     |
     ,┌、-、!.~〈`ー´/   _/
     | | | |  __ヽ、   /
     レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
     `ー---‐一' ̄
 じゃあ、ゴニョゴニョゴニョと共に鬼を倒して、おじいさんの子供を連れ戻す、と言うストーリーにするお!
 さっそく政策に取り掛かるから、やらない夫は残業よろしくだお!




    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)
 . |     (__人__)  
   |  U  ` ⌒´ノ   
 .  |         }
 .  ヽ        }
    ヽ     ノ        \
    /    く  \        \
    |     \   \         \
     |    |ヽ、二⌒)、          \
 わかった。
 もうやってみるしかねえ!






116 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/04/30(水) 23:37:26.56 ID:1mRVBO9F0
         ___|二ニー-、、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
         /rヽ三三三三三─‐-- 、;:;:;:;:;:;:;是;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
         ',i ,-三三三三三、   _,.ニ、ー-、!;: -‐二 ̄彡′
         ',、、ヾ三三'" ̄ ̄   `ー‐"    ヾ-'"  .〉′
         ヽ ヽヾ三,'    :::..,. -‐- 、     _,,..-‐、、,'
          `ー',ミミ     ::.弋ラ''ー、   i'"ィ'之フ l′
          /:l lミミ     ::::.. 二フ´   l ヽ、.ノ ,'
       ,.-‐フ:::::| |,ミ             l      /
      /r‐'":::::::::| |ヾ        /__.   l    /
  _,. -‐"i .|::::::::::::::::::',.',. \        ⌒ヽ、,ノ   /ヽ,_
 "    l ヽ:::::::::::::::::ヽヽ. \   _,_,.、〃  /l |  `゙'ー-、、
      ',\\:::::::::::::::ヽ\  \  、. ̄⌒" ̄/:::::| |      `ヽ、
      \\\;::::::::::::\\  `、.__  ̄´ ̄/::::::::::l |         \
        ヽ \`ー-、::::::ヽ ヽ    ̄フフ::::::::::::::ノ ./          `ヽ、
           `ー-二'‐┴┴、__/‐'‐´二ー'".ノ
                ̄`ー─--─‐''"
 こうしてやる夫たちは新しいもの太郎の政策に取り掛かり『新桃太郎伝説』と名づけたでおじゃる。
 そして1ヵ月後、新桃太郎伝説は幼稚園の父兄らを前に公開されたでおじゃる。




117 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/04/30(水) 23:39:08.16 ID:1mRVBO9F0
>>116
 誤字しまくりスマソ。
 訂正『新しい桃太郎の製作に取り掛かり』






120 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/04/30(水) 23:42:13.93 ID:1mRVBO9F0
公開当日 
 ざわ・・・ざわ・・・・

              (ヽ三/) ))
          __  ( i)))
         /⌒  ⌒\ \
       /( ●)  (●)\ )
     ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
     |    (⌒)|r┬-|     |
     ,┌、-、!.~〈`ー´/   _/
     | | | |  __ヽ、   /
     レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
     `ー---‐一' ̄
 それでは新桃太郎伝説を公開いたしますお!

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)
 . |     (__人__)  
   |  U  ` ⌒´ノ   
 .  |         }
 .  ヽ        }
    ヽ     ノ        \
    /    く  \        \
    |     \   \         \
     |    |ヽ、二⌒)、          \
 こっちは準備OKだ。
 始まり、始まり~。






121 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/04/30(水) 23:44:53.31 ID:1mRVBO9F0
 『むか~しむかし、あるところに、お爺さんとお婆さんが住んでいました』

            ,,,,,,,,,,_
          ,ィヾヾヾヾシiミ、
         rミ゙``       ミミ、
         {i       ミミミl
         i゙i ,,,ノ 、,,-=、 ミミミ!
         {_i=・}-{_=・`} ̄レゥ:}
            l ̄,,,,_,゙ ̄` :::ン   
          |/ _;__,、ヽ..::/l
          ヽ.~ニ~ ' .::::ノ/ }\_
        _,,.-‐' `ー '"::/ /  |   ̄`''ー-、
     r‐''"   ./  i\/  /    |     / ヽ
             お爺さん


            _
       _,,-―''   ヽ、
      /     ヾ   ヽ、
    /      彡ノヽ    ヽ
    /  ,,ノ-~  ̄  ヽ     |
    |  / へ , 、 ノヾ \ミ  ノ 
    /彡| ノ   ヽ    |   )
    ヽ .|   、_っ      |  ノ  
    `-|  /  _  ヽ   |_ノ  
       .|  ノ`-´\   |   
      ヽ'  ⌒  丶 丿
        ,ー - ― '、
      /|ヽ___ノ|ヽ、
       お婆さん






124 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/04/30(水) 23:49:28.01 ID:1mRVBO9F0
 『お爺さんとお婆さんには可愛い娘が居ました。
  しかし、ある日突然3人の前に鬼が現れました。
  鬼は娘を捕まえて、同行していた鬼の親分がこう言いました』


    ,rn
   r「l l h.                / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   | 、. !j                |
   ゝ .f         _      |  いい体した娘ニダ。
   |  |       ,r'⌒  ⌒ヽ、.  │  この娘はウリがいただいて行くニダ。
   ,」  L_     f ,,r' ̄ ̄ヾ. ヽ. │  ホルホル。
  ヾー‐' |     ゞ‐=H:=‐fー)r、)  |
   |   じ、     ゙iー'・・ー' i.トソ   |
   \    \.     l ; r==i; ,; |'  .人_
    \   ノリ^ー->==__,..-‐ヘ___
      \  ノ ハヽ  |_/oヽ__/     /\
       \  /    /        /  |.
         y'    /o     O  ,l    |

 『こう言って、鬼の親分は娘を海の向こうの半島に連れ去っていきました。』






129 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/04/30(水) 23:54:23.40 ID:1mRVBO9F0
 『お爺さんとお婆さんは可愛い娘を連れ去られて警察に駆け込みました。
 しかしこのことを警察に伝えても相手にしてくれません。』

      ,,.:::::::::::___,,,,,...myヽ
     r:::::;;-'''     ヾ:::ヽ
     |:::|      ____ <::|
     ト::| ,..-= v,,r=ニ;ヽ_'ih
     {.1'{ -''" ノ ヽ___,j Y
      'i|  '--イ,,__,入 . . : :}
      ヽ : :',,..-── :  !_
       >、  ' ' ' '  .,/. " -
   _,,..-.''"  i\,, ; ; =;- イ|
         | >-< /
 「あの半島に連れて行かれたら警察の管轄外だからね」

 『警察ではどうにもならないということを知ったお爺さんとお婆さんは困り果てました。』






131 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/04/30(水) 23:59:46.98 ID:1mRVBO9F0
 『困り果てたお爺さんとお婆さんは、いつも世話になっている地主さんに相談に行きました。
  「地主さま、うちの娘を助けてやってくんろ」と土下座をしてお願いしました。』


      , -―‐― ―-、
    /::::,''''~~~~~~~''''ミ:\
     |:::彡         ミヽ
 .   i::彡___  ___ミ::i    『アイヤー
    γ={l ,-o-l}ニ{l-o-、i}ミノ    鬼は過去の植民地試合を恨んでのことだから
     i 9 ヽ__ノ  ヽ_ノ |)    チョッパリの言うことなんて聞かないアルヨ。
    `i   ノ`'^ー^'ヽ   i    それともお前らは過去の補償をするアルカ?
      |::  ゝーニニニ-''  /
     )ヽ 、       ,ィ'
 ,,,-―-'::ヽ\`ー---‐'~イ-、_
 ::::::::::::::::::::\ ~ヽ、_/ i:::::::::::`ー
 :::::::::::::::::::::::::ヽメ:::>、|:::::::::::::::::
 ::::::::::::::::::::::::::::i >-ヽ i::::::::::::::::::

 『地主さまはお爺さんとお婆さんに過去の補償と謝罪を求めてきました。
  しかし貧乏な老夫婦の家に保証金を払う財産などありませんでした。』






137 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/05/01(木) 00:06:43.51 ID:ikZOuD490
 『もう子供は帰ってこないと自分たちに言い聞かせ、お爺さんとお婆さんは慎ましく暮らしました。
  しかしある日、お爺さんがインターネットを見ていると
  新しい殿様が決まっていました。』



    ,;;《iiミミミミii巛ミミ彡ミミ;;,,
   彡ミミミミミミ巛三三ミミミミ;,,
   巛ミミ《《《llll;;|ミミミ《彡彡彡ミミ》ミ
   巛ミ《llli/⌒` '" `゙゙ヾ三》巛彡ミ
   ミ巛llノ    ─    ミ》》》ミミヾ
   ヾミi/  ー   '_,,,,,,  ゞ》》》彡ミ
   彡/,-一ヾ ,i / _  `  ミ)))ミミ彡
   川|  ,.。- ) /、' °ヽ-  |||))ミミ彡
   彡) ' ノ/ ゝ   ̄    ||lゞ三彡  
   |l||.i^  / ヽ      r |l(.6ノミ  
    ミ(  (ゝ-'ヽ 'ヽ      |ー'彡  
    ヾ|!  ノl  _  ヽ    〉 川ミノ  
      |  r-─一'冫)   ノ |巛ノ 
      `| '  ̄´  ノ ! _,.. '  |彡 ←殿様 
       !,  ,  ' ノ'  i. ヽ|_   
       `-┬ '^     ! / |\  
 「何か困ったことがありましたら、メールをください」


 『お爺さんとお婆さんは藁にもすがる気持ちでキーボードを打ち、
  「半島に連れ去られた娘を助けてください」を言う内容のメールをしました。』






147 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/05/01(木) 00:15:09.52 ID:ikZOuD490
 『ある日、おじいさんの家に殿様がやってきて、おじいさんたちにこう言いました。
  「わかりました。さらわれた娘さんは私が必ず取り戻してみせます」
  力強い殿様の発言に、お爺さんとお婆さんは涙を流して喜びました。
  さらに殿様はお爺さんたちに向かって、こう言いました。』


         , -=-‐~--へ__,,- 、
       <        ヽ   ゝ
        ノ    二、___ゝ,/_/ヘ  |
       |    ヲ          | |  
       |    ┤  ===、 , ==|  |   
      ノ   彳  ―ェ 〈‐ェ〈  ゝ  近々、貴方の元に桃が届くでしょう。
     ゝ、  イ6|ゝ    / \ |‐"    桃が届いたら常温で放置して置いてください。
       く   .^|        - ゝ
        ヒi_,| \l  [ ――.|
         ,,, -/\  \____,|
      ―'|  \  \    |\_
        |   \  \.  / 〉 \ ̄
         |__,\  / ̄〕/ 、/

 『殿様はそういい残して出ていいました。』






148 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/05/01(木) 00:19:43.13 ID:ikZOuD490
 『ある日突然、クロネコヤマトが宅配便を持ってきました。
  殿様から送った桃が届いたのです。
  殿様の言うとおり、桃を常温で放置していると
  中からスーツ姿のオジサンが出てきました。』


         llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
     lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
    llllllllllllllllll llllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
    llllllllllllllll   ' ̄ ̄llllllllllllllllllllllllll
    lllllllllllllll          llllllllllllll
    llllllllllllI,   /  ∥ \   lllllllll
    Illlll,   / /)  (\\   lll
    丶,I /./● I  I ●\\ i'i  お爺さん、お婆さん、私にお任せください。
     I │  // │ │ \_ゝ │ I   娘さんは必ず私が連れ戻して進ぜましょう。
     ヽ I    /│  │ヽ    I/
      │   ノ (___) ヽ  │
      │    I    I     │
       i    ├── ┤   │
       \  /   ̄  ヽ  ,/
         ヽ__     'ノ
               ̄ ̄

 『お爺さんとお婆さんは桃から生まれたことをネタにして、本名も聞かずに桃太郎と名づけました。』






149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/01(木) 00:20:19.96 ID:TstfYm/y0
ヤwwwwマwwwwwトwwwwwww





153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/01(木) 00:26:36.37 ID:y0wN6hXS0
ヤマトwww配達圏内のなかwww






155 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/05/01(木) 00:28:48.93 ID:ikZOuD490
 『桃太郎は半島に向かって旅に出ました。しかしいくら桃太郎と言っても半島の鬼は
  迂闊に手を出しづらい相手でした。そこで桃太郎は考えました。
  「そうだ、団子を分けて仲間になってもらえば鬼と戦えるぞ」
  そう思った桃太郎は仲間を探しに海の向こうに向かいました。


           ,,,,,,,..........,
        ./"´:;;::;;;: ::::;::"ソヽ
        / ,ヘ~-ー'´⌒``ヽ:ヽ
       / ノ 彡:三:三:三:ミ |: \
       | |. __,,;;ィ  t;;;;,,,_ :ヽ |
        | |シ ,ィェィ') (.ィェィ、 ミ| |
       !r、|  ''''''. | | ''''''  Y ) 桃太郎さん、桃太郎さん
       ヽ{ ヽ. (r、 ,n)  /:: };ノ    南に浮かぶきび団子を一つ私にくださいな。
        し}  : 、___二__., ;:::::jJ    もしくださるなら
         !、.:. ´ ..::::... `ノ::::ノ  鬼退治のお手伝いをしましょう。
         _,〉、ゝ '""'ノ/:|
       __,,ィ';;;;ト `ニニ: ::..ノ|ヽ、_
  -ー''''"";;;;;;;;;;;;ヽ \::::::::/ /;;;;;;;;;;;`''ー-、,,,,__
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ   ><  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;"''
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ /|;;;jヽ、/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

 『桃太郎は強力な助っ人になると判断して、南の海に浮かぶきび団子をひとつつまんで分けてあげました。
  「ありがとう、桃太郎さん。鬼退治のお供をさせていただきます!!」
  強力な仲間を得た桃太郎は北へと舵を切りました。』
  






156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/01(木) 00:31:20.78 ID:4plxJzzC0
生々しいわwwww





157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/01(木) 00:31:49.05 ID:19nuvhLb0
もう、桃太郎ってか国と国との戦争だな






160 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/05/01(木) 00:36:34.57 ID:ikZOuD490
 『桃太郎は最大のパートナーの意味をかけて、助っ人に「犬」と呼ぶことにしました。
  そして北へ向かって舟をこいでいると、突然機銃掃射に遭いました』

        ,,,..........,,
     ,,r'':.:.:.:.:,;.;.;ミミ>ェ.、
   ,r';r'- '' ゙"    ヾ:.:ヽ,
 . ,i!'゙        |  !:.:.:.:i
  i!     #   | !:.:.:.:i
  {l         /  ミ:.:.:rヽ  おい、ココから先はオレの縄張りダー!
 . !! ______    ________ヽ ゙!斤ヽ} いい加減に諦めて
   ゙!` =・=`i .i" =・=   /ヒノ/     北のきび団子を半分よこすダー!!
   i.  ̄  | |   ̄   ,r' トー'
   ト.、ノ r  つー、__,ィ  |
    '、 、`''''" ___,.  / / |
    ヽ  ̄ ̄_,,  / /  /ヽ、
     `.、________// /  |`ヽ、
     /|丶、ヽ   /   |::::::ヽ----
   /::::::|  ><     /::::::::::::`、::::::

 『「鬼が島に行くというのに戦っている暇はない」と判断した桃太郎は
  北に浮かぶきび団子の大きいのをふたつ分け与えました
  「わかってくれれば良いんダー。お前の願いを聞いてやるダー。」
  ダーダーうるさいハゲのことを桃太郎は「サル」と呼び、北の大陸に向かいました』






163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/01(木) 00:39:11.48 ID:19nuvhLb0
>>160
 もうタイトルをやる夫で学ぶ世界情勢に変えちゃえよw






164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/01(木) 00:39:46.77 ID:h8i4huWkO
園児泣くってレベルじゃねぇなw





166 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/05/01(木) 00:44:59.34 ID:ikZOuD490
 『半島の入り口にたどり着くと、鬼ヶ島の向こう岸で騒ぐ者が居ました』


              ∠三三ミr三三 、
              ∠三三ミミヾヾヾ三ミヾ
            厶三Yヾ三三ミミ川川三三ミヾ
           ,イ三三彡ゞ三三彡亠亠ミミ三jjヾ、
         刋三三     彡      \三 ミ
         坏三三   _   ー─-‐  ̄ ヽ三㍉
         {彡三三     ゝ二二二>= jl三非
           {彡三彡 ,イ三三>  { <三三 !三ミ
          ㍉三7 彡 '   `ヽ  /    .ヽl三ノ
         r‐-ミ川  {  <.◯> }  ! <◯>} lノ、
         l、 ヽ}彡   ゝ 二__,ノ   l 、二_ノ  |}/  鬼!
          !{ /i彡,  ゝ-‐'´/厶   ヽ    ,|}l  金返せ!!
 _       ヽヽi彡ゞ、 _, --、 `ー‐' ´ !   ミlj   鬼!
   `ヽ、/{ ̄ヽシ´ ̄ ̄ /    }i l!j i }iミヾ  ミ}    金返せ!!
   ___>‐ 、/  ヽ   / ー‐/エエェュヘ川 ミ}
 / , -‐'´`/ ヽ  \    / }こ二二ノ川ミ } j
  /   / ヽ  \  \  , -‐ 、} } i } i ミ
 ./     {   \  \   /    } } i } i i,ノ` -、
 l      `ヽ   \  ヽ /⌒ヽ/i } i彡 ヽ    \
 l        \__ ノ`ー‐' ゝ__,ノソゝゝミ'/|  \    \

 『そう叫ぶヒゲのオヤジに桃太郎は問いかけました。
  「あなたも鬼に酷い目にあったのですか?」
  そう言うと、ヒゲのオヤジは昔の借金を踏み倒されたことを語って泣き崩れました。
  かわいそうに思った桃太郎は一緒に鬼退治をしないかと持ちかけ、仲間にしました。
  ギャーギャーうるさかったので、桃太郎はこのヒゲオヤジに「キジ」と名前をつけて
  半島に向かいました。』






167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/01(木) 00:47:43.03 ID:L+tEuX0m0
カオスwwwww






171 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/05/01(木) 00:50:34.99 ID:ikZOuD490
 『桃太郎一行は鬼が島に到着し、鬼の親分の居る城に乗り込みました。
  「この鬼め、おじいさんの娘を返すんだ!」と桃太郎は鬼の親分に言いました。
  しかし鬼の親分は桃太郎にこう言いました。


    /⌒⌒⌒⌒⌒⌒ ))    |
   (   从    ノ.ノ      |  あの娘はウリと遊んだ末に死んだニダ。
    ( ./  ̄ ̄ ̄ ̄\     |  もう返すことは出来ないニダ。
    |::::::  ヽ     丶.   |  金を渡せばもう娘を襲わないニダ。
    |::::.____、_  _,__)  ∠
   (∂: ̄ ̄| ・ー |=|・ー |   \_________
    (  (   ̄ )・・( ̄ i
    ヘ\   .._. )3( .._丿
  /  \ヽ _二__ノ|\
 /⌒ヽ.   \__/\i/\_|
 |   ヽ       \o \
 |    |          \o \

 『こう言って、次に娘を拉致しないことを条件に金を要求してきました。』






173 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/05/01(木) 00:54:24.10 ID:ikZOuD490
        ,,,..........,,
     ,,r'':.:.:.:.:,;.;.;ミミ>ェ.、
   ,r';r'- '' ゙"    ヾ:.:ヽ,
 . ,i!'゙        |  !:.:.:.:i
  i!         | !:.:.:.:i
  {l    #    /  ミ:.:.:rヽ ブチッ
 . !! ______    ________ヽ ゙!斤ヽ}
   ゙!` =・=`i .i" =・=   /ヒノ/
   i.  ̄  | |   ̄   ,r' トー'
   ト.、ノ r  つー、__,ィ  |
    '、 、`''''" ___,.  / / |
    ヽ  ̄ ̄_,,  / /  /ヽ、
     `.、________// /  |`ヽ、
     /|丶、ヽ   /   |::::::ヽ----
   /::::::|  ><     /::::::::::::`、::::::

 『その言葉を聞いたサルが切れました。
  「ほう、人質が死んだのなら話は早いダー。核ミサイルで一発でけりをつけてやるダー。」
  そう言って鬼の親分を脅しました。』







176 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/05/01(木) 01:00:41.53 ID:ikZOuD490
 『サルが脅すと鬼の親分は慌てて連れ去った娘を連れてきました。
  鬼の親分はおじいさんの娘を監禁していたのです。
  「スイマセンニダ!スイマセンニダ!」
  土下座をする鬼の親分を尻目に、桃太郎は連れ去られた娘を助けました。』


      / ̄ ̄\/ ̄\
     /          \
   /             ヽ
  /      /⌒/ ̄ ̄ヽ  ヾ
  |      /        |   ヽ
  |     /        |    |
  |    /      ,,´⌒ヽ    |
  /    j,,/''"`ヽ  /彳●ゝヽ  \
  丿  丿 彳●ゞヽ|ヽ` ̄´ ) 〉  )
 ノノノ ノ  ゙゙゙  ̄´ノ  \ヽ  丿 | /   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (  (|ヽ `ヽ  Cヽ ))ヽ  // < 桃太郎さん、ありがとうございました。
 (   |\_/ヽ ´`~´`   /|ノ    \____________
  \  \ ヽ\ <´⌒v⌒`フ /
   \  |  \ ヽ ̄ ̄ノ´//
     ̄ ̄\\ \  ̄ ̄/ ノ
         ̄\_____/

 『桃太郎一行は娘を連れて、おじいさんの待つ家へと帰りました。』






178 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/05/01(木) 01:05:18.55 ID:ikZOuD490
 『桃太郎はお爺さんの待つ家へ娘を連れて帰りました。
  桃太郎はお爺さんとお婆さんに助けた方法などを話すとこう言いました』


              ,,,,,,,,,,_
            ,ィヾヾヾヾシiミ、
           rミ゙``       ミミ、
           {i       ミミミl
           i゙i ,,,ノ 、,,-=、 ミミミ!  こんな強引なやり方は危ない。
           {_i=・}-{_=・`} ̄レゥ:}   娘は一旦、鬼の親分に返すべきだ。
              l ̄,,,,_,゙ ̄` :::ン   
            |/ _;__,、ヽ..::/l
            ヽ.~ニ~ ' .::::ノ/ }\_
          _,,.-‐' `ー '"::/ /  |   ̄`''ー-、
       r‐''"   ./  i\/  /    |     / ヽ


 『こう言いはじめ、お婆さんはどこで知ったのか鬼の親分に電話をかけて
  引き取りのお願いを頼み始めました。』






183 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/05/01(木) 01:08:03.59 ID:ikZOuD490
 『お爺さんたちの言葉に呆れ返った一行は娘を放置してそれぞれの家へと帰っていきました。
  お爺さん、お婆さんは満足していたので、桃太郎はとりあえず任務成功ということにしました。
  めでたしめでたし♪』    おしまい。

           ____
        / \  /\ 
 .     / (ー)  (ー)\
     /   ⌒(__人__)⌒ \
     |      |r┬-|    |
      \     `ー'´   /
     ノ            \
   /´               ヽ
  |    l              \
  ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
   ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))        






184 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/05/01(木) 01:10:39.99 ID:ikZOuD490
 ざわざわ・・・
           ___
        /      \
       /ノ  \   u. \ !?
     / (●)  (●)    \
     |   (__人__)    u.   |
      \ u.` ⌒´      /
     ノ           \
   /´               ヽ
  |    l              \
  ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
   ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


 ざわざわ・・・
          ____
        /      \!??
       /  u   ノ  \
     /      u (●)  \
     |         (__人__)|
      \    u   .` ⌒/
     ノ           \
   /´               ヽ
  |    l              \
  ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
   ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))







188 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/05/01(木) 01:13:11.65 ID:ikZOuD490
     γ::::::::::::父兄 ::::::::::ヽ、
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::  ヽ
   γ:::::::::人::::人::人::::人  ヽ
   (:::::::::/ \    / \  )
   \:/  (●)  (●) \ノ    
     |      (__人__)    |   ・・・・・
     \    ` ⌒´     /







191 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/05/01(木) 01:17:14.33 ID:ikZOuD490
     γ::::::::::::父兄 ::::::::::ヽ、
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::  ヽ
   γ:::::::::人::::人::人::::人  ヽ
   (:::::::::/ \    / \  )
   \:/  (●)  (●) \ノ    
     |      (__人__)    |   バカバカしいわ。
     \    ` ⌒´     /    うちの子は他の幼稚園に行かせますから。


          ____
       /::::::─三三─\
     /:::::::: ( ○)三(○)\
     |::::::::::::::::::::(__人__)::::  |  ああ、やっぱり無理だったお・・。
      \:::::::::   |r┬-|  / 
     ノ::::::::::::  `ー'´   \






193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/01(木) 01:18:44.30 ID:RppFvrNN0
\(^0^)/





194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/01(木) 01:19:26.88 ID:LvymzGp60
父兄を意識しすぎたなww






195 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/05/01(木) 01:19:46.67 ID:ikZOuD490
 後日

        ____
      /      \
    /  _ノ  ヽ、_  \  リアルなのって言うからリアルなの作ったのに
   /  o゚⌒   ⌒゚o  \  退園させるなんて酷いお。
   |     (__人__)    |
   \     ` ⌒´     /



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●) まあ、しょうがねえよ。
 . |     (__人__)  言ってくる方が無茶苦茶なんだから。
   |     ` ⌒´ノ   
 .  |         }
 .  ヽ        }
    ヽ     ノ        \
    /    く  \        \
    |     \   \         \
     |    |ヽ、二⌒)、          \






202 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/05/01(木) 01:23:46.40 ID:ikZOuD490

    / ̄ ̄\
  / ノ  \ \
  |  (●)(●) |
 . |  (__人__)  |      とりあえず、この新桃太郎伝説は本にして
   |   ` ⌒´  ノ       幼稚園の中に置いて置こうぜ。
 .  |         }      
 .  ヽ        }
    ヽ     ノ        \
    /    く  \        \
    |     \   \         \
     |    |ヽ、二⌒)、          \


        ____
      /      \
    /  _ノ  ヽ、_  \  ・・・うう、そうするお。
   /  o゚⌒   ⌒゚o  \  
   |     (__人__)    |
   \     ` ⌒´     /






204 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/05/01(木) 01:25:47.15 ID:ikZOuD490
 数日後

             ___
        /      \
       /ノ  \   u. \     あれ?
     / (●)  (●)    \   この前の新桃太郎伝説の本が無くなってるお?
     |   (__人__)    u.   |  やらない夫は知らないかお?
      \ u.` ⌒´      /
     ノ           \



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)   いんや、しらねー。
 . |     (__人__)  
   |     ` ⌒´ノ   
 .  |         }
 .  ヽ        }
    ヽ     ノ        \
    /    く  \        \
    |     \   \         \
     |    |ヽ、二⌒)、          \






211 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/05/01(木) 01:30:22.58 ID:ikZOuD490
 後日後


             / ̄ ̄\
           /   _ノ  \
           |    ( ●)(●)
           |     (__人__)
              |  U  ` ⌒´ノ   やる夫!
               |         }   ちょっとコレ見てみろ!
               ヽ        }
             ヽ、.,__ __ノ
    _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
   /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
  丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
 . i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!


        ____
      /⌒  ⌒\ ホジホジ
    /( ●)  (●)\     ん?
   /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  どうしたんだお?
   |    mj |ー'´      |  
   \  〈__ノ       /    
     ノ  ノ

 やらない夫『いいから、この本読めって!』






213 名前:ゼロウィン◆brUNnJvSqY:2008/05/01(木) 01:33:24.31 ID:ikZOuD490
          ____
       /::::::─三三─\
     /:::::::: ( ○)三(○)\     こ・・・コレは・・。
     |::::::::::::::::::::(__人__)::::  |
      \:::::::::   |r┬-|  / 
     ノ::::::::::::  `ー'´   \

 『新桃太郎伝説   作者・父兄(竹書房)』

          ___
         /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
        /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
      /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
     |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
     \   。≧       三 ==-     盗作されてたお!
         -ァ,        ≧=- 。
           イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
         ≦`Vヾ       ヾ ≧
         。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。


 『やる夫が昔話『桃太郎』を作るようです』 おしまい




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking livedoor Blog Ranking

この記事へのコメント
もしかして消されたのか?
2009/03/15(日) 15:22:36 | No.2141 | コメントがない | #-[ 編集]
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://minaminoxxxsummer.blog49.fc2.com/tb.php/50-0f8e50f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。