戯言ニュース

ほとんどVIPのまとめ。

HeadLine
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

翠星石「GWも終わりですねぇ」JUM「そうだな」
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 15:15:29.68 ID:RDYYy9Zk0
翠星石「でもでも、翠星石は何処にも行ってないですよ?」

JUM「はぁ」

翠星石「何処かに連れてってほしいです」

JUM「いやどす」

翠星石「いやいや、嫌とか言っておいてー?」

JUM「いやどす」

翠星石「またまたー、素直になるですよJUM!」

JUM「いやどす」

翠星石「・・・」




2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 15:17:09.24 ID:sjHSI8UkO
なんだこれw



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ 翠星石「GWも終わりですねぇ」JUM「そうだな」
4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 15:18:16.59 ID:RDYYy9Zk0
翠星石「・・・あのぅ」

JUM「何だ?」

翠星石「翠星石も、何か思いでを残したいんです」

JUM「はぁ」

翠星石「ほら、この連休中翠星石に限らずみんないつも通りだったじゃないですか」

JUM「言われてみればそうかもな」

翠星石「でしょう?GWですよ!?素晴らしい響きじゃないですか!!」

JUM「何が?」



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 15:21:38.69 ID:RDYYy9Zk0
翠星石「何が?GW!黄金週間ですよ!!」

JUM「成程、黄金か」

翠星石「です。翠星石はよくわからないですけど、いーてぃーしーが1000円の高速道路ですよ!?」

JUM「落ち着け」

翠星石「ニュースで見たです。何かお得だからみんなで遠出しよう!みたいな」

JUM「今ETCは何処も品薄らしいぞ?」

翠星石「へー」

JUM「そもそも家には車が無い」

翠星石「・・・そうでしたね」




10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 15:24:13.59 ID:RDYYy9Zk0
JUM「大体どこも混む、人だらけ、僕はそんなとこには行きたくない」

翠星石「うー・・・そうだ、山とかはどうです?」

JUM「やまぁ?」

翠星石「森林浴です。きっと日々の疲れが癒されますよ?」

JUM「森林浴かー・・・」

翠星石(好感触ですか!?)

JUM「でも山に行くのが面倒くさい」

翠星石「・・・」



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 15:26:48.44 ID:RDYYy9Zk0
翠星石「じゃ、じゃあ海!海はどうですか?」

JUM「ちょっと時期的に早くないか?」

翠星石「泳ぎにいこうとは誰も言ってないです」

JUM「ほうほう」

翠星石「つまり、釣り!フィッシングですぅ!!」

JUM「話を続けろ」

翠星石「おぉ!今は何が釣れるんでしたっけ・・・キスとか?」

JUM「キスか!」



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 15:29:45.91 ID:RDYYy9Zk0
JUM「キスは美味いよなぁ」

翠星石「ですです。釣ったキスを天ぷらにして天つゆたっぷり浸して・・・」

JUM「豪快に一口で!」

翠星石「サクッと!」

JUM・翠「うまぁぁーーーーい!!」

JUM「なんかいいなぁオイ!」

翠星石「でしょう!?」

JUM「よし、キス釣りに明日行くか?」

翠星石「キタ━ヽ(ヽ(゜ヽ(゜∀ヽ(゜∀゜ヽ(゜∀゜)ノ゜∀゜)ノ∀゜)ノ゜)ノ)ノ━!!!!」




15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 15:32:10.79 ID:RDYYy9Zk0
翠星石「うっし、うっし!いくいく行きます!!」

JUM「よーし、釣り道具を確認しに行くか」

翠星石「ですですぅ!」

ピンポーン・・・

翠星石「ん?」

「・・・」

「・・・」

JUM「玄関で誰か話してるぞ?」

翠星石「この声は・・・蒼星石と真紅ですか?」




18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 15:35:05.46 ID:RDYYy9Zk0
真紅「ホントに良いの?」

蒼星石「うん。みんなで食べてよ」

翠星石「そうせいせきぃー、いらっしゃいです」

蒼星石「あ、翠星石、JUM君。これ見てよ!」

JUM「何だ?」

蒼星石「マスターとキス釣りに行ったんだ。ウチじゃこんなに食べないからおすそ分けだよ」

JUM「マジか!?イヤッホォォォウ!!じゃあ明日の釣りは中止だな」

翠星石「なんと」




20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 15:36:56.67 ID:jlBpXkFg0
翠星石かわいそす



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 15:37:45.64 ID:RDYYy9Zk0
真紅「今夜はキス天ね」

JUM「ああ。楽しみだな」

蒼星石「喜んでもらえて何よりだよ」

翠星石「そうですね・・・チクショウ」

蒼星石「?」

翠星石(まさか蒼星石に潰されるとは思いませんでした・・・!!)

蒼星石「翠星石、顔が怖いよ・・・」



22 名前: [―{}@{}@{}-] 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 15:38:01.02 ID:EXsrkNwDP
引きこもりをマスターに選んだ自分の業



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 15:41:01.71 ID:RDYYy9Zk0
――――・・・

翠星石「だーかーら、何処かに出掛けたいですぅ!」

JUM「だってなぁ・・・釣りにも行く必要が無くなったしな」

蒼星石「やめといた方がいいよ」

翠星石「?」

蒼星石「街は渋滞。高速は大渋滞」

翠星石「車は使わないですけど・・・」

蒼星石「それに加えて何処に行っても人だらけ。家でごろごろしてたほうが懸命だよ」

翠星石「えー・・・」




29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 15:44:48.43 ID:RDYYy9Zk0
翠星石「・・・蒼星石はこのGWで何処かに出かけましたか?」

蒼星石「いや、釣り以外は特に・・・」

JUM「な?みんなこんなもんだよ」

翠星石「うぅ・・・そんなもんですかねぇ?」

蒼星石(言えない・・・マスターとおばあちゃんと3人で長崎に行ったなんて・・・!!)

真紅「蒼星石は長崎に行ったのでしょう?」

翠星石「えぇ!?」

蒼星石「てめっ、空気読めよ!!」



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 15:48:09.22 ID:RDYYy9Zk0
真紅「え?そういう空気だったの!?」

翠星石「ずるいずるいずるいですぅ!!ムキーーーーー!!!」

JUM「あーあ、だから不人気なんだよ」

蒼星石「だって、お土産買うの忘れてたから言いづらかったんだよ・・・」

翠星石「いーなーいーな、うーらやましいーですぅー」

真紅「・・・ゴメンなさい」

蒼星石「そ、そんなに面白いところでもなかったよ?」

翠星石「本当ですかぁ?」




36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 15:51:38.09 ID:RDYYy9Zk0
蒼星石「本当本当。あーあ、やっぱり翠星石と一緒に遊んでた方が楽しいなぁ!」

翠星石「・・・ですよね?」

蒼星石「うんうん!」

JUM「で、本当の気持ちは?」

蒼星石「福砂屋のカステラ美味すぎワロタ」

翠星石「・・・」

蒼星石「・・・いや、冗談だよ」

真紅「他は何が美味しかった?」

蒼星石「ちゃんぽん、皿うどん、あとはトルコライスにミルクセーキかな?」

翠星石「ムッキャァァァァーーーーーー!!」



38 名前: [―{}@{}@{}-] 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 15:53:06.87 ID:EXsrkNwDP
翠星石・・・・



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 15:55:19.27 ID:RDYYy9Zk0
翠星石「ウオオオオォォーーー!キエェェェェェーーー!!」

蒼星石「ゴメンゴメンゴメン!」

真紅「翠星石、落ち着きなさい!」

JUM「こうすればいいんだよ」

翠星石「キャアァァァーーーー・・・」ピタッ

蒼星石「止まった!」

JUM「な?袋を頭からかぶせれば大人しくなるんだ」

真紅(猛獣と一緒の方法だわ・・・)




41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 15:58:44.64 ID:RDYYy9Zk0
JUM「でも流石に出かけなくないぞ?」

真紅「そうね、あんな辛い思いしてまで遊びたくはないのだわ」

蒼星石「だよねー」

JUM「・・・なんか暑いな?」

蒼星石「そう、僕もそれを言いたかったんだ」

真紅「翠星石、起きなさい」

翠星石「うぅん・・・個個は何処?私はダリ・・・?」

真紅「寝ぼけないで」



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 16:03:38.19 ID:RDYYy9Zk0
JUM「うわ、27度・・・」

蒼星石「5月が始まったばかりなのにねぇ」

真紅「どうりで暑いはずだわ」

翠星石「あれ、翠星石は何をやってたんでしたっけ?」

JUM「今日は暑いなぁって話だよ」

翠星石「どれどれ・・・27度!?」

JUM「これも地球温暖化のせいだな・・・暑っざああああああああ!!」

蒼星石「うわっ!?」ビクゥ




45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 16:07:41.96 ID:RDYYy9Zk0
JUM「お前らはいいよなぁ、汗はかかないし」

蒼星石「でも暑いことには変わりないよ」

真紅「貴女はまだ良い方よ。私なんか・・・」

翠星石「一番暑苦しいのは翠星石のドレスです・・・」

JUM「・・・もうすぐお昼時か。そうめんあったっけ?」

蒼星石「いただきまーす」

JUM「え、食うの?」

真紅「分前が減るのだわ・・・」




46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 16:12:20.15 ID:RDYYy9Zk0
蒼星石「いいじゃん。キスのお返しと言う事で」

翠星石「いいんじゃないですか?」

JUM「そうだな・・・あ、あった」

真紅「今日のお昼は冷やしそうめんね」

JUM「・・・一把しかない」

翠星石「えぇ!?そりゃないです!!」

JUM「やめたやめた。出前でそうめん頼もう」




48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 16:14:31.94 ID:RDYYy9Zk0
JUM「みんなそうめんでいいのか?」

真紅「えぇ」

翠星石「構わないですよー」

蒼星石「うん・・・??」

水銀燈「・・・」

蒼星石「うわぁ!水銀燈が外からこっち見てる!!」

JUM「・・・何やってんだお前」

水銀燈「暑い・・・暑いわぁ・・・」

真紅「知らんがな」




50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 16:17:47.18 ID:RDYYy9Zk0
水銀燈「はふぅ・・・」

JUM「大分参ってるみたいだな」

水銀燈「この羽が暑苦しいのよ。夏は地獄なのよ・・・」

蒼星石(暑苦しいなぁ)

翠星石(暑苦しいですぅ)

JUM(・・・暑苦しい)

真紅「ちょっと暑苦しいわよ、水銀燈」

水銀燈「何ですってぇ!?」




52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 16:23:25.19 ID:RDYYy9Zk0
真紅「薔薇乙女がその程度で暑いだなんてみっともない・・・」

水銀燈「・・・あら、それなら真紅はちっとも暑くないのかしら?」

真紅「えぇ。誰かさんと違って鍛えてますので」

水銀燈「すごーい、鍛えても結局不人気なのねぇ!クスクスクス・・・」

真紅「何よ!」

水銀燈「何なのよぉ!」

銀・紅「ぐぬぬぬぬぬぬぬ・・・!!」




54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 16:26:12.80 ID:RDYYy9Zk0
真紅「だわだわだわだわだわだわ!!」

水銀燈「だわだわうるさいわねぇ。だわだわさん?」

翠星石「まーた始まった・・・」

JUM「もういいや、頼んじゃうぞ?」

蒼星石「いっちゃえいっちゃえ」

JUM「あのー、もしもし?」

蒼星石(水銀燈が来ただけで体感温度が2度は上がったね)

翠星石(ホントですね・・・)




55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 16:29:45.08 ID:RDYYy9Zk0
――――・・・

ピンポーン・・・

JUM「お、来たな」

蒼星石「待ってました!」

真紅「カバディ、カバディ、カバディ・・・!」

水銀燈「カバディ、カバディ、カバディ・・・!」

翠星石「コイツら・・・馬鹿ですぅ」

JUM「はいはい、飯が来たぞー」



58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 16:32:45.47 ID:RDYYy9Zk0
JUM「翠星石と蒼星石と僕が冷やそうめん」

翠星石「美味そうですぅ!」

蒼星石「ありがとう」

JUM「そこの二人も早くこっちに来い。水銀燈の分も頼んでるから」

水銀燈「本当に!?やった、やった!」

真紅「くっ・・・勝負はお預けね」

JUM「水銀燈と真紅が鍋焼きうどん」

銀・紅「・・・・・・」




61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 16:37:54.00 ID:RDYYy9Zk0
JUM「作るのに凄い苦労したんだって」

蒼星石「大事に食べなよ?」

翠星石「うーん・・・そうめん美味しいです」

真紅「私はそうめんだと言ったような?」

JUM「え?お前鍛えてるんだから平気だろ?」

真紅「・・・そうね!水銀燈よりは早く完食できるわね!」

水銀燈「はい?今何と??」

真紅「水銀燈より早く完食できるって言ったのよ」

水銀燈「何ですってぇ!?」




65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 16:44:23.99 ID:RDYYy9Zk0
真紅「いっただきまーす・・・」

JUM「おい、取り皿使うなよ」

真紅「なんと」

水銀燈(まだグツグツいってる・・・)

蒼星石「はい、七味」ドバァァ

水銀燈「なにやってんのよこの男女!!」

蒼星石「君、好きだって言ってたじゃないか」

真紅「むきょおおああ!あ、あつ、あっつうううう!!」

水銀燈「いただきます・・・むふぉおうおおおう、からっ!」




67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 16:48:59.42 ID:RDYYy9Zk0
JUM「ズルズル・・・」

水銀燈「ゲホッ・・・ふぅー、ふぅー・・・」

蒼星石「いや、美味しい」

真紅「うううぅぅぅ・・・」

翠星石「このそばつゆが何とも言えないですねぇ!」

水銀燈「はふはふ、はうぅっ!」

真紅「はぁ、はぁ・・・ズルズル・・・」


JUM・蒼・翠「・・・」




71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 16:57:15.31 ID:RDYYy9Zk0
――――・・・

真紅「もうむりでふ・・・」

水銀燈「あつくれからくれたえきれないわぁ・・・」

JUM「唇が明太子みたいになってるぞ」

蒼星石「プッ」

翠星石「頑張った方です。さ、水を飲むですぅ」

銀・紅「はい・・・」




74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 17:03:20.39 ID:RDYYy9Zk0
真紅「・・・プハァ!暑い!暑いのだわ!!」

水銀燈「あああもう!脱いじゃうわよ!」

JUM「ほう?」

蒼星石「脱ぐのはいいけど、デジカメ持ってきてないから撮れないなぁ・・・勿体無い」

翠星石「翠星石はそんなに暑くは無いですけど?」

真紅「ふんもっふ!」ぬぎぬぎ

水銀燈「このブーツが暑苦しいのよ!!」ぬぎぬぎ

JUM「・・・あ!ちょっとまてお前ら」

銀・紅「?」




77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 17:07:47.20 ID:RDYYy9Zk0
JUM「草なぎかお前らは。いいものがある」

真紅「裸になって何が悪い!」

蒼星石「ホントだね」

翠星石「黙れですぅ」

JUM「蒼星石、みっちゃんさんからあれ貰っただろう?」

蒼星石「ああ!すっかり忘れてた。・・・そういう事だね?」

JUM「そういう事だ。持ってきてくれないか?」

蒼星石「合点!」




78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 17:13:44.09 ID:RDYYy9Zk0
――――・・・

蒼星石「ふんふんふーん♪・・・お?」

金糸雀「いやーみっちゃんとハワイに行ったせいですっかり健康的な肌になっちゃったかしら」

雛苺「ほえぇ・・・小麦色なの」

金糸雀「焼けるものなのね。カナもびっくりしちゃったわ」

雛苺「ハワイって楽しい?」

金糸雀「勿論!ドールだろうが何だろうがみんなウェルカム!アローハ!」

雛苺「あろーは!」

蒼星石「おーい、二人共!」




80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 17:18:50.04 ID:RDYYy9Zk0
金糸雀「蒼星石、アローハー」

蒼星石「お、おおぅ・・・すっかり南国気分だね」

金糸雀「でしょう?少しだけウクレレも弾けるようになったかしら」ポロロン

雛苺「蒼星石は何をやってるの?」

蒼星石「ん?JUM君の家に戻るところなんだ。二人も来るかい?」

金糸雀「来るも何も・・・今からおじゃましようと思ってたかしら」

雛苺「そうなのよー」

蒼星石「人数分持ってきて良かったよ。早く行こう!」

金・雛「おー!」ポロロン




82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 17:22:20.50 ID:RDYYy9Zk0
JUM「~~~~~~~!!」

シィィーーーン・・・

水銀燈「ちっとも膨らまないじゃない」

翠星石「空気入れみつかんないですぅ!」

JUM「ぶはぁ!ハァ、ハァ・・・早く探してくれ」

真紅「あっつい・・・あ、アイスコーヒー見つけた」

JUM「真紅!手伝えよ!!」

真紅「ハイハイ。翠星石・・・見つかった?」

翠星石「うー・・・あ、あったです!」




83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 17:25:47.83 ID:RDYYy9Zk0
JUM「でかした!ここを差し込んで・・・水銀燈、踏みまくるんだ」

水銀燈「任されたわぁ!」

スコスコスコスコスコスコスコスコ

真紅「お、お、お?」

翠星石「ちゃんと空気が入っていってるですね!」

JUM「あったりまえだ」

水銀燈「疲れた。真紅、交代しましょう」

真紅「早っ・・・まあいいわ」

スコスコスコスコスコスコスコスコ




85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 17:32:15.18 ID:RDYYy9Zk0
蒼星石「おーい!持ってきたよ!!」

JUM「お帰り・・・ん?」

金糸雀「アローハー」ポロロン

雛苺「ただいまなのー」

真紅「あら、雛苺にかなr・・・誰だ貴様!?」

金糸雀「ご存知金糸雀かしら。ハワイで健康的に遊んできたかしらー」

翠星石「へぇ・・・ああ!思い出したです!!翠星石も何処か遊びに行きたいんでした!!」

蒼星石(・・・すっかり忘れてた)

金糸雀「アロハ~オエ~♪」



86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 17:37:33.95 ID:RDYYy9Zk0
JUM「まぁまぁ、おちつきんしゃい」

翠星石「なんのキャラですか!」

JUM「今から思い出作りをするんだよ。な?」

蒼星石「オーイエー。これをご覧?」

翠星石「はぁ?・・・これは!?」

真紅「水着!」

水銀燈「デジカメ!」

蒼星石「そしてビーチボール!」

金糸雀「う~ん、エンターテイメント」ポロロン




87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 17:43:08.50 ID:RDYYy9Zk0
翠星石「そういやさっきから膨らましてるのはビニールプールでしたね」

蒼星石「このデジカメも純粋にみんなの思い出を残したいから持ってきたんだよ?」

翠星石「・・・嬉しいです」

雛苺「うわー、この水着かぁいいのー!」

金糸雀「みっちゃんのセンスはピカイチかしらー」

JUM「僕が水を張っておくからみんな着替えてこいよ」

一同「はーい!」

ドタドタドタ・・・

JUM「・・・これくらいしか出来ないけどな」




91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 17:50:07.54 ID:RDYYy9Zk0
――――・・・

ジョボボボボボボ・・・

JUM「ふんふん・・・もうじき溜まるかな」

ガラッ

JUM「ん?」

水銀燈「よっしゃ!涼しいわねぇ水着は!」

真紅「・・・」

JUM「どれどれ?」




92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 17:54:37.96 ID:RDYYy9Zk0
水銀燈「ビキニー」

翠星石「翠星石もですぅ」

蒼星石「僕もだね」

雛苺「ヒナはワンピース型なの」

金糸雀「カナもかしらー」

JUM「いいじゃないか!みんな似合・・・う・・・」

真紅「・・・なんで私だけスク水」

JUM「なんと」




93 名前: [―{}@{}@{}-] 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 17:55:34.07 ID:EXsrkNwDP
スク水真紅可愛い



94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 17:58:55.55 ID:RDYYy9Zk0
蒼星石「可愛いじゃない」

翠星石「うんうん。お似合いですよ」

金糸雀「うん・・・うん・・・」

水銀燈「ほら、遊びましょうよ真紅」

真紅「・・・そ、そうね」

雛苺「ホラ、真紅は胸が小さいから・・・」

真紅「・・・」プルプル

JUM「ほら、気にしないで遊べ!」




96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 18:03:36.41 ID:RDYYy9Zk0
真紅「でも・・・」

翠星石「えい」

ビシャアアァァァァァ!!

真紅「むぶふぉぉぉぉ!?」

翠星石「ぷくく・・・ホースの放水攻撃は凄い威力ですね」

真紅「翠星石ぃぃーーー!」

水銀燈「さ、貴女達も行くのよぉ」

ドン!

金・雛「うひゃあああ!!」ドボ-ン!




97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 18:08:59.00 ID:RDYYy9Zk0
蒼星石「いいねぇ、画になるねぇ」

JUM「蒼星石も遊べばいいじゃないか」

蒼星石「え?いいの?」

JUM「デジカメは僕が撮ってやるからさ」

蒼星石「うーん、じゃあお願い!」

JUM「おうよ」

蒼星石「じゃあ気兼ねなく・・・よいしょ」

ドン!

水銀燈「あら?」ドボ-ン!




99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 18:13:53.75 ID:RDYYy9Zk0
真紅「さっきはよくもやってくれたわねぇ・・・」

翠星石「ムブフォォォ!!水が痛いですぅ!!」

金糸雀「行くかしらー!」ポン

雛苺「うよー!」ポン

蒼星石「僕も入れてくれないかい?」

金糸雀「構わないかしら!」

蒼星石「じゃあいくよ、殺人トス!」

金糸雀「はいはブフォォ!?」



100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 18:19:09.93 ID:RDYYy9Zk0
水銀燈「はぁー・・・全く、この妹たちときたら・・・」

JUM「何が?」

水銀燈「やることなすこと全てお子様なのよ。見てて恥ずかしいわぁ」

JUM「水銀燈も混ざればいいだろ」

水銀燈「私は薔薇乙女の最強ドールよ?こんなことやる意味が」

JUM「はーい、水銀燈ちゃんピース!」

水銀燈「ピース♪」

パシャ!

水銀燈「・・・ハッ!」




101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 18:22:10.58 ID:RDYYy9Zk0
水銀燈「ちょっと、何やらせてるのよ!」

JUM「それでそれで、続きは?」

水銀燈「・・・だから、こんな幼稚なことやる意味がないじゃない」

JUM「ほうほう」

水銀燈「アリスになるのに遊びなんか必要なの?」

JUM「でも着替えるのが一番早かったの水銀燈じゃないか」

水銀燈「・・・そうだっけ?」

JUM「そうだよ」




104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 18:29:49.79 ID:RDYYy9Zk0
水銀燈「そ、それでも・・・」

JUM「水銀燈!水着似合ってるぞ!」

水銀燈「え?」

JUM「流石ドールズ一のスタイルの持ち主だなぁ!」

水銀燈「そ、そう?」

JUM「はい、チーズ!」

水銀燈「いえーい♪」

パシャ!

JUM「よし、遊んでこい!」

水銀燈「真紅ぅ、私も混ぜなさぁい!」

JUM(乗せやすいヤツだ)




106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 18:32:30.63 ID:RDYYy9Zk0
翠星石「いい度胸です。放水ー」ジョボボボボ

真紅「えい、えい」バシャバシャ

水銀燈「むぼぼぼぼぼ!!」

パシャ!

蒼星石「もう一回!そーれ!」

金糸雀「はい!」

雛苺「あいあい、オーライ!」

パシャ!

JUM「全く、平和だな」



107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 18:37:25.02 ID:RDYYy9Zk0
JUM「それにしても暑い」

真紅「あら、JUMは遊ばないの?」

JUM「デジカメ係なんです。」

パシャ!

真紅「キャ!急に撮らないで頂戴!」

JUM「ほら、結構撮ったんだぞ?」

真紅「あら、ホント。上手に撮れてるのだわ」




108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 18:42:57.40 ID:RDYYy9Zk0
真紅「でも・・・やけに翠星石が多いような」

JUM「あれ?均等に撮ってるつもりだったんだけどな・・・」

真紅「翠星石を遊びに連れていかなかったこと、後悔してるの?」

JUM「・・・知らん」

真紅「ふふっ、強情ね」

JUM「金糸雀ー」

金糸雀「はいはーい!」

パシャ!

真紅「・・・ほら、今度は私が写真を撮ってあげるのだわ」

JUM「え?」




111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 18:48:15.99 ID:RDYYy9Zk0
JUM「参ったなぁ・・・翠星石」

翠星石「はい?」

JUM「僕たちも一緒にバレーやらないか?」

翠星石「仕方のない野郎です。可哀想だから付き合ってやらんことも無いですぅ!」

JUM「はいはい、お願いします」

翠星石「よしよし。蒼星石ー、翠星石達も混ぜてほしいです」

蒼星石「いいよ。はい、殺人トス!」

JUM「はいよげふぅ!!」

翠星石「情けない野郎です」




112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 18:50:39.35 ID:RDYYy9Zk0
JUM「はい」ポン

水銀燈「雛苺っ!」ポン

雛苺「えい!」ポン

金糸雀「はい!」ポン

蒼星石「おっと」ポン

翠星石「おお・・・!」

JUM「うわっ!危ない!」

パシャ!

真紅「・・・あら、ツーショット。良いのが撮れたわね」



114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 18:54:47.52 ID:RDYYy9Zk0
――――・・・

ピッ、ピッ・・・

翠星石「おーおー、結構とれてるじゃないですか」

JUM「よし、片付いた」

翠星石「お疲れさんです。労いの麦茶があるですよー」

JUM「ありがとう」

翠星石「あはは、水銀燈が水鉄砲喰らってる写真もあるです」

JUM「プハァ、美味い!」

翠星石「JUM、結構写真撮るの上手じゃないですか」

JUM「だろ?」




115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 18:59:03.55 ID:RDYYy9Zk0
翠星石「蒼星石の殺人トス、真紅の放水攻撃・・・一杯撮れてるです!」

JUM「結構撮ったなぁ」

翠星石「・・・でも、JUMの写真が無いですぅ」

JUM「それは仕方ないだろ?僕はカメラマンなんだから」

翠星石「そうですけど・・・」

JUM「大体、僕の写真なんかいらないだろ?」

翠星石「はぁ?・・・本気で言ってるんですか?」

JUM「・・・その分みんなの分の写真撮ったんだし、思い出作れたじゃないか」

翠星石「・・・ふん!」

バシィ!!

JUM「ふぐぅ!」




117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 19:04:40.79 ID:RDYYy9Zk0
翠星石「本気で言ってるのならもう一回はたくですよ?」

JUM「・・・」

翠星石「水銀燈、金糸雀、蒼星石、真紅、雛苺、今日居たのはそれだけじゃないでしょう?」

翠星石「翠星石も居たし、そしてJUMもいたから今日という日が送れたんです」

翠星石「それなのに自分の写真だけが要らないだなんて悲しいこと言うんじゃないです!」

JUM「・・・そうだな、ゴメン」

翠星石「ふーんだ。もう口聞いてやんないです!」

JUM「まいったなぁ・・・」

JUM(・・・そうだ!)



119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 19:06:41.48 ID:RDYYy9Zk0
ピッ、ピッ・・・

JUM「これで良し」

水銀燈「ぐー、ぐー」

金糸雀「くぅ、くぅ・・・」

蒼星石「うーん・・・」

真紅「ムニャムニャ」

雛苺「むふふーうにゅーいっぱいなのー・・・zzz」

JUM(みんな寝てるし・・・仕方ない)




122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 19:10:50.45 ID:RDYYy9Zk0
JUM(セルフタイマー20秒後、と)

JUM「よし、セットした。翠星石!」

翠星石「ふーんだ!」

JUM「よいしょ!」

ポフッ

翠星石「ぎゃ!何ですか!降ろしやがれですぅ!」

JUM「写真」

翠星石「え?」

JUM「二人で撮るぞ!」




133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 19:45:18.09 ID:RDYYy9Zk0
翠星石「どういう事ですか!?」

JUM「いいから、二人きりで撮っとかないとな」

翠星石「・・・ふ、ふん!仕方ないから一緒に写ってやらんこともないです」

JUM「ほら、あと10秒だ!」

翠星石「JUM、その・・・さっきはカッとなりすぎました。ごめんなさいです」

JUM「いいよ。僕も悪かった」

翠星石「ふふ・・・JUM、笑うです!」

JUM「はい、チーズ!」

パシャ!




134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 19:50:48.87 ID:RDYYy9Zk0
JUM「どれどれ?」

翠星石「お、綺麗に撮れてるですねー」

JUM「良かった良かった。・・・ん?」

翠星石「どうしたですか」

JUM「この写真は・・・あのバレーの時の」

翠星石「あ、JUMと翠星石がぶつかった瞬間じゃないですか!」

JUM「・・・真紅か。余計なことしやがって」

翠星石「いいじゃないですか。真紅に感謝するです」

JUM「そうだな」




135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 19:56:35.41 ID:RDYYy9Zk0
翠星石「とはいえ・・・やっぱりムカつくです」

トコトコ

JUM「何をするつもりだ?」

翠星石「こいつらのブサイクな顔を連写するですぅ」

パシャ!パシャ!パシャ!

JUM「おいおい・・・」

翠星石「いいじゃないですか。どーせ寝てるんですから!」

ただいまー!

JUM「お、姉ちゃんか」




138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 20:04:00.85 ID:RDYYy9Zk0
のり「あら?みんな寝てるのねぇ・・・」

翠星石「のりー、お帰りですぅ」トコトコ

のり「ただいま。・・・あら?翠星石ちゃん・・・嬉しそうね?」

JUM「・・・真紅、起きてるんだろ?」

真紅「・・・」

JUM「・・・ありがとうな」

真紅「さあ?私は寝てるのだわ」

JUM「・・・ふふっ、そうだな」

翠星石「聞いて欲しいです!今日みんなで遊んだんです!それでー・・・」

おしまい




139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 20:04:34.71 ID:4qw6q4TY0




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking livedoor Blog Ranking

この記事へのコメント
イイハナシダナァ
2009/05/05(火) 23:58:13 | No.2327 | 戯言ヴぃp | #xyW5dMiQ[ 編集]
真紅は良い子だよ……
2009/05/06(水) 01:32:44 | No.2329 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://minaminoxxxsummer.blog49.fc2.com/tb.php/467-a7370c6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。