戯言ニュース

ほとんどVIPのまとめ。

HeadLine
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リヴァル「あ、アーニャからメール・・・?」
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/27(日) 22:27:04.62 ID:BLZxL2KQ0
そんなことよりレモンジュース飲もうぜ




3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/27(日) 22:34:28.99 ID:3tu4woJz0
>>1にはがっかりした




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ リヴァル「あ、アーニャからメール・・・?」
4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/27(日) 22:42:36.10 ID:BLZxL2KQ0
リヴァル「いったいなんだろ・・・」



だめだ思いつかない





7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/27(日) 22:51:17.23 ID:2ytvPTZIO
イイヨーイイヨー




8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/27(日) 23:02:02.23 ID:BLZxL2KQ0
リヴァル「俺アドレス教えたっけ?」

本文
―――――――――――――――
スザクにアドレス教えてもらった
登録よろしく


リヴァル「・・・意外に淡白な内容だな いつも携帯触ってるのに」

リヴァル「さすがにこれは返信しとかないとまずいよなー」

本文
―――――――――――――――
了解しました
恐れ多いですが登録させていただきます

リヴァル「こんなもんか かしこまりすぎな気もするけど、しかたないよな」

リヴァル「送信・・・っと」

prrrrr!prrrrr!

アーニャ「っ!? 来た!」




9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/27(日) 23:07:46.57 ID:BLZxL2KQ0
アーニャ「内容は・・・むぅ・・・敬語いらない」

アーニャ「敬語はやめて あなたのほうが年上。。。こんなものかな」

アーニャ「とりあえず送信」

prrrrr!prrrrr!

リヴァル「うわー 返ってきちゃったかー・・・憂鬱だ」




12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/27(日) 23:19:43.43 ID:BLZxL2KQ0
リヴァル「敬語はやめてって・・・ナイトオブラウンズ相手にそりゃ厳しいでしょ~」

リヴァル「んー どうするかなー スザクに相談してみるか?」

リヴァル「いやだめだ 無駄な自分話で5時間は取られてしまう」

リヴァル「かといってなー どう返信したらいいかわかんねーよー」

リヴァル「とりあえず無難にわかったって返信しとくか どうせメールもすぐ飽きるだろうし」

本文
―――――――――――――――
あいよ~
なんだかアーニャに言われると変な気分になるなw
敬語だと少し話しづらかったからありがたい
よろしくな!

リヴァル「流石に生意気すぎか? いやコレくらいなら大丈夫・・・しかし・・・だけど相手は敬語やめてって言ってるんだし(ry」

以下しばらく葛藤




アーニャ「・・・返事が遅い」




17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/27(日) 23:27:33.34 ID:yRvbzT0eO
五時間もとられるとはウザいな




32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/27(日) 23:55:32.03 ID:BLZxL2KQ0
リヴァル「結局送ってしまった・・・学校で泣かされたりしないよな」

リヴァル「・・・何で俺女の子に怯えてるんだろ」

prrrrr!prrrrr!

アーニャ「ひゃっ!? ・・・ネットしてるときに送ってこないでよ びっくりする」

アーニャ「まぁいいわ 中身は・・・おぉ なかなかいい感じ さすがリヴァル」

アーニャ「いつまでたってもうざいあいつとは違う」

アーニャ「返信どうしようかな ラウンズ以外とは、あんまりメールしたことないから難しい」

アーニャ「あんまり意識しないように・・・」

本文
―――――――――――――――
よろしくね
リヴァルとメールできてすごく嬉しい
ジノの携帯が壊れてから、メールが苦痛でしかなかったから
ところでリヴァルには好きな人とかっているの?

アーニャ「完璧・・・ 自然なメール さりげなく好きな人も聞きだそうとしてるし」

アーニャ「さっそく送信」

prrrrr!prrrrr!

リヴァル「き、来たっ!?」




38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 00:08:31.37 ID:CnOZC3sN0
リヴァル「どうか穏便なメールでありますように・・・ん?」

リヴァル「俺とのメールが嬉しい? なんで? そんなに喋ったことは・・・」

リヴァル「あぁ ジノさんの携帯が壊れてるのか まだ友達もあんまり出来てないだろうしなー」

リヴァル「アーニャってスザクとはメールしてないのかな ラウンズ同士なんだからそっちでしてもいいだろうに」

リヴァル「って好きな人ぉ!? いやいやいやいや 何でアーニャが!? もしかして知ってるのか!?」

リヴァル「・・・もしかしてこれは単なる暇つぶしなのか? 知っている上で聞いて楽しんでるとか」

リヴァル「いやでもアーニャがそんなことをするとは思えないし」

リヴァル「・・・知らない上での暇つぶし これしかありえない というかそうじゃなかったら泣ける」

リヴァル「好奇心ってやつかなぁ お嬢様はよくわからん」

リヴァル「ま 一応ココははぐらかして送っとくか 知らなかったら洒落になんないし」

リヴァル「送信~」

prrrrr!prrrrr!

prrrrr!prrrrr!

prrrrr!prrrrr!


アーニャ「・・・zzz」




43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 00:19:49.62 ID:CnOZC3sN0
リヴァル「・・・返ってこないな 寝ちゃったのかな」

リヴァル「まぁもう結構遅いしなー 俺も明日は朝から会長のお手伝いだし、もう寝るかな」

リヴァル「にしてもアーニャかぁ・・・明日学校で話しかけてみるか 今日の様子なら何とかいけるでしょ」

リヴァル「よし 寝よう!」

--------------------

アーニャ「っ!? 眠っちゃった! 返信は・・・」

アーニャ「3時間前・・・か さすがにもう寝てるよね」

アーニャ「やっちゃった・・・リヴァル怒ってないかな・・・」

アーニャ「明日学校で見かけたら謝ろう・・・」



アーニャ「ていうか中途半端に寝たから寝れない・・・ネット巡ってよう」




48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 00:33:53.44 ID:CnOZC3sN0
次の日

ミレイ「リヴァル~ あの資料ヴィレッタ先生まで届けといてー」

リヴァル「了解! ひとっ走りいってきまーす!」

ミレイ「そんなに急がなくていいわよ 気をつけてね~」

リヴァル「(会長から心配されてる!? やべぇ ニヤニヤがとまらねえええ!!)はい!ご心配なさらず!」

~窓の外~
アーニャ「むぅ・・・リヴァルにやけてる・・・話しかけづらいな それになんだか胸が苦しい」

アーニャ「寝不足かな・・・結局寝てないからな 保健室行こう リヴァルに謝るのはそのあと」

リヴァル「あーさーもよーるも♪(やべえええええ! やっぱ顔がにやけちまう! 帰りに保健室で氷もらってこよう 少しはニヤケが引くかも!)」

ルル「・・・なぁシャーリー」

シャリ「んー?」

ルル「リヴァルが歌を歌いながら廊下を爆走しているんだがあれは」

シャレ「気持ち悪いね」

ルル「!? いやでも何かいいことがあったかもしれないじゃないか! 会長関連のこととか」

シャル「気持ち悪いね」

ルル「・・・うん・・・そうだね」




52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 00:44:19.76 ID:CnOZC3sN0
アーニャ「・・・zzz」

ガラ
リヴァル「せんせー 氷ちょーだ・・・って誰もいねえー 名門校がこれでいいのかよ」

リヴァル「しゃーねー 自分で拝借するか たしか氷は女子ベッドの横・・・あれ? 誰か寝てる? まじかよ 起こさないようにいかなきゃ」

リヴァル「しかし朝っぱらから寝てるとは・・・なかなかすごいな どれ顔を拝見しておきましょうかね」

リヴァル「なんかあの髪色に若干見覚えがあるようなないような・・・」

リヴァル「あいつならこんな時間から寝てても何の違和感もないし」

リヴァル「これはもしかして・・・ええい!いくと決めたんだから突っ走るぜ!」(ダッシュ

ガン!

リヴァル「・・・あれ? 何でこんなところに携帯が ちょ・・・!? 突っ込むっ!」

アーニャ「・・・・・・んぅ・・・」

リヴァル「うぎゃあああああああああ」

アーニャ「あ リヴァルだ」

リヴァル「よけてえええええええ」



おわり





53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 00:45:26.88 ID:CnOZC3sN0
という名のうんこ




54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 00:46:01.74 ID:3YTKAWT/O
終わるなwww




56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 00:50:33.16 ID:HGly+hZn0
なんだこれww




81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 01:42:19.25 ID:CnOZC3sN0
リヴァル「っぷはぁ・・・あっぶねー アーニャに当たるとこだった」

アーニャ「(リヴァル近い・・・) 何で突っ込んできたの?」

リヴァル「い、いやあのですねっ!? こんな早い時間から寝てるなんて珍しいなと思いまして!で、ですから誰であるか確認したく(ry」

アーニャ「敬語」

リヴァル「へ?」

アーニャ「やめてって昨日言った」

リヴァル「あ、あぁ! そっか ごめん! 突っ込んだのもごめん・・・わざとじゃないんだ!絶対に!」

アーニャ「うん わかってる リヴァルそんな子じゃない・・・でもね」

リヴァル「でも?」

アーニャ「一つだけ言わせて欲しいことがあるの とてもとても大事なこと」

リヴァル「大事なこと?」

アーニャ「そう 昨日からずっと言わなきゃって思ってたの」

リヴァル「な、何?」

アーニャ「えっとね その・・・」


アーニャ「保守」




94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 02:07:04.97 ID:CnOZC3sN0
リヴァル「・・・それが言いたかったの?」

アーニャ「うん 昨日寝ちゃったし、申し訳ないと思って」

リヴァル「ハ、ハハ そうなんだー ハハ(意味わかんねぇ・・・)」

アーニャ「よし すっきりした ところでリヴァルは何しに来たの? 寝にきたの?」

リヴァル「いや おれは頭を冷やすために氷を」

アーニャ「そっか 外暑いもんね でもクーラーが効いた保健室で休めば、一発だと思うんだけど」

リヴァル「そう出来るならそれでもいいんだけど、残念ながら今はアーニャーの寝てるベッドしかないんだよ 全部洗濯中なの」

アーニャ「ふむ・・・」(ポンポン

リヴァル「・・・いやいやいや なんで自分のベッド叩いてるの? この展開はまさか一緒に」

アーニャ「一緒に寝ようよ」

リヴァル「予想通りいいいいいいいいい!! ごめんなさい!無理です!恐れ多すぎて出来ません!」

アーニャ「リヴァルなら大丈夫」

リヴァル「大丈夫って言われても・・・」

アーニャ「ちょっとだけでもいいから」

リヴァル「・・・・・・本当にちょっとだけですか?」




98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 02:19:12.83 ID:CnOZC3sN0
アーニャ「うん 長くなったら迷惑かかるし」

リヴァル「そこまで考えていただかなくても・・・」

アーニャ「敬語」

リヴァル「あ ごめん ・・・なら少しだけお邪魔してもいい?」

アーニャ「うん 写メ撮ろう?」

リヴァル「それだけは勘弁 会長に見つかったら・・・」

アーニャ「(ムスッ) へー ミレイに見られるとまずいんだ へー」

リヴァル「あ、あれ? アーニャなんか怒ってない? 別にそこまで深い意味は」(グイ

リヴァル「うぉっ!?」

アーニャ「ならいいや 寝よ」

リヴァル「ちょ・・・まだいろいろ心の準備とかが」

アーニャ「・・・zzz」

リヴァル「・・・えー まじですか 早いなー ・・・・・・しゃーない 俺も寝ちまうか」

リヴァル「・・・おやすみ」


アーニャ「・・・///」




101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 02:21:22.17 ID:CnOZC3sN0
寝よう
乙!





102 名前:見返りがほしいなら最初から将棋やってない ◆BAKAD0dLtU :2008/07/28(月) 02:22:16.57 ID:oQUhlgBFO
>>101
お疲れ

また書いてくれ




10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/27(日) 23:16:11.22 ID:XekqadpY0
乗っ取ってやる




11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/27(日) 23:19:15.65 ID:XekqadpY0
リヴァル「何の用なんだ、一体?」

リヴァル「……」

リヴァル「……まあ、考えてもしゃあないか!」

リヴァル「はいはい何でしょうか? っと」

こんばんわ

明日は暇?

リヴァル「……はぁ?」

リヴァル「確かに暇っちゃ暇だけど……」

リヴァル「……」

リヴァル「あ~……こういうメール、どう返信すりゃいいか困るんだよな」





14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/27(日) 23:22:00.45 ID:XekqadpY0
リヴァル「あ~……う~……」

リヴァル「……」

リヴァル「……ったく、ラウンズがなんで俺の予定を聞くんだよ!」

リヴァル「……」

リヴァル「そりゃあ、最近遊んだりしてっけど……」

リヴァル「……!」

リヴァル「ま、まさかミレイ会長とのデートをセッティングしてくれてるとか!?」





16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/27(日) 23:25:07.45 ID:XekqadpY0
リヴァル「そうだなそうだな、そうだよな!」

リヴァル「アーニャ自身が俺の昼の予定を知ってどうするってんだ?」

リヴァル「……ぬふふ!」

リヴァル「そんなの、ミレイ会長が絡んでるに決まってるって!」

リヴァル「多分、きっとまた面白いことを……っと、返信しなきゃな」

おい~っす

明日は一日中暇だぜい!

リヴァル「……うん、こんなもんだろ」

リヴァル「送信」




18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/27(日) 23:28:57.93 ID:XekqadpY0
リヴァル「……ああ、返信が待ち遠しいぜ……!」

prrrrr!prrrrr!

リヴァル「きたきた!」

送信者:ジノ

無題

おっす! 明日暇か?

リヴァル「……」

リヴァル「な~んだ、ジノか」

リヴァル「……すまん!」

リヴァル「明日の予定はこらから埋まるんだ!」






20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/27(日) 23:33:28.20 ID:XekqadpY0
リヴァル「返信は……」

リヴァル「まあ、アーニャからの返信を待ってからにするか」

リヴァル「……」

prrrrr!prrrrr!

リヴァル「! きたきた!」

リヴァル「何々?」

やっほー!(^^)/

今日は仕事が忙しくてごめんね><
それで、埋め合わせといっちゃ何だけど明日は暇かな???
多分リヴァルは暇してるかと思って(笑い)←ゴメンゴメン
返事待ってま~す!^^

リヴァル「……」

リヴァル「な~んだ、スザクか」

リヴァル「まあ、ホントだったら話に乗るんだけどよ」

リヴァル「……すまん!」




22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/27(日) 23:36:25.38 ID:eLuxMbZ80
テンションうぜぇ…




23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/27(日) 23:36:30.84 ID:XekqadpY0
prrrrr!prrrrr!

リヴァル「今度は誰だ?」

リヴァル「今度こそ……」

送信者:アーニャ

リヴァル「ビンゴ!」

リヴァル「何々?」

無題

私も暇。奇遇だね

リヴァル「……」

リヴァル「意味わっかんね~ぞ、これ」

リヴァル「……」

リヴァル「なんて返しゃいいんだ?」





24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/27(日) 23:38:21.92 ID:XekqadpY0
リヴァル「……とりあえずジノに返信しとくか」

リヴァル「……」

リヴァル「ん~……」

無題

多分暇になるかも?
わかったらメールするわ!

リヴァル「まあ、こんなもんかな」

リヴァル「送信」





26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/27(日) 23:41:50.30 ID:XekqadpY0
リヴァル「スザクには、っと」

リヴァル「ん~……」

おいっす!

そんなの気にすんなって
お疲れ様!
まだわからないから、分ったらメールするわ
手間取らせて悪いな

リヴァル「……こんなとこかな」

リヴァル「送信、っと」

リヴァル「……」

リヴァル「しっかし、仕事なら仕方ないのにスザクって良い奴だよな~!」




28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/27(日) 23:45:05.52 ID:XekqadpY0
リヴァル「さて、と……」

リヴァル「……」

リヴァル「まあ、わかんねえなら聞くしかないよな」

リヴァル「んん~っ……!」

無題

でも、いきなりどうしたん?

リヴァル「……」

リヴァル「まあ、多少砕けた感じだけどいいだろ」

リヴァル「送信、っと」





29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/27(日) 23:49:16.75 ID:XekqadpY0
prrrrr!prrrrr!

リヴァル「お、返信きたな」

リヴァル「誰かだだ~?」

送信者:ジノ

おう、暇になったらメールくれ!
ビックリさせてやるからさ!

リヴァル「へ~、ジノがビックリさせるって何なんだろう?」

リヴァル「むう~っ、楽しそうだけど……」

リヴァル「……」

リヴァル「まあ、返すのは他の二人の返信を見てからだな」





30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/27(日) 23:52:13.69 ID:XekqadpY0
prrrrr!prrrrr!

リヴァル「お、今度は……」

送信者:アーニャ

リヴァル「あ~……まあ、ね」

リヴァル「何々?」

無題

ビックリさせようと思って

リヴァル「……お」

リヴァル「おおおっ!?」

リヴァル「こ、これはマジでミレイ会長関係なんじゃないの!?」





31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/27(日) 23:53:04.54 ID:pqOBwW1f0
アーニャから来た時点で充分サプライズだわ




33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/27(日) 23:56:16.71 ID:XekqadpY0
リヴァル「これは俄然やる気で出てきたんですけど!」

リヴァル「こりゃすぐ返信しなきゃ!」

無題

そういう事なら、喜んで!
明日の何時くらいから?

リヴァル「……」

リヴァル「ぬふふ!」

リヴァル「ラウンズが恋のキューピットかぁ~!」

リヴァル「夏なのに春が来ちゃって、いいのかな俺ってば!」





35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 00:01:58.88 ID:8XRy0Y5F0
リヴァル「そんじゃ送信、っと!」

リヴァル「……」

リヴァル「……しっかしジノのビックリって何だったんだ?」

prrrrr!prrrrr!

リヴァル「っと、これは多分……」

送信者:スザク

実はね!

ジノとアーニャと相談して、
海に行かないかってことになったんだ!↑↑↑
それでよければリヴァルも、ってね^^b
あ、僕が先に言ったって二人には内緒にしてね?(爆)

リヴァル「……」

リヴァル「あ~……そうか、そういうことだったのね」

リヴァル「……」

リヴァル「……どうすっかなぁ、返信」





37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 00:06:06.44 ID:8XRy0Y5F0
リヴァル「とりあえずスザクに……」

リヴァル「……」

リヴァル「しっかし、アイツの無邪気なところにも困ったもんだぜ」

リヴァル「良い奴すぎるってのも困りもんだよな~」

おおっ!

そんなら予定を空けないとな!
道具とかは何持ってきゃいい?

リヴァル「……」

リヴァル「ま、こんなとこだろ!」

リヴァル「送信、っと」





39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 00:08:52.62 ID:8XRy0Y5F0
リヴァル「後の二人には……」

リヴァル「……」

リヴァル「あ~! もうちょい気軽に話せる仲だったらなぁ!」

リヴァル「……」

リヴァル「……まあ、仕方ねぇか」





40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 00:13:23.85 ID:8XRy0Y5F0
じぶんをーせかーいーさーえーもー♪

アーニャ「返信きた」

アーニャ「……」

無題

そういう事なら、喜んで!
明日の何時くらいから?

アーニャ「……」

アーニャ「明日は成功しそう?」

アーニャ「……成功、するね」

アーニャ「……」

アーニャ「海、ビックリ」





41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 00:17:03.17 ID:8XRy0Y5F0
アーニャ「……」

アーニャ「最近暑いし、きっと喜ぶ」

アーニャ「……」

アーニャ「しかも、海って言ってないから喜びは二倍」

アーニャ「……」

アーニャ「……三倍?」

アーニャ「……」

アーニャ「……喜ぶ顔が楽しみ」





44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 00:20:07.15 ID:8XRy0Y5F0
リヴァル「しっかし、困ったもんだぜ」

リヴァル「……」

リヴァル「まさかラウンズ三人と海とはな~」

リヴァル「スザクは良いけど……」

リヴァル「……」

リヴァル「……憂鬱だわ」


おわり





45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 00:20:53.44 ID:pGFGJtHb0
なんと




46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 00:20:57.47 ID:CnOZC3sN0
ちょwwwwwww終わりってwwwwww




47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 00:23:48.67 ID:qA4+cdxM0
これは予想外




50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 00:37:50.25 ID:WRueZOV70
>>44
終わったw





55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 00:46:55.63 ID:WRueZOV70
二人とも終わってしまったwww





57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 00:55:45.10 ID:CnOZC3sN0
誰か書いてくだしあ




58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 00:57:35.95 ID:8XRy0Y5F0
>>57
馬鹿っぽいのが良いかい?
それとも、
「関係~ないけど~♪」の方がお好みかな?





61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 01:03:59.02 ID:CnOZC3sN0
>>58
後者で




62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 01:07:29.56 ID:8XRy0Y5F0
もうこういうの勘弁な

C.C.「今日は涼しいな」




64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 01:08:55.93 ID:8XRy0Y5F0
C.C.「これならクーラーをつけなくても平気そうだ」

C.C.「……」

C.C.「いや、どうだろう?」

C.C.「……」

C.C.「関係~ないけど~♪」





65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 01:10:52.68 ID:8XRy0Y5F0
C.C.「あ~……」

C.C.「……」

C.C.「一度文化の味を覚えてしまうと駄目だな」

C.C.「……」

C.C.「それに、涼しいといってもクーラーには敵わん」

C.C.「……ちょっと冷やしすぎたか」

C.C.「……」

C.C.「毛布、最高」





66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 01:13:46.84 ID:8XRy0Y5F0
C.C.「……」

C.C.「……ふふっ」

C.C.「真夏の夜にクーラーをかけて毛布を使う、か」

C.C.「……」

C.C.「これが贅沢というものだな、うん」

C.C.「……」

C.C.「……ん?」

C.C.「クーラーからの風が……臭う?」





67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 01:15:47.92 ID:8XRy0Y5F0
C.C.「……!」

C.C.「お、おいおい、困るぞそれは!」

C.C.「まだ夏はこれからが本番だというのに!」

C.C.「……お、お前が死んだら私はどうすれば……」

C.C.「……」

C.C.「と、とにかく様子を見てみるか」

バタバタッ!





69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 01:18:47.89 ID:8XRy0Y5F0
C.C.「何かの間違いであってくれよ……」

C.C.「……頼む!」

…カパッ

C.C.「……」

C.C.「な、なんだこれは!?」

C.C.「……」

C.C.「く、クーラーの中に腐海が広がっている……!」





70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 01:21:55.59 ID:8XRy0Y5F0
C.C.「これは……私一人では手に余る惨状だ」

C.C.「……」

C.C.「と、とにかく増援を呼ばなければ」

C.C.「……」

C.C.「……こういう時こそ役に立てよ、ルルーシュ!」





71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 01:24:24.94 ID:8XRy0Y5F0
C.C.「早急にこの事態をなんとかしないと……」

ポフッ

C.C.「ケホッ!ケホッ!」

C.C.「……す、少し肺に入った!」

C.C.「私が不老不死でなかったら……」

C.C.「……」

C.C.「は、早くメールをしよう」

C.C.「……」

C.C.「クーラーを消してるから、部屋が暖かくなってしまうしな」





75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 01:28:21.40 ID:8XRy0Y5F0
C.C.「しかし、ルルーシュはメールで来るだろうか?」

C.C.「直接部屋に行った方が……」

C.C.「……」

C.C.「部屋の外は暑いからな、うん」

C.C.「それに、このメールを見れば状況がわかるだろうし、急いで来るだろう」

C.C.「……ユ、パ、さ、ま、っと」

C.C.「送信」





76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 01:31:40.45 ID:8XRy0Y5F0
prrrrr!prrrrr!

C.C.「返信きた」

C.C.「何々?」

無題

マルコム・ゲドー

C.C.「……」

C.C.「何を考えているんだアイツは?」

C.C.「なんだこのメールは。意味がわからん」

C.C.「……」

C.C.「ルルーシュには難解だったようだな」





77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 01:33:55.21 ID:8XRy0Y5F0
C.C.「状況は来てもらってから説明すればいいか」

C.C.「……仕方のない奴だ」

C.C.「へ、や、き、て、っと」

C.C.「送信」

C.C.「……」

C.C.「ふふっ!」

C.C.「これじゃあルルーシュの奴が変な勘違いを起こしてしまうかもな」

C.C.「……」

C.C.「さすが私、魔女だな~」




79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 01:37:43.37 ID:8XRy0Y5F0
prrrrr!prrrrr!

C.C.「返信早い」

C.C.「……ふふっ、せっかちさんめ」

C.C.「何々?」

無題

断る
眠い

C.C.「……」

C.C.「……さすがなルルーシュ」

C.C.「そう簡単には下心を見せないつもりか」

C.C.「……」

C.C.「ふふっ、いつまでその強がりがもつかな?」





80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 01:40:58.43 ID:8XRy0Y5F0
C.C.「ルルーシュも男だ」

C.C.「私の魅力をもってすれば、この部屋に呼ぶことなど容易い」

C.C.「……」

C.C.「しかし、アイツはあれで子供っぽい所があるからな」

C.C.「……どうすれば……」

…カサカサッ

C.C.「……ん?」

C.C.「今、何か黒い小さなものが横切ったような……」





82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 01:43:06.75 ID:8XRy0Y5F0
C.C.「あれは一体……」

…カサカサッ!

C.C.「!」

C.C.「あ、あの姿は……」

C.C.「黒くて、小さくて……今は、夏」

C.C.「……」

C.C.「ま、間違いない……!」

C.C.「……」

C.C.「カブト虫だ!」




84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 01:47:10.21 ID:8XRy0Y5F0
コンコンコンコン!

C.C.「おいルルーシュ!」

ココココココココココココ!

C.C.「緊急事態だ!」

ガチャッ!

ルル「ドアを連打するな!」

C.C.「ルルーシュ、網! 網はないか!?」

ルル「は?」

C.C.「ああもう、察しの悪い奴だな!」

ルル「意味がわからんぞ」

C.C.「お前のさっきのメールの方が意味がわからん!」

ルル「何故俺が怒られているんだ!?」





86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 01:51:22.95 ID:8XRy0Y5F0
C.C.「いいから早くしろ、逃げられてしまう」

ルル「逃げる……?」

C.C.「お、それでもいいぞ」

ルル「それとは……ゼロの仮面か?」

C.C.「案外捕まえやすそうだ」

ルル「……待て、何を捕まえる気だ?」

C.C.「説明している時間はない。借りていくぞ」

ルル「あ、おい!」

ルル「……」

ルル「一体なんだったんだ、アイツは……」





87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 01:55:41.84 ID:8XRy0Y5F0
C.C.「くっ、動きが速い!」

…カサカサッ

C.C.「……カブト虫、さすが虫の王といったところか」

…カサカサッ

C.C.「待てっ!」

ガラガラガラッ!

C.C.「ああっ、DVDの棚が!」

C.C.「……」

C.C.「ふふっ、やるじゃないか」

C.C.「戦略にも精通しているようだな」





88 名前:見返りがほしいなら最初から将棋やってない ◆BAKAD0dLtU :2008/07/28(月) 01:57:37.59 ID:oQUhlgBFO
まて…C.C.これは…まさか…




89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 01:59:42.60 ID:8XRy0Y5F0
…カサカサッ

C.C.「むっ、ちょうどピザの箱の上に!」

C.C.「……」

そ~っ…ガポッ!

C.C.「……」

C.C.「ふふっ、やったぞ!」

C.C.「カブト虫、捕獲!」

C.C.「……いや」

C.C.「……ゲットだぜ!」





91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 02:03:09.98 ID:8XRy0Y5F0
コンコン

C.C.「お~い、ルルーシュ~」

ガチャッ

ルル「……今度は一体何の用だ」

C.C.「ふふっ、お前を喜ばせにきてやったぞ」

ルル「は?」

C.C.「……おっと! イヤらしい意味じゃあないからな?」

ルル「おい、俺がそんな事を一言でも口にしたか?」

C.C.「口……!? 童貞ボウヤの欲望は果てしないな」

ルル「ぶっとばすぞ」





92 名前:見返りがほしいなら最初から将棋やってない ◆BAKAD0dLtU :2008/07/28(月) 02:06:03.49 ID:oQUhlgBFO
C.C.違う方向に考えてるwww




93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 02:06:28.12 ID:8XRy0Y5F0
C.C.「まあいいルルーシュ、目をつぶれ」

ルル「何故だ」

C.C.「いいから目をつぶれ。話が進まないだろうが」

ルル「……まあいい」

C.C.「……」

ルル「……」

C.C.「あ、キスとかじゃないからな?」

ルル「話を進めるんじゃなかったのか!?」





95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 02:11:36.23 ID:8XRy0Y5F0
C.C.「さあ、リラックスしろ」

ルル「……催眠術にでもはまったのか?」

C.C.「リラ~ックス、リラ~ックス」

ルル「……」

C.C.「リラ~ックス、リラ~ックス」

C.C.「……さあ、思い出してみろルルーシュ」

ルル「……」

C.C.「楽しかった、少年時代」

ルル「……」

ルル「か、母さん……!」





96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 02:15:04.61 ID:8XRy0Y5F0
ルル「……あ、ああっ……!」

C.C.「あの暑い夏の日」

ルル「……」

ルル「な、ナナリーっ……!」

C.C.「友達と、沢山遊んだ」

ルル「……」

ルル「スザクっ、お、俺は、俺は……!」

C.C.「……さあ、目を開けて良いぞ」パチンッ!

ルル「……」

C.C.「とまあ、そういうことだ!」

ルル「どういうことだ!?」





99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 02:19:47.03 ID:8XRy0Y5F0
C.C.「ふふっ、泣くほど喜ばなくてもいいだろう?」

ルル「うるさい!」

C.C.「おいおいルルーシュ、今は夜だぞ? 静かにしろ」

ルル「お前がそれを言うのか!?」

C.C.「?」

ルル「キョトンとするな!」

C.C.「……あ、思い出したぞ」

ルル「……」

C.C.「ちょっと部屋に来てくれ」

ルル「お、おい! 引っ張るな!」

C.C.「まあ、仮面の中身は一人の時に楽しむといい。置いていくぞ」

ルル「……?」




103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 02:25:08.34 ID:8XRy0Y5F0
C.C.「なんだかんだ言ってクーラー使えるようにしてくれるとは」

C.C.「……ルルーシュは本当にツンデレだなぁ」

C.C.「……」

C.C.「ふふっ!」

C.C.「そのお礼はすでに仮面の下に仕込んであるぞ!」

C.C.「アイツの泣いて喜ぶ姿が目に浮かぶよ」

C.C.「……」

C.C.「関係~ないけど~♪」


おわり





105 名前:見返りがほしいなら最初から将棋やってない ◆BAKAD0dLtU :2008/07/28(月) 02:28:48.35 ID:oQUhlgBFO
>>103
あなたは最高です!

全力で乙!




111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 03:19:06.25 ID:Dfd1v1HyO
誰も・・・いない・・・だと




118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 06:02:09.05 ID:Aj3yRQjv0
ほしゅ




120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 07:11:09.83 ID:7V9pom6e0
アーニャ分が不足してたから助かった




122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 09:59:39.50 ID:CnOZC3sN0
>>98

アーニャ「起きた 雷がひどい」

リヴァル「ふってんなー うぉっ!? でかいぞ!」

アーニャ「っ!? 」(ダキッ

リヴァル「・・・アーニャ?」

アーニャ「・・・・・・」

リヴァル「おーい この体制かなり恥ずかしいぞー?」

アーニャ「・・・別にいい」

リヴァル「いいって・・・それじゃ止むまでな?」

アーニャ「うん ありがと」




123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 10:00:18.79 ID:vXnC4P9w0
すばらしい・・・・・




125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 10:09:48.07 ID:CnOZC3sN0
アーニャ「・・・」

リヴァル「(んー かれこれ3時間か もう止んでるって言ってもいいんじゃないだろうか)なぁ アーニャ?」

アーニャ「・・・」(カチカチ

リヴァル「アーニャさーん?」

アーニャ「やだ」

リヴァル「まだ何も言ってない・・・」

アーニャ「雨は止んでない 止むまではこのままって約束」

リヴァル「いやこれ自体は別にいいんだけどさ そろそろお昼の時間じゃないですか? 食べるでしょ?」

アーニャ「食べる おなかすいた」

リヴァル「よしよし んじゃ離して一緒に食べにいきましょうや」

アーニャ「・・・このままがいい」

リヴァル「へ?」

アーニャ「このまま連れて行って」




132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 10:34:23.70 ID:5jcy1Rin0
アーニャ 可愛い




133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 10:38:31.37 ID:CnOZC3sN0
リヴァル「このままって・・・このまま?」

アーニャ「・・・」(コクッ

リヴァル「抱っこして?」

アーニャ「おんぶまでは許す」

リヴァル「そういうことじゃなくてっ! いくらなんでもまずいでしょう」

アーニャ「なんで?」

リヴァル「なんでって・・・」

アーニャ「ナイトだから気を遣ってるの?」

リヴァル「違う それは絶対ない そうじゃなくて、普通に考えて友達をしかも異性を食堂まで抱えて行くってのは、無理があるでしょうよ・・・」

アーニャ「むぅ・・・へたれ」

リヴァル「そんなことしなきゃいけないなら、まだへたれのほうがいい」

アーニャ「しかたない それじゃここで食べよ?」

リヴァル「おぉ ナイスアイディア んじゃ早速食堂行ってお持ち帰りを・・・」

アーニャ「(ピッ) 私 至急ランチ2人分持ってきて 大至急よ」

リヴァル「お持ち帰りを・・・はぁ」





137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 10:52:29.85 ID:CnOZC3sN0
リヴァル「やっぱりアーニャってお嬢様なんだなぁ」

アーニャ「ん?」

リヴァル「いやなんでもない にしてもこのエビおいしいね」

アーニャ「ほんとだ おいしい」

リヴァル「あれ? いつもこんな感じで食べてるんじゃないの?」

アーニャ「いつもはめんどくさいから携帯食で済ましてる 一人で食べても味気ないし」

リヴァル「へぇー まぁ確かに一人で食べてても楽しくないもんな」

アーニャ「うん 誰かと食べるの大好き だからね」

リヴァル「ん?」

アーニャ「明日も一緒に食べよ?」

リヴァル「ぶふうっ!? え?ちょ・・・へ?いやいやいや 俺なんかでいいの? ジノさんとかは・・・?」

アーニャ「ジノと食べても楽しいけど、リヴァルはもっと楽しいから・・・」

リヴァル「・・・んー そういうことなら喜んで 俺も楽しいし」

アーニャ「ん 明日はもっとおいしいものにするね」

リヴァル「俺もなんか持ってくるよ 食べさせてもらってばっかじゃ申し訳ないし」





142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 11:08:13.49 ID:CnOZC3sN0
帰宅
リヴァル「なんか 今日は疲れたな 楽しかったからいいけど」

prrrrr!prrrrr!

リヴァル「お? メール?アーニャかな?」

差出人:ミレイ会長
本文
――――――――――――――
よっす
あんた今日丸一日保健室にいたらしいけど、大丈夫?
具合悪いなら今日は早めに寝なよ
もし治らなかったら明日の生徒会は休んでもいいから

リヴァル「あ 会長か・・・いや待て! 会長から心配メールが来たのに何でこんなに落ち込んでいるんだ!」

リヴァル「こんなチャンスめったにないぞ ここでポイント稼いでおかなきゃ・・・ポイント・・・はぁ」

リヴァル「アーニャからメール来ないかなー・・・」


アーニャ「今日は疲れた」

アーニャ「でも明日楽しみ リヴァルとお昼ごは・・・ふぁ・・・」

アーニャ「眠い・・・でもリヴァルにメール・・・謝ったんだ・・・か・・ら」

アーニャ「・・・zzz」





144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 11:13:44.50 ID:CnOZC3sN0
アーニャ「それじゃ出かけてくる」

どちらに行かれるのですか?

アーニャ「友達の家 夕方には帰ってくる」

かしこまりました いってらっしゃいませ

アーニャ「(リヴァルの家はスザクに聞いたから大丈夫)行ってきます」



行ってきます





145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 11:20:51.76 ID:zwLypPQo0
>>144
行ってらっしゃい!
早い帰宅を待ってるよ!




156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 14:52:13.04 ID:AK6Mdh390
     ',: : : : , ― 、: : : : : : : r '  ̄: :ヽ : : : : : : : : Vヘ : : : : : : : : : : : : : : : : :/
      ヽ : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : : : : : Vヘ : : : : : : : : : : : : : : (
.        V/: : : / : : : : : : |: : |: : ', :ヽ: : : :ヽ: : : : : : :V} /: : : : : : : : : : : : : : \
        〃.:/: :′.: : /.:: : | : ,'.: : :l: : l: :ト : !:', : : : : : : y′: : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
     /:|: :l: : | : : : :|: : : ,' :/.: : :/: :/: :| VlV!,: : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : , '
    /: : ∧ :',: :' : : : :|: : /.:/ : イ/ハ :ハ | :lハ : : : :|: : : : : : : : :\: : : : : : : /
    ゙、: :|.: :\ヽ:\: .:!: /‐'7'´ ´  __ V :W:.:. :|__ : : ヽ : : : : : : : : : \ : : : (
      ヽl.: : : :|`≧‐、.レ' '´ ̄ ̄ ̄   |: : : : : :|'^ }: : ハ : : : : : : : : : : \: :〈
      | : : : | :ヽ「`丶    「 ̄ `  ', : : : : |  ム人 _`_ 二_ ヽ: : : : ヽ :\
      | : : : |: : :',r=ミ、    7仆==ミl: : : : :L/′        ヽ : : : : : l : : }
      | : : : | : : : 代ム      ゞ乏:}_ノl :|.: : :|=‐ 、          l: : : : : /‐ '
      | : : : |: : : ∧  ,          l :|.: : :L.      ト、_ /: : //
      ',: : : :|: : : : ∧ 〈            l :|.: : :レ \    `≧ ‐': :/
      ', : : |: : : : | `  .-       /l :|.: : :|   〉、   ´ ̄ ̄
        V : |.:l: : : !     > ._ , <r=┤l :/:/ / ⌒ ヽ
       V∧|.: : :|  /   /   〉ヽV/:/}/ /       \
        V: :l: : : !  ′   ,'   /^}〃イ / ,'            ' ,
           ヽl、: : l  !     l   | 〈〈 // |           ',
            ヽ:l  l    l /| ', V/  ハ              ',
             ヽ |     V   !  } {、 / ',         , イ}




161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 16:27:33.94 ID:CnOZC3sN0
まだ残ってたwwwwwww




162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 16:38:12.82 ID:qrEbqznG0
>>161
おかえりなさいませ




167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 17:16:27.26 ID:CnOZC3sN0
なぜか規制くらってたorz
甥っ子が熱出して寝込んじゃったので、しばらく看病でPCに近づけないかも
他の人じゃんじゃん書いちゃってください
絶対にまた来ます





168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 17:18:57.95 ID:RU5dhr2A0
>>167
期待してます
甥っ子さんお大事に




169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 17:25:29.32 ID:CnOZC3sN0
アーニャ「ここがリヴァルの家・・・あんましおっきくない」

リヴァル「ほっといてください あなたの家と比べる方が間違ってます」

アーニャ「あ また敬語だ 減点だよ」

リヴァル「俺がここにいるのには驚かないのね・・・というか減点?」

アーニャ「減点されると リヴァルをあんまり好きじゃなくなる」

リヴァル「そりゃ困る 嫌われたくはないし 点を増やすにはどうすればよろしいんでしょうか?」

アーニャ「んー・・・玄関まで手ぇ繋いでこ」

リヴァル「またあなたは無茶を言う・・・まぁでも玄関までなら」

アーニャ「いいの?」

リヴァル「おう 男に二言はないよ」

アーニャ「ん」

リヴァル「ほいさ・・・アーニャの手、柔らかいね」

アーニャ「リヴァルの手 握りがいがある」

リヴァル「嬉しいんだか嬉しくないんだか・・・」

アーニャ「家に入ったら いっぱい遊ぼうね」





170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 17:25:59.30 ID:CnOZC3sN0
とりあえず乙!




176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 17:57:36.42 ID:4YSo07Cf0
保守




178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 17:59:45.23 ID:RU5dhr2A0
    ~街にて~

ルル「ジェレミア、以前俺はむしゃくしゃしてランダムにギアスをかけたことがある。
   後でギアスをかける必要が出てくるかもしれないからここから先にギアスキャンセラーをしてくれないか?」

ジェ「Yes, Your Majesty.ではさっそく」キュイィィーーン

アー「すごいコスプレみちゃった。後でブログにのせn・・・・・・くっ、あぁぁ」

ルル「ありがとうジェレミア。では次の場所に行こう。」

ジェ「もったいなきお言葉です、ルルーシュ様。」

アー「・・・・思い出した。私の、大切な・・・」




184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 18:13:07.68 ID:RU5dhr2A0
   ~翌日~

ルル「そしたらその人土下座までしちゃって」

リヴ「ほんとにルルーシュはチェス強いよなぁ、今まで負けたことあんのかよ?」

ルル「ん~…ほんの一握りだけ俺より強い奴もいるな、1人だけは絶対勝てなかった」

リヴ「へぇ~ 世界は広いなぁ、あれ?あそこにいるのアールストレイム卿じゃない?近づいてきてるみたいだけど」

アー「ルルーシュ・・・君、話があるんだけど・・・良い?」

ルル「別に良いけど(俺の正体に気がついたか?)」

リヴ「あぁ~ 俺は先に行ってるぜ、授業に遅れるなよ」

ルル「あぁ分かってる、じゃあな。 で、話って?」

アー「えっと・・・その・・」




192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 18:30:24.98 ID:RU5dhr2A0
ルル(どうする?バレているならさっさとギアスを使うべきだろうか?)

アー「ルルーシュ君・・・ううん、ルル兄。あのときの約束覚えてる?」

ルル(ルル兄?どういう事だ?おれが妹を大切にしていると知ってからかっているのだろうか?
   いやしかしそんな事をするとは思えない、それに約束とはなんだ?)

アー「ほら、あの日お花畑で…」

ルル「すまない、全く身に覚えが無いのだが。大体つい最近知り合ったばかりじゃないか」

アー(本当に忘れている?・・・そうか、私と同じで父上の目で記憶を書き換えられているのかもしれない)

アー「そう・・・やっぱり勘違いだったかも知れない・・・今言ったことは忘れて」

ルル「?、わかった まぁ探している人が見つかると良いな」

アー「うん、ありがとう。じゃあね」

ルル「ああ」

ルル(なんだったんだろうか?)




198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 18:49:13.91 ID:RU5dhr2A0
>>192よく見たら「だろうか?」が多いw気をつけなければ


リヴ「なんだった?もしかして告られた?」

ルル「いや、約束がどうのこうのって、多分人違いじゃないかな」

リヴ「そうかなwいやぁ~モテる男は羨ましいねぇ」

ルル「違う、そうじゃない・・・・・・もう賭けチェスにはさそわないからな」

リヴ「そんなこと言わないでくださいよルルーシュ様ぁ~」


【アーニャのブログ】
今日は大切な人に昔の約束を覚えているか聞いてみた。
どうやら忘れているらしい。
どうやったら思い出してくれるんだろう。
とりあえず明日はいっぱい話しかけてみようと思う。




200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 18:52:01.40 ID:0hU+Q/cs0
俺の待ち望んだアーニャとルルの絡みが




215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 19:12:52.69 ID:RU5dhr2A0
アー「ルルーシュ君、今帰るところ?」

ルル「ん?あぁ」

アー「実は今学園の皆ともっと仲良くなるために皆の呼び方を変えようと思っている」

ルル「そうか、良いんじゃないか」

アー「それで昨日言ってたルル兄って呼ぼうと思ってるんだけど良い?」

ルル「あぁ、なんでもかまわないよ」

アー「そう、良かった。・・・ルル兄、これからもよろしく」





216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 19:14:02.88 ID:RU5dhr2A0
ルル「こちらこそよろしく。ところでなんでルル兄なんだ?」

アー「そっ、それは昔から大好きで憧れて・・・///」

ルル「声が小さすぎて聞こえないぞ」

アー「なんでもないよっ 秘密♪」

ルル「そうか、じゃあまた明日」

アー「うん。バイバイ」

【アーニャのブログ】
今日は昨日より話せた↑↑
昔の呼び方で呼んでも良いって言ってくれた♪
まぁあっちは覚えてないけど。
次は昔と関係する事を喋って記憶を刺激しちゃおう。





217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 19:16:09.84 ID:0hU+Q/cs0
アーニャ明るいなw




218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 19:16:46.21 ID:vanJJDyA0
明るいアーニャも・・・良い




221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 19:31:23.03 ID:RU5dhr2A0
アー「ルル兄~おはよう」

ルル「ああ、おはよう」

アー「ルル兄には彼女とか居たことある?」

ルル「いきなりなんだ?」

アー「だってルル兄王子様みたいだもん、女の子には好かれるでしょ?」

ルル「王子様?(俺の素性を知っている?)

アー「そっ、そう見えるってこと」

ルル「まぁ別にかまわないが・・・彼女とかは居なかったよ」

アー「そうなんだ~ モテそうなのに」

ルル「アーニャは居るのか?」

アー「う~ん大切な・・・大好きな人はいるけど彼氏はいないよ」

ルル「そうか、恋がかなうと良いな」

アー「うん」





223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 19:38:30.21 ID:RU5dhr2A0
【ルル日記】
最近アーニャがおかしい。
よく考えればあいつもラウンズだが・・・
おれを出し抜こうとでもしているのか?
しかしアーニャは本当に生き生きしているように見える。
C.C.やカレンもだが女心は難しいな。

【アーニャのブログ】
今日さりげなくアピールしてみた☆
でも昔から鈍い彼のことだからきっと気づいてないかな↓↓
早く昔のことを思い出してほしいな。

そういえばなんで私は昔のことを思い出したんだろう?
理由が分かったら彼も思い出させることができるかも↑↑
がんばるぞぉ~





224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 19:43:32.13 ID:3IfGuCwI0

アーニャがスイーツっぽいww






225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 19:44:22.09 ID:RU5dhr2A0
アー「ルル兄~ちょっと良い?勉強で分からないとこがあって・・・」

ルル「ああ、どこだい?」

アー「えぇ~っとぉ、この部分」

ルル「なるほど、これはちょっと難しいかもな。これはここをこうやって・・・」

アー「あぁ~本当だっ、ルル兄は昔から凄いよねぇ」

ルル「昔?」

アー「なんでもないで~す、じゃあありがとうございました」

ルル「ああ、残りもがんばれよ」





227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 19:48:26.71 ID:cR8yeoFn0
饒舌なアーニャだなw




230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 19:52:50.05 ID:RU5dhr2A0
>>224
元々それなりに明るい設定
ブログ上はまぁみんなに合わせてる的なw

【ルル日記】
やはり何かおかしい。
最近アーニャの性格が変わってきている気がする。
たしかジェレミアに仕事を頼んだ次の日から。
まさかアーニャもあの男のギアスにかかっていたのか?
しかしどういうことだ?

【アーニャのブログ】
今日はあの人に宿題を教えてもらった。
昔みたいに。
今のあの人も素敵だけどやっぱり昔のあの人にあいたいな。

コメント:兄さんLOVE
昔から見てました。A.A.さんにも大切な人がいるんですね。
僕も大好きな人がいます。振り向いてもらうのは難しいかもしれないけど
お互いがんばりましょう





234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 19:55:14.83 ID:vXLmWlkH0
雑巾なにしてやがるwwwww




236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 19:56:52.25 ID:f/kCgN3X0
ろろwww




237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 19:57:18.79 ID:RU5dhr2A0
アー「今日は記憶を取り戻した場所をうろついてみようかな」

アー「たしかあそこの噴水のところですごいコスプレの人が居て・・・
   あっ、あの日ブログ書くの忘れてた」

アー「それでここであの日撮った画像を見てたら急に記憶が元に戻ったんだ」

アー「う~ん・・・わかんないな」

??「まさか、あの方は!!」



ちょい落ち戻ったら続き書きます




179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 18:09:36.76 ID:ajy4nHXZ0

アーニャ「……暇」

アーニャ「ジノは今日は仕事」

アーニャ「スザクは……ちょっと嫌。スザクは最後の手段」

アーニャ「!」

ぽちぽち

アーニャ「……送信っと」





180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 18:10:29.79 ID:ajy4nHXZ0
prrrr!prrrr!

リヴァル「ん?誰からだ?」


送信:アーニャ
題名:無題
本文
────────
今、何してる?


リヴァル「何って」

リヴァル「……ボーっとしてたとは送りにくい」

リヴァル「目の前には花瓶。となると、よし」

リヴァル「つーか何でメール?前にアドレスは教えたけど、仲良くないよな」

リヴァル「ま、いっか。送信ー」





181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 18:11:25.95 ID:ajy4nHXZ0
prrrr!prrr!

アーニャ「来た!」


送信:リヴァル
題名:無題
本文
────────
なんとなく花眺めてた
アーニャは?


アーニャ「向こうから話題の折り返し……」

アーニャ「これは来た」

ぽちぽち





182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 18:12:16.61 ID:ajy4nHXZ0



リヴァル「アーニャって文字打つの早いかと思ってたな」

リヴァル「でも返事こねー」

prrr!prrrr!


送信:アーニャ
題名:無題
本文
────────
私は画像見てた
リヴァル、暇ならメールしたい


リヴァル「メール?」

リヴァル「話題がないよな」

リヴァル「……さりげなく断るか」





183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 18:12:48.08 ID:9mOm9uWo0
断るなww




185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 18:14:26.30 ID:ajy4nHXZ0
prrrr!prrrr!

アーニャ「早い返事」

アーニャ「……こういうのは日本語でミャクアリ?」


送信:リヴァル
題名:無題
本文
────────
ごめん。今からは用事があんだ
また今度なら喜んでするぜ!


アーニャ「……べ、別にがっかりなんてしてない」

アーニャ「用事があるなら仕方ない……でも残念」

ぽちぽち

アーニャ「……リヴァルのそばは落ち着くから好き」




186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 18:15:22.00 ID:ajy4nHXZ0
prrr!prrr!


送信:アーニャ
題名:無題
本文
────────
わかった


リヴァル「簡潔だな」

リヴァル「……なんか悪いことしちゃったかな」

リヴァル「……」

リヴァル「明日埋め合わせしよう!」




187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 18:15:44.40 ID:ajy4nHXZ0
@@@@@次の日


ミレイ「おっはよーう!」

リヴァル「おはようございます!あ、そうだ会長。アーニャの好きなもの知ってます?」

ミレイ「アーニャの?悪いけど分からないわねえ」

リヴァル「そうっスか……」

ミレイ「なになに?恋の悩みごと?このミレイ・アッシュフォードが聞いちゃうわよ」

リヴァル「違いますよ!それに会長に言ったら行事にするじゃないっスかー」

ミレイ「あはは、確かにそうね。でも相談は受け付けてるからねー」

リヴァル「……行っちゃった」

リヴァル「……好きな人、会長なのに」

壁|ニャ「……」





188 名前:なんか下手でごめん!:2008/07/28(月) 18:16:35.03 ID:ajy4nHXZ0

アーニャ「私はリヴァルが好き」

アーニャ「友達として、好き」

アーニャ「だからさっきのは気にならない。むしろ友人として応援すべき」

prrrr!prrrr!

アーニャ「?」


送信:リヴァル
題名:無題
本文
────────
昨日はごめんな!
それでさ、今から買い出しに行くんだけど、一緒に行く?
面白くない代わりに観光もどきにはならないかな


アーニャ「……ふふっ」

ぽちぽち





189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 18:17:33.09 ID:ajy4nHXZ0

prrrr!prrrr!

リヴァル「うお!?」


送信:アーニャ
題名:無題
本文
────────
行く 校門で待ってる


リヴァル「な、なんか妙に返事早かったな」





190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 18:18:58.21 ID:ajy4nHXZ0
リヴァル「(二人で買い物したはいいものの、沈黙が痛い)」
アーニャ「(楽しかった)」

リヴァル「……(黙ってるのは楽しくないからとか?)」
アーニャ「(楽しいって、なんて伝えたらいいのかわからない)」

リヴァル「(やっぱり良いとこのお嬢様だもんなあ。ちゃんとしたとこに連れてけば良かった)」
アーニャ「(黙ってたら誤解されるかも)」

リヴァル「(……なんだかなあ)」

アーニャ「……リヴァル」
リヴァル「なななんだ!?」

アーニャ「今日は楽しかった。ありがとう」
リヴァル「……普通に買い出ししただけだぜ?」

アーニャ「したことなかったから、新鮮。それに誘ってくれたことが嬉しい」

リヴァル「…………」
アーニャ「どうしたの?」
リヴァル「……また次の買い出しも一緒に行こうか」
アーニャ「……うん」





208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 18:58:46.09 ID:NGeDyxLY0
一回回線切ったからID違うけどID:ajy4nHXZ0です
規制が面倒になった 後悔はしていない
ttp://surume.4.tool.ms/64/




210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 19:03:37.85 ID:cR8yeoFn0
>>208
素晴らしくニヨニヨできた!GJ!




214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 19:10:50.17 ID:0hU+Q/cs0
>>208
乙!よかったぜ!




193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 18:30:47.73 ID:CnOZC3sN0
>>169

リヴァル「まぁ 人並み程度の家ですけど どーぞ」

アーニャ「リヴァルの部屋行こう」

リヴァル「いきなりかい 俺の部屋より、リビングでモンハンしない? お菓子もあるし」

アーニャ「・・・・・・リヴァルの部屋行こう」

リヴァル「悩むくらいならモンハンしようぜ 部屋は後から行けばいいじゃん」

アーニャ「でも」

リヴァル「そっかー アーニャに手伝って欲しいクエがあったんだけどなー アーニャだけが頼りなクエスト」

アーニャ「私だけが?」

リヴァル「そう アーニャだけが頼り 頼むよ」

アーニャ「・・・そういうことなら仕方ない 部屋は後でちゃんと見せてね」

リヴァル「はいはい あ ちょっとトイレいってくる 準備お願い」

アーニャ「・・・私だけが頼り私だけが頼り私だけが(ry」

リヴァル「まぁいいか さっさと片付けないとなー(部屋にあるミレイ会長のパノラマ写真 怒られたら嫌だし)」

アーニャ「私だけが頼り・・・あれ?リヴァル? あ 階段にいる どこ行くんだろう・・・」(タッタッタ

リヴァル「急げ急げー」





194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 18:33:07.69 ID:CnOZC3sN0
姉貴が帰ってきた
復帰します
他の方の話おもすれー




195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 18:40:19.30 ID:CnOZC3sN0
リヴァル「(早く戻らないと怪しまれるからなー 迅速にことを済ませなければ・・・)さっさと済ませよう」(ガチャッ

アーニャ「部屋に入ってった 何を済ませるんだろう・・・? 何か忘れ物でもしたのかな」

アーニャ「・・・ええい 迷うな 突撃しちゃえ 保健室のお返し」(ガチャッ

リヴァル「ん?ガチャッ? なんでだ? ドアは閉めたはず・・・」

リヴァル・アーニャ「あっ」





202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 18:53:57.72 ID:CnOZC3sN0
リヴァル「えっとですね」

アーニャ「黙りなさい」

リヴァル「いやでもさ」

アーニャ「口を慎みなさい」

リヴァル「~っ! だからただ部屋のポスターはずしにいっただけだって!」

アーニャ「ミレイの形をした? 何でそんなもの飾ってたの?」

リヴァル「なんでって・・・ほら・・常に尊敬の念を忘れないようにっていうか・・・ただ可愛かったからとか」

アーニャ「つまり リヴァルはポスターをミレイに見立ててたわけね 変態」

リヴァル「なんでそうなるんだよ! 確かにポスターはないかもしれないけど、好きな人見てるくらいいいじゃないか!」

アーニャ「・・・リヴァルってミレイの事好きなの?」

リヴァル「あっ!?・・・いや・・好きというか 好きだったというか 叶いそうにないけど その・・・」

アーニャ「この前のメールで言ってた人もミレイだったんだ そっか リヴァルミレイといると楽しそうだもんね」

リヴァル「だぁあああ!! 少しは話を聞け! 確かに好きだったかもしれないけど今はもう・・・」

アーニャ「帰る」

リヴァル「・・・へ?」





211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 19:05:39.99 ID:CnOZC3sN0
アーニャ「今日は帰る ごめんね」

リヴァル「いやごめんって・・・おい! アーニャ!」

リヴァル「うっぁー・・・最悪 どうする? どうすればいい? だぁあああ!こんなポスターがあるから!」(ヒュッ

リヴァル「・・・いや 悪いのは俺だ ポスターに罪はない」

リヴァル「明日学校で謝ってみるか だめもとでも仕方ない・・・にしてもいくらあんなもん見たとはいえ、あそこまで嫌われるとは・・・」

リヴァル「やっぱりお嬢様なんだなー・・・はぁ」

~車の中~
アーニャ「・・・リヴァルの・・・・・ばーか」





219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 19:29:12.91 ID:YnsXC/ir0
wktk




220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 19:31:06.08 ID:CnOZC3sN0
wktk




238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 20:00:52.35 ID:CnOZC3sN0
次の日

俺は何とかアーニャと仲直りできた。
ポスターを処分しろって願いはなかなかきつかったが、アーニャなりの善処なんだろう。
そう思いたい。ブログに書くでもなく、誰にも言わないでくれたのはありがたかった。
ミレイ会長は好きだったが、もう諦めている。ある意味、一種の憧れだったのかもしれない。
日に日にその事実を受け止めつつある。なぜだろうか。
それは多分・・・

おわり





239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 20:04:37.49 ID:rqCnNLm90
>>238
え?もう終わりなの・・・
会長とアーニャの間で葛藤するリバルをもっと観たかったのに・・・

また機会があったら後日談書いてくれID:CnOZC3sN0乙




240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 20:06:29.43 ID:HEHywlBQ0
おわりww




241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 20:07:22.62 ID:CnOZC3sN0
読みたいんだ
もともとこのスレそういう趣旨で立てたし




246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 20:20:31.05 ID:Pz/uSXeb0
リヴァルってラスボスだよね

なんか6形態くらいあった気がする




247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 20:20:36.07 ID:CnOZC3sN0
ごめんなさい
実は長編苦手なんです
短編のほうが好きなんだ





249 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 20:24:48.08 ID:xoR7lQrh0
リウ゛ァル「あっ、アーニャからメールだ」
件名:なし
本文:保守




251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 20:29:09.77 ID:xoR7lQrh0
リウ゛ァル「暇だなぁ
       誰か、物語かかないかな?」




253 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 20:30:42.99 ID:RU5dhr2A0
ただいま帰還いたしました


>>237

ジェ「あ、あなた様はアーニャ・リ・ブリタニア様ですか?」

アー「あの、あなたは?」

ジェ「私はジェレミア・ゴットバルトです。以前あなた様の警護を勤めさせていただいたことがあります」

アー「あぁ、幼いとき私とお話をしてくれた・・・」

ジェ「覚えていてくださいましたか、光栄です。」

アー「あの・・・失礼かもしれませんがその左目は?」

ジェ「これは・・・」





254 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 20:35:20.71 ID:RU5dhr2A0
ジェ「すみません。アーニャ様にもお話できないことでして」

アー「無理に言わなくても良いですよ」

ジェ「本当にすみません」

アー「いえ、大丈夫です、それよりお手伝いをお願いしたいのですが」

ジェ「お手伝いですか?」

アー「はい」





255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 20:44:16.04 ID:RU5dhr2A0
アー「実は1週間前私はここで忘れていた記憶を取り戻しました」

ジェ(1週間前?ルルーシュ様の命令でギアスキャンセラーを使った日・・・ではまさか?)

アー「私は昔ルル兄と、ああっルルーシュ・ヴィ・ブリタニア様のことですが、何度か遊んだことがあるのですが、
   ルル兄はそのことをまったく覚えていないみたいなんです」

アー「ですから昔の記憶を思い出させる方法を探しているのですがジェレミアさんは知りませんか?)

ジェ(これは運命なのだろうか?今まで考えたことも無かったが随分昔にルルーシュ様にギアスがかけられた可能性だってある)

ジェ「一つ・・・一つだけ知っているかもしれません」

アー「本当ですか?」

ジェ「はい、明日試してみましょう」





256 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 20:51:28.93 ID:RU5dhr2A0
【アーニャのブログ】
今日昔の私を知っている人に出会った。
優しくしてくれた人だ。
その人が言うにはあの人の記憶をもしかしたら戻せるかもしれないらしい。
ドキドキする。あの日のこと覚えていてくれるかな?

コメント:兄さん超LOVE
A.A.さんおめでとうございます。その人が思い出してくれると良いですね。
僕も嬉しいことがありました。今日大好きな人に雑巾をもらいました。
これはきっと「料理も洗濯も掃除も完璧にできる立派な弟になれ」ってことですよね?
がんばらなきゃぁ↑↑





257 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 20:52:11.21 ID:BgsGM5M80
>>256
ぞwうwきwんw





258 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 20:57:02.72 ID:3IfGuCwI0
ロロ哀れww




260 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 20:58:56.99 ID:RU5dhr2A0
ルル「アーニャ、俺を呼び出したが何の用事だ?」

アー「実はね、大事な話があるの」

ルル「大事な話?」

ジェ「ルルーシュ様」

ルル「ジェ、ジェレミア?なぜここに!まさか裏切ったのか?」

ジェ「ルルーシュ様、落ち着いてください。ギアスが関係してくることです」

ルル「どういうことだ?」




262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 21:08:32.11 ID:RU5dhr2A0
アー「ルル兄は覚えてないみたいだけど実私は昔からルル兄のこと知ってるんだよ」

アー「あなたが皇族だってこともギアスって力のことも」

ルル「お前は・・・?俺とどういう関係だったんだ?いや、何故お前のことを忘れている?」

ジェ「皇帝陛下のギアスです、ルルーシュ様」

ルル「そうか、それでお前がここに」

ジェ「はい、ギアスキャンセラーを発動しても良いですね?」

ルル「ああ、頼む」

ジェ「Yes, Your Majesty.」キュイィィーーン




展開が急すぎるかな?





264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 21:14:32.25 ID:RU5dhr2A0
ルル「そうか、思い出した」

アー「本当?」

ルル「9年前のことだったか」

アー「うん」

ジェ(私は邪魔者ですね、がんばってくださいお二方)





266 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 21:17:15.37 ID:36yo4Oil0
>>262みたいなアーニャとルルの設定って公式なのか?





267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 21:25:54.34 ID:mm7vfinG0
>>266
妄想だけども可能性がないわけではない
少なくともマリアンヌ関連で何か関係があるのはわかってる
だから実の兄妹じゃね?って妄想




269 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 21:29:07.20 ID:RU5dhr2A0
   ~9年前、花畑にて~

アー「うわ~ん、痛いよぉ」

ルル「大丈夫だよ、僕絆創膏もってるから・・・はい、これでもう大丈夫。元通りきれいな指になるよ」

アー「ありがとうルル兄。どうしてルル兄はいつも優しくしてるの?」

ルル「当たり前じゃないか。僕は君の騎士になるんだから」

アー「騎士?」

ルル「うん。それでいつかアーニャと結婚するんだ」

アー「本当?」

ルル「うん、今はまだ絆創膏で指輪を作ることしかできないけどいつか本物のきれいな指輪をプレゼントするね」

アー「ありがとう、楽しみに待ってる」





271 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 21:32:25.74 ID:RU5dhr2A0
>>226とりあえずこの話の中では
すこしだけ遠い親戚orユフィの妹って設定で行こうと思ってる
今日はもう落ちます
また明日に残ってたら続き書きますね。





272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 21:33:42.05 ID:vXnC4P9w0
>ルル「うん、今はまだ絆創膏で指輪を作ることしかできないけどいつか本物のきれいな指輪をプレゼントするね」
ああんもう!ああんもう!
続き待ってます!




287 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 22:22:05.53 ID:CnOZC3sN0
書いてもいいですか?




288 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 22:23:07.92 ID:vXnC4P9w0
頼みます




296 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 22:34:56.11 ID:CnOZC3sN0
>>238

リヴァル「さて 会長から食事にでも誘えといわれたわけですが・・・」

リヴァル「アーニャって何が好きなんだろ たいていの食べ物には慣れきっちゃってるような気がする」

リヴァル「貴族だからいいもん食べてきただろうしなぁ」

リヴァル「そもそも俺なんかが誘うこと自体間違ってる?」

リヴァル「んー でも仲直りしたいしなー」

prrrr!prrrr!

リヴァル「お メール 誰だろ?」

差出人:ミレイ会長
―――――――――
アーニャは庶民的なものが食べてみたいらしいわよ
頑張りな。しょーねん。

リヴァル「会長・・・ありがたいです! でも庶民的なものって・・・王道過ぎな気も」

リヴァル「んー いざ言われると難しいな・・・庶民的なものか」

リヴァル「よし!>>300を食べに行こう!」





298 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 22:36:15.42 ID:OtqM+USl0
トリュフ



299 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 22:36:42.71 ID:OtqM+USl0
フォアグラ



300 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 22:36:44.13 ID:vXnC4P9w0
ハンバーガー



301 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 22:36:52.97 ID:WMX9Zy5d0
ラーメン



302 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 22:37:08.66 ID:OtqM+USl0
トマトジュース



306 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 22:47:22.43 ID:CnOZC3sN0
リヴァル「そうと決まればメールしとかないと」

―――――――――――――
よっす
今週の休み空いてる?
空いてるなら2人で行きたいとこあるんだけど
よかったら返事ちょうだい

リヴァル「・・・なんか都合よすぎて気持ち悪いような」

リヴァル「ていうか頭ん中こんがらがって まともに文章考えられねえー・・・」

リヴァル「くっそー もう送っちまえ!」(ピッ

prrr!prrr!

アーニャ「・・・? リヴァル?」





307 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 22:51:42.83 ID:CnOZC3sN0
アーニャ「なんだろ・・・?」

アーニャ「休み? 確か今週は休暇もらえてたはず でもなんで? 今日あんな事言ってたのに・・・」

アーニャ「・・・でも、素直に ならなきゃだよね」

アーニャ「空いてるよ、どこに連れて行ってくれるの?。。。っと」

アーニャ「どうか、リヴァルと仲直りできますように」

アーニャ「送信」

prrrrr!prrrrr!

リヴァル「うおおおおおおおお!!きたああああああああああああ!!」





312 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 22:57:41.38 ID:CnOZC3sN0
リヴァル「内容内容ないよう・・・」

リヴァル「・・・ふぅ とりあえず壁1つ突破かぁ~」

リヴァル「いやいや 安心はしてられない どこ行くのかも言っとかないと」

―――――――――――――
そっかぁ
よかった
断られたらどうしようかと思った
それなら一緒にハンバーガーでも食べに行かない?
アーニャハンバーガー食べたことある?

リヴァル「ここで食べたことあったら泣くぞー」

リヴァリ「送信!」

prrrrr!prrrrr!

アーニャ「きた・・・」





316 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 23:07:10.31 ID:CnOZC3sN0
アーニャ「はんばーがー? なにそれ」

アーニャ「食べ物なんだ へぇ 要は休日に食事しようってことね」

アーニャ「リヴァルもお子ちゃまね 食事くらいで私を釣れると思ってるのかな」

アーニャ「・・・・・・(カチカチカチ)」

アーニャ「送信・・・っと」


アーニャ「・・・何着てこう」

prrrr!prrrr!

リヴァル「ハハハ へー そうなんだー すごいなースザクは(お! 返信来た)」

リヴァル「ごめん!スザク! ちょっと用事入った! また今度な」

スザク「ええ!? まだ30分しか話してないじゃないか!30分だよ!30分!まだ映画で言うと最初の映画紹介くらいだよ!今日はリヴァル暇だって言ってたじゃない(ガチャッ」

リヴァル「すまん スザク 今度映画見に行こうな」

リヴァル「よし! いい感じだ あとは時間決めるだけだな まぁお昼くらいからでいいか」

リヴァル「んじゃ、メール送ってっと」

リヴァル「・・・アーニャ服なに着てくるかなぁ」

リヴァル「楽しみにしとこ」





318 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 23:10:40.87 ID:CnOZC3sN0
当日のアーニャの服装>>320




319 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 23:11:15.31 ID:OtqM+USl0
スク水



320 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 23:11:47.86 ID:OtqM+USl0
制服



321 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 23:12:43.08 ID:OtqM+USl0
よかった
ネタで書き込みした
スク水に ならないで



322 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 23:19:17.55 ID:CnOZC3sN0
当日

リヴァル「時間まであと10分か 早く来たかいはあったな」

リヴァル「夏だなぁ・・・女の子みーんな薄着だ」

リヴァル「アーニャは・・・薄着はないか」

リヴァル「ないよ・・・な? ハハ」


アーニャ「私服全部洗濯するなんて・・・スザクの馬鹿・・・」

アーニャ「残ってるのは制服だけ・・・仕方ない もたもたしてたら時間に遅れる」

スザク「あーにゃー! でかけるのー? いってらっしゃーい☆」

アーニャ「・・・帰ってきたら絶対蹴りいれる 絶対」





323 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 23:20:53.53 ID:hktZsN3C0
ラウンズの制服
学園の制服

どっちだ




326 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 23:22:41.13 ID:CnOZC3sN0
>>323
参考画像はないかな?かな?





327 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 23:24:06.95 ID:2m5+j3/n0
http://store.shopping.yahoo.co.jp/cospurehonpo/mb0057-f.html




328 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 23:26:21.89 ID:CnOZC3sN0
学園の制服で




331 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 23:33:23.43 ID:CnOZC3sN0
リヴァル「お 来た来た ってあれ? 制服着てる?」

アーニャ「ごめん・・・遅くなった///」

リヴァル「いいよいいよ 最近日差し気持ちいいし んじゃ早速行きますか」

アーニャ「え? う、うん・・・(制服なのに気にならないのかな・・・?)」

リヴァル「うまいぞー ハンバーガー(多分スザクが原因だろうなぁ・・・あいつ無駄に世話焼きだし まぁ気にせずいきましょうか)」





334 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 23:41:53.49 ID:CnOZC3sN0
店内

アーニャ「これがはんばーがー?」

リヴァル「そうだよ おいしそう?」

アーニャ「サンドイッチみたい」

リヴァル「確かに 似てるな んじゃまぁとりあえず頂きますか~」

アーニャ「ん・・・(カプッ)」

リヴァル「(食べ方KAWAEEEEEEEE)どう? おいしい?」

アーニャ「おいしい・・・! サンドイッチよりおいしい」

リヴァル「そうだろー ハンバーガーはうまいだろ~」

アーニャ「このきゅうりみたいなの何?」

リヴァル「ピクルスって言うんだ 嫌なら取るか?」

アーニャ「んーん ピクルスおいしい」

リヴァル「ピクルスのうまさがわかったんなら上出来だな 俺のナゲットをあげよう」

アーニャ「ありがと ん・・・おいし~」

リヴァル「・・・あのな アーニャ」





336 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 23:44:37.82 ID:S9ITMVss0
KAWAEEEEEEEE




337 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 23:51:59.66 ID:OtqM+USl0
かわいい




338 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 23:56:06.02 ID:CnOZC3sN0
アーニャ「・・・ん?」

リヴァル「その なんていうか こないだのこともう一回謝りたいなって思って・・・えっと」

アーニャ「あのね」

リヴァル「へ?」

アーニャ「食事ってね 誰かと一緒に食べると、とっても楽しいの」

リヴァル「う、うん・・・?」

アーニャ「だから今はものすごく楽しい リヴァルと食事してるから」

リヴァル「・・・俺も楽しい」

アーニャ「でしょ? だったら今はそんな話はいらないの 楽しいんだから」

リヴァル「でもやっぱり」

アーニャ「今が楽しいから そんな昔のことなんて忘れちゃった だからもう気にしないで」

リヴァル「・・・・・・うん わかった 楽しむ」

アーニャ「よろしい んじゃナゲットもう一個頂戴~」(ヒョイッ

リヴァル「あー! 勝手に取るなよー!」

アーニャ「私のポテトあげるわよ・・・フフ」





339 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 23:56:50.51 ID:CnOZC3sN0
めでたしめでたし~




342 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/29(火) 00:00:26.81 ID:SfPSF4wf0
終わりか……




343 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/29(火) 00:01:23.98 ID:7KZKn/S5O





347 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/29(火) 00:08:23.85 ID:hWBiAhxW0
おつ!面白かったw






リヴァル「あ、アーニャからメール・・・?」  つづき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking livedoor Blog Ranking

この記事へのコメント
関係~ないけど~の人じゃないのか・・・
2008/09/07(日) 11:37:16 | No.1019 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
62からのは「関係(ry」の人じゃないのか?
普通に面白かったぞ
2008/09/07(日) 13:23:36 | No.1020 | 戯言ヴぃp | #-[ 編集]
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://minaminoxxxsummer.blog49.fc2.com/tb.php/163-a589f560
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。