戯言ニュース

ほとんどVIPのまとめ。

HeadLine
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くそみそテクニックを世界史風にしてみる
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 04:24:53.65 ID:NYHuzX/G0
「うーっ。南京錠南京錠。」
今、鉄を求めて全力疾走している朕は、フランスの、ごく一般的な国王。
強いて違うところをあげるとすれば錠前に興味があるってとこカナ?
名前はルイ16世




2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 04:26:05.36 ID:zszV28KzO
なんだこれw



ブログパーツ くそみそテクニックを世界史風にしてみる
3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 04:26:24.39 ID:qhyoE6uHO
少し期待してる自分が悔しい



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 04:26:25.90 ID:vFCjkX/U0
ルイ16世に謝るべき



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 04:29:00.13 ID:NYHuzX/G0
そんなわけでヴェルサイユの宮殿にある鍛冶場へやってきたのだ。

ふと見ると、ベンチに1人の社会学者が座っていた。




8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 04:32:24.88 ID:NYHuzX/G0
ウホッ!いいサンキュロット…

そう思っていると、その男は突然僕の見ている目の前で
自分の書いている本を紹介してきたのだ…

「第三身分とは何か」




9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 04:32:45.16 ID:GHxrY9Do0
ブルボン朝か



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 04:36:35.32 ID:NYHuzX/G0
そういえば、この宮殿は著名な学者が集まることで有名なところだった。

いいサンキュロットに弱い朕は誘われるがままにホイホイと、ついていってしまったのだ




15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 04:40:44.01 ID:NYHuzX/G0
彼…ちょっとワルっぽい社会学者で、アベ=シェイエスと名乗った。

革命活動もやりなれているらしく、ヴァレンヌにはいるなり、朕は素裸にむかれてしまった。




18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 04:42:16.37 ID:var01bq5O
お前もしかして古文風でくそみそテクニック書いてたか?
時間帯も今くらいだった気が



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 04:43:06.38 ID:NYHuzX/G0
>>18
別人ですが、私はあの作品をリスペクトしてます。




20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 04:44:02.79 ID:NYHuzX/G0
「良かったのか?ホイホイついてきて?
俺はアンシャンレジームだってかまわないでくっちまう人間なんだぜ?」




21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 04:46:00.19 ID:NYHuzX/G0
「こんなこと初めてだけど…いいんです。
朕、アベさんみたいな人、好きですから…」

「うれしいこと言ってくれるじゃないの。
それじゃあとことん革命してやるからな。」




22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 04:51:18.94 ID:NYHuzX/G0
言葉通りに、彼は素晴らしいテクニシャンだった。

朕はというと、ヴァレンヌへ向かう馬車の列を、妻とともに眺めていた…




24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 04:56:24.63 ID:NYHuzX/G0
しかし、そのとき、予期せぬでき事が…
「うっ!み、見つかりそう…」
「ん?もうかい?案外早いんだな?」


「ちっ、違う…実はさっきからピルニッツ宣言に便乗したかったんです。
ヴァレンヌに来たのもそのためで…」

「そうか。いいこと思いついた。お前、俺の国民議会で三部会しろ。」



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 04:57:56.31 ID:NYHuzX/G0
「えーっ!国民議会でですかァ!?



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 04:59:12.63 ID:NYHuzX/G0
「男は度胸。何でも試してみるものさ。きっと、国民公会にレベルアップするぜ。」



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 05:02:39.20 ID:NYHuzX/G0
「ほら、遠慮しないで招集してみろよ。」

彼はそういうと素肌にまとったスーツを脱ぎ棄て
たくましいジャコバンを朕の前に突き出した。




28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 05:05:03.90 ID:NYHuzX/G0
自分の国民議会で三部会を招集させるなんてなんて人だろう…

しかし、かれの引き締まったジャコバンを見ているうちに
 そんな正統主義的なことをためしてみたい欲望が…




29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 05:05:55.64 ID:NYHuzX/G0
「それじゃ…やります。」



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 05:07:30.62 ID:NYHuzX/G0
「は、入りました…」

「ああ、次はバスティーユだ…。」




32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 05:12:11.49 ID:NYHuzX/G0
「それじゃ…出します…。」

「いいぞ。民衆の中に啓蒙思想が広がっていくのがわかるよ。しっかり立法議会にしないとな。」




34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 05:14:15.02 ID:NYHuzX/G0
「くうっ、気持ちいい!」

このはじめての体験は宮廷生活では知ることのなかった
絶頂感を朕にもたらした。




35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 05:18:38.03 ID:NYHuzX/G0
あまりに激しい論争に、議会を終えると同時に、
朕の恐怖政治はテルミドールのクーデターであっけなく果ててしまったのだ。

「あーっ!」




36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 05:20:53.56 ID:NYHuzX/G0
「このぶんだと相当我慢してたみたいだな。腹ん中がダントンだぜ。」



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 05:23:55.90 ID:NYHuzX/G0
「どうしたい?」

「あんまり気持ち良くて…こんなことしたの、初めてだから・・・」

「だろうな。おれも初めてだぜ。ところで俺のフランス革命戦争を見てくれ。こいつをどう思う?」

「すごく…ラ=マルセイエーズです…。」



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 05:25:26.14 ID:NYHuzX/G0
「義勇軍はいいからさ。
このままじゃ収まりがつかないんだよ。」

「あっ…」




41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 05:26:07.25 ID:Op59QsfY0
くだらねえwwwww



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 05:26:48.48 ID:NYHuzX/G0
「こんどは国民公会のばんだろ?」

「ああっ…」




43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 05:28:26.96 ID:NYHuzX/G0
「いいぞ…人民主権で吸いついてきやがる…!」



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 05:28:53.90 ID:NYHuzX/G0
「で、出る…。」



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 05:29:01.25 ID:Op59QsfY0
くそみそを世界史風にしたんじゃなくて
世界史をくそみそ風にしたんじゃないの?



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 05:41:04.60 ID:NYHuzX/G0
ああ、もう朝か…

>>46
そのとおりです。すいませんでした。




48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 05:31:44.95 ID:NYHuzX/G0
「なんだぁ?今革命したばかりなのにまた帝政ってのか?コンタルダートなんだな。」

「ちっ、違う…!」



50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 05:34:24.91 ID:NYHuzX/G0
「何ぃ?今度はナポレオン?お前俺をヴォルテールと勘違いしてるんじゃねえのか?」

「しーましェーン!」




54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 05:40:05.60 ID:NYHuzX/G0
「しょうがねぇなあ、いいよ、いいよ。
俺が自由、平等を掲げてやるからこのままだしちまえ。
テニスコートでやりまくるのもたまにはいいかもしれないしな。」

「えーっ!?」

――と、こんなわけで僕の初めてのフランス革命は
第一帝政が始まる結末に終わったのでした。





57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 05:41:33.26 ID:Aa0PuVN40
くそみそフランス革命
いや革命テクニックか

良スレ乙!wwwwwwwww



63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/13(月) 05:48:36.91 ID:S4RWlgiQO
これだからチュンチュンタイムのVIPはやめられない




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

この記事へのコメント
管理人は頑張り屋さん
俺は更新wktkして待ってるからなッ!
2008/10/14(火) 03:07:14 | No.1202 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://minaminoxxxsummer.blog49.fc2.com/tb.php/220-0ef10645
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。