戯言ニュース

ほとんどVIPのまとめ。

HeadLine
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローゼンメイデン格付けチェック
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/25(日) 21:31:20.33 ID:ara05Ly30
ジ「ほら真紅、紅茶入れたぞ。」
紅「ありがとう。……やっぱり安い茶葉だけあってそれなりの味ね。」
ジ「贅沢言うなら明日からはティーパックにするぞ。」
紅「なっ…」

のり「ただいまー。」
苺「おかえりなのー!!うにゅーは!?うにゅーは!?」
のり「それがいつものお店が売り切れでね、一応コンビニのを買ってきてみたんだけど…。」
苺「えー!?ふじやのうにゅーじゃなきゃいやなの!」
のり「ごめんねぇ、また明日買ってくるから…。」

ジ「……………。」




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ ローゼンメイデン格付けチェック
2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/25(日) 21:32:43.34 ID:ara05Ly30
紅「ジュン?どうしたの?」

ジ「紅茶やら苺大福やら…お前ら本当に味の違いとか分かって文句言ってるのか?」

紅「何ですって?馬鹿にしないで頂戴!!」
苺「しつれいなの!!このいちごソムリエにむかってしつれいなの!!」

ジ「そりゃそうだよなぁ。伝説の人形だもんな、良い物と悪い物の判断位出来るよな。」
紅「当然よ!!」  
苺「とうぜんなの!!」

ジ(へぇー…、面白い。)



3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/25(日) 21:34:01.98 ID:ara05Ly30
数日後
ジ「ローゼンメイデンの皆様、本日はお集まりいただき誠にありがとうございます。」
巴「ありがとうございます。」

翠「何ですかコレ…?」
銀「緊急の用事って言うから来てみたけど…」
蒼「何このセット…テレビ?」
金「その敬語キャラは何かしら・・・??」
苺「トモエまでなにしてるの…?」
雪「………。」
薔「?」
紅「ちょっとジュン!全員集めたりしていったい何なの!?」

ジ「実はですね、今日は一流の、いや超一流のっ、ドールである皆様なら簡単に正解できるクイズを何問か解いていただこうかなと思いまして。」
紅「クイズ…?」

ジ「はい。名付けて、ローゼンメイデン格付けチェックでございます。」




4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/25(日) 21:38:05.28 ID:ara05Ly30
ジ「皆様にはこれから二人一組のチームになって問題を解いていただきます。問題は全て高い物か安い物かの二者択一。」

巴「万が一不正解されますと、現在『ローゼンメイデン』である皆様のランクが、
『槐メイデン』⇒『オリエントメイデン』⇒『ジャンク』⇒『キン消し』という風に下がっていき、最後には画面から消えていなくなってしまいます。」

薔「えっ…あの…」
巴「どうされました?『ローゼンメイデン』の薔薇水晶様。」
薔「…いえ…何も…。」

ジ「不正解になってしまうとランクが下がっていきますのでね、申し訳ないのですが呼び方や扱い方等もそれに応じてね、
いや私の気持ちではないんですよ?あくまでルールとしてっ、やらせて頂きますのでご了承ください。」

蒼「なんて嫌な笑顔なんだ…!」
翠「黒く輝いているですぅ…!」



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/25(日) 21:42:39.60 ID:ara05Ly30
巴「さて、最初のチェックに入る前にチーム分けをしなければいけないのですがどうしましょう?こちらでクジを用意していますが、皆様で決めて頂いても結構ですよ。」
皆「・・・・・・・・・・・・。」

ジ「まあ皆様全問正解だと思いますのでね、誰と組もうが関係ないとは思いますが。」

紅(前に見たわこの格付けチェックという番組…)
銀(牛肉とかワインとかの味覚チェック…)
翠(この間は演出やお花なんかも出たですぅ…)
蒼(そして最も出題頻度が高いのが…)
苺(…バイオリンのおんかんチェック!!)
雪(バイオリンを武器にしてるくらいだもの・・・・・・)
薔(金糸雀と組んでおけばおそらく…)

皆(――音感チェックは獲れる!!)


皆「金糸雀『組みましょう!!×2』『組むです!!』『組もう!!』『くんでなの!!』『組んで・・・!!×2』」




8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/25(日) 21:44:44.80 ID:B71MRcLG0
>>1
お前金糸雀好きだろ絶対好きだろwwwwwwww




10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/25(日) 21:47:14.19 ID:ara05Ly30
>>8 何でバレたんだ?

金「…へ?カナと?」

金(なにかしら・・・普段とは真逆のこの大人気・・・怪しい事この上ないかしら・・・。)
皆「・・・・・・。」
金(誰にしよう・・・真紅はいろいろ詳しそうよね、水銀燈はよく知らない、翠星石は・・・花とか盆栽?
蒼星石は・・・鋏持ってるし刃物、かしら?雛苺は苺くらいしか思いつかない、
雪華綺晶は・・・底が見えないかしら、薔薇水晶は・・・宝石?うーん・・・真紅かなぁ、でも・・・。)

ジ「・・・。」
金(あの悪意に満ちた笑顔・・・自分のドールの勝ちに期待している顔じゃない・・・。ならあんまり話したことないけどこれを機会に・・・)
金「薔薇水晶と組むかしら。」

薔「!!」
皆「なっ!?」
ジ「おお、これは意外な組み合わせですね。残りの皆様もお決めになってください。」




14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/25(日) 21:51:17.51 ID:ara05Ly30
蒼「・・・どうする?」
翠「クイズの前にもめるのもなんだしグーチョキパーでいいんじゃないですか?」
紅「そ、そうね。じゃあいっせーのー、せっ、」

――

紅「正直貴女でほっとしたわ。」   蒼「僕もだよ、頑張ろう。」

翠「ま、こんなクイズ余裕ですぅ。」   銀「さっさと終わらせましょうか。」

苺「ひ、ヒナあんまりおいしくないよ・・・」  雪「・・・・・・。」


巴「さてチームも決まったところで、一つ目のチェックは『時計』です。」




15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/25(日) 21:55:00.41 ID:7Tj7CUPm0
ヒナ大ピンチwww



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/25(日) 21:55:56.00 ID:ara05Ly30
雪「時計・・・?」

巴「皆様にチェックして頂くのは、歴史上最高の時計職人と言われるアブラアン・ルイ・ブレゲが
ルイ16世の王妃、マリー・アントワネットからの依頼で作り上げた懐中時計、
その名も『マリー・アントワネット』のレプリカと、それに似せて作り上げたクオーツ時計です。」

翠「高い方もレプリカなんですか?」
巴「はい。しかしレプリカといっても推定価格10億円の品でございます。」

皆「じゅうおく!?」
紅「じ、ジュン貴方いったいどうやってそんなものを仕入れて・・・」




19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/25(日) 22:00:12.04 ID:ara05Ly30
ジ「実はですね、今日一番成績が悪かった方を一日ギャラリーに貸し出すという条件で時計を貸し出ししてくださった方がいまして。ほら、あちらにいらっしゃいます。」

?「フッ・・・幻のローゼンメイデンシリーズを飾ることができるのなら安いものだ。
おっと、自己紹介を忘れていた。ギャラリーフェイクという画廊を経営している藤田という。よろしくね、お嬢さん方。」

銀「貴方・・・こんなゲームの為に私達を売ったの!?」
ジ「藤田様は絵画を始めとするあらゆる美術品に対して優れた修復技術をお持ちです。僕の手が及ばない部分を引き受けてもいいとの事でしたので。」

藤「たまに飾らせてくれるならね。なぁに、どうせほとんど客なんて来やしない、紅茶を飲みながら絵でも眺めててくれればいいさ。
フッ、名前の通りフェイクの品ばかりだがね。」

蒼「まぁ・・・そういう事なら・・・。」
翠「いざとなったらブチのめせばいいですし・・・。」




20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/25(日) 22:03:04.42 ID:xFBGCitT0
フwwwwジwwwwタwwwww
薔薇水晶なんかピッタリじゃないか



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/25(日) 22:06:11.02 ID:ara05Ly30
藤「物騒なのが一人いるな・・・、ところでそのクオーツの模造品と10億円の機械時計、組み上げたのは同じ人間だ。
但し材質だが、レプリカは本物の設計図から忠実に再現してあるのに対して、
模造品は現代で手に入る安価な金属やガラスを使用している。
内部は両方とも同じ様な部品で構成されてはいるがクオーツの方の表から見える歯車の動きは
針と連動していない全くのダミーだ。さて見破れるかな?」

巴「チームの代表者ですが、チーム紅蒼からは蒼星石様、チーム翠銀からは水銀燈様、
チーム薔金からは薔薇水晶様、チーム雪苺からは雪華綺晶様、審査ルームへお願いします。」

ジ「さて、最初は蒼星石様ですね。真紅様どうですか、チームメイトとして。」
紅「大丈夫でしょう、何といってもミーディアムが時計職人だもの。時計に触れる機会は多いはずだから。」

蒼「触ってもいいですか?」
ジ『大丈夫ですよ。』
蒼(見た目は全く一緒だ・・・でもこの機械時計独特の重み、振動・・・これは間違いなく、)
蒼「Bで。」




23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/25(日) 22:11:23.50 ID:ara05Ly30
ジ「さあ蒼星石様はBをお選びになりました。続いての挑戦者は、」
巴「水銀燈様、お願いします。」

ジ「さて翠星石様、どうでしょう、水銀燈様は。」
翠「多分ダメですぅ・・・でも翠星石が行っても判らないだろうから文句は言えんです・・・。
なんとなくこのチームはオチ担当の気がするですぅ・・・。」

銀「あら綺麗・・・・・・てかどっちも綺麗だわぁ・・・。」

銀(何よ・・・時計なんて時間分かればいいじゃないの・・・。
レプリカでさえ10億もする物作らせるなんて流石バカ王妃だわ!!もうこうなったら勘よ!!)

銀「B!!」




24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/25(日) 22:15:09.52 ID:ara05Ly30
翠「!!」
ジ「おお、蒼星石様と同じ回答ですね。」
翠「奇跡です・・・舞い降りた奇跡ですぅ!!」

銀「蒼星石いるかしら・・・」 ――ガチャ
蒼「やあ、水銀燈。」
銀「っ!・・・さ、サービス問題だったわぁ。」
蒼「ハハ、まだ合ってるかわからないけどね。」

ジ「さて、お次は雪華綺晶様ですね。どうですか、雛苺様。」
苺「はやく食べもののもんだいをあててあげてなの・・・ヒナのいのちがあやういの・・・。」

雪(・・・なにこれ・・・?)
雪「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・A。」

ジ「おー、分かれましたね。」

――ガチャ
雪「・・・いない・・・。」




28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/25(日) 22:17:09.48 ID:ara05Ly30
巴「最後の挑戦者は、薔薇水晶様です。」
ジ「さてどうでしょう、金糸雀様。」

金「100%正解するかしら。」
ジ「薔薇水晶様は時計にお詳しいんですか?」
金「ううん、外れの方がクオーツ時計だから。だからこそ薔薇水晶は間違えないかしら。」
ジ「?」

薔(Aの時計に・・・、・・・ということは、)
薔「B。」

――

薔(・・・誰もいなかったらどうしよう・・・) ――ガチャ

蒼「やあ。」  銀「いらっしゃい。」
薔「よかった・・・。」




30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/25(日) 22:19:29.91 ID:ara05Ly30
巴「さあいよいよ正解発表です。格付けマスターが入った部屋が正解です。」

蒼銀薔「・・・。」  ← 多数派で安心
雪「・・・。」     ← 一人で不安

ジ「正解は・・・」 ――ガチャ
ジ「おめでとうっ!!」

蒼「よしっ!!」  銀「当然だわぁ!」  薔「やった・・・!」

雪「・・・・。」  ← 槐メイデン

――




33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/25(日) 22:22:58.54 ID:ara05Ly30
巴「お帰りなさい、雪華綺晶さん。お席にどうぞ。」
雪(あれ・・・呼び方が・・・)

ジ「雪華綺晶さん、雛苺さんの『槐メイデン』のお二人は『槐メイデン』なりの扱いに下げさせていただきます。」
苺「イスがふつうのになったの・・・。」
雪「スリッパが・・・」
薔(気まずい・・・。)

ジ「ところで金糸雀様、先ほどの外れがクオーツ時計だから間違えない、というのはどういうことでしょう。」
金「クオーツ時計というのは水晶に交流電圧をかけると一定の周期で振動するという特徴を用いてるかしら。」
薔「私は水晶があれば分かるから・・・。」

ジ「なるほど・・。」
皆(今日の金糸雀はかしこいキャラか・・・。)

巴「さて、続いてのチェックは、『ワイン』です。」




36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/25(日) 22:27:31.15 ID:ara05Ly30
雛「ワイン!?そんなののんだことないの!!」
翠「そうですよ!一番年上の水銀燈だってないはずですぅ!!」
銀「いや私は禁酒法時代に密輸酒とか飲んでたけど。ワインはどうだったかしら。」
紅「密輸酒って貴女・・・」
薔「何というアウトロー・・・。」
ジ(てか禁酒法って古いなおい・・・。)

巴「今回皆様にチェックしていただくのは、フランス産白ワイン『シャトー・ディケム』 1870年産、約90万円と、
スーパーで売っているテーブルワイン、3000円です。」




38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/25(日) 22:31:00.33 ID:ara05Ly30
金「10億円に比べたら安いけどそれでも・・・ていうかそのしゃとーなんとかをどこから・・・。」
翠「ジュンはワイン詳しいですか?」

ジ「いえ全く。楽天市場で高い奴を適当に。さっき言った値段も楽天の値段ね。今回も藤田様に出資して頂きました。」
藤「どうも。」

翠「くっ・・・このダブルSランクの引きこもりがですぅ・・・!」

巴「チームの代表者ですが、チーム紅蒼から真紅様、チーム翠銀からは翠星石様、
チーム薔金からは金糸雀様、チーム雪苺からは雛苺さん、審査ルームへお願いします。」



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/25(日) 22:34:49.27 ID:ara05Ly30
ジ「さて、最初は真紅様ですね。紅茶は彼女の得意ジャンルだと思いましたので今回はワインにしてみましたが・・・、
蒼星石様どうでしょう、真紅様は。」

蒼「そうだね、『真紅の紅は赤ワインの赤』と言う位だから。白ワインも大丈夫だと思うよ。」

ジ「そうなんですか!?」
蒼「いやごめん嘘。」

ジ「シバくぞお前っ!今のとこ『ローゼンメイデン』だから手は出さないけども・・・!」



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/25(日) 22:39:10.79 ID:ara05Ly30

紅(さて・・・白ワインなんて飲むのは久しぶりだけれど。)

紅「・・・コクリ。」
紅「・・・コクリ。」

紅「・・・そうね、ディケムの特徴はなんと言っても貴腐ブドウによって生み出されるその甘さ。それが圧倒的に勝っているのは、」
紅「Aね。」

蒼「あれ、ホントに詳しいのかな。」
ジ「いいですねーあの薀蓄。これ間違えたら紅っ恥ですよまさに。」

紅「・・・・・・。」    ← 紅っ恥かもしれない



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/25(日) 22:42:49.55 ID:ara05Ly30
巴「さて続いては、翠星石様です。」
ジ「どうですか、水銀燈様。」

銀「え、そ、そんな急に振られても面白い事なんて言えないわぁ・・」
ジ「いや別に面白コメント求めてるわけじゃないよお前。」

翠(お酒は二十歳になってから・・・翠星石は今何歳です・・・。・・・えぇいもう腹くくれですぅ!!)
翠「・・・コクリ・・あれ甘い・・・、・・・っ!?」   ぶふーーーーっっ!!!! 

ジ「吹いたぞ・・?」
銀「吹いたわね・・。」




49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/25(日) 22:47:58.91 ID:ara05Ly30

翠「ゲホっ、ゲホ・・・なに、これ・・・のど、ゲホっ・・・、ノドに、くる・・ゲホっ・・・ですぅ・・・!!」
翠「ぜー、ぜー、ぜー・・・ど、毒盛りやがったなですぅ!!」

銀「お酒に慣れてない人ってのどに来るのよね。」
ジ(・・・そうなんだ。)

翠「つ、次飲むまでもなくこんな危険物が高級ワインなわけないです!!」
翠「B!!」

ジ「おー、分かれましたね。」

翠「何ですかあれは!!あやうくローザミスティカが飛び出るところだったですぅ!!」  ――ガチャッ
翠「真紅は向こうですか・・。」



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/25(日) 22:51:51.53 ID:ara05Ly30
巴「続いては金糸雀様です。」
ジ「どうですか、薔薇水晶様。」
薔「・・・今日の金糸雀はデキる・・・。」
ジ「なるほど、期待しましょう。」

金(お酒なんてみっちゃんの日本酒をちょっと舐めさせてもらった程度だし・・・
あれだって多分高いお酒じゃないはず。まぁこれもいい経験かしら・・・。)

金「・・・コクリ」
金「・・・甘くて結構おいしいかしら。」
金「・・・コクリ」
金「こっちはよく分かんない・・・。」

金「A?」

ジ「真紅様と同じですね。」

――ガチャ
紅「あら、同じ答えね。」
金「よかった・・、お酒のことはよく分からないけど、Aの方が美味しい気がしたかしら。」




52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/25(日) 22:54:53.94 ID:ara05Ly30
ジ「さて、最後は雛苺さんですね。どうですか雪華綺晶さん。」
雪「そうね・・・『雛苺の苺はいちごワインの苺』と言う位だから・・・白ワインも大丈夫でしょう・・・。」

銀&薔(・・・っ!!)
ジ「いや『そう返すのが正解だったか!』的な顔しなくていいから。」

苺「お肉には赤ワイン、お魚には白ワインなの。つまりお魚に合いそうな・・・ーっとどっちも白ワインだったの・・・。」

ジ「こ、これはダメそうですね。」
巴「ダメとか言わないで、まだ幼いだけなんです!」

ジ(怒られた・・・。)




54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/25(日) 22:58:36.18 ID:ara05Ly30
苺「コク・・・」  ――ぺっ!!
苺「コク・・・」  ――ぺっ!!

ジ「・・・飲まずにバケツに吐き出しましたね。」
巴「お酒なんてまだ早かったかしら・・・。」
蒼(あれ、確か・・・。)

苺「うーん・・・。」
苺「Aなの。」

――ガチャ
苺「あ、真紅と金糸雀!!」
紅「いらっしゃい。」  金「やっぱり多いと安心するかしら。」

翠「え、一人・・・?」




58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/25(日) 23:01:08.46 ID:ara05Ly30
巴「さあ、正解発表です。格付けマスターが入った部屋が正解です。」

苺「うー・・・。」   ← 外れたらオリエントメイデン
翠「・・・。」      ← 外れたら槐メイデン

ジ「正解は・・・」 ――ガチャ

ジ「おめでとうっ!!」
紅「当然ね。」  金「よかったかしら・・!」  苺「当たったのー!!」

翠(神の雫読んどけばよかったですぅ・・・。)    

――




59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/25(日) 23:03:03.93 ID:xFBGCitT0
神の雫はトリップしすぎてて余計わからんw



61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/25(日) 23:05:24.66 ID:ara05Ly30
ジ「おかえりなさい、翠星石さん。」
翠「う・・・さんはついてるのにすごく屈辱ですぅ・・・!」

ジ「どうぞそちらの普通のイスへ。」
翠「くうぅーー!!」

ジ「雛苺さん、ワインを吐き出してましたがお口に合わなかったですか。」
苺「うゅ?だって飲みこんでよっぱらっちゃったら残りのライアーゲームを戦えないの。」
ジ「なるほど、まぁライアーゲームではないけどな。」

蒼「ねぇ真紅、確か真紅もこっそり吐き出してたよね。どうして?」

紅「雛苺の言った通り。飲み込んで味見をしてはしらふの判断力は保てない、テイスティングの作法よ。
もっとも、あの娘がそれを知ってやっていたわけではないでしょうけど。」




65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/25(日) 23:10:28.70 ID:ara05Ly30
巴「さて、続いてのチェックは、『演出』です。」
ジ「今回のチェックはですね、皆様に2種類の人形劇を見ていただきます。」
紅「人形劇!?まさか!!」

巴「ご用意致しましたのは、来春から新シリーズ放送決定で話題のアニメ、『くんくん探偵』オリジナルシナリオです。
但し脚本は同一のものですが、一つは人形劇団のーまっど製作、もう一つは桜田のり様とその御友人が製作したものです。」

翠「・・・え、のり?」
ジ「ものすごい本気で取り組んでたよ。」
雪「のーまっどって何・・・?」
紅「くんくんを作っている劇団じゃないの!!そんなことも知らないの!?」
金「熱いかしら・・・。」

ジ「ちなみに今回のチェックはチームの両名ともに参加していただきます。」
巴「A・Bとも約10分程度と少々長い時間がかかりますので、
皆さん一斉に見ていただきその後個別に回答という形を取らせていただきます。別室へどうぞ。」



66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/25(日) 23:14:43.75 ID:ara05Ly30
ジ「ではまずAの作品からはじめます。」

『くんくん探偵特別編A ~消失る~』 

翠「始まったです・・!」
金「あのサブタイトルってパクりじゃ・・・」

く『いえ、僕はたまたま居合わせただけです。今日はここに狂犬病の予防接種を受けに来ていたので。』

蒼「狂犬病って・・・何その無駄なリアル設定・・・。」
紅「静かにしなさい!大事な部分を聞き逃したらどうするの!!」




69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/25(日) 23:16:25.25 ID:ara05Ly30
く『なるほど・・・つまり死体が消えたのは看護婦さんが人を呼びにいって現場に戻るまでのわずか20秒の間ということか・・・。』

苺「今日もくんくんはさえまくっているの・・・!」
雪(・・・ドキドキ)

く『初めに看護婦さんが見た死体は被害者ではない・・・、被害者になりすました犯人だったんです!そう犯人は・・・』

銀「な、なんですって!?」
薔「・・・っ!!」

『くんくん探偵特別編A ~終~』

皆「ふー・・・・。」

ジ(演出とか見ないで普通に楽しんでるなこいつら・・・。)



70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/25(日) 23:20:13.97 ID:ara05Ly30
巴「続いてBの作品です。」

『くんくん探偵特別編B ~消えた死体の謎、くんくん探偵の華麗なる休日~』

銀「タイトルから違うのね。」
金「シナリオ同じで犯人同じならもう驚けないかしら・・・。」

『バスに揺られること20分、そこにくんくんかかりつけの病院がある。』

雪「このくだりいらないのでは・・・」
薔「事件はまだ・・・?」

く『新人さんか・・・怖いな・・・。大丈夫?僕血管見えづらいんだけど・・・。』

蒼「長いよ!!10分しかないのに注射シーンにどれだけ割くんだよ!!」
紅「もう5分過ぎちゃったじゃないの!!」

く『・・・消えた死体、か。・・・フッ、長い休日になりそうだ・・・。』
『くんくん探偵特別編B ~終~』

苺「解決しないでおわったの・・・。」
翠「そう来たかです・・・。」




72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/25(日) 23:22:55.87 ID:ara05Ly30
巴「さあ、まずは紅蒼チーム様、解答ルームへお願いします。」

紅「なんなのこれは・・・どう考えてもAじゃないの。」  
蒼「だよね、のりさんには悪いけどあれはないや・・・。」

ジ「雪苺チームさん、解答ルームへ」

雪「私はくんくんを見たのは初めてだから・・・任せるわ・・・。」
苺「どう考えてもAなの・・・のりにえんしゅつの才能はなさそうなの。」



77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/25(日) 23:28:15.52 ID:ara05Ly30
巴「金薔チーム様どうぞ。」

薔「Aだと思う・・・。」
金(どう考えてもA、だからこそひっかかる・・・なぜジュンはこんな問題を?何か理由が・・・はっ!)

――来春から新シリーズ放送決定で話題のアニメ、『くんくん探偵』オリジナルシナリオです――

金(来春の放送に先駆けてわざと解答編を省いたものを見せることで宣伝効果を・・・!つまりのーまっどが作ったのは!!)
金「B!!」
薔「うそ・・・」

ジ「最後に翠銀チームさん、お願いします。」

銀「翠星石、分かってるわよね?」
翠「舐めるなよ、です。あえて事件そのものではなく休日、つまり本編で語られることのない日常部分を鮮明に描き出すという高等技法、
マニアには堪らないまさかのくんくん血管どアップ、」

銀「そしてアニメの来春スタートを見据えて解決編を描かない事で視聴者の飢餓感を煽るという戦略、悩むまでも無くこれは」
翠銀「B!」



82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/25(日) 23:32:54.69 ID:ara05Ly30
巴「さあ、正解発表です。格付けマスターが入った部屋が正解です。」

蒼紅「・・・・・・・。」  ← 余裕
雪「大丈夫・・・?」  苺「いっつも見てるから大丈夫なの!」

銀金翠「・・・・・・・。」    ← 余裕
薔(絶対外れてる・・・。)  

ジ「正解は・・・」 ――ガチャ、ガチャッ
ジ「おめでとうっ!!」

紅「でしょうね。」  蒼「外すほうが難しいよ。」

銀金翠「・・・・・・・。」    ← 深読みしすぎ
薔(一瞬ドア開いた・・・。)

――



89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/25(日) 23:37:51.84 ID:ara05Ly30

ジ「ほら翠星石、水銀燈、次行くから早く座ってっ。」
翠「ついに呼び捨てに・・・まぁ普段に戻ったと思えば・・・。」
銀「イスから背もたれが消えたわ・・・。」

ジ「よかったな翠星石、スリッパはお前に合わせて緑色を用意したぞ。」
翠「きぃっーーーーー!!」

――

ジ「さあいよいよ最後のチェックですよ皆さん。最終問題が不正解の場合なんと2ランクダウン!!」
巴「最後のチェックは、『音感』です。」



91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/25(日) 23:40:47.06 ID:hqLF4bZK0
音感きたwwwww



92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/25(日) 23:40:50.38 ID:ara05Ly30
蒼「これは金糸雀が有利だね。」
銀「ホントにわかるのかしらねぇ。」
金「失礼な!馬鹿にしないでかしら!!」

巴「今回用意しましたのは、ストラディバリウス・ルーシー、約二億円と、練習用バイオリン5万円です。」

銀「におく・・・」
紅「金銭感覚が狂ってきたわ・・・。」
ジ「2億円のバイオリン、実は演奏者の方の私物でございます。無理を言って来ていただきました。」

ジ「チームの代表者ですが、チーム紅蒼から真紅様、チーム翠銀からは翠星石、
チーム薔金からは金糸雀さん、チーム雪苺からは雪華綺晶さん、審査ルームへお願いします。」



96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/25(日) 23:43:05.94 ID:ara05Ly30
ジ「さて、ここまで唯一の全問正解チームですが、どうですか。真紅様は。」
蒼「そんなことよりあの演奏者の人見た事あるんだけど、たまにテレビ出てるよね。」
ジ「お前いつになく自由だなおい。」

――

A『~~♪~~♪~~~~♪』
紅「・・・ふむ」

B『~~♪~~♪~~~~♪』

紅「・・・そうね、楽器の良し悪しは正直分からないわ・・・。だから単純に自分の好みだけで言うけれど、」
紅「A。」



98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/25(日) 23:43:28.05 ID:nf4O4cc40
こないだのあれまんまだな
はてさて音感金糸雀以外にあるのか



104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/25(日) 23:46:31.89 ID:ara05Ly30
巴「さて、次は翠星石ね。どう思う、水銀燈は。」
銀「くっ!・・・そ、そうね、2億円と5万円なんて例え耳栓してたって間違えようが無いわぁ。」
ジ「さて、見てみようか。」

A『~~♪~~♪~~~~♪』
翠「・・・・・・。」

B『~~♪~~♪~~~~♪』
翠(・・・・・・違いあるの?)

翠「・・・お、音の繋がり、深み・・どれも一方にあって一方には無い・・・
弾き手のテクニックに誤魔化されがちですがこれは間違いなく、」
翠「B!!」

ジ「いいねー、いいよその薀蓄。」
蒼「あれは自信がない時の顔だ・・・。」

――ガチャ

翠(真紅がいないと不安ですぅ・・・)




108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/25(日) 23:48:45.18 ID:ara05Ly30
ジ「さて続いては雪華綺晶さんです。雛苺さんどうですか。」

苺「人は五感のどれかをさえぎられるとそれをおぎなうために別の五感がはったつするの・・・。
いとてきに片目をふさぐことで彼女の耳はじょうじんよりとてもするどくなっているとかいないとかなの・・・。」

薔(そうでもないけど・・・。)
ジ(うそくせー・・・柏葉が睨んでるから言わないけど。)




116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/25(日) 23:54:24.44 ID:ara05Ly30

A『~~♪~~♪~~~~♪』
雪「・・・・・・。」

B『~~♪~~♪~~~~♪』

雪「・・・音の繋がり、深み・・どれも一方にあって一方には無い・・・弾き手のテクニックに誤魔化されがちだけどこれは間違いなく・・・、」
雪「B・・・。」

ジ「ぶっ、被ってるぞおい!!」
蒼「ぷくくく・・・っ!!」  

――ガチャ

雪「・・・・。」  翠「・・・・。」
翠雪(ダメかもしれない・・・。)




127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/25(日) 23:58:39.56 ID:ara05Ly30
ジ「さて、爆笑の蒼星石はおいといて最後は金糸雀さんですね。どうですか、薔薇水晶さん。」

薔「金糸雀のバイオリン・・・2億円のバイオリンと似ている・・・。」
ジ「え、そうですか?素人目にはちょっとわかりませんが・・・。」

A『~~♪~~♪~~~~♪』
金「・・・もう結構かしら。」  ――スッ

ジ「Bの前に席立ったぞ・・・?」
薔「・・・!?」

金「次を聴くまでも無いかしら。アントニオ・ストラディバリ作、1736年製『Stradivarius Roussy』は、」
金「A。」




131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/26(月) 00:00:14.96 ID:9G8JONHR0
苺「な、なんかかなりあかっこいいの!!」
銀「Bを聴かないで解答って・・・なんて自信なの!?」
ジ「だが間違えようものならとんでもなく恥ずかしいぞこれ!!」

――ガチャ

金「あ、真紅。」  
紅「貴女がいるなら大丈夫よね。バイオリンは専門家でしょう?」

金「もちろんかしら。」




137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/26(月) 00:02:52.61 ID:9G8JONHR0
巴「さあ、正解発表です。格付けマスターが入った部屋が正解です。」

紅金「・・・・・・・。」  ← 正解を確信している
翠雪(・・・・・・・。)  ← ちょっとだけ期待している

ジ「正解は・・・」 ――ガチャ
ジ「おめでとうっ!!」

紅「ありがとう。」  金「当然かしら!」

翠「・・・・・・・・。」  ← キン消し
雪「・・・・・。」    ← ジャンク

――



141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/26(月) 00:04:49.76 ID:OVO7fp/QO
ついにジャンクwww



143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/26(月) 00:05:10.82 ID:Eox8Ogi50
ジャンクきたwww



144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/26(月) 00:05:28.65 ID:aS99k9Qr0
きらきージャンクwww



145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/26(月) 00:05:53.43 ID:9G8JONHR0
巴「ほら、スイセイマスクと雪華綺晶ぽいの、早く戻って。」
雪「!?」
翠「名前がキン消しみたいになってるです!!」
蒼「ぷくくくっ・・・・・!!!」

銀「貴女のせいで椅子が空気抜けたサッカーボールになったじゃない!!」
苺「スリッパはティッシュのからばこなの・・・。」

ジ「ほらギン肉マンも静かにして!」
銀「なんで主役級の扱いなのよ!!」
苺「ヒナなんて『雛苺らしき人』なの・・・。」
蒼「ぷぷ・・・・・ヒィ、ヒィ・・・・ぷくくくっ・・・!!」




149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/26(月) 00:06:42.76 ID:N/Hqmve70
ギン肉マンwwwwwwwwwwwwwwwww



150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/26(月) 00:07:24.68 ID:4mfCw2ib0
ティッシュの空箱てwwww裸足でいいじゃんwww



151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/26(月) 00:07:59.52 ID:Xme6J5gMO
蒼星石てめぇwwwww



153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/26(月) 00:10:36.21 ID:9G8JONHR0
ジ「しかし金糸雀さん即答でしたね。やはりバイオリンなら任せろ、と。」
金「うん。だってカナにバイオリンの弾き方を教えてくれたのはアントニオかしら。」
紅「・・・は?」

金「カナはそれまでバイオリンは持ってても弾き方は知らなかった。ルーシーを作ったときも横で見てたかしら。
アントニオ・ストラディバリはカナのミーディアムだったから。」

ジ「・・・嘘だろ!?」

金「カナのバイオリンがルーシーに似てるんじゃなくて、ルーシーがカナのバイオリンににてるかしら。
でもあんなに価値が出るとは思わなかったかしら。」

皆(今日の金糸雀はおいしいポジションだなぁ・・・。)

巴「さあこれで全てのチェックが終わりました。結果発表に移ります。」




154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/26(月) 00:13:16.55 ID:9G8JONHR0
ジ「『ローゼンメイデン』はなんと一組だけだったということで、真紅様と蒼星石様でございます!!」

紅「ありがとう。」  蒼「ぎんにくって・・・ぷくくく・・・っ!!」

ジ「いやー流石だな。真紅の舌を疑って悪かったよ。」
紅「当然よ。」

ジ「続いて『槐メイデン』も一組、金糸雀さんと薔薇水晶さんでございます!」

金「おしかったかしら。」  薔「『槐メイデン』・・・確かにそうだけど・・・。」




165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/26(月) 00:21:40.27 ID:9G8JONHR0

ジ「続いて『ジャンク』は一組、雛苺らしき人、雪華綺晶っぽいのです。」

苺「イチゴの産地もんだいならかんこくのパクリブランドまでわかるもん!!」
雪「私はジャンクなんかじゃない・・。」

ジ「そして・・・皆様すみません。なんとこの中に2人、キン消しが紛れ込んでいたようでして。」
紅「あらそうなの?困ったわね。」  
蒼「しっかり・・ぷぷ・・してよ・・・ぷくく・・。」

翠「くっ・・・蒼星石め・・・。」   
銀「笑いっぱなしじゃないの・・!!」

ジ「さて、一問目で申し上げました通り、最下位のチームを藤田様のギャラリーに貸し出すという話ですが、どうしましょう藤田様。」
藤「時間は追って連絡するよ。従業員に若い女の子が一人いるからそう退屈はしないと思うがね。」

翠「・・・仕方ないです。」
銀「・・・そうね。」

ジ「それではみなさん本日は、お疲れ様でした!」
巴「おつかれさまでした。」

・・・・・

数日後




168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/26(月) 00:23:10.20 ID:PxN5ZUPx0
翠と銀がいるならちょっとギャラリーフェイクに行って来るわ



170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/26(月) 00:24:14.04 ID:9G8JONHR0
ジ「・・・なんだこれ。」
巴「これって・・・」

翠「ミーディアムのみなさん、本日はお集まりいただき誠にありがとうございますです。」
蒼「ありがとうございます。」

めぐ「これなぁに?水銀燈。」
銀「さ、さぁ。しらなぁい。」

翠「実はですね、今日は一流の、いや超一流のっ、契約者である皆様なら簡単に正解できるクイズを何問か解いていただこうかなと思いまして。」
巴「一言一句同じね・・・。」
みつ「ふふっ、おもしろそうねぇ。」

翠「名付けて、ミーディアム格付けチェック!!さーて桜田様ぁ、準備はよろしいですかねぇ?」


おわり




187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/26(月) 00:38:15.36 ID:0EqcqRXYO
乙!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking livedoor Blog Ranking

この記事へのコメント
いいじゃない
2009/01/26(月) 16:15:20 | No.1919 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
最初の組み合わせでオチ担当は読めたが
そのまま順当に終わったな
2009/01/26(月) 16:20:42 | No.1920 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
おもすれー
2009/01/26(月) 19:23:17 | No.1922 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
無難な終わり方だな

てか藤田って誰よ?
2009/01/26(月) 23:17:12 | No.1923 | 戯事ヴぃP | #-[ 編集]
懐かしい上におもしろかった
なんて番組だっけ?
2009/01/26(月) 23:23:43 | No.1924 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
藤田ナツカシスwww
2009/01/27(火) 01:26:16 | No.1925 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
格付けチェックナツカシスw
2009/01/31(土) 15:51:28 | No.1954 | 蒸発した名無し | #-[ 編集]
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://minaminoxxxsummer.blog49.fc2.com/tb.php/377-9c2704bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。