戯言ニュース

ほとんどVIPのまとめ。

HeadLine
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

翠星石「そうです!沖縄に行くですぅ!」
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 08:05:11.27 ID:31mOycOS0
---JUM家---
翠星石「そうですよ!みんなでエメラルドの島、沖縄に行くですぅ!」

水銀燈「ええ?何でまたこんな時期に・・・」

翠星石「これだからいけないですね~。沖縄は今の時期ぐらいが観光に適してるんですよ」

金糸雀「本当かしら?」

蒼星石「そうなんだよね。沖縄は今の時期からが観光シーズンだから」

真紅「で、計画は・・・」

翠星石「とっくに決まってるですよ!」

水銀燈「準備がいいわねぇ・・・」

雛苺「おきなわ楽しみなのー」



2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 08:06:37.89 ID:mys62bGY0
メンソーレ!



ブログパーツ 翠星石「そうです!沖縄に行くですぅ!」
3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 08:07:19.90 ID:31mOycOS0
水銀燈「話は分かったから、いつ行くの?」

翠星石「明日ですよ!」

水銀燈「ええ!?もう少し早く言いなさいよぉ!」

蒼星石「・・・ごめんね。ホテルの予約が取れたのが昨日だったから」

水銀燈「別に責めちゃいないわよ。・・・明日の準備を急いでしないといけないわねぇ」

金糸雀「そうかしら。カナも服を選んだりしないといけないかしらー!」

真紅「私もそうするわ」

雛苺「ヒナもお洋服だすのー!」

蒼星石「そうだね。じゃあまた明日」




6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 08:09:41.29 ID:31mOycOS0
***翌日 AM7:00***
水銀燈「早すぎるわぁ・・・普段ならまだ寝てる時間よぉ・・・」

真紅「これだからジャンクは。普段から規則正しい生活を送っていれば、そんな事にはならないのだわ」

水銀燈「ジャンクで悪かったわねぇ!この不細工!」

真紅「ぶ・・・不細工!!このスカタン!」

雛苺「けんかはだめなのよ~」

蒼星石「二人ともやめなよ・・・」

翠星石「あの状態の二人に何を言っても無駄ですよ。蒼星石」

金糸雀「・・・ところで、どうやって沖縄まで行くかしら?」

蒼星石「ん?飛行機だよ」

金糸雀「ええ?・・・パスポートとか・・・・・・」

蒼星石「そんな事なら大丈夫だよ。とっくに準備は済ませてるから」




9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 08:13:06.27 ID:31mOycOS0
金糸雀「空港までは、どうやっていくのかしら?」

蒼星石「それは・・・nのフィールドを経由していくに決まってるじゃないか」

金糸雀「旅情も何もないかしら・・・」

蒼星石「まあ、そればっかりは仕方が無いよ。・・・みんな、そろそろ行くよ」

翠星石「分かったですぅ。ホラ、いくですよチビ苺」

雛苺「はーいなのー!」

真紅「ゼーゼー・・・この辺にしておいてあげるのだわ・・・」

水銀燈「それはこっちの・・・・セリフよぉ・・・はぁはぁ」




10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 08:14:54.44 ID:31mOycOS0
---空港---
蒼星石「意外とすんなりいったね」

翠星石「人でいっぱいですぅ。どこに行ったら良いか分からないですぅ・・・」

水銀燈「全くねぇ・・・」

蒼星石「みんな、こっちだよ」

真紅「どうやら、ここは蒼星石に任せたほうがいいのだわ」

金糸雀「ちょっと雛苺、一人で勝手に動いてはいけないかしらー」

雛苺「うにゅ~・・・・」

金糸雀「カナたちにちゃんとついてくるかしら」

雛苺「わかったのよ・・・」



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 08:15:55.44 ID:31mOycOS0
蒼星石「・・・さて、これがみんなのチケットだよ。無くさないようにね」

真紅「・・・ありがとう」

雛苺「蒼星石すごいのよー」

蒼星石「いやいや。そうでもないよ」

翠星石「翠星石はジュースを買ってくるです」

金糸雀「カナもついていくかしらー」

蒼星石「迷子にならないようにしなよ」




13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 08:17:36.07 ID:31mOycOS0
アナウンス「えーこの度は●●航空を(ry」

蒼星石「あ、そろそろだね」

雛苺「うにゅ~?やっとお空を飛ぶのー?」

金糸雀「待ちくたびれたかしらー!」

アナウンス「それでは快適(ry」

翠星石「あっ!飛行機が動き出したですぅ!」

真紅「あぁ・・・!ついに離陸したわ!」

水銀燈「・・・皆、nのフィールドでは飛べるってこと忘れてるのぉ?」

真紅「これだから風情の無い人形はイヤなのだわ」

翠星石「空気を読んで欲しいですよ」

雛苺「お前外に叩き出すぞ」

水銀燈「・・・ごめんなさぁい」




15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 08:21:00.90 ID:31mOycOS0
金糸雀「町が小さく見えるかしらー!」

雛苺「うにゅーより小さいのー!」

真紅「・・・・・・」

水銀燈「orz」

蒼星石「みんな外ばかり見てるね。僕は雑誌でも・・・。どうしたの、翠星石?」

翠星石「うぅ・・・頭が痛いですぅ・・・」

蒼星石「・・・そういうときは唾を飲み込むと治るんだよ」

翠星石「本当ですか?・・・ゴクン」

蒼星石「どう?」

翠星石「少し・・・マシになったです。ありがとう、蒼星石」




16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 08:22:47.41 ID:31mOycOS0
フライトアテンダント「あの・・・お飲み物は何が(ry」

蒼星石「僕はコーヒー、ブラックで」

翠星石「翠星石はオレンジジュースがいいですぅ」

雛苺「ヒナも同じオレンジジュースなのー」

真紅「私はもちろん紅茶なのだわ」

金糸雀「カナも紅茶でいいかしら」

水銀燈「私はヤクルトをお願いするわぁ」

フライトアテンダント「すいません・・・ヤクルトは用意してないんですけど」

水銀燈「最悪・・・もう最悪よぉ・・・」




19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 08:27:27.49 ID:31mOycOS0
金糸雀「これがエメラルドの島!沖縄かしらー!」

翠星石「海が翠色ですぅ!」

雛苺「キラキラしてるのー!」

水銀燈「・・・もういやぁ」

真紅「元気出してよ。水銀燈」

アナウンス「・・・そろそろ着陸(ry」

蒼星石「あっ、みんなシートベルト着けて」

翠星石「体が押し付けられるですぅー!」

真紅「ようやく到着したみたいね」

蒼星石「皆降りる準備しておいてよ」




21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 08:32:41.39 ID:31mOycOS0
---那覇空港---
翠星石「ふぅ・・・やっと荷物を回収できたですぅ」

蒼星石「じゃあまずは・・・。あれ?水銀燈はどこにいるんだい?」

真紅「水銀燈なら雛苺と一緒に売店に行ったのだわ」

蒼星石「そう。じゃあ少し待とうか」

***10分後***

水銀燈「ごめん。待たせちゃったみたいねぇ」

雛苺「水銀燈がヤクルトかピルクルで五分も迷うからなのよ」

金糸雀「で、両方買ったのかしら・・・」

水銀燈「誘惑に負けちゃったわぁ・・・」




23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 08:37:04.93 ID:AontVIjr0
そういや沖縄ってもう海開きしてるんだよな



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 08:39:24.27 ID:31mOycOS0
蒼星石「じゃあまずはどこに行こうかな。近いのは『首里城』と『ひめゆりの塔』だよ」

翠星石「翠星石は首里城に行きたいですぅ」

水銀燈「私もぉ。修学旅行ならひめゆりの塔なんだけどねぇ」

真紅「そうね。私たちは観光に来たんだから首里城に行きたいのだわ。雛苺、金糸雀もそれでいいわよね?」

雛苺&金糸雀「おk」

金糸雀「首里城まではどうやって移動するかしら?」

蒼星石「もちろん。運転手付きのレンタカーを既に手配してあるよ」

翠星石「蒼星石は準備が良いですね」



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 08:43:49.59 ID:31mOycOS0
蒼星石「あの車だよ」

真紅「まぁ、悪くないわね」

蒼星石「ほらほら、荷物を早く積むよ」

翠星石「どれくらい首里城までかかるですか?」

蒼星石「そうだね。・・・大体一時間ってところだね」

金糸雀「誰かトランプとか持ってきてないかしらー?」

雛苺「こういうときに準備を怠らないのがヒナなのよー」

つトランプ

水銀燈「トランプと来ればババ抜きよねぇ。まぁ、ババは真紅だろうけどぉ」

真紅「な・・・なんて事を!!」




33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 08:51:37.97 ID:31mOycOS0
---車内---
蒼星石「(・・・誰の手にババが?)」

金糸雀「(カナは今のところ無事かしらー)」

真紅「(ぐ・・・なんで私がババを!!)」

雛苺「(どうやらババは真紅みたいなのよ。顔に出てるの)」

翠星石「(ふぅ・・・ババが離れたですぅ)」

水銀燈「(早く上がりたいわぁ)」

***しばらくして***

金糸雀「・・・やった!上がりかしらー!」

翠星石「きーっ!悔しいですぅ!」

蒼星石「あっ!僕もアガリだ」

雛苺「ヒナも上がったのよ~」

翠星石「翠星石もようやくアガリですぅ!」

蒼星石「水銀燈と真紅の一騎打ちか・・・」




34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 08:55:35.96 ID:31mOycOS0
真紅「(早くババはあっちに行くのだわ!)」

水銀燈「(分からない・・・どっちがババなのぉ?)」

金糸雀「物凄い心理戦かしら・・・」

真紅「(ほらぁ・・・右側に手を伸ばしなさい・・・)」

水銀燈「(確率は二分の一・・・賭ける!)」バッ

真紅「そんな・・・orz」

水銀燈「やったわぁ!」

蒼星石「じゃあ罰ゲームは・・・ゴーや丸かじりで良いから」

真紅「orz」




38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 09:04:16.68 ID:31mOycOS0

一応画像です
守礼門イメージ

(すでに流れていたため、ググって出てきた参考画像)



---首里城---
蒼星石「ここが守礼門だよ」

翠星石「いかにも沖縄って感じですね」

真紅「観光客も少ないし、良い時間帯ね」

水銀燈「結構長いわねぇ・・・後どれくらい歩くのぉ?」

蒼星石「・・・まだ結構歩くよ」

雛苺「ヒナはまだまだ歩けるのよ」

水銀燈「まぁ乳酸菌があれば別に良いわぁ」




39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 09:08:19.59 ID:31mOycOS0
蒼星石「ここが正殿だよ」

金糸雀「きらびやかかしらー!」

水銀燈「さすがは城ねぇ」

翠星石「ここで写真を撮りたいですぅ」

真紅「誰が撮る?」

雛苺「誰か他の人に頼めばいいのー!」

蒼星石「それがいいね。・・・あの人なんか良さそうだね」




41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 09:17:34.56 ID:31mOycOS0
蒼星石「すいません。あの、写真をお願いしたいんですけど・・・」

一般人A「え?写真撮影?ハッハッハ!どうぞどうぞ」

蒼星石「いや・・・アナタを撮るんじゃなくて・・・」

一般人A「冗談冗談。良いぜ別に」

真紅「どうだった?」

蒼星石「OKだって」

一般人A「じゃあ、ハイチーズ!」パシャッ

翠星石「ちょっと目つぶっちまったですぅ」

蒼星石「すいませーん。もう一枚お願いできますか?」

一般人A「ああ、じゃあもう一枚。ハイ、チーズ」

ドールズ「ピース!」



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 09:23:18.65 ID:31mOycOS0
蒼星石「そういえば、ここ限定のお土産もあるみたいだから、買いに行こうかな」

水銀燈「へぇ・・・私も着いて行くわぁ」

翠星石「翠星石も一緒に行くですぅ」

真紅「私はお土産は別の場所で買うからいいのだわ」

金糸雀「カナもー」

雛苺「ヒナもなのー」

蒼星石「じゃあなるべく早く戻ってくるから」

翠星石「迷子にならない様にするですよ」




43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 09:27:43.25 ID:31mOycOS0
蒼星石「ここならではのオリジナルグッズを買おうかな」

翠星石「翠星石もそうするですぅ」

水銀燈「私は何か甘いものを買おうかなぁ」

翠星石「蒼星石、これなんてどうですか?」

蒼星石「これ?・・・とっても可愛いね」

翠星石「じゃあ同じのを買うですよ。蒼星石」

蒼星石「はいはい」

翠星石「これでお揃いですぅ」




45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 09:34:54.99 ID:31mOycOS0
水銀燈「これなんて良さそうねぇ『巾着黒糖』」

水銀燈「こっちの『ちんすこう』も捨てがたいわぁ・・・」

水銀燈「迷うわねぇ・・・。・・・よし!両方買っちゃえ」

***買い物終了***

蒼星石「水銀燈は何を買ったんだい?」

水銀燈「私はこれよぉ」

蒼星石「沖縄ならではのお菓子だね」

翠星石「翠星石達はおそろいのブレスレットですぅ!」

水銀燈「ふぅ~ん・・・妬けちゃうわぁ」




47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 09:46:42.79 ID:31mOycOS0
翠星石「待ったですか?」

真紅「いや、別に」

金糸雀「カナお腹空いたかしらー」

雛苺「そろそろお昼なのー!」

蒼星石「そうだね。じゃあ近くに美味しいソーキそばを出す店があったから、そこに行こうか」

水銀燈「ソーキそば?何それぇ?」

蒼星石「まぁ、見てからのお楽しみだね」




54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 10:41:27.69 ID:31mOycOS0
---とある店---
水銀燈「これがソーキそば・・・」

雛苺「うにゅ~・・・」

真紅「ラーメンとうどんを足して二で割った感じなのだわ」

翠星石「チャーシューじゃなくて豚の角煮ですか」

金糸雀「とってもおいしいかしらー!」

蒼星石「これはおいしい」

金糸雀「それにしても蒼星石は沖縄について詳しいかしら」

蒼星石「来る前にいろいろ勉強したからね」

金糸雀「すごいかしら」




56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 10:47:48.69 ID:31mOycOS0
蒼星石「この後はどこに行こうかな」

翠星石「まだ決めてないですか?」

蒼星石「実は・・・まだ未定なんだ」

水銀燈「だったら『美ら海水族館』なんてどう?」

蒼星石「そこは明日行こうと思ってるんだ」

雛苺「なら海に行くのー!」

真紅「海?私水着もって来てないのだわ」

蒼星石「いや、ただ眺めるだけでも良いと思うよ」

水銀燈「じゃあ、海で決定ねぇ」




58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 10:58:46.87 ID:31mOycOS0
---移動中---
水銀燈「しっかし、ファミリーマートばかり見かけるわねぇ」

蒼星石「沖縄はファミマが制圧しているからね」

水銀燈「へぇ~・・・」

金糸雀「セブンイレブンを見かけないのはそうだからかしらー?」

蒼星石「うん、そうだよ」

雛苺「ファミチキおいしいのー!」

翠星石「体に悪そうです・・・おぇ」




60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 11:03:30.81 ID:31mOycOS0
---海---
翠星石「海に着いたですぅ!」

真紅「綺麗・・・」

雛苺「キラキラしてるのー!うわーい!」

金糸雀「あっ!走ったら・・・。・・・やっぱりこけちゃったかしら」

雛苺「うゆ~・・・」

蒼星石「人も少ないし最高だね」

水銀燈「ヤクルトさえあれば言う事ないんだけどぉ・・・」




62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 11:10:32.77 ID:31mOycOS0
翠星石「ひゃっ!水はまだ冷たいですぅ!・・・このチビチビ!よくもやったですね!」

雛苺「翠星石ざまぁなのー!」

翠星石「逃げるなですー!」

真紅「全く子供ね。・・・ひぇっ!」

水銀燈「フフフ、不細工がもっと不細工になっちゃったぁ」

真紅「このジャンクが!これでも喰らうのだわ!」

水銀燈「熱っ!紅茶をかけるのは反則よぉ!」

真紅「知ったこっちゃ無いわ」

水銀燈「この・・・!!」




63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 11:16:49.79 ID:31mOycOS0
翠星石「やっと捕まえたですよ。・・・覚悟するですチビチビ!」

雛苺「うい?」

翠星石「くっ・・・・!!(ムカつくですぅぅぅぅ!!)」


金糸雀「みんな楽しそうかしらー!」

蒼星石「そうだね。やっぱり旅行を企画して良かったよ」

金糸雀「どうもありがとうかしらー」

蒼星石「・・・どういたしまして」

金糸雀「・・・・・・」

蒼星石「・・・・・・(この沈黙が心地良いな)」




65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 11:27:23.07 ID:31mOycOS0
真紅「うぅ・・・濡れちゃったのだわ」

水銀燈「泳いでもないのに身体中海水でべとべとよぉ・・・」

翠星石「早くお風呂に入りたいですぅ・・・」

雛苺「ヒナもなのよ」

蒼星石「はぁ・・・。ちょっと早いけどもうホテルに行こうか」

水銀燈「ごめんなさぁい」

真紅「水銀燈・・・覚えてなさい」

水銀燈「はいはい・・・でも今はやめてねぇ」




67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 11:35:09.52 ID:31mOycOS0
---ホテル---
蒼星石「ここが僕たちが泊まるホテルだよ」

金糸雀「どひゃーっ!高いかしらー!」

水銀燈「まずはお風呂に入りたいわぁ」

翠星石「そうですね。全くチビチビのせいで・・・」

水銀燈「もういいじゃなぁい。サッパリしましょ」

翠星石「・・・・・・」

雛苺「うにゅ~・・・翠星石、ごめんなさいなのよ」

翠星石「・・・別に気にしてねーですから、いいですよ」




71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 11:50:12.70 ID:31mOycOS0
水銀燈「あぁ~・・・気持ちいいわぁ。ドロドロが流れていく・・・」

翠星石「その胸を見せびらかすんじゃねーですぅ!」

水銀燈「あらぁ・・・嫉妬してるのぉ?」

翠星石「くっ・・・だ、誰が胸なんかに嫉妬するですか!」

水銀燈「あれ?誰が『胸』って言ったのぉ?」

蒼星石「翠星石、墓穴掘ってるからやめなよ」

水銀燈「そういえば、蒼星石の方が胸あるわねぇ。美乳ってやつぅ?」

翠星石「きーっ!悔しいですよ。うわぁぁぁぁぁん!」

水銀燈「ちょっとぉ・・・泣かないでよぉ」




73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 11:57:25.46 ID:31mOycOS0
真紅「全く・・・胸なんかであんなに盛り上がれるなんて」

金糸雀「胸なんてどうでも良いかしらー!(真紅よりはあるかしら)」

水銀燈「あらぁ・・・真紅ぅ?どこが胸なの?」

真紅「!!!!」

金糸雀「あちゃ~・・・かしら」

水銀燈「まだ雛苺のほうがあるんじゃなぁい?」

雛苺「♪~♪~」ゴシゴシ

真紅「・・・・・・(本当なのだわ・・・)」チラッ

金糸雀「も・・・もうよすかしら水銀燈」

水銀燈「そ・・・それもそうね」

真紅「・・・・・・・」ドドドドドドド




76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 12:11:04.78 ID:31mOycOS0
水銀燈「じゃあサッパリしたしもう上がらせて・・・」

真紅「・・・・・・フヒヒ」

金糸雀「え?かしらぁぁぁぁぁぁ!」

翠星石「翠星石達は上がらせてもらうですぅ(ヤバイヤバイヤバイですぅ!!)」

蒼星石「のぼせないようにしなよ・・・(抜き足・・・差し足・・・忍び足)」

真紅「そう・・・」

水銀燈「ちょ・・・金糸雀、しっかりしなさぁい!」



78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 12:14:03.45 ID:31mOycOS0
水銀燈「ねぇ・・・ゴメンゴメンゴメンなさぁい!!」

真紅「ダメだね」

水銀燈「え?・・・・ヤッダァァァバァァァァァァ!」ドッボーン

真紅「あぁ~っ!すっきりしたわ」

水銀燈「・・・・・・」

金糸雀「・・・・・・」

雛苺「(今のうちなのよ・・・)」

真紅「雛苺」

雛苺「!!!!・・・・なんなのー?」

真紅「体はちゃんと拭くのだわ」

雛苺「・・・わかったの」




80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 12:21:28.07 ID:31mOycOS0
---夕食---
水銀燈「うぅ・・・まだクラクラするわぁ」

金糸雀「カナはとばっちりかしらー・・・」

翠星石「災難でしたね・・・これあげるから元気だすです」

水銀燈「・・・ゴーヤじゃなぁい。嫌いなのぉ?」

翠星石「べ・・・別に嫌いじゃねーですけど・・・苦いんですよ」

水銀燈「そう・・・じゃあ食べてあげるぅ」パクッ

蒼星石「翠星石、好き嫌いは良くないよ」

翠星石「てへへ・・・ですぅ」



82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 12:25:58.92 ID:31mOycOS0
真紅「蒼星石、これは何?」

蒼星石「・・・これは豚の耳だね」

真紅「食べられるの?」

蒼星石「うん。とってもおいしいよ」

雛苺「うゆ~?何で真紅食べないの?とってもおいしいのよ~」

真紅「そ・・・そこまで言うなら・・・」パクリ

蒼星石「どう?」

真紅「お・・・おいしい・・・」




85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 12:43:53.04 ID:31mOycOS0
真紅「これは美味しいのだわぁぁぁ!!」

蒼星石「うわぁ・・・物凄い勢いだよ」

雛苺「豚みたいなのー」

蒼星石「僕はゴーヤチャンプルでも食べようかな」

雛苺「うにゅーおいしいのー!」

蒼星石「この苦味がなんともいえないね・・・」

金糸雀「カナはもうお腹いっぱいかしらー」

水銀燈「今日はもう疲れたわぁ。さっさと寝ましょうよぉ」



88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 12:51:22.01 ID:31mOycOS0
水銀燈「明日はどこに行くのぉ?」

蒼星石「そうだね・・・水族館に行って国際通りに行こうかな」

翠星石「水族館ですか?」

蒼星石「うん」

水銀燈「まぁ、全部蒼星石に任せるわぁ。それじゃお休み」

金糸雀「カナももう寝るかしら・・・・」

真紅「雛苺はもう寝てるのだわ」

雛苺「うにゅ~・・・・・・」zzzzz




91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 12:55:36.28 ID:31mOycOS0
真紅「私ももう寝るのだわ」

蒼星石「そう。おやすみなさい」

翠星石「あれ?翠星石はまだ寝ないんですか?」

蒼星石「いや、もう寝るよ」

翠星石「そうですか。早く寝ないと体にさわるですよ」

蒼星石「うん。ありがとう(まだする事があるからね・・・)」

金糸雀「かしらーかしらー・・・・・・」zzzz

翠星石「ぷっ!チビカナのやつ寝言でまでかしらって言ってるですぅ」




90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 12:54:48.10 ID:poMinlb50
今更だが国内線でパスポートだと?



92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 12:59:58.30 ID:h7K+wfcZO
>>90
お前消されるぞ・・・



93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 13:02:49.61 ID:31mOycOS0
>>90 ハッ!やってしまったorz

***翌朝***
水銀燈「はぁぁん!・・・よく寝たわぁ」

真紅「朝から奇声を発さないで頂戴。頭が痛くなるのだわ」

翠星石「よく寝たですぅ・・・」

蒼星石「おはよう、みんな・・・金糸雀と雛苺はまだ寝てるみたいだね」

翠星石「ほらぁ!二人とも起きるですよ!」

金糸雀「ハッ!敵襲かしら?」

雛苺「うゆ~・・・あれ?うにゅーは?」




98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 13:08:40.54 ID:31mOycOS0
***朝食***
金糸雀「やっぱり朝はシークワーサージュースかしらー!」

蒼星石「これはやっぱり飲んでおかないと」

雛苺「これすっぱいのよ・・・」

水銀燈「私はもちろん朝はヤクルトよぉ。・・・幸せ」

翠星石「随分安い幸せですねー」

水銀燈「別に良いじゃなぁい」

真紅「どうして紅茶は置いてないの!?オーナーを呼ぶのだわ!」

翠星石「・・・普通朝から熱い紅茶を飲む奴なんていないですよ」

真紅「ガッデーム!」



104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 13:26:31.44 ID:31mOycOS0
---移動中---
翠星石「水族館は楽しみですぅ!」

雛苺「お魚さんいっぱい見るのー!」

蒼星石「ふふ・・・僕も実はそこに行きたかったんだ」

金糸雀「あれ?真紅と水銀燈は何やってるかしらー?」

蒼星石「二人はデュエルしてるよ。これで決着をつける!って息巻いてたからね」

金糸雀「そうかしらー」

翠星石「わくわくするですぅ」




106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 13:29:29.02 ID:31mOycOS0
真紅「そんな・・・延々とモンスターが・・・orz」

水銀燈「やったわぁ!私の勝ちよぉ!」

蒼星石「BFは反則だと思うんだ・・・」

水銀燈「まあ、勝ちは勝ちよぉ!」

翠星石「喜ぶのも良いですけど、もう水族館に到着するですから、降りる準備をするですぅ」

雛苺「そうなのよー!いっぷんいちびょうが惜しいのよ」

水銀燈「分かったわよぉ」

金糸雀「あっ!どうやら着いたみたいかしらー!」



108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 13:36:50.49 ID:31mOycOS0
---水族館---
蒼星石「ここの目玉は『黒潮の海』っていう大水槽なんだよ」

水銀燈「へぇ~・・・」

翠星石「サンゴがきれいですぅ・・・」

金糸雀「きれいな翠色かしらー!」

雛苺「見るだけは退屈なのー!生き物に触りたいのー!」

真紅「そうね。私も見るのは退屈なのだわ」

蒼星石「・・・もう少し行ったらちゃんと触れる場所はあるから」



111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 13:42:51.11 ID:31mOycOS0
雛苺「ナマコさん口から何か出したのー!」

蒼星石「ああ、これは内臓だね」

雛苺「ええ?じゃあナマコさん死んじゃうのー?」

蒼星石「いやいや、ナマコはその位じゃ死なないよ」

真紅「ひぃっ・・・ヒトデって意外と硬いわね」

水銀燈「何ビビッてんのよぉ・・・ひっ!」

翠星石「予想外の硬さにビビッてるですね」

真紅「・・・・・・」チョン

金糸雀「はぁ・・・・・・頭痛いかしら」




113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 13:46:39.79 ID:31mOycOS0
黒潮の海イメージ
(既に流れていたため、ググって出てきた参考画像)


蒼星石「ここがメインの『黒潮の海』だよ」

翠星石「大きい水槽ですね」

金糸雀「あぁっ!あれはジンベイザメかしらー!」

雛苺「きれいなのー!」

蒼星石「それでは・・・この水槽をバックに一枚写真を・・・。真紅、誰か他の人に頼んできてよ」

真紅「私!?・・・別に良いわ」

水銀燈「いってらっしゃぁい」




114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 13:49:20.35 ID:31mOycOS0
真紅「誰にしようかな・・・あの人なんて良さそうね」

真紅「・・・・・・」チョンチョン

???「アァ~・・・随分寝ていたが・・・そろそろ・・・?」

真紅「写真を撮って欲しいのだわ」

???「そんな事ならお安い御用だ」

真紅「じゃあお願いするわ」

???「良かろう」




115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 13:52:02.11 ID:31mOycOS0
???「じゃあ行きますぞ。ハイ、チーズ」

翠星石「なんですかあのオッサンは、でか過ぎるですぅ」

水銀燈「チョイスを間違えたわねぇ」

金糸雀「常にニヤけ面は逆に怖いかしらー」

???「もう一枚行きますぞ。1+1は?」

ドールズ「にー!」パシャッ!!

真紅「ありがとう」

???「いやいや、こちらこそ」




118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 13:58:42.82 ID:31mOycOS0
翠星石「さっきのオジサン、見かけはアレでしたけど良い人でしたね」

水銀燈「人は見かけによらないって、ああいう人のことを言うのねぇ」

蒼星石「さぁ魚も沢山見たし、最後の国際通りに行こうか」

ドールズ「おー!」

---移動中---
蒼星石「国際通りはお土産が他の所よりも安いことで有名なんだ」

真紅「私はご当地くんくんが欲しいのだわ」

蒼星石「多分売ってると思うよ」

水銀燈「私は魔除けのシーサーでも買おうかなぁ」

金糸雀「何で魔除k・・・」ムグムグ

雛苺「お前空気読めよ・・・水銀燈のミーディアムのこと思い出せ」ボソボソ

金糸雀「なるほどかしらー」




119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 14:02:44.09 ID:kQdBGLQqO
何苺なんだよ、こいつww



120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 14:02:49.09 ID:31mOycOS0
---国際通り---
真紅「さぁ!ご当地くんくんを買いに行くのだわ!」

蒼星石「待って真紅!はぐれないように皆で行動するよ」

翠星石「自分勝手な行動は許されないですぅ!」

真紅「わ・・・分かったわ」

水銀燈「沢山店が立ち並んでて、どこに入ったら良いかわからないわねぇ」

金糸雀「こういうときこそ勘かしらー」

雛苺「このお店にするのー!」



122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 14:07:44.37 ID:31mOycOS0
真紅「あぁ!早速見つけたわ!ご当地くんくん!」

水銀燈「私も買おうかなぁ・・・『シーサーくんくん』」

翠星石「翠星石もお土産を買うですぅ!」ガサガサ

蒼星石「・・・あれ?JUM君にはお土産買わないのかい?」

翠星石「な・・・なんであんな奴なんかに・・・!」

蒼星石「ふ~ん・・・じゃあ僕はJUM君に何か買って帰ろうかな」

雛苺「ヒナもJUMには『ハイチュウ パイナップル味』をかったのよ」

翠星石「み・・・みんな買うんなら、翠星石だけ買わないのもおかしいですしね・・・何か買ってやるですか」

蒼星石「(ふふ・・・照れ隠しだね)」

金糸雀「みっちゃんにはラフテーでいいかしら」




123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 14:12:08.83 ID:31mOycOS0
水銀燈「めぐのお土産は・・・この魔除けのシーサーね。・・・早く病気が治るといいわぁ」

翠星石「あれ~?水銀燈、何選んでるですか?」

水銀燈「ち・・・ちょっとねぇ」

翠星石「そうですか・・・」

水銀燈「翠星石こそ、あのミーディアムにお土産は買ったのぉ?」

翠星石「ま・・・まぁ大した事ねーものですけどね」

水銀燈「・・・素直になりなさいよ」ボソッ

翠星石「え?今なんて言ったですか?」

水銀燈「・・・何も言ってないわぁ」




125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 14:16:50.59 ID:31mOycOS0
蒼星石「さて、お土産も全部買えたし、後は・・・」

金糸雀「はい、蒼星石」

蒼星石「?・・・なんだいこれは?」

金糸雀「金糸雀から蒼星石へのご褒美かしら」

蒼星石「ご褒美?」

金糸雀「この旅行を企画してくれたお礼かしらー」

蒼星石「・・・ありがとう。貰っておくよ」

金糸雀「どう致しましてかしらー」




127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 14:20:02.05 ID:31mOycOS0
雛苺「うにゅー!うにゅーは売ってないの~?」

真紅「うにゅーなんて売ってるはず無いのだわ」

雛苺「悲しいのよ・・・」

真紅「・・・私が買ってあげるわ」

雛苺「ほんと?」

真紅「ええ。向こうに帰ったら一緒に買いに行くのだわ」

雛苺「ありがとうしんくー!」

真紅「んもう・・・くすぐったいわ」




131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 14:30:23.11 ID:31mOycOS0
蒼星石「後は帰るだけだね」

翠星石「まだ遊んでいたいですぅ」

水銀燈「あ~あ・・・楽しい事ほど時間の過ぎるのは早いわねぇ」

金糸雀「楽しかったかしらー!」

真紅「ええ、また今度は別の場所に行きたいのだわ」

雛苺「今度はうにゅーのある場所にするのー!」

翠星石「今度は・・・・」

真紅「フランスだっていい・・・」

水銀燈「イタリアよぉ!だって・・・・・・」

金糸雀「卵の名産地・・・・」

雛苺「うにゅーうにゅーうn・・・・・」




蒼星石「これでこのお話はお終い。みんな見てくれてありがとう」



133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/05(日) 14:33:04.36 ID:kQdBGLQqO




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking livedoor Blog Ranking

この記事へのコメント
作者乙
管理人、カテゴリー分け頑張れw
2009/04/07(火) 06:34:55 | No.2213 | フラグを立てたい名無しさん | #-[ 編集]
実にホノボノ、良かったです。
しかし、途中で出てく写真を撮ってくれるキャラが誰なのか、サッパリ分りませんでした。誰でもない、ただの通行人なのかな?
2009/04/07(火) 20:45:39 | No.2215 | 通行人α | #-[ 編集]
キモオタでなくてよかった

2009/04/08(水) 00:31:04 | No.2216 | p太郎 | #-[ 編集]
あっさり風味だけど、良かった
2009/04/08(水) 13:15:47 | No.2217 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://minaminoxxxsummer.blog49.fc2.com/tb.php/432-b226d821
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。