戯言ニュース

ほとんどVIPのまとめ。

HeadLine
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刹那「M-1だと…何だそれは、新型か?」 その2
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 01:00:24.29 ID:+7KLnydE0
何故か規制されてしまったのでスレを移しました
これの続き→http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1229841233/l50



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ 刹那「M-1だと…何だそれは、新型か?」 その2
2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 01:01:49.28 ID:+7KLnydE0
いよいよ幕を開けたM-1グランプリ
強豪が集う中でティエリアの困惑の理由とは

次回 機動戦士ガンダムM-1 「ダブルオーの漫才」


その一挙一動、神すらも笑い転がす。



3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 01:07:21.61 ID:+7KLnydE0
―――数年前 回想


ティエリア「…どういうことだ!」

リジェネ「だから何度も言ってるじゃないか。君は面白くないんだよ」

リボンズ「君のネタは人間のそれと大差ない、全く貧しい内容だ。
      僕達の目指す場所には、到底そんなものでは…」

リジェネ「これで分かっただろう…?君は「いのべいたー∞」には必要ないんだ」


ティエリア「くっ…こんなもの!!」   ビリビリッ




4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 01:11:55.16 ID:xEs9cAWb0
てえりあ・・・



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 01:12:33.01 ID:+7KLnydE0
―――時は戻って西暦2311年、M-1予選会場


沙慈「いよいよ…このときが来たね」

刹那「予選を勝ち抜けられなければ話にならない。行くぞ」

マリナ「刹那…」

シーリン「優勝賞金は1000万…これだけあれば我が国の財政も…」

コーラサワー「大佐!このコーラサワー、必ずあなたに賞金を届けてみせますよ!」

マネキン「私のツッコミあってのお前だろうが…」

リジェネ「フフ…」

リボンズ「予選など僕達の眼中にはない…」




6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 01:21:44.06 ID:+7KLnydE0
00(ダブルオー) 予選一発目のショートコント「世界の歪み」


刹那「世界各地で戦争は止まないし、人々の争いは泥沼化する一方!
    いったいこの世界はどこまで歪んでいるんだ!」

沙慈「どうしたんだい刹那、そんな怖い顔して」

刹那「お前はこの状況を見て何も思わないのか!」

沙慈「何なんだい、いきなり」

刹那「罪のない人間が戦争に巻き込まれて犠牲になり」

沙慈「それは酷いなぁ」

刹那「下らない思想を押し付けて弾圧したり」

沙慈「許せないなぁ」

刹那「環境破壊も進み続ける一方だし」

沙慈「何とかしないとなぁ」

刹那「最近じゃこの地面すら歪んで見える」

沙慈「それは乱視だろ!」




8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 01:28:36.71 ID:+7KLnydE0
沙慈「手ごたえあったね、刹那」

刹那「…まぁまぁの出来だな。」


コーラサワー「俺…この戦争から帰ったら」

マネキン「死んでも断る!」 ドグォ

コーラサワー「ぐはぁ…まだ最後まで言ってないのにぃ」


沙慈「過激だなぁ…『真似沢』のネタは」

刹那「もはや戦場だ…」




9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 01:36:22.83 ID:+7KLnydE0
―――予選終了。


ネーナ「それではこれより、二回戦への進出者を発表いたします。
     エントリーナンバー1147番…  1176番…  1181番…  」

刹那「…」

沙慈「1299番、1299番…」

ネーナ「1223番…   1250番…   1262番…  」

マリナ「!!! シーリン、残ったわ!1262番!!」

ネーナ「1287番…   1299番…   4510番…  」

刹那「!!!」

沙慈「やった…やった!!」




11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 01:44:21.05 ID:+7KLnydE0
ネーナ「  …183764番。以上で、進出者の発表を終了します」

リジェネ「…もしかしたらと思ったけど、やはり、か…」

リボンズ「…まだ僕達の笑いのスタイルは、人間のレヴェルには理解し得ないようだね。
      審査員にもイノベイターを投入すべきだけど、時代が追いつかないのかな…」

  ※『いのべいたー∞はこれで4年連続初戦敗退』

沙慈「ふう…長かったね、予選」

刹那「しかしまだ128組残っている…ここからが勝負というわけか」




12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 01:49:14.45 ID:+7KLnydE0
スメラギ「おかえり。予選突破、おめでとう」

沙慈「ありがとうございます。手ごたえありでした!」

ティエリア「刹那…聞きたいことがあるんだが…」

刹那「そういえば話してなかったな。
    ティエリア、お前に瓜二つの出場者がいたんだが…まさか」

ティエリア「僕ではないぞ。聞きたかったのはそのコンビのことなのだが…」

刹那「一回戦で負けていた」

ティエリア「…やはり、か」




14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 01:53:55.34 ID:+7KLnydE0
刹那「ティエリア…あの二人と一体何があったんだ…?」

ティエリア「…」

ロックオン「何かわけあり、って感じだな…」

刹那「無理にとは言わない。だがもし良ければ」


―――ティエリアは過去のことを話した。

   …かつて自分が彼らとコンビを組んでいたこと、

   …そして、数年前に彼らと別れ、お笑いをやめたこと…



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 01:59:40.19 ID:+7KLnydE0
ロックオン「なるほどな。価値観の違い…に近いヤツか」

ティエリア「あいつらは自分達が一番面白くないってことを少しも分かっていない!!

       そんな人間に僕は自分のネタを全否定されて…自分の存在さえも…」

刹那(確かに…あのとき凄いとは思ったが、笑うポイントは一つもなかったな…)

ロックオン「そういやお前さん、刹那がお笑いを始めると聞くやいなや
       やけに口うるさかったよなぁ、いろんな意味で」

刹那「…そういうことだったのか。」



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 02:05:27.39 ID:+7KLnydE0
ティエリア「あいつらは…あいつらがいる限り、お笑いの世界は決して良くはならない!
       あの二人こそ…お笑い界の歪みだ!!」

沙慈「でも、もう敗退しましたよ」

刹那(スベったと思ってた俺が馬鹿に思えてきた…)

アレルヤ「ちょっと…僕達についての話題はないの…?」

スメラギ「あぁ帰ってたのね。進出おめでとアレルヤ
      いずれにしても沙慈君、2回戦も刹那にしっかりツッコミを…」

アレルヤ「ちょっと適当すぎ!!」



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 02:10:15.42 ID:hsse/HjtO
いろいろとアレルヤに腹立つw



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 02:15:20.05 ID:+7KLnydE0
―――その後も、刹那・沙慈の「00(ダブルオー)」と

    アレルヤ・マリーの「超人機関」、その他強豪たちは

    次々と勝ち抜き、ついに決勝ステージを目前に控えた

    準決勝ステージへと駒を進めることとなった。

   (あ、マネキンとコーラサワーの『真似沢』は3回戦で敗退しました)


刹那「…この40組の中から8組か」

アレルヤ「仲間とはいえ容赦はしないよ、刹那」

???「ふん…今年こそは決勝に残らせてもらうからな…
     そしたら生放送で…くっくっく」



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 02:20:07.27 ID:+7KLnydE0
笑いの頂点をかけた戦いを目前にして現れた謎の男
降りかかる危機に刹那達がとった行動とは

次回 機動戦士ガンダムM-1 「笑えぬ過去」


爆笑の嵐が、すべての対戦者を薙ぎ倒す。



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 02:24:56.21 ID:+7KLnydE0
マリナ「いよいよね…」

シーリン「マリナ、今回は鉄板のネタで取りに行くわよ」

セルゲイ「…」

アンドレイ(決勝に残れば、この男とは…)

Mr.ブシドー「さぁ…舞台を私達色に染めようではないか」

ビリー「合点承知!」


刹那「!! …何だ、この殺気は…」

沙慈「…これが、M-1準決勝の空気…」




22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 02:30:57.82 ID:+7KLnydE0
ネーナ「それではいよいよ、M-1決勝の座をかけた大一番。
     M-1グランプリ準決勝を開始いたしまーす!!」


マリー「―――――!!! …何、この感覚は…」

アレルヤ「どうしたんだい、マリー!?」

セルゲイ「!! ピーリス…」

アレルヤ「あっあなたは…!!」

マリー「大佐!」




23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 02:36:27.64 ID:+7KLnydE0
マリー「…そうですか。大佐は息子さんと…」

セルゲイ「正直仲は相変わらずだが、まぁコンビとしては上手くやっているよ…
      おかげでこうして準決勝にも残れているのだからな。」

マリー「…大佐、私は…」

セルゲイ「なぁに、案ずることはない。ここに君がいるということは、
      君も素晴らしい相方を見つけたのだろう。」

アレルヤ「マリー…」

セルゲイ「ピーリスを、いや…  彼女を頼むぞ…」



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 02:41:53.90 ID:+7KLnydE0
刹那「…あれは確か、マリーパーファシーの元彼…」

沙慈「どういう解釈したらそうなるんだよ!」

刹那「今の相方は実の息子らしいが、不仲だと世間では言われてるよな」

沙慈「芸人コンビには案外そういう人達も多いよ。でも意外とそれで上手くいく場合が
    多いみたい。互いにぶつかり合った方が、競争心が芽生える…っていうのかな…」

刹那「仲の悪い者同士で人を楽しませる…理解出来ない」

沙慈「…僕達が言えたことじゃないけどね」




26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 02:49:45.69 ID:+7KLnydE0
ネーナ「エントリーナンバー8068、『超人機関』さんでーす、どうぞ!!」

アレルヤ「さぁ、僕達の番だよ、マリー!!」

刹那(そういえばアレルヤ達のネタは一度も見ていなかったな…)

マリー「大佐…」

セルゲイ「…見せてもらうぞ。君達の創る『笑い』とやらを。」


係員「困ります、お引取り下さい!!」

コーラサワー「俺はいいからよぉ、せめて大佐だけでも準決勝に!!!」

マネキン「やめろ!みっともない」  ボグォッ




27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 02:56:36.17 ID:+7KLnydE0
アレルヤ「はーいどーもぉ、『超人機関』のアレルヤです」

マリー「同じくマリーでーす」

アレルヤ「二人合わせて『超人機関』でーす!」

マリー「さっきも言ったでしょ、このヘタ男」

アレルヤ「うわーっ、相変わらず語尾が辛辣だなマリーは~…」


沙慈「…意外とマリーさんバイオレンスだなwww」

刹那「…俺達が普段見ているアレルヤそのまんまだww」




28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 03:04:05.55 ID:+7KLnydE0
アレルヤ「…なら将来は君が家計を支えることにして」

マリー「いい加減にしろクズ!!」

アレルヤ&マリー「どうも、ありがとうございましたー」


パチパチパチパチ…


刹那「アレルヤ…最後まで徹底してダメ男を演じきってたな」

沙慈「マリーさんのドSっぷりも普段と違って新鮮だったなぁ」

ネーナ「続いてはエントリーナンバー100048、バックトゥザヒロシのお二人でーす!」

沙慈「行こう刹那。僕達はこのグループの次だ」




29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 03:07:24.83 ID:+7KLnydE0
リヴァイブ「はいどうも、『バックトゥザヒロシ』です」

沙慈「初めて見るコンビだなぁ…あれ、あの人って確か…」

刹那「!!! あの男は!!」

サーシェス「よっしゃー!今日も張り切って会場吹っ飛ばすぜコラァ!!」



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 03:12:21.89 ID:+7KLnydE0
リヴァイブ「ダメだよヒロシ、お客さんまで巻き添えにしちゃ」

サーシェス「うるせぇ!誰がヒロシだ、昔の名前で呼ぶんじゃねぇ!
       俺が昔と違うってとこ、今からお前達にも見せてやるよ!!」

沙慈「まさか…また実弾を使うつもりじゃ!!!」

刹那「や…やめろぉぉぉっ!!!」

サーシェス「…ん?何だお前… あ!てめぇクルジスの小僧!!」

刹那「し、しまった!!」




31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 03:17:07.04 ID:+7KLnydE0
沙慈「どういうこと…刹那、この人と知り合いなの…?
    前は知らないって言ってたじゃないか…」

刹那「何のことだ… !!まさか『焼け野原ひろし』って…」

サーシェス「だからその名前で呼ぶんじゃねぇっつってんだろうよ
       吹っ飛ばすぜオイ!!」

刹那(ちっ…ここまでか)



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 03:22:56.07 ID:+7KLnydE0
サーシェス「おいリヴァイブ!!そして会場のお前ら!
       今からお前らのド肝抜いてやるから覚悟しておけよ!!」


             禁


刹那「…」

沙慈「…え?」

リヴァイブ「…」

サーシェス「ふはははは!俺のマグナムは実弾なんか比じゃねぇぜ」




34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 03:27:24.09 ID:+7KLnydE0
公の場所で露出したヒロシは当然のごとく、強制退場となった。


刹那「自分がぎっちょんされてどうする…」

沙慈「刹那…あの人とどういう関係なんだい?」

刹那「…ただ昔、近くに住んでいたってだけだ」
  (関わっていたことを言うと…俺まで変態扱いされかねない)

沙慈「次僕らの番だよ…大丈夫、刹那?」

刹那「あの程度のことで動揺するようではガンダムマイスターは務まらない」




36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 03:32:31.10 ID:1WqR+Qh6O
ひろしwwwwwww



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 03:32:13.97 ID:+7KLnydE0
ネーナ「えー、お見苦しい人間を流してしまって申し訳ございません!
     気を取り直していきましょう。
     続いては1299番、『00(ダブルオー)』のお二人です、どうぞ!!」

アレルヤ「いよいよだね、刹那…」

マリナ「刹那…」

沙慈「はいどうも!00です!」

刹那「…俺はガンダムだ。」

沙慈「ちょ、いきなり何を言っているんだい!」




37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 03:39:54.87 ID:+7KLnydE0
アレルヤ「ここで定番のネタを見せに来たか…」

マリー「確かあのネタは…刹那さんの十八番。」

ビリー「お手並みを拝見させてもらうとするか…」


沙慈「だいたい君のどこにガンダム的要素があるんだい!」

刹那「見かけではない。気持ちの強さではガンダムそのものをむしろ上回る…」

沙慈「訳わかんないよ!だいいち何だよ、そしたらこの腕!スベスベにも程があるよ」

刹那「褐色で肌触りのいいガンダムがいて何が悪い」

沙慈「何ちゃっかり自分の小麦色の肌自慢してんの!?」




38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 03:46:16.65 ID:+7KLnydE0
Mr.ブシドー「…素晴らしい。彼がここまでの逸材とは…
       自分が乙女座であることをこれ程愛おしく感じたことが今まであっただろうか」


刹那「特にこのマフラーとかむしろ今までのガンダムには…」

沙慈「もうガンダム関係ないじゃないか!君の洋服の趣味じゃないか!」

刹那「上野の商店街で買った」

沙慈「だから何!そりゃアメ横は安くていい品あるけどさ!!」




39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 03:51:36.77 ID:+7KLnydE0
シーリン「今までボケの彼にばっかり注目してたけど、
      あのツッコミの彼の腕もなかなか冴えてるわね。」

マリナ「彼、前からよく刹那といっしょにいるのを見かけていたわ」


刹那「しかしGNドライブ2つも付けると肩がこりそうだな」

沙慈「もういいよ!!」

刹那&沙慈「どうも、ありがとうございました!」


ワー ワー パチパチパチパチ…




40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 03:55:57.86 ID:+7KLnydE0
―――しばらくして


ネーナ「…審査結果が出揃いました!決勝に進むコンビを発表します!!」


刹那(…)

沙慈(お願い…行ってくれ!!)

マリナ(お願いっ…!)

スミルノフ親子(…)

アレルヤ(お願いだ、通ってくれ!)

マリー(…大丈夫、きっと…)




43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 04:02:46.15 ID:+7KLnydE0
ネーナ「…『ビリandグラ』!!」

Mr.ブシドー「なんという僥倖…あの少年ともう一度戦えるっ!!」

ネーナ「…『あざでぃすたん☆』!!」

マリナ「…!!」

シーリン「やったわね、マリナ!」

ネーナ「…『固論(カタロン)』!!」

クラウス「信じられない…!!」




44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 04:09:37.31 ID:+7KLnydE0
ネーナ「…『超人機関』!!」

マリー「!!!」

アレルヤ「ハハ…やった…やったよマリー!!」

ネーナ「…『HARO×HARO』!!」

ハロA「ヤッタ、ヤッタ、ヤッタ!」

ハロB「ケッショウ、ケッショウ!」




45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 04:15:20.28 ID:+7KLnydE0
ネーナ「さぁ、残すイスはあと一つ!果たしてそこに残るのは…」

刹那「…」

セルゲイ「…」


ネーナ「…その前に一旦CMで~す」

一同「ズコーッ」

ネーナ「えへ、冗談でーす。最後の一組は…」

刹那(さっき一緒になってズッコけてしまった…)

ネーナ「…ゼロ…ゼロ?」

刹那「00(ダブルオー)って読むんだぁっ!!」

沙慈「って…刹那、僕達決勝に残ったんだ!…決勝に出られるんだ!!」




46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 04:23:01.56 ID:+7KLnydE0
セルゲイ「…」

マリー「スミルノフ大佐!!」

セルゲイ「…おめでとう。我々の役目は終わった。決勝での君達の漫才、楽しみにしているよ…
      …さぁ、行こうか。」

アンドレイ「はい…」

アレルヤ「…見せてあげよう、お父さんに。決勝で最高の漫才を…」

マリー「…うん。」


係員「…もう帰ってもらっていいですか」

コーラサワー「うぅ…たとえこの命を差し出してでも、大佐を決勝に…」

マネキン「敗者復活戦があるのも知らないのか、この男は…」



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 04:31:23.77 ID:+7KLnydE0
―――プトレマイオス内にて


スメラギ「決勝進出おめでとう、刹那!ついでにアレルヤ!」

アレルヤ「僕はどこまで適当な存在なんですか!!」

イアン「それにしても、まさかここまで勝ち上がってくるとはなぁ」

ティエリア「気分はどうだ、刹那」

刹那「…正直実感が湧かない…数ヶ月前の自分からは今の瞬間が考えられない。」

ミレイナ「決勝の日はプログラムルームの大画面モニターで見るですぅ」

ラッセ(すさまじく勿体無い使い方だ…まぁ、今回はいいか。)




48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 04:37:07.99 ID:+7KLnydE0
―――一方カタロンの基地


クラウス「もしもし…」

ロックオン「よぉ、そっちも決勝に残ったんだってな」

クラウス「…あぁ、おかげさまで。シーリン達の組まで決勝に進ませてもらうことになったよ。
      ライル、出来れば君とも対戦したかったが…」

ロックオン「俺が組むとすれば、兄さんだけだ」

クラウス「…そうか。じゃ、そっちのお仲間の健闘を祈るぞ。」

ロックオン「どうもっ… と。」



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 04:42:46.53 ID:+7KLnydE0
ついに開かれる頂点への扉
選ばれし精鋭達に下される審判は光か闇か

次回 機動戦士ガンダムM-1 最終回「笑神再臨」


刹那よ、その言葉に命を燃やせ。



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 04:50:49.64 ID:+7KLnydE0
「さぁ始まりました!M-1グランプリ2311!
 司会を務めさせていただきます王瑠美です!」

「同じく司会の紅龍です!」


スメラギ「いよいよ始まったわね…」

ミレイナ「刹那さんガンバですぅ」

ラッセ「アレルヤ、放送できない暴走はするなよー!」

ティエリア(本当にプログラムルームの画面をまるまる使うとは…)




53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 04:59:11.26 ID:+7KLnydE0
王瑠美「審査員はごぞんじ、アロウズの構成員の皆さんです!」

紅龍「お嬢様、今回はどんな熱いネタが見れるんでしょうね」

王瑠美「それなら早速見てみるのが良くってよ」


スメラギ「…そういえば、四人の出番は何番目なの?」

フェルト「ミレイナ、今日のM-1の番組欄を表示して」

ミレイナ「了解ですぅ。えっと…『超人機関』が3番目、『00』は6番目の登場ですぅ
     アレルヤさん達の組が始まるまで、時間にしてあと0083ですぅ」

ティエリア(あぁぁ何をやっているんだこの組織はぁぁ)




54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 05:04:07.11 ID:+7KLnydE0
王瑠美「さて、最初の組が終わりましたが次はどんな漫才を見せてくれるのでしょうか!」

紅龍「お嬢様、今度の組は唯一の女性同士のコンビだそうです」

王瑠美「それは楽しみだこと。絶対に見逃してはならないわね」

シーリン「いよいよね、マリナ…」

マリナ「…これで、国が、子供達が、少しでも救われるなら…」




55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 05:12:20.72 ID:+7KLnydE0
悲劇のロイヤルプリンセス 『あざでぃすたん☆』


中東の王国の姫とその元側近で結成された異色のコンビ!
彼女らの武器は何と言ってもその高貴なルックスと、
そこからは想像もつかないおバカ貧乏キャラだ!!
マリナの天然なボケに厳しくツッコむシーリンにも注目だ!


マリナ「国のためなら、私はどんなボケでも出来ます」


シーリン「笑いの世界に、性別も身分もありませんよ」


祖国を失った今、もうこれ以上失えるものはない!!
悲劇の貧乏姫が、今宵ステージで牙をむく!!




56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 05:17:14.88 ID:+7KLnydE0
刹那「それにしても、あのマリナが漫才か…さすがに現実味がなさ過ぎる」

沙慈「だから、君が言えたことじゃないって。」


シーリン「どうも、『あざでぃすたん☆』です!」

マリナ「会場の皆さん、私に愛のお恵みを!」

シーリン「ちょっとマリナ、何いきなり物乞いしてんのよ!!」

マリナ「いえ、こうでも言っておけばどなたか一人くらい…」

シーリン「みっともないだろ!皇女のプライドいきなりゼロかよ!!」




57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 05:22:59.09 ID:+7KLnydE0
マリナ「…だからこうして冬場はコンビニのポットから」

シーリン「もしかして湯たんぽでも作るの!?」

マリナ「いえ、30件も回れば風呂桶一杯分くらいになるだろうし…」

シーリン「あぁぁ~予想の斜め上いったぁぁ~」


刹那「www… ゴホン」

沙慈「あれ、どうしたの刹那」

刹那「な、何でもない!」

沙慈「…君でも、笑うことがあるんだね」

刹那「可笑しいことがあれば、誰だって笑うさ…」



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 05:30:45.33 ID:+7KLnydE0
王瑠美「さぁ、『あざでぃすたん☆』の得点はどうなったでしょうか?」


91 89 93 90 92 87 93
紅龍「なんと635点!大差でトップに立ちました!!」


アレルヤ「大変なことになった…」

沙慈「635点といえば最後の3組に残れるか残れないかの点数だ…
    この時点で叩き出されるなんて…」

マリー「…アレルヤ、もう引き返せない。やるだけのことをやりましょう」

アレルヤ「マリー… 分かった。見せてやろう、あのネタを!」




60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 05:34:41.31 ID:+7KLnydE0
―――プトレマイオス内


ラッセ「さっきのコンビ、結構な点数稼いできたぜ」

フェルト「ここで今の点数を越えるか、僅差で並ぶかしないと…最終決戦は…」

スメラギ「…あの子たちなら大丈夫。だってマリーがついてるし」

ロックオン「あのお嬢さんさえ付いていれば何とかいけるだろう」

ティエリア「アレルヤの人望まるで無しだな…」




61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 05:39:44.90 ID:+7KLnydE0
紅龍「さぁ、続いては結成間もない男女コンビ、『超人機関』の登場です!」

王瑠美「何でもこの二人、少々訳ありという風に聞いていますけど。」

紅龍「そのあたりがネタにどう反映されるでしょうね、お嬢様。」


刹那「訳あり…アレルヤの性格に問題があるって事か?」

沙慈「それはさすがにヒドイよ刹那…彼だってやれば出来る人のはずだよ」




62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 05:49:51.50 ID:+7KLnydE0
奇跡の超人男女コンビ 『超人機関』


元「大佐&中佐」のソーマことマリー・パーファシーと
一人二役漫才でおなじみのアレルヤ・ハプティズムが合体!
彼らが元持っていた味を生かしつつも、さらに進化した
文字通り超人的な漫才に注目だ!


アレルヤ「僕はもう一人でも、二人でもない。マリーが傍にいれば、味方は無限大です」


マリー「今年はきっと私達の時代が来る…脳量子波がそう感じているんです」


運命に導かれし二人がステージ上で魅せる!!
ダメ男とドS女が繰り広げる壮絶なドラマを見よ!!




63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 05:57:50.04 ID:+7KLnydE0
マリー「はいどうも!『超人機関』のマリーと、」

アレルヤ「アレルヤです(裏声)」

マリー「やめろクソロン毛。早速ですが、皆さんは…」

アレルヤ「ちょ、ちょっと!今僕が壮絶に傷つくこと言わなかった? …」


―――プトレマイオス内


ミレイナ「プギャーm9 (^Д^) アレルヤさん達最高ですぅwww」

ラッセ「うわっ、キッツイな今の蹴り…アレルヤ大丈夫か??」

スメラギ「GJよ、アレルヤ!」

ティエリア(アレルヤ…これがお前の求めていたスタイルなのか…;;)



64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 06:05:04.28 ID:+7KLnydE0
マリー「何でそこでパンツが出てくるのよ、この変態口が!」 ドゴッ

アレルヤ(?)「… フフッ、フハハハハハ!!!」


沙慈「あれ…何か様子が違うぞ…」

刹那「…まさか!アレルヤ、あいつを出すつもりか!!?」

沙慈「あいつって何なのさ!」


ハレルヤ「黙ってりゃあやってくれるじゃねぇかよクソアマ、エロイ身体しやがって!!」

マリー「え…な、どうしたの…アレルヤ…」

ハレルヤ「アレルヤ…俺はそんなダメ男じゃねぇ。
      信じられないってんなら今教えてやるよ…」




65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 06:12:21.63 ID:+7KLnydE0
ハレルヤ「胸は無ェけどいい唇してんなぁ…へへっ」

マリー「いや…やめて…んっ」


ズキュウウウウウウン


―――プトレマイオス内

フェルト「え…えええええええっ!!?」

ミレイナ「キャーッ!刺激的ですぅ!!」

スメラギ「あ~もうっ何やってるのよあの子ったら!!」


アレルヤ「…あれ?僕は一体…あっ、マリー!違うんだ、これは…」

マリー「…とぼけんじゃないわよビチグソ野郎が!!!」  ドガガガガガガ

アレルヤ「…」

マリー「死んだな。…ありがとうございました!!」



66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 06:18:09.43 ID:+7KLnydE0
沙慈「…何て強烈なネタなんだ!!」

刹那「アレルヤ・ハプティズム…ここまでの奴だったとは、恐れ入った。」


王瑠美「凄いネタでしたね…さぁ得点はどうなったでしょうか?」


89 92 94 83 94 91 90

紅龍「…633点!僅差で『あざでぃすたん☆』を追いかける形になりました!!」




67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 06:24:54.47 ID:+7KLnydE0
紅龍「全体的に高評価ですが…リント審査官、この点数は…」
リント「たしかに、インパクトは大きかったようですが、
     私のような下品なネタがあまり好みでない人間のことも考えてほしかったと。」

マリー「…」

アレルヤ「大丈夫だよマリー、僕達はやれるだけのことはやったんだ。
      悔いなんて残ってないさ」

マリー「アレルヤ…ありがとう。このおかっぱ審査員が」

アレルヤ「…ってちょっと!審査官の人の悪口は言っちゃダメだって!!」




68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 06:34:38.83 ID:+7KLnydE0
お笑い界の仮面貴公子 『ビリandグラ』


キャリア8年を誇る今回最注目の二人!
しかし今年に入って今までのキャラを封印、グラh…いや、
Mr. ブシドーとなって相方のビリーにすら襲い掛かる!!
絶え間なく繰り出される笑いの嵐にお前は耐えられるか!!


Mr.ブシドー「やはりこの決勝の舞台と私は、運命の赤い糸で結ばれていたようだ」


ビリー「Mr.ブシドーは正直僕でも止められません。」


狙うはただ一つ、No.1の称号のみ!!
仮面の下から、彼らの不気味な実力がこだまする!!




69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 06:43:42.51 ID:+7KLnydE0
Mr.ブシドー(魅せてやろう、少年よ…
       これが生き恥を晒して会得した、我らの実力だ!!)

ビリー「はいどうも、ビリandグラでーす、よろしくお願いします!…」

Mr.ブシドー「…どうしたビリー、私の顔に何かついているか?」

ビリー「仮面だよ!!というか自分で気づこうよ!!」

Mr.ブシドー「いや、これ朝起きたらいつの間にかついてて取れなくなっちゃったんだよね」
ビリー「寝ぐせかよ!!どんな寝相だったら仮面がくっつくんだよ!!」




71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 06:48:06.56 ID:+7KLnydE0
ワハハハハ…


刹那「…かなりウケがいい。だが所詮はネームバリュー」

沙慈(刹那、この二人のことをえらく嫌うよな…)


ビリー「いやだから違うってグラハm…ごめん、Mr.ブシドー」

Mr.ブシドー「もうほぼ出きってるじゃねぇか!!」




72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 06:54:27.53 ID:+7KLnydE0
王瑠美「さぁ、優勝候補の『ビリandグラ』!得点はどうなったでしょうか?」


86 85 88 90 84 86 87

紅龍「…606点!残念ですが、ここで上位3チームに残れず!!」




73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 06:59:11.59 ID:Cc2IZ0u+0
意外だw



74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 07:03:17.24 ID:+7KLnydE0
沙慈「優勝候補がここで脱落なんて…何が起こるか分からないな」

刹那「今頃控えの席でまさしく生き恥を晒している最中…か。」


その後、『固論(カタロン)』が620点で辛くもベスト3に食い込んだ。


クラウス「危なかったな…しかしシーリン達の組には及ばなかったか」

イケダ「あと3組と…敗者復活枠か。厳しいなこりゃ」


王瑠美「!!…速報です!たった今、敗者復活の組が決定いたしました!
    『真似沢』の二人が今、スタジオにタクシーで向かっているようです!!」




75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 07:07:44.80 ID:+7KLnydE0
―――プトレマイオス内


ティエリア「いよいよ…刹那達の出番か。」

スメラギ「さーて、どんなネタを見せてくれるのか。楽しみね」

フェルト「…大丈夫。刹那達なら。」

ロックオン「だがさっき優勝候補がまさかの落選をしていたからなぁ…」

イアン「大丈夫だ!…刹那達は面白い。」




79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 07:17:20.76 ID:+7KLnydE0
爆笑のツインドライブ 『00(ダブルオー)』


ガンダムマイスターと民間人で結成された脅威の新人コンビ!
刹那の繰り出すシュールなボケに切れ味鋭くツッコむ沙慈、
その姿はまさしく太陽炉を2つ備えた「ツインドライブ」そのもの!!
二人の息が同調したとき、恐るべき笑いのトランザムを巻き起こす!!


刹那「笑いで…世界を変えてみせる!」


沙慈「僕達のネタで、戦争だって吹き飛ばしてみせますよ」


そのネタは兵器よりも強し!!
ボケという機体が今、笑いの武力介入を開始する!!




81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 07:24:28.79 ID:+7KLnydE0
沙慈「どうもーっ!『00(ダブルオー)』でございます!」

刹那「…誰だ、今『00(ゼロゼロ)』って言った奴は?」

沙慈「ちょっと、誰もそんな事言ってないよぉ、刹那」

刹那「…それにしても、読みにくいのは確かだ…改名するか。」

沙慈「決勝まで来て今更改名するの!?」

刹那「大丈夫だ。本番までに改名すれば間に合う」

沙慈「今バリバリで本番真っ最中じゃないか!!」



82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 07:30:32.69 ID:+7KLnydE0
刹那「だからそのへんは編集で…」

沙慈「これ生放送だから!!今の喋りもそのまま流れてるから!」

刹那「何っ!?それじゃあさっきのお前のセリフにも『ピー』とか入ってn…」

沙慈「どこに入れるんだよ!!いつ俺がそんな卑猥なこと言った!!」

刹那「話を戻すが、新しいコンビ名は『禁禁(ダブルピー)』とかどうだろう」

沙慈「何でこのタイミングで話を戻すんだ!なんかイケナイコンビ名になったじゃないか!」




85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 07:37:02.33 ID:+7KLnydE0
刹那「だからその辺は…『俺らはこういう危ないコンビです』っていうコンセプトにすれば…」

沙慈「何でコンビ名に自分達のスタイルを合わせなきゃいけないんだ!!」

刹那「むしろ今の俺達の方向性に近づいたというか…」

沙慈「やめてくれ!!僕達そんなコンビじゃないだろ!!」

刹那「むしろ発見出来たというべきか」

沙慈「勘弁してくれ!!僕達のその後を勝手に決めないでよ!!」



86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 07:41:58.53 ID:+7KLnydE0
―――プトレマイオス内


ラッセ「だwwwwwだめだwwwwww腹筋がwwwwwww」

スメラギ「フェルト、彼を早く治療室へ!」

フェルト「はっはい!…大丈夫ですかラッセさん…」

ティエリア「幾らなんでも大げさ過ぎる…下らない」

ロックオン「じゃああんたの前に吹きこぼれているミルクティーは何だい?」

ティエリア「…何でもない」




88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 07:50:53.13 ID:+7KLnydE0
刹那「…やり切ったな」

沙慈「…まさか君と、こんな気持ちで語り合える日が来るなんてね。」


王瑠美「さぁ、期待大の『00』!得点はどうなったでしょうか?」


93 96 92 88 93 97 90

紅龍「…649点!なんとここでトップを獲得!!『固論』早くも最終ステージ挑戦権を失った!!」


刹那「…こんなことって。」

沙慈「はは…やった…やったよ!!」

刹那「沙慈・クロスロード!!」

沙慈「ルイスー!!!」

刹那「おい今は俺だろ!!」




90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 07:57:52.74 ID:+7KLnydE0
ホーマー審査員「決して洗練されたネタというわけではなかったが、分かりやすくて
         聞く人に印象を強く残すという所を評価したいと思い、点数をつけました」

紅龍「ここでトップが入れ替わるなんて今回は波乱の展開ですね、お嬢様。」

王瑠美「ステージにはいつの時代も、魔物が棲みついているって言うじゃない。」


刹那「残りの対戦者は…ハロだと…!?」

沙慈「そういえば、決勝に残ってたね…」

刹那「さすがにあれにだけは負けたくない。」




91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 08:03:11.86 ID:+7KLnydE0
『HARO×HARO』は結局618点に終わり、最終ステージ進出を逃した。

同時にこの瞬間、刹那と沙慈の最終ステージ進出が決まった。


クラウス「それにしてもハロが決勝に残るなんて…時代も変わったな」

イケダ「まぁ、ハロに負けなかっただけでも、不幸中の幸いってやつかぁ」

Mr.ブシドー「…」




93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 08:10:16.75 ID:+7KLnydE0
アレルヤ「刹那達のおかげですっかり崖っぷちだ…
      あとは…敗者復活も合わせて2回戦か。」

王瑠美「みなさん、お待たせしました!! 敗者復活から勝ち上がってきた奇跡の一組、
    『真似沢』の二人がスタジオに到着いたしました!」


コーラサワー「うぃやっほおおい!!
        どうです大佐、やっぱり僕の『不死身のコーラサワー』の称号はダテじゃないでしょう」

マネキン「復活が決まるまでずっと半ベソ状態だったというのに…まったくこの男は」



94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 08:20:06.36 ID:+7KLnydE0
続く組も624点で脱落し、残すはこの『真似沢』一組だけとなった。


刹那「こっこいつら!準決勝の時に後ろで騒いでた奴だ…」

沙慈「3回戦の追加合格者になった後、さらに敗者復活で勝ち上がってきたらしいよ」

刹那「ゴキブリか、こいつらは…」


マリー「神様を信じましょう…笑いの神様を。」

アレルヤ「…そうだね。僕のこの名前…アレルヤ。神様への、感謝の言葉…」




97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 08:27:51.87 ID:+7KLnydE0
マネキン「はいどうも!このたび敗者復活を果たしたマネキンと」

コーラサワー「コーラサワーで、二人合わせて…『真n」

マネキン「ところで、世の中には本当にダメな男がいるものですが」

コーラサワー「ちょっと大佐ぁ!!僕を置いていかないで下さいよ!!」


―――プトレマイオス内


ロックオン「気に食わないが面白いぜ…」

ミレイナ「今までも敗者復活者が最終ステージに残った記録は多くて、
      そこから優勝者が出ることも珍しくないですぅ」

ティエリア「刹那達はともかく、アレルヤ達が危ない。」




98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 08:35:01.37 ID:+7KLnydE0
マネキン「いくつになってもお前はぁっ!!」   ボガッ

コーラサワー「くっ…でもそうやって叱ってくれる大佐が僕は…」

マネキン「…お前…んもぅ、しょうがないヤツめ!」


「はい、マネマネキンキンコーラサワー!どうも、ありがとうございました!!」


ワアアアアアアアアッ!!!  パチパチパチパチ…


紅龍「これは期待出来そうですね、お嬢様」

王瑠美「最後に大きな番狂わせがあるかもしれなくってよ…」



99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 08:43:03.32 ID:+7KLnydE0
王瑠美「さぁ、『真似沢』の得点はどうなったでしょうか?」

刹那「… !!!」

沙慈「こ…こんなことって…」


91 93 90 95 93 97 93

紅龍「…なんと652点!まさかの大逆転、なんとトップで最終ステージ進出です!!」


マネキン「まさか…本当に…!!!」

コーラサワー「…うぉっしゃああああ見たかぁ!これが世界のコーラサワーの実力だぁぁ!!!」



100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 08:47:42.73 ID:+7KLnydE0
アレルヤ「嘘だ…そんな…嘘だぁぁぁっ!!!」

マリー「…ううっ…ぇっぐ…」


―――プトレマイオス内


スメラギ「そんな…こんなことが…」

ティエリア「…くっ!!」

ロックオン「…察するぜ、今のお前さん達の気持ち…」

フェルト「アレルヤ…マリーさん…」




101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 08:54:53.57 ID:+7KLnydE0
マリー「うぅぅ…」

アレルヤ「…マリー。僕達はベストを尽くしたよ。
      大丈夫だ、胸を張って帰ろう。」

刹那「…」

アレルヤ「刹那…お願いだ、僕達の…」

刹那「分かっている。敵はとる、俺達が…必ず優勝してみせる!!」

シーリン「何とか最終ステージにまで登りつめたわね。でも…」

マリナ「でもまだ…未来に望みはある。そうでしょ?」

シーリン「…さすが、国のシンボルね」




103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 09:05:42.42 ID:+7KLnydE0
最終ステージ進出者


通過成績3位『あざでぃすたん☆』  635点
通過成績2位『00(ダブルオー)』  649点
通貨成績1位『真似沢』       652点


参考記録


『ビリandグラ』       606点
『HARO×HARO』        618点




105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 09:14:51.23 ID:+7KLnydE0
―――プトレマイオス内


ティエリア「あとの望みは刹那…お前達に掛かっている。」

ミレイナ「これがホントにホントの最後の勝負ですぅ」

イアン(世界を変えてくれぇ、刹那!)

ロックオン(笑ってここに帰ってきてくれよ!)

ラッセ(お前達が俺らの最後の望みだ!!)

フェルト(頑張って…)

スメラギ(刹那…沙慈君…『00』…!!)




106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 09:21:16.14 ID:cG5yUugN0
これはまさしく最終決戦前・・・



107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 09:22:48.89 ID:+7KLnydE0
 『あざでぃすたん☆』決勝ネタ 「誕生日」


シーリン「どうも!『あざでぃすたん☆』です!」

マリナ「ううっ…ううっ…」

シーリン「マリナ…マリナ!どうしたの!」

マリナ「…最終ステージに出れたことが…うれしく…て…ヒグッ」

シーリン「私だって嬉しいよ、でも気持ちは分かるけどさぁ、」

マリナ「だから…私に愛のお恵みを…」

シーリン「結局それか!!どこまでがめついのよ!!しかも今度は泣き落としとか…」

マリナ「もうこうでもしないと、明日の夕食が…」

シーリン「どれだけ生活に困ってるのよ!!いちおうあなた、一国を代表する皇女なのよ!!」



108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 09:30:28.41 ID:+7KLnydE0
シーリン「そういえばあなた、先月誕生日だったわよね。
      そんな状態で自分の誕生日とかどう過ごしてたの?」

マリナ「それは大事な記念日ですもの。着る物に困っててもお祝いはしましたわ」

シーリン「そこ困ってたら祝ってる場合じゃないような気もするけど…」

マリナ「あとお友達とかも呼んでお食事を…」

シーリン「あなた、そんな状態で大丈夫だったの?」

マリナ「近所のネコやハトとか…」

シーリン「淋しいにも程があるよ!!食事ってパンくずとかの事だったんかい!
      人間の友達はいないの!?」

マリナ「そりゃ、近所の子供達とかも招待しましたよ」

シーリン「まさか近所の子たちにもパンくずを…」

マリナ「分けてもらってました」

シーリン「あいたたたぁ~」



109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 09:41:42.96 ID:+7KLnydE0
『00(ダブルオー)』決勝ネタ 「コードネーム」


沙慈「どうも、『00』の沙慈です!」

刹那「刹那です」

沙慈「そういえば刹那、前から思ってたけど君のその名前…何か由来でもあるのかい?」
刹那「念のため言っておくが、これは本名ではないぞ」

沙慈「んな事分かってるよ!どこの親が好き好んでそんな痛々しい名前を…」

刹那「…」

沙慈「あ…ゴメン、傷ついた?」

刹那「貴様こそセンスのないコードネーム名乗っているくせして」

沙慈「僕のは本名だよ!そっちの方がリアルに傷つくよ!!」




111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 09:55:25.28 ID:+7KLnydE0
刹那「それにしても最近このコードネームにも飽きた。
    そろそろ新しいコードネームを考えようかとも思っているんだが」

沙慈「それじゃもう少し落ち着いたものにした方がいいと思うよ。
    『刹那』とかなんか中学生っぽいし」

刹那「アルファベットのところに代わりに顔文字入れてみるとか」

沙慈「余計おかしなことになるよそれ!!」

刹那「それに『刹那』が子供っぽいなら…『煎茶』とかなら大人っぽく見えるか?」

沙慈「ちょっと!響きは似てるけどあらぬ方向に行ってるよ!!」

刹那「それなら『金融』とか『負債』などはどうだ?」

沙慈「何か大人っぽさってものを履き違えてるよ!!」

刹那「沙慈も少し大人っぽくして『催事』とかにしてみたりしないのか?」

沙慈「だから僕のは本名だって!!戸籍上の名前を催し事にされてたまるか!!」

刹那「しかし漢字の部分を下手に大人っぽくすると、中心の顔文字とアンバランスに…」

沙慈「まだ顔文字にこだわってたのか!!」

刹那「コードネーム『負債\(^o^)/セイエイ』なんて恥ずかしくて名乗れやしない」

沙慈「勝手に名乗ってろ!!」




112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 09:59:45.09 ID:kMTSGlqC0
>負債\(^o^)/セイエイ

これはなかなか・・・



113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 10:05:15.94 ID:+7KLnydE0
 『真似沢』決勝ネタ 「負け知らず」


マネキン「はーいどうm…」

コーラサワー「はぁぁーいどうもおおっ!!!」

マネキン「『真似s…」

コーラサワー「マネキン大佐とぉ、この俺コーラサワーで…」

マネキン「やかましい!!!」    ドガッ

コーラサワー「…殴ったね。今月はまだ一度も親父に殴られてないのに!!」

マネキン「先月まではわりと殴られていたのか…殴られっぱなしの人生じゃないか!」 ドグァ

コーラサワー「…二度も殴った!!今日はまだアネキにも殴られたことないのに」

マネキン「お姉さんには毎日殴られてるのか…情けない」



114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 10:20:02.99 ID:+7KLnydE0
マネキン「世界でも類を見ないダメ男だぞ、これじゃ」

コーラサワー「何を言うんです大佐!僕は情けない男なんかじゃありません!!
        これでも昔から結構モテてたんですよ!」

マネキン「にわかには信じがたい話だな」

コーラサワー「成績も優秀でしたし、そこそこ頼りがいのある男だったんでしょうねぇ。
        週末になるといっつも僕の所に宿題を持ってきて…」

マネキン「やらされてたんじゃないのかそれ!!」    ボゴッ

コーラサワー「給食のときもキライな野菜はみんな僕を頼って…」

マネキン「それは立派ないやがらせだろうが!!」   ドガドガッ

コーラサワー「たま~に鉛筆削りのカスとかも…」

マネキン「それはもはやイジメだろうがダメ男!!   ボガァァァッ
     本当に情けない。お前にも人に負けないことの一つぐらいあるだろう! 」

コーラサワー「そりゃありますよ。七並べとか、テトリスとか、
        あと…キーボードのホコリ取りとか!」

マネキン「どれも根性悪い人間が強いものばかりだろうが!!」  バチィン




115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 10:21:49.66 ID:Gct/YTQWO
00が優勝じゃなかったら窓からPS3投げる



116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 10:24:54.40 ID:+7KLnydE0
突然ですが、この最終ステージの優勝者は
スレをご覧の皆さんに決めて頂こうと思います。

『あざでぃすたん☆』
『00(だぶるおー)』
『真似沢』

のうち、気に入ったネタを一人何票でもいいので投票して下さい。
30分後最も得票数の多かったコンビを優勝とします。




117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 10:28:38.54 ID:HTQv927NO
もちろんOOで



118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 10:30:02.49 ID:dwGICSrv0
ここは敢えて
あざでぃすたん☆



119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 10:31:31.42 ID:tdZvp94XO
00!
楽しみにしてます!



120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 10:32:54.34 ID:u4DBphsVO
あざでぃすたん☆



121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 10:33:22.70 ID:uDDsq11gO
00で



122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 10:35:30.68 ID:F7Af9y0BO
00だ!



123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 10:37:14.05 ID:Gct/YTQWO
え……真似沢



124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 10:43:08.74 ID:aBDg9bifO
00一択



125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 10:44:20.13 ID:b4E3P6k+O
真似沢だな。



126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 10:44:21.47 ID:AdSfNvBqO
OO。



127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 10:48:55.75 ID:3vwnrEu0O
00だな



128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 10:52:39.32 ID:+7KLnydE0
王瑠美「さぁ、以上ですべての漫才が終了いたしましたが、
     アーサー審査委員長、今回の大会はいかがでしたか」

アーサー「お笑いで世界を変革するという目的からすると、十二分に申し分ない戦いであった。
      これからも戦争を根絶するため、芸人おのおの方には精進してもらいたい」

王瑠美「そして気になる総合優勝の発表は…


刹那「俺達が…優勝する!!」

沙慈「絶対にいけるはず…」

マリナ「やるだけのことはやった…」

シーリン「何としてもグランプリを!!」

マネキン「ここまで来たからには…」

コーラサワー「どうか大佐に優勝旗を…」


王瑠美「CMのあとでーす!!」

一同「ズコーッ」




129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 10:53:01.93 ID:/chmg7+0O
負債\(^o^)/セイエイな00に



130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 10:53:10.15 ID:DIZMydsw0
真似沢



131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 10:53:30.50 ID:gokvV5yUO
00 \(^O^)/



132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 10:53:53.57 ID:hAD0GwAQO
あざでぃすたん



133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 10:59:06.41 ID:+7KLnydE0
王瑠美「…投票結果が出揃いました!!
     王瑠美主催、M-1グランプリ2311の王者は…」


『00(ダブルオー)』
『あざでぃすたん☆』
『00(ダブルオー)』
『あざでぃすたん☆』
『00(ダブルオー)』
『00(ダブルオー)』
『真似沢』
『00(ダブルオー)』
『真似沢』
『00(ダブルオー)』
『00(ダブルオー)』
『00(ダブルオー)』
『真似沢』
『00(ダブルオー)』
『あざでぃすたん☆』




134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 11:04:26.77 ID:+7KLnydE0
刹那「…!!!」

沙慈「信じられない…僕達が…」


―――プトレマイオス内


スメラギ「刹那達が…勝った。」

ミレイナ「きゃはーっ!!凄いですぅ!!とっても凄いですぅ!!」

イアン「刹那と沙慈のヤツ…本当にやりやがった!!」

ラッセ「…本当…なのか!?」

フェルト「刹那…おめでとう!」

ロックオン「こいつはとんでもないことになったな…」

ティエリア「…おめでとう、刹那。」



135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 11:08:48.94 ID:+7KLnydE0
王瑠美「M-1王者は『00(ダブルオー)』に決定しました!!
    …今のご感想は?」

沙慈「ルイスー!!やったよー!!!」

刹那「… ティエリア~、やったよ~…」


マリナ「ううぅっ…」

シーリン「泣かないでマリナ。立派よ、ここまで残れただけでも」

マリナ「援助…来るかな…」

シーリン「…まぁ、仕事はもらえるんじゃない…。」




136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 11:17:19.54 ID:+7KLnydE0
コーラサワー「うわぁぁぁぁぁん!!すびばぜん大佐ぁぁ!!!
        出来るごどなら千回謝りだいです!!!」

マネキン「大声で泣くなみっともない!第一ここまで残れたのは本当に奇跡…」

コーラサワー「…大佐、泣いてるんですか…?」

マネキン「…なんでもない。」


アレルヤ「おめでとう刹那…あと、ありがとう。」

マリー「あなたは世界で最高の漫才師よ。私の脳量子波がそう感じている…」

沙慈「今では、君を誇りに思うよ…」

刹那「いや、俺こそ三人に感謝しなくてはいけない。 …ありがとう。」



137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 11:23:59.86 ID:+7KLnydE0
―――数日後


ロックオン「それにしてももったいないぜ。芸人としての仕事が
       じゃんじゃん来ているっていうのに、二人とも全部断るだなんて。」

アレルヤ「いや…何だかんだで僕はここにいたいし…」

刹那「何度か考えたが、漫才師である以前に俺はガンダムマイスター
    …いや、ソレスタルビーイングの一員だ、と思って。」

ティエリア「芸人として生きていきたいならここを出て行っても構わないんだぞ」

刹那「…冗談、なんだろ?」

ティエリア「…やはり僕は、冗談が苦手だ。」




139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 11:28:58.97 ID:+7KLnydE0
沙慈「刹那…やはり君はこの組織に居続けるつもりなのかい…」

刹那「…あぁ。俺には、やるべきことがある。」

沙慈「正直、君にはもうこの組織で戦いはして欲しくなかった…」

刹那「そう言うお前も、ここにいるじゃないか」

沙慈「僕も考えたんだけど…どうしてだろうね。」




141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 11:39:17.63 ID:+7KLnydE0
刹那達がM-1で手にした賞金の半分はマリナ達とその祖国に寄付され、
またマリナ自身が決勝戦に残ったことで各国の人々の目にとまり、
十分な援助を貰える一縷の望みをつなぐことが出来た。

コーラサワーは本格的に芸人の道を進もうとしたが、
マネキン大佐がその道を選ばなかったため、泣く泣く諦めることに。

結局、芸人として生きていく道を選んだのはサーシェスこと焼け野原ひろしだけ
だったが、例の公然わいせつの件で逮捕、起訴され今でも拘留中。




142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 11:47:43.89 ID:+7KLnydE0
スメラギ「母船を改造出来ないか、ですって!?」

ラッセ「残りの賞金の使い道って、これに使うつもりだったのか…」

ミレイナ「じゃカワイイ色に塗装とかしてほしいですぅ」

フェルト「変な要望はダメよ…ツインドライブさん」

ミレイナ「皆してヒドイですぅ…髪型変えるですぅ」※あの一件以来、この呼び名が定着

イアン「しかしいくら500万あるからってこんなデカイ要塞をどう改造しろってんだ」

刹那「まず手足のパーツと…あとGNドライブを」

一同「ガンダムにするつもりかいっ!!!」



                        機動戦士ガンダムM-1 Fin




143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 11:51:13.54 ID:uDDsq11gO
面白かったぜ!!>>1乙!!



144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 11:52:24.25 ID:dwGICSrv0
>>1



145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 11:54:00.73 ID:+7KLnydE0
まさかここまで長丁場になるとは…
もしかしたら24時間越えるかもと思っていましたが
何とか最後まで書き上げることが出来ました。
冬休み丸二日使ってしまいましたが、楽しんで頂けたのなら幸いです。
今まで読んでくれたすべての皆さんに感謝をいたします
本当にありがとうございました。

M-1…NON STYLEも出場者の中では面白かったけど
  個人的にはオードリーに優勝して欲しかった
  あと梶原は悪くない。




146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 11:54:55.41 ID:aBDg9bifO
激しく>>1乙!



164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/22(月) 14:54:41.85 ID:59tc6kH10
1乙!
確かに梶原は悪くないwww



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking livedoor Blog Ranking

この記事へのコメント
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://minaminoxxxsummer.blog49.fc2.com/tb.php/349-9a6ef3ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。