戯言ニュース

ほとんどVIPのまとめ。

HeadLine
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀時「曜日で髪型変えんのは俺へのあてつけか何かか?」
374 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 07:07:24.30 ID:7dKzTxYB0
ハルヒ「ねんがんの転校生がやってきたわ!」

銀時「いや唐突すぎねぇか?」

ハルヒ「いいじゃない。展開早くて助かるわ」

みくる「どんな人なんですかぁ?」

ハルヒ「んーっとね、なんとなく無個性ね」

ハルヒ「正直うまくやっていけるか心配だけど」

ハルヒ「転校生だから大丈夫よ!」

みくる「そうですね、転校生ですものね」

ハルヒ みくる「あはははは!」

銀時「何?その超理論」



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ 銀時「曜日で髪型変えんのは俺へのあてつけか何かか?」
375 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 07:11:29.41 ID:7dKzTxYB0
???「あの…もういいしょうか?」

ハルヒ「あ!ごめんごめん、入って!」

古泉「古泉一樹です。よろしくおねがいします」

銀時「無個性」

みくる「無個性」

ハルヒ「ね?無個性でしょ?」

銀時「編集長どうですかね、彼は」

長門「無個性。せめて谷口国木田よりキャラ立てしてくるべき」

みくる「ドンマイです」

古泉「泣いていいですか?」




377 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 07:16:52.22 ID:qS0hdhnjO
みんなヒドスwww



378 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 07:17:13.52 ID:7dKzTxYB0
ハルヒ「まぁどんなに無個性であろうと5人目の仲間に違いないわ!」

銀時「そーだな。どっかのメガネみてーに個性が無いことが個性になるかもしれねーしな」

ハルヒ「そうよ!そしてついに今日からSOS団が正式に認められるのよ!」

みくる「やりましたね!」

長門「グッジョブ」

古泉「……は…はは…」

ハルヒ「じゃあ職員室行って手続きしてくるわよ!銀さん書類!!」

銀時「おし!……え?書類?」

ハルヒ「え?」

銀時 ハルヒ「え?」



380 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 07:20:41.91 ID:7dKzTxYB0
銀時「」チーン


ハルヒ「しょうがないから書類は後でいいわ!ひとまず今日は解散!」

みくる「おつかれさまでした」

ハルヒ「あと、古泉くんは明日までにがんばってキャラ立てしてくること!」

古泉「……はい」


ガチャ、バタムッ!

長門「………」




381 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 07:24:33.39 ID:7dKzTxYB0
銀時「」

長門「起きて」

銀時「」

長門「起きて」

銀時「」

長門「起きろ」

銀時「」

長門「………」スッ

銀時「あーっ気持ちのいい朝だなぁ!!おはよう長門さん!おはよう太陽!」




383 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 07:31:22.54 ID:7dKzTxYB0
長門「読んだ?」

銀時「何が?」

長門「本」

銀時「……っあーハイハイ本!本ね!」

長門「読んだ?」

銀時「ラーメンこぼして捨てた」

長門「………」ヒュッ

銀時「おっと、そう何度も喰らわねーよ」サッ

長門「甘い」ブンッ

銀時「2冊目!?」ガツンッ!



384 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 07:34:19.59 ID:7dKzTxYB0
長門「それ、貸すから」

長門「今日読んで」スタスタスタ

長門「じゃあ」ガチャッ


バタンッ


銀時「…俺、こんな弱かったっけ」




386 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 07:38:45.15 ID:7dKzTxYB0
翌日 文芸部室

ガチャッ

銀時「うーっす」

長門「………読んだ?本…」スッ

銀時「うん、なかなか感動的な本だったな。生きる意味を改めて考えさせられたよ」

長門「それはよかった」ガツンッ

長門「今日読め」

銀時「……なんでバレてんだオイ…」




388 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 07:46:34.30 ID:7dKzTxYB0
午後7時 駅前公園

長門「………」

銀時「よう」

長門「………」

銀時「ったくオメーもこんな回りくどい真似しなくても直接言えばよかったじゃねーか」

銀時「おかげでいらんコブが何個もd」

長門「来て」スタスタスタ

銀時「……おーい」




390 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 07:52:18.32 ID:7dKzTxYB0
銀時「…で、何?このマンション」

長門「私の家」

銀時「え?」

長門「誰もいない。入って」

銀時「いやいやいや!!さすがにこれはダメだろ!!こんな夜に若い男女が2人きりでs」

長門「入れ」

銀時「おじゃまします」




408 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 08:23:26.90 ID:7dKzTxYB0
長門の部屋

銀時「………」

銀時(おいおいおいィィィ!!!ひょっとして俺なんかヤバいことしてんじゃねーの!?)

銀時(さっきまでずっとプラスにしか考えてなかったが…)

銀時(こいつは人の頭を容赦なくハードカバーでぶん殴るような女だぞ!?)

銀時(もしかしたら誰にも見られずに俺を消す気かもしれん…!)

銀時(なんて謝ろう…っていうか謝って許してくれんのかすら怪しいから!!)

銀時(ごめん…軽いか。ソーリー…ダメだ。オブリガード…感謝してどうすんの!)

長門「飲んで」スッ

銀時「ほわぁ!おぉぉオブリガードォォ!!!」

長門「?」



409 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 08:28:35.82 ID:7dKzTxYB0
長門「飲んで」

銀時「………あ、いや…えーっとだな」

長門「?」

銀時「これ、毒とか…入ってない…よね?」

長門「………」

長門「あなたが毒好きだとは知らなかった」

長門「淹れなおしてくる」

銀時「ストップ!長門さんストーップゥ!!!俺が悪かったからァァ!!」




414 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 08:35:41.25 ID:7dKzTxYB0
銀時「………」ズズー

銀時「で、結局俺を呼んだ用ってのはなんだ」

長門「涼宮ハルヒ、それと私について話がある」

銀時「話?そんなもん部室とかでだって良いだろーに」

長門「ダメ。ゼッタイ。」

銀時「麻薬は僕らの体を壊しますってか」

長門「………」スッ

銀時「悪かった。話してくれ」




415 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 08:43:28.42 ID:7dKzTxYB0
長門「涼宮ハルヒや私は普通の人間ではない」

銀時「だろーな。お前らを普通ってんなら古泉は存在すら疑わしいな」

長門「確かに古泉一樹は無個性だけどそうじゃない。根本的に違う」

長門「この銀河を統括する情報統合思念体によって造られた対有機物生命体コンタクト用ヒューマノイド・インターフェース」

長門「それが私」

銀時「え?情報…なんだって?」

長門「この銀河を統括する情報統合思念体によって造られた対有機物生命体コンタクト用ヒューマノイド・インターフェース」

銀時「……もう一回」

長門「この銀河を統括する情報統合思念体によって造られた対有機物生命体コンタクト用ヒューマノイド・インターフェース」

銀時「もう一回」

長門「」スッ

銀時「要するに宇宙人なのな」

長門「そう」




421 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 08:52:00.24 ID:7dKzTxYB0
銀時「つまり要約すると」

銀時「ハルヒは何か特別な存在で」

銀時「長門はハルヒを観察することが目的の宇宙人で」

銀時「俺はなんか知らんがハルヒに選ばれちまった不運な一般人」

銀時「……合ってる?」

長門「おおむね」

銀時「…ずいぶん凝った設定じゃねーの。結構難しかっただろ?」

銀時「だけどな?長門。そういうのは自分の日記帳にでも書いておくのに留めとけ」

銀時「そんでもって数年後とかに読み返してうわああぁぁぁってなれ、な?」

長門「信じて」

銀時「………」ダラダラ




422 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 08:57:56.54 ID:7dKzTxYB0
銀時「……まー…その、な」

銀時「今日はいったん帰るわ」

銀時「お前が本気だってのはわかるんだが…普通は信じられんだろ」

長門「…そう」

銀時「じゃあな」ガチャッ

バタン




429 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 09:09:58.32 ID:7dKzTxYB0
翌日 文芸部室

ハルヒ「第二回!『SOS団定例会議』!!」

長門「………」ドンドンドンパフパフパフ

ハルヒ「さぁ!今日も意見のある人はどんどん挙手しなさい!」

銀時「はい!!」

ハルヒ「はい銀さん!」

銀時「冷蔵庫にあったプリン、まだ固まってなかったろ」

ハルヒ「うん!全部飲んだ!」

ハルヒ「はい次!」

長門「はい」

ハルヒ「有希!」

長門「部室の床に牛乳がこぼれていた。朝比奈みくるから噴出したものと思われる」

みくる「長門さん」ニコッ

長門「私のだった」

銀時「いやそれはおかしい」




431 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 09:11:19.63 ID:qRxp1800O
長門www



433 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 09:13:41.89 ID:3norkeov0
プリン自作かよw



435 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 09:14:12.45 ID:7dKzTxYB0
古泉「はい」

ハルヒ「えーっと…古泉くん!」

古泉「とりあえず髪を染めてみました」

ハルヒ「校則違反ね!次!」

みくる「はい」

ハルヒ「みくるちゃん!」

みくる「な、何で私だけメイド服なんですかぁ…?」

ハルヒ「似合ってるわよ!次!」




436 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 09:16:00.29 ID:pZSekX9UO
wwwww



437 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 09:18:37.30 ID:pZSekX9UO
古泉wwwww



438 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 09:20:03.58 ID:geag3dcc0
古泉がこれだけ輝かないSSは初めてだwwwwwwwww
ある意味一番輝いているがwwwwwwwwww



439 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 09:20:39.30 ID:7dKzTxYB0
〔第二回定例議会結果〕

『・結局なんも活動してなくね?
 ・プリン作りなおしとけよ
 ・乳がヤバい
 ・小泉の存在意義がヤバい
 ・なんか気持ちよくなってきた   』


ハルヒ「ざっとこんなもんね」

小泉「なんか違和感あるんですけど」




441 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 09:26:25.73 ID:IV6J1qZAP
そういう意味かw



443 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 09:31:01.54 ID:7dKzTxYB0
ハルヒ「うーん…なんにせよ活動してないってのは問題ね」

銀時「最後にした活動ってアレじゃん、キャバクラまがいの事しかやってねーじゃん」

長門「もう一度やる?」

みくる「や、やめてくださぁい……」

古泉「…そういえばこの団はいったい何をするところなんですか?」

ハルヒ「何言ってんのよ。宇宙人とかを見つけてふんじばって一緒に遊ぶことでしょ」

銀時「そうだったか?もっとこう…世界をどーのこーのするんじゃなかったか」

ハルヒ「それは最終目標よ。今の所は目先の宇宙人ね」

銀時「いや全然目先じゃねーから。もっと地球から海王星くらいの距離はあるから」

長門「1mちょっと」

ハルヒ「?」




445 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 09:35:47.59 ID:7dKzTxYB0
ハルヒ「よし!わかったわ!」

銀時「何がだ」

ハルヒ「みんながそんなに活動したいならしょうがないわ!」

ハルヒ「明日は土曜日だし、市内探索でもしましょう!」

銀時「おいおい、偶の休日だぞ!?休ませてくれよ」

ハルヒ「馬鹿言わないの!みんなもわかったわね!」

みくる「はぁい」

長門「わかった」

古泉「承知しました」

ハルヒ「じゃ、明日は駅前に9時!時間厳守よ!今日は解散!」




448 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 09:44:00.06 ID:7dKzTxYB0
翌日 駅前8:58

古泉「おはようございます」

銀時「おせーよ」

ハルヒ「じゃ、ビリの古泉くんが今日のオゴりね」

古泉「なん…だと……流れからすると銀さんがビリでしょう普通!」

銀時「俺バイクだしな」

長門「それに流れからすると古泉一樹のオゴりは妥当」

みくる「ゴチになりましゅ」

ハルヒ「ひとまずそこの喫茶店に入りましょうか」




452 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 09:51:48.92 ID:7dKzTxYB0
ハルヒ「今日の市内探索は二手に別れるわ」

長門「………」ガツガツガツ

ハルヒ「このクジを引いて2:3に別れてね」

銀時「………」モグモグモグ

ハルヒ「……聞いてる?」

長門「もふ」

ハルヒ「何言ってるかわからないわ…銀さんは?」

銀時「おふ」

ハルヒ「だから何言ってるかわかんないから!うんとかすんとか言いなさい!」

銀時 長門「すん」

みくる「何でわざわざ『すん』なんですか…」




454 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 09:57:09.67 ID:7dKzTxYB0
ハルヒ「いい?それじゃ、せーのっ!」

ジャンッ

銀時 みくる「赤」

ハルヒ 長門 古泉「白」

ハルヒ「よし、準備はいいわね。お昼頃にまた集合よ!」

銀時「おー」



店員「¥24800になります」

古泉「oh...」



455 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 10:00:08.41 ID:3/lJbkFkO
wwwwwwwwwwwwwwwww



457 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 10:01:14.33 ID:6aaz5W9mO
24800円ってどれだけ喰ったんだよwww



462 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 10:06:18.89 ID:7dKzTxYB0
河川敷

銀時「いやぁ、良い天気ですねぇ」

みくる「確かに良い天気ですけど…いいんですか?」

銀時「何がですか?」

みくる「涼宮さんが言っていたじゃないですか…不思議なものを見つけるって…」

銀時「あーはいはい。いーんですよそんなの。どうせ見つかりっこ無いんですから」

みくる「………銀さん」

銀時「はい?」

みくる「…ちょっと、お話が」




467 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 10:13:22.92 ID:7dKzTxYB0
みくる「なんていうか…その」

みくる「うまく言えないんですけど…」

銀時「なんですかいったい…」

銀時「もしかしてアレですか?心配しないでください。俺、年上も余裕でストライクゾーンですから」

みくる「いえ、そういうことじゃないです」

銀時「ですよね」

みくる「実は私……この時代の人間ではないんです」

みくる「もっと遠い、未来から来ました」

銀時「………」

銀時「デジャブ?」




471 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 10:21:10.82 ID:7dKzTxYB0
銀時「…流行ってんですかそういうの」

みくる「いや、流行りとかそういうのじゃなくて」

銀時「それとも、みんなで俺をからかおうってんですか」

みくる「いやからかってるわけでもなくて」

銀時「あああァァもぉ何なんだよォォォ!!!」

銀時「盆と正月が一緒にやってきたってレヴェルじゃねえェぞォォ!!」

銀時「toLoveるとPSYRENが一緒に来ちゃったじゃねーかァァァ!!!」

みくる「よくわからないけど落ち着いてください!!」




472 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 10:23:23.21 ID:55KSSGBsO
ジャンプには一緒に載ってるだろwwww



477 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 10:27:12.46 ID:7dKzTxYB0
みくる「落ち着きました?」

銀時「なんかもうどーでもよくなってきました」

みくる「あ、あの、話の続きなんですけど」

銀時「どうせハルヒなんでしょう」

みくる「え」

銀時「ハルヒが3年前になんかやったから調査にきたとか、そんなんでしょう」

みくる「そ、そうですね…平たく言えばそうなる…かも」

銀時(これが…賢者モードってやつか)




479 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 10:29:50.56 ID:uQXPfPyjO
そういうときも賢者になるのか



482 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 10:33:59.65 ID:7dKzTxYB0
銀時「わかりました…信じますよ」

みくる「本当ですかぁ!?」

銀時「これだけ言われて信じられない方がおかしいっつーの…はぁ」

みくる「よかった…わかってもらえなかったらどうしようかと」

銀時「どうするつもりだったんです?」

みくる「禁則事項です」

銀時「なにそれこわい」




485 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 10:39:33.33 ID:7dKzTxYB0
銀時「あ、ところでいくつか質問してもいいですか?」

みくる「答えられる範囲なら大丈夫です」

銀時「未来人なんですよね。本当はこの先どうなるか知ってるんじゃないですか?」

みくる「禁則事項です」

銀時「他にも仲間とかっているんですか?」

みくる「禁則事項です」

銀時「年、いくつですか」

みくる「禁則事項です」

銀時「真面目に答える気ありますか」

みくる「禁則事項です」

銀時「…おっぱいうp」

みくる「禁則事項です」

銀時 みくる「………」




488 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 10:48:23.72 ID:7dKzTxYB0
駅前 バーガーショップ

ハルヒ「収穫はゼロ?」

銀時「おう。さすがにそう簡単には見つかんねーな」

古泉「こちらも収穫はありませんでした」

銀時「誰だお前は」

ハルヒ「古泉くんよ。暇だったしモヒカンにさせてみたわ」

古泉「世界が変わって見えます」

銀時「いやなんも変わってねーから。変わってんのお前だけだから」

ハルヒ「午後も探索ね。はい、クジ引いて」

ハルヒ「いい?せーのっ!」




489 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 10:48:53.15 ID:Q811cEvNO
銀さんとハルヒ勢の掛け合いがいいなwwww



490 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 10:53:41.41 ID:5ysdox6BO
古泉が完全に山崎化wwwwww



491 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 10:53:58.29 ID:7dKzTxYB0
駅前 南口

銀時「…長門」

長門「………」

銀時「こないだのアレ、やっぱ信じることにしたわ」

長門「そう」

銀時「………」

長門「………」

銀時(…相変わらず会話続かねーなオイ)




492 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 10:57:31.24 ID:7dKzTxYB0
銀時「…どっか行きたいところはないのか」

長門「………」

銀時「…ったく!」

長門「?」

銀時「ついてこい、おもしれートコ連れてってやるから」

長門「………」コク




499 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 11:04:25.19 ID:7dKzTxYB0
駅前 図書館

長門「……おぉ」

銀時「どうだ、お前からするとパラダイスだろ」

長門「………!!」コクコクッ

銀時「そら、好きなだけ遊んで来い。俺はこの辺で待ってっから」

長門「………」ダッ

銀時「…水を得た魚、本を得た長門」

銀時「はぁ…眠っ…」

銀時「………」

銀時「………zzZ」




504 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 11:11:53.35 ID:7dKzTxYB0
駅前 集合場所4:46

銀時「っというわけで長門は満足したようだ」

長門「………」ホクホク

ハルヒ「いや、遅刻の言い訳にはならないから」

古泉「そうですよ。もっと自覚を持って行動してください」

銀時「だからお前誰なんだよ。もう原型留めてねーから。お前の周りだけ世紀末だから」

ハルヒ「サングラスも買わせちゃいました」

みくる「正直いっしょに歩きたくありませぇん」




506 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 11:14:27.52 ID:ppF259t9O
誰か古泉の今の状況を絵で教えてくれよ



507 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 11:16:58.30 ID:E7TNlJ5/0
>>506
まさにこれじゃ
      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,       、__人_从_人__/し、_人_入
         `、||i |i i l|,      、_)
          ',||i }i | ;,〃,,     _) 汚物は消毒だ~っ!!
          .}.|||| | ! l-'~、ミ    `)
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
        Y,;-   ー、  .i|,];;彡
        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/



509 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 11:22:11.97 ID:7dKzTxYB0
月曜日 文芸部室

銀時「おーす」ガチャッ

古泉「あ、銀さんいいところに」

銀時「なんだ、世紀末やめたのか」

古泉「僕としては気に入っていたんですがね。バイト仲間に止められちゃいまして」

古泉「それはそうとして、ちょっとお話が」

銀時「………とう」グイッ

古泉「あだだだだ!!!鼻!鼻が痛い!!」

銀時「どーせハルヒのことだろーがァ!もうネタは上がってんだよ!もったいぶらずに言えェェ!!」

古泉「言います!言いますから鼻フックやめふぇください!!!」




510 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 11:24:25.63 ID:Kxhhv9CFI
古泉が不憫すぎるWWW



511 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 11:24:39.35 ID:2qj5wf2yO
銀さんwwwwwww



515 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 11:28:44.36 ID:7dKzTxYB0
古泉「…お察しの通り、超能力者ですよ。そう呼んだ方がいいでしょう」

銀時「っつーことはスプーン曲げ的な…アレか?」

古泉「まぁそんなようなものです」

銀時「マジか!じゃあちょっと俺の髪をサラッサラのストレートにでk」

古泉「そういうのは無理です」

銀時「………」グググッ

古泉「痛い痛い!!鼻はやめてくらはいってば!!」



517 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 11:34:58.88 ID:7dKzTxYB0
銀時「ったくよー…どいつもこいつもハルヒハルヒって…」

古泉「その涼宮さんですが…われわれの機関では彼女を『神』と称する人もいるくらいです」

銀時「アホか。あいつが神だったら世界なんかとっくにねーよ」

古泉「…では、その逆を考えてみましょうか」

銀時「逆?」

古泉「この世界が…ついさっきできたものだとしたら?」




522 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 11:39:39.58 ID:7dKzTxYB0
古泉「あなたはこの世界がいつから存在するものだとお考えですか?」

銀時「おいおい、あんま馬鹿にすんじゃねーよ…確か宇宙で爆発が起こったとかなんとか」

古泉「ええ。いわゆるビッグバンです。では、そのビッグバンはどうして起こったのでしょう?」

銀時「んなもん知るか。どこぞの神様が気まぐれでも起こしt……ってオイィ!!」

古泉「その通りです。この世界は涼宮さんが作りだした可能性がある」

銀時「もしかしてこの世界ができたってのは…」

古泉「そう。3年前です」



523 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 11:48:49.40 ID:7dKzTxYB0
古泉「今から3年前。『神』である涼宮ハルヒの気まぐれによってこの世界は生まれた」

古泉「それが僕の…いや、機関での見解です」

銀時「………なワケねーだろ」

銀時「あのハルヒにそこまでの力があるはずがねー」

銀時「それに世界が生まれたのが3年前だとしても、俺ぁそれより前の記憶がある」

古泉「その記憶も作られたものだとしたら?」

銀時「ありえねーよ」

古泉「どうしてそう断言できるんですか。そんなこと誰にもわかr」

銀時「俺の」

銀時「俺の記憶は嘘なんかじゃねーって…」

銀時「『魂』が叫んでるんだよ」




527 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 11:52:51.58 ID:7dKzTxYB0
やっと前半終了!!

ここまで半日かかっとるwww




529 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/10(日) 11:53:34.78 ID:W6wT+wIU0
お疲れさん
一刻も早く寝るんだwwwww




銀時「曜日で髪型変えんのは俺へのあてつけか何かか?」 第3部 第5部
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking livedoor Blog Ranking

この記事へのコメント
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://minaminoxxxsummer.blog49.fc2.com/tb.php/478-10fe1b30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。