戯言ニュース

ほとんどVIPのまとめ。

HeadLine
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユウナ「これ違ーう。私の欲しいゼリーじゃないんだけど」
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/12(金) 21:12:37.42 ID:OpkLRonj0
ワッカ「あ・・ゴメンな?それしか売ってなくてさ、だからそ」

ユウナ「買ってきて」

ワッカ「え?」

ユウナ「早く買ってきてよ!!!」

ワッカ「・・・・・・・わかった」




4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/12(金) 21:13:46.73 ID:cqi6wQZI0
貢いでくれたらシン倒してもいいです



ブログパーツ ユウナ「これ違ーう。私の欲しいゼリーじゃないんだけど」
11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/12(金) 21:18:38.11 ID:OpkLRonj0
ワッカ「ち・・・・・・あのクソ女が・・・・親父が召喚士だかなんだか知らねえけど偉そうにしやがって・・!!」

ルールー「おやおや、またバカ姫のおつかい?」

ワッカ「あぁ。あの女にはドタマくるぜ・・・」

ルールー「やれやれ・・・アンタはいつまで経ってもヘタレねぇ」

ワッカ「なっ?!何だと?!俺はやるときはヤル男だぜ?!」

ルールー「じゃあ見せてごらんなさいよ。ユウナなんてただの女よ?力づくでなんとかなるでしょう?」

ワッカ「む・・ぐぅ」

ルールー「あらあら?また口だけだったの?そんなんじゃ一生あの女の使いっ走りねぇ」



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/12(金) 21:21:24.16 ID:OpkLRonj0
ワッカ「わかったよ!いいよ、やってやるよ!犯しまくって子供作っちゃるよ!!」

ルールー「へぇ?それは楽しみねぇ・・?クスクス」スゥー・・・

ワッカ「ち・・・変態魔女もどきが・・・・」




14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/12(金) 21:27:10.55 ID:OpkLRonj0
ワッカ「よし、ゼリーはもう買うのやめてローションでも買うか・・・・『ペペ』?これでいいか」

一方その頃ビサイド村では。

ユウナ「あれ?ルールーじゃん。どした?」

ルールー「さっきワッカがアンタのこと犯しまくるって言ってたけど・・どうするの?」

ユウナ「私、日頃からそういったお話があれば是非とも参加させて頂きたく思っておりました」

ルールー「?!」




16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/12(金) 21:30:06.54 ID:0nw7WTl90
テラビッチwwwwww



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/12(金) 21:31:45.79 ID:OpkLRonj0
ユウナ「あー楽しみー」

ルールー「あ、アンタ・・・本気なの?」

ユウナ「早くワッカさん帰ってこないかなー」ワクワク




21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/12(金) 21:35:39.99 ID:OpkLRonj0
ワッカ「おーいユウナー!ゼリー買ってきたぞー!」

ユウナ「来た!遅ーい!もぉーワッカさんたらー」

ワッカ「ビクゥ?!(な・・なんか態度が変だ・・・それにルールーも一緒にいる・・・まさか?!)」

ユウナ「ずっと待ってたんだからねっ?!」

ワッカ「あ、あぁ・・・スマンな・・・・」

ユウナ「じゃあワッカさん・・・奥の部屋へ・・・・」ギィィィ

ワッカ「(こ・・・殺されるのか・・・・?)」




23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/12(金) 21:38:06.68 ID:OpkLRonj0
いーえーゆーいーおーこーそとのー
れーぇんゆーりーよーこーめぇのー

はーかーせーたまーぁーうさーがーたーまー

ワッカ「い・・祈り子の部屋・・・?」

ユウナ「誰にも邪魔されたくないの・・・・」

ワッカ「ガクガクガクガク」




26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/12(金) 21:42:23.41 ID:OpkLRonj0
ユウナ「じゃあワッカさん・・・・・・始めましょうか・・・・」

ワッカ「アワワワワワワワワ・・・・・・・ユウナ・・・・本気か・・?」

ユウナ「クスッ。何よーワッカさんから言い出したんでしょう?さぁ、私はいつでもいいですよ」

ワッカ「(・・・決闘・・いや、殺し合いするつもりなんだな・・)」

ユウナ「どうしたのワッカさん?怖いの?クス」

ワッカ「こここ怖くなんかねぇっての!やややってやんよ!」



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/12(金) 21:47:08.29 ID:OpkLRonj0
ユウナ「ふふ、ワッカさんたら、そんなボールを使うの?」

ワッカ「そそそそうだよ!なんだよ悪いかよ?!」

ユウナ「へぇー楽しみだなぁ」

ワッカ「(なんだよこの余裕はよ・・・・・コイツそんなに強いのかよ・・)」

ユウナ「さぁ・・・・・・・・おいでなさい・・・・・」

ワッカ「・・・う・・うううわぁぁぁぁあああああ!!!!」ヒュンッ!

ドゴォッ!

ユウナ「ぐふぅっ!!」




29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/12(金) 21:48:58.94 ID:HMq1VOu00
ユウナ「えいっ!」 ポコンッ☆ 9999



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/12(金) 21:50:58.21 ID:OpkLRonj0
ユウナ「・・・・す、凄いわ、ワッカさん・・・・ボタボタ・・・こういうのも・・・アリです・・・ポタポタ」

ワッカ「オラァッ!」ヒュンッ!

ドゴォッ!!!

ユウナ「くぅ・・・効くなぁ・・・・ドボドボ」

ワッカ「ふぅわぁぁああああっ!!」ヒュンッ!

ドゴォッ!!!

ユウナ「・・・ワッカさん・・・そろそろ・・・ちゃんと・・・したのも・・」

ワッカ「そらよっ!!」ヒュンッ!

ドゴォッ!!!




34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/12(金) 21:53:41.58 ID:OpkLRonj0
ユウナ「ちょっ・・・・・ワッカ・・・さん・・・・そろそろ・・・優しく・・・」

ワッカ「よっこらせっくす!!」ヒュンッ!

ドゴォッ!!!

ユウナ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

ワッカ「・・ハァッハァ・・・・・・やった・・・勝ったぞ・・・やったぁー!!」

ユウナ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

ワッカ「ご・・・ご褒美タイム突入だぜ・・・・ゴクリ」




35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/12(金) 21:54:13.92 ID:vbFvj1qJO
wwwwwwwww



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/12(金) 21:56:11.23 ID:Woxg5xLA0
この世界は狂ってる



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/12(金) 21:56:36.54 ID:LStBGKha0
意外な方向ワロタwwwwwwwww



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/12(金) 21:57:15.79 ID:OpkLRonj0
ワッカ「じ、じゃあ早速脱がせちゃおっと・・・・ゴソゴソ・・・・下着だけ脱がすか・・・フヒヒ」

ガサゴソガサゴソガサゴソガサゴソガサゴソガサゴソガサゴソガサゴソガサゴソガサゴソガサゴソ
ガサゴソガサゴソガサゴソガサゴソガサゴソガサゴソガサゴソガサゴソガサゴソガサゴソガサゴソ
ガサゴソガサゴソガサゴソガサゴソガサゴソガサゴソガサゴソガサゴソガサゴソガサゴソガサゴソ

ワッカ「うひひ・・・ユウナちゃんのおまんこ・・・っと?うあわっ?!!くせぇぇぇえええ!!くせえええよぉおおお!!!」




41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/12(金) 22:00:37.01 ID:OpkLRonj0
アーロン「当然だ」

ワッカ「?!」

アーロン「その娘は生まれながらにソコを洗っていないもんでな」

ワッカ「アーロン・・さん?!」

アーロン「さぁ今こそ決断の時だ!!逃げて苦しみながら生き続けるか!戦って匂いに苦しむか!!」

ワッカ「!!!!」




44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/12(金) 22:04:02.47 ID:OpkLRonj0
ワッカ「お・・・俺は・・・・逃げない!!俺、逃げる、キライ!!俺、逃げる、死ぬよりキライ!!だから戦う!!」

アーロン「・・・フッ・・・・覚悟は決まったようだな・・・よし!ならば行くぞ!!」

ワッカ「ちょ・・?!なんでアーロンさんが脱ぐんすか?!」

アーロン「この娘の親父に頼まれていたのでな」

ワッカ「(絶対嘘だし・・・・・)」




46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/12(金) 22:07:29.35 ID:OpkLRonj0
キマリ「待て」

ワッカ「キマリ?!まさか邪魔しようってんじゃないだろうな・・・」

キマリ「・・・・・・・・・・・」

アーロン「・・・・フン・・・・・・それ相応の覚悟はあるんだろうな・・?」

キマリ「・・・邪魔はしない。続けろ」カチャ

ワッカ「!!デジカメ?!!」

アーロン「・・フン・・・・俺にも渡せ・・・・ダビングしてな・・・」



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/12(金) 22:11:53.63 ID:5I+HR3YoO
ダメだどいつもこいつもwwwww



62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 00:39:35.43 ID:yPACO02t0
キマリ「ジ~~~~」

ワッカ「なんか・・・・・やりにくいんだが・・・・」

アーロン「フン。気にするな・・・・・じきにクセになる」

ワッカ「アーロンさん・・・・アンタ・・・・・」

キマリ「いいから早くしろ」

ワッカ「あ、あぁ・・」ヌギヌギ

アーロン「フン。真性とはな」

ワッカ「い、いいじゃないですか別に!そういうアーロンさんはどうなんですか?!」



63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 00:42:20.38 ID:yPACO02t0
アーロン「・・・・・・・・・」チョロん

ワッカ「wwwwwwwwwちっせwwwwwwwwwwwwww」

キマリ「キマリが一番。この中じゃキマリが一番。」

ワッカ「うるせぇ!いいから黙って撮っとけ!」

アーロン「さぁ、お前の物語を見せてみろ」くぱぁ

ワッカ「・・・グッ・・・・すげぇ匂いだ・・・・オエェッ」




64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 00:49:08.07 ID:yPACO02t0
アーロン「フン。お前のような素人にはキツイだろうな・・・・」

ワッカ「よくそんな近くにいて平気ですね・・・・・ウップ」

アーロン「これぐらいで音を上げるようでは話にならんな・・・」

キマリ「早くしろ。」

ワッカ「わかったってぇの!よし!いくぜぇっ!」クチュ・・・・ズリュズリュ

ユウナ「ピクッ・・・!」

ワッカ「すげぇ!全然濡れてないのに垢が包み込むように受け入れていく!」




65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 00:54:31.03 ID:yPACO02t0
ワッカ「ハァハァ・・・・ズコズコズコズコ」

ユウナ「う・・う・・・・うぉぉおぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!」

ワッカ「?!」

アーロン「いかん!目覚める!殺せ!!」

ワッカ「え」

アーロン「早く殺せ!」

ワッカ「ちょ」

アーロン「終わりだ」ザンッ!!

ユウナ「・・・!!」

ワッカ「!!!」




66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 00:56:47.86 ID:yPACO02t0
ワッカ「アーロンさん・・・・アンタ何てことを・・・・?!」

アーロン「構わん。次のを用意してある」

ワッカ「次の・・?」

アーロン「連れてこい」

キマリ「連れてきた」

リュック「何・・・何なの・・・・?! ユウナぁぁ?!!!」




68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 01:00:58.53 ID:yPACO02t0
リュック「どうして・・・こんなことを・・・・」

アーロン「ユウナの上にかぶされ」

リュック「アタシをどうするつもりなのさ?!」

アーロン「いいから早くするんだな」ジャキン

リュック「うぅぅぅ・・・・わかったよぅ・・・・ほら、これでいいの?!」

ワッカ「これは・・・・・・スゴイ・・・」

アーロン「だろう?この二つの性器に挟み込んで擦る。これこそが至高だ」




70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 01:08:15.53 ID:yPACO02t0
ワッカ「でも・・・・こんなことやっちまって・・・本当にいいのかな・・?」

キマリ「格好をつけるな。」

アーロン「フン。お前のソコは過敏に反応しているがな」

ワッカ「じゃ、じゃあやるぞ・・・・」チュク

リュック「うわうわ!やっやめ・・アヒュ・・・やめてよぅ・・」

ワッカ「ハァハァ、アルベドの匂いキッツイなぁ・・・えぇ?この汁臭すぎだぞぉ?」

リュック「いやぁ!そんな匂い嗅がないでぇ!」

ワッカ「ユウナの冷たい感触とお前の温かくて臭いのが絶妙だなぁ」

リュック「うぅぅ・・・・・・」




71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 01:15:15.58 ID:yPACO02t0
アーロン「フン。手持ち無沙汰だな。」

キマリ「・・・・・・・・キマリ、誰でも構わない」

アーロン「どうやら同じことを考えていたらしいな」

キマリ「キマリ、角は折れたがココは折れない」ギンッ

アーロン(四つん這いで)「フン。いいだろう。かかってこい」




76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 01:24:42.33 ID:yPACO02t0
キマリ「ウリャ!ウリャ!フンッ!」

アーロン「グゥッ?!・・・グゥッ!・・・グゥッ!」

キマリ「ウリャ!ウリャ!フンッ!」

アーロン「グゥッ?!・・・グゥッ!・・・グゥッ!」

キマリ「ウリャ!ウリャ!フンッ!」

アーロン「グゥッ?!・・・グゥッ!・・・グゥッ!」

キマリ「ウリャ!ウリャ!フンッ!」

アーロン「グゥッ?!・・・グゥッ!・・・グゥッ!」



78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 01:26:49.42 ID:yPACO02t0
アーロン「そろそろ・・・・いけ!」

キマリ「キマリ、イカない。キマリ、イク時は一緒。」

アーロン「お前・・・・・・・」

キマリ「ウリャ!ウリャ!フンッ!」

アーロン「グゥッ?!・・・グゥッ!・・・グゥッ!」

キマリ「ウリャ!ウリャ!フンッ!」

アーロン「グゥッ?!・・・グゥッ!・・・グゥッ!」




79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 01:27:30.96 ID:PIThwVuJ0
もうやだこの板



80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 01:29:55.48 ID:yPACO02t0
キマリ「キマリ、もう・・・」

アーロン「あぁ、構わん!お前の物語を見せてみろ!」

キマリ・アーロン「あぁぁぁーっ!!!」

キマリ「フキフキ」

アーロン「お前・・・・」

キマリ「キマリは知っている。これも大人のマナー」




81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 01:30:38.79 ID:yPACO02t0
ごめんもうやってらんない



82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 01:30:48.37 ID:LFfZxNM50
レイプに死姦にゲイセックス
へいへいトム、どこのハプニングバーだいここは



91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 05:12:52.88 ID:ZEacZFiT0
ふぅ・・・



98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 08:23:29.59 ID:yPACO02t0
ヴァルファーレ「・・・・・なぁ・・・お前ら何やってんだ・・・?」

一同「!!!!!」

こうして、ヴァルファーレによる大説教が始まった。
全員泣くまで責め続けられ、殴り続けられ、シューティングパワーされ続けた。

ヴァルファーレ「お前ら責任とって『シン』倒して来い。いいな?返事は?!」

一同「・・・・・はい」

ヴァルファーレ「ったくよー、うちの召喚士も殺しやがってよー・・・この娘も俺らの夢に加えて復活させるか」



104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 10:19:03.27 ID:jIDaq5tLO
ワッカ「・・・・・・・ワッカった」



120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 19:11:11.94 ID:yPACO02t0
こうして一行は半ば強制的に『シン』を倒す旅へと出た。

ワッカ「な、なぁ・・謝っても許されないとは思うんだが・・・もう許してくれよ・・」

ユウナ「・・・・・・・・・・・ボソボソ」

ワッカ「ほんの出来心だったんだよぉ・・・・なぁ・・・」

リュック「・・・・・・・・・・・・ボソボソボソ」

アーロン「フン。情けない男だ。お前もユウナのガードなら堂々としてみせろ」

ワッカ「しかし・・・・・・・・」

ユウナ「・・・・・・・・ボソボソボソボソボソ」

ワッカ「なぁ、さっきっから何をボソボソ言ってるんだ?」




121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 19:15:54.88 ID:yPACO02t0
ユウナ「・・・・・・・・ボソボソボソ」

ワッカ「・・・・・・ま、まぁとにかく次の召喚獣を探しに行こうぜ・・」

ユウナ「・・・・・・・・・」

こうして無口で不気味になってしまったユウナとリュックを連れて、
一行はグアドサラムへと辿り着いた。
その間、キーリカでイフリートを手に入れたり色々あったが特筆すべき出来事は無かった。




122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 19:18:17.41 ID:ZEacZFiT0
テラ手抜きwww



124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 19:20:42.30 ID:yPACO02t0
ルールー「ここがシーモア老師の街、グアドサラムね。」

ワッカ「?!な・・・何だこの街は・・・・・そこらじゅうで・・・やってやがる・・・」

グアド女「アヒュッ!・・アアアアヒュッ!・・・しゅごいいいいいいい!!」

グアド男「えふ!えふえふ!あああああいいいいよおおおお!!」

ユウナ「・・・・ぎぃぃやぁぁぁあああああ!!!!」

リュック「ふぅぅわっさぁぁぁぁあああああああああ!!!!!!!」

ワッカ「ど?!どうしたんだユウナ!!!」

ユウナ「のぉぉおおべんばぁぁああああああ!!!!!!」

ルールー「今この娘11月って言ったわね」




126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 19:26:14.56 ID:yPACO02t0
アーロン「フン。11月・・・か。どうやら、交じりたいようだな」

ワッカ「な?何でそうなるんですか?!」

ルールー「ユウナ、遠慮することないのよ。行ってきなさい」

ユウナ「ちげぇぇえええよぉおおおおおおお!!!」

ワッカ「ユウナ?!ちょっとアーロンさん!!あんまりユウナを刺激するようなこと言わないでくださいよ!」

アーロン「フン。刺激だと・・?俺はただユウナのことを気遣ってやっただけだ」

ワッカ「えぇ・・・?全然わかってねぇよこの人・・・」

リュック「このまちもういやだぁぁぁあああああああ!!!」

ワッカ「くそ・・!一体どうすりゃいいんだ?!まともなの俺しかいないじゃねえか・・!」




127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 19:28:57.14 ID:KEIQF0PsO
お前もちょっとマトモじゃないwwww



128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 19:29:56.92 ID:yPACO02t0
シーモア「おやおや・・・・・・皆さんよくいらっしゃいました・・・・」

ワッカ「シーモア老師・・・・!お願いします!なんとかしてくださいよ!」

シーモア「ふむ・・・・どうやら心に深い傷を負っているようですね・・・・しかも・・・・彼女は『夢』のようです・・・」

ワッカ「えぇ・・まぁ色々とありまして・・・・・」

アーロン「俺が殺した」

シーモア「な・・?!」




129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 19:33:54.73 ID:yPACO02t0
アーロン「成り行き上仕方なく・・・・・な」

ワッカ「(嘘つけ・・・!)」

シーモア「・・・そうですか・・・・彼女の心は死んだままのようですね・・」

ルールー「なんとかしなさいよ・・・・・アンタ老師でしょ?」

シーモア「(なんだこの女・・・偉そうに)え、えぇ・・・わかりました。では一晩、私にお預け下さい。そこの方もね」

リュック「うが!!うがうがからおけうが!!!」

ワッカ「すみません・・よろしくお願いします」




130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 19:34:34.42 ID:MKK3Goec0
くるっとるw



132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 19:38:23.02 ID:yPACO02t0
翌朝。シーモア老師の屋敷から出てきた二人は・・・あまりにも変わり果てた姿だった。

ユウナ「あっ皆さんおはようございます昨日はすみませんでした私ったらあんな取り乱し
ちゃってほんと恥ずかしい姿をお見せしてしまいましたでももう大丈夫ですよシーモア様
のおかげで私もリュックもこんなに元気になりましたからもう本当シーモア様の為にこれ
から生きていこうかななーんてちょっと私重いですよねこんなこと急に言い出してもシー
モア様を苦しめるだけですもんねはぁーあつまんないのなんか良いことないかなー」

ワッカ「ゆ・・・・・ユウナ・・・・・・?」




133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 19:41:47.00 ID:yPACO02t0
アーロン「アイツ・・・・・やりやがったな・・・・」ギリ

リュック「えへへ!アタシ5歳なの!きのうねーしーもあ様に教えてもらったんだぁ!
とぉっても楽しかったんだよぉ?アタシこれからずぅっとここに住むんだぁ☆」

キマリ「キマリは許さない。キマリはこんな躾をしたシーモアを決して許さない。」

アーロン「異界に送ってやる・・・・下衆めが・・・・・」




134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 19:43:20.14 ID:4lOkg/vfO
狂ってるwwwwwwwwwwwwwww



136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 19:48:27.80 ID:yPACO02t0
シーモア「皆さんおはようございます。良い朝ですね」

ワッカ「アンタ・・・・一体ユウナに何をしたんですか?!」

シーモア「おやおやぁ・・?私はただ健全な『女』の在り方を教えて差し上げただけですが・・・?」

アーロン「・・・・・・・ギリ」ジャキッ

シーモア「・・・・フッ。どうやら・・・やるしかないようですね」

アーロン「アレは俺がここまで教育してきたのだ。勝手な真似を・・・」

キマリ「キマリもこれからリュックを育てようとした。キマリの楽しみを奪った罪は御山の洞窟よりも深い」




137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 19:50:56.13 ID:uBbGCyLPO
こ れ は ひ ど い



139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 19:52:43.85 ID:qPMAPerA0
なんて罪深いガードたちだ



141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 19:55:10.79 ID:yPACO02t0
リュック「みんなどうしたのー?怖い顔してにらみあってさぁー」

キマリ「邪魔だ」ゲシッ

リュック「あうぅっ!」

ワッカ「キマリ・・・なんて酷いことを・・」

キマリ「キマリは新品が好き。中古に用はない」

ユウナ「キマリってそんな酷いことを平気でする人だったんだーあっそもそも人かどうか
怪しいなぁとは思ってたんだけどね角生えてるししかも折れてるしさ肌も青いし獣っぽい
し体臭もすごいよねー獣臭っていうのかなーあと歯も磨いてないんだろうねー昔から気に
なってたけどなかなか言えなくてさー無口で何考えてるかわかんなくて気味悪かったんだ
勝手に近くで守ってるつもりだったんだろうけどいい加減うざ」

キマリ「フン!!」ズスゥ!!

ユウナ「カ・・・ハ・・・・」




142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 19:55:58.42 ID:VmV78VvaO
やりやがったw



143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 19:56:02.92 ID:qPMAPerA0
どうしようもないなこのパーティ



144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 19:58:43.33 ID:yPACO02t0
ワッカ「な・・・?!また殺しちゃったよ・・・・!!」

キマリ「キマリはスッキリした」

アーロン「フン。気が合うな」

シーモア「あぁ・・・なんてことでしょう・・・・私が手塩をかけて育てたのに・・」

アーロン「もういい。始めるぞ」

シーモア「よろしい・・・全員で異界に行くが良い・・・・・」




146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 20:02:03.92 ID:yPACO02t0
シーモア「さぁ・・・・戦う3人を選びなさい・・」

アーロン「構わん。全員でいい」

シーモア「は?!・・・いやいや・・・そっちは3人と決まってるでしょう?」

キマリ「キマリは全員で良い」

シーモア「え?!・・・・だからそっちは3人じゃないと・・・・バランス的に・・ねぇ?」

アーロン「いくぞ!」

シーモア「ちょっまっ待ちなさい!!」




148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 20:07:16.01 ID:yPACO02t0
ワッカ【クイックトリック】バァン!

シーモア「グゥッ?!」9999

ワッカ【クイックトリック】バァン!

シーモア「グゥッ?!」9999

アーロン【クイックトリック】ザンッ!

シーモア「グゥッ?!」9999

シーモア「ひ・・卑怯な割に・・・・強くしすぎとは・・・」バタッ

シーモア を倒した!




149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 20:10:37.95 ID:yPACO02t0
ルールー「私何もしてないわ・・・・・」

アーロン「黙れ」

キマリ「キマリは巨乳が気持ち悪い」

ルールー「・・・・・・・・・」

アーロン「さっさと行くぞ」

こうして一行はジョゼ寺院へ辿り着いた。
しかし、ここで重要なことに気がついた!

ワッカ「召喚獣・・・・誰が取るんだ?」




151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 20:12:29.90 ID:yPACO02t0
ルールー「確かにそうね・・・・ユウナはもう死んじゃったし・・・」

アーロン「黙れ」

ルールー「・・・・・・・・・・」

キマリ「・・・・・・・・・・」

ワッカ「参ったなぁ・・・」

キマリ「キマリが取る」

ワッカ「?!!」

キマリ「キマリ、倒します。必ず『シン』を・・・倒します!」




152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 20:14:29.58 ID:xhmiHxPI0
超展開きた



153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 20:14:56.57 ID:yPACO02t0
アーロン「・・・・そうか。それもよかろう」

ワッカ「気をつけてな・・」

こうしてキマリは初めての召喚獣、イクシオンを取りに向かった!

そして2時間が過ぎた。

ワッカ「遅いな・・・・・」

ルールー「何か・・・あったのかしら・・・?」

アーロン「黙れ」

ルールー「・・・・・・・・・・・」

ガチャ

ワッカ「キマリ!!」




155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 20:19:10.89 ID:yPACO02t0
キマリ「・・・できました!!私・・・・召喚士になれました!!」

一斉にキマリの元へ駆け寄るガード達。

ワッカ「やったなぁ!これで一人前だなぁ!」

ルールー「もう・・!心配かけさせて・・・っ!」

キマリ「ごめんなさい、ルールー。でも、私・・・これで一人前の召喚士だね!」

ワッカ「いやぁ、一時はどうなるかと思ったよ!でもこれで一安心だな!わっはっはっは!」
キマリ「」




159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 20:24:02.19 ID:yPACO02t0
ワッカ「あ、そうそう。お前が祈り子の部屋にいる間にこんな奴が来てさぁ、紹介するよ!」

ティーダ「ど、どうもっす!」

キマリ「・・・君は・・?」

ティーダ「あ、あぁ・・・俺はゴミクズだから・・・恥ずかしくて名乗る名前なんて無いっス!」

キマリ「クスッ・・・・よろしくね!『ゴミクズ』さん!」

ティーダ「おう!よろしくっス!」




160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 20:25:19.87 ID:L/2sJJEJ0
ティーダwwwwwwwww



185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 22:16:54.26 ID:yPACO02t0
そして召喚士キマリ一行はジョゼを去り、マカラーニャ寺院へと向かう。

キマリ「キマリなんだか・・・緊張するなぁ」

ティーダ「みんながキマリのこと、応援してたぞ!」

キマリ「・・・うん。みんな、『ナギ節』をとても楽しみにしてるから・・」

ティーダ「『ナギ節』?なんだそれ?」

キマリ「うん・・ナギ節っていうのは『シン』を倒してから10年間の・・・次の『シン』が出てくるまでの平和な期間なの」

ティーダ「10年?なんだ・・10年したら『シン』って復活すんのか?じゃあ倒しても意味ないんじゃないの?」

キマリ「ううん、そんなことないよ。10年って・・短いかもしれないけど・・・『シン』に怯える事無く過ごせることって凄いことなの」

ワッカ「(・・・・・なんで話し方変わってんだよコイツ・・・きめぇ)」



187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 22:19:13.03 ID:n2DIX70CO
ワッカ冷静wwwwww



188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 22:20:12.76 ID:yPACO02t0
リュック「あのねぇーうんとねぇーアタシは召喚士が『シン』を倒すのおかしいと思うの」

ルールー「・・・・そう?なんでかしら?」

リュック「え?だって『シン』倒したら死んじゃうんだよぉ?」

ワッカ・ルールー「?!」

ティーダ「え?どういう・・?」

リュック「『シン』倒したら・・・キマリ死んじゃうんだよぉ?!」

ティーダ「!!!!!!!」

キマリ「・・・・・・・・・・」




189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 22:21:14.48 ID:qPMAPerA0
あれ?別によくね?



190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 22:25:03.08 ID:yPACO02t0
リュック「このまま旅を続けて・・・・ザナルカンドに行って・・・・・
『シン』をやっつけても・・・・その時・・・・・キマリは・・・・・

         キマリ、死んじゃうんだよ!!」

ティーダ「・・・・な?!・・・・・・・・・なん・・・だって・・」

ルールー「・・・・・・・・」

ティーダ「俺だけ・・・知らなかったのか・・?おい!ルールー!何で教えてくれなかったんだよ!!」

ルールー「別に・・・・・死んでもいいしさ・・・キマリぐらい」

キマリ「!!!!!!!!」

ワッカ「村でも・・・・居場所無かったもんなぁ・・・」

キマリ「・・・・・・・・・・・・・」




191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 22:25:23.13 ID:IE2uHtlh0
キマリかわいいよキマリ



192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 22:29:04.16 ID:n2DIX70CO
キwwwマwwwリwwwwwwww



193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 22:29:57.85 ID:yPACO02t0
ティーダ「俺、いっぱい話しちゃったんだぞ?!旅が終わったら・・・『シン』を倒したら!!色んなもの見に行こう・・って・・・あれ・・?俺そんなこと話してないや・・」

ワッカ「だろ?お前キマリと話したの初めだけだったろ?」

ティーダ「あぁ・・・気持ち悪くてそれで・・・ずっとシカトしてた・・・」

キマリ「・・・・・・・・・・・・・・・」

ルールー「決まりね。召喚士キマリは『シン』を倒す。私達は黙ってそれを見てる。それだけじゃない。行きましょ」

リュック「アタシ何であんなに感情的になったんだろ・・?ふしぎぃ☆」




194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 22:30:41.84 ID:pXb8r7RI0
キマリwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 22:31:00.10 ID:qPMAPerA0
>あれ…俺そんなこと話してないや
クソワロタwww



196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 22:36:38.94 ID:yPACO02t0
キマリ「皆そういうふうに思っていたなんて・・・・キマリはこのキャラをやめる。いつまで待ってもツッコミの一つも無い。ノリツッコミしようにも時間が経ちすぎた。キマリは以前のキマリに戻る。だから旅はもう終わりだ。」

アーロン「そうはいくか」

ルールー「ダメよ、今更。もう戻れないところまで来てるのよ・・・フフフ」

リュック「そうだよぉーさっさと『シン』倒してよねー」

キマリ「・・・・・・・・・・イヤだ」

召喚士キマリ一行は嫌がるキマリを引きずってガガゼト山へ向かった!

ティーダ「はぁー着いたー!しかし寒いっ寒いっス!!」




201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 22:46:10.00 ID:yPACO02t0
キマリ「ここでキマリは抜ける。御山の麓で静かに暮らす。だからも」

ティーダ「何・・・・言ってんすか?今更・・・・」

キマリ「・・・・・・・・・・・」

ケルク・ロンゾ「待っていたぞ召喚士一行。」

ティーダ「誰だ?」

ルールー「ケルク・ロンゾ老師よ。エボンの老師であり、ロンゾ族の長老なの」

ケルク「召喚士ユウナよ・・・・汝はなぜ旅を・・・・あれ?ユウナは?」

ワッカ「・・・・・・・死にました」

ケルク「なんと!死んでしまったとな?!ではなぜ未だに旅を・・?」

アーロン「今はコイツが召喚士だ」

キマリ「・・・・・・・・・・・・・」

ケルク「あそ、早く行けよ」




202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 22:50:03.16 ID:yPACO02t0
ティーダ「この山を登るのか・・・」

リュック「さぁ張り切っていこぉー!この山を越えたらザナルカンドだよぉ!」

ビラン「待てぇい!」

キマリ「!!」

エンケ「召喚士は通す、ガードも通す、キマリは通さない」

ルールー「実は・・・かくかくしかじか」

ビラン「・・・なんだとぉ?キマリが召喚士だと?!」

エンケ「ビラン大兄・・・・ゴニョゴニョ」

キマリ「・・・・・・・・・・・・・」




205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 22:57:21.17 ID:yPACO02t0
エンケ「通すからとっとと行けぃ!」

ビラン「さっさと倒せや」

キマリ「・・・・・・・・・・・」

アーロン「行くぞ」

こうして山を登り始めたはいいが、キマリがすぐに弱音を吐くため、中々進むことが出来なかった。
さすがに全員分の荷物を持っての登山はきつかったらしい。

キマリ「キマリはもうダメだ。置いていけ」

ルールー「何よもう・・うるさいわねぇ。どうせそんなこと言ってまた逃げようとしてるんでしょ?
その手には引っかからないわよ・・・・・サイレス」シュゥゥゥッポン!

キマリ「・・・・!!」




206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 22:57:57.12 ID:sI8jd4kF0
キマリ(の台詞)は死にました



207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 22:58:23.18 ID:YwyWDiYg0
以後、キマリは空気として扱われます



208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 22:59:04.13 ID:qPMAPerA0
以後×→今後も



209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 23:08:46.07 ID:yPACO02t0
静かになったキマリは全てを諦めたのか、黙って山を登り始めた。
そしてついに山を越え、ザナルカンドへと着いたのだった!

アーロン「今日はここで野営を張る。各自休め。」

ルールー「アンタはもう休みなさい。スリプル」ギュゥーン

キマリ「!!・・・・・・zzzzzz」

ティーダ「あーあ、なんかこの旅で恋ができる気がしたんだけどなぁ気のせいだったか・・・」

ルールー「あら?まだわからないわよ?」

ティーダ「えぇ?何言ってんすかおばさん」

ルールー「あぁ?」

ティーダ「おぉ?」

ルールー「あぁぁあ?!」ジリ

ティーダ「おぉぉお?!」ジリ




210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 23:09:11.64 ID:sI8jd4kF0
何この牽制www



211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 23:11:51.52 ID:yPACO02t0
ティーダ「あはは!冗談だよ!冗談。」

ルールー「あぁ。そう・・・・ってちょっと!何すんのよ?!急に抱きつかないで!」

ティーダ「最後かもしれないだろ・・?」

ルールー「?」

ティーダ「だから・・・・セックスしときたいんだ」

ルールー「・・・///」



213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 23:13:40.07 ID:hlUhrER70
ズボン脱ぎました



214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 23:16:50.96 ID:yPACO02t0
ルールー「最後って・・・・・アンタ何言ってんのよ・・縁起でも無いこと言わないで!」ギュゥ

ティーダ「あはは!そうだな!最後なのはキマリだけだ」

ルールー「そうよ・・もう」シュルリ

ワッカ「(おーっと!ルーから行ったぁ!白い艶々の肌が露わになる!)」

アーロン「(フン。巨乳ってだけだあの女は)」

ワッカ「(アーロンさんの趣味がイマイチわかんねっす!)」

アーロン「(理解しなくていい。俺だけの物語があるんだ)」

ワッカ「(そうなんすか・・・・おっと!アイツの前戯が始まったぞ!)」




218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 23:22:46.06 ID:yPACO02t0
ティーダ「・・・・ルールーのココ・・・カスがいっぱいだ」

ルールー「恥ずかしいこと言わないで!!///」

ワッカ「(何か臭そうだな・・・こんな女ばっかかよ・・)」

アーロン「(フン。臭いほうが良いという奴もいる。お前にはまだ早い)」

ティーダ「くっさ・・・・!!ルールー!ちゃんと洗ってんのかよ?!」

ルールー「あら、洗う必要なんか無いのよ。表面だけさらっと水で濯ぐだけ」

ティーダ「チッ・・・・・ペロペロペロ」

ワッカ「(おーっと舐めたぁ!しかし!苦痛の表情で顔が歪んでいるぞ!)」

アーロン「(最近の若いのはダメなのばっかだな。俺らの頃は目前で拝んだものだ)」




219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 23:24:20.54 ID:MqOA5eam0
カオスすぎwww



220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 23:28:32.65 ID:x7s9aZgv0
もはやスレタイと乖離しすぎw



221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 23:28:46.08 ID:yPACO02t0
ルールー「フフ・・・可愛いわねぇ・・・・ホントにアンタは・・」

ワッカ「(出ました!上目線からの姉気取り!これによってアイツがどう出るか?!)」

アーロン「(属性によるな。俺には無理だ)」

ティーダ「ルールー。俺・・もう」ギンギン

ワッカ「(キター!アイツの『フラタニティ』がその刀身を抜く!)」

アーロン「(フン。なかなか・・・大したものだ)」

ルールー「そうあせらないで・・・・そう・・ゆっくりよ」ズズズ

ワッカ「(入ったぁぁ!!『フラタニティ』がルーの秘部を貫通!!)」

アーロン「(いつのまに『貫通』アビリティを付けているとはな・・)」




223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 23:30:39.79 ID:2gxFZCZL0
バックアタックだ!!



224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 23:36:18.53 ID:yPACO02t0
ティーダ「ふぅふぅ・・・ルールーの・・・気持ち・・いい!」ズコズコ

ワッカ「(これは・・・かなり激しいぞ!差し詰め『チャージ&アサルト』といったところでしょうか!)」

アーロン「(フン。あんなペースでは1分ともたないぞ・・・俺ならな)」

ルールー「ハァッ・・・もっと!激しく・・・しなさいよっ・!!」ズチュズチュ

ワッカ「(さぁそろそろルーにもオーバードライブがくるかぁ?!・・ん?)」

アーロン「・・・・・・」

ワッカ「(あ、アーロンさん?!なんすか?!ちょっと・・・?!)」

アーロン「忘れたか・・・?俺は男もいけるんでな」グイッ

ワッカ「いや、やめ・・あぁぁあ!!」




226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 23:38:47.28 ID:IAiDKfmW0
「その技は、硬い敵をものともしない切れ味を持つ」 byアーロン



227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 23:40:11.77 ID:yPACO02t0
こうして、それぞれ思い思いの夜を過ごし・・・出発の時間がきた。

ティーダ「さぁ!さっさと『シン』を倒しに行くぞ!」テカテカ

アーロン「準備はいいな?」ツヤツヤ

ルールー「覚悟はいいわね?」テカテカ

ワッカ「早く行こうぜ・・・・」ズキズキ

キマリ「・・・・・・・」




229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 23:45:42.00 ID:yPACO02t0
リュック「んー?何か・・・・みんな臭くなぁい?スンスン」

ティーダ「あぁ、愛液だよ」

リュック「あ・・・あいえき・・?」

ティーダ「今度教えてやるからなっ!」

リュック「うん!」

キマリ「・・・・ギリ」

遂に旅の目的地、エボンドームへと入った。
中は静かで、恋人達がセックスするにはもってこいの場所だ、と俺は思った。
今度、リュックをここに誘おう。

キマリ「キマリは本当に『シン』を倒さなければならないのか?」

ルールー「そうよ」

キマリ「キマリは嫌だ。まだ死にたくない。たくさんやりたいことがある。」




230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 23:50:05.17 ID:yPACO02t0
ワッカ「まだそんなこと言ってんのか・・・もう諦めろよ」

キマリ「キマリは諦めない。最後まで足掻く。」

アーロン「そのお前の言う『最後』が・・ここだ」

リュック「着いたねー」

キマリ「!!」

ユウナレスカ「よく来ましたね召喚士ユウナとそのガード・・・・あれ?ユウナいなくね?」

ルールー「実は・・・」

ユウナレスカ「えぇぇ?!死んだの?!あー・・・そう・・・で、彼が今は召喚士なのね」

キマリ「違う。キマリは嫌々ここまできtゴフッ」

リュック「えへへぇ、ごめんね☆つまづいちゃった」




231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 23:54:02.23 ID:yPACO02t0
ユウナレスカ「まぁ・・いいわ。じゃあ究極召喚あげるから。誰か一人選んで」

ワッカ「え・・?」

ルールー「どういうことですか・・?」

ユウナレスカ「だから、究極召喚欲しいんでしょ?この中から一人、選んでよ。その人が究極召喚になんのよ」

キマリ「・・・・パァァ」

リュック「そ、そんなぁ・・・うそぉ・・」

ルールー「わ、私達は・・・何のために・・ここまで・・」

キマリ「誰も犠牲にならないのなら仕方ない。諦めて帰るしかない」




232 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 23:56:08.00 ID:yPACO02t0
ティーダ「せっかくここまで来たんだ・・・黙って帰れるかよ!!」

ルールー「でも・・・どうするの?」

ティーダ「これで決めようぜ!!」サッ

ワッカ「それは・・?」

ティーダ「『缶蹴り』だ!!」

リュック「!!」




236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/13(土) 23:59:27.56 ID:6y0iC/kyO
急展開ww



237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 00:01:30.58 ID:NPIFjzs70
アーロン「いいだろう。誰が鬼をやるんだ?」

ティーダ「アンタ、やってくれるか?!」

ユウナレスカ「え?わたしぃ?!・・・私に出来るかな・・・」ドキドキ

ティーダ「最初に見つかった奴が究極召喚だ!でも誰かが缶を蹴ったら開放されるってことで!!」

ルールー「なるほど・・・・それでいいわ」

ティーダ「よし!始めるぞ!!」

ユウナレスカ「いーちーにーぃさんまのしいたけでっこんばっこんちゅーーちゅーかまぼこでっこんぱっ!」




238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 00:02:47.69 ID:Rh4Qobxd0
展開吹いたwwwwwwwwwwww



239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 00:03:14.73 ID:QIam7Bts0
ユウナレスカwwww



240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 00:03:20.52 ID:dC6xYBVRO
ユウナレスカも壊れたww



241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 00:05:36.99 ID:NPIFjzs70
ユウナレスカ「よーし・・・あっ!10数えなくて良いんだった!缶を探しに行くんだったわ!うっかりです・・」

ワッカ「(ドジっ子ハァハァ)」

ユウナレスカ「うーん・・・・ちょっと遠くまで行ってみよっかな!」ササササ

リュック「あぁっ?!」

ユウナレスカ「ふふーん!リュックみーっけ!缶踏んだ!」

リュック「そんなぁー誰か助けてよぉー・・・」

ユウナレスカ「さぁーて・・ドンドンいくわよぉ!」




242 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 00:07:29.95 ID:QFuqpo1uO
ちょwww
誰もまともなのいねぇwww



243 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 00:08:34.98 ID:r80hMBOt0
FFのFの字すらキャラに反映されてねえwwww



244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 00:10:00.89 ID:NPIFjzs70
アーロン「あのドジっ娘幼女が・・・フッ。助けてやるさ・・必ずな」ダッ!

ユウナレスカ「しまっ・・?!」

カーン!!

リュック「ありがとぉおじ様!」

アーロン「構わん。趣味でな。」

ユウナレスカ「あぁんもう!缶はドコいっちゃったのかしら?!」イソイソ

ワッカ「くそぅ・・・俺が捕まったら誰も助けに来ないんだろうな・・いいなぁアイツ」




247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 00:13:46.04 ID:NPIFjzs70
ユウナレスカ「あーっ?!キマリみーっけ!!缶踏んだ!!」

キマリ「キマリは迂闊だった・・・・・マズイ」

ティーダ「おい・・キマリが一番だったらどうすんだ?2番目の奴か?」

ルールー「そうね・・・キマリ一人で出来ないのかしら?」

ティーダ「ちょっと聞いてみようぜ!おーいちょっとタイムタイムー!!」

ユウナレスカ「どしたの?」

ティーダ「究極召喚って召喚士一人でなんとかならないのか?」

ユウナレスカ「うーん・・・本当は無理だけど別にいいわよ。何とかしてあげる」




248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 00:14:53.67 ID:/rUsyq6p0
キマリ人柱フラグ立ったな



249 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 00:15:24.62 ID:dC6xYBVRO
キマリオワタwww



252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 00:17:16.78 ID:NPIFjzs70
キマリ「?!!!!!!!そ、そんな・・・・」

ティーダ「よーし!じゃあタイム解除な!」

ユウナレスカ「え?隠れないの?え、えーっと・・・ティーダみっけ」

ガード一同「ゾロゾロゾロ」

ユウナレスカ「え?!どうしたの皆・・・?えーっと・・アーロン、リュック、ルールー、ワッカ見っけ・・缶踏んだ」

キマリ「・・・・・・・・・・・グスッヒック」

ティーダ「泣くなよキマリ」




255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 00:20:48.81 ID:NPIFjzs70
ユウナレスカ「えーっと・・じゃあキマリが究極召喚ってことでいいのね?」

アーロン「あぁ。早くしろ」

ユウナレスカ「じゃあ今回は私が召喚してあげるわ。私は死なないしってか死んでるし」

ワッカ「よっ!キマリ!似合ってるよ!」

キマリ「・・・・・・ヒック・・・・ヒック・・・」

リュック「どうなるんだろー楽しみー」ワクワク

ユウナレスカ「・・・・・さぁ始めるわよ」シュイィィィーン




257 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 00:25:57.29 ID:NPIFjzs70
キマリ「!!・・・・ウグゥゥゥウウ・・・ガァァアアアア!!」

ティーダ「おぉ!形が変わってくぞ!」

どんどんと形を変えていくキマリ。
そしてその大きさはやがてドームを突き破るほどまでになった。

ユウナレスカ「さぁ、キマリの究極召喚よ。『シン』を倒しに行きなさい」

キマリの究極召喚「グゥゥゥ・・・!!」ズシン!ズシン!

ユウナレスカ「さっ!後は勝手にやってくれるわよ」

ティーダ「すげぇー!かっこいいー!」




259 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 00:29:50.20 ID:NPIFjzs70
リュック「じゃあもう帰ろぉっ!」

ティーダ「そうだなっ!また缶蹴りしようなっ!」

ユウナレスカ「あ、うん・・・もう帰っちゃうの・・?」ギュッ

ティーダ「・・・・何だ・・・寂しいのか・・?」

ユウナレスカ「そっ・・・!そんなこと・・・ないけど・・」

ティーダ「全く・・・・素直じゃないっすねー。来いよ。」

ユウナレスカ「え?」

ティーダ「一緒に住もうぜ」

ユウナレスカ「い、一緒にいてもいいの?」




260 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 00:29:58.36 ID:K0aXSzj/O
何故だろう、全く悲しくないwwww
心wwwもwww全wwくwwwww痛wwwまwwwなwwwwいwwwww



263 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 00:31:39.34 ID:bJdbGpZzO
キマリは永遠に僕たちの心の中にいるさ…



264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 00:32:21.49 ID:NPIFjzs70
ティーダ「あぁ。もちろん!」

ユウナレスカ「う、嬉しいっ!///」ギュッ!

ティーダ「おいおい、あんまひっつくなって。『おばさん』が見てるからさ」

ルールー「あぁ?」

ティーダ「おぉ?」

リュック「待てコラ。」




265 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 00:35:19.20 ID:NPIFjzs70
ティーダ「なんだよガキまでしゃしゃり出てくんなよ」

リュック「あぁーん?!お前は私と住むんだっつーの!そんな化け物なんかほっとけっての!」

ユウナレスカ「はぁ?!誰が化け物だゴラァァアア!!」

アーロン「オロオロ」

ワッカ「じゃ、お先っすー」




268 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 00:38:38.04 ID:NPIFjzs70
ルールー「よーしわかった。4人で住もうぜ」

ユウナレスカ「はぁ?なにそれマジで言ってんの?バカなの?」

リュック「わかった!一回戦は『お料理対決』ね?!」

ルールー「察しがいいわね。いい?男の3つの袋の一つ、『胃袋』争奪戦よ!!」

ユウナレスカ「そういうことね・・・いいわ!受けてたつわよ!!」




272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 00:46:12.86 ID:NPIFjzs70
数年後。

なんだかんだ言ってティーダは3人それぞれと子供を作ってよろしくやっていた!
至って平和な結婚生活だったが、時々リュックがアーロンに襲われかけるので
身辺警護には十分気を使う必要があった!

可愛いよリュック!
可愛いよユウナレスカ!
ルールーは別にそうでもない

キマリこと現『シン』はこの前自殺した!
今日もスピラは平和だ!
あぁ生きてて良かった!
ティーダの子育て奮闘記はまだまだ続く・・・・・

GAME  OVER




273 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 00:47:22.92 ID:2oD+deEQ0
ワッカの事も忘れないであげてください・・・・・



275 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 00:47:38.06 ID:0Ot0ksLAO
めんどくさくなっただろwwwww



276 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 00:47:41.86 ID:mADEiepw0
終わらせやがったwww



277 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 00:48:12.16 ID:wa62Ph+GO
投げっぱなしendきたこれwwwwwwwwww
>>1乙!



282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/14(日) 00:52:45.82 ID:o7haqZuPO
キマリ「キマリは悲しい」



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking livedoor Blog Ranking

この記事へのコメント
泣けてきた
2008/12/15(月) 01:44:55 | No.1728 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
ググったら分かったけどFFか
FFやったことないからわからんな
2008/12/15(月) 14:44:51 | No.1738 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
種死にユウナとかいうキャラいたな
2008/12/15(月) 20:51:33 | No.1747 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://minaminoxxxsummer.blog49.fc2.com/tb.php/338-8dd1cf2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。