戯言ニュース

ほとんどVIPのまとめ。

HeadLine
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真紅「歯の間に何か挟まっているのだわ」
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 20:34:40.97 ID:aYq4yXsm0
真「何かしら…この黒いの?」

真「舌じゃとれないわね…」

翠「真紅、鏡とにらめっこしてどうかしたんですか?」

真「翠星石…歯に何か挟まってとれないのよ」

翠「なら、爪楊枝でも使えばいいです」

真「嫌よ、親父臭いじゃない」

翠「口にくわえてシーシーやるわけじゃあるまいし、そんなに気にすることないですぅ」

真「…」




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ 真紅「歯の間に何か挟まっているのだわ」
2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 20:36:10.19 ID:aYq4yXsm0
真「チッチッ」

真「…とれないのだわ」

翠「ちょっと見せてみるです」

真「アーン」

翠「…えーと、どの歯ですか?」

真「しふぁふぉみひかふぁふぉおふふぁふぁにふぁんへほ」




4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 20:38:31.07 ID:aYq4yXsm0
翠「え?」

真「しらのみひかわほおふふぁらにはんへほ」

翠「…口を閉じるですぅ」

真「下の右側の奥から二番目よ」

翠「はい、口開けて」

真「アーン」




5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 20:39:52.62 ID:aYq4yXsm0
翠「けっこう大きいですね」

翠「翠星石が楊枝で………」チッチッ

翠「…とれないです」

真「ふぇ、ふぉふぇふぁいへほぅ?」

翠「口を閉じるです」

真「ね、とれないでしょう?」

翠「諦めるには早いです。 もう一度…」

J「何やってんだ、おま……え…ら………?」




6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 20:41:10.36 ID:aYq4yXsm0
J(二人ともあんなに顔を近づけて……ま  さ  か!?)

真「あらJUM、歯に何か挟まってとれないのよ」

J「は? それで、翠星石に見てもらってたのか?」

翠「そうですぅ。 チビ人間も手伝うです」

J「なんだ、僕はてっきり……」

真・翠「?」

J「いや、何でもない」




7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 20:42:28.87 ID:aYq4yXsm0
J「えっと、歯に何か挟まったんだよな」

J「楊枝じゃダメなのか?」

翠「爪楊枝ではびくともしないです」

J「そんなに堅いのか…?」

J「どれ、ちょっと見せてみろ」

真「アーン」

J「…どこだ?」

真「しふぁふぉみひかふぁふぉおふふぁふぁにふぁんへほ」

J「は?」

翠「下の右側の奥から二番目ですぅ」




9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 20:43:42.66 ID:aYq4yXsm0
J「あった…でかいな」チッチッ

J「…本当だ、がっちり固定されてる」チッチッ

J「ダメだ………ちょっと待ってろ」
ガチャ バタン





真「…」

翠「…真紅、もう口閉じていいですよ」




11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 20:44:55.29 ID:aYq4yXsm0
J「ほら、持って来たぞ」

真「これは何?」

J「糸ようじだよ。 爪楊枝よりはマシだろ」

J「ほら真紅、口開けろ」

真「アーン」

翠「…糸ようじって、歯の間に入れて使うんですよね」

J「当たり前だろ」

翠「あんなに堅く物が挟まってるのに、どうやって歯間に入れるんですか?」

J「…あ」

真「ふふぁえふぁいへほふへ(使えない下僕ね)」




12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 20:46:07.78 ID:aYq4yXsm0
J「でも、折角持って来たんだ。 やるだけやってみよう」

J「…それ!」ギギギ

J「くそっ、全く入っていかない………翠星石、お前も手伝え!」

翠「手伝えたって、どうやって…?」

J「僕の腕を下に引っ張るんだ!」

J・翠「…せーの、えいっ!!」ギギッギッ

真「いふぁい! いふぁい!!」

J・翠「ふんぬぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉおおおおお!!!」ギギッギギッギギギィィィィ
ブチィッ!!

J「!! あ…糸が…」
翠「切れた…ですぅ」

J「小林製薬さん、糸ようじを活躍させられずゴメンなさい」




17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 20:47:20.70 ID:aYq4yXsm0
J「もうどうにもならんので、助っ人を呼びました」

翠「蒼星石、金糸雀、何か良い案はないですか?」

蒼「糸ようじの糸が切れたんでしょ? 難しいなぁ…」

金「ところで、真紅はなんで口を開けてるのかしら?」

J「さぁ?」

翠「閉めろと言わんと閉めんのですぅ」










真「…(疲れた)」




20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 20:48:34.08 ID:aYq4yXsm0
金「丁度いいから、見せてもらうかしら」

蒼「じゃあ、僕も」

金「問題の歯はどこかしら?」

真「しふぁふぉみひかふぁふぉおふふぁふぁにふぁんへほ」

金・蒼「へ?」

翠「…下の右側の奥から二番目です」

金「うわ、何この黒いの」

蒼「これ食べカス?」

真「ほんふぁほふぉはへへふぁいふぁ」

翠「『こんな物食べてないわ』です」

J「お前…わかるのか」




21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 20:49:50.60 ID:aYq4yXsm0
金「ここはカナに任せるかしら。 てこの原理を使うかしら」

J「てこの原理…歯の間にどうやって?」

金「黒い物の下に僅かに空間があるかしら」

金「そこに何か丈夫な物を差し込んで、端から思いっ切り力をかけるかしら」

J「なるほど」



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 20:51:57.77 ID:aYq4yXsm0
蒼「力点は端にかける力、作用点は黒い物として、支点はどこ?」

金「真紅の歯茎もしくは下唇」

真「ふぇ!?」

翠「この際しょうがないですぅ」

J「で、その丈夫な物には何を使うんだ?」

金「バイオリンの弦」

真「ふぉ!?」

翠「糸ようじよりは頑丈でしょうけど、歯の間に入るんですか?」

金「カナに掛かればちょちょいのちょいかしら! ………多分」



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 20:53:13.75 ID:aYq4yXsm0
翠「やってみると入るもんですね」

金「カナの言った通りだったかしら!」

蒼「この弦、やけに硬いね」

金「特殊加工を施してあるから、そう簡単には折れないかしら」

J「そんな弦、普段何に使うんだよ…」

金「後は弦の端に板を括りつけて………」

金「この板にみんなで飛び乗るかしら」

真「いふぁい! ふぇっふぁいいふぁい!!(痛い! 絶対痛い!!)」

金「何言ってるかわからないけど、暴れると危険だからそこの椅子に縛りつけるかしら」

J「ほいきた」

真「ふぉ!? ほっ、はふぇふぁふぁい!!(ふぉ!? ちょっ、やめなさい!!)」




26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 20:54:30.69 ID:aYq4yXsm0
J「よし、これで滅多なことじゃ外れないだろ」

真「はぅぅ…」

蒼「流石JUM君、鮮やかな亀甲縛り」

翠「一体どこからロープを…」

金「真紅のためにもさっさと終わらせるかしら」

金「テーブルの上からみんなで板に飛び乗るかしら!」



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 20:55:02.89 ID:u1wpAeHT0
金糸雀ってやつマジ鬼畜



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 20:55:44.78 ID:aYq4yXsm0
金「Are you ready?」

J・翠・蒼「OK」

金「3、2、1…」

金・J・翠・蒼「GOーーーーーーー!!!」ダッ
ヒュ- ズドンッ!!!

真「がっ!!!!!!」
ドッ
バゴォォォォォ----------------------ンッ!!!!!

金・J・翠・蒼「oh…」




32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 20:56:57.56 ID:aYq4yXsm0
真「死ぬ…冗談抜きで死ぬ」

金「いや~、まさか椅子ごと真紅が吹っ飛ぶとは思わなかったかしら」

翠「水銀燈以外のドールが、宙に舞うのを初めて見たですぅ」

J「それは見事な弧を描いていたよ」

蒼「描いた軌跡が、まるで真っ赤な虹のようだった…」

真「いや、壁が壊れる程の衝撃だったのよ? 労りの言葉の一つや二つないの? って言うか謝れ」




35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 20:58:14.63 ID:aYq4yXsm0
蒼「さて、次は僕の案を試そうか」

真「もういいから……悪い予感しかしないのだわ」

蒼「歯間ブラシという手もあるけど、あの様子だと外部からの力で外すのは無理だと思うんだ」

J「そうだな」

真「無視された…」

蒼「そこで、黒い物を外すという考えから脱却してみよう」

翠「外さないで、どうするんですか?」




36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 20:59:10.10 ID:Id7T3Eqg0
歯を取ればいい



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 20:59:29.01 ID:aYq4yXsm0
蒼「物自体を削ってしまえばいいんだよ」

真「けず…る…?」

金「削るって、道具はどうするのかしら?」

蒼「僕はね、アリスたる者歯も白く健康でなくてはいけないと思うんだ」

蒼「だから、歯科医の勉強をしていてね」

J「他のドール達に比べて、なんとも勤勉だな」

蒼「ローゼンメイデンとして、これくらい当然さ」

翠「いや、何か違う気が…」




39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 21:00:50.54 ID:aYq4yXsm0
金「それで、あのキュイ-ンってなるドリルを持っているのね?」

蒼「勿論。 ちなみにドリルじゃなくて、エアタービンね」

蒼「そういうわけだから真紅、口開けて」

真「それ、黒いのだけを削れるのよね?」

蒼「それは難しい。 多少両隣の歯も削れるだろうね」

真「貴女、歯は健康であるべきって自分で言ってたじゃない!」

J「何、歯の二本くらい僕が作ってやるさ」

蒼「ほら、JUM君もこう言ってくれてるし大丈夫だよ」



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 21:02:09.24 ID:aYq4yXsm0
真「…」ダッ

J「あっ、逃げたぞ!」

蒼「みんな捕まえて!」

翠(なんかもうどうでもよくなってきた)

金「追撃のカノン!」

真「GYAAAAAAAAAAAAAAAAAA!!!」ドテッ
ポンッ ドスン!!!

銀「いったぁ…」

J・翠・蒼・金「!!??? 水銀燈!?」




43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 21:03:24.34 ID:aYq4yXsm0
翠「ちょ、え? えぇ!? 今、確かに真紅の口の中から出てきたですよ!!」

J「おい、真紅は!?」

金「カナの攻撃で伸びてるかしら」

蒼「えーと………さっきまで真紅の歯の間にあった物はなくなってるね」

翠「じゃあ、あの黒い物が水銀燈だったんですか!?」

J「どう間違ったって物理的に不可能だろ!」

蒼「でも…みんな見たんでしょ?」

金「水銀燈! 一体どういうことかしら?」




44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 21:04:51.34 ID:aYq4yXsm0

              ___r=y=ー=冖-ィrt=、
          /___f〆::::::::::::::::::::::::::::::Yごソ\
         /__f〆:::::::::::::::::_y=ー¬冖¬―-\       /
         / .{f7::::::::: イ厂  ;′         `\    / /        あ…ありのまま 数時間前に 起こった事を話わよ
        /__{f|:::::/  l l  |      ヽ  ',  ヽ  / /
.       /〈匚/イト\   | |  |       ',  i  ヽ∨ /   / //  『私は日向ぼっこをしていたと思ったら
      /   ̄7 |l|___}〉 ∥|   | {      |   |     ∨ /  ../    いつのまにか雛苺に吹っ飛ばされていた』
.     /   //  |:| ̄  | || l   | | ト      | ∥u ;    ', Y /.::/
    /   , / l  |:|    l┼ヽ\ ||| \  |ハ / | | |: l::.::.::./       な… 何を言ってるのか わからないと思うけど
  /   |:| |  |:|',   |ヽー=≧x、ヽ ゙, //_」./l  | ||:リ:.: /        私も何をされたのかわからなかったわぁ…
/     |:| |  |:| ヽ  |U 弋_リノヾ'ー |/ィ,T7/ /j / /::.::/
       |:| |  |:|  ト  ヽ   ̄      ゝ' /´ |::::/::イ::.: \..       頭がどうにかなりそうだった…
    /   |    | \ \ u          / /::.::.::.::.:/_<_
 \/    ∧    |\   ̄   ___,. ' /´::.::.::.::.::.::.<二 _/       雪華綺晶だとかアリスだとか
___ \   / ∧    トU \      ̄` イ   |::.::.::.< ̄ ̄ ̄, -' .        そんなジャンクなものじゃ 断じてない
::.::.::.::\\/ /.::.ヘ   ∨>=>  _ ∠::.::.:|  |::.::.::.::.::.>   ,、-''´
::.::.::.::.::.::.` <´\ヘ.  ∨::/∧:ト\く___|  | ̄ ̄ー―::.::.::.::.:ー- ::.::.::.::.  もっと恐ろしいものの片鱗を味わったわぁ…   
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\ ゙ヘ  ∨/ |:|:::://::.::.::.::.:|  ∧__ー<  ̄ ̄ ̄`` ̄
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::ヽ ヽ  V  |:|::〈〈::.::.::.::.::.| / \::.::.::\ \



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 21:06:12.38 ID:aYq4yXsm0
蒼「おい、こいつアリスがジャンクとかほざきやがったぞ」

翠「雪華綺晶はともかくアリスをジャンクって…」

金「お父様に対する侮辱ともとれるかしら!」

銀「い、いや、今のは失言だったわぁ… でも、それ程雛苺が尋常じゃない力だったってことよぉ」

J「アリスへの執着心が強い水銀燈がここまで言うとは…」

金「そういえば、雛苺は?」

翠「巴の家に遊びに行ったはずですぅ」

雛「ただいまなの~」

J「なんというグッドタイミング」




47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 21:07:30.72 ID:aYq4yXsm0
雛「うゅ? みんな揃ってどうしたの?」

J「雛苺…一先ずそこに座れ」

雛「?」

J「お前、今日何してた?」

雛「巴と一緒にお絵かきとか竹刀であんなことやこんなことをしてたのよ」

J「…水銀燈に何かしなかったか?」

雛「!」

雛「……何も」

銀「嘘つきなさぁい! 私をグルングルン振り回したじゃないのぉ!」

雛「チッ(起きてやがったか)」

銀「あ、舌打った! 今、舌打った!」

蒼(言い方がうぜぇ)

翠「チビ苺、白状するです」

J「雛苺、話してくれるな?」

雛「…ばれたら、しょうがないの」




50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 21:08:53.21 ID:aYq4yXsm0
―数時間前

雛「今日は天気がいいから、お散歩しながら巴のお家に行くの」

のり「はい、雛苺ちゃんいってらっしゃい」

雛「いってきま~すなの」ガチャ バタン



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 21:10:12.10 ID:aYq4yXsm0
雛「Frere Jacques, Frere Jacques♪」テクテク

雛「Dormez-vous? Dorme…ん?」

銀「…zzz」

雛「あれは水銀燈…屋根の上で寝てるの」

雛「あんな所で寝てたら、どう見ても不審者なの」

雛「きっと野良生活を続けた所為で、自尊心がジャンクになったのね」

雛「あのままじゃ姉妹の恥なの。 ヒナが起こしてあげるの」

雛「あの塀から登れそうね…」

雛「んしょ…んしょ…」ヨジヨジ




54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 21:11:34.92 ID:aYq4yXsm0
雛「ふぃ~、JUM登りで鍛えたクライミングの腕が役に立ったの」

雛「水銀燈起きるのよ!」ユサユサ

銀「…zzz」

雛「起きないとローザミスティカもらっちゃうのよ~?」

銀「…ムニャ……zzz」

雛「…全然起きそうにないの」

雛「…」

雛「……チャンスなの」




55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 21:12:49.64 ID:aYq4yXsm0
雛「seour Mercure, seour Mercure♪」

雛「Dormez-vous? Dormez-vous?♪」

雛「Sonnez les matines, Sonnez les matines♪」ガシッ

銀「! え…なに……雛苺…!? …何この体勢」

雛「Ding!」ブォン
雛「Ding!」ブォン ブォン
雛「Dong!」ブォン ブォン ブォン

銀「ちょっと、聞こえてないの!? なんで回してんのよ!!」

雛「Ding!」ブォン ブォン ブォン ブォン
雛「Ding!」ブォン ブォン ブォン ブォン ブォン




56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 21:13:15.22 ID:0omrv/lH0
http://www.youtube.com/watch?v=5wyKqvCg4gs
これか



57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 21:14:09.19 ID:aYq4yXsm0

             ̄ ̄ ̄ ̄-----________ \ | /  -- ̄
     ---------------------------------  。←銀「GYAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA!!!!!!!」
          _______----------- ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ,,,,,,:,,  ,,,,,,,,           / / |  \   ン
         ,,,',/ .,,,゙!l"   l         /  ./  .|    \ ┼
    D    >,l-‐゙゙"'-゙`‐-y,        /   ./  .|     /|
    o    ;'''',,ll|l゙゙゙゙ソ'゙/:,|l,`l            /    |   ┼ .
   n    `゙゙',!!,,,,l|,,,,,,l,l"fノ           /    |    /|
  g       ,!'li'''',,''''il"/           /   .  ─┼─
  !        ,/ ゙゙/l ゙゙ |            / ──∥ /|
        ./| / |   |            /.    /  .
   .レ-‐″ / |   |             /
   れ,,,,. /,,,, ,,,|i:、.、 l
  ‐″ザハ =,,:::i!yー'llli/




58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 21:15:41.20 ID:aYq4yXsm0
雛「だらっしゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁああああああああああ!!!!!」

雛「…ふぅ」

雛「ジャイアントスイング……いつもはくんくん人形だけど、一度動く物相手にやってみたかったの」

雛「自分より大きな相手は少しきついの」

雛「飛距離はかなり伸びたけど、回転数はまだまだね」

雛「目指せ500回転!! なの」




59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 21:16:21.02 ID:gD8BmSWB0
雛……恐ろしい子……



60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 21:16:36.57 ID:+UkOM05C0
気づいたら俺も口をあけてた



61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 21:17:08.86 ID:aYq4yXsm0
雛「―――ということなの」

J「それで真紅の所まで吹っ飛ばされて、口に入ったってことか…?」

銀「そうよぉ。 ローゼミスティカが飛び出る思いだったわ」

翠「なんで水銀燈は屋根の上なんかで寝てたですか?」

銀「え…よく晴れてて気持ち良かったから、日当たりのいい屋根の上で日向ぼっこしてたらいつの間にか寝てたのよ…」

蒼「自尊心がジャンクになったというのは間違ってないね」

銀「う…」

金「そんなことより、水銀燈が真紅の歯の間に挟まる程ミニサイズだったのが謎かしら」

蒼「空中で毒キノコでも口に入ったんじゃないの?」




62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 21:18:31.69 ID:aYq4yXsm0
その後、雛苺のジャイアントスイングには禁止令が出され、500回転の夢は儚く散ったと思われた
しかし、雛苺は密かに練習を続け、世界に名を轟かす程のロリレスラーになることを誰が予想しただろうか




63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 21:18:49.29 ID:u1wpAeHT0
超展開www



64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 21:19:56.18 ID:aYq4yXsm0
メガネ小僧「ド○え○~ン!」

メガネ小僧「あれ、いないのかな…?」

メガネ小僧「まあ、いいや…」

メガネ小僧「確かこのあたりにス○アポ○ットが………あった、あった」

メガネ小僧「○ャ○○○の奴を倒すには………簡単に使えるしス○ール○○トでいいかな」

メガネ小僧「にひひ、ちょっと借りてくよ~」

メガネ小僧「…歩くのも面倒だし、タケコプターで行こっと」カチッ ブルルルルル




66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 21:21:16.36 ID:aYq4yXsm0
メガネ小僧「え~と…○ャ○○○の奴は…」

銀「AAAAAAAAAAAAA」

メガネ小僧「なんだアレ?」

銀「AAAAAAAAAAAAA」

メガネ小僧「ひ、人!? こっちに飛んで来る!!」
ドカァ
カチッ ピカァ

メガネ小僧「あっ! ○モ○○ライ○のスイッチがONに…」

銀「aaaaaaaaaa」

メガネ小僧「ど、どうしよう…小さくなったまま飛んで行っちゃった」

メガネ小僧「時間が経てば、勝手に切れるから大丈夫だよね… きっと…」



67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 21:22:32.29 ID:aYq4yXsm0
真「最近寒い日が続いたのに、今日は暖かいわね」

真「日も当たってるし、偶には庭に出てみようかしら」スタスタ
ガチャ バタン

真「お天道様が気持ちいいのだわ…」

真「…ウトウト………zzz」

…ヒュウウゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ
銀「aaaaaaaaaaaaaaaaa!!!!」

ガッ ズボ!
真「んぐぁ!」

真「……あら? 私としたことがこんな所で寝てしまうなんて…」

真「なんだか歯に違和感が…」



~ 真紅「歯の間に何か挟まっているのだわ」 ~ 完




68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 21:23:14.88 ID:ddQY522L0
乙!


しかし、トンデモ発想だなwww



71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 21:24:19.34 ID:YhsHmQG9O
乙!



72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 21:24:26.55 ID:gD8BmSWB0
終わったwwwww



75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/05(木) 21:27:50.01 ID:aYq4yXsm0
初ssだったんだけど、思ったより好評で良かった
何となく書き始めたらこんな展開になってた

雛苺が歌ってたのは「FRERE JACQUES」というフランスの童謡です
ttp://www.geocities.jp/ezokashi/f_frerejacques.html



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking livedoor Blog Ranking

この記事へのコメント
どんだけww
2009/02/07(土) 07:41:37 | No.1990 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
ここでまさかドラ〇もんがくると誰が予想しただろうか
2009/02/07(土) 07:44:39 | No.1991 | 戯事ヴぃP | #-[ 編集]
どんだけ銀は硬いんだよ
2009/02/08(日) 22:09:34 | No.1993 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://minaminoxxxsummer.blog49.fc2.com/tb.php/387-7e4f1633
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。