戯言ニュース

ほとんどVIPのまとめ。

HeadLine
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C.C.「ウォシュレット?」
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 01:25:20.77 ID:EmrvlOkv0
C.C.「なんだそれは」

ルル「なんだ、知らないのか?」

C.C.「生憎とくだらないことは覚えない主義でね」

ルル「いや、くだらなくはないぞ」

C.C.「なんだと?」





5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 01:27:41.30 ID:H8ehJpWp0
おしっこしーしーとな




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ブログパーツ C.C.「ウォシュレット?」
10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 01:29:10.68 ID:TTwhqtq/O
王シュレット




11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 01:29:45.55 ID:EmrvlOkv0
>>10
じゃあその方向性で





12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 01:31:41.07 ID:EmrvlOkv0
ルル「お前は知らないかもしれないが、トイレに行った後役に立つ」
C.C.「ほう? 詳しく聞かせてもらおうか」
ルル「……いや、詳しくは」
C.C.「なんだ、教えられないようなことなのか?」
ルル「……」

C.C.「おい、答えろルルーシュ」

ルル「まあ、とりあえず実際に試してみればいいんじゃないか?」

C.C.「ふむ、それもそうだな」





15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 01:33:50.24 ID:EmrvlOkv0
C.C.「ふむ、これがウォシュレットか」

C.C.「……流すレバーとどう違うんだ?」

C.C.「……」

C.C.「わからん」

C.C.「まあ、とりあえずこの洗浄というボタンを押してみるか」

C.C.「きっと、勝手にトイレの掃除がされるとかだろう」

ピッ…ウィィィ……!

C.C.「な、なんだこの駆動音は!?」




16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 01:36:27.75 ID:EmrvlOkv0
C.C.「い、一体何が起こって……」

C.C.「と、とにかく見守るしk」

プシャアアアアアア!

C.C.「うわ!? わ、わぷっ!」

C.C.「お、お湯が……!!」

C.C.「っ……と、止まれ!」

ピッ!…ウィィィ…

C.C.「……」

ぐしゃっ…





19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 01:39:39.53 ID:EmrvlOkv0
コンコン

C.C.「……」

ガチャッ

ルル「何か用……な、何があったんだ!?」
C.C.「……」
ルル「全身水浸しじゃないか……!」
C.C.「……」
ルル「あああ、廊下がビショビショにっ」
C.C.「……」
ルル「とにかくその服を着替えろ!」
C.C.「……」

ぼぐっ!

ルル「おぐうっ!?」

C.C.「……ふふっ、ルルーシュ。よくも私を罠にはめてくれたな?」





20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 01:42:40.27 ID:EmrvlOkv0
ルル「な、なんのことだC.C.……!」
C.C.「おいおい、とぼける気か?」
ルル「意味が分らんことを言うな!」

C.C.「お前がウォシュレットを使い、私を罠にはめたことはわかっているぞ!」

ルル「……? いや、余計意味がわからなくなったんだが」
C.C.「おかげで水、いや、お湯浸しだ! どうしてくれる!」
ルル「……」

ルル「! お、お前まさか……」

C.C.「ああ、まんまとお前の戦略とやらにはまったよルルーシュ」





22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 01:45:30.27 ID:NTc4DPmaO
皇族なんだから、便座センサー付きウォシュレットくらい付けろよwww




23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 01:46:30.46 ID:EmrvlOkv0
C.C.「何も知らない私を騙し水攻めにする、か」
ルル「おい、ちょっと待て」
C.C.「全く、お前はひどい奴だな」

ルル「待てと言っているだろうが!」

C.C.「なんだ? 言い訳でもするのか?」
ルル「……とにかく、服を着替えて来い」
C.C.「そうやって誤魔化すつもりか? 最低だな」

ルル「いいから、とにかく着替えて来い」

C.C.「……まあ、それには一応賛成してやろう」
ルル「着替え終わったら説明してやる」




24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 01:49:15.01 ID:EmrvlOkv0
トイレ

ルル「……いいかC.C.」

C.C.「ルルーシュ、お前は何故ズボンを履いたまま便座に座っているんだ?」

ルル「脱ぐわけがないだろうが!」
C.C.「何故だ。そのまましたら汚れるだろう」
ルル「お前、俺がこのまますると思ってるのか!?」
C.C.「なんだ、しないのか」

ルル「してたまるか!」

C.C.「まあ、そんなに怒るなルルーシュ」
ルル「……」
C.C.「さあ、説明を頼む」





25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 01:50:20.79 ID:Py9isp8q0
特殊なプレイみたいだなしかし




26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 01:52:33.07 ID:EmrvlOkv0
C.C.「さあ、説明しろ」
ルル「……」
C.C.「どうした? ふふっ、やはり私を騙すための方便だったか」
ルル「……ええい! 説明してやるから黙っていろ!」
C.C.「早くしろ」

ルル「……ここで、し終わりました」

C.C.「何をだ?」
ルル「おい、そこは察しろ。いや、察してくれ」
C.C.「きちんと説明しろルルーシュ」
ルル「……お、大きい方だ」

C.C.「大きいほう? ナイトメアか?」

ルル「お前はトイレでナイトメアをどうするんだ!?」





27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 01:53:06.22 ID:afE4yROZ0
これはいいプレイwww




29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 01:55:26.68 ID:EmrvlOkv0
ルル「おい、ふざけていると説明してやらんぞ」
C.C.「私がふざけているだと!?」
ルル「ふざけているだろうが!」

C.C.「私は本気だ!」

ルル「えっ?」
C.C.「……そりゃあ、私にだってわからないことくらいあるさ」
ルル「おい、お前まさか」
C.C.「お前、私が何でも知ってると思ってないか?」

ルル「本当にわからないのか!?」

C.C.「? さっきからそう言っているだろう」





31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 01:56:13.45 ID:1qQ/AASf0
しーしーかわいい
アホの子の方かと思った




32 名前:朴森 ◆VIPPER/vT. :2008/07/30(水) 01:57:46.27 ID:8IIYnFpqO
しーしーてそういう意味かw




34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 01:59:13.69 ID:EmrvlOkv0
ルル「……驚いた。驚いたよC.C.」
C.C.「おい、驚いてる暇があったら説明しろ」
ルル「……」

ルル「……はい、ここでウンコをしました!」

C.C.「どういう風にだ?」
ルル「お前、ぶっとばすぞ!?」
C.C.「なんだ、冗談くらい笑って流せ」
ルル「何をいけしゃあしゃあと……!」
C.C.「トイレなだけにな!……ふふっ!」
ルル「……」





35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 02:02:09.45 ID:EmrvlOkv0
ルル「……」
C.C.「おい、どうした? まだウォシュレットの説明までたどり着いていないぞ?」
ルル「……ウンコをしました」

C.C.「ブリッ、タニア」

ルル「おい」
C.C.「? な、何かな?」
ルル「そろそろ真面目に話を聞け」
C.C.「……仕方ない。おふざけはやめにしてやろう」
ルル「お前……!」
C.C.「で、その後は?」
ルル「……」





36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 02:02:45.18 ID:3+4oCL58O
盛大に拭いた




37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 02:03:25.27 ID:U15UYfHR0
クソワロタwww




38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 02:03:25.30 ID:3VgQVDK/0
アホすぎるwwwwww




40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 02:05:52.20 ID:EmrvlOkv0
ルル「吹きまし……たぁ……!」
C.C.「そうだな。キチンと拭かないとな」
ルル「その後……」
C.C.「トイレットペーパーはダブルに限るな、うん」
ルル「この洗浄のボタンを押して……」
C.C.「やはりシングルは安いが、お尻に優しくないからな」
ルル「……」
C.C.「再生紙を利用していると地球にも優しい」

ルル「お前、聞いてるか!?」

C.C.「え、何だって? もう一度頼む」
ルル「……」





43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 02:10:50.97 ID:EmrvlOkv0
ルル「……という訳だ」
C.C.「なるほど」
ルル「……わかったか?」
C.C.「ふん、やはりな」
ルル「何がやはりなんだ?」

C.C.「初めから説明されていれば、あんなミスは犯さなかったんだ」

ルル「……」
C.C.「反省しろよルルーシュ」
ルル「……はい、そうだね。俺が悪かったよ」
C.C.「ふふっ! 中々に殊勝な態度だな。許してやらんこともない」
ルル「おい、俺が完全に許される側なのか!?」




45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 02:13:30.51 ID:EmrvlOkv0
C.C.「トイレトイレ、っと」

C.C.「……」

C.C.「そうだ、ウォシュレットを使ってみるか」

C.C.「ルルーシュに説明されたが、効果はいまひとつだ」

C.C.「……」

C.C.「やはり実際に使ってみないとな」





47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 02:16:06.30 ID:EmrvlOkv0
C.C.「……」

C.C.「……ふ~っ」

C.C.「やはりピザにタバスコをかけすぎるのは良くないな」

C.C.「……まだお尻がヒリヒリする」

C.C.「……」

C.C.「これだけは不老不死とか再生力は関係ないからなぁ」

C.C.「……」

C.C.「よし!」

C.C.「落ち着いたところでウォシュレットを使ってみるか!」





49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 02:20:26.94 ID:EmrvlOkv0
C.C.「確か洗浄ボタンを押して、っと」

ピッ…ウィィィ……!

C.C.「……ふふっ」

C.C.「人と機械の違い、見せてもらおうかウォシュレット」

プシャアアアアアア!

C.C.「!!?」

C.C.「う、うわ、ちょっと待て!!」

C.C.「ひうっ! ひっ!」

C.C.「と、止まれ! 止まれ!」

ピッ!…ウィィィ…

C.C.「……」




50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 02:21:12.89 ID:h24uDbJx0
なれないと「入ってくる」よな、水。




51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 02:21:47.09 ID:EmrvlOkv0
>>50
採用





54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 02:23:26.94 ID:EmrvlOkv0
コンコン

C.C.「……」

ガチャッ

ルル「今度はなんだ」
C.C.「……」
ルル「おい、俺はもう寝たいんだから早く用件をい」

C.C.「この変態がっ!」

ぼぐっ!

ルル「おごっ!?」




56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 02:26:44.87 ID:EmrvlOkv0
ルル「な、何故殴った……!」
C.C.「何故だと? お前はまた私を罠にはめたようだな」
ルル「は?」
C.C.「あれか? 星刻に水でやられたから、その腹いせに私に水攻めか?」
ルル「水攻め?……ああ、ウォシュレットを使ったのか」

C.C.「白状したな、薄情者の痴れ者エローシュめ!」

ルル「いや、何故俺がどなられているかが……」
C.C.「そ、それは……そのだな」
ルル「……」ニヤリ

ルル「よくわからんから、説明してくれないか?」





58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 02:28:37.79 ID:EaKiGx2TO
エローシュw




59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 02:30:03.40 ID:EmrvlOkv0
C.C.「説明しろだと?」
ルル「ああ、そうだ」

ルル「……俺にも説明させたんだから、出来るよなぁC.C.?」

C.C.「ああ、いいだろう」
ルル「えっ?」

C.C.「ウンチが終わった後、ウォシュレットを使ったんだ」

ルル「お、おい! お前は女だぞ!? 軽々しくそういうことを言うな!」
C.C.「はあ? お前が説明しろと言ったんだろうルルーシュ」
ルル「……」




62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 02:33:38.24 ID:EmrvlOkv0
C.C.「そしたらな」

C.C.「……っ!?」

ルル「? おい、どうした?」
C.C.「ちょ、ちょっと待て! 今話しかけるな!」
ルル「何かあったのか? 大丈夫か?」
C.C.「話しかけるなと言っているだろうが!」
ルル「……意味がわからん」
C.C.「……」

C.C.「……ふ~っ、波は去った」

ルル「波?」
C.C.「ちょっとトイレ行ってくる! 覗くなよ!」
ルル「おい! 人聞きの悪い言葉を残して行くな!」





64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 02:36:44.70 ID:EmrvlOkv0
C.C.「……」

C.C.「……ふ~っ」

C.C.「あ、危なかったな」

C.C.「危うくこの歳になって……」

C.C.「……」

C.C.「そ、そんな姿をエローシュに見られていたかもしれんとは!」

C.C.「くそっ!」

C.C.「……あ、今のちょっと面白いな」

C.C.「……」

C.C.「じゃなくて! よくも私を罠にはめてくれたなルルーシュ!」





65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 02:39:56.53 ID:EmrvlOkv0
C.C.「しかし、おかげでまたウォシュレットを
   使わなければいけなくなってしまった」

C.C.「……」

C.C.「でも、お尻がキレイになるしな」

C.C.「……しかし」

C.C.「どうして済ませたばかりだったのにまたトイレに行きたくなったのだろう?」

C.C.「……」

C.C.「まあ、そういう日もあるという事だな」

ピッ





67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 02:42:52.28 ID:EmrvlOkv0
C.C.(耐えろ……頑張れ私!)

プシャアアアアアア!

C.C.「ひうっ!」

アアア…!

C.C.「ひいっ、んく、ふうっ!」

アアア…!

C.C.「す、ストップ! ストーップ!」

ピッ!…ウィィィ……

C.C.「……はぁ……はぁ」

C.C.「……」

C.C.「激しい……戦いだった!」





69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 02:46:18.77 ID:EmrvlOkv0
コンコン

C.C.「おいルルーシュ、話があることはわかってるんだろう?」

ガチャッ

ルル「いや、まさか本当にまた来るとは思って」
C.C.「ふんっ!」

ぶおんっ!

ルル「っ! 甘いっ!」

がしいっ!

C.C.「ガードしただと!?」
ルル「ふふ、ふはははは! いつまでも俺がやられっぱな」

キンッ!

ルル「■■■■■■■■■■■■!!」
C.C.「あ、すまん。ちょっとやりすぎたかもしれん」




70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 02:50:26.41 ID:EmrvlOkv0
ルル「……!……!」

ごろごろっ

C.C.「まあいい。そのまま聞いてくれ」
ルル「……!?」

C.C.「この変態が!」

ルル「……っな……なん……!」
C.C.「まったく、お前がシスコンだけでなくあんな性癖があるとは思っていなかったよ」
ルル「せ……意味が……わか……!」
C.C.「何がウォシュレットは尻をキレイにするだ」

C.C.「使うたんびに水が尻に入ってくるじゃないか」

ルル「!?」
C.C.「なあ、あれは実はそういうモノなんだろう?」





71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 02:54:43.78 ID:EmrvlOkv0
ルル「お、お前は本当に……!」
C.C.「っ! ま、まただ!」
ルル「は?……くっ、何がまたなんだ?」
C.C.「くそっ、覚えていろルルーシュ!」
ルル「いや、何が何だか……」

C.C.「明日、咲世子にルルーシュにお尻をいじめられたと言いつけてやる!」

ルル「は!? おい、ちょっと待て!」

きゅるるるっ

C.C.「ひうっ!? お、お前と話している時間はない!」
ルル「お前まさか……」
C.C.「トイレに行ってくる! 絶対に覗くなよ!」
ルル「お前、俺を何だと思ってるんだ!?」





72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 02:55:12.57 ID:EmrvlOkv0
あれ? なんかエロくないんだけど




73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 02:58:51.22 ID:afE4yROZ0
水になりたい




74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 02:59:49.89 ID:EmrvlOkv0
おい、誰かこんな感じでエロいの頼む




75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 03:02:42.09 ID:DzwtcvtP0
プシャアアアアアア!

C.C.「ひうっ!ああっ・・・!!アン!」

アアア…!

C.C.「ひいっ、んく、ふうっ!あうっ・・・!いうぅ・・!!」

アアア…!

C.C.「す、ストップ! ストーップ!やめてぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!・・・ああぁ!!」

ピッ!…ウィィィ……

C.C.「……はぁ……はぁ」





ちょっと変えてみた




76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 03:04:13.92 ID:EmrvlOkv0
>>75
頼んだ
俺C.C.の書き方間違って覚えちまってる





78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 03:08:51.56 ID:DzwtcvtP0
まさか>>75の続きとか期待されてる?
>>1じゃないんだが




79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 03:12:34.73 ID:EmrvlOkv0
なんかエロくならないから他のキャラでやってみる




82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 03:13:49.08 ID:OyVHKlFX0
>>75はそのままC.C.で>>1はなんかニューキャラで頑張れ
記憶喪失C.C.とか




85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 03:17:46.36 ID:EmrvlOkv0
C.C.「あの、ご主人さま。私は何をすれば……」
ルル「……そうだな」

ルル「四つん這いになって尻をこちらに向けてもらおうか」

ルル(しかし、C.C.が記憶を失うとは……)

C.C.「はい、かしこまりました」
ルル「!?」
C.C.「こ、これでいいですかご主人さま?」

ルル(これが……これがあのC.C.か!?)

C.C.「ご、ご主人さま……?」
ルル「……」

ルル「ああ、それで良い」ニヤリ





86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 03:20:45.25 ID:EmrvlOkv0
C.C.「あの、これからわたしはどうすれば……」

ルル「おい、誰が立っていいと言った?」

C.C.「す、すみません! すみません!」
ルル「俺は四つん這いになれと命じたはずだ」
C.C.「お、お願いですから痛くしないで……!」
ルル「……」
C.C.「お願いします、お願いします……!」
ルル「……」

ルル「駄目だな」

バシンッ!

C.C.「ひうっ!?」





87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 03:23:40.85 ID:EmrvlOkv0
駄目だああ!平凡すぎる!
誰か変態来い!!!!





88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 03:25:29.46 ID:NTc4DPmaO
とりあえずだれかシーシービデを……




89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 03:25:55.64 ID:OyVHKlFX0
それで平凡なんだw
変態スタンダードってことですね




90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 03:27:09.72 ID:EmrvlOkv0
ちょっとタバコ買ってくる
ぬるま湯につかりすぎた
今日は徹夜だ





92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 03:32:13.07 ID:OyVHKlFX0
>>90
なにものwww
格好イイナ




93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 03:35:25.09 ID:EmrvlOkv0
うし、やりやすそうなコーネリアからいってみっか




96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 03:39:22.54 ID:EmrvlOkv0
ルル「お久しぶりです、姉上」
コーネリア「ふん、ルルーシュか」
ルル「ジェレミア、席をはずしてくれるか?」
ジェレミア「……イエス、ユアマジェスティ」

ルル「……さて、姉上。お聞きしたいことがあります」

コーネリア「ふん。お前に話すことなどない」
ルル「おやおや、本当にそうですか?」
コーネリア「くどいぞ」
ルル「不自由……しているのでは?」
コーネリア「ああ、今すぐのこの戒めを解け」

ルル「……くくく! 今の姉上が俺に命令できるとでも?」

コーネリア「……」





98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 03:42:28.01 ID:EmrvlOkv0
ルル「まあ、そんな意味のない会話はやめにしましょうか」
コーネリア「……ふん!」
ルル「不自由、しているのでは?」
コ-ネリア「くどいぞルルーシュ!」

ルル「排泄に」

コーネリア「っ!?」
ルル「図星でしょう?……いや」
コーネリア「な、何を……」

ルル「図星だろう? コーネリア」

コーネリア「る、ルルーシュ……お前は……」





99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 03:42:41.06 ID:OyVHKlFX0

ウォシュレットスレかと思ってたらおしっこスレだったんだな

どっちでも構わないがな






101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 03:47:38.11 ID:EmrvlOkv0
ルル「気位の高い姉上のことだ。それ位はすぐにわかる」
コーネリア「ふん、口からでまかせを!」
ルル「いいや、俺は知っている」
コーネリア「な、何をだ……」
ルル「この部屋はカメラで監視されているんだよ」
コーネリア「……落ちたな、ルルーシュ」

ルル「ええ、あなた達がそうさせた」

コーネリア「言いがかりはよしてもらおう」
ルル「確かに言いがかりかもしれない。だが、それが今の姉上に関係あるのかな?」
コーネリア「? どういう……」

…きゅるるうっ!

コーネリア「っ!? くう、な、何をしたルルーシュ!」
ルル「ははは、さすが姉上は察しが良い」

ルル「先ほどの食事に下剤を混ぜておいたんだよ」

コーネリア「こ、この……外道が!」




102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 03:51:39.47 ID:EmrvlOkv0
ルル「ははははは! 良い顔ですよ、姉上!」
コーネリア「くうっ……!」

きゅるるうっ!

ルル「しかし、俺にも慈悲の心はある」
コーネリア「慈悲……だと?」
ルル「おや姉上、随分と顔色が悪くなってきましたね」
コーネリア「う、うるさいっ!」

ルル「いいのかなコーネリア。俺にそんな口をきいて」

きゅるるうっ!

コーネリア「く、くうあっ!」




104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 03:56:29.03 ID:EmrvlOkv0
ルル「このままではお前は無様に糞尿を垂れ流すことになるんだぞ?」
コーネリア「だ、黙れっ!」
ルル「……」
コーネリア「誰がお前なんぞに屈するものか……!」

きゅるるううっ!

コーネリア「ひぐっ! う、ううっ……!」
ルル「……姉上に選択肢を与えましょうか」
コーネリア「ふん! この状況での選択肢なぞ、たかがしれている!」

ルル「いやいや、これは姉上にとっても悪い話ではないですよ」

コーネリア「な、何っ?」

ルル(ふふははは! くいついたなコーネリア!)





107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 04:00:49.07 ID:EmrvlOkv0
やっぱギアスのエロ系をはやらすなら、
ルルーシュが馬鹿な方が書きやすいか?





108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 04:02:14.37 ID:IC6mlAZk0
ルルは口調はそのままで潜在スケベかつ間抜けで




109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 04:02:51.21 ID:EmrvlOkv0
うし、C.C.とバカルルでやってみよう
協力感謝





110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 04:05:31.68 ID:9pQHVmkx0
>>109
wktk




111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 04:05:43.09 ID:EmrvlOkv0
C.C.「おい、今なんと言った?」

ルル「尻の穴を舐めさせてくれ、と言ったんだ」

C.C.「……」
ルル「協力してくれるな、C.C.」
C.C.「ルルーシュ、お前正気か」
ルル「ああ、正気だ。俺の共犯者」
C.C.「おい、こんな時にそう表現するのはやめろ」
ルル「? 何故だ?……まあいい」

ルル「……C.C.! 俺に尻の穴を舐めさせろ!」キィィン!

C.C.「断る」





112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 04:08:44.27 ID:EmrvlOkv0
ルル「なん……だと……?」

C.C.「断る、と言ったんだ」
ルル「な、何故だっ!?」
C.C.「何故も何も、むしろこちらが質問をしたいくらいだ」
ルル「……ふむ、聞こう」
C.C.「なんとか会話をする程度には正気らしいな」

ルル「ただし、答えたら舐めさせてもらうからな」

C.C.「……」

C.C.「前言撤回だよ、ルルーシュ」





114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 04:12:51.21 ID:EmrvlOkv0
ルル「何っ!? C.C.、お前は嘘をついたのか!?」
C.C.「嘘だと?」
ルル「質問に答えたら舐めさせてくれると言ったじゃないか!」
C.C.「いい加減にしろよ、童貞ボウヤ」

ルル「えっ? 童貞?」

C.C.「……えっ?」
ルル「童貞って……誰がだ?」
C.C.「えっ、いや、お前が……」
ルル「……ああ、言っていなかったな」
C.C.「な、何をだ?」

ルル「俺は大分前に済ませたぞ」

C.C.「な、何だとっ!?」
ルル「そんなに驚くことか?」
C.C.「あ、いや……別に」





115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 04:17:20.79 ID:EmrvlOkv0
ルル「まあいい」
C.C.「い、いや、その話を詳しくだな……」

ルル「C.C.、尻の穴を舐めさせてくれ!」

C.C.「……」
ルル「頼む!」
C.C.「……必死だな」
ルル「お願いだ……お願いします……!」
C.C.「……」

C.C.「ま、まぁ、お前がどの程度なのかを試してみるのも悪くないかもな」

ルル「……は、はは……はははははは! やった! やったぞ!」

C.C.(……少し早まったな)





116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 04:21:28.47 ID:EmrvlOkv0
寝室

ルル「少し緊張するな」
C.C.「……ふん」
ルル「……よし、C.C.」
C.C.「な、なんだ」

ルル「下に来ているものを脱いで、四つん這いになってくれ」

C.C.「……はっ?」
ルル「いや、そうしないと尻の穴を舐められないだろう?」
C.C.「い、いや、キスとかはしないのか?」
ルル「ばっ、馬鹿! 何を言っている!」

ルル「……は、恥ずかしいことを突然言うな!///」

C.C.「……」

C.C.「は?」





117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 04:25:13.90 ID:1c0Xyfs50
>>116
ルルwwww




118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 04:25:47.90 ID:EmrvlOkv0
C.C.「いや、ルルーシュ。そこは順番というものがあるだろう?」
ルル「何を言っている。お前の尻を舐めるというのが目標だ」
C.C.「し、しかしだな……」

ルル「ま、まさか気が変わったとでも言うつもりか!?」キィィン!

C.C.「落ち着けルルーシュ」
ルル「頼む! 尻の穴を……」

ルル「舐めさせて……ください……!」

C.C.「……」

C.C.「……はぁ、わかったよ。お前の勝ちだルルーシュ」





119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 04:30:32.94 ID:EmrvlOkv0
ルル「お、おおお……!」
C.C.「あ、あんまりジロジロ見るな。さすがに私でも、
   おシリの穴をそこまで見られると恥ずかしいんだからな!?」

ルル「いいぞC.C.、やはり俺の見立てに間違いはなかった……!」

C.C.「ど、どこに向かって話しかけている」

ルル「お前が話すたびに穴がヒクついて……いや、尻の穴が喋っているのか!?」

C.C.「何を言ってるんだこの馬鹿!」
ルル「っ! また、また喋ったぞ!」





120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 04:31:36.52 ID:rQOlZ3b30

駄目だこいつ…早く何とかしないと






121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 04:32:26.27 ID:UlMBJsCTO
wwwwwwww




123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 04:32:42.23 ID:cSFtfhGo0
ルルバカスwwwwwww




125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 04:39:12.19 ID:EmrvlOkv0
ルル「はじめまして、C.C.の尻の穴。俺はルルーシュ」
C.C.「馬鹿! 始めましてじゃないだろうが!」

ルル「何っ!? どこかで会った事が!?
   くそっ、皇帝のギアスの影響が抜けきっていないのか……!」

C.C.「ああもう! お前は本当に困った奴だな」
ルル「す、すまない。悪気はなかったんだ」

そっ…

C.C.「ひうっ!?」ビクンッ!
ルル「ど、どうした!?」

C.C.「い、いきなり触るな」
ルル「あ、ああ、すまなかった」
C.C.「尻に謝るな! 私に謝れ!」




126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 04:44:00.25 ID:DedPGRp20
なにこの新感覚コントwwwwwww




127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 04:45:28.08 ID:EmrvlOkv0
ルル「だが……それにしても綺麗だ」
C.C.「……いや、さすがに綺麗ではないだろう」

ルル「そんなことはない!」

C.C.「っ!」ビクッ
ルル「そんなことはないぞC.C.。俺が見てきた中で最高の尻の穴だ」
C.C.「そ、そうか……」
ルル「ああ、間違いない」
C.C.「……ん? お前、まさか結構な数の女と……」

ぬむうっ

C.C.「ふあっ!?」
ルル「なんふぁっふぇ?」
C.C.「い、いきなり舌をいれ……んふうっ!」
ルル「おいひい、おいひいほひーふー!」





128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 04:46:28.50 ID:EmrvlOkv0
何故だ!? 何故C.C.の尻の穴を舐めているのにちょっと面白くなってんの!?




129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 04:48:26.14 ID:EmrvlOkv0
駄目だな。俺はエロ書けん
もう朝だし、眠いし、凹んだし
おやすみ





132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 04:52:25.01 ID:UlMBJsCTO
充分面尻いのに
続けろよ




135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 04:54:25.31 ID:EmrvlOkv0
あとちょっとだけ頑張るよ




136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 04:56:06.63 ID:DedPGRp20
おお、ぜひに頑張ってくれ




138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 05:00:18.64 ID:EmrvlOkv0
ルル「うふぁい、うふぁいほひーふー!」
C.C.「んあっ! し、下を入れながらしゃべんふうっ!」

ぬじゅっ、ぬちゅっ、ちゅうっ!

C.C.「んんっ、くっ、んふっ!」
ルル「なふぇふぁ!? なふぇふぉんはふぃふはいんふぁ!?」
C.C.「なっ、何を言って、るうっ! か、サッパリ、っ、わからんっ!」

…ちゅっ……

ルル「……ぷはーっ」
C.C.「は、はぁ……はあっ……」

ルル「……C.C.、お前の尻の穴は何故こんなに美味いんだ!?」

C.C.「……知るか」





139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 05:05:06.64 ID:EmrvlOkv0
ルル「いいかC.C.、よく聞け」
C.C.「……なんだ」
ルル「俺はご飯よりパン派だ」
C.C.「……なら、私はパンよりピザ派だな」
ルル「だが、今は考え方が変わった」
C.C.「?」

ルル「パンよりも、C.C.。お前の尻の穴派だ」

C.C.「……お、お前は何を言ってるんだ?」
ルル「ああいや、すまない。他に良い表現が見つからなかった」

C.C.「……褒められているのかわからんな」

ルル「ベタ褒めだぞ!? 主食になりえると言ってるんだ!」

C.C.「あ、ありがとうというべきなのか? これは……」





140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 05:09:34.84 ID:EmrvlOkv0
ルル「くそっ、どうして今まで舐めなかったんだ!」
C.C.「……」モジッ
ルル「俺はせっかくの美食を逃していた……愚か者だ」
C.C.「な、なあルルーシュ?」
ルル「? どうしたC.C.?」

C.C.「その、だな……指とか、入れてみたりはしないのか?」

ルル「!?」

C.C.「わ、私は別に、その……」

ルル「断る!」

C.C.「き、気持ち良かったとかじゃ……は?」




141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 05:11:31.66 ID:cSFtfhGo0
性的な意味で舐めてるわけではないのね




142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 05:11:36.38 ID:DedPGRp20
ルルのテンションの上がりっぷりがwwwww




143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 05:13:59.85 ID:EmrvlOkv0
ルル「指? 指を入れるだって? ありえん!」

C.C.「い、いや、ちょっと待てルルーシュ。なんでそんなに必死なんだ?」

がしっ!

C.C.「っ!?」
ルル「いいかC.C.よく聞け。お前の尻の穴の美味さは、
   お前が思っている以上に凄いんだ」
C.C.「い、痛い! そんなに強く掴むな!」
ルル「あ、ああすまない。興奮して、つい……」
C.C.「……」
ルル「だが、本当に……美味いんだ」

C.C.「……そ、そんなにか?」





145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 05:16:05.90 ID:UlMBJsCTO
ここまで天才的にバカだとある意味で天才だな
バカだけど




147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 05:20:00.16 ID:EmrvlOkv0
ルル「ああ。はじめは俺もC.C.、お前の尻に性的な興奮を覚えていた」
C.C.「……」
ルル「尻の穴を舐めていて、あわよくば、とも思っていた」
C.C.「……ふふっ、正直だな」
ルル「ああ、正直にもなるさ」
C.C.「わ、私だったら別に構わんぞ? 今は、ちょっと……そういう気分だ」

ルル「いや、今はお前の尻をみても性欲が刺激されなくなった」

C.C.「何? それは私の魅力が足りないと言うことか?」
ルル「いや、それは違う! 違うぞC.C.!」
C.C.「なら良いじゃないか。チャンスだぞ?」

ルル「……お前の尻の穴は……美味すぎたんだ」

C.C.「は?」





148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 05:24:27.40 ID:EmrvlOkv0
ルル「最初の内はな、やっとお前を抱けると興奮していたよ」
C.C.「……やけに素直だな」
ルル「三日前から溜めていたりもした。そして今日に臨んだんだ」
C.C.「ふふっ! それは光栄だな」
ルル「……しかし、これを見てくれ」

…へなっ

C.C.「……元気がないな、若いのに」
ルル「それだけじゃないんだ」

ぐーっ!

C.C.「な、なんだ今の音は?」
ルル「……」

ルル「……腹の虫だよ、C.C.」





150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 05:25:38.91 ID:DedPGRp20
どれだけ食欲をそそるというんだ




151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 05:29:24.26 ID:EmrvlOkv0
C.C.「腹の虫……だと?」
ルル「……ああ」

ルル「お前の尻の穴はな、美味すぎて性欲よりも食欲を刺激するんだ!」

C.C.「……おいおい、そんな馬鹿なことg」

ぐーっ!

C.C.「……」
ルル「正直、今もまだお前の尻の穴を舐めたいと思っている」
C.C.「そ、そうなのか? だったら別に私はか、構わないぞ……?///」
ルル「……それじゃ駄目だ。それじゃあ駄目なんだよC.C.」
C.C.「どうしてだ?」
ルル「……」

ルル「尻の穴を舐めても……腹は膨れないんだ!」

C.C.「……」

C.C.「いや、それは当たり前だろう」





152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 05:31:41.16 ID:DedPGRp20
薄々気づいてたがこのルル何というかマジもんだなwwwww




154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 05:32:28.81 ID:rQOlZ3b30
これは特別病棟に隔離されるべきだろwww




156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 05:36:31.83 ID:EmrvlOkv0
ルル「くそっ、俺は一体どうすれば……ナナリー、教えてくれっ!」
C.C.「いや、ナナリーは、というか、誰も教えてはくれないと思うぞ」
ルル「と、とにかく何か腹に詰め込んでくる!」
C.C.「あ、あぁ……」

ルル「……しまった。忘れていた」

C.C.「何をだ?」
ルル「騎士団の備蓄、パンを切らしていたんだった……」
C.C.「まあ、この際なんでも良いんじゃないか?」
ルル「いや、しかし……! そうか、そうすればいいのか!」
C.C.「?」

ルル「パンがなければ、お尻を舐めればいいじゃない!」

C.C.「……」

C.C.「もう駄目だな、コイツは」


おわり


157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 05:38:14.39 ID:EmrvlOkv0
こんなくだらないもん最後まで読んでくれてありがとう




158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 05:39:36.91 ID:DedPGRp20
終わったー!?
予想外の結末だがGJだった




159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 05:40:05.81 ID:cSFtfhGo0
いやーお尻ってほんっとにいいもんですね~




160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 05:40:30.54 ID:DJUNoMVVO
GJwwwww




162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 05:48:48.24 ID:EmrvlOkv0
皆も書いてくれ
エロ方面からのアプローチをしてみようじゃあないか





164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 05:55:28.57 ID:DedPGRp20
>>162
たぶんお前さんの印象が強すぎてすぐにはこのルルーシュ以外出てこねぇんじゃねぇ?wwwww




176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 13:14:02.74 ID:5E8s86EcO
保守




185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 16:34:30.74 ID:moq6sfY7O
とんだ変態だな




186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 17:16:39.36 ID:+OQu822F0
だがそれがいい




189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 18:42:28.82 ID:OyVHKlFX0
落としてたまるか・・・




190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 18:47:11.99 ID:mGqscLFv0
>>189
君が書けばいいじゃない。
その変態さなら大丈夫さ。




191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 18:52:50.67 ID:EmrvlOkv0
          '´ }         { `,
          ! {,        .} !
           |. |.          |. |
          |  |        |  |
          |  |        |  |
          l   |        .|   l
            |  .レ/   ヾ`.|  ,|
              |  |:/ r‐^‐、ヽ|  |
           | (. {l   l} ) |
            | ヽヽ=''-ノ  |
            }  .ト┴┴'' {
           / | ・   ・ .| ヽ
           /   |  .   |  ヽ   >>189よ、全力で書け!
            /   .|      |   ヽ
            /    l     .|    ヽ
         /      |.  ・  l     ヽ
        /      .l  ,,,,,,, l     ヽ
         /     ./ (∪) .ヽ     ヽ
       /       /  / \  \     ヽ
     /    ./  /    \  \    .ヽ
    ,/    /  /       \  \    ',
    /l   /  /          \  \  .l',
    /,!   .\. \    /⌒ヽ    / ./  .|:',
   /.|     .\. \/    \/ ./    .|:.',
  /:.|       \ \    / /、       |: :',
  /: :|      /  \ \  / /  .\    |: : ',
 /: : |    /       ) ヽ/ .(     \   |: : : ',




192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 19:06:18.86 ID:OyVHKlFX0
俺にそんな文才があるとおm・・・


>>191イエスユアハイネス





193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 19:11:27.38 ID:OyVHKlFX0
でもエロくないから期待スンナ

カレン「はぁ...生徒会面倒だなぁ」
カレン「なんで私がこんなこと...ルルーシュめ...」
カレン「...まぁでも生徒会に入って良い事もあったから我慢しなきゃ」
カレン「はぁぁ......やっぱり落ち着くなぁ......和式トイレ(咲世子専用)は...」





194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 19:16:26.31 ID:OyVHKlFX0
カレン「大体最近和式トイレが少なすぎるのよ」
カレン「ここは日本よ!?にっぽん!!」
カレン「なんでブリキ野郎は他の人が座った便座に座れるのよ」
カレン「学内はすべてウォシュレットとか言ってるけどあんなもの要らないわよ」
カレン「そもそもビデって何?」
カレン「ビデオかっつーの、意味わかんない」





195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 19:34:01.75 ID:EmrvlOkv0
さすがだ、さすがだよ変態

和式トイレとは目の付け所が違う……!




197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 19:59:14.66 ID:OyVHKlFX0
和式は実は関係ないんだ
俺の中でカレン=和式設定なだけで
ウォシュレットの最大市場とか日本だけどブリキ物設定だし

ある日
女A「......ウォシュレット......よねー」
女B「えー......ないよー......」
女C「......かるかもー」
女A「...だよねー!」
女B「実は......も......ビデ.......」
女達「キャハハハハハー」

カレン「(ウォシュレット?)」
女C「あ、カレンさん!こんにちわー」
カレン「こんにちわ、みなさん」
カレン「ずいぶんと楽しそうでしたが?」
女A「ねぇねぇ、カレンさんもウォシュレット気持ち良いって思うよね?」
カレン「えっ!?」
女C「ちょっとあんた、カレンさんになんてこと聞いてるのよ!」
女B「ごめんなさい、カレンさん!」
カレン「(ウォシュレットって......気持ち良いものなの......?)」





199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 20:07:39.34 ID:EmrvlOkv0
>俺の中でカレン=和式設定なだけで

    /:..:/:..:..:..:..:ヽ:..:`ヽ    ,,-=ミ彡         エ凡
  /:..:.../:..:..:..:.,..-.、:..}´: ̄:..:\      ,彡ミミ     ハ_ヽヽ
  /:..:..:..:..:...:..:..∠ミミヽヽ/三ヽ:.:.i  ,-=三ミミ彡ミ
 /:..:..:./:...:...:.../    ̄`´ ̄ヽ:}:..:..l             |
 |:..:..:..l::.:. ./:./   _, .     |:..:..|     彡ミ彡    `ー '   :
 l:...:..:!::..:..:!:.l 二 ̄  ′/ー _ |:..:.|| -==三ミミミ彡    l     :
 l:|:..:l:|:...:.|:.l-ーミ{、   /__ 、`|::..:l!             レ  ヽ
 l:!..:「|:..:..!:| {  ハ   7   Y j:..:.l′ ''-=彡三
 ||:..ト.|:..:.|:|||i  ̄    l ゝー´/}:..l!  ,,-=ミミ彡ミ三      |
 ||:.:ト|:.:..|:|.|||     . j     /:|:..:l              ノ\
 lハ:.|:.|!:..:!| || u   , ‐ォ  .イ:.:|:..:|    ''=三彡
 ハ!:ト|l:.:.|| \   ̄ /:.|:.:.l:..|:|   -==ミミ、ヾ     | |
   ト:ト|:|!:.!ト、 ` ┬ ´|:./:.j:.:.|:..|:|               ・ ・




200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 20:14:04.16 ID:OyVHKlFX0
カレン「......ウォシュレット......気持ち良い......」
カレン「......ウォシュレット......」
ルル「ぼーっとしてどうしたんだ?カレン」
カレン「ひぃぁぁあぁらlらぁぁ!!!!!」
ルル「!!!!!どうした?びっくりするじゃないか」
カレン「(驚いたのはこっちよ!!)」
カレン「ごめんなさい、いきなりだから驚いてしまって......」
ルル「そうか、なにかウォシュレット?とつぶやいていたようだが」
ルル「トイレが壊れていたのか?」
カレン「......聞き間違いじゃないかしら......ヒヤヒヤ」
ルル「......ふむ......ならいいが......」
カレン「では...」
エローシュ「キラーン☆」

ルル「やぁ,スザク!ウォシュレットは気持ち良いよなぁ!!」
スザク「?突然どうしたの?ルルーシュ?」
カレン「(やっぱり気持ち良いの!?)」





201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 20:19:02.47 ID:Q44Tc2SQ0

もう色々とこのスレ駄目だろww





202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 20:19:31.12 ID:OyVHKlFX0
今から出かけてくるー
帰りは日付変更後かも
残ってたら書くね

だれもみてないけど





203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 20:20:43.27 ID:yjhN+9820
ならば俺がその間やらせてもらおうか




204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 20:22:01.10 ID:EmrvlOkv0
    ` ー- .__ ,. 7′          _ .. -┴‐- 、
            / /|   _ -― ァ-‐  ̄          l
           /   / ! ! / |     |  /    _ .. -‐.、 |    /
        /  / / | |.!    / /| {   ,∠三三ミ. ヽ | /   -
         /   ! ! {_||  /{ /=!   {‐   ̄ `ヽヽ } |/ / _
      /    | | | /|  { ヽ._j_ -  } \、   `ハ/ 三三三
      _../   | | ! .|/l | \ ー‐ ,ィー\、 ト.      ̄ `‐z 三
  ,. ‐, -/      l  l |  ! !|′ ` ̄ ヾ 逝jヽトl         `>z
// イ       |  !| /  ! !     ヽ\  ト| V|    //
r'  /|  ⌒ヽ. |  ||V  | |         ` ̄、 ヽ.| /' /イ __ ノ
  /  |     } } !  |! V | !           ヽ、{z_/≦三テ/..-
 /  |   ノ//  }| V | l             /^辷'ノ/´
/  / |rー '/ _/ ノー、 V|.|  , <丶        /   /
  /  j   /ヽ/  ハ-V!V{′ \\  r--   イ
     く   /  /  /    Vト、    }`¨> .イ´ /  ワッショイ!ワッショイ!
      ヽ |   /  /  /  ハ-へ ___/z</ /
        l |  ′  { /    >ミ_ /‐  イ  ̄
       | |    r__ュ  __ / -‐_.. ‐ ´ j


205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 20:33:55.44 ID:yjhN+9820
C.C.「…」

C.C.「なんだこのスイッチ?」

C.C.「…」

C.C.「ウォシュレット?」




206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 20:34:37.89 ID:yjhN+9820
C.C.「…ウォシュレット」

C.C.「…」

C.C.「ウォ・シュレット?」

C.C.「ウォシュ・レット?」

C.C.「…」

C.C.「どっちだろう?」





207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 20:36:06.79 ID:yjhN+9820
C.C.「いやいや、意表をついて」

C.C.「ウォシュレ・ット」

C.C.「かも知れんな」

C.C.「…」

C.C.「しかし本当になんなんだこれは」

C.C.「よくわからん機械だかなんだか知らないが」

C.C.「私の頭を一時的にとはいえ悩ますとは…」

C.C.「…」

C.C.「やるな!」




208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 20:37:44.24 ID:yjhN+9820
C.C.「聞くは一時の恥なんていうが」

C.C.「私はそうは思わん」

C.C.「誰かに自分の無知を晒すような醜態を見せるくらいなら」

C.C.「…」

C.C.「私は死ぬ!」

C.C.「…」

C.C.「ということで」

C.C.「…ルルーシュに辞書の場所を聞こう」

C.C.「ルルーシュー!」





210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 20:41:10.18 ID:yjhN+9820
ルルーシュ「…」

C.C.「…おやおや、いきなり機嫌が悪そうだな?」

C.C.「まったく器量の小さい男だ、そんなことでは私のパートナーとしては認められんな」

C.C.「大体お前は…」

ルルーシュ「おい」

C.C.「?」

ルルーシュ「いま何時だと思ってる」

C.C.「午前3時だが?」

ルルーシュ「俺はお前と違って昼は学校なんだよ! 夜行性じゃないんだ!」

ルルーシュ「明日だって学校があるんだよ!」

C.C.「ほぉ」

C.C.「で、このウォシュレットという物の存在意義を問いたいのだが」

ルルーシュ「…」





211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 20:43:35.40 ID:yjhN+9820
C.C.「あっ、しまった!」

ルルーシュ「…なんだ」

C.C.「ルルーシュに聞くのは嫌だか辞書の場所だけを聞こうと思ったのに!」

ルルーシュ「結局聞いてるから問題ない」

C.C.「…」

C.C.「なるほど、流石ルルーシュ、捻くれた見方をさせれば世界一だな」

ルルーシュ「喧嘩売ってるのか?」

C.C.「いや?」

ルルーシュ「そうか…」

C.C.「…」

ルルーシュ「で? なんだったか?」

C.C.「このトイレのスイッチの意味だ」





213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 20:46:55.53 ID:yjhN+9820
ルルーシュ「そんなことで俺を起こしたのか?」

C.C.「そうだが?」

ルルーシュ「…」

ルルーシュ「…ふわぁ……あ」

C.C.「おい! 真面目に聞け!」

ルルーシュ「お前も俺のことを少しは真面目に考えてくれ」

C.C.「…?」

ルルーシュ「あぁ、はいはい、理解できませんか」

C.C.「で、意味を教えろ」

ルルーシュ「書いてあるだろ」

C.C.「どこに?」

ルルーシュ「ボタンに」

C.C.「…だからその意味がわからんと言ってるんだバカ!」




214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 20:50:56.47 ID:l0dfHemK0
ビデの登場はまだかえ?




215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 20:51:14.61 ID:EmrvlOkv0
おやすみ
もうこのスレ好きにしてくれ





216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 20:53:48.43 ID:yjhN+9820
ルルーシュ「…だから、書いてあるだろおしりとかビデとか」

C.C.「…ふむ、なるほど」

C.C.「で?」

ルルーシュ「トイレでするのは排泄行為のみだ、そしてこの機械」

C.C.「ふむ」

ルルーシュ「ある程度は察せると思うのだが?」

C.C.「…えぇと?」

ルルーシュ「…」

C.C.「…」

ルルーシュ「わからないのか?」

C.C.「ちょっと…」





217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 21:00:22.43 ID:yjhN+9820
ルルーシュ「…お前は頭の回転がどうにも低速だな」

C.C.「…」

C.C.「…」

C.C.「…もしかして」

C.C.「っ! バカと言ってるな!?」

ルルーシュ「そういうところがな」

C.C.「くそぅ…」

ルルーシュ「まぁあれだ、これは洗浄器と思え」

C.C.「戦場?」

C.C.「確かに腹痛時のトイレは戦場だが」

ルルーシュ「うん、違う」





227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 21:56:57.40 ID:yjhN+9820
C.C.「つまり?」

ルルーシュ「洗浄だ、洗って浄化するの洗浄」

C.C.「あぁ、洗浄か」

ルルーシュ「そうだ洗浄だ」

C.C.「なるほど、つまりこれは排泄行為によって汚れた局部を洗浄するのか」

ルルーシュ「その通りだが、色々と俺はお前に言いたいことが新しくできたぞ」

C.C.「?」

ルルーシュ「一応お前は自分の性別と世間体の二つを意識したほうがいい」

C.C.「世間体などとうに捨てた!」

ルルーシュ「それはお前の怠惰な生活や部屋を見ればわかる、女どころか人間捨てかねない勢いだ」

C.C.「…」

C.C.「それはいいすぎじゃ?」

ルルーシュ「いや、これでも軽いな」

C.C.「…ショックだ」





231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 22:23:44.65 ID:yjhN+9820
ルルーシュ「…ふわわぁ」

C.C.「…おい、まさか寝るとか言わないよな?」

ルルーシュ「いいや! 寝るね! もう疑問も解けたろ? 寝かしてくれよ」

C.C.「いやいや、私を一人置いて寝るつもりなのか!?」

ルルーシュ「なにを言ってるんだお前は」

C.C.「このトイレのボタンの意味すらわからなかった私を置いて寝るのか!?」

ルルーシュ「…」

ルルーシュ「なんだその微妙な自虐になりきれてない自虐」

C.C.「…いや、だから、そのだな」

C.C.「ちょっとの間廊下で待っててくれ」

ルルーシュ「…何故?」

C.C.「実践する!」





233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 22:39:23.50 ID:yjhN+9820
ルルーシュ「…」

ルルーシュ「…」

ルルーシュ「3時半」

ルルーシュ「…」

ルルーシュ「廊下は冷える…」

ルルーシュ「…あと四時間は寝れるか」

ルルーシュ「…」

ルルーシュ「おいC.C.、まだか?」

C.C.「まだー」

ルルーシュ「…眠いな」





236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 22:49:54.11 ID:yjhN+9820
C.C.「…」

C.C.「…で、このボタンを押すと」

C.C.「…」

C.C.「おしりはそのままとして、ビデはどこだ?」

C.C.「…」

C.C.「ルルーシュ!」

ルルーシュ「…うとうと」

ルルーシュ「はっ!?」

ルルーシュ「なんだ?」

C.C.「…」

C.C.「ビデってどこを洗浄するんだ?」




239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 22:55:54.19 ID:yjhN+9820
ルルーシュ「…それは」

C.C.「なんだ勿体ぶって、ルルーシュの癖に生意気だ」

ルルーシュ「ガキ大将みたいなことを言うんじゃない」

C.C.「なら早く言え」

ルルーシュ「…あれだあれ、しり以外に排泄に使う器官なんて限られてるだろ?」

C.C.「…」

C.C.「…っ!?」

C.C.「この変態が! 見損なったぞエロエロ大魔王!」

ルルーシュ「なっ!? そもそも話を持ちかけたのはお前のほうだろ!」

C.C.「ふん、大方廊下で今か遅しと待っていたのだろう? まったくこれだからエローシュは困る」

ルルーシュ「さぁて、眠くなってきたから部屋に帰るか。電気消して」

C.C.「悪かった! 私が悪かったから戻ってきてくれルルーシュ!」





240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 23:00:30.21 ID:yjhN+9820
ルルーシュ「…Zzz」

C.C.「ルルーシュ!?」

C.C.「ルルーシュ本当に帰ってしまったのか!?」

C.C.「…」

C.C.「ばか…」

C.C.「憎まれ口を聞きながらも付き合ってくれるのがルルーシュだと思っていたのに」

C.C.「…ぐすっ」

C.C.「こんな時間に私を一人にして帰るとは…」

ルルーシュ(こんな時間とわかってるなら最初から起こすな、寝ろ)「…Zzz」

C.C.「…くそぅ!」

 ゴン ピッ ショワワワ

C.C.「…ん?」





243 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 23:12:58.90 ID:yjhN+9820
C.C.「…なんだ?」

  ざわわ ざわわ

C.C.「おぉぉぉ!?」

C.C.「な、なんだ! これがビデか!?」

C.C.「うわっ、やば、これがやばい!」

C.C.「なにがやばいかは置いといてやばい!」

C.C.「ルルーシュ! 助けて!」

C.C.「…」

C.C.「やっぱいまこられると困る!」

C.C.「どうやって止めれば!?」

C.C.「…普通に止めるスイッチがあった!」 ピッ

C.C.「ふぅ…」

C.C.「…もう一回だ」





246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 23:22:08.66 ID:yjhN+9820
C.C.「…おそるおそる、みたいな」

C.C.「それっ」

 ウィィ

C.C.「あっ、間違えておしりの方に゛!?」

C.C.「ひうっ…、こ…これはダメだって」

C.C.「…あぁ、でも…でもこれは綺麗にしてるだけだから…」

C.C.「…水流」

C.C.「…」

C.C.「くぅん…、違う…早く、…終わるようにするだけ」

 くいっ 弱→最強

C.C.「ふぁっ! …こ、これ凄いっ」

C.C.「るるーしゅぅ、これ凄いよぅ…」

C.C.「るるーしゅうう!」





247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 23:22:47.16 ID:YRByRlz/0
これは可愛いわw




248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 23:22:54.18 ID:1qQ/AASf0
平仮名になるとかわいい!不思議!




250 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 23:27:28.59 ID:OyVHKlFX0
ふぁっw
ナニかがたぎってくるwww




252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 23:33:44.73 ID:yjhN+9820
C.C.「…あふぅ」

C.C.「ちょっ、まっ!」

C.C.「まずいって…、連続は…ふあぁ」

C.C.「…スト、ストップしなくちゃ」

 ピッ ウィィ

C.C.「はぁ…はぁ…」

C.C.「…」

C.C.「お、おしりは綺麗になったけど…代わりに別のところが汚れたから」

C.C.「き、綺麗にするためだから…、もう一回だけビデを…」

C.C.「…え、えい」

 ブブブブ

C.C.「ふぁ…、わ、わたしもうダメかも…」





255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 23:41:36.94 ID:yjhN+9820
ローカ

ルルーシュ「…」

ルルーシュ「…」 コクッ コクッ

C.C.「はぁん、…ふぅっ、あぁ~…」

ルルーシュ「…Zzz」 コクッ コクッ

C.C.「ダメぇ! また、また汚れちゃう…うぅ」

C.C.「ふぁぁぁ!」

ルルーシュ「Zzz」 コクッ …カクンッ

ルルーシュ「ほわっ!」

ルルーシュ「…廊下で寝てしまっていたのか」

C.C.「ひぅ!」

ルルーシュ「!? C.C.、どうした!」

C.C.「え、るるーしゅぅ?」





256 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/30(水) 23:46:27.06 ID:OyVHKlFX0
廊下でかよw




336 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 11:17:23.52 ID:a+o93rVA0
>>255

ルルーシュ「おい、C.C.なにがあった」

 ガチャ ガッ…

C.C.「ダメだ、ダメだ、ダメだ、ダメだ!」

ルルーシュ「扉は硬く閉ざされている!?」

C.C.「な、なんで! ルルーシュは部屋に帰って寝たんじゃなかったのか!?」

ルルーシュ「お前が廊下で待ってろと言ったからな」

ルルーシュ「待ってるうちに寝てた」

C.C.「…」

C.C.「ということはずっと廊下にいたのか!?」

ルルーシュ「…そうだが?」

C.C.「あぁぁぁぁ」





340 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 12:04:32.87 ID:a+o93rVA0
>>336
ルルーシュ「ど、どうしたんだ!? さっきからおかしいぞお前」

C.C.「この変態が! 最低だ、人として最低だ! お前は人間としての尊厳を失ったな!」

ルルーシュ「一体全体なぜ俺がそこまで貶められているんだ!?」

C.C.「いいからあっちいってくれ! トイレの扉を開こうとするなんて紳士のすることじゃないぞ!」

ルルーシュ「…」

ルルーシュ「あぁ…、そりゃそうか」

ルルーシュ「突然のお前の嬌声と寝起きでどうやら判断力を失っていたな」

C.C.「わかったら帰れ!」

C.C.「…」

C.C.「やっぱり廊下で待ってろ!」

ルルーシュ「…」





344 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 12:23:07.91 ID:a+o93rVA0
ローカ

ルルーシュ「…ふわぁ」

咲世子「…」

ルルーシュ「…」

咲世子「ルルーシュ様なにをしているのですか?」

ルルーシュ「あ、咲世子さんこんな時間に奇遇ですね」

咲世子「えぇ、少し用を足しにきたんですが」

ルルーシュ「いまトイレはC.C.が使ってますよ、俺はそれに付き合わされて…」

咲世子「あら、そうなんですか…」

咲世子「大変眠そうですね」

ルルーシュ「…まぁ」





345 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 12:35:49.81 ID:a+o93rVA0
といれっと

C.C.「…」

C.C.「…」

C.C.「…まさかルルーシュがすぐそこにいるとは思わなかった」

C.C.「聞かれてた可能性も…」

C.C.「はぅっ」 ゾクゾク

C.C.「…で、でもこれ以上は」

 ノックノック

C.C.「ひぃっ!?」

咲世子「あの、C.C.様?」

C.C.「さ、咲世子か…」





464 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 20:24:55.17 ID:a+o93rVA0
>>345

C.C.「咲世子もトイレか?」

咲世子「はい、しかしこんな時間でC.C.様とルルーシュ様にお会いするとは思ってませんでした」

C.C.「…」

C.C.「ルルーシュは、ルルーシュはまだ廊下にいるか?」

咲世子「はい、C.C.様を待ってますよ」

C.C.「そ、そうか…」

咲世子「で、ですねC.C.様」

C.C.「ん?」

咲世子「できれば…私は我慢強いほうですが…、お早くしていただけると助かるのですが」

C.C.「す、すまんすぐでる!」





471 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 20:38:32.70 ID:a+o93rVA0
>>464

C.C.「えぇと…」

C.C.「と、とりあえずトイレットペーパーを」

 カラカラ―カラ

C.C.「切れた…」

C.C.「どうしよう」

C.C.「…」

C.C.「あ、新しいのを…」

C.C.「…」

C.C.「棚の上のを取るためには立ち上がらなくては…」

C.C.「しかしそれはできない」

C.C.「…」

C.C.「腰が抜けてる」





474 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 20:56:29.69 ID:a+o93rVA0
咲世子「…あのC.C.様、失礼ですがまだでしょうか?」

咲世子「私も、その、えっと…そろそろ限界というものが…」

ルルーシュ「…」

C.C.「す、すまない」

C.C.「えぇい、仕方ない」

C.C.「…」

C.C.「行くしかない!」

C.C.「こ、これか? よし」

C.C.「あとは、セットすれば…」

C.C.「…」

C.C.「どうやって?」




262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 00:37:44.83 ID:TbUIj2FFO
保守




263 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 00:41:29.54 ID:NyQaFZNB0
何か書くか、深夜だし
お題はあれば。なければジェレミア





264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 00:43:14.06 ID:oycnNjfe0
じゃあジェレミアで




265 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 00:43:46.35 ID:NyQaFZNB0
エロくなるよう頑張る




266 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 00:47:27.78 ID:WJHhbTs00
オレンジのエロとか落ちるだろうがw
コーネリアさまで




267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 00:47:57.61 ID:NyQaFZNB0
咲世子「さあ、早くズボンを脱いでください」

ジェレミア「いや、しかし……」

咲世子「あら、私の練習に付き合ってくれると言ったではありませんか」
ジェレミア「……確かに言いはした!
    だが、あれでは断れるわけが無いだろう!」

咲世子「あなたが私を斬った後謝らなかったことを
    ルルーシュ様に訴える、ですか?」

ジェレミア「そうだ!」
咲世子「そうですね。確かに卑怯でした」
ジェレミア「ああ、だからこの話は無かったことにさせてもらおう」
咲世子「あら、それは駄目ですよ」
ジェレミア「なんと!?」

咲世子「だって、結局貴方は私に謝っていませんもの」

ジェレミア「……」




269 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 00:52:24.29 ID:NyQaFZNB0
ジェレミア「謝ればいいのか?」

咲世子「貴方は、女の肌に傷をつけておいて謝ればそれで済むと思いますか?」

ジェレミア「むう、し、しかしあの時は敵の目を欺くため仕方なくだな」
咲世子「……」
ジェレミア「それに、ワタシにも国を捨てたとはいえ貴族としての誇りがある」
咲世子「……」
ジェレミア「だから、簡単にイレブンに頭を下げる訳にはいかん」
咲世子「まあ」
ジェレミア「申し訳ないが……」

咲世子「それでは、ルルーシュ様にお叱りするよう申し上げますね」

ジェレミア「話を拝聴して欲しい気持ちが溢れそうです!」





270 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 00:55:55.69 ID:NyQaFZNB0
咲世子「考え方を変えれば良いのでは?」

ジェレミア「む?」
咲世子「貴方はブリタニア人、私は日本人です」
ジェレミア「そんなことは言われなくてもわかっている」
咲世子「そして、貴方は貴族、一方私はただの給仕」
ジェレミア「ただの、とは言いがたいがな」

咲世子「……だから、これからすることは小規模ながらも
    日本を制圧していることになるのでは?」

ジェレミア「!」

ジェレミア「おお! その思考はとても素晴らしいものだと理解出来ます!」





271 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 00:58:19.13 ID:TrIwgjbrO
オ馬鹿レンジwwwwwwww




272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 01:01:26.43 ID:NyQaFZNB0
咲世子「私は今まで出来なかった術の練習が出来、
    あなたは制圧感と欲求の解消を同時に行える」
ジェレミア「……ふむ、悪い取引ではないな」
咲世子「ええ。さらには私の背中の傷のことも許してあげましょう」
ジェレミア「それはお得だ」
咲世子「でしょう?」

ジェレミア「そうと決まれば、早速口で奉仕をしてもらおうか!」

咲世子「はい、喜んで練習させていただきます」

ジェレミア「しかし、NINJYAの技術がどれ程か楽しみでもあるな」ヌギヌギ

咲世子「いえ、私は今までこの術の練習機会がなk……んなっ!?」

咲世子「なんですかそれは!?」





275 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 01:05:15.43 ID:NyQaFZNB0
ジェレミア「む? 男のモノを見るのは初めてかね?」
咲世子「違います! そのぶ、ぶら下がっている……」
ジェレミア「ぶら下がっている? ああ、睾丸の事か」
咲世子「そうじゃなくて!」
ジェレミア「? 何をそんなに驚いて……」チラッ

ジェレミア「ぬ、ぬおおおおおっ!!?」

咲世子「あ、貴方も知らなかったんですね」
ジェレミア「な、何故だ!? 何故ワタシの股間に……」

ジェレミア「キンカンが二つぶら下がっているのだ!?」





276 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 01:07:01.98 ID:oycnNjfe0
キンカンwwwwww




277 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 01:07:26.44 ID:2PhJhAv+0
なんという柑橘系・・・




280 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 01:11:55.72 ID:NyQaFZNB0
咲世子「ご存知なかったのです……か?」
ジェレミア「当然、全然、唖然!」
咲世子「もしかしたら、最初に貴方をそうした方が……」
ジェレミア「!」

  ・  ・  ・

バトレー『はっは、下半身にある柑橘類をご存知かな?』
ジェレミア『……いや』
バトレー『それはキンカン』
ジェレミア『そ、その心は?』
バトレー『金玉、股間、とな。……ぶ、ぶわっはっはっは!』
ジェレミア『……』

  ・  ・  ・

ジェレミア「お、おのれバトレェェーーー!!」

咲世子「……はぁ」





282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 01:16:59.42 ID:NyQaFZNB0
咲世子「それで、大丈夫なのですか?」

ジェレミア「何がだ!?」カションカション!

咲世子「落ち着いてください。左目の部分の開閉速度が異常ですよ」
ジェレミア「落ち着けるものか! 高速ウインク!」カションカション!
咲世子「……意外と冷静なのですね」
ジェレミア「全く落ち着いてなどおりませんですよ!」カションカション!
咲世子「……」

咲世子(面倒がなさそうだと思ったのだけれど……)

咲世子(最も面倒な人物だったみたい)

ジェレミア「! これはルルーシュ様にもウケるのでは!?」カションカションカションカション!





283 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 01:21:19.67 ID:NyQaFZNB0
ジェレミア「……またネタが一つ増えた。感謝する」

咲世子「……結局落ち着くまで時間がかかりましたね」

ジェレミア「まあ、あまり気にするな」カション!
咲世子「それは貴方のセリフではありませんし、開閉音は気になります」
ジェレミア「ふむ、このネタは控えることにしよう」
咲世子「……はぁ」

ジェレミア「それで、結局どうするのかな? モノの方には問題がなさそうだが」

咲世子「……」

咲世子「……この際ですし、練習はさせてもらいます」

咲世子(そうでもしないと、損をした気分になってしまうもの)





284 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 01:27:12.48 ID:NyQaFZNB0
咲世子「それでは、まず手で」
ジェレミア「ワタシはどうすればいいかな?」
咲世子「そうですね、何分私が初心者なので……」
ジェレミア「ふむ、ならばワタシがベッドに仰向けに寝るというのでどうか」
咲世子「そのあたりのことは、ご指示に従います」

ジェレミア「……ふむ、メイドにこのようなことを命じるとは
    中々悪くないものだな」

咲世子「そうですか。今までそのようなことはなさらなかったので?」

ジェレミア「見損なうな。これでもワタシはブリタニアの貴族だったのだぞ」

咲世子「……そうですね」
ジェレミア「……まあいい」

ギシッ…!

ジェレミア「ほら、横になったぞ」

咲世子「はい。では……」





285 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 01:31:29.01 ID:NyQaFZNB0
ジェレミア「……? どうした」
咲世子「……いえ、この視点から見る光景があまりにも」

ジェレミア「ははは、官能的か」

咲世子「……むしろ、柑橘的と言えばいいんでしょうか」

ジェレミア「……」
咲世子「……」

ジェレミア「……存外にワタシの心は傷つき血を流しました」
咲世子「……失礼しました」





286 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 01:35:59.60 ID:NyQaFZNB0
ジェレミア「……しかし……」
咲世子「? どうかしましたか?」

ジェレミア「まだ成長期前か? 見上げる視線は良いのだが、
    胸が少し足りていないように思える」

咲世子「……いえ、これでも25です」

ジェレミア「……」
咲世子「……」

ジェレミア「……お、オレンジでも詰めるかね?」
咲世子「……自虐してまでフォローをしなくて結構ですよ」





287 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 01:39:25.59 ID:NyQaFZNB0
人減ったし、ちょっとゆっくりする




288 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 01:40:25.63 ID:oycnNjfe0
おk、がんばれ




291 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 01:54:03.03 ID:NyQaFZNB0
こういうの書ける変態来い!

ジェレミア「さて、どうするのかね?」
咲世子「はい、まずは手でしようと思っています」
ジェレミア「やり方は?」
咲世子「知識なら、豊富に」
ジェレミア「……不安がアンニュイ」

咲世子「……では、いきます」

ぎゅうっ!

ジェレミア「これは拷問ですか!?」
咲世子「あ、あら? おかしいわね……」

ぎゅっ、ぎゅっ!

ジェレミア「待って、待機! それは牛のお乳では違います!」





292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 01:55:32.88 ID:Wv4iLck/0
>>291
牛のお乳wwwwwwwwwwwwwwwwwwww




293 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 01:56:39.78 ID:oycnNjfe0
ご心配なく
2リットル搾乳したら自動で離れます




294 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 01:58:15.15 ID:NyQaFZNB0
咲世子「やはり、視覚効果を狙わないと駄目なのかしら?」
ジェレミア「い、痛い! おねが! 止ま!」

ぎゅっ、ぎゅっ!

咲世子「……仕方ありません」チラッ
ジェレミア「黒ですね! ガーターベルトですね! 痛いです! 強力です!」

ぎゅっ、ぎゅっ!

咲世子「……中々大きくならないわ」

ぎゅっ、ぎゅっ!

ジェレミア「オレッ! オレッ! オレッ! オレッ!」




295 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 01:59:15.93 ID:VzSutbTv0
ジェレミア卿wwwww死んだろこれwwwwww




296 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 02:04:59.35 ID:NyQaFZNB0
ジェレミア「……お」

ジェレミア「オレンジじゃないんですぅ!」

咲世子「気が付きましたか?」
ジェレミア「わ、ワタシは一体……」
咲世子「はい、突然気を失われてしまったので
    介抱をさせていただきました」
ジェレミア「ふむ。記憶回路に多少の損傷が感じられるが礼を言っておこう」

咲世子(……助かったわ)

ジェレミア「……そうか。中々見所のある女性だな、キミは」
咲世子「いえ、当然のことをしたまでですから」
ジェレミア「はっはっは! 謙遜することはないぞ!」





297 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 02:08:44.30 ID:NyQaFZNB0
ジェレミア「さて、続きをしようか」
咲世子「よろしいのですか?」
ジェレミア「これも感謝を表現するためだ」
咲世子「ありがとうございます。しかし、その前にこれを……」

そっ…

ジェレミア「む、タオル? 寝汗でもかいていたかね?」
咲世子「いえ、汗ではなく。サクラダイト的なものが少々」
ジェレミア「む?」フキフキ

ジェレミア「……ぬ、ぬおおおおっ!?」

咲世子「拭き終わったら、タオルはこちらにお渡しください」
ジェレミア「ふ、不幸せだが理解」





298 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 02:13:17.83 ID:NyQaFZNB0
来ないか

ジェレミア「では、仕切りなおしといこうか」
咲世子「はい、お願いします」

ジェレミア「まずは手だったかな?」

咲世子「……いえ、とりあえず本来の目的である口で」

ジェレミア「い、いきなり口でとは大胆だな。
    日本の女性はひかえめだと聞いていたが……」

咲世子「それは……ほほほ、なんでもありません」





299 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 02:18:39.51 ID:NyQaFZNB0
咲世子「……それでは」

ぎしっ…

ジェレミア「……ああ」

ジェレミア(むう、相手がイレブンとは言え、この光景は中々に扇情的だ)

ジェレミア(メイド服か。これはルルーシュ様に報告しておくべきだな)

咲世子「……んほっ」
ジェレミア「……くお」

ジェレミア(いきなりくわえるとは!)

ジェレミア(それに、このメイドの口内の熱さは何だ!?)

咲世子「! お、お……」
ジェレミア「?」





300 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 02:22:11.17 ID:NyQaFZNB0
ジェレミア「どうした? 何か……」

咲世子「お、オレンジ!」

ジェレミア「お、おお、オレンジだとぅ!?」
ジェレミア(なんだこの女は!?)

咲世子「これはまさしく、オレンジ味!」

ジェレミア「……何?」
咲世子「何故なのですか!? どうして貴方のモノはオレンジ味が……」
ジェレミア「なんと!? それは……」
咲世子「本当です! しかも……す、すごく美味しいんです」
ジェレミア「まさか……」

ジェレミア「このキンカンが原因か!?」

ぽろりーん♪





301 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 02:28:21.01 ID:NyQaFZNB0
ジェレミア「バトレーっ! お前はワタシに恨みでもあったのか!?」
咲世子「いえ、むしろ感謝しても……」

ジェレミア「そのような機能、ラクシャータ殿に言って無くしてくれる!」

咲世子「!? いけません!」
ジェレミア「? はて、何故だ?」
咲世子「……もしかしたら、勘違いかもしれませんから」
ジェレミア「ふむ。確かにその可能性の方が高くはあるな」
咲世子「……」

咲世子「ですから、もう少し検証が必要だとは思いませんか?」

ジェレミア「おお、協力してくれるのか?」
咲世子「……ええ、勿論」





304 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 02:35:33.55 ID:NyQaFZNB0
咲世子「では……んふっ」
ジェレミア「お、おお……!」
咲世子「んっ、ちゅっ、んんっ、ふっ!」

くぽっ、じゅっ、じゅぽっ!

ジェレミア「お、おおおっ!?」

ジェレミア(ほ、本当に初めてなのか!?)

ジェレミア(少々歯が当たるものの、搾り取られそうだ!)

ジェレミア(NINJYA……恐るべし!)

咲世子「んふっ、ん、んんっ、ふっ!」

咲世子(このオレンジ味……クセになりそう……!)





305 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 02:42:26.82 ID:NyQaFZNB0
咲世子「んぶっ、んっ、ちゅうっ、じゅうっ!」

ジェレミア「ぬ、ぬぐううっ!」

ジェレミア(なんという技! こ、このままではもたん!)

ジェレミア(しかし、この短時間で達してしまってはブリタニア貴族の名折れ!)

ジェレミア(何か……何か策は……!)

  ・  ・  ・

バトレー『このワンピース、似合うかな?』

  ・  ・  ・

ジェレミア「……」
咲世子「んほっ、おいひ、ふっ、ん!」

ジェレミア(……い、いかん! 一瞬気が遠くなった!)





306 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 02:47:02.70 ID:NyQaFZNB0
咲世子(ど、どうしてこんなに美味しいのかしら!)

咲世子(あっ、この割れ目の部分から濃厚なオレンジ味の汁が……)

咲世子「ちゅうっ!」
ジェレミア「おふうっ!?」

咲世子(ここも気持ちの良いところなのね)

咲世子(……そ、それにしても美味しい)

咲世子(もっと沢山出てこないかしら?)

咲世子「んっ! ふうっ!」
ジェレミア「おうっ! も、もうっ!」





308 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 02:53:48.29 ID:NyQaFZNB0
…じゅぽっ、ぶっ、ぐぽっ!

咲世子「んっ、んぶっ、ふっ!」

ジェレミア「……お、おおおっ……!」

ジェレミア「オレッ!」

びゅぶうっ!

咲世子「んぶっ!?」
ジェレミア「おうっ、なんと!」

びゅるっ、びゅっ、びゅくん!

咲世子「んんっ、んっ、ふうんっ!」
ジェレミア「……おふぅ」
咲世子「……ん……んっ」
ジェレミア「すまん、一声かけるべきだったのだが、あまりの……」
咲世子「……」

ちゅううーっ!

ジェレミア「突然の吸引!? 一声欲しかったです!」





309 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 03:00:27.54 ID:NyQaFZNB0
咲世子「ぢゅううっ」
ジェレミア「こ、これでは忠義が! 忠義が!」カションカションカションカション!
咲世子「うぅ………んっ」

ちゅぽっ

ジェレミア「おふっ!」
咲世子「……ゴクンッ」
ジェレミア「じぇ、ジェレミア・ゴットバルト……生きています」
咲世子「……お」

咲世子「……美味しい……!」

ジェレミア「はて?」

咲世子「なんて美味しいのかしら!」





310 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 03:07:58.34 ID:NyQaFZNB0
咲世子「もう一回……」

ジェレミア「も、もう十分上手いから平気だ、ワタシが保証する!」
咲世子「オレンジ味で美味しかったです。私が保証します」
ジェレミア「な、なんと!? アレまでオレンジ味だったのか!?」
咲世子「それに……練習ですし」

ジェレミア「ピンチはチャンス!? ピンチなのはワタシ!?」

咲世子「あら、もう降参ですか? ブリタニアの貴族ともあろうお方が」

ジェレミア「そ、そんなことは断じてない!」

咲世子「なら、よろしいですよね?」

ジェレミア「む、無論だ! ご奉仕してあげられたいです!」

咲世子「はい、では全力でご奉仕しますね」

ジェレミア「む、むぅ……!」

…カションッ!


おわり





311 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 03:08:21.49 ID:NyQaFZNB0
こんな感じの頼む




312 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 03:11:56.11 ID:Wv4iLck/0
意外と咲世子さんとオレンジの組み合わせいいよなぁwww

ところで天子様のおトイレ事情ってどうなってるの?




313 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 03:20:01.63 ID:NV0Aam650
>>312
朱禁城はどう考えても紫禁城がモデルだよな
ラストエンペラーみるよろし
幼少陛下のうんうんを味見して健康状態を判断するんだぞ




314 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 03:20:43.56 ID:2PhJhAv+0
お前のせいで星刻が天子様のおねしょシーツを侍女から奪い去るヴィジョンが頭から離れなくなったじゃないか・・・




315 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 03:28:13.74 ID:NyQaFZNB0
>>314
そのヴィジョンが気になる
よくわからんから書いて説明してくれないか?




316 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 03:40:24.71 ID:WJHhbTs00
俺の設定ではこんな感じ
星刻はすべてを見通している天才軍師でもあるのだ

天子様「ど、どうしよう。またやっちゃったグスン」

すべてを予知し、しっかり部屋前で待機している星刻

星刻「天子様、どうされましたか?ニヤリ」

天子様「しんくーグスン」

星刻「! 大丈夫です。天子様。私にお任せください」

星刻「まずはお召し物を替えましょうハァハァ」

天子様「しんくー」

星刻「ではこのシーツは私が内密に処理いたしますので」

天子様「しんくーニコリ」

部屋をでる星刻

星刻「すうぅぅぅぅぅぅぅ・・・・・・ナイススメル!!!」


俺が変態なんじゃなくて星刻が変態なんだぜ




317 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 03:43:26.10 ID:Wv4iLck/0
朱禁城はいつ見ても失禁城に見えて困る
あと中華はトイレに入るときすっぽんぽんとか聞いたから
星刻と二人っきりでいる時とか

天子様「あっあの、星刻……そのぅ(モジモジ)」
  星刻「どうなさいましたか?天子様」
天子様「さっき飲み物をいっぱい飲んだから……行きたくなってしまって…」
  星刻「?…ああ、それならば女官を呼びましょう」

~5分経過~

天子様「だっ駄目…もう我慢できないの……しっしんくーが脱がせてぇ(涙目)」
  星刻「(ktkr!!)私のようなものが天子様のお召し物を脱がすなど……」
天子様「お願いッもうッもうッしんくぅうう」
  星刻「それでは(天子様の柔肌ハァハァ)」
天子様「ひうっ!?あっふあぁああん…チョロチョロチョロチョロ…わっわたしぃ…わたしぃ」
  星刻「もっ申し訳ありません天子様ッ(お漏らしする天子様かわえぇえええ)」
天子様「ふあっしんくーみないでぇ…ひくっひくっ」
  星刻「落ち着いて下さい天子様、私がきれいにしてさしあげます」
天子様「えっ?……だめぇしんくぅ、そこ汚いよう……ふぁあ」
  星刻「天子様に汚いところなどありませんとも、むしろこの世のなによりも清浄です」
天子様「しん…くぅう……ひゃんッ」


  香凛「星刻さま、後武運を祈ります」


こうだな、間違いない




321 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 04:18:52.87 ID:2PhJhAv+0
天子様が洋式便所に戸惑う感じのを早く・・・




322 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 04:33:33.93 ID:WJHhbTs00
>>321
だめだ何も出てこない
星刻がうそ教えて変な(エロイ)体勢でおしっこしてる姿MOEEEEEE
までは浮かんだけど文章にならん




324 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 05:53:33.48 ID:MRlNQ/KJ0
保守




334 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 11:08:39.89 ID:Ye/9AxElO
携帯だが長文になってしまった
投下して良いだろうか?

ちなみに奴隷C.C.とルル





335 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 11:13:18.94 ID:GftXx9Ik0
>>334
ほしいほしいわっふる!




346 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 12:51:12.26 ID:Ye/9AxElO
C.C.「あの、ご主人様」

ルルーシュ「ん?」

C.C.「これはなんですか…?」

ルルーシュ(洋式トイレ…、そうか)

ルルーシュ(こういうのも知らないんだな)

C.C.「ご主人様?」

ルルーシュ「ああ、ごめん。これはトイレだ」

C.C.「トイレ?これがですか?」

ルルーシュ「そうだ。これに座って…」





347 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 12:53:20.70 ID:Ye/9AxElO
すまん。邪魔してしまった。
今から投下する





348 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 12:56:04.57 ID:Ye/9AxElO
>>346の続き

ルルーシュ「…を、すればいいんだ」

C.C.「? 何をですか?」

ルルーシュ「…を」

C.C.「あのわかりませ…」

ルルーシュ「言えるかっ!それくらい察っしろ!!」

ビクン

C.C.「ごめんなさいっ!!ごめんなさいっ!!」

C.C.「だから、ヒドイことしないで…」




349 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 12:57:22.16 ID:Ye/9AxElO
ルルーシュ「…っ、悪かった。ごめんな」

ルルーシュ「話を戻すぞ」

C.C. コクコク

ルルーシュ「これに座って、排泄物。いわゆる」

ルルーシュ「尿、糞。ウンチやおしっこ」

ルルーシュ「はたまた、小便、大便をすれば良いんだ」

C.C.「……ご主人様」

ルルーシュ「何だ?」

C.C.「不潔です…」





350 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 12:59:23.49 ID:Ye/9AxElO
ルルーシュ「お前っ…!」

C.C.「ヒッ…!ゴメンなさい!」

ルルーシュ「いや、俺が悪かった」

C.C.「えと、じゃあ」

C.C.「します、ね」ヌギヌギ

ルルーシュ「ば、バカ!いま脱ぐな!」

C.C.「ゴメンなさ…!!」

ルルーシュ「良いから!俺が外に出てからにしてくれ!」バタン!





351 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 13:00:27.06 ID:Ye/9AxElO
ルルーシュ(ダメだ…)

C.C.「ん……んっ……!」

ルルーシュ(想定以上に疲れる…)

C.C.「~~~~~っ!!」

ルルーシュ(可愛いが、やはり前のほうが)

C.C.「はあぁぁぁ~~……」

ルルーシュ(良かった気がする)

C.C.「…………ふぅ」

ルルーシュ「終わったか?」





352 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 13:01:24.49 ID:Ye/9AxElO
C.C.「はい」

ルルーシュ「そうか。じゃあ…」

C.C.「あの、ウォシュレットって?」

ルルーシュ「ああ、それはお尻を綺麗にするんだ」

C.C.「そうなんですか?」

ルルーシュ「押していいよ」

C.C.「は、はいっ!」 カチッ ウィーン シャー

C.C.「…ぁっ」





353 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 13:03:57.27 ID:Ye/9AxElO
C.C.(気持ちい…)

C.C.「はあ…あぁ…ん、ん」

C.C.「ああ……んふ…」

ルルーシュ「綺麗になっただろ?」

C.C.「はいぃ…。気持ち良いですぅ…」

ルルーシュ「は?お前何やって」

C.C.(もう、いいや…止めよ)

C.C.「!!!」

C.C.「ごしゅじんさまぁ~、とめれません~」





355 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 13:08:06.15 ID:Ye/9AxElO
ルルーシュ「何!!壊れたのか!?」

ルルーシュ「まさか、壊したのか!!?」

C.C.「ゴメンなさい!!ゴメンなさい!!」

C.C.「止め方が分かりません~!」

ルルーシュ「書いてあるだろ!そこに!」

C.C.「読めないです~!」

ルルーシュ(ウォシュレットは読めたのに)

ルルーシュ(STOPが読めれないだと!!)

ルルーシュ(魔女がドジっ娘になったこと)

ルルーシュ(これほどとは!!!)




356 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 13:11:30.61 ID:Ye/9AxElO
ルルーシュ「~~、おい!開けるぞ!!」 ガチャ

C.C.「キャアアァァアアア!!!」

ルルーシュ「騒ぐなっ!」

C.C.「ご主人様の変態~~!!!」

ルルーシュ「誤解を招く言い方は止めろ!!」 ピッ プシュー

C.C.「ふぇ、ぁ…、止まった…」

ルルーシュ「このボタン押したら」ゼェゼェ

ルルーシュ「止まるから…」

C.C.「え、あ、はい」

C.C.「ありがとうございます…」





357 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 13:13:22.62 ID:Ye/9AxElO
ルルーシュ「これからは一人で」

ルルーシュ「トイレに行けるな?」

C.C.「え、でも…」

ルルーシュ「どうした?」

C.C.「寂しいから、いいですか」

C.C.「ついて来てもらっても」

ルルーシュ「…わかったよ」

C.C.「!! ありがとうございます!」

C.C.「ご主人様!」ニッコリ

~終~





358 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 13:14:34.96 ID:J4W0M0gi0
最後はあえてニヤリでよかったんじゃないか?ww
おつ




359 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 13:14:54.18 ID:Ye/9AxElO
すまない。オチが思いつかなかった。ROMに回るとしよう




360 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 13:17:14.92 ID:1xincN1N0
乙ー




364 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/31(木) 13:48:00.59 ID:J4W0M0gi0
ええい、書き手は居らんのか!









C.C.「ウォシュレット?」 続き
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking livedoor Blog Ranking

この記事へのコメント
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://minaminoxxxsummer.blog49.fc2.com/tb.php/168-81bc1958
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。