戯言ニュース

ほとんどVIPのまとめ。

HeadLine
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メリーさん「あたしメリーさん。あなたと一緒にいたいの…。」
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/16(日) 23:58:55.62 ID:XCI+Qlb20
ピロリロリン ピロリロリン

男「誰からだろう、俺のケータイの番号なんて誰も知らないのに…」ピッ

男「もしもし」

メリーさん「あたしメリーさん。今あなたの夢を見たの。」プツッ、プーッ、プーッ

男「……え、なに?」



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/17(月) 00:01:03.61 ID:yE5M5YquO
( ^ω^)メリーさんスレ定期的に立つNE!



ブログパーツ メリーさん「あたしメリーさん。あなたと一緒にいたいの…。」
5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/17(月) 00:00:31.39 ID:fkaVTT290
男「番号を教える友達いないのになんでケータイ買ったんだろ…」

男「基本料金高いし…ケータイなんて買うんじゃなかった。」

男「…メリーさんにかけてみようかな」

男「……いやいや、こういう手口の詐欺かもしれない。やめておこう。」

男「……まぁ、登録ぐらいはしておこうかな。」

ピロリロリン ピロリロリン

男「…メリーさんからだ」




7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/17(月) 00:04:16.09 ID:fkaVTT290
ピッ

男「もしもし」

メリーさん「あたしメリーさん。さっきまであなたの家の前にいたの。でもピンポンは押せなかったの。」プツッ、ツーッ、ツーッ

男「……これがワン切りってやつなのかなぁ。」



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/17(月) 00:08:16.69 ID:fkaVTT290
男「高校でも友達作りうまく行かなかったけど、大学もうまく行かないなぁ。」

男「このまま一生友達できないのかなぁ。」

ピロリロリン ピロリロリン

男「あ、メリーさんかな」

<<非通知>>

男「うわ、どうしよう、困ったぞ。出たほうがいいのかな。」

男「……出よう」ピッ

メリーさま「あたしメリーさま。今アンタに合う鞭を買っているところよ。楽しみに待ってなさい。」プツッ、ツーッ、ツーッ……

男「……」

男「…とりあえず登録しておくか」




10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/17(月) 00:12:25.52 ID:fkaVTT290
男「はぁ、もう3日もまともに他人としゃべってないよ。」

男「自分から話かける勇気もないし…」

男「はぁ……ダメだなぁ俺。」

ピロリロリン ピロリロリン

男「お、メリーさんか…?」

<<非通知>>

男「またこのパターンか……」

男「出よう」

メリーたん「あたちメリーたん。よろしくにゃのよさ。」プツッ、ツーッ、ツーッ

男「登録しておこう」




12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/17(月) 00:14:29.24 ID:6zdcXfJe0
非通知なのになんで登録できるのかkwsk



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/17(月) 00:19:32.08 ID:fkaVTT290
>>12

あーっ……やってしまった。
非通知は無かったことで

メリーさん:0000-00-0000
メリーさま:0000-00-0001
メリーたん:0000-00-0002

これに訂正
あーっ……




14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/17(月) 00:24:49.79 ID:fkaVTT290
男「サークル入ったはいいけど、周りになじめない…」

男「俺が浪人で入ったからなのか、どことなく腫れ物扱いなんだよなぁ…」

男「もうサークルやめようかな…」

ピロリロリン ピロリロリン

男「あ、メリーさんだ」

メリーさん「あたしメリーさん。周りは誰もあなたが浪人してることなんて気にしてないわ。気にしてるのはあなただけよ。
   
      妙なことに気を使ってないで堂々と振舞えば、友達なんてどんどんできるわ。がんばって。」プツッ、ツーッ、ツーッ…

男「メリーさん……ありがとう、俺がんばるよ」

男「よく考えたら、俺が浪人してること誰も知らないや」



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/17(月) 00:28:45.20 ID:fkaVTT290
メリーさん「あたしメリーさん。今あなたの後ろにいるの。」

メリーさま「あら、あたしだってあなたの後ろにいるわ。」

メリーたん「あたちだって、あなたのうしろにいりゅのよさ。」

メリーゴーランド「ゴウン、ゴウン、……」




17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/17(月) 00:35:31.48 ID:fkaVTT290
ゼリー「あたしゼリー。あなたの三親等以内の身内を全員ゼリーにするの。」プツッ、ツーッ、ツーッ

ケリー「あたしケリー。ドーン・オブ・ザ・デッドでCJ役を務めたの。」プツッ、ツーッ、ツーッ

セロリー「あたしセロリー。つまはじきものなの。」プツッ、ツーッ、ツーッ

てんりー「あたしてんりー。フフ…」プツッ、ツーッ、ツーッ

ペリー「あたしペリー。開けてほしいの。」プツッ、ツーッ、ツーッ

テリー「スピニング・トーホールドッッッ!!!」プツッ、ツーッ、ツーッ



男「……っ、ハッ!…夢か」




19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/17(月) 00:39:06.78 ID:fkaVTT290
ピロリロリン ピロリロリン ピッ

メリーさん「あたしメリーさん。最近どう?またかけるね。」プツッ、ツーッ、ツーッ

男「……」

男「毎回一方的だよなぁ。今度来たら話しかけてみようかな。」


~翌日~


ピロリロリン ピロリロリン ピッ

メリーさん「あたしメリーさん。さっきすごい面白い人見たの!メガネがね、2001って…」

男「あの!!!」

メリーさん「……」プツッ、ツーッ、ツーッ

男「…怖がらせちゃったかな」




20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/17(月) 00:40:56.97 ID:fkaVTT290
ゼリー「あたしゼリー。あなたの三親等以内の身内を全員ゼリーにするの。」プツッ、ツーッ、ツーッ

ケリー「あたしケリー。ドーン・オブ・ザ・デッドでCJ役を務めたの。」プツッ、ツーッ、ツーッ

セロリー「あたしセロリー。つまはじきものなの。」プツッ、ツーッ、ツーッ

てんりー「あたしてんりー。フフ…」プツッ、ツーッ、ツーッ

ペリー「あたしペリー。開けてほしいの。」プツッ、ツーッ、ツーッ

テリー「スピニング・トーホールドッッッ!!!」プツッ、ツーッ、ツーッ



男「正夢ってあるんだなぁ……」

男「全部登録しておこう」




22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/17(月) 00:47:41.62 ID:fkaVTT290
男「あれから電話ぱったり止んじゃったなぁ。他は相変わらずよく来るけど。」

ピロリロリン ピロリロリン 

男「あ、メリーさんだ。」ピッ

メリーさん「あたしメリーさん…このまえはごめんね。」

男「いやいや、ぜんぜんいいよ。気にしないでよ。…それで、あのさ。」

メリーさん「……。」プツッ、ツーッ、ツーッ、…

男「メリーさん…」




25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/17(月) 00:50:37.22 ID:fkaVTT290
男「こっちからかけてみようかな」

プルルルルルル プルルルルル ガチャッ

男「あ、もしもし」

電話「おかけになった電話番号は、現在使われておりません…」

男「え…」




26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/17(月) 00:54:54.41 ID:fkaVTT290
男「メリーさん電話番号変えちゃったのかなぁ…」

ピロリロリン ピロリロリン

男「誰だろ。…え……メリーさん…?」

男「なんで…どうなってんだ…」

男「とりあえず出てみるか」

ピッ

メリーさん「あたしメリーさん……」

男「…。」

メリーさん「あのね…今日はお別れを言いに電話したの。」

男「お別れって…」

メリーさん「だ、黙って!!!」

男「……」




28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/17(月) 01:06:32.00 ID:fkaVTT290
メリーさん「…ごめんね。あたし、あなたと同じ世界の人じゃないの。」

男「……そ、それってどういう」

メリーさん「……幽霊なの。」

男「!!!」

メリーさん「ごめんね、最初っから最後まで、一方的で。」

男「……」

メリーさん「死んだ人とお話するってことはね、それだけ死の世界に近づくってことなの。
 
      つまりね、寿命が短くなるの。だからあなたとちゃんとお話できないの。
 
      返事したり、できないの。し続けたら、あなたは死ぬの……」

男「……」




30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/17(月) 01:11:41.58 ID:fkaVTT290
メリーさん「この1ヶ月間あたしのおしゃべりに付き合ってくれてありがとね。
      他の霊たちはあたしが追い払ったわ。」

男「他の霊って…」

メリーさん「あたし以外の電話はみんなあなたを殺しそうになった霊なの。
      でもみんな悪気はないの。あなたとちょっとだけ遊びたかっただけなの。」

男「……。」

メリーさん「フフ。それじゃ、元気でね。」

男「…ちょ、ちょっと待ってよメリーさん!!!」

メリーさん「……。」




31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/17(月) 01:12:27.45 ID:fkaVTT290
男「じゃあ俺死ぬよ!このまま生きても楽しくないし!
  悪霊とかいっても、サークルのやつらより楽しいやつらばっかだったし!
  そっち行くよ!ねぇ!いいだろ!」

メリーさん「……。」

男「返事してくれよ!!!!!」

メリーさん「……。」

男「なぁ……メリーさん……。」

メリーさん「…本当に…ごめんね。」プツッ、ツーッ、ツーッ、…

男「……。」




33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/17(月) 01:15:19.33 ID:z2O5Xu0K0
セツナス・・・



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/17(月) 01:16:46.64 ID:XkdUZ2DmO
なんとなくあの日見た夕日がどうたらのメリーさんを思い出した俺ガイル



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/17(月) 01:16:58.45 ID:fkaVTT290
男「くそっ!くそぉっ!なんでみんなつながらないんだよ!」

男「うおおお!!」ガチャン

男「うぅっ、っく、……ぅぅ……」

男「……メリーさん。」

男「……。」

ガチャッ バタン




38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/17(月) 01:25:49.37 ID:fkaVTT290
ヒュォーーーッ

男「……。」

男「……ここから落ちれば、俺もみんなのところに行ける…」

男「……母さんや父さんもいるかなぁ。」

男「いるだろうなぁ。みんないるんだし。」

男「……よし。」

メリーさん「待って!!!」

男「……メリーさん…?」



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/17(月) 01:32:38.63 ID:fkaVTT290
メリーさん「あたし…メリーさん、…今、あなたの後ろにいるの。」

男「……メリーさん」

メリーさん「だめ!!!」

男「!!!」

メリーさん「こっち向いちゃダメ…あたしの姿を見たら…本当に死んじゃうわ。」

男「…メリーさん」




55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/17(月) 02:00:32.48 ID:fkaVTT290
メリーさん「ねぇ、聞いて?」

男「……。」

メリーさん「本音を言うとね、……あなたには……こっちの世界に来てほしい。」

男「じゃ、じゃあ……!」

メリーさん「ダメ!…ダメなの。死んじゃったらダメ。そこで終わっちゃう。」

男「終わっていい!そっちの世界で!メリーさんと一緒にいたい!」

メリーさん「…すごくうれしいよ。でも……。ごめんね。あなたには生きててほしいの…。」

男「……。」

メリーさん「あたしの分まで…みんなの分まで……。精一杯生きてね。
      それでね。生きてきたすべての出来事をね、あたしに話してほしいの。」

男「……。」

メリーさん「待ってるよあたし。ずっと待ってる。楽しみだなぁ。
      楽しく生きてね!あたし楽しいお話大好きだから!
      だからね、……お願い。死なないで。生きて……」

男「メリーさん…」

フワッ

男「……。」




59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/17(月) 02:08:17.28 ID:fkaVTT290
あれから俺の電話帳はなかなか埋まらなかった。

でも、徐々にだけど、サークルのみんなと打ち解けはじめてきた…気がする。

相変わらず人との付き合いは苦手だけど、

生きがいは見つかった。

今日も俺は、メリーさんを楽しませるために楽しいことを探している。





おしまい





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking livedoor Blog Ranking

この記事へのコメント
死ぬために生きるのは悲しいよ
2008/11/17(月) 20:59:42 | No.1557 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
思わず目から汗が
2008/11/17(月) 21:52:05 | No.1558 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://minaminoxxxsummer.blog49.fc2.com/tb.php/293-2eb0d4c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。