戯言ニュース

ほとんどVIPのまとめ。

HeadLine
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼女「もう三十路か……」
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 12:40:37.50 ID:IFiCxTCV0
幼女「時が過ぎるのは早いもんね」

幼女「昔は私もちやほやされたもんよ」

幼女「『えへへー』とか言っとけば大抵のことは許されたわ」

幼女「今やったらぶん殴られるだろうけどね」

幼女「やれやれ、どっこいしょっと。そろそろ仕事に行きますか」




4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 13:06:36.41 ID:qH3l28sbO
スレタイを元幼女にすれば完璧だった



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ 幼女「もう三十路か……」
3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 12:50:42.90 ID:18eyQH13O
幼女「……ふぅ。毎朝毎朝満員電車はつらいわね」

幼女「む……? おしりに何か違和感が?」

幼女「こいつは痴漢ってやつかしら」

幼女「物好きな奴もいるものだわ」

幼女「……でもまだ女として捨てたもんじゃないわね」

幼女「……カバンだった」




6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 14:03:32.53 ID:gWrkQZt/O
幼女「昔は危ない大人の目線がスゴかったのに…」

幼女「今じゃあ三十路と言うだけで違う意味の危ない目線が痛い…」

幼女「はぁ幼女に戻りたい……」




7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 14:10:18.36 ID:AOic+roS0
歳は三十路でも姿形は幼女なのか?



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 14:32:00.17 ID:gWrkQZt/O
幼女「とにかく今日も仕事頑張りましょうかね…」

男「………」

幼女「あっ男くんおはよう」

男「幼女さんおはようございます!!」

幼女「…えへへー朝から元気だね」

男「……三十路でえへへって……」

幼女「!!!!」




10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 14:40:39.78 ID:zs8CqBUE0
母ちゃん「えへへー☆」



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 14:54:14.01 ID:gWrkQZt/O
幼女「…私だって昔は…昔は町内1の幼女だったのよ!!」

男「いや…突然何を言ってるんですか」

幼女「男くんだって昔の私を見たら確実にハァハァするはずよ!!」

男「あの、あまり大声で言うことではないと」

幼女「あーーーあの時に戻りたいーー!!!」

男「重症だな……」




12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 15:08:35.97 ID:gWrkQZt/O
幼女「ハァハァ……」

男「………」

幼女「…(はっちゃけすぎてしまった……)」

男「…幼女さん」

幼女「はひぃ!!」

男「世の中の人全てが幼い子が好きだとおもってません?」

幼女「だ、だって幼い子の方が可愛いし何より心が純粋なのよ…」



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 15:21:00.52 ID:gWrkQZt/O
幼女「所詮私みたいな三十路の女は幼女の魅力には勝てないのよ!!」

男「……」

幼女「男くんだって若い子の方がいいんでしょ」

男「まぁ…どっちかというと」

幼女「!!!(違うって言ってくれよ)」




15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 15:28:57.87 ID:gWrkQZt/O
幼女「やっぱり世の中の男共なんて所詮幼女スキーなのね!!」

男「いや…若い子と幼女は違う様な気が…」

幼女「あーやっぱり幼女に戻りたーーい!!」

男「幼女さんにも魅力はあるはずですよ」

幼女「こんな過去にすがる三十路女に何があるのよ!!言える物ならいってみなさい」




17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 15:38:55.68 ID:AOic+roS0
自覚してるのか



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 15:39:08.25 ID:gWrkQZt/O
男「えー例えば…」

幼女「は・や・く・は・や・く」

男「…!仕事が出来るじゃないですか」

幼女「…そして独りぼっちで余生を過ごすんですね……」

男「えー…あと料理とかは出来ないんですか?」

幼女「毎日松屋となか卯のローテですが……何か問題でも」

男「……友達沢山いそうですよね!!」

幼女「友達?周りは結婚した裏切り者ばかりです」

男「勘弁してください……」



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 15:46:52.50 ID:gWrkQZt/O
幼女「おや男くん私の心にはまだダメージしか与えてないぞ」

男「…あっもう就業時間じゃないですか!!先に行ってますね」

タッタッタ

幼女「ちっ逃げやがったか」

男「あんなに幼女さんと喋ったの初めてだな……」

幼女「久しぶりに男の人とあんなに喋っちゃった…」




21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 15:56:53.73 ID:gWrkQZt/O
カタカタカタカタ

男「ふーようやく今日の仕事も終わりそうだな…」

幼女「………仕事終わりの予定は?」

男「そんなの有るわけないじゃないですか直帰ですよ」

幼女「ほぉーほぉー暇なのだね」

男「そうなんですよ…っていつの間にか後ろに!!」
幼女「三十路は気配を消すのが得意ですから!!」

男「そんなのは知りませんよ!!じゃあ僕は帰りますね」

ガシッ

幼女「まぁそんなに急がなくてもいいじゃないか暇なんでしょ」ニヤニヤ




22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 16:05:18.80 ID:gWrkQZt/O
幼女「お酒でも飲みに行かないか」

男「…僕お酒弱いんですよねー」

幼女「今日も松屋の豚丼か……キムチでもトッピングしようかな…あはっ」

男「…分かりましたよ、でも僕余りお金持ってませんよ…」

幼女「その点は三十路の私に任せなさい!!」

男「……」




23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 16:10:51.39 ID:gWrkQZt/O
~居酒屋~

幼女「男くん何飲むのなんでもいいよ」

男「えーじゃあ梅酒湯割りで」

幼女「かわゆいのーかわゆいのー」

男「からかわないで下さい!でっ、幼女さんは何飲むのですか」

幼女「えーと私もあんまり強くないからなー……」

男「そうなんですか…」

幼女「ジンロックで!!」
男「!!!」




26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 16:20:44.36 ID:gWrkQZt/O
幼女「かーヤッパお酒は旨いなー」

男「……」チョビチョビ

幼女「あっお兄さんジンロックでおかわり!」

男「…危険な予感がしてきたな……」

幼女「んっ何か言ったかい男くん」

男「いや何も…」



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 16:28:41.28 ID:gWrkQZt/O
幼女「そうだ男くん何か悩み事はないのかい」

男「突然何を!」

幼女「いやー年を取ると人の人生相談に乗りたくなるんだよ」

男「ある事はありますけど…真面目に答えてくれます?」

幼女「酒のツマミ程度に答えますよ!!」

男「!!!」




32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 16:34:52.46 ID:AOic+roS0
既に幼女の欠片もねえwwwwww



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 16:36:43.05 ID:gWrkQZt/O
幼女「ほら言っちゃいなよ幼い子に恋したとか、小さな子を見ると抱き付きたくなるとか」

男「なぜジャンルが絞られてるんですか!」

幼女「幼女専門家ですから、てへっ」

男「スイマセーン御愛想で」

幼女「ちょ!!ジョークですよ…あっお兄さんジンロックおかわりで」




42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 16:44:27.53 ID:gWrkQZt/O
幼女「ほら真面目に聞いてあげるから」

男「そうですか…じゃあ」
幼女「何だね何だね」

男「彼女がいたことないんですけど…」

幼女「ほぉーほぉー」

男「参考として幼女さんの恋愛感を聞きたいんですが……」

幼女「!!へ、へぇー私の恋愛感ね……」



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 16:52:04.66 ID:gWrkQZt/O
男「ちなみに幼女さんは何人ぐらいの男の人と付き合ってきたんですか?」

幼女「…(恋愛経験値0だなんて言えない)」

男「幼女さんは小柄で可愛らしいし色々な経験してそうですね」

幼女「…(本当の事を…いや三十路で彼氏いない歴=年齢なんて言えやしない…)」

男「幼女さん…?」

幼女「お、お兄さんポン酒持ってきて!!」




55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 17:04:35.42 ID:gWrkQZt/O
男「幼女さん…?」

幼女「恋愛の相談ね!!私に任せなさい!」

男「じゃあ幼女さんはやっぱりモテるんですね…」

幼女「当たり前田のクラッカーよ!でも私に釣り合う男が中々現れないから困ってるわ」

男「じゃあ幼女さんから見て僕はどう思います?」

幼女「まだまだね!幼女の一人も抱いてないなんてまだまだよ!!」

男「……それは犯罪なのでは」




57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 17:15:31.30 ID:gWrkQZt/O
幼女「と、とにかく女性の一人も抱いてないといい男にはなれないと思うわ!!」

男「それが出来たら相談してないですよ…」

幼女「いいじゃない取り敢えず女性と沢山喋る所からスタートよ!!」

男「じゃあ今、僕は成長してるんですかね?」

幼女「!!!(これはフラグなのか!?)」




59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 17:25:05.97 ID:gWrkQZt/O
幼女「まぁ成長してるんじゃない!」

男「僕、久しぶりですよこんなに女性の人と喋ったの」

幼女「へ、へーそうなの…よかったわね」

男「幼女さんといると何だか不思議な気持ちになるんですよ」

幼女「///!!お、お兄さーんとにかくお酒持ってきてー!!」

男「じゃあ僕、梅酒湯割りお願いします…」




62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 17:31:29.79 ID:gWrkQZt/O
幼女「ち、ちなみに今好きな人とかはいないの!」

男「まぁ気になる人なら……」

幼女「(落ち着け落ち着けんだ私)」

幼女「ちなみにどんな人なのかなーて聞いちゃったりして」

男「えーその人は年上ですね」

幼女「(キタキタキター)」





63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 17:35:07.61 ID:AOic+roS0
三十路がかわゆすぎる



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 17:39:35.09 ID:gWrkQZt/O
幼女「ほ、他には!!」

男「えー小柄な体格ですね」

幼女「(wktkしてきたー)」

男「あとは…綺麗というか可愛らしい人ですね」

幼女「(私の時代がキター)」

男「幼女さんさっきから無口ですね…」

幼女「気にするな続けたまえ」




66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 17:39:38.28 ID:U0MiTjYb0
禁書目録にこんな先生いるよね



68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 17:40:37.08 ID:JZl8Fz5s0
>>66部屋が汚いんだよな…



70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 17:46:32.78 ID:gWrkQZt/O
男「他の会社の人なんですけどね」

幼女「キta…んっ何と言いました!?」

男「いやだから別会社の人と」

幼女「……フゥーーー」

男「幼女さん?どうしたんですか」

幼女「いや別になんでもないよ…あっお兄さん塩辛い枝豆を沢山お願い…」




72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 17:54:13.23 ID:gWrkQZt/O
幼女「フゥーー枝豆美味しいなー」

男「あの、何か急に態度が…」

幼女「いや勝手に続けたまえ枝豆食っておくから…」
男「何か僕、嫌な事をしてしまいましたか?」

幼女「いや君は悪くない悪いのは私だ…しょっぺーなー枝豆」




77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 18:05:47.42 ID:gWrkQZt/O
幼女「ポリポリ」

男「やっぱり自分から積極的にアタックして行った方がいいですよね」

幼女「そうですねーポリポリ」

男「女性は年下の男性でも大丈夫ですかね」

幼女「そうですねーポリポリポリ」

男「…明日は晴れだそうです」

幼女「そうですねーポリポリポリポリ」

男「聞き流してやがる……」



79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 18:14:32.35 ID:gWrkQZt/O
男「…………」

幼女「ポリポリ…んっ(何やら不穏な空気が…)」

男「幼女さん…何を怒ってるんですか!?」

幼女「えっ…べ、別に」

男「明らかにさっきと態度が違いすぎます!!」

幼女「そ、そんな、期待してた流れじゃなかっただなんて思ってないよ」



90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 18:36:02.14 ID:gWrkQZt/O
男「……流れとは」

幼女「だから男くんが私を実は好きで、私の彼氏いない歴に終止符を打ってくれると……ハッ!!」

男「ほぉーほぉー」

幼女「……////」

男「そうゆう流れがご希望でしたか」

幼女「お、お兄さーーん樹海行きの切符を私にくださーい」

男「じゃあ僕は梅酒水割りで」




91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 18:39:49.69 ID:gWrkQZt/O
幼女「………」

男「嘘ついてたんですね…」
幼女「………」

男「恋愛経験なんて僕と一緒で0だったんですね」

幼女「そ、そうです」




94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 18:44:03.49 ID:gWrkQZt/O
幼女「三十路なのに情けないよね…」

男「……」

幼女「嘘まで言っちゃってさ…」

男「……」

幼女「なんか今日はごめんね…」




98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 18:54:51.51 ID:gWrkQZt/O
幼女「…そろそろ帰ろうっか」

男「……」

幼女「今日は私が奢るよ」

男「今回はお願いします…」

幼女「…じゃあ先に行っておくよ」

男「…ちょっと待って下さい」




100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 19:05:07.64 ID:gWrkQZt/O
幼女「はひぃ!何でしょうか…」

男「一ついい忘れてました」

幼女「な、なに…男くんが彼女いない歴=年齢は誰にも言わないよ!!」

男「取り敢えず座ってください」

幼女「取り敢えず座らせて頂きます」




101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 19:09:59.70 ID:gWrkQZt/O
幼女「……」

男「僕も一つ嘘をついてました」

幼女「やっぱり彼女いるとか……」

男「違います」

幼女「じゃあ可愛らしい人より綺麗な人が好きなの?」

男「いいえ」




102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 19:14:13.49 ID:gWrkQZt/O
幼女「……」

男「僕がこんなに女性と話してて楽しいと思ったのも本当です」

幼女「はい…ありがとうございます…」

男「好きな人が他の会社にいるのが嘘です」

幼女「はい…ありがとうございまs!!!」




105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 19:21:47.24 ID:gWrkQZt/O
幼女「で、では何処にいるんですか?」

男「僕と一緒の会社ですね」

幼女「まぁうちの会社は可愛らしい人多いからね……」

男「ちなみにどうやらその人は僕に好意を持って下さっているようです」

男「ついさっき分かりました」

幼女「と、ということは」
男「ということです」




107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 19:23:59.96 ID:MQih5gju0
あまあまぁぁぁぁぁい!!!



109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 19:27:50.81 ID:gWrkQZt/O
幼女「………」

男「………」

幼女「私は喜んでいいんでしょうか///」

男「幼女さんさえ良ければ」

幼女「お、お兄さーーーん私のホッペをツネってくださーい!!!」

ギューーー

幼女「イタタター!!夢じゃない…!!!」




114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 19:33:02.04 ID:SnhHuQUnO
お兄さんの役回りイイなwww



118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 19:39:45.01 ID:gWrkQZt/O
幼女「三十路ですがいいんですか…」

男「歳なんて人が勝手に決めたものです」

幼女「お姉さんだけど何も知らないよ…」

男「スタートは一緒の方がいいです」

幼女「結婚を考える重い女だよ……」

男「どんとこいです」

幼女「泣いていいですか…」

男「僕の胸を貸してあげます」




119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 19:45:41.47 ID:SnhHuQUnO
三十路だからイインダヨー



120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 19:48:38.46 ID:ktdbEeMX0
いやっほぉぉおおおおおおおう!!!!



121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 19:48:44.38 ID:gWrkQZt/O
幼女「うわぁぁぁん」

男「………」

幼女「お兄さーーーん!!近くにホテルはないですかーー!!!!」

お兄さん「それは早すぎです!!」

幼女「ごめんなさい///」


~fin~




125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 19:53:10.32 ID:SnhHuQUnO
…ふぅ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking livedoor Blog Ranking

この記事へのコメント
うん。姉年上好きにも対応しているね。すばらしい。
2008/10/15(水) 04:38:46 | No.1213 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
なんかアレだよ、らきすたのEDのあの人。
2008/10/15(水) 08:51:48 | No.1215 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
みぃ~そじみさぁあ~きぃいぃ~♪
2008/10/15(水) 09:11:12 | No.1216 | ・ | #-[ 編集]
楽しい人じゃないか
2008/10/15(水) 13:14:32 | No.1217 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
素晴らしいね
2008/10/15(水) 13:57:54 | No.1218 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://minaminoxxxsummer.blog49.fc2.com/tb.php/226-fd9a898c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。