戯言ニュース

ほとんどVIPのまとめ。

HeadLine
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金「なんでカナだけ第一期のアニメに出てないのかしらー!!!!」
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 22:05:57.94 ID:q4JHr68G0
金「そろそろカナもみんなより強くなってやるかしらー!!」

金「そして第一期から出ているみんなを一泡吹かせてやるかしら!!」

金「それになんだかカナ、空気かしらー」

金「たぶん能力が地味なせいだと思うかしらー」

金「蒼星石はどう思うかしらー?」

蒼「一番地味な能力を持つ僕にそれを聞くんだ・・・・・・」



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ 金「なんでカナだけ第一期のアニメに出てないのかしらー!!!!」
4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 22:07:31.60 ID:q4JHr68G0
金「そ、そんな・・・・・・悪気はないかしらー」

蒼「まあね。気持ちは解かるよ、金糸雀」

金「だから二人で秘密の特訓をして水銀燈や真紅をぎゃふんと言わせるかしらー!!」

蒼「『楽していただき』の金糸雀がそんなこというなんて、珍しいね」

金「だっていつまでもなめられっぱなしなのは悔しいかしら!!カナはなんとしても強くなるかしら!!」

蒼「・・・・うん。君の意思は良くわかったよ」

金「ありがとうかしら!一緒にがんばるかしら!!」



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 22:09:46.77 ID:l3+q0HY/0
き…金糸雀?



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 22:11:34.03 ID:q4JHr68G0
蒼「でもどうやって強くなるんだい?」

金「う・・・・・そ、それは~・・・・・・・」

蒼「フフフ、僕に秘策があるよ」

金「ひ、秘策!!?」

蒼「実はね、僕の鋏は地味過ぎるし
遠距離攻撃ができるみんなの前だと
かなり戦闘力が劣るだろ?」

金「確かにそうかしらー」



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 22:15:47.85 ID:q4JHr68G0
金「(ゴクリ・・・)」

蒼「レンピカ!!そして悪魔の理髪師(ジャック・ザ・リッパー)!!!!!」

ズ ズ ズ ズ ズ ズ ズ ズ ズ ズ ズ

金「?なんの変哲もない鋏かしらー」

蒼「よく見てごらん(ニヤ・・・)」

金「!?は、鋏が二つ!!!」

蒼「そう!!これが僕の新しい能力ジャック・ザ・リッパーさ!!!」




14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 22:19:30.61 ID:q4JHr68G0
金「で、でも鋏が二つに増えただけかしらー」

蒼「そう思うよね?でもね・・・・・この能力は【念】といって
自分が纏っているオーラを具現化して作った鋏なんだ!!」

金「は、はぁ・・・かしら」

蒼「まあよくわからないのも無理はないよ。ぼくの周りを流れている生命Eが見えるかい?」

ズ ズ ズ ズ ズ ズ ズ ズ ズ ズ ズ ズ ズ ズ ズ

金「全く見えないかしら~・・・・・・」

蒼「まあ金糸雀は念を習得してないから見えないのも当たり前か・・・・・・・」




15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 22:23:38.87 ID:q4JHr68G0
金「で、で、その鋏は何処がすごいのかしらー?」

蒼「今見せてあげるよ。・・・・・・・・ハァッ!」

ズバッ

スゥ~~~~~

金「な、な、な、な、な、な、な、な!!?」

蒼「これがジャック・ザ・リッパーの持つ能力さ!!」

金「蒼星石が瞬間移動したかしら!!!かしら!!!!」




17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 22:27:56.84 ID:q4JHr68G0
蒼「この鋏は空間を切り裂くことができるんだ!!
これでニガテの遠距戦も間合いを詰めて攻撃できる!!」

金「す・・・すごいかしら!!!」

蒼「金糸雀も修行してみるかい?(まあ習得するのは相当難しいけどね・・・・・・)」

金「もちろんかしら!!よろしくかしら!!!」

蒼「(まあぼくはたまたま身に着けたようなものだけど
金糸雀もなんとかなるよね・・・・・・)」

こうして蒼星石と金糸雀の特訓は始まった・・・・・・




18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 22:32:01.15 ID:q4JHr68G0
--桜田家—-

JUM「ハンタ再開キターーー!」

紅「全く・・・・・漫画なんか見てないで紅茶を入れてくるのだわ、ジュン」

JUM「ふぅ~、真紅。君はまるでわかっちゃいないね」

紅「(カチン)・・・・・・何のことかしら?」

JUM「君はこの富樫大先生がお書きになっている漫画を侮辱したんだ!!!」

翠「(休載ばっかのラクガキ野郎ですけどね・・・・・・)」




21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 22:37:17.64 ID:q4JHr68G0
JUM「嫁!!真紅!!!読むんだ!!!ジャンプを!!!!!」

バサッ

紅「やれやれだわ・・・・・・」

~30分後~

紅「翠星石!!くらいなさい!」

バッ バッ バッ バッ

バチッ バ チ チ チ チ チ チ チ チ チ チ

紅「雷切り!!」

翠「あまいですぅ!10倍界王拳ですぅ!!!!」

ヒュン ヒュン ヒュン 

雛「(みんなお子ちゃまなのー。すぐに漫画に影響されるなんて・・・・・ぷぷっ)」



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 22:43:56.69 ID:q4JHr68G0
JUM「(なんでハンタじゃねーんだよ。なんで猿とNINNJYAなんだよ・・・・・・)」

紅「雷遁のスピードには勝てないのだわ!!!」

バチィッ

翠「いっったぁーーーーーですぅ!!もっと優しくやるですぅ!!本当に電気が流れたかと思ったですぅ!!」

紅「ご・・ごめんなさい・・・・・・」

雛「(ごっこに本気でやるなんて・・・・・ガキね・・・)」

翠「怒ったですぅ!!100倍界王拳ですぅ!!!!」

雛「(はぁ・・・・・・蒼星石も金糸雀もしばらくどっかに修行するとか言ってたし
・・・・・・どいつもこいつもゲーム脳で腐ってるのー・・・・・・)」

JUM「じゃん!!けん!グーーーーー!!!!」

雛「(・・・・・・だめだ・・・こいつら・・・早くなんとかしないと・・・・・・)」




25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 22:50:50.13 ID:q4JHr68G0
--蒼星石と金糸雀--

金「はぁ・・・はぁ・・・・はぁ・・・・・」

蒼「う~んなかなかオーラが出てこないね(まあ簡単にはいかないけどさ・・・・・・)」

金「カナ、カナ・・・・・・まだまだ頑張るかしら!!!」

蒼「よしっ!!その意気だよ金糸雀!!」

金「オス!!かしら~!!」




26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 22:57:07.09 ID:q4JHr68G0
~一時間後~

蒼「そろそろ休憩にしようか」

金「へ、へとへとかしら~~」

蒼「何か飲み物買ってくるよ」

タッタッタッタッタ

金「(それにしてもこんな山の中で修行なんて・・・・・本格的かしら~)」

ガサガサ

金「!?な、何かしらー!?」

・・・・・・・・・・・・

金「そ、蒼星石?」ゴソゴソ



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 23:02:59.99 ID:q4JHr68G0
金「?これはなにかしらー?・・・・・・・・石・・・にしては変な形かしらー」

ド ド ド ド ド ド ド ド  

金「!???いっ痛っ!!さ、先が尖ってるなんて・・・・・・」ポイっ

金「(なんだったのかしら、あの石?)」

タッタッタッタッタッタ

蒼「おまたせ金糸雀!コーラでも飲んでリフレッシュしなよ」

金「ありがとうかしら~」プシュッ

ゴクゴクゴクゴク

スッ

金「きゃぁ!!」ドテ

蒼「!?どうかしたの?金糸雀?」



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 23:04:51.87 ID:q4JHr68G0
金「手が・・・・手が・・・・カナの手からもうひとつの手が出てきたかしら!!!」

蒼「なんだって!!?(念?それにして発現の仕方が妙だな・・・・・・)」

金「ほ、ほら・・・・カナの手からもうひとつの手が・・・・・」

蒼「・・・・・・・何も・・・・見えないよ・・・(????)」

金「!!??カナの手から手だけじゃなく・・・・・人・・・が・・・・あ・・・・あ・・」

蒼「だ、大丈夫!?金糸雀!??(念の修行のやりすぎで幻覚でも見てるのかな?)」

金「こ・・・・これは・・・・・」



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 23:07:15.49 ID:q4JHr68G0
???「コンニチハカナリア ワタシハアナタノ  スタンド デス」

金「しゃ、しゃべった・・・す・・・すたんど??」

蒼「!!?ま、まさか!?」

???「カナリア オソレナイデ  ワタシハアナタト トモニイタ  ワタシノナハ  『ゴールド・リプレイ』ッ!」

ド ド ド ド ド ド ド ド ド ド ド ド ド 

金「ご・・・・ごーるどりぷれい??」




39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 23:10:12.85 ID:q4JHr68G0
ゴールド・リプレイ「アナタノノウリョクヲ  キョウカ  スルコトガデキマス」

金「カナの能力・・・かしら?」

リプレイ「アナタノステキナバイオリン ソレヲ  キョウカシマス」

金「ピチカート・・・・・・・・」

蒼「(スタンドだって!?そんな馬鹿な!?)」

スチャ

ギィィィ ~♪~♪~♪




42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 23:13:17.13 ID:q4JHr68G0
ヒュンヒュンヒュンヒュン

・・・・・・・・・・・・・・・・・

金「こ・・・・これは・・・・・」

グォォォォオオオオオオン

蒼「うわぁぁぁ!(まさか・・・・これが金糸雀の新しい能力・・・?)」

金「す・・・・すごすぎるかしらー!!」

蒼「(確か・・・・スタンドは精神エネルギーをヴィジョンと化したもの
ぼくには見えないけど・・・
金糸雀がスタンド能力に目覚めたのは間違いない!!)」




45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 23:17:31.74 ID:q4JHr68G0
金「【ゴールド・リプレイ】・・・・・・この能力があればカナは敵なしかしらー!!」

蒼「(この能力とぼくの能力があれば・・・!)・・・・・金糸雀!ぼくと組んで水銀燈達を倒さないか!?」

金「・・・・・なるほど!!カナのこの能力と蒼星石の『空間を切り取る』能力が組み合わされば、
無敵の中の無敵かしらーー!!」

蒼「飲み込みが早くて助かるよ。よし!早速、特訓しよう!」

金「おう!かしらー!!」




56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 23:23:37.60 ID:q4JHr68G0
--とある路地裏—-

猫「にゃーにゃー」

銀「あらぁ。どうしたのぉ?」

猫「ふにゃふにゃ」スリスリ

銀「ふふふ、可愛いわね。なんて名前かしらぁ?」

猫「ふごふご・・・にゃぁ」

銀「んん?お腹空いたぁ?うふふ、これ・・・さっきめぐから貰ったみかんだけど・・・・・・・食べるぅ?」

猫「ふにゃぁ~にゃぁ~」ムシャムシャ

銀「ん~?おいしい?それにしても真っ黒な毛並みねぇ。つやつやしてるしぃ」

黒猫「ふにゃぁ~?」

銀「クロ!・・・じゃぁありきたりかしらぁ?」




59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 23:27:14.20 ID:q4JHr68G0
黒猫「ごろごろごろごろ」スリスリスリスリ

銀「気に入ったみたいねぇ。あなたひとりぼっちなのぉ?・・・・・私も・・・・おんなじ」

黒猫「にゃぁにゃぁ~」

銀「今から教会にもどるけどぉ・・・・・一緒にくるぅ?」

黒猫「ふにゃ!ふにゃ!」シュッシュッ

銀「そんなに嬉しい?・・・きなさい・・・・・・」

バサッ   バサッ

銀「(ミルクはないけど・・・・・・ヤクルトで・・・・・・いいわよねぇ)」

  バサッ    バサッ



60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 23:28:11.77 ID:5YO7/eWdO
2対1の時点で脂肪フラグが立ちつつある気がする



61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 23:32:15.33 ID:q4JHr68G0
>>60
そうはしないぜ

--教会—-

黒猫「ふごっ・・・ふごっ・・・」ゴクゴク

銀「よかったぁ・・・ヤクルトでも飲めるのねぇ」

銀「(?・・・妙ね・・・・この子の影・・・・不思議な形をしてる・・・・?
いや、気のせいね。何かと見間違えたか・・・・・・)」

黒猫「ふにゃぁにゃぁぁ!」

銀「そんなに喜んでくれるとこっちも嬉しいわぁ・・・・さぁ、そろそろ睡眠の時間・・・・
あなたもここで寝るぅ?」

黒猫「ふにゃ~ぁ」ゴロン

銀「ふふ、なんだか今日は寂しくないわぁ・・・・・・・・・」

パタン

黒猫「・・・・・・・・・」




65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 23:51:36.92 ID:q4JHr68G0
黒猫「・・・・・・・・・・・・・・・・」

黒猫「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

黒猫「ふむ。寝たようじゃな。この娘・・・人間じゃ・・・・ない・・・・?」

黒猫「むむ!・・・・・この娘の体の中に刀が・・・・?」

黒猫「こ、これは!?・・まさか『アレ』と同じようなものがあるとはな」

黒猫「どれ、少し力を貸してやるか・・・・・・」

フォォォォォォォォオ

黒猫「あの娘の力があれば、これを引き出すのは容易いはずじゃ」

黒猫「やくると・・・・美味しかったぞ」シュタッ

シャ  シャ  シャ  シャ  シャ

銀「zzzzzzzzzzzzzzzzz」



66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 23:56:01.61 ID:q4JHr68G0
--桜田家--

翠「ふんふんふ~ん♪」

翠「大きくな~れ、大きくな~れ
健やかに~伸びやかに~」

シャァーーーーーーー

翠「・・・・・・蒼星石・・・金糸雀と修行に行ったきり帰ってこないですぅ」

翠「翠星石は寂しいですよ・・・・・・」

コロッ

翠「ん?花壇の影に何か転がってるですぅ・・・・・・」スッ

翠「ん~~ん?なんですかぁ?これ・・・・・・・!?」




69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 00:02:01.16 ID:/dbnx56v0
翠「こ、これ・・・・・は・・・・・・・・・・た、大変ですぅ~~!!!!」

翠「・・・いや、ちょっと待つですよ」

翠「これがあれば・・・・ウシシシ・・・みんなみてやがれですぅ!!」

翠「翠星石はもう無敵ですぅ!!!!!」



73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 00:05:28.66 ID:/dbnx56v0
~巴宅~

雛「ふんふん♪ふふ~ん♪」カキカキ

巴「雛苺、苺大福持ってきたわよ」

雛「あ!うにゅ~だぁー」トットット

雛「あむ・・うむ・・・・・(はぁ・・・・ここ最近はストレスの溜まるやつらといたから
これくらいの息抜きがないとね・・・・)」




74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 00:12:13.89 ID:/dbnx56v0
巴「雛苺?大丈夫?」

雛「(顔に出てたか?)トゥモエの家で食べるうにゅうは格別なの~~」

巴「そう?よかった・・・・・」

ヒュ~~~~   ストン

パサッ

雛「!?(何かお外に落ちた!?)」

雛「(・・・・・後でとりに行こーっと~♪)」




77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 00:17:17.22 ID:/dbnx56v0

--桜田家—-

紅「もうちょっとなのだわ・・・・なんだかいけそうな気がするのだわ」

バッ    バッ   バッ    バッ   ババッ

紅「(・・・・・・ここをこうして・・・)」

雛「ただいまなの~~」

紅「ブツブツブツブツ」

翠「はぁ・・・ちび苺が帰ってきやがったですか」

雛「翠星石?」ニコッ

翠「(なんですかその笑顔は?)厄介者が帰って来たと言ってるんですぅ」

雛「そっかー・・・・・そっかー・・・・・」




80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 00:22:34.36 ID:/dbnx56v0
翠「(?・・気持ち悪いですね~。まあコレがある限り誰がどんなことしようと関係ないですぅ。うししししっ)」

雛「(明日・・・・・翠星石はもうあの態度が取れなくなってるの~
真の恐怖を雛が味あわせてやるの~)」

翠「(明日・・・コレでやっちゃいますかね・・・・)」

紅「ぶつぶつぶつぶつぶつ・・・・くんくん・・・・・ぶつぶつ・・・・」

のり「ご飯よ~!今日は特製ジャンプ盛り盛りハンバーグよ~!」

雛「はいなの~!」

翠「今行くですぅ!」




81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 00:23:14.92 ID:YPK4tgjw0
しかしスレタイからは思いつかないようなクロスオーバーだなw
ローゼン×ジョジョ×ハンタ×鰤×NARUTO(?)



84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 00:24:37.49 ID:/dbnx56v0
>>81
スレタイにセンスが皆無なのは前作でも感じた・・・・・・



86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 00:25:32.28 ID:/dbnx56v0

紅「ぶつぶつぶつ・・・・・・・くんくんを・・・・ぶつぶつ」

バッ   バババッ  バッ

スタスタスタ

JUM「おい!真紅?のりが呼んでるぞ!」

紅「はぁぁあ!!」

ボン!!

JUM「こ、こいつぁ・・・・・」

紅「すでに予兆はあったのだわ・・・・きっと天性の才能なのだわ」

JUM「(まさか!?こいつ!?やりやがるとはな!!)」




88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 00:27:35.89 ID:/dbnx56v0
???「やあ!」

紅「ふっふっふっふっふっふーなのだわ」

JUM「真紅・・・・・・・」

紅「明日仕掛けるわよ!ジュン!!」

JUM「ええ!!明日!!?」

紅「試したくてうずうずしてきたのだわ!!!!
明日みんなの驚き呆けた顔を早く拝みたいのだわ!!!!!」



89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 00:30:10.19 ID:/dbnx56v0
JUM「・・・・・・あっ!おい真紅!飯だぞ飯!」

のり「二人とも遅いわね~」

JUM「あっ!のr」

モゴゴゴゴ

のり「遅い子はお仕置きね」

JUM「んごぉ・・・・・・ごくん・・・・・まずっ!!何食べさせたんだよ!」

のり「変なパンダの格好したおじさんがくれたのよ~」

JUM「うぇぇ・・・・・気持ちわる・・・・・・・」




90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 00:35:15.35 ID:/dbnx56v0
--とある山奥—―


蒼「もう息もばっちりだね!」

金「二人に怖いものは無いかしらー!!」

リプレイ「カナリア アナタハキヲ ユルシテハ イケナイ」

金「ん?なんでかしらー?」

リプレイ「アナタハ マダマダ セイチョウスル  ココロノヒヲ  ケサナイデ」

金「肝に命じるかしらーー!!!」

蒼「(ぼくのオーラも修行でより強靭なものへと進化した・・・・明日・・・・決戦だ!)」

蒼「金糸雀!明日・・・」

金「攻める!かしら?」

蒼「うん!ぼくらの力を見せ付けてやろう!!」




92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 00:38:20.16 ID:/dbnx56v0
--教会—-

銀「昨日の黒猫・・・・クロはどこへ行ったのかしらぁ」

銀「またひとりぼっち・・・・・・」

銀「でも不思議ねぇ」

銀「クロの仕業かわからないけどぉ」




94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 00:42:13.77 ID:/dbnx56v0

スラッ

ビュォォォォォォォォォオオオ

銀「これが・・・・・・こんなことになってるとはねぇ」

銀「・・・・・うず・・・・」

銀「ふふふふふ、明日試してみようかしらぁ」

ドロ  ドロ  ドロ  ドロロ

シャラ―――――――――ン



銀・金・翠・蒼・紅・雛「(明日っ!!!!!!)」

六体のドールはそれぞれの思いを胸に

明日の決戦に向けて

静かに眠るのだった・・・・・・・

明日!!!活目せよっ!!




98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 00:45:22.58 ID:/dbnx56v0
--Nのフィールド—-

雪「私のこと忘れてないでしょうか?」

雪「クスクス・・・・・まあいいでしょう」

雪「生憎、私は新しい能力とやらを手に入れていませんし・・・・・・」

雪「ゆったりと見物させてもらいましょう」

雪「クスクスクスクスクス」



100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 00:49:11.21 ID:/dbnx56v0
~朝~

金「ついにこの日が来たかしらー!!」

蒼「レンピカとピチカートに伝言を伝えてもらおうよ」

金「『決闘』の・・・・かしら!ピチカート!真紅に伝えてくるかしら!!」

蒼「レンピカ!水銀燈に伝えてきて!」

金・蒼「まずは真紅と水銀燈を潰す!!」

金「真紅と水銀燈は仲が悪いから、
同時に相手した方が効率が良いかしら!」

蒼「連携がうまく取れないところをぼく達の新しい能力で叩く!」

金・蒼「完璧 さ!・かしら!」



102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 00:52:01.77 ID:/dbnx56v0
--Nのフィールド—-

バサッ    バサッ

紅「あなたも来たのね」

銀「どうやら二対二の勝負をしようという気なのねぇ」

紅「正直、今の私なら一人でじゅうぶんなのだわ」

銀「大層な自信ねぇ・・・・・・まぁそう言うなら私は見学しておくわぁ」

紅「?(水銀燈が潔く身を引くなんて・・・・・・)」

銀「勘違いしないでねぇ・・・・私だって一人で十分なのよぉ。
でもたまには見学・・・・・ってのもいいじゃなぁい」



104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 00:56:15.33 ID:/dbnx56v0
紅「・・・・・そう・・・・・」

銀「(早くこれを試したいけど・・・・・あの娘達に使ったら勿体ないじゃない。
真紅!あなたで試させてもらうわよぉ。ふふふ)」


ザッ

蒼「待たせたね二人とも!」

金「二人に勝算はないかしら!!」

紅「それはどうかしらね・・・・・ジュン!!」

JUM「はいよ!」

紅「あなたに審判をお願いしたいのだわ」




105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 00:59:53.22 ID:/dbnx56v0
蒼「審判?これはアリスゲーム・・・・そんなものなんの意味もないよ」

紅「・・・・・あなた達が降参したいとき、
私を止めてくれる役がないと心配なのだわ」

蒼「言ってくれるね・・・真紅!」

金「カナ達の力を見たら
自分がその審判にすがることになるかしらー!!」

蒼「その自信・・・・消させてあげるよ!」

ズ ズ ズ ズ ズ ズ ズ ズ ズ 

ジョキン!!

スゥゥゥゥゥーーーーー



107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 01:02:29.29 ID:/dbnx56v0
JUM「な!?蒼星石の体が瞬間移動した!さらにあの能力は・・・・【念】!!
ちなみに僕は【悪魔の実】をたまたま食った能力者!
このミエミエの実の能力で全ての超常現象を見ることができる!
つまりこのバトルのための解説役というわけさ!!
ってかこんな役がいないとバトルがわかりにくいしね!!
ちなみにこれ全部一秒で語ってると思ってくれ!
ご都合主義万歳!!」

紅「瞬間移動!?」

蒼「ごめんね真紅。ぼくたちは新しい能力に目覚めていたんだよっ!」

シャキーン

紅「そんな鋏くらい軽く避けて見せるのだわ!」




109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 01:05:32.05 ID:/dbnx56v0
蒼「無理だ!間合いはゼロ!光速じゃなきゃ避けられない!」

ズバンッ

蒼「よし!やっ・・・・・・何ぃ!?」

トン

紅「甘いのだわ。新しい能力?それは私も同じなのだわ!」

バチッィ バチチチチチチチチチ

金「な!?帯電してる?かしらー!!」

JUM「あれは!【チャクラ】!真紅の場合雷遁の術を駆使して
自分を光速で動かしたのか!」




110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 01:13:14.59 ID:/dbnx56v0
銀「(うず・・・うず・・・)」

蒼「なんで!?・・・・くっ・・・・」

紅「蒼星石!あなたにも新しい能力があったなんて驚いたのだわ・・・・けど」

金「おしゃべりはそこまでかしら!」

紅「!?」

金「カナの攻撃はもう終わってるかしら!」

ド ド ド ド ド ド ド ド ド ド ド 

紅「こ・・・・これは!?」

金「攻撃のワルツ!アンド、リプレイ!!リプレイ!!リプレイ!!」




114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 01:20:55.92 ID:/dbnx56v0

ズドーーーーーーン!

紅「きゃぁぁぁぁぁぁああ!!」

JUM「こ、これは!【スタンド】!!
音が、金糸雀自信から奏でているのと合わせて四方向から出ている!!
さらに・・・・・・・そうか!!蒼星石が切った空間に音楽を流したのか!
だから真紅から離れていても確実に攻撃を食らわせられるっ!!」

銀「もう我慢できないわぁ!」

スラッ

ズオッ

銀「熔けろ(とろけろ)!!銀魁(ぎんかい)!!!」

ドロ ドロドロ~

蒼「な!なんだあれは!?」




116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 01:25:21.72 ID:/dbnx56v0
オ オ オ オ オ オ オ

銀「ふふふ。あなた達だけじゃないのよぉ、新しい能力は!」

ビュビュン!

蒼「な、何かが飛んで・・・・」

銀「銀魁から出た刃はあなたを確実にしとめるわぁ」

蒼「くっ・・・悪魔の理髪師(ジャック・ザ・リッパー)!!」

ズバッ

スゥゥゥーーーーーー

蒼「ふぅ・・・・なんだかわからないけど危ないとこ・・・・!?」

パキキキキ

銀「ふふふ、私の銀魁の持つ能力は刃と飛び散った雫が凝固し
その部分を動けないようにできるのよぉ!!」



117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 01:29:23.75 ID:/dbnx56v0
蒼「これじゃあ左足が動かない・・・・・!」

JUM「これは・・・・【斬魄刀】!!
刀自身に特殊能力が備わっていて
その刀と対話することで真の力を引き出すと言う・・・・・・。」


銀「ちょっとずつ固めてあげるわぁ。
私の銀魁からは逃れられないことを思い知りながらねぇ」

蒼「・・・・・・ジャック!!」

ザクッ

銀「なっ・・・!?」

蒼「ぼくは・・・ぼくはもう負けるわけにはいかないんだよ!!!!」

銀「自分の足を・・・・・・切断するなんて・・・・・・」




118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 01:31:50.14 ID:DnFKgE2bO
なんという少年漫画的展開



119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 01:33:52.64 ID:/dbnx56v0

蒼「心配は要らないよっ」

スゥゥゥーーーーーー

蒼「やあっ!」

ギィィィン

銀「くっ・・・・」

蒼「ぼくの鋏は空間を切るだけじゃないんだよ」

銀「な!?刀が・・・・!?」

蒼「物体を切った場合(鋏んだだけでもいいけど)その部分を
異空間に飛ばすことができるんだ!」

銀「いつのまにか・・・・・・切った足が治ってる・・・・!?」




149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 15:08:09.58 ID:/dbnx56v0

蒼「異空間に飛ばした物体は僕の意思で好きなものだけこの世界に戻すことができる!!」

銀「それで飛散させた雫を取り除いたってわけねぇ」

銀「しょうがないわぁ!卍解!!!」

ドロッ  ドロドロ

JUM「蒼星石が切った部分だけ刃がない!?
剣先が浮いてるように見えるから不思議!!
いや、ば卍解ぃ!?なんだ!?刀が熔けてるぞ!!」

銀「私の銀魁、卍解すると液体状になるのよねぇ」

蒼「くっ・・・・・」



150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 15:12:46.70 ID:/dbnx56v0

銀「(だけど蒼星石の能力だと迂闊に攻撃できないし
まぁ手を固めたら終わり・・・・・
って簡単にはさせてくれそうにないわねぇ)」

蒼「(遠距離からの攻撃は空間を飛ばして逃げれるし
ちょっとずつあの物体を異空間に飛ばせば勝てる!
けど近づき過ぎるとあれに当たるし・・・・・・・
手を固められたら鋏を使えない!)」

蒼・銀「(勝負は、一手遅れた方の負け!)」




152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 15:16:49.06 ID:/dbnx56v0
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
紅「甘いのだわ!」

金「な!?」

紅「全方向の攻撃・・・・・確かに逃げ道はないけど
あらかじめ攻撃を受ける覚悟で一つの方向に逃げれば
他の攻撃は食らわないのだわ!!」

金「く~~~っ。爪が甘かったかしら!」



154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 15:25:27.49 ID:/dbnx56v0
紅「あなたも新しい能力に目覚めてたなんて驚きだけど・・・・・
そのかわりもう容赦しないわよ」

バッ バッ バッ バッ ババッ

トンッ

紅「口寄せ!!」

ボワン

金「な、な、な・・・・・」

紅「くんくんを呼んだのだわ!」

くんくん「よろし~くんくん!!」




155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 15:28:23.34 ID:/dbnx56v0
紅「さあ!くんくん!金糸雀の弱点を推理してちょうだい!!」

くんくん「僕に任せて!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・わかったぞ!
  バイオリンの弦だ!!弦を切れば音を出せない!」

金「くっ・・・・切らせる前に終わらせるかしら!」

キィィィィィイ

金「追撃のカノン!!」

ズォォォォオ




157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 15:34:50.61 ID:/dbnx56v0
紅「遅い!!」

ヒュン

金「避けられ・・・・う、後ろ!」

バッ

紅「音速は光速に勝てない」

バチチチチィ

金「リプレイ『破壊のシンフォニー』!」

ゴオオオオオオオオオ

紅「竜巻!?これじゃあ近づけないのだわ」

金「(真紅が倒れてる隙に最大限度の三曲まで録音できたけど・・・・・
これで残り二曲!リプレイ中は録音できないし・・・・・
くんくんならこの竜巻の弱い部分を見つけてくるかもしれない
ピンチかしらーーーー!)」



181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 20:46:40.96 ID:/dbnx56v0

紅「くんくん!この竜巻の弱点は?」

くんくん「・・・・・・・・・・真上だ!上の方は風も弱いから
そこから中に入れるのさ!」

紅「さすがなのだわくんくん!金糸雀・・・・覚悟しなさい」

ズドオーーーーーン!!

銀・金・蒼・紅「!!!!????」

翠「おっス!翠星石ですぅ!早速ですけど食らうですぅ!!!
元気玉ぁ!!!!!!!」

ズドドドドドドドーーーーーンン!!

銀・金・蒼・紅「な、なにぃーーー!!」




185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 21:14:49.86 ID:/dbnx56v0
JUM「ああ!!真紅達が吹っ飛ばされて・・・・・
あの力は・・・・【DBQ(ドラゴンボールクオリティ)】!!
でもなんであんな技・・・・翠星石なんかが使えるんだ!?」

翠「ハーハッハッハ、教えて欲しいですかチビ人間?
これはドラゴンボールを拾った時
変な猿人間に教えて貰ったですぅ!
さらに翠星石の願いを一つ何でも叶えて貰う約束までしたですぅ!!」




186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 21:16:18.54 ID:/dbnx56v0
_____________________________

猿人間「おし!後一つの願いは残しといてください
ある女の子のために残しておかなきゃいけないんです」

鼻無し人間「鼻をくれ!!!」

神龍「おk」

猿人間「・・・・・・ま、いっかw」


________________________________




187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 21:19:30.14 ID:/dbnx56v0


翠「もはや無敵ですぅ!!」

ガラガラガラ

金「それはどうかしら・・・・」

紅「爪が甘いのだわ」

蒼「覚悟はあるんだよね?」

銀「不意打ち・・・・・ジャンクにしてやるわぁ」

翠「ひ、ひーーーーー!?」




188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 21:29:02.87 ID:/dbnx56v0
蒼「やあっ!」

ズバッ

ヒューーーーン

翠「なーんて言うとでも思ったですかぁ?10倍界王拳!!!」

ビュン   ビュン   ビュン

蒼「は、速いっ!」

銀「私の銀魁もあのスピードだと当てるのは難しそうねぇ」

紅「くんくん!」

くんくん「だめだ!速すぎて弱点を推理できない!」




189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 21:54:34.07 ID:/dbnx56v0
金「それに水を撒いてるってことは・・・・・・・・」

ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ 

翠「スィドリーム!みんなを捕らえるですぅ!!」

銀「銀魁!!固めなさい!!!」

ドロロロロ

パキッパキキキキキ




190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 21:59:13.32 ID:/dbnx56v0
翠「きーっ!それなら直接、攻撃するまでですぅ!!!」

銀「な!?はやっ、きゃああ!」

ドゴォ

翠「ふぅ・・・後は世界樹でみんなを動けなくしてからじっくりといじめてやるですぅ!
いーひっひっひ!」

金「(動けなくても・・・・)リプレイ『反撃のパルティータ』!!」

バチッ

翠「くっ」




200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 22:25:49.32 ID:/dbnx56v0

くんくん「いまだ!」

紅「薔薇の尾!!」

翠「な!」

バチチチチチチチチ

紅「さらに電気を流すのだわ!」

翠「ううっ」

蒼「そしてこれで終わりだ!!」

JUM「あの鋏で樹を切ったのか!!
樹に捕まる前に腕を切り落とし
そしてあとで戻す・・・・・さすがだ!」

蒼「ええいっ!」




201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 22:33:00.15 ID:/dbnx56v0
翠「怒ったデスぅ」ドン!

蒼「へ?」

翠「怒ったデスぅーーーーーーー!!!!!」

くんくん「あ、あれは!?」

翠「100倍界王拳!!!!!」

JUM「まさか!?
なんてものを教わったんだ!
こんな短期間でここまで習得するとは!?」




205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 22:52:23.65 ID:/dbnx56v0

翠「黙れですぅ!!」

JUM「へぐっ」

翠「もう翠星石は止められないですぅ!!」

紅「これは・・・!?」

蒼「いったい・・・・!?」

金「どうすればいいかしらー!?」

銀「・・・・・・・うう・・・・・・」

翠「ひーひっひひひっひっひっひ一ひっひひひひっひいひひひっひっひっひ」




208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 23:02:36.53 ID:/dbnx56v0
??「そこまでなのー!!」

翠「?」

??「クックックック」

雛「もうこんな戦い終わりなのー!!」

翠「ひ・・・ちび苺!??」

雛「いつもいじめてたお返しを今、耳をそろえて返してやる!!」




211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 23:24:20.65 ID:/dbnx56v0
翠「うるせぇですぅ!!」

ブン

翠「な!?」

雛「ヒナには効かないのー!」

翠「な?へ?え?」

ブン ブン ブン




212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 23:31:19.60 ID:/dbnx56v0

??「クックック、人間も面白いけど人形もおもしろいな!」

雛「このノートにみんなの名前を書いたからもう何しても意味ないのよ」

くんくん「な!?」

銀・金・翠・蒼・紅・J「なんだってーー!?」

雛「ふっふっふ・・・・雛は新世界のアリスになるのー!!ねーリュークン?」

リューク「クックックックックックックックックック」

JUM「あのノートは・・・・・【デスノート】!!
名前を書いたら死ぬという・・・・
でも、ドールに死という概念はあるのか?」



213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 23:32:30.24 ID:+TbmJAkh0
チートすぎるwww



215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/15(月) 23:48:27.45 ID:/dbnx56v0

雛「まあ今すぐ実証するから見て欲しいのー」

JUM「へ?」

ガタッ

雪「うぐ・・・・・お・・お前が・・・・キ・・・・・ラ・・・・」バタ

雛「ほらねー」

銀「(雪結晶の方がキラじゃなぁい・・・・・)」




218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 00:04:28.49 ID:FyvFtcbD0

雛「実態が無くても死ぬみたいだしー」

スー

雛「ローザミスティカもちゃんと手に入るのー!!」

雛「つまり死ぬ前の行動を操ることができるのー!!
だからみんな雛には『攻撃できない』のーー!!」

銀「ちょっと待ちなさい!あなた、その末妹の名前を知らないはずじゃ・・・・・」

雛「うよ?水銀燈は『死神の目』を知らないのー?」

銀「な、何よそれ・・・?」

JUM「こいつぁマジでやべーぜ」



219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 00:08:43.98 ID:RZNZ1KEmO
無敵だろこれwwwwww



221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 00:14:08.31 ID:FyvFtcbD0
リューク「(まあ寿命の概念が無いから
取引した俺はなんだか複雑な気分・・・・・・)」

雛「まあもうめんどくさいからバイバイなの。真紅!」

ドクン

紅「うぐっ・・・・・・・」バタ

雛「変態!」

ドクン

蒼「(このssではまともなのにな・・・・・・)うあっ・・・・・・・・・・」バタ




222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 00:21:31.66 ID:RZNZ1KEmO
蒼星石……



223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 00:22:31.95 ID:rGjnPdp9O
変態wwww



224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 00:24:15.09 ID:I93PDkXT0
変態ってwwwww



225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 00:24:23.89 ID:FyvFtcbD0
雛「翠野郎!」

ドクン

翠「ひぃっ・・・・・・・・」

雛「全裸で踊り狂ってJUMに恥ずかしいとこ見せながら死ぬがいい!!」

翠「ひぎぃ!!いや、いやああああああああああああああああああああ!!!!」バタ

JUM「(雛GJなのかなんというか・・・・・・・・)」

雛「空気!」



227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 00:50:52.92 ID:FyvFtcbD0
金「かっ・・・・(くっ・・・・・私は死ぬのかしら
折角修行して
よくわからないうちに新しい力を得たけど
こんなとこで・・・・・・
こんな・・・・・とこ・・・・・で
本当は新しい力とかどうでもいいかしら・・・・・・・
ただ第一期からアニメに出たかった・・・・・・・




230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 01:01:33.27 ID:FyvFtcbD0
もっと・・・・・みんなと・・・・・・・・・・・・
もしできたら・・・・・・戻りたい!・・・・・・・
第一期アニメに戻って・・・・・・出たい!!!!!!)」

ゴールド・リプレイ「リプレイ ヲ カイシシマス」

ド ド ド ド ド ド ド ド ド ド ド

金「え?」

キュルキュルキュルキュルキュルキュルキュルキュルキュルキュル

金「え?え?」

キュルルルルルルルルルルルルルルル




234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 01:08:23.42 ID:FyvFtcbD0
金「な?これは・・・・時間が・・・・戻ってる!?」

リプレイ「モトモト アナタノ モドリタイ トイウ ガンボウガ 
スタンドト ナッタノデス」

金「じゃあ死んだみんなも元通りかしら!」

リプレイ「ソレハ アナタ シダイ」

金「?」

リプレイ「アナタガ カコニ モドッテモ
オナジ ミライヲ タドル カノウセイガ アル」

金「・・・・・・・・・・・・・」

リプレイ「ジカンハ モドッタ」




241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 01:13:50.69 ID:FyvFtcbD0
_________________________________________________________________


蒼「(やっぱりぼくの鋏・・・・・地味だよな・・・・・・)」

金「蒼星石―!」

蒼「やあ!金糸雀!!」

金「蒼星石の武器ってすごいかしらー!鋏・・・・カコイイかしら!!」

蒼「い、いきなりなんなんだい?」

金「姉妹の中でも近接系の武器を持ってるなんて
蒼星石だけかしら!!(水銀燈はこの際スルーかしら・・・・)」




243 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 01:14:54.45 ID:FyvFtcbD0
蒼「て、照れるなー」

金「カナにも近接戦の戦い方を教えて欲しいかしら!!」

蒼「う、うん!!えーとね・・・・・・・・・」

__________________________________________________________



244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 01:15:21.41 ID:FyvFtcbD0
金「真紅!」

紅「あら、来てたのね金糸雀。」

JUM「ハンタ再開キターーー!」

紅「全く・・・・・漫画なんか見てないでみんなに紅茶を入れてくるのだわ、ジュン」

JUM「ふぅ~、真紅。君はまるでわかっちゃいないね」

紅「(カチン)・・・・・・何のことかしら?」

JUM「君はこの富樫大先生がお書きになっている漫画を侮辱したんだ!!!」

翠「(休載ばっかのラクガキ野郎ですけどね・・・・・・)」




245 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 01:17:51.79 ID:FyvFtcbD0

JUM「嫁!!真紅!!!読むんだ!!!ジャンプを!!!!!」

バサッ

紅「やれやれだわ・・・・・・」

カチッ

シュボッ

JUM「ああ!俺のジャンプが・・・・燃えている!!」

金「そんな雑誌読むよりくんくん探偵を一緒に観るかしら!!」

紅「それもそうね」




246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 01:19:47.81 ID:FyvFtcbD0

翠「確かDVD特別編が昨日発売してたですぅ」

雛「雛も見るのー(くんくんはガチ)」

金「カナがみっちゃんに頼んで買ってもらったかしらー!
それを観るかしらー!!」

紅「でかした金糸雀!!」

__________________________________________________



249 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 01:21:09.29 ID:FyvFtcbD0

コロコロ

金「・・・・・・・・・」

ポイッ

ヒュ~~~~~ン


猫「にゃーにゃー」

銀「あらぁ。どうしたのぉ?」

猫「ふにゃふにゃ」スリスリ

銀「ふふふ、可愛いわね。なんて名前かしらぁ?」



251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 01:27:25.85 ID:FyvFtcbD0

ドゴォォ

猫「ひゃぎゃーーーーー!」

銀「ああ!逃げないで!!・・・・・・・くすん・・・・・」

コロコロ

銀「これね・・・・・この玉が!!」

猿人間「おっと、それを投げたらお母さんが怒るからちょっと待ってください!!」




252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 01:34:40.26 ID:FyvFtcbD0

銀「?」

猿人間「ええっと僕はグレートサイヤマンと言ってですね・・・・・」

銀「ふ~ん。で何なの?」

猿人間「その玉をくれたら何でも好きな願い事を叶えますよ!」

銀「!?・・・・・・・・じゃあ・・・・・・ごにょごにょ・・・・・・」

猿人間「え?」

銀「みんなと・・・・・・・・・仲良く・・・・・・なりた・・・い・・・・・」

_________________________________




255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 01:39:38.26 ID:FyvFtcbD0

ヒュ~~~~   ストン

パサッ

雛「!?(何かお外に落ちた!?)」

雛「(・・・・・後でとりに行こーっと~♪)」


ガサガサ

金「・・・・・・・・・・・・・」

金「お別れだよリューク」

シュボッ

ボ ボ ボ ボ ボ ボ

_____________________________



257 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 01:44:29.24 ID:FyvFtcbD0

パイロットA「なあ・・・・俺達このヘリで何を運んでるんだ?」

パイロットB「見てみようぜ・・・・・・・?なんどこりゃ」

パイロットA「おいおい、俺にも見せろよ」

パイロットB「あ、やめ!!」

ヒュ~~~~~~~~~~~

パイロットB「あーあ落ちちゃった・・・・・」

パイロットA「やべ怒られる!!」




266 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 01:56:07.77 ID:REXQLWDZO

承太郎「俺が行く」

トン

ヒュ~~~~

パイロットA・B「落ちたッ!ぶつかるッ!!」

承太郎「スタープラチナッ!!」

ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ 

承太郎「地面に激突する直前に時を止めれば問題ない」

トン

承太郎「そして時は動き出す」

ガサガサ

承太郎「む、あった・・・・・(これは・・・・・・・ペンダントに入れてアイツに渡しとくか)」

【完】




267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 01:57:43.37 ID:xnzP4Ss10
工エエェェ(´д`)ェェエエ工工
ここで完はちょっと・・・
この後でカナの回想いれるべきじゃねーか?



268 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 01:57:46.74 ID:REXQLWDZO
最後まで付き合ってくれてサンクス!
今度は過疎らないようにスレタイ気をつけるよ



269 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 01:59:00.02 ID:REXQLWDZO
>>267
むしろカナの回想いらんと思って消したんだが…………



270 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 02:00:30.36 ID:RZNZ1KEmO
乙!
承太郎はやっぱりいいとこ取りキャラだな



274 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 02:04:49.40 ID:xnzP4Ss10
>>269
しっくりこないのは俺の個人的な感想だけどさ
よかったらだけど後日談みたいな感じで投下してみてはくれんか



275 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 02:21:37.12 ID:FyvFtcbD0
邪気眼キョン読み終わったから投下してみる



280 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 02:46:38.83 ID:FyvFtcbD0
金「お邪魔するかしらー!!」

銀「いらっしゃーい」

金「(水銀燈がいつの間にこの家に馴染んでるかしら)」

紅「紅茶あるけどどうする?」

金「いただくかしら!」

紅「ジュン、紅茶をいれてきなさい」

ジュン「自分でいれr」

ガン

ジュン「痛ぁ!!何すんだよ!!」




281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 02:54:59.36 ID:FyvFtcbD0

銀「入れてくるのよぉ」

ジュン「お前かよ・・・・・・・」

銀「あらぁ?文句でもあるのぉ?」

ジュン「いや・・・・・珍しいなt」

ガァン

ジュン「痛ぁあぁ!ったくなにすんだよ!!」

紅「さっさと入れてくるのだわ」

ジュン「・・・・・はいはい」

金「(殴り役が増えたかしら・・・・・・)」




282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 02:57:04.49 ID:FyvFtcbD0

蒼「金糸雀!君も来たんだね!!」

金「(蒼星石、・・・・・・ってな、なんで背中に鋏が?かしら?」

蒼「ん?ああこれ?あんまり金糸雀が褒めるから
背中に取り付けてみたんだよ!」

金「(あああこれは間違いなくカナのせいかしら~)」

蒼「似合うよね?」

金「(言えない、ダサすぎるなんて死んでも
言えないかしら・・・・・・)そ、そうかしら~」

蒼「だよね?だよね?ははっ!!」




283 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 03:03:47.77 ID:FyvFtcbD0

翠「(さすがの金糸雀も空気を読んだですぅ)」

雛「(ツッコミ様が無いの・・・・)」

銀「(か・・・・カッコイイ!!)」

紅「(やれやれなのだわ)」

ジュン「おーい!紅茶入れたからみんな下降りてこーい!!」

雛「はいなのー!!」

トットットット




284 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 03:05:12.34 ID:FyvFtcbD0

金「(結局ドラマの第一期からはプロデューサーの問題で出れなかったかしら・・・・・
でも、水銀燈はみんなと仲良くしてるし
蒼星石は念を発現してないし
未来は少し変わってきてるかしら・・・・・・
この先アリスゲームによる決断をしないといけないとき
きっとみんななら乗り越えられるかしら!
たとえ空気でも・・・・・・みんなと楽しく過ごせたらそれで・・・・・・)」

金「って、みんなカナを忘れてるかしらーーーーーーー!!!!」

【END】




もう続きはない!
ってかやっぱ蛇足すぎるね




286 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/16(火) 03:06:27.39 ID:hEznstpt0
って終わったwww





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking livedoor Blog Ranking

この記事へのコメント
こういうの大好きだ
2008/12/19(金) 18:42:24 | No.1771 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
>銀「(か・・・・カッコイイ!!)」

ですよねー!
2008/12/20(土) 09:04:27 | No.1776 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://minaminoxxxsummer.blog49.fc2.com/tb.php/343-423637ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。